2017-11

日本人必見!自称日本人・有田芳スターリンらは読むな!!【紅いバブル 中国経済の行方(下)】


日本人必見!自称日本人・有田芳スターリンらは読むな!!【紅いバブル 中国経済の行方(下)】

日本人も突然退去で「難民」に…住民追い出し売り急ぐ 鬼城と化した「中国のロッテルダム」
産経新聞

 北京や上海で「マンション難民」と呼ばれる現象が起きている。外国人向けマンションに住む日本人などが突然退去を求められ、次の物件探しに奔走しているのだ。

 北京で働く日本企業駐在員の男性(44)は6月初旬、3年間暮らした日本人家族向けマンションから引っ越した。昨年末、1年後に退去するように全160世帯が一方的に通告されていたためだ。

 外国人向け物件はどこも数十件の空室待ち。同僚が退去した部屋を何とか借りることができたが、家賃は月4千元(約6万5千円)の負担増となった。

 3年間生活したマンションは、日本の住宅総合メーカーが出資し1990年に開業したものの、2年前に資本撤退。「日本と同じような環境で、すごく住みやすかったのに…」と男性は残念がる。

 マンション側は老朽化した設備を全面改修するとしているが、その後について住民に明確な説明はない。「分譲の形で売り出すのでは」(日本の商社幹部)との見方が広がる。

 北京では昨年末、外国人向け住宅に住む約220世帯が3カ月後の退去を求められたケースもあり、そのビルは11億元(約180億円)で売却されたという。ほかにも売却が噂されるマンションは少なくない。

 外国人向けマンションのオーナーがビルの売却や分譲に走っているのは、賃貸経営に不利な税制改革に加え、不動産価格がピークを迎えているとの判断があるからだ。

「ビル所有者の多くは今、高値で売り抜けたほうが利益が出ると考えている」と北京の不動産業者は解説する。北京市内では今年からオフィスの空室も増え始め、賃貸価格が下落している。
                 ■ ■ ■
 過熱する「炒房(住宅投機)」ブームにも暗い影がさし始めた。不動産バブルの抑制にむけて当局は金融引き締めに本腰を入れ、矢継ぎ早に対策を繰り出している。

 3月中旬、北京市では2件目の住宅購入などに対して60%以上の頭金支払いが課され、市内の中古住宅の取引量は3割未満まで冷え込んだ。北京周辺でも中古住宅の売買平均価格が3週間で1割超下落した地域が出ている。

 「確かに金融分野にはリスクがある」。李克強首相は6月27日、大連で開かれた経済フォーラムで、不動産市況の悪化が引き起こす混乱を念頭にこう強調した。「われわれにはシステム危機を起こさない能力がある」
                   ◇
 巨大なビルは工事の足場が組まれたまま廃虚と化し、周辺道路は舗装が途中で放棄されていた。通り過ぎる人は一人もおらず、周囲は雑草が生い茂る荒れ地が広がる。

 河北省唐山市の臨海部を埋め立てた「曹妃甸(そうひでん)工業区」。6月上旬、商業エリアに建設が予定されていた住居・オフィス複合ビルを訪ねると、中国の典型的な「鬼城(ゴーストタウン)」と化していた。
                 ■ ■ ■

 胡錦濤前政権時代の2003年に開発が始まった曹妃甸工業区が目指したのは、上海をしのぐ港湾機能を擁する「中国のロッテルダム」だ。第11次5カ年計画(06~10年)では環境重視型の工業団地として国家重点プロジェクトに位置付けられた。

 中国は日本企業進出用の専用区「中日唐山曹妃甸エコ工業パーク」も整備。10年には温家宝首相が当時の鳩山由紀夫首相との首脳会談で、自ら日本企業誘致への協力を要請するほど力を入れていた。

 しかし、曹妃甸への企業誘致は思惑通り進まなかった。過剰な投資が裏目に出て現在は1日あたり約1千万元(約1億6千万円)ともいわれる利払いに苦しむ。多くの投資プロジェクトが凍結されたままだ。

総合商社の双日は08年、同工業区のインフラ整備を見込んで配水管用パイプの製造工場を建設したが、計画が滞る中で撤退を決めた。

 同パーク入り口の大型看板は何度か書き換えられた形跡があり、当初60平方キロの計画だった敷地面積は13・2平方キロに縮小されていた。現在操業している工場の多くが国内企業だ。

 日本の化粧品メーカーが出資した工場は稼働している様子がなく、周囲の人影もまばら。

「歴史を鏡に未来に目を向け日中友好の花を咲かせよう」。工場の敷地近くには村山富市元首相が16年4月に揮毫(きごう)した記念碑が静かにたたずむ。ただ「日本企業が成功した事例はほとんど聞かない」(北京の日本企業関係者)のが実態だ。

 マンション区画も住民の姿は決して多くない。ただ政府系開発業者が建設した約1500戸はほぼ完売状態だという。20代の男性販売員が解説した。

「ここの工場で働く人以外にも、北京など外地の人間が投機のために物件を買っている。何年も使っていないケースが多い」

 全国的な「炒房(住宅投機)」ブームを背景に流れ込んだ資金もあり、12年の売り出し時に1平方メートルあたり3千元足らずだった住宅の平均価格は、現在4千~5千元に値上がりしているという。

 多くの企業誘致や開発計画が頓挫する中で、住宅販売だけが好調を維持している奇妙な現象。だが工業区全体の前途は多難だ。
                 ■ ■ ■
 今年4月、習近平指導部は曹妃甸の西約200キロの河北省雄県などに新都市「雄安新区」を建設すると発表した。

北京への一極集中を避けるために「非首都機能」を移転し、「深セン経済特区や上海浦東新区に続く、全国的な意義を持つ新区」(習氏)をつくるとぶち上げたのだ。

 雄安新区は今年秋に任期の折り返しを迎える習氏の実績づくりの側面が大きい。一方、曹妃甸工業区を推進してきたのは、習派とライバル関係にある共産主義青年団(共青団)出身者グループをまとめる胡錦濤前国家主席だ。プロジェクトの優先順位が一層下がるのは想像に難くない。

 ただ雄安新区は水源不足の懸念もあり、立地への疑念は根強い。海外の華字メディアは、伝統的な風水を基に場所が選ばれたと報じて議論を呼んだ。

 ある中国人教授は声をひそめて言う。「政権のメンツをかけて雄安新区への投資を集中させるだろうが、指導者が変われば、“第2の曹妃甸”になりかねない」
                   ◇
 この企画は伊藤俊祐、河崎真澄、西見由章、三塚聖平、矢板明夫が担当しました。

㊟素晴らしい記事だ。現地に居るだけに良く調べている。記者としてはこれ以上は書けないのだろう。

 そこは筆者が書く。

 この国には誰でも知っている大河、大地を潤し農作物を育て、動物、人間の飲料水になる命の河(川)、汲み上げる地下水にもなる河(川)、黄河、長江があります。直接目にしたことはありますか?

 日本では見たこともない大きな大きな川です。ですが、ぞっとするどぶ黒川です。

大量の農薬、天文学的量の化学薬品と16億人の毎日の大便、小便、痰、唾,垢等で大地はどっぷり汚染され、雨で地下に浸み込み、やがて川に。

黒色、赤色、黄色、白濁入り混じった水、色の付いた、水とは思えない水が大河となって延々と流れています(これが農業用水、地下水に)。

しかも、二つの河の水位が年々下がり続けています。世界の工場と豪語したことで、全土で途方もない規模で地下水を汲み上げているからです。汚染された地下水をです。
そしてまたその汚染水を化学薬品で汚染を数倍加し、そのまま工場の隣に掘った排水用の人口川に流し、地下水に。

筆者は水の都「蘇州」にも行きました。大気汚染も地下水の汚染もマスコミになど取り上げられる前です。

着いた途端、町全体が異様な悪臭。。。見たら水の都の水が黒に近い色をし、よどんでいるのです。悪臭はその川だったのです。

痰唾吐き散らし、野グソ当たり前の国が何処で狂ったか、大都市の住宅もマンションも生意気にバストイレ付き、外国人専用ホテルもショッピングセンターも、人の居るところ“すべての水”は地下水汲み上げです。

今年早々でしたか。。。「我が国の地下水の90%以上が汚染されている」と政府が初めて認め、発表しました。

 ですから訳の分からない疫病が多発し、原因が分からない障害児が増え続けているのです。(産後医師に処置させたり、一二年して障害発生児は外国人に見えない地区に隔離する)

今や結核感染者・患者は2億人。エイズが1億3000万人、梅毒が8000万人超えと言われる国、それがこの汚物、疫病大国です。
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5479-c39de376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
ニュースの深層 (6027)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR