2017-11

大拡大!!安倍総理へ緊急提言!!総理、政権持続狙うなら政権内の“二つの悪性ガン”の緊急摘出を!!

大拡大!!安倍総理へ緊急提言!!総理、政権持続狙うなら政権内の“二つの悪性ガン”の緊急摘出を!!

“二つの悪性ガン”…それを明示する前に重視していただきたいこと。

 安倍総理と一体で全面支持してきた『読売新聞』(売り上げが大きく落ちていますし、私は20年以上前から手にしない)が、10日内閣支持率を、

 支持36% 不支持52%

 と発表したことです。自民党の天敵「朝日新聞」「毎日新聞」より低い数字です。総理としては、後ろから袈裟懸けに切られた衝撃を受けたのでは?

 筆者は、読売新聞のこの裏切りとも思える世論調査には、中曽根大勲位と渡辺恒雄氏の強い意向が働いたと見ます。

老人お二人は自衛隊の存在を国防軍にすることには賛成でしょう。

 ですが、総理の「今すぐにも戦争が出来る国」にするとしか思えない急ぎ過ぎる『憲法改正』に強く反対のようです。

お二人とも72年前のあの悲惨極まる敗戦を身を持って経験しているからです。その老人二人が少し熱めの灸をすえたのではと。。。。

 本論に入ります。

 安倍政権の支持率低下は、総理ご自身の都議選最終日7月1日、若者の整地、秋葉原で
『あんなひとたちに負けるわけにはいかないんです!』の絶叫で都議選を惨敗させたことにあります。筆者は「この演説は大失敗!」と2日の投票日のブログで指摘しました。どのメディアよりも早く。 

しかも、叫ぶ総理の後ろで、

「そうだ!」

 と叫んでいる、“オウム真理教に資金援助していた慎太郎のバカ長男石原伸晃”が下品なツラを晒したことで、、「国民の反感を倍加させた!」とも指摘しました。

 ここからが重要です。安倍総理にここまで言わせてしまったのは“誰か”?。。。二人います。それが“悪性癌”です。先ずはその一つ、今や“官邸の天皇”と呼ばれている菅義偉官房長官です。

もう一人は小泉政権で、

「格差があってなぜ悪い!」

「給料が減ったなら株式投資で儲けろ!」

 とほざき、社会保障ゼロ、いつでもクビ切れる派遣労働者を生産業にまで拡大させ、自分は派遣大手の「パソナ」の会長に就任。年収14億円も手にしている吸血鬼・和歌山ぶらく竹中平蔵です。(顔を見てください。カビが生えたような顔に出自、育ちの悪さが。)

 この小泉平蔵、失礼。竹中平蔵が安倍総理に、

「獣医学部を一つに絞ったことが誤解を招いた。今後はどんどん認可を認めます」

と入れ知恵し、詭弁を弄させたのです。(竹中が入れ知恵した情報はすぐ入りましたから、ブログで公開したのです。S・Tという政治評論家が私のブログを読んでテレビで『・・誰かの入れ知恵だと思います』、だと。こいつもバカ)

 そう判断して話を進めます。

 先ず「官房長官」とは…筆者は昭和天皇陛下の最後の“御前会議”(全大臣を招集し「終戦宣言」を決断した日)の書記官長(官房長官。国会議員ではなく大蔵省官僚から抜擢)でした迫水久常参議院議員の秘書でした。もちろん、終戦から26年後でしたが。
 
間もなく8月15日が来ます。終戦記念日で昭和天皇の”玉音放送“がテレビ等で流されます。

迫水は官房長官時、昭和天皇のこの玉音放送、

≪耐えがたきを耐え、忍び難きを偲び 万世に太平を開かむと欲す≫

の草稿をしたためた一人です。

ですから、迫水議員の色紙は常に「万世太平」でした。おこがましいですが、筆者も物書きに転じて約40数冊発刊された単行本のサインにも、この「万世太平」を使わせていただいています。

最後の御前会議の絵を見ますと、迫水書記官長は閣議に並ぶ大臣の席から一歩外れた椅子に掛けています。立ち位置は全閣僚より一段下であることを明確に示したものです。

戻します。
 現在の官房長官職は、総理のナンバーワン補佐官であり、行政府でのトップ、総理大臣の代弁者・広報役であり、職務はあくまで“閣議の書記役兼進行役”です。全大臣より一段下に位置します。

ですから組閣発表でも、全大臣発表後の最後に名を連ねるのではないですか。

 ところがここ数年の菅官房長官は、職務を超えた、職域を逸脱し閣僚らを部下扱いした言動が目立ち過ぎます。しかも、それを言葉、表情に露骨に出すために、ごう慢が高価なスーツを着たごときに見え出しています。

この傲慢ぶりが官邸筋、自民党議員、霞が関から筆者にまで“菅天皇”という聞き捨てならない言葉が聴こえるようになったのです。

総理も”菅天皇“なる不遜な言葉は既にご承知の筈。菅天皇のがンの進行度は幾つも上げられます。が、悪性に進行したのは、先ず、

総務省事務次官の桜井俊を016年7月の都知事選自民党候補に「俺が当選させる!」と豪語し、強引に担ぎ出そうと画策したこと。

都知事にも自分の意のままの男を据え「東京都。20年五輪も俺が仕切る」と。。。(桜井氏とジャニ事務所との癒着、日テレとの癒着)を、何年も前に筆者に教えられ、それを利用し、今後も支配下に置けると総務省事務次官にしたのだ。

 既報のように、これは強引過ぎた。筆者が櫻井氏本人と総務省へメールであることを忠告したために、90%立候補を決意していた桜井俊氏は真っ青に。。。「息子に迷惑(恥)が掛かる」と辞退。(このメールで野望を潰された菅天皇は怒り狂った情報も「渡邉機関」から届いている)

 都知事選立候補者予想者名がちらほらし始めた時、いきなりフジテレビ「特ダネ」が、前予想者の第4位に桜井俊と大きく取り上げたのも、官邸の圧力だったことが筆者への内部告発で明らかになり、しかも、順位まで指定してきたと。
 これは菅天皇が直接かは明らかではないが、政府認可の公共の電波をこれほど悪用した例は珍しい。極めて悪質。

次がもっとも性質の悪い大疑獄事件が予想された

 「カジノ法案」(IR法案)だ。

驚くのは、この法案が国会に上程される以前に(成立は016・12・2)、菅天皇が自分の選挙区の横浜山下ふ頭に決めてあり、その全ての仕切りを自分の最大後援者で、暴力団密接交際者と噂の高い「藤木グループ」にしてあったことだ。ところがそれがバレてしまった。

 筆者は、

「これは前後最大の疑獄事件に発展する可能性あり!!」

と配信した・

(このブログが効いたのか7月6日号『週刊新潮』で藤木会長は「カジノはやらんと菅に伝えた」と弁明)

 この二つが菅官房長官の癌を“悪性癌”に進行させたのです。今や摘出不可能とも。。。

二つ目の悪性癌。和歌山県“靴屋”の倅の竹中平蔵。

この癌は日本国の癌とも言える。決して忘れないでいただきたのは、平蔵部落は、一年ごとに日本と米国とに住民票を移動し、税金を逃れていたことです。これは悪質な犯罪です。

和歌山の靴屋の小せがれは口先男に成長。あの下品な口から繰り出す詭弁で“経済オンチの小泉純一郎”=数字に弱いバカ“(町村信孝氏の発言)をその気にさせ、やらせたのが『郵政民営化』です。

米国の年次要望書(米政府から毎年届く命令書」には「郵政を民営化しろ」とあり、その目的はハゲタカらが国営の郵政事業を民営化(株式公開)させ、郵貯350兆円と簡保保険150兆円を奪い取るです。いまや郵政事業は赤字に転落し風前の灯火に。

米ハゲタカの指令通り「郵政民営化」を実現した平蔵が次に狙ったのは、やはりハゲタカが恐れた、[日本国と国民の一致団結]の国家制度、精神性を破壊することでした。

米国は日本国の強さは独特の企業の雇用制度にあり1と気づきました。年功序列、厚生年金、健康保険の充実。定年の退職金等の保証があったことで、社員(国民)は、会社、国家に忠誠を尽くし、働くと。

 「このシステムをぶち壊せ!」の指令を受けた竹中平蔵が強引に推し進めたのが、悪名高い社会保障、労働保障の無い『派遣労働』を生産業にも持ち込むことでした。

結果、年収50万円~150万円の派遣労働者が全労働者の40%にまでになってしまいました。

絶対に許してならないのは、竹中平蔵は、その裏で派遣の血を吸うパソナの会長に就任。年収14億円も手にしていることです。

安倍総理は、全労働者とその家族の血の恨みを買っている吸血鬼を「国家戦略特区」の民間議員に起用し、手当をも払っているのです。

 繰り返しますが、この小泉平蔵、失礼。竹中平蔵が安倍総理に、

「獣医学部を一つに絞ったことが誤解を招いた。今後はどんどん認可を認めます」

と入れ知恵し、詭弁を弄させたのです。(竹中が入れ知恵した情報はすぐ入りましたから、ブログで公開したのです)
国家と国民の血を吸う竹中平蔵の犯罪はまだまだ。。。以下、6月16日の日刊ゲンダイの記事をご覧ください。怒りが爆発しそうになります。

「ミスター特区」竹中平蔵氏が諮問会議議員の利益相反

 加計学園問題をきっかけに、国家戦略特区の実態が明らかになってきた。
「岩盤規制の打破」を名目に、仲間内や特定企業に利益を分配してきた疑惑である。それを、わずか4人の閣僚と、5人の民間議員がトップダウンで決めてしまうのだ。


 実に問題の多い制度なのだが、“ミスター特区”ともいえる存在が、東洋大教授の竹中平蔵氏である。


「小泉政権の構造改革特区の時代から、常に特区制度に寄り添い、レントシーカー(利権屋)として暗躍してきた。安倍首相に特区制度を提言した張本人ともいわれ、もちろん国家戦略特区の諮問会議にも名を連ねています」(自民党関係者)


 昨年7月、神奈川県の特区で「家事支援外国人受入事業」が規制緩和された。
その事業者に認定されたのが、大手人材派遣会社のパソナだ。竹中氏はパソナグループの会長を務めている。諮問会議のメンバーが、自分の会社に有利になるような規制改革をし、実際に受注しているわけだ。

「国家戦略特区の正体」の著者で立教大教授の郭洋春氏が言う。

「神奈川県の家事支援外国人受け入れは、これまでにダスキンやポピンズ、ニチイ学館など6社が認定されていますが、パソナは最初から決まっていて、受け入れ予定人数も多い。
李下に冠を正さずということからすると、お手盛り感は否めず、利益相反に見えます。竹中氏は強硬な新自由主義者で、『完全自由競争が最も経済を発展させる』が口癖ですが、実際にやっていることは、コネや肩書を利用した非・自由競争によるビジネスです」


 竹中氏は一体、どういう立場で諮問会議に参加しているのか。学者なのか、企業の代表者なのか。内閣府に質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。 


■与党議員も問題視


 農業特区に指定された兵庫県養父市でも、竹中氏が社外取締役を務めるオリックスの子会社「オリックス農業」が参入している。
この企業による農地所有は加計学園と同様、内閣府が「官邸の意向」をチラつかせて、かなり強引に進めたようで、農水省は不満をため込んでいるという。

今国会で成立の国家戦略特区改正案は、多分に竹中氏の“特区ビジネス”を意識したものだ。民進党議員が「竹中外しの声は与党からも上がった」と明かす。


 改正案の付則には、

「民間議員が私的な利益の実現を図って議論を誘導し、または利益相反行為に当たる発言を行うことを防止」
「民間企業の役員等を務めまたは大量の株式を保有する議員が、会議に付議される事項について直接の利害関係を有するときは、議決に参加させない」
と明記された。特区ビジネスで私腹を肥やしてきた政商への退場勧告といえる。

 安倍総理、もう三年。五輪後までという強い信念をお持ちのようですが、それまで体が持たず麻生副総に禅譲されるでしょう。が、この二つの悪性癌を今日、明日にも摘出しないと病魔が退陣を早めますよ。

本日の最後です。ヒトラーそっくり顔の小泉進次郎を閣僚に起用しないことは良い事です。起用していたら必ず寝返ります。北の血ですから必ず!!

しかも、メディアは人気者と煽りますが、それがカラ人気なのは先の参議院選の結果でも明らかでした。

声を大きくして「農協改革」を叫び、参議院選挙で農業県東北各地を応援に回り、結果どうでした?惨敗じゃないですか?

今回の都議選でも進次郎が応援した候補は軒並み落選です。反自民の風が吹いていたから?それを跳ね除けるのが本当の人気なんです。

また、進次郎は父親と似て、経済はまったく無知です。ようするに数字、数学の知能が低いんです。外交知識もゼロですよ。

今後、進次郎の顔がヒトラーそっくりと国民は気付きます。そう、菅天皇もヒトラーそっくりです。ネットで検索してください。

なぜ今、ヒトラーそっくり男が自民党に二人も登場したのか?前途を予兆される。。。
スポンサーサイト

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

コメント

首相の言い方に引っかかっていた。小泉平蔵の入れ知恵だったのか。やっぱりだ。特区に農民工を派遣するのか腹黒政商め。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5452-ee7a41c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
ニュースの深層 (6027)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR