2017-09

何だか怖い!AIで雇用崩壊 井上智洋氏「30年後働けるのは人口の1割」


何だか怖い!AIで雇用崩壊 井上智洋氏「30年後働けるのは人口の1割」
日刊ゲンダイ

 人工知能(AI)に関するニュースが流れない日がないといっていいほど、その進化には目を見張る。中でも気になるのは、人間に匹敵する高度な知性を持つAIが近い将来、人間の仕事を奪い、失業者が続出するという予測である。
この分野を最先端で研究する駒澤大学経済学部講師の井上智洋氏は、「雇用大崩壊が目の前に迫っている」と断言する。


――AIが人間の仕事を奪う時代がもう来ています。


 すでに米国では、AIがコールセンター係、経理係などの仕事を次々と奪い始めています。日本でもこれから、競争が激しい業界を中心に、積極的にAIが導入されていくでしょう。今、普及しているAIは数値の処理や事務作業を得意としていますから、証券トレーダー、旅行代理店スタッフといったホワイトカラーは危ない。失業に備えておいた方がいいかもしれません。

――今はまだAIを脅威に感じていない人も多いと思います。


 昨年、米グーグル社が開発した囲碁AI「アルファ碁」がチャンピオンを打ち負かして注目を集めました。あれは、大方の専門家が「人間に勝利するにはあと10年かかる」とみていたものを、「アルファ碁」が一気に短縮してみせたのです。AIの世界は予想を上回るものすごいスピードで技術が進化しています。あと20年もすれば、「ドラえもん」のような人並みに振る舞えるAIが搭載された「汎用ロボット」が誕生している可能性があります。

――まったく想像がつきません。


 原初的な汎用ロボットなら、すでに存在しています。自動掃除機「ルンバ」を開発したAIの研究者が設立した会社が作ったロボットは、人間の作業をまねして自分で学習します。いきなり「猫型ロボット」が実用化されるのではなく、まずAIを搭載した小さいネズミ型ロボットから始まると言う研究者もいる。それが軍事用や調査目的に使われ、AIが自分で自分たちの研究費を稼ぎながら、進化していくことになるかもしれません。AIを搭載した犬型ロボットは、盲導犬などに転用できるでしょう。そこから猿、人と進化していく。哺乳類の進化と同じような軌跡をたどるかもしれませんね。

■通訳、翻訳家、ホテルマンは仕事を奪われる

――AIが人間の“商売敵”となるのは具体的にいつごろですか?


 すぐ目の前に迫っています。AIを搭載した賢い機械「スマートマシン」が3年後くらいから普及し始めると予想されています。具体的には、自動制御できる無人ドローンが配達員の仕事を奪ったり、自動運転車がバスやタクシー運転手に取って代わろうとしています。
電気使用量をチェックする「検針」の仕事は、自動で使用量を計測する「スマートメーター」が全家庭に普及する2020年ごろに確実に消滅します。理髪師、皿洗い、バーテンダーなど他の肉体労働も、自動化により減っていくという予想もなされています。

――雇用崩壊に向かってまっしぐらというわけですね。


 2025年ごろになると、言語の意味を正確に理解できるAIが登場し、通訳や翻訳家、ホテルマンといったコミュニケーションを必要とする仕事が脅かされるようになるかもしれません。
そして、AIは2030年ごろまでに爆発的に進化し、人間と同様の振る舞いができるようになるという予測があります。そうなるとあらゆる仕事をAIに奪われることになり、2045年ごろには全人口の1割しか働いていないとしても不思議ではありません。

――農業などの第1次産業は、どんな時代になっても必要な気がします。


 なくなることはないにしても、限りなく人手を減らし、自動化が進んでいくことになると思います。今もイカ釣り漁の漁師は“ひとり船長”が増えています。魚群探知機で群れを探し、自動的にイカを釣り上げるシステムが普及しているからです。

「価値判断」を下す必要のある仕事はなくならない

――AI失業時代を生き抜くためには、どんな仕事を選べばいいのでしょうか?

 人間が最終的に価値判断を下さなければならない仕事はなくなりません。ホワイトカラーだったら、商品開発や研究開発などクリエーティビティーを伴う職種は残る。
肉体労働も介護、看護といった、判断を下さなければいけない仕事は必要とされるでしょう。ヨガ講師やパーソナルトレーナーといったインストラクター系の仕事も残ると思います。


――これから就職活動する学生は、氷河期どころじゃありませんね。


 まず、資格に頼ろうとしないこと。学生はとかく会計や語学などの資格系に走りがちですが、数年後には自動翻訳、自動通訳が当たり前の時代になり、せっかく習得したスキルが全く役に立たなくなる可能性が高い。
先ほどもお話ししたように、これからは「価値判断」が重要になります。どうせなら、美術館に行ったり、読書をしたりして、目を養い、教養を高め、感性を磨くことに時間を費やした方がいい。AIを開発したり、AIを使いこなす側に回るためにプログラミングを学習するのも、有効な手だてかもしれません。

■大量失業時代に備えてベーシックインカムを導入せよ

――AIに仕事を奪われる9割の失業者は、これからどうやって生活すればいいのですか。

 確かに、今の社会環境では、失業はとてもつらい。離婚より失業の方が人間の幸福度を下げるという調査結果もあるほどです。
“AI失業”が急増すると、今の失業保険や生活保護では対応できず、極端な言い方をすれば、全ての労働者が飢えて死ぬ可能性すら出てくる。それに備えるため、私は今すぐにでもベーシックインカム(BI)を導入すべきだと提唱しています。


――「働かざる者食うべからず」の考えが広まっている日本ではBIの導入に抵抗がありそうです。


 BIに対し、「働かない人が増える」といった批判がしばしばありますが、そうなるか否かは給付額によります。確かに今の経済で月40万円も支給したらニートが急増するでしょう。しかし、月1万円から始め、7万円程度で固定すれば、会社を辞めようとする人はほとんどいないはず。BIには貧困に対処する社会保障制度機能のほかに、「過労死防止」の効果もある。そもそも、これからAIの台頭によって「働かざる者」が確実に増えるのだから、従来の固定観念にとらわれずに物事を考えるべきです。

――人間から仕事を奪うことになるAIが、いずれSF映画のように、人間に危害を加えることにならないか、ちょっと不安です。

 マイクロソフト社のビル・ゲイツ元会長やホーキング博士などは、“機械の反乱”について懸念を示しています。最近、私もAIを搭載した機械が暴走し、人間に危害を加える日がいずれ訪れるかもしれないと考えるようになりました。それは、囲碁AI「アルファ碁」が“囲碁に勝つ”という主目的のほかに、“戦略を立てる”という副目的をつくっていることを知ったからです。

――それの何が危険なのですか?

「クリップ・マキシマイザー」という有名な仮説があります。“クリップを製造する”という主目標が組み込まれたAIが、目標を遂行しようとするあまり、地球全体をクリップ製造工場に変え始めるかもしれない、というシナリオです。
奇想天外に聞こえるかもしれませんが、AIが目標達成の手段として、人間の価値観に反することを行ってしまう可能性はあり得ると思います。もっとも、AIが暴走を始める前に、テロリストなどがAI搭載マシンを悪用して人間に危害を加える方が先のような気がします。

(聞き手=本紙・岩瀬耕太郎)

▽いのうえ・ともひろ 慶大環境情報学部卒。専門はマクロ経済学、貨幣経済理論。人工知能と経済学の関係を研究するフロンティア。著書に「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」(文春新書)など。

㊟怖いとしか。。。が、これは現実になるだろう。あなたはどうします?私は自死します。もう決めていますから。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイト急いだソニーアイボよみがえりナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4884-6639f7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5759)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR