FC2ブログ

2020-09

8嫁にしたくない!!怒れる松居一代 前夫急逝で相続問題勃発、葬儀では騒動も


8嫁にしたくない!!怒れる松居一代 前夫急逝で相続問題勃発、葬儀では騒動も


 松居一代(59才)の前夫で、DCブランド『P』の創業者であるAさん(享年60)の葬儀が、浄土宗大本山・増上寺で4月末に営まれた。
参列者は40人ほど。喪主は、松居とAさんとの間に生まれた長男(27才)だった。


 「三重県の伊勢志摩に旅行中、心筋梗塞で…。急死だったそうです。彼は松居さんと離婚後、内縁の妻がいたんですが、伊勢志摩にも一緒に行っており、ショックのあまり憔悴しきっていました」(Aさんの知人)


 この内縁の妻は、Aさんの葬儀で悲しみのどん底に突き落とされる。引き金を引いたのは、松居の言動だったという--。


 松居とAさんは1986年に結婚し、1989年に長男が生まれた。

幸せの絶頂にいた松居だったが、直後から濁流のごとき人生が始まる。愛する息子は生後20日を過ぎた頃、全身が真っ赤にただれ、24時間激しいかゆみに襲われた。

医師の診断結果は、「重度のアトピー性皮膚炎」。愛息の治療のために日夜病院を走り回る松居をさらに悪夢が襲う。Aさんの浮気が発覚したのだ。

松居は、息子を連れて家を飛び出したが、試練は続いた。


 「Aさんは多額の借金を抱えており、松居さんが連帯保証人にされていたんです。金額は1億7500万円。当時の彼女はストレスのあまり顔面神経麻痺と失語症になったほどです」(芸能関係者)


 6年にわたる泥沼離婚裁判を経て、1996年に松居とAさんは別れた。

2001年に船越英一郎(55才)と再婚した後も夫に頼らずコツコツと借金返済を続け、完済したのは2007年のこと。

足かけ17年という長き“債務者生活”を歩いた彼女だが、皮肉なことに現在、Aさんの死によって再び金銭闘争に身を投じている--。


 Aさんの葬儀で、松居はこんな行動に出たという。

 「Aさんは十数年前にP社の経営権は譲渡しており、今は内縁の妻と一緒に画廊やショールームを手がける会社を経営していました。

松居さんはその会社について“今後は息子が継ぐべき”と話し始めたんです。Aさんが亡くなった今、取締役は内縁の妻ひとり。
そんな会社を息子に引き渡せと言うんですから、あまりに無神経すぎる」(参列者)


 葬儀の最中、松居の言動に耐え続けた内縁の妻だったが、張り詰めた糸は途中で切れた。


 「フラフラとその場に倒れてしまったんです。無理もない話です。ただでさえAさんの死に打ちひしがれている所に、松居さんの発言ですから。後味の悪い葬儀でした」(別の参列者)


 息子の会社相続に息巻いていた松居だが、この時点ではまだ、Aさんの遺産の実態を知らなかった。P社の幹部社員が明かす。


 「実はAさん、会社に対してかなりの借金を抱えていたんです」


 遺産相続は通常、預貯金や不動産、株式、投資信託など、負債も含めてすべての財産が相続人に引き継がれる。内縁の妻とは入籍していないので、法定相続人は松居の息子になる。


 「死後に弁護士を通じて“相続の際、Aさんには負債があります”という通知を息子さん宛に送りました」(前出・幹部社員)


 連絡を受けた松居は激怒した。


 「遺産を受けとれると思っていたら、借金が降りかかるというんですから。“結婚生活であれだけ苦しめられたのに、そんなバカな話があるか”と、松居さんは怒髪天をつく勢いでした」(松居の知人)


 通常、負債の相続を避けるためには、「相続放棄」をするほかない。だが、松居は揺れた。


 「Aさんは創業者として、P社の株も所有していたんです。通常であればこの株も息子さんに相続されますが、相続放棄すればAさんの株も手に入らない」(前出・幹部社員)


 株は相続した後、売却すれば金になる。

株投資で年間10億円を儲けていると報じられる“カリスマ実業家”の松居だけに、前夫の負債と株の売却益を天秤にかけ、おおいに迷ったという。
結論から言えば、松居は相続放棄を決めた。


 「息子さんは船越さんに相談し、“ぼくは何もいらない”と言っていたんです。内縁の妻もいますし、これ以上掻き回すべきではないと船越さんは助言したといいます」(前出・芸能関係者)


 松居はひとまず、前述のAさんの会社の継承も含め、相続に関しては身を引いた。


だが、ただでは引き下がらなかった。松居自身もP社の株を持っており、つい先日、この株を買い取るようP社の会長に迫ったのだという。


 「松居さんの持ち株は、Aさんとの結婚時に譲渡されたものでした。P社は非上場会社ですが、もし上場すれば株は莫大な利益を生む。

彼女は長年これを狙っていたのですが、Aさんの死後、改めてP社の財政状況を調べ、今後株を持ち続けても意味がないと判断したようです。

非常に強引な要求ですが、実はこれまでもP社と松居さんの間では小さなトラブルは多数ありました。
“株主”ということでは対応しますが、それ以外のことでは経営陣も極力彼女にはかかわらないようにしてきたのです。
まあ、そういうかただからしょうがないんですが、今回もいったいどうなるのか不安です」(前出・幹部社員)


 社員一同絶句したという松居の“相対取引”だが、彼女にとって、この株売却はAさんとの完全なる決別の意味合いもあったようだ。


 「今までは“愛息の実父”という事実がありましたが、亡くなってなお子供に負債を押しつけるのであれば、わずかな情も消える。前夫の痕跡をひとつ残らず消し去りつつ、取れる金は取ると。松居さんらしい決断でしょう」(前出・芸能関係者)


 松居の事務所にAさんの死去と相続問題について聞いたが、回答は得られなかった。※女性セブン2016年7月14日号

㊟他人事じゃない。この歳になっても、
「物欲も金銭欲も無く、他人を疑うこともしない」、筆者。

「騙されるのは自業自得。人を疑うことが出来ないんだから当然だろ!」
 と言われてしまえばそれまでだが。。。

 母親違いの京都の長姉に、八王子の次女<父の二度目の妻の子>が筆者に残した全資産(預金貴金属、土地家屋)と、京都・嵐山の亀山御料地の上に建つ自宅<風光明媚の豪邸>)すべて奪われたバカ正次郎。

 それでも争いも裁判もせず。この顔で泣き寝入り。。。読者からは想像も出来ないでしょ?ま、泣き寝入りなんかしません。興味ないんだから。

ですが、女には気を付けんとね。
女はしたたかしたたか。長姉も次女も浅草生まれだ。が、長姉は実母が亡くなり幼い頃になぜか京都へ。60年以上も京で生きていた(?)。

 しかも、生き馬の目を抜く映画業界で、市川雷蔵も勝新太郎も、若山富三郎、田宮二郎らも「お姉さま」と一目も二目も置く存在に。

見るからに優しそうで品が良い。そんな姉が、
「あなたは忙しいんやからお姉さまにまかせておいたらいいんよ。心配せんとき」
 の京言葉に安心しきって任せたら遺産はゼロです。ゼロ、ゼロです。

 あとで八王子の次姉と親しい近所の奥様が、
「お姉(次姉)さまは京都のお姉さまには一銭も上げたくない。東京に、未だ会ったことのない弟がいる。その弟に・・・」
 といっていたそうです。京都の姉には随分ひどい目に遭っていたようでした。

ま、恥はこれくらいにして。
松居佳代さんて凄いですね。砂越栄一郎くんはよく知ってるから…同情はするけど口にしたことはない。
ただ、筆者なら一年持たずに家出します。なんだか一生涯、波瀾万丈のようで。
 “他人の不幸は蜜の味„・・・昔の人はいい言葉残してくれました。アーメン・合掌

忘れちゃいけないこと。「兄弟姉妹は他人の始まり」。昔の人はいい事言いますね。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/4115-ea126b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (13004)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR