2017-08

失言消えないネットの恐怖 全番組降板の長谷川豊アナだけじゃない あびる優、倖田來未…

失言消えないネットの恐怖 全番組降板の長谷川豊アナだけじゃない あびる優、倖田來未…
夕刊フジより

 人工透析に関するブログでの発言をめぐり、全番組を降板することになったフリーアナウンサーの長谷川豊(41)。
彼に限らず、ネット時代は不用意な一言が即炎上となり、ヘタすれば芸能人生命を絶たれるリスクも。過去にもうかつな一言で、仕事を失った芸能人は少なくない。


 タレントのあびる優(30)は2005年2月の深夜番組で、過去に集団万引を繰り返し、店を閉店に追いこんだと発言。犯罪行為をクイズにした番組自体も問題視され、あびるの謹慎にとどまらず、番組も打ち切りとなった。


 「幼少期の駄菓子屋での万引体験を誇張したそうですが、ネット上ではいまだにあびるを検索すると万引と出てくる。昔と違い、発言は一生残ってしまうと考えたほうがいい」(放送関係者)


 ラジオでの発言で風向きが変わったといわれるのが、歌手の倖田來未(33)。08年、自らパーソナリティーを務める番組で、「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくる」と問題発言。


 「エロかっこいいキャラで女性ファンを多数獲得し一世風靡していたのに、一気に女性を敵に回してしまいました。ラジオでの発言でしたが、今はすぐにネットに転載されるので“記録”として残り続けてしまう」(芸能サイト編集者)


 イケメンシェフ、川越達也(43)は自身のレストランを訪れた客が「水1杯で800円とられた」とグルメサイトに投稿したことが騒ぎの発端。


 川越が「いい水を出しているのだから当たり前」などと持論を展開したため、ネット世論が爆発。

「本人はガラスのドアに顔をぶつけて大けがを負ったためと説明していますが、各局とも使いづらかったことも事実。現在でもメディアに出ると、反発の声が上がっています」と民放関係者。


 「SNSなどネット上での発言は、削除してもすでにコピーされていますから、取り消せない。有名人の不適切発言をチェックすることを生きがいにしている人もいるようですから、芸能プロダクションにもタレントの発言を掲載前にチェックする編集者が必要とされる時代かもしれませんね」(前出編集者)

 便利だが、それでいて怖いネット時代だ。

㊟私以外のブログやツィッターなどやっている人は、どうしても過激になりやすい傾向がある。人気を上げよう、ランクを上げようという意識が働くのだろう。

そんなことを意識してしまうと、より過激になってしまうもの。私が初めてブログ「渡邉正次郎のNEWSTODAYを始めたのは、流行り始めの頃、そう、『田中真紀子が翔ぶ』(ダイヤモンド社)、『上祐史浩・亡国日本に咲いた芥子の花』(鹿砦社)を世に問い、夕刊紙、月刊誌、女性週刊誌に連載コラムも持ち、メディアに顔を出し始めている頃だ。
マスコミ関係の友人が勝手に
「正次郎先生、ブログをやったらいいよ」

 と勝手に『渡邉正次郎のNEWSTODAY』のタイトルとロゴを作って来て、半強制的にやらされたのが始まり。

 本も書かなけりゃならない。連載が四本もある。やむを得ず、慣れないPCで気分転換で、世相思うまま書いていただけ。

二日後か、その友人が、
「正次郎先生、凄いよ。さすがだよ。ブログアクセス600超えているよ」

 と驚いたような電話。何のことか解りもしない。興味もなかった。ただ、友人が作って進めてくれた以上、無視しちゃ悪いと、原稿を執筆しながら、気分転換にキーボードに向かっていただけ。

 この頃、連載を持ちながら年に二冊の単行本を書き上げていた(大変なんですよ。一冊書きあげるのは。

それさえ書けない人が圧倒的で、数年がかりで書き上げても出版社が相手にもしてくれないのです。

が、私には次々次々依頼が殺到。一番多い時は一年に四冊の単行本を上梓。この時はさすがに血圧が異常に。

 それでもブログを数年続け、面倒くさいから止め。何年か後、違う友人が、

「渡邉先生。有料ブログを始める会社があるんです。先生の文章なら絶対売れますよ。やりませんか?」
 とやって来た。

 「金になる?」。心が動いた。しかし、その時も大変だった。それが確か“まぐろぐ”とかで、孫正義氏の弟さんの会社だと聞いていた、

カネに目が眩んで開始して、数日後、有料読者が入り出した。その内、右端に私の名前が掲載されているのに気づいた。上から6番目。何だろう?よく見るとアクセスランキングだ。

 それでも無視して続けていた。そしてある日、ランキングを見ると一番上に渡邉正次郎の名があり、頭に星がピカピカ。一位なんだそうだ。それが半年も続いていたのさえ知らなかった。確かにこの頃、毎月10数万円の稼ぎがあった。

それでも私は過激に書いたことはない。私のフィクション小説そのまま、日常会話か、迫水久常参議院議員当時に鍛えた演説口調そのまま綴っていただけ。

 そして何年か後、このまぐろくとかいう会社が、30数万人の個人情報が流出して、会社もブログも廃止。

 それで現在はFC2を利用して、ブログを配信しているのです。現在は、フィクション小説の構想を練っている最中ですので、暇に任せ、怒りに任せブログを書いているんです。

 ただ、お詫びしなければならないのは、投稿いただいた方に、お返事したいのですが、あの欄の書き方が分からなくて、お返事できないんです。ごめんなさい。

ですから、投稿された方のアドレスをそのままコピーして、ブログに掲載し、お返事して、お叱りを受けてしまったことも。

フェイスブックにも大変な数の方がお友達申し込みをされているようですが、やり方が。。。ごめんなさい。



 現在でもそうです。ランクを上げよう、などという意識は微塵もない。思うがまま、世の矛盾、疑問を書き、怒りをぶつけているだけ。ただ、鉄則は、持って生まれた性格で“嘘”は絶対書かないです。

 ですから、政界の事、芸能界の事、裏社会の事等も、事実をそのまま(ただ、政界の事に関しては、異常に強い霊的直感で書きます)。


思い起こせば、『オリコン』編集長当時から、私の文章は業界で常に騒がれていました。ま、売れる曲、売れない曲を見抜く能力は100%的中で業界ナンバーワンでした、霊的な感覚でそのまま書いていました。

 これまで約30冊近い単行本を世に問うていますが、新聞記者の友人たちから、「あなたの文章は面白い。ぐんぐん引き込まれる」と言われたことは何度かありました。が、気負いもせず思いのまま書いているだけです。

 確かに、今思えば、私の単行本は常に初犯が2万5000部でした。無名の男の処女(童貞?)作の『田中真紀子が翔ぶ』が2万5000部でした。

 どの出版社も初版2万5000部でしたから、長い間、すべての出版社がそうなんだと思い込んでいたんです。バカですね。

そしてある日、知人から「どの出版社も初版は3000部だよ」、と教えられ驚いたことが。。。

お蔭でベストセラー(7万部以上。最も売れたのは15万部)は10数冊ありました。

 ここでまた馬鹿を。父の血を引いているんですね。印税が毎月毎月振り込まれるものですから、困っているだろうなと思う教え子や友人に、
「金、困ってるんだろ。来い」

 と。ある年の年末に、目黒からタクシー飛ばして横浜の知人に200万円持って行ってやったことも。

こいつ、その後、私が困っているのに電話も来ません。人間なんてみんなこんなもの。自分を大切にすることです。後悔はしていませんが。

見出しの長谷川君の言葉。彼の言ってることは真実です。
ですが、それをそのまま言葉しては言論人ではありません。だから私は『安楽死法を急げ!』と議員連中に働きかける会話の中で、透析患者のことも話すようにしているのです。
 
 長谷川君は、番組のMCをやっていますから、どうしても視聴率を上げようとするのです。自分のMCの日は視聴率が高ければ仕事が増える、というさもしい根性になるのです。

 長谷川君。君の大先輩の久米宏さんもみのもんたさんも、関口宏さんも過激で視聴率を上げ、長い間、番組を続けていましたか?いますか?

 すべてを反省し、一から勉強し直し、再出発することです。まだ人生は長いのだから。

 
 
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

長谷川アナウンサー人生は長いいいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4478-1475d054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (90)
ニュースの深層 (5574)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR