2017-09

小池氏「国政進出」を警戒=都議選・衆院選のダブル論も-与野党


小池氏「国政進出」を警戒=都議選・衆院選のダブル論も-与野党

時事通信
 小池百合子東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の「国政研究会」に与野党が警戒を強めている。小池氏が国政進出に向け動きだしたとの見方からだ。

自民党内では、影響力をそごうと、7月の都議選に衆院選をぶつける「同日選」論も飛び出している。

 「目に余ることが続けば、党として毅然(きぜん)たる方向を打ち出さなければいけない」。自民党の二階俊博幹事長は10日の記者会見で、国政進出をにおわせながら、都議選に独自候補擁立を進める小池氏を強くけん制。

一方、小池氏は同日の会見で「一気に国政というのは体力的にそう簡単ではない」と政界の観測を打ち消してみせた。

 小池氏が都議会で「抵抗勢力」と見立てる自民党は、先の東京都千代田区長選で惨敗。今のところ小池氏の勢いに変化がなければ、自民党は都議選でも苦戦するというのが与野党の共通認識だ。

 小池氏が次期衆院選に全国規模で候補を擁立すれば、「台風の目」になるとみる向きは少なくない。そうなると最も影響を受けるのは、小選挙区に多数の現職を抱える自民党の可能性が高い。

 「都議選に勝った勢いで衆院選に打って出て来られたら苦しい」。同党のベテラン議員からはこんな悲鳴が漏れる。衆院選で大きく議席を減らせば安倍晋三首相の責任論にもつながりかねない。

 こうした事態を回避しようと自民党内でささやかれているのが、都議選と衆院選の同日選論だ。小池氏側の国政への準備が整わないタイミングを狙うととともに、国民の関心を衆院選に集めて同氏の存在感を薄める思惑がある。同党都連幹部は「(同日選は)選択肢に入ってくる」と語った。 

 その場合、公明党は踏み絵を踏まされることになる。同党は都議選では自民党と手を切り、小池氏側と相互推薦する方針だが、連立を組んでいる以上、衆院選で敵対するわけにもいかない。

自民党内の同日選論には公明党への「警告」の意味合いもあるとみられるが、都議選と国政選挙の近接を嫌う同党の反発は避けられそうにない。

 深刻なのは民進党だ。都議選で「1桁台」との悲観的な見方もあり、公認候補が相次ぎ離反。国政レベルで追随する動きに神経をとがらせる。
「東京や首都圏の議員は『小池旋風』で簡単に吹き飛ばされる」。同党ベテラン議員は危機感を隠さなかった。

㊟さてさて。。。大変面白くなって来たようだ。共産党一党独裁の中国、プーチン独裁のロシア、金三代目の独裁北朝鮮は腐敗するのは当然だが。民主主義国家も一つの政党政権が長くなると膿んで、腐っていくもの。

 それが森友学園国有地払い下げ問題だろう。筆者のように正義感が人一倍強い男でも権力を長く手にしていたら周囲が見えなくなっているだろう。

 例えは違うが、権力とは言えないが、筆者の処女作は名のあるダイヤモンド社から発刊された処女作は『田中真紀子が翔ぶ』だが、初犯から2万5000部だった。

当時に発売日、発売直後には朝刊全紙、夕刊全紙に大きく広告も掲載された。増刷も毎週重なり、印税もどんどん振り込まれた。
次作が『上祐史浩・亡国日本に咲いた芥子の花』(鹿砦社)これもスポーツ紙、夕刊紙を賑わし売れた。

三作目が『田中真紀子はなぜ人の心を掴むのか』(日本文芸社刊)。次いで『この国の恥ずかしい人々』(日本文芸社刊)。すべて初犯2万5000部。

これが續いたから、どの出版社も初犯は2万5000部なんだと思ってしまう。
だから新しい出版社から執筆依頼が来て、

「先生、初犯1万5000で如何でしょうか?」

と言われた時に驚き、

「僕は2万5000からでないと書かないよ」

 と口にしていた。

 困った顔をしたその社員は、初犯2万5000部からでOKとなった。これが当然だった。

 ところがある日、一般新聞社の親しい記者が遊びに来て、近所の小料理屋で酒を酌み交わしていて、この初犯話になり、その記者が筆者の初犯2万5000部に驚き、、

「どの出版社も初犯3000ですよ。驚きました」
 と。

 これには筆者の方が驚いてしまった。その後、何人かのマスコミ友人にこの話をすると、その記者の話が正しいと。。。

 ま、それ以降も初犯2万5000で次つぎ出版され、毎年2冊、多い時は一年に4冊の単行本を発刊した(この時は、さすがに血圧が異常に)

それに慣れてしまい。出版社が筆者の言う通りになっているから、自分では普通のことになってしまう。これが驕りなのだ。

(現在アマゾンから発売されている『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』は、内容が内容だけに一流出版社がビビッてしまい、グッドタイム出版になった。)

権力と言うものを手にし、慣れてしまうと怖い。それがいま安倍政権に出て来たのでは。。。ました、その官房長官の菅義偉氏も“菅天皇”などと陰口されるようになって。。。なるほど“高価なスーツ”で会見している。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイトダブル市場の動向次第ナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4928-d933d8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5765)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR