2017-10

ゴキブリが日本を乗っ取る日が。。。″万の言葉に真が一つもない“日本に住み着く中国人、80万人超えも時間の問題 爆増する「在留中国人」の裏技(1)


ゴキブリが日本を乗っ取る日が。。。″万の言葉に真が一つもない“日本に住み着く中国人、80万人超えも時間の問題 爆増する「在留中国人」の裏技(1)

デイリー新潮より

「住めば都」とは言うものの、中国人にとって日本は、祖国に比べウン十倍も住みやすい国のはずである。

おかげで、最近日本に住みつく中国人が爆増中。ライターの前端紀嬉氏が、手を替え品を替え在留資格を取ろうとする彼らの驚くべき実態をレポートする。

 今や年間2000万人を超えた訪日外国人の4人に1人は中国人といわれる。彼らが百貨店で「爆買い」する光景も見慣れたものになった。
だが、近頃、観光客ではない、日本に住む中国人がどんどん増えていることを御存知だろうか。

 最近の在日中国人向けフリーペーパーには、関東近郊のお寺で墓石代と永代供養料など、全て込々で55万円なんていう広告が出されている。つまり、“終の棲家”に日本を選ぶ中国人を当て込むほど、中国人が増えているのだ。

 実際、中国人在留者数は、すでに朝鮮・韓国人を凌駕している。1位となった2007年は60万6889人(朝鮮・韓国人は59万3489人)。2014年6月には72万1097人に到達。

在留外国人の総数が268万8288人と過去最高に達した昨年末、中国人在留者数は78万5982人(朝鮮・韓国人は55万3073人)を記録し、80万人を超えるのは時間の問題だ。

 外国人が日本に滞在するには、滞在目的を定めた在留資格が要る。活動内容に基づく「公用」「留学」「興行」「医療」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「技能実習」や、身分や地位に基づく「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」など、全部で27ある。

 中国人在留者の中で最も多い在留資格が、唯一、滞在期間と就労活動に制限がない「永住者」。昨年末で22万5605人と在留者全体の28・7%を占める。

 自由度が最も高い「永住者」は、外国籍ではあるものの、銀行ローンが借りられるなど日本国籍に準じる安定した身分である。

 また「永住者」と混同しがちだが、日本で自由に活動するには、「帰化」という方法もある。

母国の国籍を捨て、日本国籍を取得し、日本人としての法的な権利を有し義務を負う。罪を犯せばムショ行きはあるが、強制退去で日本を追い出されることはない。

 日本で帰化制度が始まった1952年から昨年までで、帰化者の累計総数は53万846人を数える。そのうち中国人の帰化者は13万5954人で、朝鮮・韓国人に次ぐ多数派を占めている。
直近の5年間をみると、毎年2800人~3600人の中国人が新たに帰化している。

■広がる在留の間口

 ドラッグストアで販売員をしている孫紅君(ソン・ホンチュン)さん(41)=仮名=は、語学留学で来日して20年になる。一緒に来日した幼馴染の中国人男性と結婚し、生まれた一人息子は今年高校に上がった。

 孫さんと息子は帰化したが、ご主人は永住者の資格のままだ。帰化すれば、世界のほとんどの国にビザフリーで行けるが、逆に故郷の中国に長期滞在するにはビザが必要になる。

つまり、万が一、帰国せざるをえなくなった場合を考え、ご主人は帰化でなく、永住者を選択した。

 むろん、永住者資格の取得や帰化をするにはそれなりの期間が必要だ。一般的に永住者は10年、帰化は5年継続して日本に居住している必要がある。

 犯罪歴はもちろん、交通違反があっただけで取得は難しくなる。きちんと納税しているなど、日本の利益に資することも認められなければならない。

 ただし、手っ取り早く帰化、永住者になる抜け道はある。日本人や永住者と結婚して配偶者の在留資格を取得すれば、要件が緩和される。だが、それも思い通りにいくとは限らない。

 そこで、彼らはとりあえず日本に入国し、あらゆる手段を使い滞在しようとする。法務省関係者が言う。

「日本政府が推進する『留学生30万人計画』も手伝って、日本への入国、在留の間口は目下、広がっています。

少子高齢化による生産人口の減少を背景に、20年までに優秀な留学生の獲得と在留を目指すこの計画は、留学生の受け入れ体制の整備や卒業後の就職支援を進めている。就労による来日も、原則大卒という要件が、一部の業種では、“専門学校卒の専門士”にまで拡大されています」

■上有政策、下有対策

 要するに、一昔前に比べ、日本への入国は容易になったのだ。後は、何らかの事情で在留資格の更新や切り替えが危うくなった時、中国の諺である
「上有政策、下有対策(政府の政策を、下々が対策を講じて骨抜きにすること)」
を駆使するのだ。

 都内の有名私大に通う王暁波(ワン・シャオポー)さん(27)=仮名=は、大学入学を目的に日本語学校の留学生として来日した。

「国立大学を受験し合格したものの、気が変わり、現在通う私大の再受験を決めた。
しかし、私大の受験日は秋で、在留期間はほとんど残っていませんでした。受かった国立大に入って学費を払うのは馬鹿らしい。一旦、帰国するしかありませんでしたが、中国には戻りたくなくて、父に泣きついたんです」(王さん)

 父親は中国の地方政府の役人。王さんは、留学に合わせて買ってもらった都心の戸建てに住んでいた。父親は、息子が日本でそのまま暮らせるように画策を始めた。その戸建てを仲介した不動産会社の社長に相談するよう指示したという。

「不動産会社へ行くと、社長から、うちの社員になって就労資格を取ろうと誘われました。でも、私は働くつもりはないと断ろうとしたら、給料を返してくれればいい、と言うのです」(同)

 不動産会社の社長は、王さんの在留資格を「留学」から「人文知識・国際業務」(当時)に変更させたのだ。

毎月、20万円の給料から社会保険や所得税などを控除した金額が銀行口座に振り込まれた。彼は給料日の翌日だけ事務所に行き、現金で20万円を返還した。

不動産会社が脱税に問われかねない違法行為だが、彼は希望の私大に合格すると、滞在資格はまた「留学」に戻したという。


㊟正直困っている。実は、読者はご存知ないでしょうが、金儲けになる外国人、特に中国人中心に不法入国に協力している連中に、法務省(公安調査庁等)を定年退職し、司法書士資格を取った連中が多いのだ。


 今春、法務省OBから「久しぶりにに食事を」と誘いを受け銀座で。

三人が待っていた。

「先生、お久し振りで」

もちろん、彼らは現在発売中の『芸能人、ヤクザ、政治家は…』を読んでの誘いだ。


 彼らの上司、現役上層部も官憲も、私が一民間人でありながら、議員を動かし、国会質問をさせ法律を四本成立(一本は改正)させたことも知っている。


新橋に近い、裏通りの居酒屋に腰を据えて、まず再会祝してカンパイ。

 一番年上OBが、

「渡邉先生、今回の『芸能人、ヤクザ、政治家は弱い者イジメが大好き』、凄い迫力ですね」


それを受けた一番若いのが、


「先生の経歴も凄いですよ。私たちには経験出来ない人生なんで」


「…そうなあ。いい人生だったのか。あ、まだ人生が終わったわけじゃないな。私の足を引っ張った連中を地獄に落とすまで死なんよ」

もう一人が、
「先生、政治家ですか?」

と笑いながら訊ねてきた。


「政治家?そんなもの。あ、祖父が北朝鮮人の小泉進次郎など絶対、総理になんかさせんよ。あの野郎、議員になって8年で法律一本作っていないんだぞ。税金ドロボウが!」


年長が、
「防衛庁長官やった純也ですね。鹿児島の加世田朝鮮部落出身で、日本人に“背乗り”して又次郎議員の娘と結婚した…」


「そう、で生まれたのが純一郎だよ。又次郎議員はヤクザだったから純也が北朝鮮人て知ってたから結婚に大反対したんだ。その長男が純一郎だ。しかも親の圧力で入った慶応大学時代に湘南で同級生の女の子を強姦して逮捕されたのは知ってるだろ?」


「ええ」

「先生の今回の本にも取り上げてありました。仰天しましたよ」

 三人揃って頷く。

「ま、今日はこの話は止めとく。酒が不味くなる、ところで。。。」


と中の一人に数年前に耳していた定年後の仕事司法書士を思い出し、

「司法書士の仕事はどう?」


「お蔭様で忙しいくしています。中国人専門なんです」


「オイ」


 私の言葉が途切れてしまった。三人が注視。


「ヤバいぞ。彼らは必ず国内動乱を起こすぞ」


「まさか!先生、本当ですか?」


「間違いない。しかも、不法入国する連中は中国政府が無戸籍の連中に戸籍偽造して送り込んでいるんだ」


「無戸籍って仰いますと?」


「一人っ子政策が約40年近く続いたから、あなたたちみたいにスケベェは二人目三人目を作るし、田舎の家はテレビもない。娯楽はないから夜はsex以外ないんだよ。昔の日本と同じで貧乏人の子沢山。

それに不倫、強姦も日常茶飯事だから次々子供が生まれるけど、役所に届け出ないんだよ。罰金も高いし、役所の連中もそうだから組んでいるんだ。

中国は13億人って公表しているが、戸籍のないのが2億人は確実にいる。外国人から隔離している身体障害者、精神病患者が1億人。計16億人は間違いない。政府は精神障害の無い無戸籍の連中に偽造戸籍を与えて、日本に送り出しているんだ」


「ひどいですね」


「驚きました…参った」


「留学生の学歴も全部嘘だ。知らんのか?」


「え、留学生もですか?」


「中国は陸軍兵80万人リストラしたんだが、その連中に大学在学のニセ証明書を出して日本に送り込もうとしてんだぞ」


「それってヤバいですよ。その連中、軍隊で武闘訓練をした連中でしょ?」


「そう。何を考えているか分かるでしょ。それに江沢民の時代から幼稚園児にまで、『日本、潰せ!』『日本人、殺せ!』ってコブシを突きあげてシュプレヒコールさせているんだ」


「あ、それ何年か前、テレビで観ましたよ。本当だったんだ。そんな教育受けた連中が続々日本に入って来てるのか・・・」


 この日は酒が入ったので途中で止めたが、彼らは仲間が司法書士に相当数いるのを知っているようで、私の話に困惑してしまった。


「・・・拙いですね」

「それにね。中国は結核患者、感染者が1億5000万超えているんだ。エイズが1億3000万人超え、梅毒が一億近い情報もある。その連中が平気な顔で入ってきているんだぞ」

「エエっ!」


「それで日本の風俗嬢にも梅毒が増えているんだ。日本女性大好きなゴキブリどもが札束で『ゴム無しでヤラせろ』でヤルから、風俗嬢まで梅毒になってしまったんだ」

 三人とも絶句。


「それと、言っとくけど、中国人は世話になった人の恩なんかㇸとも思わない人種だ。ヤバくなると必ず裏切られるぞ」


この日は、脅して話を打ち切った。。。、これはハッタリでなく事実です。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

随分前に見た、池袋にあるフリーペーパー、帰化、永住、結婚、、、行政書士の広告で一杯。。。組んでいい金に成るんでしょう。中国語、受付従業員シナ人ですから。。。

留学生だけじゃないです。研修生だって嘘だらけ。偽造賄賂ブローカーに金払っ来てます。役人が偽造してるからわからないです。親戚中に借金してます。逃亡織り込み済みです。中国亜細亜アフリカ日本が入国審査が甘い稼ぎ易い国なってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4305-f4740331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ニュースの深層 (5826)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR