2017-08

ASKA「尿検査要請に妻が激怒…」明かされた“緊迫の捜査現場”

ASKA「尿検査要請に妻が激怒…」明かされた“緊迫の捜査現場”
女性自身


「主人はそんなこと、やっていません!」

11月25日、目黒区内にあるASKA容疑者(58)の自宅居間では洋子夫人(61)の悲痛な声が響いていた。


この日、ASKA容疑者本人からの『盗聴・盗撮されている』という110番通報を受けて碑文谷署から2人の捜査員が自宅へ直行。

そこで不審に思った捜査員が任意で尿検査を求めたところ、冒頭のシーンとなったのだ。


「最初はASKA容疑者の隣で捜査員との会話を聞き入っていた洋子さんでしたが、“尿検査”という言葉には強い口調で抗議したの。

洋子さんは釈放後の夫を“健康な体を取り戻すまで家族で支えます”と約束していましたからね。

しかし、3日後の28日に出た検査結果は“陽性”でした。洋子さんは、ひどく取り乱していたと聞いています」(捜査関係者)


来年4月には結婚30年の“真珠婚”を迎えるはずだったASKA容疑者と洋子さん。

2人には元ミュージシャンの長男(28)と元シンガーソングライターの長女(27)がおり、14年9月の有罪判決の後も家族で更生を支えてきた。そんな家族を裏切る2度目の逮捕だった。


 振り返れば、家族にとって苦悩の1年だった。ASKA容疑者は1月にブログを開設。だが支離滅裂な内容だったため家族は、東京・八王子市の病院へと強制入院させている。


「洋子さんが“夫をここで更生させなければダメ”と心を鬼にして行ったものでした。

しかしそんな思いとは裏腹に、ASKAさんは洋子さんや家族を恨んだ。

それでも洋子さんは夫の更生のため、事件と関わりがあった場所を“処理”。

昨年は札幌のマンションを売却していましたが、それに続いて夫の書斎も改装。さらには夫に代わって一家を支えられるように、彼女が社長を務める会社の事業拡大の手続きも進めていたのです」(知人)



 洋子さんは’02年に個人会社を設立。ペットのアロマセラピーや講演、飲食業経営などを業務内容としていた。

しかし今年3月、彼女はその業務内容にホテル・旅館の経営やホテル・旅館の運営オペレーションなどを加え、ホテル観光業に進出することを目指していた。


「洋子さんはアナウンサーでしたから人脈も広い。長女もASKAさんの薬物疑惑が出たことでシンガーソングライターの仕事を辞め、高級ホテルのスタッフとして務めていました。ホテルの知識はそのとき学んでいたと思います。


さらに長男も母親といっしょに弁護士のもとを訪れ、父の更生計画を相談。その合間に妹の送迎もこなすなど、奔走していました。そうして家族みんなでASKAさんが回復できるよう準備を進めていました」(音楽関係者)


 しかし今年5月になるとASKA容疑者は実家の父に頼み込み、八王子の病院から強引に九州の病院へと転院。

そこで1カ月ほど過ごすと、6月には退院してしまった。また退院からほどなくして今度はブログを再開。アルバム制作にも乗り出し、福岡と東京を往復するようになった。都内の家を出て、高級ホテルへと入り浸るようになっていったという。


「奥さんは今年7月に自宅近くのマンションを約5500万円で売却しました。この部屋はASKAさんが家族と離れて音楽制作をするために使っていた場所。


『夫を薬物から断ち切らせたい』と考えた末に処分したのです。しかしその結果、ASKAさんは福岡やホテルに逃げ場を求めるようになってしまった。

彼女は『家族がどれだけ頑張っても、彼を立ち直らせることができなかった』と悲しみに暮れているそうです。心が折れてしまったいま、離婚という決断は避けられないかもしれません」(前出・音楽関係者)


 事業拡大へと動き、不動産も処分していた洋子さん。奇しくもそれらの行動は、今となっては“離婚”という最後の決断を下すための環境を整えるものとなった。


「ASKA容疑者は執行猶予中の身でありながら逮捕されたので、前回下された懲役3年の刑に服さなければなりません。

また今回は1年6月ほどの実刑判決が下されるでしょうから、合計4年以上の懲役になりそうです。事実上、ASKAさんの音楽家としての復活は絶望的と言わざるを得ないでしょう」(司法記者)


㊟哀れじゃのう。。。
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4673-0d4f27bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)
ニュースの深層 (5577)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR