FC2ブログ

2019-11

これ朗報??迷惑?ボケ救う研究!!




これ朗報??迷惑?ボケ救う研究!!
 惚ける前に自ら。。。

罹患者500万人に福音! 「アルツハイマー」を超音波で治療 5年以内をメドに実用化めざすし
週刊新潮



罹患者500万人に福音! アルツハイマーを超音波で治す(2/2)

 不治の病とされるアルツハイマー病。年々、患者は増え続け、いまや500万人にも上る。現代の医学では症状の進行緩和しかできなかったこの難病に、“超音波”を使う治療法が開発された。この7月より研究チームを率いて超音波治療法の臨床試験(治験)を開始した東北大学の下川宏明教授が解説する。
 ***
「私は、15年に超音波治療法の新たな使い道として、認知症にも目を向けました。認知症の原因の一つとして脳循環障害があることが明らかになってきているからです。また、認知症薬の開発は、現在、かなり厳しい状況にあります。たとえば、フランスでは、8月から認知症薬はすべて保険適用外になりました」(下川教授)

 要するに、現在の認知症薬では効果が十分ではないと結論付けられたからだという。

「その理由の一つは、血液脳関門の存在です。そもそも人間は血液に含まれる成分が、そのまま脳組織に届かないようにできている。進化の過程で、血液中の老廃物や毒性物質が大切な脳に直接到達しないように人間が獲得してきた特性です。そのために、認知症薬が効果を発揮できないのです」
 しかし、超音波治療は、体外から脳に直に照射するため、血液脳関門による“壁”は全く関係ない。

「認知症の種類には、アルツハイマー病、脳血管性、レビー小体型などがあります。厚労省によると、患者数の内訳では、アルツハイマー病が約8割、脳血管性認知症が約2割を占めます。アルツハイマー病は、加齢に伴いアミロイドβという蛋白質が脳に溜まり、神経の働きを邪魔することで認知症になります。脳血管性は脳梗塞や脳出血を起こした後に発症する認知症です。現在、世界には約5千万人の認知症患者がいますが、毎年1千万人ずつ増えています。日本でも65歳以上の7人に1人が認知症ですが、2050年には5人に1人の時代になると言われています」

 認知症薬としては、脳血管性向けは開発されておらず、アルツハイマー病用には4種類が日本では承認されている。

「その4種類の薬も、症状の改善薬に過ぎず、根本的に病気を治すものではありません。しかも、その改善さえ、十分ではありません。脳血管性の場合、脳細胞が死滅し、薬での回復が望めないので開発もされませんでした。ただ、最近の研究で分かってきたのは、死滅した脳組織の周囲に血流が低下しただけの、いわば“半死状態”の脳細胞があるということです」

マウスを用いた実験

 また、アルツハイマー病も、アミロイドβの蓄積だけが問題なのではなく、血流の低下が認知機能低下の原因の一つになっていることが分かってきたという。

「そのため、超音波によって脳の循環障害が改善すれば、認知症に効果があるのではないかと考えたのです。早速、マウスでの実験に取りかかりました。この研究では、マウスの両側頸動脈をつよく縛り血流を低下させて、脳血管性認知症のモデルとなるマウスを作ります。このマウスの脳に超音波を照射すると、血管が新生されて血流が回復し症状が改善したのです」

 また、遺伝子操作によって作成したアルツハイマー病のマウスでも、超音波治療による同様の効果が得られたという。

「マウスに限らず、人間でも、記憶を司る海馬にアミロイドβが蓄積することで、アルツハイマー病を発症すると言われてきました。しかし、アルツハイマー病のマウスの脳を調べてみると、海馬だけでなく、大脳皮質、視床などにもアミロイドβが大量に蓄積していました。そこで、私は、超音波を全脳照射する方法を考えつきました。実際に、血流の改善と同時に、アミロイドβの顕著な減少をも確認できました。世界で初めて、アルツハイマー病を根本的に治せる可能性が出てきたのです」

 病状の改善は、マウスの行動にも現れた。

「アルツハイマー病のマウスに迷路実験を行うと、ウロウロとして、どこに行ったらいいか分からない状態に陥ります。しかし、超音波治療を行うと、行き止まりを記憶し、再び迷い込まないようにしながらゴールに短時間で辿り着けるようになったのです」

 この超音波治療法でアルツハイマー病を含め、認知症の多くを治療対象にできることになる。

 では、超音波が認知症に効果を及ぼすメカニズムはどのようなものなのか。

「脳、心臓、あるいは他の臓器でも同じなのですが、超音波を当てると血管内皮細胞の細胞膜が振動します。この物理的刺激を細胞膜に存在する特殊な複合体が感知し、化学的シグナルに変換して核まで伝える。すると、一酸化窒素合成酵素や血管内皮増殖因子などが発現し、結果的に血管新生が生じることを確認しています」

軽症の患者から

 マウス実験での成功を受け、国からの支援も得られ、いよいよ、昨春、認知症患者の治療に向けて第一歩を踏み出すことになった。

「まず、人間の頭蓋骨のなかで、脳に超音波が届きやすい部分を探しました。その結果、最も薄い側頭骨から照射することにしました。また、脳の中央部で超音波の効果が現れるように、音波の強さの分布がどのように形成されるかなどの基礎的実験を重ねました」

 そのうえで、日本のメーカー2社と一緒に、超音波治療装置の開発に取り組んだという。

 そして苦労の末、完成したのが、“経頭蓋超音波治療装置”である。

「国の治験承認も得て、東北大学加齢医学研究所の荒井啓行教授の協力のもと、7月23日から、第1例目の患者の治験を開始しました。MMSEという認知症の検査法があるのですが、30点満点のうち10点未満だと重度の認知症です。まずはこの点数が20点以上26点未満の軽症のアルツハイマー病患者を対象としています。治験は2部構成で、第1部では主として安全性の検討、第2部では有効性と安全性を検討します」

 超音波治療の実際の方法はどのようなものなのか。

「治療は、患者の左右の側頭部に“凸型振動子”を装着し、20分間のパルス波超音波照射を1日3回行います。第1部の治験では5例を対象としてこの治療を月、水、金と隔日で3回実施し、以後、3カ月間の経過観察をします」

 その結果、安全性が確認できたら、来年1月から第2部の治験に進む。

「患者40名を20名ずつ2群に分け、片方には超音波治療を行い、もう片方は超音波を発射しないプラセボ治療を行います。合計6回、期間は1年半になる。最後は、500名前後の全国的な臨床治験で有効性・安全性を最終確認し、国に保険適用の申請をする予定です」

 目下、下川教授のもとには治験希望者からの問い合わせが殺到しているという。

 有効性・安全性が確認されれば、現在の治療では回復の見込めないアルツハイマー病患者にとっては、大きな福音になる。

 実用化のメドは、5年以内。不治の病のアルツハイマー病に対して、安価で手軽に、しかも副作用のない革新的な治療法が世界に先駆けてわが国で実用化されることが期待されるのである。

㊟いい話ではある。が、70過ぎた親を持つ子たちの本心はもうそろそろ死んで欲しい…が本心じゃないだろうか。居ても生産性ゼロなんだから、しかも病気にはなる、歩行もままならぬとなれば邪魔。

 寝たきりになる前に老人は自ら姥捨て山,爺捨て山に行きましょうよ。生きててもつまらないじゃないですか。

 痴呆症、車椅子、寝たきりを生かすのは高福祉じゃないんです。


スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/7788-58ff04f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (214)
ニュースの深層 (10389)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR