FC2ブログ

2021-04

“韓流”は日本人洗脳だった?

“韓流”は日本人洗脳だった?

【新・悪韓論】「韓流」は悪辣な“対日工作”だった!? 冬ソナ、K-POP…政府主導の“対外愚民化”政策「日本の反韓言論を封じ込めろ」
夕刊フジ

 日韓関係が、過去最悪レベルに冷え込んでいる。韓国国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決など、相次ぐ「反日」暴挙を受けて、日本人は隣国の異常さに目覚めたのだ。韓流スターの薬物疑惑や売春斡旋(あっせん)、自殺未遂も続いている。だが、油断してはならない。

韓国は政府主導で、自国のイメージアップを図る「韓流」を展開する一方、日本の国際的地位を貶める「ジャパン・ディスカウント」を繰り広げている。韓国情勢に精通するジャーナリストの室谷克実氏が、隣国の宣伝工作を喝破した。

 韓流とは、韓国政府からすれば、外国人の対韓心理を好転させるための国家プロジェクトだ。韓国との間にどんな懸案があるのか、韓国とは実際にはどんな国なのか…そうしたことを、一切考えさせずに、大衆芸能で「親韓派」を増やそうというのだから、情報心理戦術に基づく対外愚民化政策だ。

 韓流により「韓国が大好きになった」という人とは、韓国の情報心理戦に釣り上げられた“韓流愚民”ということだ。

 韓国の国営通信社に当たる聯合ニュースは、東京・韓国文化院の開院40周年を記念する記事(2019年5月9日)の中で、「政府主導のこのような文化交流政策は1990年代後半になってから韓流という名で実を結び」と正直に書いている。韓流とは、政府主導なのだ。

 韓国の対日情報心理戦がいつから始まったかは定かでない。ただ、80年代には、日本の著名な言論人を韓国に招き、モデルコースだけ見せ、日本の総合誌に「韓国経済絶賛」の論文を書かせる手法が頻繁に行われた。

 「韓国は昇龍の国だ」「韓国は高級公務員による汚職がない」「ポニー(現代自動車の小型セダン)が世界を制する」…。そんなことを書いていた言論人がいた。

 雑誌で“日本人を釣り上げる”より、テレビドラマという投網を打つ方が効率的だと気付いて始まったのが、「冬ソナ」など韓流ドラマの押し込みだ。「国家プロジェクト」として、多額の製作費・工作費が注ぎ込まれたことは公然の秘密だ。

 それでも、当時の対日情報心理戦は「韓国は明るく発展している国なのです」とするPRに主眼があった。それにまんまと乗せられたのが、いわゆる“韓流オバサン”たちだ。

 しかし、リーマン・ショックで韓国経済が落ち込んだころから、韓国の対日情報心理戦は目標を変えた。

 「韓国を“良い国”としてPRしよう」から、「ネタなど何でもいいから、日本の国際的イメージにダメージを与えてやろう」に。ジャパン・ディスカウントだ。

 いまは、K-POPで“明るい韓国”を売り込む一方、「日本の反韓言論を封じ込めろ」とする戦術を強めている。

 反韓言論の封じ込めは、韓国にとって都合の悪い事実を、すべて「ヘイト」と言いくるめるのが基本だ。そうした意味での「ヘイト」を語る日本人に対しては「ネトウヨ」「老人」「低所得層」といった“マイナスイメージ”を浴びせかける。

 実は、韓国社会で日常的に行われている「レッテル張り」戦争を、日本社会に持ち込んでいるのだ。

韓国には、KCIA(韓国中央情報部)の流れをくむ情報機関と、国防相直轄の情報部門を合わせると、少なく見積もっても2000人の情報心理戦要員がいる。もちろん、直接的な対日要員はごく少数だろうが、日本のネットの書き込みでも活躍しているらしい。

 情報心理戦の極意は、レーニンが述べたように「役に立つバカ」の増殖だ。韓国の情報心理戦に利用されているとの自覚がないまま、実は利用されている日本のインテリとは、もはや「売国奴」という他ない。

 ■ブームから一変、底なし韓流の闇

 「韓流」は、日本では2000年代に「冬のソナタ」などのドラマや少女時代などK-POPが人気を集めた。

 ただ、このところ韓国芸能界でスキャンダルが相次いでいる。5月にはKARAの元メンバー、ク・ハラ(28)の自殺未遂が報じられ、「リベンジポルノ」問題の渦中にあったとされる。

 3月にはBIGBANGの元メンバー、V・I(ヴィ・アイ、28)が薬物や売春あっせん疑惑などで芸能界を引退。4月にはJYJの元メンバー、パク・ユチョン(33)が元交際相手と薬物を使用したとして逮捕された。

 昨年11月には「BTS(防弾少年団)」のメンバーがナチスのシンボルをデザインした帽子を着用した画像がネットで拡散され、物議を醸した。

 財閥関係者が若手女優らを政界関係者に差し出す「性接待」疑惑もたびたび報じられている。
 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 

㊟成程、分るな。この当時、韓流男を買春するためにオバん連中がツアーを組んで行っていた。中には75歳になる鼻水垂らしたたこ焼き婆まで。。

あ、失念するとこだった。小泉が総理になり初訪韓した夜、蛆キムチ政府幹部が小泉に、

「韓国で誰か会いたい人がいますか?いましたら手配します」

 と。驚きました。なんと小泉は、

「ヨンさんと二人だけでデートしたい」

 蛆政府幹部はヨン様を知らず、側近に訊ね、驚き、ヨンにコンタクトとると、。

 ヨンから返った言葉は、ヨン様はバイらしく、しかも小泉総理のそれを見抜いて。

「嫌いなタイプです。会いたくありません」

 と拒否。この事実は公表するわけにはいかず、一般の人はほとんど知りませんが、外務省やマスメディアでは有名な話です。小泉は、男はヨンさまタイプが好きなようです。進次郎か孝太郎を抱いて寝てろ!!
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

コメント

お前言う、ちっとも見たことねえがロンパリか

今度はウジキムチポップLSDかよ。反日国をフリービザで日本に入れるなよ。安部竹中統一協会ヤクザ売国奴政権ズブズブキムチ寒流レーダー相方もアピールかよ。そうか官僚も国土安全不安省か。毎日変態新聞の日本の好感度が紙上最高だってよ。ウジキムチドリームジャンボ部数洗脳押し紙7割毎日新聞キムチ料理も盛りだくさんかよ。おい朝日新聞洗脳オウムサブミラルTBSは何回目のブームなんだよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/9428-821af7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (410)
ニュースの深層 (14315)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR