2017-10

腐れパンダ顔の醜(習)キンピラ潰せばゴキ国は変わるかも。。。が、嘘つきは変わらん


腐れパンダ顔の醜(習)キンピラ潰せばゴキ国は変わるかも。。。が、嘘つきは変わらん

中国・習近平、米国の圧力で窮地に…対立派幹部への粛清激化、共産主義回帰へ
Business Journal / 2017年7月29日 6時0分

 中国の権力闘争が激化している。秋には5年に1度の中国共産党全国代表大会が開かれるが、これに向けて党内の粛清合戦が始まっているのだ。

 7月に入り、習近平国家主席の後継候補と目されていた政治局員の孫政才氏が「重大な規律違反」で調査されることが決まった。孫氏は重慶市のトップにあたる党委員会書記を務めており、党大会で政治局常務委員入りの可能性も取り沙汰されていたが、事実上の失脚だ。

 習政権になってから、現職の政治局員が摘発されるのは初のケースだ。さらに、孫氏の後任には習主席の側近である陳敏爾氏が起用されたことも波紋を呼んだ。

●習近平、言論弾圧を強化…反中メディアが売却も

 中国の政治体制は、企業における取締役会と株主総会の関係に近い。企業でいう取締役に該当するのが、政治局常務委員である。
この政治局常務委員による多数決で役員人事が決定され、逆にいえば更迭などのクーデターも可能となるわけだ。

 現在、政治局常務委員の定数は7人。このポストに誰が就くかで、習主席の政治力も左右されるというわけだ。習主席は、自らに近い「太子党」の勢力を伸ばしたいという思惑があるが、それを対立派閥の「中国共産主義青年団」が阻止するという構図になっている。

 今回粛清された孫氏は、「共青団のホープ」ともいわれていた人物だ。共青団は、今秋の党大会で「相当数が常務委員入りするのでは」とされてきたが、その流れに「待った」をかける動きといえるだろう。

 また、習主席は“先祖返り”的な共産主義への回帰と言論弾圧を強めており、それを受けてか、政権に批判的な言動を取ってきた香港メディアの壱伝媒が売却されるという動きがあった。

広告出稿の激減による経営の悪化が主な理由とのことだが、中国批判を展開するメディアは企業活動を行いづらいという点は否めない。ちなみに、この壱伝媒は台湾でも新聞やテレビを持っており、「アップルデイリー」として知られている。

●「100日計画」頓挫で米国の圧力が強まる中国

 党大会を控えている習主席にとって、今は非常に難しい時期だ。中国は政治、経済、外交、北朝鮮、領土など諸課題を抱えているが、求心力を高めたい習主席はすべてにおいて妥協することができない。そんな状況下で、身動きが取れなくなってしまっているのが実情だ。

 4月に行われた米中首脳会談では、貿易および北朝鮮の問題について100日以内に成果を求める「100日計画」が策定された。しかし、期限となる7月中旬を過ぎても、中国の対北制裁には大きな進展がない。そのため、アメリカはあらゆる方面で中国に対して強い圧力をかけている。


7月の米中包括経済対話では、予定されていた個別の記者会見も共同声明の発表も見送られ、ほぼ成果なしに終わった。習主席としては強気の姿勢を崩すわけにはいかないが、国内に目を向けても経済政策は行き詰まっているのが実情だ。
 たとえば、かねてから問題視されているゾンビ企業の存在がある。本来なら赤字で倒産しているはずの国有企業が、政府や銀行からの融資によってゾンビのように生きながらえているというものだ。

 中国政府は以前から「構造調整を行う」としているが、仮にゾンビ企業を整理すれば大量の失業者が生まれることは明らかだ。
国有企業の下には多くの企業が下請けや孫請けなどのかたちでぶら下がっており、コングロマリットを形成している。そのため、地域産業の壊滅を招くと同時に、不景気に対する鬱屈は政府への不満となって跳ね返ってくる可能性もある。

 習主席としては、党大会前にそういった事態になることは絶対に避けたい。しかし、ゾンビ企業に目をつぶっていては、健全な経済成長は望めない。いわば、ジレンマに陥ってしまっているわけだ。

●北朝鮮問題で九死に一生を得た中国

 また、北朝鮮問題においても中国は微妙な立場に立たされている。仮に北朝鮮問題がきれいに片付けば、アメリカは次のターゲットに南シナ海を定め、中国が進める軍事拠点化を全力で阻止してくるだろう。
当然、中国もそれをよく理解している。そのため、当面は北朝鮮を前面に立てるかたちでアメリカとの交渉を進めたいというのが本音だ。

 6月に行われたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)では、北朝鮮問題が優先されるかたちで議論され、南シナ海問題については保留同然の扱いだった。

昨年までは南シナ海問題がメインであり、「中国に対して強い圧力をかけていく」というのが国際社会の共通認識であった。しかし、今回は北朝鮮問題に焦点が移り、中国としては一時的にだが救われたことになる。

 今後、党大会に向けて中国の舵取りはますます難しくなっていくだろう。同時に、習主席の独裁色が深まっていくのかどうかも注目されるところだ。
(文=渡邉哲也/経済評論家)

㊟国際社会は中国を叩き潰さない限り、自国の政治、経済まで振り回さ唖されることになる。

 米国が中国に「制裁を加える」と決めたら、我が国も全面協力すべき。
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5598-3b9bed53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5820)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR