2018-04

この摘発は良し!!神宮前を第二の六本木にするな!!




この摘発は良し!!神宮前を第二の六本木にするな!!

「踊っているね?」強まる取り締まり 原宿bonoboにも警察が立ち入り
BUZZFeeD JAOAN

東京・原宿の有名DJバー「bonobo」が、改正風営法下の取り締まり強化でピンチを迎えている。BuzzFeed Newsの取材に対し、店主の成浩一さん(54)は「ダンスをさせてはいけない、という規制に疑問を抱いている」と語る。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

音楽を遊ぶ場所
1989年から10年間ニューヨークで過ごした成さんは、異色のニューウェイブバンド「のいづんずり」のNY版メンバーとして活動するなど、音楽にどっぷりと浸かる生活を送った。

故・デヴィッド・マンキューソが主宰していた伝説的なパーティー「ザ・ロフト」に衝撃を受け、日本にも「音楽を遊ぶ場所」をつくろうと、2003年末にbonoboをオープンした。


海外セレブも来店
bonoboの最大の特長は、クラブとホームパーティーの中間のような、自由でくつろげる空気感だ。

築58年の民家を改装した店内には、1階のバーに2階の畳部屋、テラスと多彩な空間があり、アットホームな雰囲気と高音質な音響が、感度の高い音楽ファンたちに愛されている。

ジェーン・バーキンやアニエス・ベー、デヴィッド・ゲッタらの海外セレブが店を訪れ、ミックスマスター・モリスやプラスチックスの故・中西俊夫、久保田麻琴らがパフォーマンスを披露したこともある。


「ああいうお客さんは止めなきゃ」
そんな名店が、危機にさらされている。

3月23 日の午前1時半過ぎ、スーツ姿の警察官3人が店に現れた。当時店内には15人ほどの客がおり、外国人男性1人は音楽に体を揺らしていた。

「踊っているね?」

「いやー楽しそうに揺れてますね」

「いや、あれは踊っているよ。法律違反です」

警官の質問に「揺れているだけ」と答えてはみたものの、追及を受けて最後は「踊っていた」と認めざるを得なかった。

「ああいうお客さんは止めなきゃいけないんだよ、とも言われましたね。反論してもお客さんに迷惑が掛かってしまうので、その場では認めました」

特定遊興飲食店のエリアは限定的

2016年に施行された改正風営法では、深夜に客を踊らせ、酒を提供する店は「特定遊興飲食店営業」の許可を取得する必要がある。無許可で営業すれば2年以下の懲役か200万円以下の罰金、もしくはその両方が科される。


改正前は深夜のダンス営業が全面的に禁止されていたので、以前に比べて規制緩和されたことは確かだ。



一方で特定遊興の許可取得が可能な地域は、繁華街の一部に限定されている。エリアから外れたbonoboは、許可を取りたくても取ることができない。1月末に摘発され、経営者ら3人が逮捕された「青山蜂」と同じ状況だ。

赤や緑の照明は「積極的」

成さんは3月28日と4月10日に原宿署に呼び出され、詳しい事情を聞かれた。

警察庁の解釈運用基準は「営業者側の積極的な行為によって客に遊び興じさせる場合」を規制対象としている。

「文書のなかに『積極的にお客さんを踊らせている』という言葉があったので、そこがよくわからないと質問しました。お客さんが自発的に体を揺らしているだけなので」


すると、警官からはこんな答えが返ってきたという。


「赤とか緑の照明、それからああいう類いの音楽をかけることが、積極的にお客さんを踊らせていることになるんです」

成さんは言う。

「疑問はありつつ、最終的には書類にサインしました。警察に楯突けば勾留されてしまうのではないか、という不安もありました」

逆風の小箱

2010年代に入ってクラブに対する摘発が強化され、反発した利用者や経営者、ミュージシャンらが風営法の改正運動を推し進めた結果、規制緩和が実現した。


改正前に取り締まりの対象となっていたのが、比較的規模の大きい「大箱」ばかりだったこともあり、「小箱」と呼ばれる小規模クラブやミュージックバーの多くは、なかなか当事者意識を持てずにきた。


しかし、そんな雰囲気は一変しつつある。


22年続く老舗の小箱、青山蜂が1月末に摘発され、4月に入ってからも渋谷や六本木の小箱、少なくとも10店舗に対して警察の一斉立ち入りが行われた。

危機感を募らせた小箱側は、業界団体「ミュージックバー協会(MBA)」を設立。法律の運用改善や立地規制の緩和などを求めていく構えだ。


「ダンスがなぜ悪いのか」
成さんは、取り締まりの強化で、小箱が育んできた豊穣なクラブカルチャーが細っていくことを懸念している。


「小箱の文化的側面は非常に重要。bonoboのテラスでは、普通のサラリーマンとヒップホップの青年が自然に会話をしています。普段出会うことのない人たちが良質の音楽を共有し、垣根なしに混ざり合うんです」


世界最大規模のクラブミュージックの祭典「アムステルダム・ダンス・イベント」や米マサチューセッツ工科大学でのシンポジウムなど、海外で講演する機会を得るたび、日本のクラブカルチャーの実情を発信してきたという。


「照明を明るくして、お客さんには『踊らないでください』と注意する。そういうつまらない形で小箱を残してもしょうがない。近隣への騒音対策や健全化も含め、業界全体で対応を考えていく必要があります」



「ダンスがなぜ悪いのか。いまの規制は疑問です。クラブが好きなみんなに関心を持ってもらえるように、声をあげていきたいと思います」


㊟この店(木造家家屋)の写真を見て直ぐ判った。私の元地元、渋谷区神宮前。神宮前は地名に見合う高級住宅地はごく一部で、明治通りと表参道の裏側は、写真のような貧しい民家が密集していた地域。


 まったく金を掛けないで木造家屋をそのまま利用している。ただ、今は少年少女の憧れの街になり、週末ともなれば歩行に困難なくらい人手が多い。こんなところで風俗的な店は子供たちにいい影響は与えない。営業停止に。。。


 ところで、オーナーの「成」って日本人じゃないだろ?

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

腐れパンダ醜キンピラに金正恩は騙された!?

金正恩氏「裏切り」にあったか…中国の態度に異変
夕刊フジ

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じたところによると、中国の公安当局に拘束されていた脱北者30人が今月5日、北朝鮮に強制送還されることなく、現地で釈放されたという。

 事実なら、きわめて異例のことだ。

 通常、中国で逮捕された脱北者は数週間以内に北朝鮮に強制送還される。送還後は保衛部による拷問、性暴力を含めた厳しい取り調べを受ける。

単純な出稼ぎ目的の脱北であれば、労働鍛錬隊(軽犯罪者向けの刑務所)に数ヶ月程度収監された後に釈放されるが、韓国行きを目指していたり、キリスト教関係者と接触していたりしたことが発覚すれば、政治犯収容所に収監されることもある。最悪の場合は、処刑されることすらありうる。

 釈放されたとされる脱北者30人は、先月24、25の両日、中国の瀋陽と昆明で逮捕された。その後、国際人権団体が強制送還しないよう求める運動を繰り広げたが、それから短期間で、中国当局は釈放の判断をしたことになる。釈放されたとされる脱北者の関係者によれば、中国は国際的に非難の的となることを懸念して、ごく静かに釈放を実行したようだ。
 (参考記事:北朝鮮、脱北者拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も)

 この情報は、まだ完全に裏の取れたものではなく、見極めるのにもう少し時間を要する。ただここでは、事実であることに期待して、この情報の持つ意味について話を進めてみたい。

まず気になるのが、トランプ米大統領の発言がこの動きに影響したかどうかだ。トランプ氏は2月、複数の脱北者をホワイトハウスに招いた際、中国における北朝鮮女性の人身売買を「やめさせる」と語っていた。北朝鮮女性の人身売買は、脱北者を強制送還してきた中国の方針により助長されていた。女性らが、強制送還されて本国で虐待されるのを恐れるあまり、被害をどこにも訴えられないからだ。
 (参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち)

 今後、米朝首脳会談が実現しながら、そこで非核化の話し合いが不首尾に終わった場合、米国は人権問題においても北朝鮮非難を強めるだろう。そうすると、中国が脱北者に対する人権侵害を助長してきた事実に注目が集まってしまうわけだ。
 次に気になるのが、中国の今後の態度だ。今回の情報が事実だとしても、中国はそう簡単に脱北者の強制送還を止めないだろう。なぜなら、中国が脱北者にとって「安全地帯」になってしまうと、北朝鮮国民による反体制運動の拠点となる可能性があるからだ。中国は、金正恩体制の動揺を望んではいない。

 それでも筆者は、ここで「蟻の一穴」が開いたことの意味は大きいと考える。これまで、人権団体や国連が何を言っても聞こうとしなかった中国も、さすがに米国大統領の出方までは無視できなかったのではないか。

北朝鮮は、非核化の議論より、人権問題で追及されることをより恐れている。なぜなら、国民の人権を踏みにじる恐怖政治なくして、現体制の存続は不可能だからだ。

 それにしても、中国当局が妥協したとの情報が事実なら、幸いなことだ。そうであるなら今後は、米国の大統領がその気になれば、北朝鮮の人権状況の変化をもたらしうるということだからだ。

㊟事実なら金正恩は、腐れパンダ醜キンピラに騙されていることに。ま、両国が消えてくれれば世界は落ち着く。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

安楽死機発明!!ノーベル賞無理だが早速トライしよう!

安楽死機発明!!ノーベル賞無理だが早速トライしよう!


ボタンを押すだけで死ねる「自殺機器」オランダの見本市で話題に
AFP


【4月16日 AFP】オランダの首都アムステルダムで14日、葬儀関連の見本市が開催され、ボタンを押すだけで自殺できるとされる、カプセル型の機器が注目を集めた。


 サルコファガス(石棺)を略した「サルコ(Sarco)」と名付けられたこの機器は、3Dプリンターで製作されたもので、発明したのはオーストリアの安楽死推進活動家のフィリップ・ニチキ(Philip Nitschke)氏とオランダのデザイナー、アレクサンダー・バニンク(Alexander Bannink)氏。窒素ボンベを内蔵したスタンドに、取り外し可能なひつぎを取り付けたかたちになている。


 安楽死の合法化を目指し、「死の医師」の異名を取るニチキ氏は


「死にたい人がボタンを押せば、カプセル内は窒素で満たされる。少しだけ目まいがするかもしれないが、すぐに意識を失って死ぬ」
と話した。


 ニチキ氏はAFPの取材に対し、サルコは「死にたい人に死を提供する」機器だと語った。


 見本市の会場にはサルコの模型が展示された他、来場者が、サルコに入って最終的にボタンを押すまでを体験できる、バーチャルリアリティー(仮想現実、VR)ゴーグルが用意された。


 ニチキ氏はサルコの1号機の年内完成を目指している。完成後は、設計図をオープンソースの文書としてオンラインで公開し、自由にダウンロードしてもらう意向だという。(c)AFPBB News


㊟3Dでの製造図面が公開されたら早速、購入しよう。ただし、高額なら難しいな。練炭自裁死の方が安上がりだもの。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

無知な私に振る方が悪い!!私はしょせんバカ芸人なんで!!







無知な私に振る方が悪い!!私はしょせんバカ芸人なんで!!

柳原可奈子「ハラスメントに感じない」発言に“180度変わった”との指摘
アサジョ / 2018年4月19日 7時15分

 お笑い芸人・柳原可奈子の発言が大きな波紋を呼んでいる。

 4月17日に「バイキング」(フジテレビ系)に出演した柳原は、財務省事務次官の福田淳一氏が女性記者へ「胸を触って良い?」「手を縛るのは平気?」などと発言したとされる性的ハラスメント疑惑に関し、「(そこまで)大変な性的ハラスメントとは感じなかった」「慣れてきちゃったのかな」などと感想を述べた。

 女芸人として、MCへのスピーディーな切り返しやテンポの良い掛け合いを心がけてきたことから、今回のケースでも「(胸を触ろうとされても)そんなことより、森友の件はどうなってますかって(私なら切り返すと思う)」と持論を展開。

 しかし、番組を視聴したSNSユーザーは柳原による見解を「完全に的外れ」「お前の芸人魂は今どうでもいい」「政治家の不祥事と女芸人の苦労話を一緒にするな」「それを被害者の記者に言えるのか?」などと厳しく非難し、「常識的なコメントができないならワイドショーに出るな」といった指摘も見られた。

「こういったハラスメント問題は女性の中でも意見が分かれるため、柳原のようにそこまで大事として捉えない方がいるのも事実でしょう。しかし、視聴者の本音や意見を代弁する役割も担うワイドショーの出演者である以上、同性の記者を擁護しなかったのは、大胆な意見だったのかも知れません」(テレビ誌ライター)

 ところが、2017年末に放送された同番組で柳原は、岩手県岩泉町の伊達勝身前町長による女性取材記者への問題行為疑惑が浮上し、辞職した際の「心的外傷後ストレス傷害の診断を受けており、事件もその影響からくる幻聴が原因」という主張に対し、「女性記者の心の傷は計り知れない。なのにPTSDだから仕方ないという方向に持っていこうとしているのは最低」とまで力説していた。前出・テレビ誌ライターが続ける。

「ほとんど同じケースなのに、なぜ、今回は被害を受けた女性記者に対して擁護のスタンスを取らなかったのかが不思議です」

 奇をてらう指摘を意識したのかもしれないが、数カ月で意見が180度違ってしまっては、視聴者も混乱してしまうだろう。
(木村慎吾)


㊟この女もまったく成長していない。昔のままで、ただ出ていいるだけ。さっさと消えろ。あ。一ついいとこあった。汚い、下品な大阪弁を止めたことだ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

知る権利!?大女優は共演美男を喰い捲り!!

知る権利!?大女優は共演美男を喰い捲り!!


岩下志麻 「結婚して駄目ならそこまでの女優よ」
ポストセブン

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、人気女優だった岩下志麻が篠田正浩監督と結婚した当時のこと、母となっても女優を続けたことで生まれた葛藤について語った言葉をお届けする。

 * * *
 今回も岩下志麻の女優人生をインタビューさせていただいた新刊『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』から印象的な「言葉」をお届けする。

 岩下は一九六七年に篠田正浩監督と結婚している。女優が今でいうアイドルに近い人気商売だった時代、しかも当時はまだ「女性は結婚したら家庭に入る」という固定観念もあった。そうした中でトップ女優が結婚してしまうことに、岩下が所属していた松竹は慌てたという。


「私をこれから売り出そうという時でしたから。当時は今と違いまして、結婚したら女優は引退して家に入ることになっていました。今は結婚して子どもを三人ぐらい産んでもまた主演できるじゃないですか。当時では考えられない。ですから、本当に反対が多くて。松竹の重役さんが入れ代わり立ち代わり来て、『今は結婚の時期じゃない。これだけ主演作を用意しているんですよ』と台本も持っていらして。『それでもあなたはある一人の男の所有物になるんですか』みたいなことを言われました。


 それで私も、周囲の人の九九パーセントから反対されるので意地になってしまいまして。幸いにも両親はわりと放任主義でしたから、私の思うままにという感じでそっとしておいてくれたんですけど──周囲からあまりに反対されるので、逆に『結婚してみよう』という気になっちゃったのね。『いいじゃない。結婚して駄目ならもうそこまでの女優よ』と。


 ですから、結婚が女優としてプラスになるよう、結婚してさらにいい女優になろうという決心で、結婚に踏み切りました」
本文を読む

実際にその決心の通り、『心中天網島』をはじめとする篠田監督とのコンビ作などを通して、岩下は女優としての評価を高めていく。

 だが一方で、それは二人の子どもにとっては両親が揃って家を空けてしまうということでもあった。

「その当時、娘を見ていてもらった人に『岩下さん、お願いですから仕事を辞めてください。お嬢さんかわいそうです』と言われたこともあります。『お手伝いさんと二人だけじゃかわいそうです』と。その方には泊まり込みで保母さんというかたちで来てもらっていたんだけど、その人に拝むように言われたことがあって。それもあって、私は物凄く悩んでいました。


 いまだに子どもには『ごめんなさい』っていう感じがあります。長い間、犠牲にしてしまいましたから」


『草燃える』『独眼竜政宗』『葵 徳川三代』と、出演した三本のNHK大河ドラマでは全て「乳母が長男を養育するという武家の風習のために、我が子と相克の関係になってしまう」という母親の役を演じている。


「子どもが自分よりも乳母に懐いてしまうというのは、母親としてとても寂しいことだと思うんです。でも、当時はそうしないといけなかった。そういうしきたりの中で生きなくてはなりませんから、しょうがなかった」


 自身も葛藤の中で過ごしてきたからこその言葉に思えた。


●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2018年4月20日号


㊟知る権利として書こう。夫がいながら映画、TVの共演イケメンを喰い捲り、作品の中で体の絡みのある男優は自ら指名していたのが山田五十鈴、杉村春子、森 光子、岩下志麻らの名が挙げられる。もっと古くは田中絹代だろう。


 昔、東映本社TV制作部に顔を出した時、調度、テレビで岩下志麻と若いイケメンのドラマが流れていた。筆者とそれを観ていた有名プロデューサーが、


「志麻のヤツ、またこの男を喰ったな」

 と蔑称を込めて口にし、笑っていた。


 客を呼べる女優、視聴率を稼げる女優(男優も同じ。ホモの男優は“好みのタイプ”の若手俳優を指名する.平幹二朗、加藤剛、松方弘樹(バイ))たちは何故か何故かsexにド淫乱。


 前後するが、山田五十鈴が亡くなった時、慎重な演技を見せる榎木孝明がマスコミのカメラとマイクが向けられているのに、


「(山田五十鈴さんは)いい男が好きでね」


 と口を滑らせたのには驚いた。ヤラレたのだ。それを思い出したんだろうが、あんなとこで口にする言葉ではない。。


 また、ある撮影所で新劇出身の売れっ子中年イケメン俳優と立ち話をしているとき、俳優座の話、六本木界隈の話になり、あの店は、あの書店はと話が広がり、何故か杉村春子の話に。。


 と、そのイケメン中年俳優(彼は死亡したが、女優の奥さんが生存しているので名を秘す)、


「あの婆あ(杉村)、直ぐねっとりと手を握ってきて…」


 と思い出しても吐き気がするというような顔で口にした。彼も何度かベッドを共にさせられ、主演クラスの役を得ていたのだ。


 森光子は死の直前までジャニーズ事務所の低能タレントをデリヘルしていたのは多くの関係者は知っている。東山紀之が一回100万円。結構長く続いていた。その後、デリヘルボーイとして行かされたのが短足鼻づまりの滝沢秀明で1回200万円。(この二人と森の事をバラしたのが光GENJIの諸星だ)


 が、滝沢秀明は抱かれた後、事務所に帰り、ジャニーとメリーに、


「あんなお婆さんに抱かれたくない…」

 と号泣して続かず。もちろん、この二人はジャニーの特愛で有名。近藤マッチが森に呼ばれなかったのは美少年じゃないし、下品。その上、メリー喜多川の情夫なのを知っていたから。


 また、かつて美少年俳優として『大岡越前』に同心役でレギュラー出演していた佐藤祐介(若くして死去)を主演の加藤剛と北大路欣也が京都撮影所で取り合いをしていた情報があった。


 なんと、それをTVのナマ番組でバラしたのはおすぎとピーコのどっちか。。、偶然観ていたのだが、


 こいつ、


「わたし、そんな話(確か、日野正平の女性スキャンダル)より、加藤剛と北大路欣也が佐藤祐介を取り合いしているって話のほうがいいわ」

 などと言い出したのだ。筆者も驚いたがその日の出演者は全員固まってしまっていた。。


 また、テレ朝「必殺仕事人!」で主演した松方弘樹は準主役の東山紀之とその関係に。そう、松方はバイで東山を口説いたのだ。東山はジャニの愛人で毎日勃起、射精していたからOK、OKだったのです。その後、松方が東山のアソコに飽きて続かず。おお、怖い、怖い。正ちゃま、襲われたらどうしょう・・・
 


 岩下志麻に戻そう。

 岩下志麻ほどイケメン新人男優を喰い漁った女優は…あ、三田佳子、かたせ梨乃の凄い。岩下とどっこいどっこいだ。岩下に喰われた若手俳優(現在は若くない)は何人もしっているが結婚しているのもいるから名を秘す。


 ただ、岩下で面白い話が。某テレビドラマ部長と麻布で飲んでいる時だ。


 その部長、


「正次郎先生、知ってます?岩下志麻は津川雅彦が大嫌いなんですよ」


「ん…何故?」


「志麻さん怒ってましたね。「あの野郎、ラブシーンになると中に指を入れて来る。しかも指を動かす」って。それで共演お断りなんです」


「津川もド助平だから。。。朝丘雪路と結婚した時に、『互いに浮気を認めよう』って約束したんだから」


「えっ!本当ですか?」


「朝丘雪路も主演舞台で相手役の男優は自分が喰いたいのを指名するんだよ」


「芸能界は面白いですね。穴兄弟だらけで。。。ハハハハ」

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
ニュースの深層 (6697)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR