2017-10

いっちょまえに田舎市議も嘘を吐く一!!これ侮辱?


いっちょまえに田舎市議も嘘を吐く一!!これ侮辱?


石垣市長を脅迫した市議が「週刊新潮」ハレンチ写真の取材に答えた“嘘八百”


政治家は口がうまいとは言うけれど……

 沖縄県警は9月21日、石垣市長を脅迫したとして、男性市議の2人と、社団法人の役員など2人、計4人を職務強要容疑で逮捕した。

背景にゴルフ場開発を巡るトラブルがあるとされているが、実は「週刊新潮」の取材班は、この市議2人の逮捕前、インタビューに成功している。堂々と取材に応じ、堂々と嘘をつく姿は滑稽なような、迫力を感じるような、不思議な味わいがある。

 県警の発表によると、逮捕されたのは石垣市議の今村重治(64)と伊良皆高信(57)、一般社団法人「石垣島ハイビスカスゴルフカントリー」役員の押川吉男(77)と、農業生産法人「やえやまファーム」代表取締役の宮谷茂(64)の4容疑者。石垣市が所有する土地をゴルフ場建設のために貸し出せと、2016年1月26日から5月11日にかけて、市長室で中山義隆市長(50)を脅した疑いがかけられている。

 この事件と「週刊新潮」の関係が生まれたのは16年9月。「9年前のハレンチ写真をバラ撒かれた『石垣市長』」(16年9月22日号)の取材で、記者が石垣島を訪れたことに遡る。

 実は石垣市では9月1日に怪文書が市議や市役所職員に送付され、騒動になっていた。中でも注目を集めたのが4枚の写真。正確に言えば、写真をカラー印刷した1枚の紙なのだが、ここにワイシャツ姿の男性が上半身裸の女性とはしゃぎ、抱き合う姿が収められていた。そして怪文書はこの男性が市長だとし、猛烈に糾弾していたのだ。

《市長は、頻繁に公費で「視察」と称して台湾を訪問している》、《この写真は、市長が「視察」に台湾を訪問したある日の夜に撮影されたもの。これの何処が視察なのか、市長の台湾視察の目的は一体何なのでしょうか》

 記者が中山市長に取材を依頼すると、市長は写真の男性について

「私で間違いありません。裸の女性と戯れたことは不適切でした」と認めて陳謝した。しかし、その一方で「2007年の市議時代に台湾に行った時のものであり、怪文書にあるように市長時代でもなければ、公費も使っていません。全くの嘘です」とも反論した。

 そして、記者が更に取材を続けると、石垣島でゴルフ場開発を巡るトラブルが発生していることが明らかになってくる。

「ある市議2人が理事を務めていた社団法人が、島内にゴルフ場建設を計画しているのです。予定地には市有地があり、2人はその売却・賃借を市長に依頼したのですが断られた。以来、市長は“こっちは情報を持っている”などと両名に告げられ、これを脅しと受け止めていたそうです」(島の関係者)

 この「市議2人」が、今村、伊良皆両容疑者だったのだ。早速、記者は取材を開始する。

 まず伊良皆容疑者だが、逃げも隠れもせず、記者の質問に答える。だが「怪文書の出所が僕だという話は完全に否定します」、「市長室で僕と今村さんが脅迫行為をしたというのは、全くないです」などと否認を重ねるだけ。記者も「少し焦っている雰囲気は感じた」と振り返る通り、いけしゃあしゃあと嘘をつく、という雰囲気ではない。

ゴルフ場の必要性を力説

 だが、もう一方の今村容疑者は、嘘をつくどころか、反論を仕掛けてきたり、自説を開陳したりするなど、とにかく自由自在に喋る。嘘をついている不自然さが全く感じられない。その説得力はかなりのものだ。筋金入りの支援者でなくとも、信じてしまいそうになる。

 記者の訪問にも、余裕綽々の構えで「怪文書は僕のところにも届いたよ」と認める。そして記者に「この写真は何年に撮られた?」と、白々しく逆取材をかける。記者が「2007年」と伝えると、「だったら彼はもう議員だから問題だよ」と憤る。

「市議の給料は税金から出ているんだから、仮に自腹で行ったにしても、税金を使って裸の女性と遊んでいるということになるでしょう」

 そして石垣島に、どれだけゴルフ場が必要か、熱く語り出すのだ。

「僕が大事だと思うのは、市有地は市民のためのものであるということ。ゴルフ場は大きな財源だし、公の利益になるものだから、僕は建設する必要性が高いと思っているんだよ。小さな石垣島で、死んだ土地があるのは問題だと、これまでにも役所に提言もしてきたんだけれどもね。もし自衛隊が石垣に配備されるのなら、隊員たちの娯楽の場も必要になると思いますから、その意味でもゴルフ場建設は課題ですよ」

 脅迫容疑を否定する話の運び方も、なかなか上手い。
「3人で市長室に行った時に脅迫……? そんな話はないよ、全くない。彼は強がりで刑事訴訟とか言っているみたいだけど、恥の上塗りになると思うよ。やれるもんならやってみろ、と。僕らの名前を出したら、逆に僕が名誉棄損、あるいは虚偽告訴ということで訴えるよ。彼が脅されたというのなら、彼はそれを証明しないといけないよ。証明できもしないことについて発言したらどうなるかということについて、彼は弁護士に相談しているところじゃないかな」

 だが、留置場で弁護士に接見することになったのは、今村容疑者の方になってしまったわけだ。

㊟20票、30票で当選する田舎の市議のくせに生意気言うから。。。これを自業自得という。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5972-40ca3ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5826)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR