FC2ブログ

2020-08

ゴキブリ同士で裏切り合い!!


ゴキブリ同士で裏切り合い!!

中国人はなぜ裏切るのか―― 裏切られることを前提とする社会
デイリー新潮

たまたま列車で隣り合わせになったひとと話が盛り上がった。すっかり親しくなったあとで、「ちょっと荷物を見ていてください」と頼んで席を立った。戻ったら、荷物といっしょに相手はいなくなっていた……。

 こんな話を聞いたら、日本人なら誰もが「ヒドい奴だ」と憤慨するだろう。だが同じ話を中国人にすると、「そんな奴を信用したお前が悪い」といわれる――。そう語るのは、作家の橘玲氏である。

 なぜ隣国にもかかわらず、日本と中国では、これほどまでにものの捉え方が違うのだろうか。橘氏は著書『言ってはいけない中国の真実』の中で、その理由を以下のように説明している。
 ***
 中国は「関係(グワンシ)の社会」だといわれる。グワンシは幇(ほう)を結んだ相手との密接な人間関係のことで、これが中国人の生き方を強く規定している。

「グワンシ」は人間関係を「自己人(ズージーレン)」と「外人(ワイレン)」に二分することだった。「自己人」はインサイダー、「外人」はアウトサイダー一般にあたる。

 自己人とは、自分と同じように100パーセント信用できる相手のことだ。人間関係でもっとも大切なのは血縁だが、情誼(じょうぎ)(チンイー)を結んだ朋友(ほうゆう)も自己人の内に入る。

 それに対して外人は、文字どおり「自己人の外のひと」だ。「グワンシ」を持たない外人は、信用できることもあれば裏切られることもある。

 
 中国人は外人を信用せず、すべてを内輪(インサイダー)でやろうとしている、というわけではない。それとは逆に、彼らは日々の仕事や生活のなかで外人ともおおらかにつきあう。ただ、どれほど親しく見えても、最後は裏切る(裏切られる)ことが人間関係の前提にあるのだ。

 中国人の行動文法では、裏切ることで得をする機会を得たときに、それを躊躇なく実行することを道徳的な悪とは考えない。

こうした道徳観はいまの日本ではとうてい受け入れられないが、戦国時代の下克上ではこれが常識だった(だからこそ忠義を尽くすことが最高の徳となった)。それがさらに1000年つづくと、ひとを信用して荷物を持ち逃げされても、非は相手にあるのではなく自己責任だという文化が育つのだ。

 日本の社会と比較した「グワンシ」のもうひとつの特徴は、個人と個人の関係が共同体のルールを超えることだ。

 日本でも、会社のコネで手に入れたチケットを友人に回す、などという行為は一般に行なわれている。しかし機密情報の漏洩など、重大なルール違反にまで手を染めるひとはほとんどいない。
だが中国では、「グワンシ」のあるひとから依頼されれば会社のルールはあっさり無視されてしまう。これが日本企業が、「中国人は勝手に情報を持ち出す」と不満を募らせる理由だ。

 なぜこのようなことが起きるかというと、日本と中国では「安心」の構造が異なるからだ。

 日本の場合、安心は組織(共同体)によって提供されるから、村八分にされると生きていけない。日本人の社会資本は会社に依存しており、不祥事などで会社をクビになれば誰も相手にしてくれなくなる。だからこそ、会社(組織)のルールを私的な関係よりも優先しなくてはならない。

 それに対して中国では、安心は自己人の「グワンシ」によってもたらされる。このような社会では、たとえ会社をクビになったとしても「グワンシ」から新しい仕事が紹介されるから困ることはない。だが自己人(朋友)の依頼を断れば、「グワンシ」は切れてすべての社会資本を失い、生きていくことができなくなってしまうのだ。

•  中国に赴任した日本人駐在員の体験記を読むと、工場が雑然としていて誰も掃除しようとしない、ということからはじまって、会社の備品の私物化、二重帳簿や裏金、頻発する密告と直訴まで「異文化体験」が溢れている。だがこれらは東南アジアなどの新興国でも一般的に見られるものだ。日本を含め農村社会的な前近代性を引きずる社会には、多かれ少なかれこうした傾向が残っている。

 そのなかで私が面白いと思ったのは、中国人幹部から突然、「社長、喜んでください。同業他社が2倍の給料を出してくれます。辞職させていただきます」といわれたという話だ(これは珍しいことではないようだ)。

 こんなときふつうの日本企業なら、「これまで育ててやったのに」と不快に思うだろう(「裏切り者」と怒鳴りつけてもおかしくない)。だがこの会社の社長はまったく逆に、「おめでとう」といっしょに喜ぶのだという。

 社長がいうには、社員の転職を祝福すれば、会社を離れてからも「グワンシ」は続く。ライバル会社が高給で引き抜くような社員は優秀だから、やがてそこでも頭角を現わし、大きな権限を持つようになるだろう。そうなれば、彼との「グワンシ」から新しいビジネスの可能性が生まれるのだ。
 ***
 橘氏は、「いつ誰に裏切られるかわからない社会では、信用できる相手を見つけるためのさまざまな工夫が必要になる。宗族は同じ苗字でつながっており、台湾や香港では宗教結社や秘密結社も健在だが、そのなかでもっとも大切なのが朋友で、共に死地に赴くことを誓った彼らこそが最後の命綱なのだ」と中国人の人間関係について語る。そして「日本人が中国人を『わかりにくい』と思っているように、中国人も日本人を『理解できない』と感じている。だが自分と相手の立場を入れ替えてみれば、人間関係における不可解な謎のほとんどはかんたんに解けるはずだ」と解説している。

㊟知人のジャーナリストで何をトチ狂ったかゴキブリ女と結婚したのが。。。そして何年かで離婚。


―何で中国人なんかと結婚したんだよ

 に、

「イエ、頭にくるんです。嘘ばっかり吐きやがって」

―中国人は嘘しかつかないんだよ

「で、お前は何で嘘ばかり吐くんだって言ったら、『嘘吐いて何が悪い』って食ってかかって…」

―ギャハハハ

「嘘は吐くなって言うと、『騙されるほうが悪い』って開き直りですよ」


―良かったじゃないか。その女、あんたの戸籍に入って永住権取ったな。裏社の教え子連中動かしてその女探し出してやろうか?

「・・・」

 本当に探し出すと思い、返事はなかった。きっと弱みもあるんだろうな。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイト盗人猛々勇敢野盗肯定陛下金が縁の切れ目突破朋友信無し人食い師人組ナイス!

ゴキブリ大過ぎです。ゴキブリと結婚するのはほとんど退職前後の中高年です。それも金ないもてない男です。飲み屋で聞いたり見た話です。今でこそ、タワーマンションで有名な武蔵小杉です。有名な駅の混雑の大半は、ついこの間は工場労働者です。ここは日本を代表する電気メーカーの工場の町でした。すべてゴキブリ国に製造業は行きました。ここの労働者の行く店は安い店です。店の店員はゴキブリ女です。くたびれた金のなさそうな、女に縁のなさそうなお客に声をかけるんです。結婚してるか、一人暮らしか、すぐになれなれしく聞いてくるのです。なれたゴキブリは、長男か田舎はあるか、親兄弟は元気か生きているかです。顔を覚えると結婚しょうです。ちゃんとご飯たべてるか。私めんどうみるです。もてないない男は直ぐに勘違いです。笑うほどにゴキブリもいい人がいるです。工場飲み屋で付き合っていると自慢しているもてないおじさんの相手はゴキブリです。みんなに言っているんです。そこの店はそれで有名なんです。自衛隊を除隊してだまされて分からないおじさんです。自衛隊の紹介で上場企業です。ここでも女に縁のない職場です。このおじさんは安い一杯飲み屋ゴキブリ定食です。このおじさん独身だと思っていました。やたら母ちゃんに早く買って送らないと酒の席です。子供赤ちゃんはいないです。オムツなぜです。母ちゃんは日本にはいないのです。上海です。給料日と恩給の日は郵便局です。一緒に住んでいないのです。みんなは家族がいるです。やめたほうがいいとみんなは言ったそうです。そこもみんなに言っている有名な店なんです。あげくの果てに保証人になってよです。親族が日本人になろうとしていたのです。六大学を出てるおじさんです。居酒屋チェーン店です。安いバーです。ゴキブリマッサージ店です。取引先に六大学出身だと自慢するおじさんです。会社では自慢できないです。法政です。おじさんは学園紛争の時です。ランチの時間です。今日は母ちゃんに弁当作ってもらったです。離婚しているのにです。ゴキブリ弁当です。マッサージ屋の母ちゃんが、北京大学卒業です。早稲田留学卒業です。両親はどちらも北京大学教授です。まさか蓮舫の先生ですかです。さえない自慢男は信じてるんです。偽造です。おじさんの親は官僚です。自慢してる父はノンキャリなんです。辞めた後で資格職業です。みんな知ってます。近所では何を自慢しているです。バカな息子がかわいいのです。いい若いお嫁さんで良かったです。こづかいです。帰国の旅費です。香港マカオです。そろそろ寿命です。まだまだゴキブリおじさんはいます。似たようなおじさんです。こんなおじさんがゴキブリ結婚なんです。とても不思議なんです。どういう訳なんです。2年3年経つとガンになったり不思議なんです。あのおじさん近ごろ店で見ないです。体壊して具合が悪いです。入院したらしいです。そろいもそろってです。蓮舫の後輩と結婚したおじさんの相手は家に帰って来ませんです。3年経った後です。若い男といるそうです。もちろんゴキブリです。独立して店を開いて店長です。まともな店ではないです。店員は全員ゴキブリです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/7100-e4fb2425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12719)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR