FC2ブログ

2020-08

結弦のBGやろうかな?ファンが逃げる?


結弦のBGやろうかな?ファンが逃げる?

羽生結弦の追っかけ費用は400万円以上、1日16時間見守る“スケオタマダム”〈週刊朝日〉
週刊朝日

 平昌冬季五輪で金メダルを獲得し、劇的な復活を果たした羽生結弦(23)。リンクで圧倒的な存在感を見せつけたのは、本人のみならず、演技後にはプーさんなど大量のプレゼントを投げ込む熱狂的なファンたちだ。アイドルの追っかけよりすごい、その生態を追った。


「ユヅ君のために、これまで何個、プーさんを買ったかわかりません」

 ファン歴4年という酒田信代さん(仮名・61・主婦)は、こうほほ笑む。羽生を追いかけ、世界中の大会を飛び回ってきた。その費用は、ゆうに400万円を超える。


「ユヅ君に出会う前は、趣味もなくて全然お金を使わなかったんです。夫は若い時からゴルフ三昧。だからその分、今私がユヅ君のために使っても夫には何も言う権利はないんです」

 
 酒田さんは14年に初めて観戦ツアーに参加してから、世界が変わったという。ツアーの1人客は大幅に追加料金がかかることもある。そのため、1人客同士で相部屋に申し込むうち、似たような境遇のファンと出会えた。しだいに、ツアーを通じてファン仲間が増え、現在は、2~4人の仲間との“遠征”が多くなった。

 
 コミュニティーが広がると同時に濃い情報が入るように。大会の詳細とオフィシャルホテルが発表されると即、近隣のホテルを予約するのは当たり前。発表前でも、選手の宿泊場所を仲間と予想して、いち早く宿を取る。羽生と同じ空気を吸っていると思うと、体温がぐっと上がるのを感じる。


「ユヅ君を追いかけている時は、嫌なことも何もかも忘れて楽しい。子どもがいない分、ユヅ君は世界で活躍する自慢の息子。世界よ、もっと(私の)ユヅ君を見て!という思いです」


 ジュニア時代から10年来の羽生ファンという坂口緑さん(仮名・40・会社役員・独身)によれば、追っかけには体力も必須という。


 大会にもよるが、朝の公式練習まで見られるオールイベントチケットを購入すれば、早朝から夜まで約16時間にわたって会場付近で過ごす例も珍しくない。全試合見るとなれば、これが5日間にわたって続く。

 さらに、メンタルの強さも必要とされる。バナーと呼ばれる横断幕を掲げるため、海外で他の選手のファンと交渉するという。すでに場所取りしている観客を探し出し、羽生の演技中だけ譲ってもらえるよう、お願いするのだ。


 いったい、何が彼女らをそこまで駆り立てるのだろうか。


「それはもう、才能とドラマ性でしょう」


 前出の坂口さんが羽生に注目し始めたのは、09年ごろ。シニアに上がった10-11年のシーズンで出場したNHK杯で、大技である4回転トーループを誰よりも美しく着氷した姿が、強烈な印象として残った。


「私を含むスケオタ(スケートオタク)は、この時に羽生の輝かしい未来を確信したはず。ジュニアで勝てても、シニアでパッとしない選手は多いですが、羽生の存在は当時から突出していました。スケートだけでなく、ルックスや立ち居振る舞いまでもが才能の域」


 震災が羽生にドラマ性をもたらし、後押しになった側面もある。羽生がシニアに上がった翌年に発生した東日本大震災で、仙台の羽生の実家は全壊。自身も被災者となった中、絶望の淵から駆け上がった”天才”のドラマに、多くの人が勇気と感動を与えられた。


 このストーリーが完成したのが震災翌年の12年に17歳で初出場した世界選手権だ。フリーの曲はロミオとジュリエット。足の負傷の影響から転倒するも自己最高点を大幅に更新し、銅メダルを獲得。“神演技”として語り草になっている。


「スケートは選手生命が短いスポーツだからこそ、お気に入りの選手が第一線で活躍できるのも数年。その限定感に、ファンはさらに惹きつけられる」


 そんな坂口さんでも平昌五輪には行かなかった。理由は「羽生のベストパフォーマンスが見られない可能性が高い」から。その代わり、3月にイタリア・ミラノで開催される世界選手権の”良席”を、昨年6月からキープしている。平昌五輪の観戦ツアーより、格段に安く、しかも長期間行けるというわけだ。

一連の羽生フィーバーについて、スポーツ科学を専門とする早稲田大学の松岡宏高教授は「スポーツが“舞台化”している現象」と分析する。松岡教授いわく、スポーツ観戦は、自分ができないことを「選手が代わりに達成してくれる」という”代理達成”の心理が強く働く。加えてフィギュアの場合、演技後のプレゼント投げ込みやお手製の応援バナー設置のように、ファンが関わる場面がある。


「スポーツの中では珍しく、ファン側の“出番”が用意されている種目。舞台の”おひねり”文化と近い面もある。こうした要素に、羽生選手は才能とアイドル性、ストーリーが合わさり、独特の現象として表面化しているのでは」

 
 羽生は以前から、平昌五輪後の引退をちらつかせる発言をしていただけに、進退が気になるところ。


「ユヅの雄姿を、見続けられますように」──。


切なる願いを叫ぶ声が聞こえてきそうだ。

(本誌・松岡かすみ)


㊟羽生くんと宇野クン、ハーフパイプの平野歩夢くんが終わった五輪、後は面白くも何もない。スキージャンプ
の葛西紀明は顔とムードが大嫌い。画面に映ると急いでチャンネルを変えている。これは筆者だけかな。

特にカーリングって何だ?あんなものが面白い?しかも、選手らが所属している企業に銀行が多い。預金利息が遅々として上がらないゲームをわざと見せているのか?と、イジケ虫江川なんか言うんじゃないか?
私は言わない。預金ゼロだから。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイトジャンプ人気追っ欠け晩婚ナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6716-0d3de25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR