2017-08

チャイナマネーで保釈金「80億円」…殺人容疑の31歳中国籍女、米裁判所に納付


チャイナマネーで保釈金「80億円」…殺人容疑の31歳中国籍女、米裁判所に納付
産経新聞

釈保証金として裁判所に納付したとみられる米カリフォルニア州ヒルズバラの豪邸。資産家の子女「富二代」だけあって、乳母や家政婦、庭師を雇って暮らしていたという(AP)

 減速ぶりが目立つ昨今の中国経済だが、ある意味チャイナマネーの“底力”を久々に見せつけたニュースといっていいだろう。舞台は米国。しかも殺人事件というから、穏やかな話ではない。

元恋人を殺害したとして逮捕された中国籍の女が、まれに見る高額な保釈保証金を払って保釈されたのだ。その額は実に7000万ドル(約79億3600万円)。事件の“本筋”をよそに、世界に波紋が広がっている。

日本での最高額の4倍近い巨額納付

 逮捕されたのは、中国籍の女、ティファニー・リー容疑者(31)。昨年4月、米カリフォルニア州で元恋人の米国人男性を殺害した疑いがもたれている。

 この米国人男性との間には子供が2人おり、実質は夫婦関係にあったとみられる。リー容疑者は新しい恋人や仲間の男らに男性の殺人を指示した主犯格とみられているが、無罪を主張している。

 裁判所が保釈保証金を3500万ドル(約39億6800万円)にすると決定したところ、リー容疑者側は不動産での納付を希望。カリフォルニア州法の規定に基づき、2倍の7000万ドル(約79億3600万円)相当の不動産で支払っって保釈されたという。

 ちなみに日本の保釈保証金で史上最も高額だったのは20億円。食肉卸大手「ハンナン」グループによる牛肉偽装事件で、詐欺罪などに問われた浅田満・元会長=懲役6年8月の実刑判決が確定=に対する大阪地裁の決定だった。2014年、浅田元会長は20億円を納付して保釈され、世間を驚かせた。

 それをはるかに上回る巨額の保釈保証金を、30代のリー容疑者はなぜ支払うことができたのか。

実家は北京の“不動産王”

 AP通信によると、リー容疑者は北京生まれ。実家は高層ビルなどの不動産建設と投資で財をなし、1992年に一家そろって米シリコンバレーに移住してきた。
租税回避地(タックスヘイブン)で知られるケイマン諸島にも資産があるというが、その額は明らかになっていない。

 移住した当時6~7歳だったリー容疑者は、地元の名門私立学校に進学。サンフランシスコ大学で経営学の修士号を取得した。

 米国人男性と出会ったのは、23歳のときだった。ほどなく、母親がカリフォルニア州の高級住宅街ヒルズバラに建てた豪邸で同棲を始めた。乳母や家政婦、庭師を雇う豪勢な暮らしぶりだったという。

 この豪邸が、保釈保証金に充てられた不動産とみられている。

 一方、米国人男性は大学を中退。詐欺と窃盗の罪で有罪判決を受けた過去もあって仕事は見つからず、リー容疑者の母親に学費を負担してもらい、料理学校に入り直していた。
 事件の発端は、こうした2人が子供の親権をめぐって争ったことにある、と米メディアは報じている。

「富二代」

 だが、米国に拠点を置く中国語ニュースサイト「多維新聞」などの中国語系メディアは、奔放なふるまいで世間を騒がす資産家の子女「富二代」にリー容疑者が当たるとして、一族のルーツを探る報道に余念がない。

 実は、検察当局も容疑者一族の“富の力”に懸念を抱いていた。保釈中に身元を偽って中国に逃げ戻ることも、この一族なら可能ではないかとして、保釈決定に抗議したのだ。

 もちろん逃亡すれば保釈保証金は没収される。が、そもそも米国に住み続けるつもりがなければ、現金の代わりに納付した豪邸を返してもらう必要はない。
 果たしてリー容疑者の思惑は、どこにあるのだろうか。

㊟米国政府もこんなゴキブリ女は静かに処分してほうがいいですよ。
スポンサーサイト

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/5157-0ed49303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)
ニュースの深層 (5577)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR