FC2ブログ

2020-08

断固復活許すな!!「関東連合」創立者として責任を感じ、時の警察庁長官に「関東連合」&「怒羅権」を“準暴力団”指定を要請した!!


断固復活許すな!!「関東連合」創立者として責任を感じ、時の警察庁長官に「関東連合」&「怒羅権」を“準暴力団”指定を要請した!!

元リーダー逮捕!「怒羅権」とはどういう組織なのか
週刊新潮


 中国残留孤児2世らで作る不良グループ「怒羅権(ドラゴン)」の元リーダーの男が、拳銃2丁などを隠し持っていたとして警視庁に逮捕された、とTBSが24日、報じた。

 この「怒羅権」(または「チャイニーズドラゴン」)は、警視庁の組織犯罪対策部(通称・組対=ソタイ)の2課が最重要の捜査対象として監視、実態把握を行っている暴走族グループである。


 組対の仕事や組織を解説した新書『マル暴捜査』(今井良・著)から、このグループの歴史と現在を見てみよう(以下、『マル暴捜査』より抜粋・引用)
 ***

日本人への怒り

「怒羅権」は、中国残留孤児2世、3世を中心にして1988年に結成された暴走族グループで、当時中国からの帰国者が入居していた「常盤寮」があった東京・江戸川区が誕生の地とされている。捜査関係者が説明する。


「ドラゴン、龍は一般に中国のことを指す。しかし彼らの『怒羅権』には別の意味もある。『怒』は、日本人からのいじめに対する『怒り』から、『羅』は、強敵を倒す『羅漢』から、『権』は、自分たちの『権利』を守るという意味から取られている」


 彼らの凶暴化はある事件がきっかけだったと、この捜査関係者は続ける。


「メンバーらは都内の残留孤児2世を受け入れる限られた高校に通っていた。日本語が不自由だった彼らの中にはここで日本人から凄絶ないじめを受ける者もいたんだ。1989年には残留孤児2世の女子高校生が日本の暴走族グループに乱暴される事件が起こった。報復が怒羅権と日本の暴走族との本格的な抗争に発展した」

 木刀やナイフ、青龍刀などで武装した怒羅権は、最終的には対立する日本の暴走族を傘下に置いてしまう。そこから更に凶暴性を増していったという。


「最盛期は300人以上のメンバーが集まった。凶暴化した彼らの行き着いた先はれっきとした犯罪集団だ」(捜査関係者)


陰のリーダーとの攻防


 凶暴化した怒羅権メンバーは強盗や麻薬の取引などに乗り出すようになる。


「怒羅権の組織内では吉林、遼寧、黒竜江省の中国東北部の出身者が力を増していくようになった。このころ残留孤児2世、3世の集団から黒社会とよばれる本格的な中国マフィアに変貌した。そして大偉(ターウェイ)という男を統括役に頂いていくつかのグループに枝分かれしていった」(同)


 大偉は1966年、中国・黒竜江省生まれ。怒羅権の影のボスとされ、メンバーを統率していたほか、1990年代半ばに台頭していた日中混成強盗団のリーダーとされている(注・今回逮捕された元リーダーとは別人)。


 警察関係者によると、父親は中国共産党の元幹部で母親は終戦時に満州に取り残された日本人だという。少年時代に周囲の中国人からも猛烈ないじめを受け続けて来たという。

しかし、大偉は持ち前の気力でいじめにも耐え、逆に相手を叩きのめすなどこの頃から「理不尽には暴力で対抗」することを実践していく。


 17歳で人民解放軍に入った後、20歳で母親と親族らと来日。23歳ごろには友人らと貿易会社を起こすなど、商才、リーダーシップを遺憾なく発揮して、日本の中国人社会の中で頭角を現していったという。


「大偉は新宿歌舞伎町でおよそ100人のメンバーを従え風俗店などの経営に乗り出した。さらにパチンコの裏ロム販売、窃盗品の販売など非合法な商売も手掛けた。そして勢力は葛西、錦糸町、上野にも及んでいった。傘下のグループから上納金を受け取っていたが、指示の出し方が巧みだから尻尾をつかませない。頭が切れる印象だった」(元警視庁幹部)


 大偉は怒羅権の各種犯罪の指示、関与をしていたとみられたものの、長きにわたって警察当局に検挙されることはなかった。ようやく警察が彼の身柄を取ることが出来たのは2005年2月だった。


容疑は覚醒剤の所持と使用。


大偉は有罪判決を受け服役。数年後に満期出所したが、警視庁は出所後の動向を徹底的に監視していたようだ。しかし、同じ轍は踏まないと判断したのか、再度、逮捕されることを怖れた大偉は母国に帰ってしまう。捜査関係者によると、中国の国内を転々と移動した後、現在は北京市内にいるとみられるという。


 捜査関係者によると怒羅権はその後、ナンバー2とされる男を実質的リーダーとするグループを中心に、別の中国マフィアや日本の暴力団、それに関東連合OBとも一部連携しているという。


準暴力団に認定


 組対2課は大偉が帰国した後も、次々と他のグループの幹部らを摘発し、弱体化を狙っていった。しかし、そうした警察の徹底した取り締まりに怒羅権も対抗している。捜査関係者によると今なお都内や近郊には7つのグループが存在し、約300人のメンバーがいるとされている。

「2011年には怒羅権をチャイニーズドラゴンとカタカナ表記で呼ぶように警察庁から通達が来た。怒羅権は暴走族集団の名称だったが、それぞれのグループの活動が暴走族だけにとどまらないものになってきていたのは確かだった。
カタカナ表記にしたのは怒羅権のすべてのグループを総合的犯罪集団と位置づける意味合いを強くしたということなんだろう」(捜査関係者)


 名称を変えただけではない。警察庁は2013年、暴走族グループの関東連合とともに、チャイニーズドラゴンを「準暴力団」と認定。徹底して取り締まっていく方針を定めたのである。


 準暴力団に認定したことで警察当局、特に組対2課は更に取り締まりを強化する方針だ。しかし、ある捜査関係者は深刻な表情で言う。


「準暴力団に認定されたことで、チャイニーズドラゴンはこれまでのように動き回ることはできなくなった。しかしそれは同時にアングラ化を促してしまう。より見えにくい犯罪にシフトしていっているんだ」


 捜査関係者によると、「危険ドラッグ製造販売」と「拳銃密売」の分野で、彼らと暴力団など犯罪組織同士のタイアップ犯罪が深刻化しているのだという。


「危険ドラッグへの包囲網は整いつつあるが、いたちごっこは続いている。製造には中国の怪しげな化学メーカーが絡んでいる。今出回っている危険ドラッグのほとんどは中国産。

日本の暴力団とも流通ルートなどで上手く協力し合っている。拳銃も然りで、中国製の改造拳銃がヒットマンとセットで取引されているくらいだ。そうした中国と日本の犯罪の橋渡し役となっているのがいまのチャイニーズドラゴンなんだ」
 ***

 国際化、多様化する犯罪組織と闘うために、組対側も本来の課を超えた捜査班を編成するなど、柔軟な体制で捜査に臨んでいるという。今回の逮捕もその成果だろうか。


㊟この記事を読めば中国残留孤児らに同情も湧く。しかし、だからと言って差別する人ばかりではないのだが。


確かに言葉の問題で行動範囲が広がらないために、周囲は差別意識の強い環境なのも分かる。が、待て。日本に溶け込む努力を本当にしたのか?していないのも事実だろう。


差別された、壮絶なイジメに遭った…だから人を傷つけても、人を殺してもいい、などが通用するのは放置国家の中国なら当たり前だろうが、日本は法治国家だ。報に従って貰わねばならない。


だから安藤隆春警察庁長官に「関東連合}と「怒羅権」を準暴力団として指定していただきたいと申入れしたのだ。
スポンサーサイト



テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

尖閣ミサイル変わらない

外務省の人間も9割が偽者、捕まえる法務省9割以上が偽者、後味が悪いと担当官もぼやいたとか。残留孤児が中国人にあいつ上手くやったのと、うらやましく思われている。パスポート手に入れたい、稼いであいつらに負けない家を故郷に立てたいと思われている。
孤児も後半は、背乗りじゃないのかと感じて来ていたが。後で、生き別れた親兄弟も他人と分かった人も多いと。疑わないお人好しの日本人は他人だが、この人も戦争で苦労した日本人、黙っていた家族もいたとか。その後の付き合いは当然ながら無くなるそう。今も続いている仕分け外国人優遇バラまき政治主導謝って蓮舫。孤児一人認定に妻夫子供、その子の妻夫、父母、祖父母40人以上一族郎党孤児院か。まるで、大阪のバラまきがバレた中国人生活保護だ担当官。外務省見逃してしまった法務省の罪は重い。当時DNA鑑定気付いた時からでもやっていたら。外務省なれない中華倶楽部の保身が招いたのではないですか。信じられますか人道上。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5586-cbc62bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (304)
ニュースの深層 (12697)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR