FC2ブログ

2020-09

世界一汚い(体も精神も)中国人は今…

世界一汚い(体も精神も)中国人は今…

―中国「愛国者」が日本を貶めるために流した「噂」を検証してみよう=中国メディア
2016-05-26 サーチナニュースより

 ニュースを紹介する前に…江沢民眼鏡ゴリラが1993年3月に国家主席に就任と同時に、中国全土の保育園、幼稚園の幼児たちに義務付けたのが、

「ニホンつぶせ!」
「ニホンジン殺せ!」
 の反日運動でした。

幼い子供たちが毎日、毎日右手を突き上げ大声でシュプレヒコール。徹底洗脳していました。文化的生活など望むべくもない田舎の園児たちにまでこれをやらせ続けたのです。

家に帰った幼子は家族の前で得意げにこの言葉を繰り返しました。それは、大きな声で腕を突き上げると、明日は先生に褒められるからです。子どもは動物ですから繰り返し教えると心と体に浸み込みます。

その姿と声に両親も祖父母も「そうだそうだ」と賛成し、反日の声を挙げる子や孫を『偉いぞ』と褒め捲り、自分たちも一緒に拳を振り上げ続けていたのです。いたのですではなく、海外メディアには絶対取材させませんが、現在の習キンピラ政権もこれを続けています。もう24年も続いているんです。

子の反日運動が全国津々浦々にまで浸透した結果、日本人憎さが国民のことごとくに浸みわたっています。

ですから、中国を旅行する日本人が宿泊するホテルのレストランや、観光で歩く街のどんな食堂での料理人たちは揃って、料理の中に唾や痰、フケ、鼻くそだけでなく、蚊やハエ、ゴキブリ、ネズミ、自分たちの糞尿まで放り込んでいるのです。

しかも料理に使う水は地下水。全土のあらゆる工場から吐き出される毒薬や、大量の農薬で汚染された地下水で料理を作っているのです。

また中国人は今も、手を洗う習慣もありません。料理人も同じです。従業員の手洗い場がほとんどないのです。

連日、日本に押し掛けている中国人が、トイレから出て手を洗うのを見た人はいますか?一人もいないはずです。日本に何十年暮らしている中国人も未だに手を洗いません。

地方の温泉旅館で泊まれば、大浴場で小便は当たり前、毒素まみれのウンチまでするのです。
日本庭園の池でコイが泳いでいても、火の点いたタバコを投げ入れるんです。これは一部ではありません。喫煙している連中全員ですよ。

こんな中国人と結婚するバカな日本人もいます。私の知人にもいました。相手は不法滞在のホステス。それほど親しい知人でもなかったので、忠告もしませんでした。

 案の定、一年も経たずに殴り合いの喧嘩で離婚。彼は、
「中国人って嘘ばかり吐くんですね」
 -当たり前じゃないか。

「いえ、あまりひどいんで『なんで嘘ばかり吐くんだ!』って問い詰めたら、『ウソついて何が悪い。騙されるほうが悪い』ですよ」
 これが中国人そのものなんんです。

彼らは日本を中国の領土にし、日本人を奴隷にしたいのが本心です。
そして奴隷に残虐行為を繰り返し、血の涙を流し死ぬ日本人を見、『日本人殺したぞ!!』と腕を突き上げたいのです。
何故なら、日本人を殺せば中国本土で英雄扱いですから。

こうしたことを頭に入れて紹介するニュースをお読みください。

 日本と中国はもはや簡単に断絶することができないほど、政治的、経済的、文化的なつながりを持っている。

関係や交流の強化を呼びかける人びとがいる一方、相手のネガティブキャンペーンを繰り広げようとする人もいる。

中国メディア・捜狐は11日、「『愛国者』が作り上げた、日本のイメージを下げるための典型的な噂」と題した記事を掲載した。

 記事は、中国における日本の印象を悪くしたいと考える「愛国者」たちが考えだし、中国のネット上で流布させているウソの情報として、17点を挙げた。そのうち一部を紹介する。

 まずは「日本社会のストレスは極めて大きく、自殺率が中国をはるかに上回っている」、「日本では売春が合法である」、「日本人は中国の資源を浪費させるため、わざと割り箸の原料を中国から廉価で購入している」といったものだ。

日本の自殺率は確かに世界で上から数えた方が早い位置にいるが、統計によっては中国だってそれほど自殺率が低いわけではない、というのが記事の言い分。売春行為については、言うまでもない。

そして、割り箸については「純粋かつ正当な商業行為であり、そのような意図は存在しない」と断じている。

 また、
「『盆栽猫』(ペットボトルなどにネコを閉じ込めて鑑賞するという、虐待まがいの行為)は日本人が始めた」、

「日本人の芸術家が、胎児を食べた」、

「『新浪』は日本人が創設したポータルサイト。ドメイン名sinaは日本語の『支那』から付けたもので、中国人を侮辱するもの」

「日本人は古代中国文化の正統な継承者であると自負している」といった文化的な側面からの「噂」も多く見られた。

「日本は2015年に中国を滅ぼす、という話題が日本のネット上で大人気」という情報もあったとのことだが、記事は日本の大手検索エンジンで探しても、全く見つからないと情報を否定した。

 記事に示された、日本に対するネガティブな噂はあくまで「一例」に過ぎず、中国のネット上ではこのほかにも様々な噂が出回っているものと思われる。

その背景には、「愛国教育」の迷走とともに、中国国内において日本の真の現状に関する情報がまだまだ不足していることがあると思われる。

そして、何でも鵜呑みにしてしまいがちな中国のネットメディアやネットユーザーの認識も改める必要があるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)
スポンサーサイト



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/3924-e0664962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (13004)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR