FC2ブログ

2020-08

人間は薄情を証明したアンケート

人間は薄情を証明したアンケート

相模原 障害者施設19人殺害 5人に1人覚えてない NHK調査
NHK2019年7月26日 4時47分
障害者施設 殺傷事件

相模原市の知的障害者施設で19人が殺害された事件から、26日で3年です。NHKが行った世論調査で事件の記憶について聞いたところ、「覚えていない」と答えた人は“5人に1人”で、“20代以下では半数近く”にのぼり、若い世代で関心が薄れていることが浮き彫りになりました。


平成28年7月26日に、相模原市の知的障害者施設、「津久井やまゆり園」で入所していた19人が差別的な動機で殺害され、26人が重軽傷を負った事件では、元職員の植松聖被告(29)が殺人などの罪に問われ、来年1月に初公判が開かれる予定です。


事件から3年となるのを前に、NHKは先月14日から16日にかけて、全国の18歳以上の男女に対し、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行いました。


調査対象となったのは2374人で、このうち53.5%にあたる1269人から回答を得ました。


この中で、障害者殺傷事件の記憶について聞いたところ、
「くわしく覚えている」が14%、「ある程度覚えている」が60%だった一方で、「あまり覚えていない」が18%、「全く覚えていない」が5%で、「覚えていない」と答えた人は5人に1人でした。


20代以下では「覚えていない」と答えた人が、47%と半数近くにのぼり、若い世代で関心が薄れていることが浮き彫りになりました。


また、自分も含め、障害のある人が身近に「いる」人では、「覚えている」が81%にのぼり、障害のある人が身近に「いない」人より10ポイント高くなりました。

専門家「忘れられては困る」

障害者の施策に詳しい、浦和大学の河東田博特任教授は「ネットで関心のある情報を拾う若い人たちにとってこの事件はたくさんの出来事のなかに埋没しているのではないか。差別や偏見をなくしていくためにも、悲惨な事件が忘れられては困るので、さまざまな立場の人が発信を続け若い人たちにも必要な情報を届けていく必要がある」と指摘しています。

障害者で作る団体「障害者との接点を持つ機会を増やすべき」

障害のある人たちでつくる団体、「DPI日本会議」の佐藤聡事務局長は「障害者は『殺される存在』だと突きつけられ、私たちにとって絶対に忘れられない事件だったので、覚えていない人が結構いることに驚いた。日本はさまざまな場面で障害者と健常者を分けているので、学校や職場などで障害者との接点を持つ機会を増やす必要がある」と話しています。

3年前の事件は そして今後の裁判は

事件が起きたのは3年前の平成28年7月26日の未明でした。


相模原市の知的障害者施設、「津久井やまゆり園」で入所していた障害のある人たちが次々と刃物で刺されて19人が殺害され、職員を含む26人が重軽傷を負いました。


事件の直後、施設の元職員の植松聖被告(29)が近くの警察署に出頭して逮捕され、その後、殺人などの罪で起訴されました。


逮捕直後から植松被告は「障害者は不幸しか作らない」とか「意思疎通できない障害者は殺そうと思った」などと差別的な供述を繰り返しました。


植松被告に対しては、捜査段階と起訴されたあとの2回、精神鑑定が行われ、いずれもみずからを特別な存在だと考える「自己愛性パーソナリティー障害」などの複合的な人格障害があったと指摘されています。


植松被告の裁判員裁判の初公判は、来年1月8日に横浜地方裁判所で開かれる予定です。


検察が刑事責任能力に問題ないとする一方、弁護側は、認められなかったものの、裁判所に対して3回目の精神鑑定を行うよう請求するなどしていて、裁判では植松被告の当時の精神状態が焦点になるものとみられます。


判決は来年3月末までに言い渡される見通しです。

犠牲者遺族からの手紙

相模原市で起きた障害者殺傷事件から3年となるのを前に、事件で犠牲となった26歳の女性の母親が娘への思いをつづった手紙をNHKに寄せました。


母親によりますと、女性は3歳で自閉症と診断され、気持ちをことばで伝えることは苦手でしたが、態度で意思を伝え地元の保育所や小学校に通う中で友達に囲まれて育ったといいます。


母親が体調を崩して長期入院したため、女性は高校生のころから施設で暮らすようになり、「津久井やまゆり園」には、事件の4年前に入所しました。


事件から3年となるのを前に、母親がNHKに寄せた手紙には「あれから3年月日がたちました。当時の事を思い出すと胸がつまって苦しくなり、いまだにつらい思いは消えません。『もういないの』『本当にいないの』という時があります。さみしくてたまりません」とつづられています。


そして、街で障害のある子どもに出会ったときのことについて、「なぜか娘の事を思い出し懐かしさを感じます。一生懸命頑張っている姿に胸が熱くなり応援したい気持ちになりました」と振り返っています。


一方で、自宅に残されていたやまゆり園からの手紙に「娘さんは元気にしておられます」と記されているのを見て、悲しみがこみ上げてきてしまい、手紙を取っておくことが出来なかった心情も記しています。


また、今の気持ちとして「お墓にお参りしていても、まだ実感がわいてきません。そこに眠っている事は頭では分かっているのですが、娘の死を受け止めきれないからでしょうか。それでもいろんな話をしてなかなか帰る気持ちになれない自分がいます」としています。


そして、手紙の最後には「娘は多くの人々に安らぎをあたえてくれ、たくさんの人たちに愛されていて、大切な大切な娘だったのに、もう会う事が出来ないなんてあまりにもひどいです。たとえ重度の障がいがあっても一生懸命生きている。その存在を無理やり奪う事は絶対に許されない。娘のためにも、早く裁判が始まってほしいと思っています」と結んでいます。

㊟このアンケート調査は正しいでしょう。「記憶にない」、「あ、そんな事件があったなぁ」、人間なんてこんなものなんです。例えに上げるのに相応しくないでしょうが、

 関西圏の交通、経済を麻痺させたあの阪神淡路大地震の時、東京と関西のテレビ視聴率は関西は高く、関東は低かったのです。

 一方、地下鉄霞が関駅を狙い、日本の政治の中枢を麻痺させたオウム真理教による地下鉄サリン事件(3000人以上の死傷者)の時のテレビ報道でも、関西の視聴率は関東視聴率より低かったのです。同じ、小さなの日本の大事件でありながら。。。」
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイト人食う一家兄弟凶人孔金塊小室人食う一家神無川生霊都市鶴派大作宣放和株無し賎しめ和芸仕ユー黒道電子台人食う姉妹土人風呂回教怒る土人石鹸熱湯風呂球砲和拡販児童死人食い姉妹死押し坂道熱中症壁新聞ユー芸舌二枚朝葬痛み芸株無し悪質虐待止め咳口歯に干す芸ノドン飛翔対共犯局限鮮モン毒落独死放協賛白状黒現道中露助酷送竹の子乗船遺宗谷丸尖閣和道ナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/9858-901f117e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12719)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR