2017-08

政府が方針転換し、法務省は徹底的に取り締まれ!!

政府が方針転換し、法務省は徹底的に取り締まれ!!

“偽装留学生”の駆け込み寺!「悪質日本語学校」の実態 不法就労黙認など不正行為も横行
夕刊フジ

 コンビニエンスストアに飲食店…。労働現場で見かける外国人の姿はいまや珍しいものではなくなった。

人口減少にあえぐ日本を支える貴重な戦力となっている一方で、労働市場に紛れ込む“偽装留学生”の存在も問題視されている。
そして、彼らの脱法行為を助長しているとみられるのが、「教育」の看板を悪用する「悪質日本語学校」である。
東南アジア諸国での留学ブームに乗って日本語学校の数が今年、過去最多を更新した一方で、「悪質校による不正の事例も目立ってきている」(法務省関係者)というのだ。(社会部 安里洋輔)


 ■実態は偽装留学生の駆け込み寺


 「学校とは名ばかり。実態は、出稼ぎ目的で来日する偽装留学生の駆け込み寺のようなものだった」


 警視庁幹部は、4月に同庁が摘発した事件についてこう振り返った。


 入管難民法違反(資格外活動幇助=ほうじょ)の疑いで逮捕・起訴されたのは練馬区の会社役員の男(53)。


 捜査関係者によると、男は東京都豊島区東池袋で日本語学校を運営。昨年11月、この学校で20代の中国人男子留学生を社員として雇用しているように偽装し、在留資格を「留学」から就労が可能な資格に不正に変更するのを助けたという。


 男は平成24年4月から昨年6月まで、同様の不正行為を繰り返していた疑いがあり、「報酬として1人当たり60万~100万円を受け取っていた。これまでに60人以上から計5300万円以上を得ていた」(警視庁幹部)とされる。


 「不正に在留資格を変更した外国人留学生は、男の学校で『身分』を買い、首都圏の居酒屋やコンビニなどで働いていた」(同)。


 昨年11月には、群馬、栃木両県警が、留学生を違法に働かせたとして入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、栃木県足利市の日本語学校を摘発した。


 この学校は27年9月~10月、生徒だった20代のベトナム人男子留学生2人を系列の労働者派遣会社で雇用し、違法な長時間労働に従事させていた。


 ■留学ブームで日本語学校数は過去最多に


 続発する「悪質日本語学校」による不正行為。


 背景にあるのは、日本語学校の急増だ。そもそも日本語学校とは、学校教育法に基づいて定められた大学や専門学校のような教育施設とは別に、法務省の告示を受けて設置される日本語教育機関を指す。


 法務省によると、学校数は27年に、2年の統計開始以来初めてとなる500を超えて522校となった。翌28年には568校で過去最多を更新。今年はさらに増え、3月末の時点で606校に達した。


 「ベトナムやネパールなどの東南アジア諸国では日本への留学がブームとなっている。政府が留学生の受け入れを拡充していることもあり、日本語学校の学校数は7年連続での増加となった」(法務省関係者)。


 ただ、乱立する日本語学校の一部では留学生の不法就労を黙認するなどの不正行為も横行している。


 先に挙げた学校のように、留学生を違法に働かせたり、在留資格の不正更新に加担したりするなどして警察当局に摘発される事例が相次いでいるのだ。
「日本語学校の粗製乱造が不正の温床になっている側面もある」と入管関係者は指摘する。


 ■悪質校増加の背景に政府の方針?


 悪質な日本語学校が増える背景として、政府の方針との関連を指摘する声もある。


 政府は20年、当時14万人台だった留学生を32年までに30万人に倍増させる「留学生30万人計画」を発表。
これに伴い22年には、「就学」と「留学」の在留資格の「留学」への一本化や、留学生の就労時間を「週14時間」から「週28時間」に倍増させる法案を盛り込んだ改正入管法を施行させた。


 在留資格の取得条件も緩和され、受け入れの間口を広げたことが留学生数の増加につながった一方で、就労を目的とする“偽装留学生”の流入も増えたものとみられる。

 先の入管関係者は、「悪質校を排除するためには、法務省による告示条件の厳格化やチェック体制の強化などの対策を講じるべきだ」と指摘している。

㊟法務省は徹底取り締まりを!!政府は留学生の受け入れを方針転換しないと外国人(特にゴキブリと蛆キムチ)犯罪が急増するぞ。

 ゴキブリと蛆キムチが増えるだけで街が汚くなり、原因不明の病気が日本人にまで感染するのだ。

 このままにして置くと筆者がどこかの政党を動かし国会で追及させるぞ。そうなったら責任を取らねばならんことに。急げ法務省!!
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

金田法相

この人の目つき異常

日本持ち出し保険ツアー規制せず

貪欲なゴキブリと蛆キムチの職安ではないか。日本人の英会話学校の留学に、日本のような便宜はない。ザル受付、ゴキブリ国でも返されるひどさ。日本出稼ぎ駅前留学、通りの裏にも塾のような学校が並んでいる。地方も今や売り手市場、やり手の害人派遣学校はブローカーから金を取る。偽造手数料、入学、就職、二重、三重、何重取りか。金の返せない害人、手っ取り早く犯罪に走る。上手くやる害人最後は帰化してもとを取る。経験がネズミ講になっている。料理人の話し、数週間から数ヶ月練習して、日本に送り出しす学校がある。中華は、味が濃くて油まみれで、炒めたらゴキブリ以外は分からないそうだ。安いランチ食う気はしないね。台湾人が台湾料理偽装が増えていると。昔は、インド料理はパキスタンとバングラデシュ、もうオレの国の料理はネパールが9割、インド人がインド偽装だと怒る。インドで中国人と同じやり方で研修日本に送り出している。油と辛さで、日本人はこちらも分からない。ビラ配りの男は一年、半年もせず次々と変わる。。。。。。

コンビニ特区

NHKニュース、都内の専門学校と留学生アルバイト確保の合同説明会。豊島区、小池都知事の選挙区で昨年から定期的に開かれている。今回はベトナム、ミャンマーが中心。中国人の多い場所だが、不払い中国人オーナーはいないか。ブラック業界だけに不法就労は多いだろう。日本語はまったくうまくないですが頑張りたい、、、希望者もオーナーもコンビニも客をなめてないか。日本のウワサは国でも知られてるか。安易な留学生の受け入れ、アジア人の研修、留学から難民パターンも増えてると聞くが大丈夫なのか。コンビニの募集、NHKが、留学移民の誘導をやっているように見えてしまう。万国のインターナショナルNHKにふさわしいか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5185-6f63d64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5595)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR