FC2ブログ

2020-08

ジャニ事務を潰さんと!!

ジャニ事務を潰さんと!!

元SMAPへの「圧力」ジャニーズの巧妙な手口が明らかに
wezzy / 2019年7月26日 19時5分

 元SMAPメンバーのTV出演に圧力を加えた疑いがあるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所に「注意」をした問題。これまで“公然の秘密”となっていたジャニーズ事務所による圧力問題に対し、ついにメスが入れられる可能性が出てきたが、「週刊文春」(文藝春秋)2019年8月1日号にて、嵐のチーフマネージャーであった男性スタッフによる巧妙な圧力の実態が暴露された。


 記事によれば、テレビ局との交渉やキャスティングを担当する彼は、テレビ局に対して非常に強い力をもっており、その影響力は番組企画にも口を挟むほどであったという。


 「週刊文春」の取材に応えているテレビ局の幹部は、その男性スタッフから元SMAPメンバー3人のことを取り上げた番組や尺の長さをリストにしたデータを渡され、「なぜこうなったのですか?」と言われたと証言している。


 また、その幹部は、2018年3月まで放送していた香取慎吾出演の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)も同様の強請りを受けており、番組担当者は男性スタッフから「いつまで続けるつもり?」と言われたらしいとも語っている。


 今回、公取委からジャニーズ事務所へなされたのは、あくまで「注意」である。これは、ジャニーズ事務所がテレビ局に圧力をかけていた明確な証拠は出てこなかったことを意味している。


 今回「週刊文春」で報じられたやり取りが事実であれば、「注意」にとどまったのも仕方がないのだろう。記事によれば、リストは持ち帰っているために証拠を残していないし、そもそも、男性スタッフは「番組を終わらせろ」といった発言はいっさいしていないからだ。


 しかし、リストを渡したり、「いつまで続けるつもり?」と声をかけるだけで、テレビ局は“忖度”を働かせたようだ。


 SMAP分裂後もしばらくは続いていた新しい地図メンバーの冠番組はだんだんと終了していき、今年3月に稲垣吾郎が出演する『ゴロウ・デラックス』(TBS系)の終了をもって、3人は地上波テレビから完全に姿を消した。


 ジャニーズ側による「声かけ」の効果は絶大だったわけだ。

ジャニーズ事務所の“圧力”は昨日今日の話ではない

 しかし、ジャニーズ事務所によるこういった手法は真新しいものではない。もっと言えば、これまでの蓄積があるからこそ、テレビ局はこれだけ敏感に“忖度”を働かせるようになったといえる。


 ジャニーズ事務所は、所属アイドルがもつ圧倒的なタレントパワーを背景に「人気グループの出演取りやめ」を脅し文句として、ライバルの他事務所所属男性アイドルグループを番組から外させたり、ワイドショーでジャニーズアイドルのスキャンダルを扱うのを止めさせているのではないか、という疑惑が根強い。



 そういった疑惑の背景にあるジャニーズ事務所の強権は、SMAPが国民的アイドルグループとしての座を不動のものとした1990年代以降に、より強化されたものといえる。ゆえに、「新しい地図」側のドンである元SMAPチーフマネージャーが、その辣腕によりジャニーズ事務所とテレビ局の力関係を築き上げたと見る向きもある。


 「女性セブン」(小学館)2019年8月8日号は、「テレビ局に圧力をかけていたと疑われていた人物は、むしろ解散前のSMAPを支えていた幹部スタッフ。今は退所して『新しい地図』サイドの人」だというテレビ局関係者の弁を掲載。ジャニーズ側の反論、と言えるだろう。


 ともあれ公取委が問題にした元SMAPメンバーへの圧力の掛け方は、これまでジャニーズ事務所のなかで連綿と受け継がれてきたやり口だ。そろそろ終わりにしなければならないことは間違いない。

ジャニーズ以外にも存在する“圧力”や“タブー”

 前出「女性セブン」によれば、今回の公取委の動きはまだ始まりに過ぎないという。公取委の本丸はジャニーズ事務所よりもテレビ局の独禁法違反であり、今後はテレビ局側に対してさらに厳しいチェックが入るであろうと報じている。


 先に述べたのと同様のやり方でメディアに“タブー”をつくりだしている例として、バーニングプロダクション系列の事務所がある。のん(能年玲奈)、鈴木亜美(鈴木あみ)、水野美紀など、バーニング圧力によってテレビの出演機会を奪われたとされるタレントは枚挙に暇がない。


 吉本興業もそうだ。謝罪会見での田村亮の告発によって広く知られるようになったが、在京5社、在阪5社のテレビ局が吉本興業の株主となっているような構造が、メディアに歪みをもたらしてきた。


 こういった構造はもう一部の熱心なゴシップマニアだけが知っているようなコアな情報ではなく、広く世間一般で問題視されるものとなった。そうなった以上、今後、芸能界における不公平は是正される方向へと動いていかざるを得ない。


 その過程では、今回公取委が「注意」した元SMAPメンバーに対しての圧力はもちろんだが、バーニング、吉本興業、そして、過去にジャニーズ事務所が行ってきた圧力についても、徹底的に検証されることが求められる。

㊟ジャニ側が圧を掛けやすくなったのは民放が春夏秋に派手にやっていた「芸能人運動会」でした。「○〇を出演させるならうちの連中を総引き揚げする」「田原に最優勝賞を」、翌年は「マッチに最優勝賞をくれないなら参加しない」と堂々と口にしてましたね。

田原は涎が垂れそうな唄い方でしたし、マッチは音は狂いっ放しのがなり歌でもレコ大新人賞でした。

 運動会、水泳大会ですが、参加人数は一山いくらのジャニっタレでも数多い方が絵になりますし、視聴者も楽しめます。その「運動会からジャニタレを総引き揚げする」とやられたら番組になりません。こうして次々と忖度幅が広がっていったのです。

 今でもあるのかは知りませんが、スポーツ紙や雑誌には「G担当」なる言葉があったのです。ジャニ事務所のことです。木村拓哉のことを「キムタク」と書いただけでクレームが入るんです。「どこかいけないんですか?」に、「木村拓哉が嫌だと言ってるから」ですよ。子どもが嫌っていうから、、、だから一山いくらのナスビ集団と言われるのです。

 同じく暴力団密接共生者で有名なバーニングプロダクションのことは「B」と呼ばれています。警察が暴力団をBと呼ぶのとまったく同じなんですから嗤っちゃいますよね。

 8月に渡邉正次郎を講師として開かれる、議員有志と各省官僚の勉強会「テレビ・ラジオを考える会」でも、ジャニーズ及び大手プロが公共の電波を金儲けに悪用している問題も議題になることを通告して置く。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

ど変態ホモジジイが死ぬ前には、こんな話題なかったな。今の日本は本当に駄目だ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/9881-d59020d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12715)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR