FC2ブログ

2020-09

笑う?ジャンボ級悲劇生んだ宝くじ!!



笑う?ジャンボ級悲劇生んだ宝くじ!!

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末
ガジェット通信

当選金である1億円を受け取るために、2週間後に家族連れで再びみずほ銀行大阪支店の応接室へ出向いた西田春夫さん(仮名・56歳)は、担当者と支店長、警備員が見守られる中で、テーブルの上に置かれた10個のビニール袋の札束を眺めてるだけだった。

この後、彼に降り注ぐ不幸の雨とは?

初めての敵は、他ならぬ兄弟

札束と一緒に記念写真でも撮ろうと思っとったんですけどね、写ルンですのシャッターすら押せんかったですね。
その場で銀行側に指示したのは、1億円のうちの5千万円をみずほ銀行に預けて、残りの2千万円をローンの全額返済に回し、3千万円は引き出しやすいように地元の地方銀行に入金してもらったんですわ。

それからは、みずほ銀行側から粗品が入った大きな袋を5つと、今までの人生で聞いたこともない『高額当選証明書』というものを手渡されました。

「西田さん、高級車や不動産物件をいきなり買ってしまうと、脱税を疑った税務署が来ることがあります。宝くじは非課税なので、そんなときにはこの証明書のコピーを提出してください」

「は、はぁ、そんなことあるんですか?」

「ええ、けっこうあるんですよ」

この証明書のおかげですぐに脱税の誤解が解けた当選者はかなり多いらしいです。

しばらく、目立たないようにしれぇ~っと過ごそうと思っとたんですけど、やっぱりいいことがあると人間は性格が激変するもんです。

仕事をしていても、そりの合わない上司のひと言を聞き流すことができる、嫌なお客さんのクレームにも腹が立たない、どちらかと言えば、もうみんなのことが“可哀想な人”に見えてくるんですわ。「はぁ~余裕がないんやね」という感覚で受け流せるゆとりがある。

まぁほんわかした気持ちのままで、年末恒例の自分の母親と4人の兄弟と一緒に行く家族旅行の時期を迎えました。

今までいろいろと世話になってきた親兄弟にだけは高額当選のことを伝えておこうと、ほろ酔いのまま、宴会の席で発表したんです。

「この度、サマージャンボ宝くじで1億円当選しました!」

「……」

兄弟は、徳利とお猪口を手に石像みたいに固まってしもうてね。母親は驚きのあまり、心臓マヒで死にそうになっとりました。僕が酔った勢いでそんな冗談を言うはずがないとみんな知っているんです。

「よ~やった! おまえはやる男やと思うとった!」

そのうち拍手が起こり、春夫コールが響きました。気を良くした僕は、このときの贅沢旅行を全額支払ったりましたわ。もうねぇ、今からしたらアホですわ。兄弟は本当に祝福してくれていると思ってたんやからね。

そのあと、兄弟間がギクシャクしはじめたのは言うまでもありません。

旅行から帰って、次の年を迎えたころ、兄弟からの金の無心がはじまったんですわ。

脅しをかけてくるように無心してきたのは、一番上の兄でした。長引く不況の中で、建設業をしてきた兄の台所は火の車だったようです。初めは、100万円、次は200万円、400万円、800万円と倍々ゲームで無心してくる額が増えていきました。合計で1,000万強。さすがに、次に融通するのは断りましたね。すると、

「オドレはオカンの面倒看てないから苦労はないけど、ウチは大変なんじゃ! 1億円もあるんやから吐き出さんかい!」

兄弟でも金のことでこうなるんか、と。ほかの兄弟にもなんだかんだで600万円程度持っていかれたんですわ。

宗教信者や難病を抱える遠い親戚が湧いて出てくる

それから堰を切ったように、嫁さん側の親類が頼るようになってきました。

特に新興宗教に入っている親戚の勧誘がヒドい。

「(冊子を取り出し)ここに書かれているように、お金のような不浄なものは捨てるのが一番。ねっ、春夫さん! おばちゃんと仲良く一緒に幸せになりましょう!」

オバハン、誰やねん。葬式で2回くらいしか会うたことないわ……。

その他には、生命保険の外交員をやっている親戚や不動産会社で働く甥っ子なんてのが毎日家に押しかけてくる。

驚いたのは、鹿児島からわざわざやってきた親戚がやってきたこと。なんでも、嫁の妹のダンナの弟の従弟の奥さんらしい。いやぁ、こんな人知らんなぁ~。

「私の息子が難病で……。本当に困ってるんです!」

「はぁ、何の病気なんですか?」

「ウチの子は、『ハンチントン舞踏病』なんです」

「ハッ、ハンチントン?!」

もう冗談やないですよ、ホンマに。自分ん家に駐車した車には毎日キズをつけられるし……。

災害義援金の団体とか孤児救済団体とか連日のように電話をかけてくる。

「ナミビアの山火事で焼けだされた野生動物に愛の手を……」

「ルーマニアのマンホールで暮らす子供たちを救えるのはあなただけ!」

「エスキモーたちが移民できるように、カナダの中心部に非難できる家を建てませんか! 彼らは本当に困っているんです! 北極の氷は溶けはじめているんですよ! あなたが考えている以上に!!」

とかよくわからない救済の責任を負わせようとしてくるんです。もう、ちょっとノイローゼですわ。

でも、どうしても引っ越すのはイヤやったんです。せっかく建てたマイホームに愛着もあるし、職を変えて、家族と一緒にどっかに潜る気にもなれんかった。それが間違いの元ですわ。
手元にまだ6,000万ほど残ってたのに、家に固執してしまいました……。


㊟笑える話だが。。。当たったことないからな。ま、金は握ったら絶対に離さないこと。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6604-91b6a5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (12998)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR