2017-08

“大統領を殺す国”韓国-自殺、暗殺、死刑判決…歴代大統領はなぜ悲惨な末路をたどるのか 映画「弁護人」が物語る


“大統領を殺す国”韓国-自殺、暗殺、死刑判決…歴代大統領はなぜ悲惨な末路をたどるのか 映画「弁護人」が物語る

 韓国の第16代、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(1946~2009年)が、政治家になる前の半生を描いた韓国映画「弁護人」が公開されている。

高校卒業後、独学で弁護士となり人権派として活躍。その後、政治家に転身し、大統領となるが、退任後、親族の不正疑惑が浮上、崖から飛び降り自殺する。

韓国では退任後、自殺や暗殺、投獄-という悲惨な末路をたどる大統領が少なくない。
なぜ韓国の大統領は栄枯盛衰を絵に描いたような人生を歩むのか? この映画はその謎を解く一つのヒントを与えてくれる。(戸津井康之)

朴槿恵大統領は…

 「実は彼は死去後も韓国で多くの国民から親しまれています。なぜそんなに人気が高いのか、この映画を見て、その理由がよく理解できました」と、

朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」の辺真一編集長は映画の感想を語った。

 辺編集長は2年前に新書「大統領を殺す国 韓国」(KADOKAWA)を刊行。初代、李承晩(イ・スンマン)大統領から、現在の第18代、朴槿恵(パク・クネ)大統領までの各政権を比較分析したノンフィクションだが、その内容は衝撃的だ。

辺編集長はこう書いている。
「実は韓国の大統領のほとんどすべてが、退任後、在職中の『罪』を問われ、亡命、隠遁、逮捕、死刑宣告といった『罰』を受けている」と。

そしてこう結ぶ。
「これほど光と影のコントラストがくっきりとわかれる権力者ばかりが続く国はそうはないだろう」

 韓国史上初の女性大統領として期待された朴槿恵政権も側近の逮捕で支持率は低下。まだ在任中にもかかわらず、歴代大統領の退任後の末路とが重なって見えてくる。

韓国初の庶民大統領だった-自殺した盧武鉉大統領、死後も人気が高い理由

 映画「弁護人」では、なぜ盧武鉉氏は弁護士から政治家へと転身し、大統領を目指したのか、その転機となる事件が描かれる。

 1970~80年代、軍事政権下の韓国では、国家保安法違反の容疑で、多くの学生たちが不当逮捕された。

そして81年、全斗煥(チョン・ドゥファン)政権下、釜山地域の民主勢力を圧殺するために19人の学生たちを令状なしで逮捕する「釜林(プリム)事件」が起こる。

商業高校を卒業した盧武鉉氏は税務関連の弁護を専門にしていたが、この事件で学生らの弁護を引き受けたことをきっかけに国家の不正と戦う人権派に転身、政治への関心を強めていく。

 映画では軍事政権下、仲間の弁護士が次々と国家権力に屈していく中、盧武鉉弁護士が唯一人、最後まで戦う姿が描かれる。
実力派俳優、ソン・ガンホの盧武鉉が乗り移ったかのような鬼気迫る熱演が感動的だ。

 「私は『大統領を殺す国~』の中で歴代大統領を比較検証したが、盧武鉉大統領の評価、採点は決して高くなかった。

この映画を見て大いに反省しています。盧武鉉への評価を再考しなければならないと。韓国は実に惜しい人を失った」と辺編集長は語る。

そして謙虚にこう続けた。「できることなら彼が大統領になるまでの経緯を詳しく書き加えたくなった」

 映画では、高卒で弁護士となった盧武鉉氏は庶民派弁護士として、司法界でもさまざまな偏見や圧力と戦ってきた経緯が描かれる。

「ヨットを持つほど金持ちのくせに…」と陰口を叩かれる場面も印象的だ。彼が所有していたのは競技用ヨット。日本の琵琶湖でのレースなどに参加する屈強なヨットマンだった。

 「盧武鉉は建国から数えて9人目の大統領。それまでの大統領は李承晩、崔圭夏(チェ・ギュハ)ら学者出身と、朴正煕(パク・チョンヒ)、
全斗煥、盧泰愚(ノ・テウ)ら軍人出身と、金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)ら政党ボス出身の三つのパターンしかなかった。

どれもこれも権威丸出しの大統領でした。その点、高卒の盧武鉉はいわば韓国初の庶民大統領と言っても過言ではないのです」
と辺編集長は説明する。そして、盧武鉉氏の人気のもう一つの大きな理由をこう語る。

スキャンダルまみれだが…田中角栄元首相に似ている?

 「彼は『高卒は実力で勝負』と言っているが、その点では日本の元首相、田中角栄氏に似ている。

雄弁家で憎めない大衆政治家という点でもそっくりです。スキャンダルにまみれ、バッシングを受けたまま退任-という憐れな晩年も共通しています。
ところが、奇妙なことに今では盧武鉉は歴代大統領では一番人気で、角栄氏もまた『角栄ブーム』が起きるほど人気を博している。何か魅せられるものがあるのでしょう」

 長らく軍事独裁政権を率いた第5~9代、朴正煕大統領は在任中、暗殺されている。朴槿恵大統領の父である。

 「韓国は今、朴槿恵大統領の機密漏洩事件で揺れているが、こんなときこそこの映画を見てもらいたい。少なくとも韓国の政治レベルは盧武鉉が弁護士だった35年前と今と、さほど差がないことに気づくでしょう」と辺編集長は言う。
 「私たちはいつまでも過去の足かせに囚(とら)われているわけにはいかない」。

盧武鉉氏は大統領在任中、こう主張し訪日の重要性を訴え続けた。2003(平成15)年、
当時の小泉純一郎首相との日韓首脳会談を終え、羽田空港から帰国する際、政府専用機に乗るためにタラップを上がっていた彼は、機体の下で整列し、敬礼して見送る日本の白バイ先導隊員を見つけると、タラップを降りてきて全員と握手した。彼の人柄を物語る瞬間だった。

㊟キムチ国に思い遣りのある人物がいたのか?
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

思い遣りのない宗主国は知っているナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4593-0aba8b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)
ニュースの深層 (5570)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR