FC2ブログ

2020-08

あまりに国民をバカにしていないか?





あまりに国民をバカにしていないか? 

野党とメディアも問われた選挙 民意無視の印象操作【阿比留瑠比の極言御免】
産経新聞

 蓋を開けてみると自民党の完勝に終わった今回の衆院選は、5年近くにわたる安倍晋三政権の信任を問うものだった。ただ、国民はそれだけでなく、野党やマスメディアの姿勢もまた、問うていたのではないか。

 7月の東京都議選で「神通力」を発揮した小池百合子知事が代表に就任し、一時は政権交代もあり得るかと思わせた希望の党は、あれよあれよという間に失速していき、希望は失望へと変わった。

 「きつい言葉だった。傷つけるつもりはなかった」

 小池氏がこう反省を示す「排除発言」が、国民の反感を買ったとされるが、失敗はそれにとどまらない。選挙戦で、小池氏が森友・加計学園問題を連呼しだしたことで新味が薄れ、「これでは旧来の民進党や共産党と変わらない」とがっかりされた部分も大きい。

 主要メンバーの顔ぶれがほとんど菅直人内閣と重なる立憲民主党のほうが、左派色が明確なだけ分かりやすく、反自民票の受け皿として選ばれたのだろう。

 そしてより深刻な惨状を呈したのが、メディア報道のあり方だった。事の軽重も優先順位もあったものではなく、ひたすら「モリカケ」「モリカケ」と一つ覚えのように粘着する姿はグロテスクだった。

 せっかく民意を国政に届ける機会なのに、一部のメディアは安倍首相が「国難」として提示した北朝鮮危機も少子高齢化問題もそっちのけで、モリカケにこだわっていた。特に突出していた朝日新聞は、首相が衆院解散を表明した9月25日以降、解散の意味を矮(わい)小(しょう)化し続けた。

 「森友・加計問題とあわせ、首相にとって不都合な状況をリセットする意図は明らかだ」(26日付社説)

 「『疑惑隠し』があからさまな今回の判断に、大義は見いだせない」(同日付根本清樹論説主幹コラム)

 「首相の狙いは明白である。森友学園・加計学園の問題をめぐる野党の追及を消し去り、選挙準備が整っていない野党の隙を突く」(29日付社説)

 「『疑惑隠し解散』との批判にどう反論するのか。(中略)説明責任に背を向ける首相の政治姿勢こそ、選挙の争点だ」(10月6日付社説)

 「共産党の志位和夫委員長は首相に『森友、加計学園疑惑隠し。これ以外にない』とただした。その通りだろう」(9日付社説)

 「選挙準備が整わない野党の隙をつくとともに、森友学園・加計学園問題の追及の場を消し去る」(11日付社説)

 「大事な政策論議の前にまず、指摘しておかなければならないことがある。森友学園・加計学園をめぐる首相の説明責任のあり方だ」(12日付社説)

 「この解散総選挙も、森友・加計疑惑を隠し、逃げるという本性において類似のもの」(18日付福島申二編集委員コラム)

 「森友・加計問題への追及をかわす大義なき解散--」(23日付社説)

 目についたものをざっと拾っただけだが、よくもこれだけ同じことを書き続けられるものだ。

 だが、読者に特定の見方を刷り込み、言うことを聞かせようという底意がすでに国民に見透かされているのは、まさに今回の選挙結果が示す通りである。
 野党も一部メディアも、国民をあまりにバカにしてはいないか。

㊟まさに正論!!筆者は夕刊フジに連載コラムを持っていたから言うのではない。まさに正論だから褒めるのだ。

朝日は女性記者がやたら強い、そう自民党の松島みどり(朝日新聞政治記者)ばあちゃん顔が多い。挙げ句、気性も激しい。ブスで気性が激しい。。。(あ、筆者の別れた妻もそうだったかなあ。)。

思い出せば男性記者は真逆で大人しいのが多い。筆者は何故か朝日新聞と産経新聞に親しい男性記者が多い。読売は一人もいない。何故か?品がないもの。
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

コメント

健康診断は大事

負けたキムチ極左マスゴミが馬鹿丸出し情けねえ。安倍首相は、朝日は民主が放射能が汚染した福島から出陣するが前もだろ。おにぎり食べる顔がこわばっていた。切り取りショット他では笑っていたが。笑ってないショットなら、北のミサイルの中にと、放射脳印象操作ナイスショット吉田調書なんだろ。毎日のキムチ顔小川は、モリカケそばおまえ箱根のソバ超えられない取締役だろ。潰れた販売店の親父におもしろい話を聞いた。朝日と毎日足した数が実部数もうそれより下かもよ。店配ってる人見ないでしょ。ゲンダイは週の後半競馬予想の稼ぎ時だが返品が多いのか。ゲンダイの記者の動画見た。キムチ極左顔だった。キムチ好きそれでだろう。新大久保で身動きできないほどの韓流ブーム目医者に行け。twice流行ってるせいか。耳鼻科も行け。朝日、毎日、東京、隣の神奈川、遠いが北の北新と南の沖縄も誘って行け。電通ウジだけ韓流ブームのころに、キムチ国のヤラセ持ち上げ記事をかくとキムチ国から補助金がもらえるとあったな。TBSのワイドショーとニュースは、キムチ極左のプロバガンダ偏向放送カウント会の方スポンサーチェックして。枝野の片腕セクハラキムチ弁護士は人権派報道偏向見えてるな。宮根がウジ選挙報道で最後に偏向報道言うのやめしょうだって。コントだね麻生さん。

特権階級池上進次郎

僕朴さって、ボクシングやってりゃいいパクリウジとは一味違うから、池上さんの選挙特番の悪魔辞典がおもしろいからと、薦められた録画を見た解説が子供にもよく分かっておもしろい。リベラル、左翼と呼ばれたくない人の自称。共産党は小池になってさあ大変、解説画面のパヨクブーの顔が笑わせた。日テレ民主党落選キャスター村尾何様。テレ朝バード玉川と左渡り鳥。北金平テロキャスター。国民騙しNHK。変態パワハラ妄想毛金リベラル紙。
あるあるパヨク朝日自称馬鹿リベラル紙。
朝日の海外の姉妹紙にあるかい赤押し紙。

中国共産党の記者会見を産経だけが断られた。普段モリカケ安倍独裁だとか言ってる極左大マスゴミは恥ずかしい。朝日、NHK、日経、読売、毎日、共同、中国共産党の独裁侵略虐殺の口利き宣伝か。リベラル産経のほかに、ニューヨークタイムズ、BBC、ファイナンシャルタイムズ、ガーディアン、、、、提携先がある。日本の偽装リベラル赤ラベル中国共産党独裁のお墨付きだ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/6034-a4ccb02f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR