FC2ブログ

2021-04

金欲しい人必見!!ビットコインは危険!!当たる森永氏が警告!!

金欲しい人必見!!ビットコインは危険!!当たる森永氏が警告!!

森永卓郎が予測!2018年に起こる3つの「バブル崩壊」とは?
ニッポン放送

経済アナリストの森永卓郎が、2018年崩壊するかもしれない“3つのバブル”について解説した。
森永卓郎のアンハッピー経済予測2018!今年崩壊するかもしれない?3つのバブル!

今回ラジオ番組「あなたとハッピー」では、森永がテレビではあまり取り上げられない経済の暗い話をあえて解説。今年崩壊するかもしれない3つのバブルについて語った。


「私は今年『トリプルバブルの崩壊だ!』という風に予言しています。この『トリプルバブル』というのはまず都心不動産のバブルの崩壊、そして株価バブルの崩壊、さらにbitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨バブルの崩壊、この3つが重なるだろうという風に見ています。」

都心不動産・株価バブルの崩壊 東京オリンピックによる建設ブームの終わりでバブル崩壊?

森永)本当に東京オリンピックの建設ブームでごく一部のマンションとかがとてつもない値段になっています。南青山で1部屋10億円以上……「アホか」と。マンションが10億もするわけ無いだろうと!


垣花正アナ)でもそれを買う人がいるわけですよね。

森永)でもその人は住む為に買っているわけでは無くて、自分が住むマンションに10億も出す奴はいません。投機で転がす為に買っているのです。1割上がるだけで1億稼げるのですから。


垣花)ただそのマンションバブルというのは東京オリンピックよりも前に崩壊するだろうと。

森永)東京オリンピックのときには建物は全部できていないといけないので、需要は一部では来年2019年の真ん中くらい、あるいは前半にピークが来るだろうと言われているのですが、実は株価も不動産価格も先を織り込むので、私は今年中に崩壊する可能性が高いと思います。

仮想通貨のバブル崩壊 bitcoinは“皆が信用している”だけの裏付けの無い通貨!?

垣花)改めて簡単にbitcoinというものを簡単に言うと?

森永)bitcoinというのは“管理者がいない通貨”です。例えば我々が使っている「日本銀行券」は日本銀行が発行しているわけです。bitcoinやEthereum(イーサリアム)、ripple(リップル)などいろいろとあるのですが、これは誰が発行して誰が管理しているかが分からないのですよ。


垣花)信用で成り立っているのがお金というもの。日本銀行というものの信用、その後ろにある日本国というものの信用があるから皆お金を信用している、“円”を信用しているのですが、bitcoinは違うようです。


森永)bitcoinは「インチキ情報じゃない」というのをコンピューターでずっと取引を追いかけて検証しているので、確実にインチキではないというのは分かるので、そういう面では安全なのですけが、この“価値”というのは裏付けが何も無いのですよ。


例えば我々が持っている1万円札というのは裏付けがあるのです。勝手に印刷して配っているわけではないのです。日銀は例えば国債を買って代金としてお金を出す、あるいは金を持ってお金を出す、今でも少しだけ持っているのですけど。つまりお札に相当する資産を発行者が持っているわけです。ところがこの仮想通貨というのはそれが一切無い。つまり何の裏付けも無いのです。ただ“皆がどれだけ価値がある”と思うのかというところで値段が決まるので、相場がすごく動くわけです。


例えば去年のbitcoin関連で言うと、1月は1bitcoinが10万円くらいだったのが12月に22倍の220万円台まで上がったのですよ。その後今は160万円くらいなのかな、また少し下がって乱高下を繰り返していて、すごく不安定なのです。だから上がることはあるのですよ。


もう「おくりびと」といって普通の主婦がbitcoinで1年に億稼いだと、だから「億り人」だと。それで「私はbitcoinをやらない人は信じられない」とか言っているのですけど、これは競馬で万馬券獲った人が「何で万馬券買わないのか分からない」って言っているのと一緒なのです。今から買うのはとてつもなく危険だと私は思います。


仮想通貨の流通が日本銀行の怒りを爆発させている?

テレビのCMなどでも最近話題に上がっている仮想通貨。関心が高まっているのは間違い無いのですが、その裏には日本銀行の利権を犯している実態があるという。bitcoinなどの仮想通貨に対して日銀が対抗措置を取るかもしれないと森永は語る――


「bitcoinがどんどん伸してきたのにムカついている人がいるのですよ。それが日本銀行なのですね。日銀は腹を立てているわけですよ。昨年12月の会見で黒田総裁が、この人は温厚な人なので、『投機によって異常な高値になっていますね』と言いましたが、『これはバブルだ!』と言っているのとほぼ同じことを遠まわしに言っています。
これは実は日銀の利権を犯すわけですね。なぜかというと、今までお金を出すというのは日本銀行の専売特許だったわけです。それをどこの馬の骨とも分からない奴が勝手に通過を発行して『冗談じゃない、ふざけんな』と。小さな内は黙っていたのですけど、これで怒りが爆発したのだと私は思います。」

日銀自身が仮想通貨を出すかも!?

「ここからは私の推測ですが、おそらく日銀がこの仮想通貨潰しに出て来ると思います。それは日銀自身が仮想通貨を出すだろうということです。そうするとこのどこの馬の骨とも分からん奴は弱いわけですよ。なぜかというと、日銀がスマフォで簡単に操作できるような仮想通貨を出すと、ひとつは裏付けがあるのです。ちゃんと資産を持つわけですよね。


もうひとつは無制限の強制通用力。何で日本円がどこでも使えるかというと、法律で無制限の法廷通用力を保障しているからなのです。ビットコインとかは使えるお店は限られているのですよ。だからこれは別に拒否しても構わないのですけど、日銀が発行したら全てのお店が拒否できないわけです。さらに、やろうとしているのではないかなということの根拠が、大手銀行が既に実験を始めていることです。」

大手銀行が仮想通貨を行内ですでに出している!

森永)三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン」という仮想通貨を既に出しているのです。「そんなの見たことねえぞ」と。なぜかというと、これは今自分のところの銀行員を使って実証実験をしているのです。要するに新しいことをやる為にはやはり実験を積み重ねておかないと思わぬ事故とかが起こるので、今は実験段階なのですよ。おそらく最終的な形は、日銀が大手銀行に仮想通貨をドンと発行して、その枠内でそれぞれの大手銀行が自分のところの仮想通貨を出すと。


垣花)あくまでも日銀が管理している中での窓口としての銀行。ということは仮想通貨というのは銀行ごとに沢山銘柄が出て来るわけですね。


森永)ただこれはネットの世界なので「ピッ」とやるだけなら今は電子マネーがいくつもあるじゃないですか。別に混乱しないですよね。これも端末で全通貨に対応すれば良いので、何の問題も無いのですよ。


垣花)何だか今の話を聞いていると、bitcoinというのが投機の対象として言われていたものから離れて、むしろ今言った電子マネー的なニュアンスのものに感じるのですが。


森永)bitcoinは1日で何割も相場が動くわけです。例えばbitcoinは使おうと思って買うので、使おうと思っている間に2割も3割も1日で下がってしまうということも日常茶飯事で起こっているわけですね。これ私は嫌なのです。なぜかというとせこいので、せっかく買ったのが1日で3割も下がるなんて嫌なのです。でもこのMUFGコインや日銀が出す仮想通貨は1円が1コインなのです。だから電子マネーと一緒なのです。「為替変動が無くて裏付けがあって無制限の強制通用力がある仮想通貨」対「よく分からない相場が動く仮想通貨」が戦ったらどうなるのかというと、私はもう勝負は目に見えているのだと思います。


bitcoinは競馬と一緒!? 全財産を突っ込まないように!

森永)ただ私がものすごく気になっているのは、このビットコインは生まれたのは中国じゃないのですが、取引の主体がずっと中国だったのです。
中国でずっとバブルが起こって、高値のピークになった時点で実は取引量世界一は日本になっている。つまり高くなった時点で日本人がバンバン買っているというのが私はとてもとても気になっているのです。基本的には競馬をやるのと一緒ですよと。競馬をやるのは良いのですが、全財産を突っ込んだり老後の資金を突っ込んだりするのは絶対にやめましょうという風に私は思います。


垣花)bitcoinというのは仮想通貨そのものではなく、数百ある仮想通貨の内のひとつの銘柄にすぎないのですね。


森永)バブル崩壊で、年末は株価が安くなると思うのですけど、私の見立てではその12月くらいに安倍総理が消費税の凍結あるいは引き下げに踏み切るので、私は業界で最も早い予想として「2019年は明るくなるぞ!」というのが私の予想です。来年の特集は「ハッピー2019!」になります。

(1月10日放送 ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」より)


㊟これは是非参考にすべきです。私は今は無資産同様ですが、どんなに儲かると言われてもこうした異物には手を出しません。株やや不動産屋にも何度も騙され数千万どぶに捨てましたし、、、

人に騙されてばかり。。。人を疑わないこの性格、何とかならんか!!そうだよな。有名な暴力団の大親分にまで、

「渡邉、お前は人を疑う事を知らん!この世で信じちゃいけないのが三種いるんだ。警察とヤクザと政治家だ!」

と説教されるんじゃ無理か。おお、居ない神よ、なんとかしろ!

筆者のいけないとこは、騙されても相手に怒りを覚えないとこです。ま、仕方ないかで終わり。親父の悪いとこそのまま引き継いだ。クソッ、生まれ変わったら一つの国を買収するくらいの金を掴もう。夢のまた夢…
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6541-7cae98d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (411)
ニュースの深層 (14357)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR