FC2ブログ

2020-08

イジケ虫、江川紹子のこのツイートを見よ!!

イジケ虫、江川紹子のこのツイートを見よ!!

江川紹子さん「テレビの人へ。『日本人スゴイ!』じゃなくて、『羽生選手すごい! 宇野選手すごい!』だから」ツイートが炎上
ガジェット通信 / 2018年2月17日 19時10分

2月17日、平昌五輪のフィギュアスケート男子にて日本の羽生結弦選手が金メダルを獲得。同種目で66年ぶりの連覇を達成した。また、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得し、日本人選手が表彰台に2人という史上初の快挙を成し遂げ日本中が歓喜に沸くこととなった。

当然のようにSNSもこの話題で持ち切りとなるが、そんな中でジャーナリスト・江川紹子さんの前日16日のツイートが注目を浴びる。

前日のショートプログラム(SP)で、羽生選手、宇野選手ともに素晴らしい演技を見せそれぞれ首位・3位という結果だったのだが、江川さんは

テレビの人へ。「日本人スゴイ!」じゃなくて、「羽生選手すごい! 宇野選手すごい!」だから。
とツイートしていた。

翌日、羽生選手と宇野選手の快挙にSNSにも喜びの書き込みがあふれる中で上記ツイートが拡散される。

「日本人が凄いと気にくわないんですか?」
「よほど日本人がお嫌いなんですね! そんなことばかり考えてるんですか?面倒くさいですねぇ 」
といった返信をはじめ、

「羽生選手や宇野選手らは日本代表になるために日夜努力してるのだ 羽生すごい!宇野すごい!でも日本すごい!でもいいじゃないか どうして江川さんがこうまで日本を忘れたいのかさっぱりわからない 」

「スポーツを知らない人、本気でやったことのない人のセリフだと思う。日本人のトップとして五輪に出場するには、何千、何万もの日本人を打ち負かす必要がある。負けた人がいるから、トップが存在する。負けた人たちへの感謝の気持ちがあれば、『日本人スゴイ!』ってニュアンスが分かると思うけど。」

「日本代表として選出された勿論田中選手も含めた三人が、それ以外にも日本選手権で素晴らしい演技をしたけど代表枠に入れなかった多くの日本人選手や関わる人たちの思いも背負って(必ずしもその必要は無いが)のオリンピックの舞台なんだろうと思います。『日本人スゴイ!』でいいじゃないですか。」

といったような批判ツイートが殺到。炎上状態となっている模様である。

㊟神奈川新聞記者上がり。。。学生時代から極左思想で民主主義国家「日本と米国」が大嫌い。結弦、昌磨の個人名ならいいが、日本人=国家になるから許せないようだ。

 こんなイジケ思想は左翼以外にない。江川イジケ虫は絶対許されない。何故なら、あのオウム真理教を厳しく追及していた左翼系神奈川弁護士会の坂本 堤弁護士一家殺害をオウム麻原彰晃に決断させた原因を作ったのだから。

坂本弁護士とは左翼思想同士で結び付いていて、坂本氏からオウムの内部情報を得てテレビ、週刊誌に登場していながら、坂本弁護士をオウムに売ったのだ。 自分個人がオウムに食い込みマスコミに乗りたかったからだ。

 これを知った坂本弁護士のご母堂が、

「江川紹子だけは死んでも許さない…」

 と声を震わせた姿が忘れられない。

 ところが今度は、オウムの看板男、上祐史浩広報部長の単独インタビューを筆者に奪われ、『上祐史浩・亡国日本に咲いた芥子の花』(鹿砦社)を発刊されると、テレビ局全社に

「渡邉正次郎は全国の暴走族をまとめ『関東連合』を創設した右翼のボス、右翼にも大勢の子分を抱えている」
と言いふらし、筆者のテレビ出演を妨害して歩いた(何人もの証人あり)。

 全国の暴走族の幹部を集め『関東連合』を創設し、大同団結させ抗争を止め指せた。これは事実、また、稲川系右翼『大行社』総師・岸悦郎氏本を発刊したのも事実で、幾つかの右翼団体リーダーでたちが筆者を師と仰ぐのも間違いではない。

 しかし、あのイジケ顔でぐじぐじと言い触らされると聞く方は筆者を誤解して当然。


 しかも、イジケ虫江川紹子の許せない言動はまだある。国家転覆を画策したオウム真理教に「破壊活動防止法】(終戦後、国家転覆を狙い全国各地で暴動を起こしていた共産党、社会党を取り締まる法律)適用論が浮上すると、同じ左翼思想の蛆キムチ有田芳生と組んで、

「破防法絶対反対!」

 の声を張り上げ出したのだ。

京都共産党市議を父親に持つ有田は共産党機関紙『赤旗』の見習い記者を長く勤め、フリージャ―ナリストを名乗るが仕事がまったくなく、今でいうフリーター同然だった。

 そこにオウム真理教が登場し、江川同様、餌を求めてオウムに群がったマスゴミの一人。
同じ、思想同士、外れイケメン有田と縄文時代の美人江川と仲良くなり、二人で「破防法反対!」を喚いていた。

だが、ざまあみろ。怒った筆者が「衆院法務委員会」で質問する衆議院議員の国会質問作成を依頼され、

「オウム真理教は国家転覆を画策したのは間違いありません。そのオウムに破壊活動防止法を適用できないなら、それに代わる法律を作るのが国会議員と国家の義務です」

 と質問させ、当時の松浦功法務大臣が即座に立ちあがり、

「その通りです。議員立法ででも!」

 と答弁。この質問と答弁はこの日の何紙もの夕刊に掲載された。これで立法されたのが『団体規制法』です。

 質問をした新進党の武山百合子議員は、法務委員会を終え議員室に戻ると待っていた筆者に、

「渡邉先生、困っちゃって。。。自民党の野中広務先生と中山正輝先生から『素晴らしい質問をしてくれた。是非、自民党へきてくれませんか』って言われちゃって」
と困っていたのを思い出す。


これにはキムチ有田とイジケ虫江川はぐうの音も出なかったようです。馬鹿め、実力が違うんだよ。

 お前たち二人、オウムの上祐に言われたじゃないか。

「何百人というジャーナリストとお会いしました。唯一信頼できたのが渡邉正次郎先生でした」

 と。先生まで付けたんだ。

有田も江川もまったく信頼されていなかったんです。上祐は”縄文時代の美女より、江戸時代前期のイケメン”正次郎に惚れたんだね。ガハハハ。

 最後にするが、このイジケ虫江川のツィッターはテレビ局に向けての発言です。これは書くテレビ局にレギュラー出演をしていながら、理由も告げられず次々降板させられることに怒りをfぶつけているんです。自分のイジケ性格をテレビ局に知られたことさえ分かっていないんですね、 

 江川の卑劣な例があります。TBSの「サンデーモーニング」を下ろされた途端、週刊誌に「TBSはテレビ局の体をなしていない」
と書いたんです。

 フジテレビ「バイキング」を降ろされたのは、ま、いろいろあります()ふふふ)が、フジの下請け社員らから局幹部らのいろんな情報を集めていることを気付かれたからなんです。もちろ、週刊誌等で暴露するためです。



 このイジケ虫、子どもの頃から男が避ける“美しい顔”して成長したんだろうな。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

まるで蛆キムチじゃないかい。この女は蛆キムチ活動家じゃないかい。言ってることが蛆キムチ。そうか、この女のいた神奈川新聞は蛆キムチ新聞か。朝日に断られる蛆キムチ、極左が行く東京新聞。それに断られる神奈川新聞かい。この女は蛆キムチ極左エリートじゃないかいな。蛆キムチ記者、共産党にも断られる跳ねっ返り馬鹿同士じゃないかい。神奈川新聞の日本差別の当たり屋、男の蛆キムチはまだ居残っているかい。お前が言うのは日本人かい。この盗っ人猛々しい女。江川はキムコムロばばあにどこか似てないかい。
もし二世がいたら。。。。想像するだけで黒電話ベローチュー、、、、、、、、、もしもし、有田スターリン将軍様似のハゲメガネ二世イケメンじゃないかい。共産党先祖帰りかい。応援歓迎選挙はお断りです。
蛆キムチは勝手に肥溜めに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6708-b4b7a29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (308)
ニュースの深層 (12743)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR