FC2ブログ

2020-09

惨め!!亭主!寝取られて“離婚される”だって



惨め!!亭主!寝取られて“離婚される”だって


妻の不倫の末、「寝取られ離婚」される夫たち
恋愛ガイド 亀山 早苗

芸能界での「寝取られ離婚」のニュースが話題になっている。既婚で子どももいる女優が、ある若い俳優と恋に落ちたニュースが駆け巡っている。夫も俳優。離婚を前提に協議中らしい。女優が家を空けるようになったようなので、まだ若いだけに自分の恋心をコントロールできなくなってしまったのかもしれない。


現実にも、妻の浮気を疑いながら、それを口にしたら妻に捨てられるのではないかと戦々恐々としている男性は少なくない。彼らはなぜ妻を問いただすことができないのか。今どきの「家庭と夫」のありようとは?

妻の不倫を追求できない夫の本音
「寝取られ離婚」は増えているように思う。ただ、このことが表面に出ないまま夫婦生活を続けている男性も少なくない。つまり、妻の不倫を疑いながらも問いただすことなく、静かに悶々としている男たちである。彼らの声は非常に興味深い。


「どうも最近、妻の様子がおかしいんですよね。うちは子どもたちがまだ小学生だから、妻は週に3回、パートで仕事をしているんだけど、仕事に行ってない日、用があって電話しても携帯は留守電になっていることが多い。帰宅してから『今日、電話したんだけど』と言っても『あ、そうなの。なんだったの?』と自分がどこにいたのかは言わないんですよ」


アキラさん(38歳)はそう言う。そこでひと言、どこにいたのかを突っ込むことができず、いつもはぐらかされたままだそうだ。


「突っ込んで妻が不機嫌になるのが怖い。揉めたくないし。最悪、妻が子どもたちを連れて出ていったらどうしようと思うし、子どもを残されてもひとりじゃ育てられないし。なんとか現状維持でいてもらいたいから、何も言えないんです」


出ていく以前に、夫婦関係を改善しようとは思わないのだろうか。

「うまくいっていないわけではないんですよ。僕が抱いている不信感をあらわにしなければ、このまま円満にやっていける。疑惑はあるけど、それをはっきりさせてはいけないような気もして……」

けなげというかなんというか。この「向き合おうとしない姿勢」が、ひょっとしたら妻の目を外へ向けさせているのではないだろうか。


外泊する妻をとがめない夫

夫婦の距離感から、外泊をとがめられない
さらに年齢が上がると、夫婦の距離はもっと広がっていく。双方に家庭がありながら恋に落ち、それぞれ離婚、再婚したユタカさん(46歳)の場合は、妻が外泊を繰り返しているという。


「不倫、離婚を経て再婚したのが33歳のとき。前の結婚ではふたりとも子どもがいなかったんです。再婚してすぐに双子が生まれましたが、共働きで今までがんばってきました。子どもが中学に入った去年あたりから、妻がときどき外泊するようになって……。外泊といっても始発の電車で帰ってくる感じ。決まって金曜の夜です。最初は『私もたまには友だちと飲みに行きたい』というので、金曜の夜ならいいよと言ったんです。遅くなることが増えて、終電で帰るようになり、さらに始発になって」


毎週ではない。しばらく早く帰っているなと思うと、立て続けに2週続けて朝帰りだったりする。


「帰ってくるとほっとして、それ以上は聞けないんですよ。妻のほうが先に『カラオケに行ってて気づいたら夜が明けてた』とか『仕事が深夜まであって、その後、飲み屋で寝ちゃった』とか言うので、そんなのウソだろうとも言えない。僕の周りの女友だちは、『それは絶対不倫してる!』と言うんだけど、真実は知りたくないのが本音です」


しかも妻は、朝帰りするとしばらく機嫌がいいので、ユタカさんも「ま、いいか」と思ってしまうのだそうだ。

「いつの間にか、金曜日は妻から早く帰るときだけLINEで連絡が来るようになりました。遅くなったり朝帰りになるときは連絡がない。だから連絡がなかったら僕は早めに帰って、子どもたちと一緒に夕飯を作るんです。それを残しておくと朝帰りしてきた妻が喜んで食べる。なんとなく、そんな習慣ができてしまいました」


子どもたちには、妻が仕事で忙しく、帰ってこられないときがあると説明している。ユタカさん自身、そう信じ込むことにしているので不信感が子どもたちに伝わってはいないだろうと言う。


なにより、妻に悪びれた様子がないので、月に2回くらいの夜遊びはかまわないとも思っているそうだ。

家庭を壊したくない、夫の本心

「ただ、本当に友だちと夜遊びしているだけならいいんですけど……。実はうち、もう何年もセックスレスだから、本当は心配なんです。いや、外でセックスしているだけならまだいい。でもいつか妻が家庭を捨てるんじゃないか、僕たちを見捨てて出ていくんじゃないか。そんな不安もときどきわいてきて……」


以前、夫たちは「うちのに限って」と妻を女として小バカにするような発言をしていたものだ。だが、最近は「家庭を捨ててしまうかもしれない妻」に怯えているように見える。


ただ、妻にそれだけの魅力があると思っているわけではないようだ。漠然とした、見捨てられ不安が夫たちにあるのかもしれない。


「寝取られているとわかっても離婚はしたくない。妻を女として見るか見ないかという問題ではなく、家庭を壊したくないんですよね。一度離婚しているし、今回は子どももいるのでそれだけは避けたい」


ユタカさんは真剣な表情でそう言った。家庭という形にこだわる男と、その枠を壊したがっているように見える女。どこかで大きな齟齬があるのかもしれない。


㊟家庭を壊したくない?バカ言ってんじゃないよ!普通の夫婦に戻れる訳ないだろ。さっさと離婚しろ。
スポンサーサイト



テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6423-3729d0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (12998)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR