FC2ブログ

2020-08

ゴロツキOBと闇人脈が支配する日大!!暴力団と密接交際は普通だった相撲部!!


ゴロツキOBと闇人脈が支配する日大!!暴力団と密接交際は普通だった相撲部!!

日大生を“食い物”に 内田前監督がしがみつく役員のイス
日刊ゲンダイ
 ネクタイの色は変わっても、反省の色は全く変わってなかった。


 日大アメフト部の内田正人前監督(62)が23日、井上奨コーチ(30)を同席させ、緊急会見を開いたが、認めたのはコーチが「相手QBを潰せ」と指示したことだけ。内田氏本人は「指示は出していない」と言い張っている。


 あくまで悪質タックルへの関与を否定したが、内田氏が守ろうとしているものは何なのか。


 内田氏は既に辞任した監督職と、一時的な謹慎を表明した学校法人日本大学常務理事に加え、2014年2月から聞き慣れない会社の取締役に就任していた。


「株式会社日本大学事業部」――。会社の本店は世田谷区の閑静な住宅街にひっそりと立つ、古ぼけた3階建ての建物。


 同社のホームページによれば、事業内容は日大の公式グッズや日大生向けの保険、事務用品の販売から学生寮の管理・清掃まで。日大生の生活を“食い物”にしてビジネスを展開しているのだ。

民間調査会社によると、売り上げは年々増え続け、昨年は約70億円。13年から約9倍もの急成長だ。内田氏の懐にもかなりの額が入っていたことだろう。


4、5年前に、内田氏と一緒に勤務していたという同社の元取締役はその働きぶりをこう話す。


「大学の理事会や常務会で何度か見かけましたが、会社で見ることはほとんどなかった。口数の少ないおとなしい人で、見かけた時は黙々と仕事をしていた。宴会でもあまりお酒を飲みませんでした」


 同社に内田氏の取締役就任の理由など質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。


 噴飯会見後、内田氏は日大病院に入院。理由は心労だという。ほとぼりが冷めるまで病院に逃げ込むとは、まるで政治家。「カネのなる木」の役員の座を譲る気はなさそうだ。



もう一つ。
日大、スキャンダルまみれの田中理事長=内田独裁経営…暴力団交際疑惑、リベート問題
ジャーナリズムより


日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが23日、記者会見を行った。関西学院大学のQB選手にタックルで負傷させる指示はしていないと話した。前日に会見した宮川泰介選手は、監督とコーチからの指示に従い思い悩んだ末に反則行為に及んだと告白したが、2人はこれを否定した格好だ。


 23日の会見では、司会を務めた広報部職員が会見を強引に打ち切ろうとしたことから記者と言い合いになるなど、広報部の対応のまずさは事件直後から批判されていた。日大を取材してきたジャーナリストの伊藤博敏氏は次のように語る。


「内田氏は田中英壽理事長の側近であり、2人は“謝ることができない”のだろう。田中体制は業者とのリベート問題、山口組組長や住吉会会長との交際写真流出など、この数年間スキャンダルまみれだったが、右腕として支えてきたのが内田氏だ。


また、田中理事長の公私の“私”の部分で支えてきたのが、内田氏の2年後輩で株式会社日本大学事業部を仕切る人物(日大理事)だ。アメフト部が田中理事長を支えているといっても過言ではない。


 内田氏が自分の指示だと謝れば、田中理事長に責任が及ぶかもしれないし、田中理事長が『大丈夫だから突っぱねろ』と指示したと聞いている。だから、内田氏は『責任は自分にある』と言いつつも、その責任の内容は言えないし、対応が後手後手に回っている。広報部も上を忖度しているから、ああいう態度になる」


 田中理事長は2012年までの約6年間に、日大の工事を受注している建設会社から合計で500万円以上を受け取っていると読売新聞ほかで報じられている。写真流出というのは、山口組6代目の司忍組長とのツーショット写真が14年9月に米メディアで掲載された一件だ。


 日本大学事業部は2010年に設立され、保険代理業、人材サービス、キャンパス整備、学生生活支援などを事業として行っているが、不明朗な金の流れがあるとの疑いで、14年8月には東京国税局の係官が査察に入ったこともある。


「1960年代からずっと続く日大内部の闘争・紛争のなかで、ウラ金をつくったり、懐柔したりという工作が行われてきた。田中氏は、そういう風土のなかで勝ち上がり、理事長にまで上り詰めた。


その後、4期12年の長期政権を敷き、自分と似た人間をナンバー2に就けたということだ。もっとも権力を持っているのは保健体育審議会の事務局長だが、そこが体育会スポーツ部すべてを所管している。事務局長が予算と人事権を握っている。それは学部長とは比べものにはならない権力だ。そこと人事部を与えられているわけだから、まさに内田氏がナンバー2だといえる」(同)


㊟随分前だが日大の不祥事事件で、あるジャーナリストと知り合った。日大のOBだった。何度か会ううちにその自称ジャーナリストも日大を食い物に…の直感が。彼を紹介した雑誌主幹の友人に、


「彼はマッチポンプやってるんじゃないか?日大から毎月手当てを貰っているだろ?」


 と問い詰めると、


「さすが正次郎先生、鋭いですね」

 だと。


 もう一つ、週刊文春は日大相撲部出身の田中英寿理事長と暴力団『山口組』『住吉会』の交際を暴露しているがこれは事実。


私が国会議員秘書時代、日大医学部入学を依頼され、直接、当時の理事長に話を持って行けばいいのに友人に話すと「日大の実力者を紹介する」と相撲部のOBを紹介された。


 数日後、その相撲部OBの六本木事務所に横綱の輪島、関脇の荒瀬が。横綱も荒瀬もヘイコラしている。それで信用してしまい5000万円を預けた。


ところが見事に打っちゃり。5000万円を横領されて入学は失敗。学生の親が私の渋谷上原の自宅を管轄する代々木警察に被害届を出した。


が、当時、私は渋谷区でも信用があり、立候補準備の街頭演説を終え家に帰った或る夜、代々木警察刑事二人が自宅に来て、

「あなたが真面目なことは分かっています。一応、告訴されていますので時間あるときに事情説明を…」

 と。

 後日、出頭し、

「私は毎年、2,30人の医学部、歯学部の入学を引き受けています。今回の件ですが、これを持ち込んだ人からも毎年何人も引き受けてきました。これまで一人も落としていません。今回のこの件のみです。5000万円は相撲部OBに預けました。立会人もいます。そこに横綱の輪島、関脇の荒瀬もいました。法廷に立つなら全員証人として出てもらいます」

 と。


 半年以上経ったある日、検察官から呼び出し。出向くと、


「早く示談にしなさい」

 のたった一言。


 この時は弁護士も『懲役5年は…』と言われていたが、警察と検察に命を救われた。


 この詳細はハラハラ事件詳細は『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(グッドタイム出版。アマゾン発売中)


 この後、相撲部OBを紹介した友人に「あいつは暴力団と付き合いがあるだろ?」と問い詰めると、「住吉と親しい」だと。遅かりし由良の助でした。それ以降、日大入学は一切引き受けませんでした。


ところで、私に裏で入学させてもらった諸君、ちゃんとした医者、歯医者になってるのかな。今、歯医者に通ってるが、院長の学歴を問う訳にはいかないものな。変な事を訊いて、傷んでいない歯を抜かれる恐れもあるからね。


でも、慈〇医大の医者ってバカが多いですね。水虫さえ判別できない医者がいたんだもの。無理押し入学百人近い・・・反省しています。遅い?ハイ。申しわけございません。閻魔どの。稼いだ億り人のお金はすべて無くなりました。身軽です。ああ、あのカネがあったら。。。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/7096-c0c195ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12715)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR