2017-10

私が永田町のゴロツキ、暴力団フロント議員(元)と名付けた古賀誠の背中を見ていた秘書もゴロツキ議員に②国税よ、この議員の資産を洗え!!これは命令だ!!

私が永田町のゴロツキ、暴力団フロント議員(元)と名付けた古賀誠の背中を見ていた秘書もゴロツキ議員に②国税よ、この議員の資産を洗え!!これは命令だ!!

東京に不動産持つ不倫報道国会議員に議員宿舎問題を直撃
※週刊ポスト2017年8月4日号

 自民党「魔の2回生」にまた新たな人物が登場した。

岸田派名誉会長・古賀誠氏の元公設第一秘書で、地盤(福岡7区)を継いだ藤丸敏・代議士(57)である。

週刊ポストが江東区・清澄白河のタワーマンションで元料亭の女将、Sさんと不倫同棲していると報じたのだ。地元政界関係者によれば、秘書時代から私生活も派手。クルーザーやセスナ、クラシックカーまで持っていて羽振りがいいことでも知られていたという。


 藤丸氏は初当選時、東京と千葉・浦安に高級マンション3戸を保有していたにもかかわらず、本人は東京・赤坂の一等地に建つ衆院赤坂宿舎に入居していた。


 赤坂宿舎(3LDK・約80平米)は好立地と豪華なつくりで「民間マンションなら家賃月額100万円は下らない」とされるが、遠方の選挙区の議員の東京宿舎として「月額約12万円」と格安で入居できる“議員特権住宅”だ。


 入居には厳しい基準が定められ、「東京23区内に住居を所有する議員は入居できない」、「宿舎の使用は議員及び同居する親族に限る」という条件がある。

「議員本人は清澄白河から国会に通っている。宿舎は地元秘書の上京時、ホテル代わりに使わせているようです」(地元関係者)


 明らかなルール違反である。不倫、多額の不動産資産を所有、議員宿舎問題など、一連の疑惑について藤丸氏に質した。


──都内にマンションを所有しているのに議員宿舎を借りている。


「結婚して20年以上経つので妻に浦安の物件を贈与しても税金がかからない。離婚協議の中で贈与した。

清澄白河の物件は、私もいつポックリいくかわからないので、Sに残してやろうと贈与した。

豊洲のマンションは値上がりを待って売ろうと投資のために購入したもので、現在は息子が住んでいます。豊洲は妻も時々通っているから私が住むわけにはいかない。宿舎には議院運営委員会に入居願を出して正式な許可を得ている」


──宿舎を秘書のホテル代わりに使っているとの指摘がある。


「確かに地元秘書が上京したときに泊まらせることはあります。しかし、基本的に私が住んでいます。たまにSのところに泊まることもありますが……私も妻とSに生活費を渡しているから余裕がなく、赤坂宿舎から家賃約2万円の青山宿舎に引っ越す予定です」


“億ション3戸”に加えて、クルーザーやセスナも購入できるのに生活が苦しいという説明も、また苦しい。
しかも、藤丸氏の政治資金収支報告書を読むと、安倍首相と同等の年間約1億3500万円の政治資金(2015年)を集めるなど、2回生の中でも屈指の集金力を誇る。議員歳費を政治活動に充てる必要もないはずだ。


 そう問うと、こう語った。

「私が古賀の秘書時代にパー券などを扱っていたから金回りがいいように誤解があるようですが、マンションは秘書時代に1株100円程度で買った『りそな銀行株』が大きく値上がりし、その運用益で買ったものです。船も持っていましたが、屋根がないからクルーザーではなくボートでした。セスナではなくウルトラライトプレーンを知人から有償で譲ってもらった。クラシックカーを含めて今は全部手放しています」


 そうベテラン政治家のように弁明した藤丸氏。魔の2回生の中でも群を抜く政治家らしい対応だった。


㊟佐川国税庁長官に命ず!!

「藤丸敏議員の全資産を洗え!不正収入、脱税は間違いない!これが君の初仕事だ」

 『個人情報保護法』は、私が河村たかし議員(現在、名古屋市長)の部屋に財務省の連中を呼んで提案した法案なのを知ってるいるだろ?

 あの時、

「君たち、大手銀行の消費者金融がブラック客の個人情報を暴力団の闇金融に売っているのを知ってるだろ?なぜ取り締らん!!」

 とイケメンぶり発揮で問い詰めると、君らの一番偉いのが、

「取り締る法律がないんです」

「なら、取り締る法律を直ぐ作れ!君らの義務だろ」


 で、出来たのが『個人情報保護法』だ。

佐川は森友学園問題の国会答弁で「記録はない。メモはありません」とふざけた答弁していたが、記録は必ず残っている。

佐川よ。キミの先輩らが私に半分怯えながら、この時も河村議員と私の目の前で“必死にメモ”していたんだからな。

彼らが私を怖がったのは、この一年ほど前に、私が衆参の逓信員会を開かせ、TBSの磯崎社長、大川常務を国会喚問し、首を獲ったのを知っているのと、私が大蔵省の大先輩、迫水久常参議院議員秘書だったのも知っているからです。

こうして『個人情報保護法』が立案され、成立したのです。私が持ち込み、圧力をかけなければ「個人情報保護法」は実現しなかったのです。

ですから『個人情報保護法』は渡邉正次郎、私が作ったと同義語なのです。法務省も私が作らせたのを知っている。

これ以上に彼らが私を怖いのは、「NPO法」の成立に関してだ。この法案は河村たかし議員が立案、提案した法案。
 
河村議員は名古屋選出だけに阪神淡路大震災を目の当たりにしている。あの時、全国から数千人から数万人の学生がボランティアに駆けつけた。

この学生たちの姿を見て、彼らの一日の労力を5000円、一万円と計算。それを寄付と見做し、学生の父親、母親の収入から控除したらどうか、という法案だった。

 これに断固反対し、廃案にしようと与党自民党に強烈な逆陳情したのが大蔵省だった。

 「廃案にしてください!」の大蔵省の言い分が呆れる。

「国民から金を集めるのは大蔵省以外許さない!」

 である。

 この法案を河村たかし議員から見せられた時、99・9%廃案が決まっていた時だった。

私は河村議員の部屋で法案をじっくり読み、「これはいい法案!」と。

「少し待ってて」

 とその足で斜め向かいの自民党小林興起議員の部屋に飛び込み、留守番をしていた秋元司秘書に、

「オイ、自民党はこの法案を廃案にするらしいが、野党が提案して法案でもいいモノはいいんだ。通せ!」

 と叱りつけたところに、小林議員が戻って来た。

「代議士、渡邉先生がNPO法案はいい法案だ。成立させろって…」

 小林議員、すかさず、

「分かりました。私は内閣委員会ですから、必ず通します」

 と確約。

 その後、河村議員の部屋に戻り、

「大丈夫。継続審議にして次の国会で成立だ!」

 と。

 その後だったろうか、河村議員の部屋にNPO法案に大反対の大蔵省官僚が数人。呼ばれた私が、

『君たち、この法案に反対する理由を聞かせてもらおうか?』


 彼らは私の経歴を調べ上げている。下手な反論をすると締め上げられることを知ってるからか、

「この法案が成立しますと暴力団が悪用するのでは…」

 と言い出した。

 一瞬、考えた私は、

「分かった。じゃこの法案に5年後見直し条項を付ける。法案成立しても5年間は寄付の税金控除を認めなくていい。君たちの顔を立てる。だが、6年後からは認めろ」

 と厳命。

 これで大蔵省の反対が止み、次の国会に継続寝具となって成立したのです。

 これも彼らは知っている。何故なら。重要法案に関して絡んだ人物はすべて記録(メモ、録音)しているから。

これらの時のやり取りの詳細はアマゾン発売中の、
『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』(グッドタイム出版)にも述べてあります。

 佐川国税庁長官、やらないと「渡邉機関」を動員し、財務省大幹部と君ら国税,税務署幹部の私生活を徹底調査する!!通告して置く。
             作家・ジャーナリスト 渡邉正次郎
スポンサーサイト

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5554-5d2155b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (92)
ニュースの深層 (5842)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR