2017-08

復活は絶望!?ASKAよ、ファンを絶望のままに置くな!!・・・



復活は絶望!?ASKAよ、ファンを絶望のままに置くな!!・・・

離婚発表「ASKA」、元妻・洋子さんの母は“ウチはまともな家やから…” 豪邸も売却

 2014年の覚醒剤取締法違反容疑による逮捕で愛人を失い、昨年の逮捕(後に不起訴)では復活を願うファンの期待に水を差したASKA(59)。更に今年、親子睦まじく暮らした豪邸、30年連れ添った妻との別れがあったのだ。

 東京・目黒の閑静な住宅街。約90坪のASKA邸はレコーディング・スタジオを併設し、彼の個人事務所が1993年から保有していた。しかし、それが5月末に売却されていた事実を登記簿謄本は示している。

不動産業者に聞くと、
「このあたりは坪250万円なので、土地でおよそ2億3000万円。建物の価値を加え、3億円弱で売却されたと見てよいでしょう」

 悲劇はこれにとどまらず、更生を献身的に支えた妻・洋子さん(62)と離婚していたというのだ。成り行きを見守ってきた芸能記者は、

「差し当たって彼女は、その豪邸から2キロほど離れた一軒家で2人のお子さんとともに暮らしています」

 と打ち明ける。実際にその家の前で、離婚について洋子さんに質すと、

「何も話せないんです」

 そんな口ぶりで明確には否定せず。そこで、関西地方に住む洋子さんの母・和子さんに尋ねたところ、

「もう離婚してますよ。ウチはまともな家やから、あんな人(ASKA)はちょっと……。最初に覚醒剤のことが世の中に出て以降、わたしたちはずっと離婚するように洋子に言い続けてきたんです。慰謝料のことがまとまって、離婚することができたようです。正直、やっとか、という感じです」

誇大妄想の結果

 他方、ASKAは福岡の実家に身を寄せ、社会復帰への道を探っている。そんななか、シコシコ執心するのが他でもないブログの更新で、例えば、「CHAGE」というタイトルで出し抜けにこう綴られる。

〈僕の人生において、あんなに、薄っぺらい、バカで、イイかっこしいで、その場限りの思いつきの言葉を、ドヤ顔で言う人間は知りません〉

 活動休止中とはいえ解散したわけでもない相棒を口を極めて難詰するのだ。 

 精神科医の片田珠美氏は、

「覚醒剤の残存症状は非常に重い。CHAGEさんへの批判は、自分が偉いと勘違いする誇大妄想の結果と思われます。しかし、本人に病気だという意識がないようなので、自分から治療を望むことはないでしょう」

 と分析し、続ける。

「離婚はASKAさんにとって最悪です。通常、薬物から抜け出すには他者の援助が必要不可欠。なのに、奥さんを失った彼は行動に歯止めが利かず、再び覚醒剤に手を出す可能性は格段に上がってしまいました」

 頻繁なブログ更新と常軌を逸した内容は、行き場を失った寂しさのインデックスとして捉えるべきなのだろう。そんな彼は路頭に迷う運命なのかと言うと、
「いや、彼の懐には著作権使用料だけで年1億円が転がりこむ。自宅の売却益を慰謝料に充てたとしても金銭的には余裕があります」

 と先の記者は“頼みの綱”の存在を指摘しつつも、

「覚醒剤の売人はカネの匂いに敏感ですからね……」 

㊟週刊新潮の記事だけで決めつけるのは酷かも知れない。だが、専門医でも薬物依存症を断ち切る処方箋はないとすれば、しかも、ASKAの金が目当てで付きまとう暴力団どもがいる。。。

 NHKレッツゴーヤングの番組で何度も顔を合わせ言葉を交わし、原宿の「福禄寿」で少年アイドルを交えて、食事を摂りながら作曲を依頼(もちろん、それが目的で食事に誘った)。

ASKAは少年アイドルを気に入っていたらしく、

「僕はミーハーなんですよ。是非、書かせてください」

 と快諾。これは当方の事情で実現しなかった。あれから数十年。。。会う機会も無し。私は物書きの世界に居た。

 最初の覚醒剤逮捕では、親しくて、筆者の裏表に広がる人脈を知る週刊誌記者から、

「ASKAを暴力団から護ってやっていただけませんか?」

 と依頼があり、真剣に考えたことも。しかし、テレビや雑誌等で薬物に手を出した人の体験談を知ると、常に危険と隣り合わせと。。。

 ASKAも復活しても常にその危険性をはらんでいることに。教え子どもは筆者を“鬼神”と呼ぶが、鬼神でも難しいかも。

ASKAよ、己に克つ以外にないぞ。血涙を流しても立ち直り、ファンの前に顔を出せ!!
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5587-c1dbd062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)
ニュースの深層 (5570)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR