FC2ブログ

2021-01

バベルの塔(都庁)の堺屋太一が「移民を将来の日本人に」だって!

バベルの塔(都庁)の堺屋太一が「移民を将来の日本人に」だって!

移民受け入れの仕掛け人と「開国派」の安倍ブレーン人脈とは
ポストセブン

 移民に開国するか、鎖国を続けるのか──臨時国会は外国人労働者50万人の受け入れ拡大をめざす入管法改正案が最大の焦点になっている。


「移民と同じじゃないか」


 安倍政権が入管法改正案を閣議決定すると自民党内や保守層から強い懸念の声があがった。この法案は「移民政策はとらない」「単純労働者は受け入れない」という国策を大転換して“労働ビザ”(特定技能ビザ)を新設、現在は原則「技能実習」目的でしか認められていない単純労働者を本格的に受け入れるものだ。


 実は、この国策大転換には“仕掛け人”がいる。


「将来の日本人を作るために、今こそ移民受け入れを行なうべきだ」


 そう提唱してきた作家・評論家の堺屋太一氏だ。堺屋氏は「成長戦略」担当の内閣官房参与として安倍首相のブレーンを務め、2016年4月に一般社団法人「外国人雇用協議会」を設立して会長に就任すると、政府の諮問会議などで外国人労働者の受け入れ拡大を提案してきた。


 同協議会は「質の高い外国人を日本のビジネス社会で最大限に活用できる環境を整える」ことを目的に掲げ、政策提言のほか日本での就労を希望する外国人を対象に上司との会話力や接客能力を評価する「外国人就労適性試験」を実施している。


理事や顧問には、かつて「移民1000万人受け入れ構想」を掲げた中川秀直・元自民党幹事長、政府の産業競争力会議で受け入れ拡大を主張してきた竹中平蔵氏ら安倍ブレーンの学者や“開国派”の経済人がズラリと並んでいる。


 堺屋氏は安倍晋三首相出席で開かれた昨年1月20日の国家戦略特区諮問会議で持論をこう力説した。


「日本は歴史的に多くの外国人を取り入れて、その子孫は日本人として日本人社会に溶け込んで参りました。17世紀の前半や19世紀の末に日本に流入した多数の外国人が、日本の伝統文化や新しい文化・習慣の定着のために貢献したことをぜひ思い出していただきたい」


 安倍首相は会議の最後にこう総括している。


「東南アジア諸国を訪れ、クールな日本が大好きで、日本語を熱心に勉強している若者たちに出会った。彼らが日本で職に就き、母国から来た観光客に日本の魅力を直接伝えることは、両国にとって経済を超えた大きな価値を生み出す。彼らの期待に応えていかなければならないと強く感じた」


 安倍政権はこの後、関係省庁横断の「外国人材の受け入れに関するタスクフォース」を設置して入管法の抜本改正に舵を切る。堺屋氏を中心とする“開国派”のブレーン人脈が首相の背中を押したのは間違いない。


安倍政治は「ブレーン政治」といわれる。現在、首相官邸には、堺屋氏のような民間人出身の「内閣官房参与」が14人(1人は官僚OB、2人は元議員)任命され、総理執務室がある官邸5階や内閣府の本庁舎に部屋を与えられている。


 参与は国会議員要覧や各省庁の幹部名簿にも記載されず、一般にはほとんど知られていないが、実は、彼らがこの国を動かし、移民政策をはじめ大きな政策転換を主導するケースが目立つ。

※週刊ポスト2018年11月23日号


㊟バベルの塔と呼ばれる東京都庁を強引に押し通したのが堺屋太一氏だ。あるパーティー会場で隣同士になったので、


「堺屋さん、都庁のあのビルは買えませんね」


 と声を掛けると、


「いやいや、あのビルを観て、世界の人々は世界の東京と言ってくれるんですよ」


 とアルコールで顔を赤くして声を大きくしていた。


 が、あれから数十年。あのビルを「世界の東京」と紹介したメディアを目にしたことはない。都は「経費が掛かって大変です」と愚痴っているのも知らないようだ。


 我が国の労働力不足は認めざるを得ない。だが、受け入れる相手国を見極めないと。暴動、内乱を起こすことを頭に入れて置かないと。日本の全国津々浦々で暴動を起こされたら、警察だけではカバーできない。

そこを狙って軍を出動させようとしている国が三つある。それを忘れるな。
スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

安倍は李氏朝鮮王朝の末裔
日本を潰しにかかる、そうか馬鹿な日本人にとってどうでもいい話だったわな
https://quasimoto2.exblog.jp/238851860/

反対、結局アベンジャー

人手不足で倒産すっかよ。売国安倍、菅天皇蛆キムチ人派遣極左売国奴マスゴミ嘘ばっか吐くんじゃねえ。こいつら、ジジイやババアお花畑が死んだ後には蛆キムチ人ファンタジー作り上げるぞ。高度成長時代は今よか全然足りてねえぞ。バブル崩壊、派遣偽装請け負い竹中雇い止め、嘘吐き蛆キムチ人が言ってんじゃねえ。低賃金抜き取り、派遣偽装請け負いもなし崩しがきつくなって売国奴経団連のブラック企業の目線、日本人の低賃金人件費カット日本人の人権無視移民だろが。日本人人権差別の当たり屋蛆キムチ人議員が、ブラック企業の日本人待遇をブラック大賞共産党も野党蛆キムチ人極左大マスゴミは言わんな。蛆キムチ人大マスゴミ極左系軽減税率お抱え反日学者コメンテーターもそれを指摘せんぞ。自国民が失業蛆キムチの国内と移民の奪い合い、移民が蛆キムチ国がいいだ、ブラック企業が、日本人学校経営者がブラック企業経営コーディネート屋だが。ブラック企業学校まるごと産業化とっくだろが。日本人学校抜き取り、出席日数偽造、脱走就職斡旋、生徒卒業生自国の仲間とコーディネートやって人権か。ニュースワイドショー嘘吐き誘導移民の待遇改善見え見え蛆キムチ人移民バラエティー台本か。
日本は人手不足で金をかせげると言われた。日本人にだまされた。人権無視だ。もらうべき金を払え。
蛆キムチ人野党共産党極左大マスゴミ移民学芸会は、日本人の人権、低賃金派遣偽装請け負いより移民賛成か。蛆キムチ人大マスゴミ極左新聞の配達員の境遇を反日書いてる正社員と比べて言えよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/8110-54721117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (389)
ニュースの深層 (13783)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR