FC2ブログ

2020-12

過ぎたるは。。。私が成立させた「個人情報保護法」が。。。


過ぎたるは。。。私が成立させた「個人情報保護法」が。。。

学校通信に“うちの子は載せないで” やり過ぎ「個人情報保護」の危険性
社会週刊新潮 2018年10月18日号掲載

 今日び、SNSの“中毒患者”が等しく口にするのが「繋がっていたい」という願望である。そんな彼らも、個人情報の流出には神経を尖らせるが、過剰な個人情報保護のせいで、至るところで「繋がり」が断たれ、個人が疎外されつつあるのにお気づきか。

 日本人の美徳として「連帯感」を挙げる外国人が多いが、その土台となってきたのが、地域の絆を大切にする伝統だろう。ところが昨今は、連帯もへったくれもないありさまである。

 その昔、子供はみんなで育てるものだったが、大阪市立小の教諭によれば、

「保護者間で連絡を取り合える緊急連絡網は、個人情報の漏洩防止のためになくなった。だから、子供がほかの子の家を訪ね、帰ってこないという場合、問い合わせは学校にきます。でも、相手のお母さんに電話して承諾を得ないと、電話番号を伝えられません」

 横浜市立中学の教諭も、

「台風に関する情報などは、どうしても父母に伝える必要があり、一斉メールを配信していましたが、一部の親から“流出が怖いのでリストから外してほしい”という要望があった。しかし、その家庭にだけ伝えないわけにはいかず、担任が個別に電話します。こうしている間に、仲良しグループだけで情報を共有する妙な関係性が構築されています」

 そう言って、続ける。

「運動会などでスナップ写真を撮って学校通信などに掲載する際、“うちの子は載せないで”と言う親がいるので、いちいち許諾をもらう必要がある。校外のスポーツ大会も、柔剣道などの個人競技では“うちの子の名前は出さないで”という要望がくる。結果、○○中学校A対○○中学校Bという、奇妙な対戦表ができ上がります。校外コンクールに出す作文も、“○○君と遊園地に行きました”という記述があれば、○○君に名前を出していいか確認し、ダメなら仮名にします。カバンなども見えるところに名前を書かないように指導していて、紛失すると出てきにくくなった。生徒に名札もつけられず、教師も、ほかのクラスの子の名前は覚えられません」

 自分だけを守ろうという利己主義が蔓延し、子供同士、あるいは子供と大人の関係性が希薄になった結果、子供たちは守られるどころか、危険に晒されている。

孤独死の増加も

「信教や思想信条、疾病情報、銀行口座の預金残高などは、他人に容易に知られてはまずい個人情報。ですが、氏名や住所といったレベルの情報は、プライバシーとはいえない。むしろ公共財として幅広く流通させたほうが、社会のためになる。ところが、全部がごっちゃに扱われているのが最大の問題です。最近は、地域住民に必要な情報すら開示されません」

『情報化時代のプライバシー研究』の著者、学術博士で元国際大学教授の青柳武彦氏は、そう指摘する。

 都内の霊園に聞いても、

「お墓の場所は、基本的にはご親族以外にはお知らせしません。また、どなたにも知らせたくないという方もいらっしゃいます」

 個人ばかりか、故人情報にも敏感なのだ。こうも病的では、いずれしっぺ返しを食らうのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は、

「私が住んでいた港区の賃貸マンションなど、どの世帯もネームプレートに名前を書かず、災害時に、要支援者がいても助けられません。ただでさえ希薄な人間関係が、個人情報保護法によって、いっそう希薄になった感があります」
 と指摘。青柳氏も、

「個人情報の保護に比例して、地域の人間関係がどんどん希薄になっている。災害時に必要な救助ができないのはもちろん、孤独死の増加も、この状況と無縁ではないと思います」

 言うまでもなく、人は一人では生きられない。過ぎたる個人情報保護によって、日本の美徳でもあった絆を自ら断ち切れば、小さな個人など、大波のうねりの前にひとたまりもない。


㊟私が「動物愛語管理法」(改正)、「NPO法」、「団体規制法」、「個人情報保護法」を成立させたことは履歴にも記してある。また、それらの法律を立案、成立させたいろんな驚くいきさつを『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』にも述べた。


「個人情報保護法」を成立させたのは、、、私がジャーナリスト・作家として「夕刊フジ」「週刊女性」「政界往来」「選択」等に連載を持ち、大阪日日新聞、個人消費者金融「武富士」等の顧問も懇願されて就いていた時だった。

 
ある日、「武富士」の重役が事務所に来た。異風な男と二人。


「先生、助けてあげてください。銀行系の消費者金融が不良債権を暴力団闇金融に売却し、債権者を追い込み『臓器を売るか、自殺で保険金を払え』と追い込まれた人が飛び込んで来ました。会って下さいませんか」

 見るからに、今にも死にそうな中年男を連れて来た。着ている物はホームレスそのもの。


事情を訊き驚き、目の前で河村たかし議員(現・名古屋市長)に電話。内容を話し、「財務官僚を議員室に呼んで置いて欲しい」と告げ、その足で議員会館へ。


3人の財務官僚が待っていた。


彼らは河村たかし議員が提案した「NPO法」を廃案にしようと、自民党議員らに逆陳情し、99・9%廃案が内定していたのを私に怒鳴り上げられ、継続審議にされ次の国会で成立させられたことがあり、私の実力を十分過ぎるほど知っている。しかも、私が彼らの大先輩の超大物議員、迫水久常参議院議員秘書だったことも知っているから小さくなっていた。


第一声で


「君たち、銀行は君たちの管理だ。その銀行の消費者金融が不良債権を暴力団闇金融に売り飛ばし、債権者に臓器を売れ、自殺して保険金で払えとやらしているのを知らない筈はない!取り締れ!!」


 と厳命。河村議員も秘書たちも、私のちゃきちゃきの江戸弁とドスの効いた声に声一つない。


「…先生、取り締る法律が無いんで…」


 と幹部官僚。


「なら、即、法律を作り上げろ!私のところに取りすがって来た債権者が自殺したら、君たちに責任を取って貰うぞ!。私がきついのを知ってるだろ?」

 と再度、厳命。


河村議員に「お邪魔しました」の言葉も忘れ、真っ青になって帰った財務官僚らが大慌てて「個人情報保護法案」を作成、国会に上程、成立したのだ。


 その法律が成立した時、目黒柿の木坂の親しい奥様と出会うと、


「先生、個人情報保護法ってのが出来て、消防団の名簿も出しちゃいけねいんですって」


 と言われ、「その法律は私が作らせたんです」と言わず、「そんな事まで厳しくないですよ」と答えて置いたのだが、紹介した「週刊新潮」の記事のように、法律が勝手に一人歩きをしてしまっている。法の解釈を間違えてしまう。これが庶民でもあるが、逆に“悪利用”する連中も出てしまうのです。法を立案させたときは、こんな事を予想もしなかった。財務官僚くん、どうしようか。。。
スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/8014-dd44848e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (343)
ニュースの深層 (13299)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR