2017-05

民進またブーメラン、加計学園関与していた… 学部新設を強硬に要求「ぜひ実現してほしい」

民進またブーメラン、加計学園関与していた… 学部新設を強硬に要求「ぜひ実現してほしい」
夕刊フジ

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」が注目されている。

民進党は、内閣府が「総理の意向」をバックに文部科学省に早期実現を迫ったか否かについて徹底追及している。だが、同党の若手議員も国会などで学部新設を強硬に要求していたのだ。これは、ブーメランではないのか。


 「これは、ぜひ実現をしていただきたい」「(加計学園の)獣医学部の件も含めて、省庁がいろいろ抵抗することに対して、それを説得する役割が石破(茂)大臣(地方創生担当相=当時)じゃないか!」


 この発言は「官邸の最高レベル」の意向を受けた与党議員のものではない。岡山1区を地盤とする民進党の高井崇志(たかい・たかし)衆院議員=比例中国=が、昨年4月26日、衆院地方創生に関する特別委員会で発したものだ。


 高井氏は中国、四国地方の獣医師が足りず、地域によって偏っているとして、国家戦略特区を使って岩盤規制を突破するよう求めた。


 この質疑後の3日後、高井氏は自身のホームページにも、「(獣医学部新設は)地元の岡山理科大学が力を入れており、『これは何としても実現して欲しい』と(中略)石破大臣に強くお願いした。前向きな答弁を引き出すことができました」と書き込んでいた。


 高井氏は東大経卒業後、総務省に勤務し、江田五月元参院議長の秘書を経て、09年8月の衆院選で旧民主党から出馬し、初当選した。当選2回で、政策通として知られる。昨年4月、加計学園が運営する岡山理科大の入学式に、江田氏とともに来賓として出席していた。


 民進党は17日、「加計学園疑惑調査チーム」を設置した。蓮舫代表は「疑惑は一層深まっている。早急に調査すべきだ」と追及姿勢を強めているが、自党の議員が学部新設を要求していたことも調査するのか。


 夕刊フジは18日夕、高井氏に獣医学部新設の是非を改めて聞いた。


 高井氏は「中国、四国地方には獣医が少ない。四国には獣医学部がゼロだ。地元の岡山理科大が手を挙げているということもある(から新設を求めてきた)」といい、続けた。


 「これまで、岡山の議員が努力してきた。安倍首相になって一気に進んだという見方もあるし、今までの積み重ねの結果(獣医学部新設が)実現したと見ることもできる。現時点では何ともコメントは難しい。いろんな文書が出てきており、これらの経緯を見ていかなければならない」

㊟新進党の議員ってのは自民党、公明党、維新の会の議員より数段落ちるのが多いようだ。
 党内をもし切れないからこんな報道が出て来る。先日は玉木議員にも獣医師会から100万円の献金を受けていたことも報道されて。。。国会議員に「しっかりせんか!」と言うのも疲れた。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

怒りの重大投稿届く!!『我が国の三権分立は何処に?菅官房長官の日頃の会見は常に行政府が司法・立法の上発言だ!!』の指摘!!

怒りの重大投稿届く!!『我が国の三権分立は何処に?菅官房長官の日頃の会見は常に行政府が司法・立法の上発言だ!!』の指摘!!

 投稿者はこう言う。

<特に森友・籠池問題と加計問題に関する菅官房長官の発言>

 と続く。

成程、読者の指摘に先ず、日刊ゲンダイ記事から菅官房長官発言を見てみよう。

森友ソックリになってきた 加計学園獣医学部は白紙になる
日刊ゲンダイ
 どうやらコトの顛末も「森友疑獄」と同じになりそうだ。
安倍首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛・今治市に校舎を新設中の獣医学部をめぐり、文科省担当者が内閣府側とのやりとりを記した際にメモしたとみられる文書に「総理の意向」と記されていた問題。

菅官房長官は「出元も分からず、信憑性も定かでない」(㊟発行元不明の怪文書とも発言していた)
とトボケているが、文書の“狙い”はハッキリしている。
省庁人事を握って、やりたい放題の安倍官邸に対する義憤と、このまま獣医学部開設を認めてはダメだ、という強い危機感だ。


「どういう文書なのかも含めて確認中です」

 民進党の「加計学園疑惑調査チーム」が18日、衆議院議員会館で開いた会合。文書の存否や真偽を問われた文科省の松尾泰樹官房審議官は歯切れの悪い答弁を繰り返すばかりだった。

そりゃあそうだ。事実と認めれば、安倍のお友達という理由で政策がネジ曲げられた――と認めたのも同然。「第2の森友疑獄」どころか、内閣総辞職まっしぐらだ。

だから、安倍官邸は怪文書扱いにしてウヤムヤにするつもりだが、文書に名前が載っていた義家弘介文科副大臣はきのう≪19日≫の参院農水委で、民進党の桜井充議員の質問に対し、

「しっかりと(議論を)まとめていただきたいとお願いした」
などと答え、文書の存否については否定しなかった。

元文科官僚で、京都造形芸術大教授の寺脇研氏は「文書は文科官僚の強い危機感、正義感の表れから出たと思う」と言い、こう続ける。


「(国家戦略特区を担当する)内閣府は加計学園が掲げた『世界レベルの獣医学部』を認めたわけですが、獣医学部設置が認められなかった京都産業大はノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が所長を務める京大iPS細胞研究所との連携を提案していました。その京産大よりもなぜ、加計学園の方を『世界レベル』と判断したのか。今後、内閣府は説明を求められることになるでしょう」


 獣医学部の施設整備費として約32億円の負担を求められる愛媛県も困惑顔だという。


「6月の定例議会で負担金について議決する、との報道がありますが、文科省の設置認可も出ていない段階で、県が先走って『おカネを出しましょう』と決めるはずがない。それこそ『愛媛県も安倍首相を忖度したのか』と笑いものになってしまいますよ」(愛媛県議)


 “森友小学校”は校舎が完成したものの、最後は大阪府私立学校審議会へ設置認可申請の取り下げを余儀なくされた。

 加計学園は果たして……。


続いて同日の夕刊フジ記事もご覧ください。・


加計学園問題「怪文書」仕掛け人、「官邸に恨みを持つ元文科省幹部」 蓮舫氏「内閣総辞職に値する内容」
夕刊フジ

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」が注目されている。

朝日新聞は17日、文部科学省の内部文書として「安倍首相の意向」の可能性を報じたが、菅義偉官房長官は記者会見で「怪文書」といい、事実関係を否定した。

すると、朝日新聞は18日朝刊で新たな文書を報じたのだ。安倍首相が示した憲法改正との関係とは。永田町では、官邸に恨みを持つ「仕掛け人」の存在が指摘されている。


 「官僚による究極の忖度(そんたく)があったならば、内閣総辞職に値する内容だ」「極めて異例な行政側の措置が講じられたと言わざるを得ない」「疑惑は一層深まっている。事実関係を早急に調査すべきだ」

 民進党の蓮舫代表は18日午前の記者会見で、こう語った。自身も「二重国籍」問題を抱えているが、他者への批判はピカイチだ。


 菅氏は前日、「怪文書みたいな文書」と突き放したが、18日午前の記者会見でも、
朝日新聞の「文書」を「出元も分からない、信憑性も定かでない。こういうことには変わりはない」と発言。そのうえで、「内閣府にも確認したが『官邸の最高レベルが言っている』とか『総理のご意向』だとか、そういう事実はない。総理からも指示は一切ない」と語った。


 夕刊フジも最初の文書は入手した。役所メモの基本である「作成者」「相手方」「日時」「場所」が記されていなかったが、朝日新聞が18日報じた文書には、日時や出席者などがあり、《これは官邸の最高レベルが言っていること》《山本(幸三)大臣も『きちんとやりたい』と言っている》と記されていた。


 ただ、官邸周辺は「17日と18日の文書は書式がまったく違う。疑問がある」と語った。


 これが怪文書ならば「第2の偽メール」になる。文科省の内部文書とすれば、安倍首相の関与の有無とともに、流出の背景が気になる。


 永田町関係者は「官邸は全貌をほぼつかんだ」といい、続けた。


 「文書を流したのは、官邸に恨みを持つ元文科省幹部だ。以前、私生活について、官邸側に注意を受けたことで根に持っているとの情報がある。

朝日新聞以外の新聞社とテレビ局にも提供し、一部野党にも渡したようだ。提供相手に傾向があるため、憲法改正阻止に向けた政局誘導、情報操作を狙っている可能性がある。現在、元幹部とつながる政界・官界関係者を詳しく調べている」

 今後、真実は明らかになるだろうが、文科省は戦々恐々となっている。

 同省は、組織的天下り斡旋(あっせん)問題で、不正に関わった歴代事務次官を含む43人が処分されたばかり。今回の問題が発覚したことで、永田町や霞が関での信頼はさらに失墜した。

 ある同省幹部は「6月といえば中央省庁の人事の時期だ。すでに決まっていた幹部人事も次々とひっくり返るだろう。これから粛正が始まる…」とおびえている。



㊟行政府が管轄下の省庁人事を仕切るのは仕事であり、当然の義務でもある。がしかし、時の政権や政権幹部が恣意的に人事を動かすことは絶対に許されない。

 霞が関の関係者も言う、

「あの人は何かというと『飛ばすぞ!』と脅してくる。こんな政治家はいままで遇ったことが。。。」

 と言葉を詰まらせる。。

(これもその一つ。昨年の都知事選に総務省次官の桜井俊氏を立候補させようとした。これは筆者が桜井氏が立候補を諦めざるを得ないいろいろを本人と総務省にメールし叩き潰した)

 まして犯罪が立証されるかどうかの大問題に対して、司法の判断も出る前に、しかも、行政の上に位置する立法府の国会議員に対してまで、上から目線で、


「犯罪などあり得ない。立証されない」

 とか、

「どこに犯罪性があるのか!」

「〇〇が勝手に判断したもの」

 などなど、官房長官が口にすべきではないし、官房長官の立場(職域)をも逸脱している越権発言としか。


 森友問題でも経産省から昭惠夫人付きとして派遣されていた谷査恵子氏の名入り文書が出て来た途端、

「これは(昭惠夫人に関係なく)谷さんが独自にやったこと」

 と決めつけ発言していた。

筆者の長い秘書経験で、権力者への陳情処理を官僚が勝手に判断し実行することは100%ない。責任を取らねばならないから。しかも、そんなことを質問する議員がおかしいと言わんばかりだった。


 読者からの投稿がなければ見過ごすところだった。確かに最近の菅官房長官は傲慢ぶりがあちこちに見られる。

 こういう男が権力を握ると強権(警察権力)を発動するのが世の常、ここ数年の菅氏の姿を見ると、スーツ、Yシャツ、ネクタイ、靴までも随分高価なものを身に付けていますな。


 最期に。今後、一大疑獄事件になりそうなのが少し前に配信したカジノだ。

驚くのは法案が成立する前に、横浜山下ふ頭にカジノが決まっていたことだ。


 しかも、これを仕切るのが神奈川政界、財界を支配する暴力団と密接交際と噂の高い藤木グループ(横浜港の荷役を一手に支配)で、菅氏の後援会の大大幹部でもある。

その藤木グループの会長自身が法案が上程される前、「カジノをヤル」とメディアに公然と答えている。

≪横浜山下ふ頭カジノ建設に関しては筆者もブレーンと渡邉機関を動員し調査を進めている。≫


 菅官房長官は、秋田から集団就職した境遇と聞いている。台東区一の資産家の三代目としてご同情申し上げ、

「実るほど頭が下がる稲穂かな」

 を贈りたい。

こりゃいい事!!私も寄付します!!天守閣木造に向け寄付募集へ


こりゃいい事!!私も寄付します!!天守閣木造に向け寄付募集へ
05月08日 19時18分
名古屋城天守閣を木造で復元する計画について、名古屋市の河村市長は8日の記者会見で、市民から寄付金を募って建設費用の一部にあてたいとして、必要な条例案を6月の定例議会に提出する考えを示しました。

このなかで、河村市長は、ことし3月の市議会で名古屋城天守閣の木造化の関連予算が可決されたことを受けて、9日、計画案の採用を決めている大手建設会社と正式に契約を結ぶことを明らかにしました。

その上で、総額500億円余りとされ、財源の確保が課題となっている建設費用について、市民から寄付金を募って、一部にあてたいという考えを示しました。

河村市長は「本丸御殿の復元では50億円の寄付が集まったので、天守閣は100億円を目標にしたい。多額の寄付もありがたいが、子どもが10円ずつ寄付してくれるのも素晴らしい」と述べ、寄付金の受け付けに必要な条例案を、6月の定例議会に提出するとしています。

㊟河村たかし頑張れ!!後期高齢者の私も“貧者の一灯”を。名前は出さないでください。早速。
 読者も応援していただければ。。。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

泣くな沖縄女性!!本土も同じ。ゴキ国、蛆キムチ国の女たちは悲惨ですよ!!

泣くな沖縄女性!!本土も同じ。ゴキ国、蛆キムチ国の女たちは悲惨ですよ!!
DV、虐待、援助交際から垣間見える、沖縄の現実『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』

 沖縄県の1人当たり県民所得は47都道府県中最下位の210.2万円と、全国平均306.5万円に対して大きく落ち込んでいる(内閣府・平成25年度県民経済計算)。

失業率、DV発生率なども高く、離婚率も全国ワースト。統計が見せる沖縄の姿は、牧歌的な南の島のイメージから遠く隔たっている。

 この島で育った教育学の研究者・上間陽子は、2012~16年まで、風俗業界やキャバクラなどで働く女性たちの実態をリサーチするために、継続的なインタビューを実施。

4年間のリサーチの成果として『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)を上梓した。本書に収録されたさまざまな女性たちのインタビューを読めば、DV、虐待、援助交際など、この島が抱える現実が見えてくる。

「私たちの街は、暴力を孕んでいる。そしてそれは、女の子たちにふりそそぐ」
 上間は、自身が育った島の姿を、このように表現する。
 では、その「暴力」とは、いったいどのようなものだろうか? 本書の中から2つの例を見てみよう。

 兄からいつもひどく殴られて育ってきた優歌(仮名)は、16歳で妊娠して結婚、17歳で男の子を出産した。しかし、子どもが生まれると、夫は優歌に対して暴力的になる。

目の前で作った食事を捨てられ、仕事着を洗うと舌打ちされ、洗い直しを命じられる日々。そんな生活に嫌気が差し、優歌は夫と離婚した。

優歌がひとりで子どもを育てていたにもかかわらず、ユタ(霊能者)の「一族に問題が起こる」というお告げから、8カ月になる子どもは夫の家族に引き取られた。

 実家に戻った彼女は、キャバクラの体験入店などを行いながら暮らしていく。しばらくして、5歳年上の恋人ができたが、男はDVの常習犯だった。

周囲の反対を押し切り付き合った優歌は、些細なことで怒鳴られ、殴られながらも男との子どもを妊娠。
しかし、男は働いていた店の金と模合(もあい/メンバーが一定のお金を出し合い、順番に給付し合う頼母子講のようなシステム)の金を持ち逃げして、街から消える。男は、ほかの女も孕ませていたのだった。優歌は、再びキャバクラで働きながら、ひとりで子どもを産んだ。

 街に戻ってきた男は、優歌の兄に謝罪し、5万円を詫びとして支払った。男にとって、謝罪する相手は、孕ませた優歌ではなく、優歌の兄のほうだった。優歌は今も、ひとりで子どもを育てている。

優歌よりもさらに悪質な暴力にさらされているのが、翼(仮名)だ。彼女が幼いころに両親は離婚。母親に引き取られた翼は、スナックのママを務める母から、ネグレクト(育児放棄)されて育った。ご飯も作ってもらったことのない彼女にとって、「母親の味」の記憶はない。

 高校に進学しなかった彼女は、友達の誘いでキャバ嬢になる。16歳になった頃、7歳年上のボーイと付き合うようになり、2カ月で妊娠。不安はあったものの、彼女は結婚し、出産することを決意する。

しかし、結婚すると、夫はその態度を一変させる。生活費を家に入れず、翼が不満を言えば、暴力を振るい、馬乗りで殴る蹴るの暴行を加えた。

その暴力は、鼻が折れて、目が開かなくなるという壮絶なものだった。出産後、翼はすぐにキャバクラに戻ったものの、夫からの暴力で顔に傷ができると、仕事を休まなくてはならない。そんな翼を見て、男は「お前が悪い」と自分の行為を棚に上げて罵った。

 親からの虐待、夫からのDVのほか、レイプ、援助交際など、少女たちが直面する暴力の数々は、想像をはるかに超えるものばかりだ。

彼女たちにインタビューをした経験を、上間は「予想していたよりもはるかにしんどい、幾重にもわたる困難の記録」だったと振り返っている。唯一の救いは、本書に登場する少女たちがみな、自分の子どもを愛していることだろう。せめて彼女たちの子どもは、そんな暴力とは無関係に育つことを願ってやまない。そのためには、多くの人々が、この暴力の実態に目を向けることが不可欠だ。
(文=萩原雄太[かもめマシーン])
㊟うーん…考えさせられる記事だ。ですが、これは沖縄だけの問題じゃないだろう。本土でも同等以上の悲惨な女性たちは多い。すべての女性に愛の手を…なんて無理。好みもあるし。。。
三原ふじゅん子や江川紹子なんかと結婚する男もいる、、、。こういう男はよほど女性に縁がないのか、それとも慈愛溢れるボランティア精神?神のみぞ知る。
それに沖縄はゲイがものすごく多いって聞いていますし。。。

 比較するのはおかしいとお叱りを受けるだろうが、ゴキブリ国の女と蛆キムチ国の女たちは売春で稼ぐために海外に出るんですよ。これぐらいの逞しさも必要かも。
 昔、沢たまきって歌手が歌いましたね。♪ほ~しの~ながれに、身を占って~、ど~こへいくのか、きょうの宿♪
 これ、いい歌ですよ。海外に売られた売春婦の哀しい歌です。是非、ネットで検索して歌ってください。泣けて・・・やがて諦めて・・・目が覚めるはず。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

こりゃ文春、完敗だべ!!中づり広告問題、トーハンが謝罪

こりゃ文春、完敗だべ!!中づり広告問題、トーハンが謝罪
公式サイトにメッセージ

 発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を出版取次業大手トーハンから文芸春秋が入手していた問題で、トーハンは20日までに「文芸春秋様に中づり広告を貸し渡したことは不適切な取り扱いだった」と謝罪するメッセージを公式サイトに掲載した。
 メッセージは、新潮社に既に謝罪したことを報告した上で、全容解明に向けた調査と内部統制・管理体制の強化と整備に努めるとしている。

㊟文春の新谷編集長は、トーハンが謝罪文を出す前、報道陣に「新潮」の中吊りを「文春」に渡していたことを認めていた上に、新潮に証拠をあれだけ並べられていたのだから素直に謝罪すべきだったな。
社の歴史に汚点を残してしまった以上,出世の階段は外してしまった。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (79)
ニュースの深層 (4987)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR