FC2ブログ

2020-09

トランプ氏と軍「前代未聞の不和」、



トランプ氏と軍「前代未聞の不和」、統参議長、大統領に“決別宣言”
ウエジ― 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

 黒人暴行死事件の抗議デモの鎮圧をめぐって、トランプ大統領と軍指導部の対立が深まっている。制服組トップのミリー米統合参謀本部議長は6月11日、国防大学卒業式へのビデオメッセージで、デモを排除して大統領の写真撮影に同行した問題について「私はその場にいるべきではなかった」と強く反省、最高司令官である大統領に事実上の“決別宣言”を突き付けた。

国民不信を高めたと謝罪
 ミリー議長がこの問題で大統領を批判する見解を明らかにしたのは初めて。上司であるエスパー国防長官はすでに「軍投入は最後の手段」と言明し、「反乱法」を適用して「軍投入も辞さず」とする大統領の強硬方針に反対を表明していた。

大統領は軍の最高幹部2人が自分の方針に公然と異を唱えたことに激怒、一部メディアは解任を検討していると伝えている。

 同議長が後悔しているのは6月1日の写真撮影問題だ。大統領はこの日、ホワイトハウス周辺のデモ隊に催涙弾を浴びせて排除し、エスパー国防長官や議長らを従えて、徒歩で数分のセントジョンズ教会に行き、聖書を片手に記念撮影するというパーフォーマンスを演じた。

支持率の低下に焦る大統領が支持基盤のキリスト教福音派にアピールするのが狙いだったと見られるが、国民や軍人の多くから厳しい批判を受けた。

 特にミリー議長が戦闘服姿でトランプ氏に従っていたことは「デモの鎮圧に軍投入も辞さない」という大統領の強硬方針に軍が賛同している、とのイメージを強く与える結果になった。米軍は国内政治には伝統的に中立な立場を保ってきたが、議長の行動はこれに反する印象を与えた。

 議長はメッセージの中で

「私たちは鋭い状況認識の感覚を保つことが重要だが、私にはできなかった。写真撮影の場にいたことで市民社会における軍の役割について国民的な議論を巻き起こし、私の存在が内政に軍が関与しているのではないか、との見方を生んだ」
と指摘、国民の不信を招いたことを謝罪した。

 抗議デモのきかっけとなった白人警察官による黒人暴行死事件について、議長は「デモは黒人に対する数世紀にわたる不正義にも抗議している」などと言及、抗議行動に理解を示した。ニューヨーク・タイムズなどによると、議長はトランプ大統領に随行していた時、教会に行くとは知らず、州兵らの警備態勢を視察するためだと思っていたという。

 議長は6月初め、ホワイトハウスの大統領執務室でデモ鎮圧に軍を派遣することに積極的なトランプ大統領に反対して激論を交わし、写真撮影の数日後には、この問題で自分が怒っていることを大統領に伝えたという。

国防総省当局者らはエスパー国防長官とミリー議長が大統領に反旗を翻したことで解任されると懸念している。だが、大統領選挙が5カ月弱に迫る中、軍とのごたごたは再選にマイナスとの意見もあり、トランプ氏が解任を思いとどまる可能性も強い。


差別歴史のモニュメント否定運動

 トランプ大統領は13日、ニューヨーク州ウエストポイントの陸軍士官学校の卒業式を訪れて演説する予定だが、エスパー国防長官、ミリー議長とも同行しない。双方の「前代未聞の不和」(ワシントン・ポスト)が反映していると見られるが、新たな対立も持ち上がっている。米軍基地名の変更問題だ。

 今回の黒人暴行死事件による抗議デモの高まりの結果、南北戦争で奴隷制度を支持した「南部連合」の将軍らにちなみ名付けられた米軍基地名を変更すべきだ、との意見が国防総省内で出ている問題だ。

エスパー国防長官らが前向きだと言われる。対象はノースカロライナ州のフォートブラッグ基地などだが、トランプ大統領は南部の白人有権者を意識してか、「検討しようとすら思わない」と一蹴している。

 米軍の基地名の変更まで論議を巻き起こしている抗議デモはしかし、別の様相も見せ始めている。それは「南部連合」の軍の指導者らの銅像を引き倒し、破壊するといった歴史モニュメントの否定運動だ。これらの銅像などが「黒人差別のシンボル」と見られているからだ。すでに南部アラバマ州では、「南部連合」の最も著名なロバート・リー将軍の銅像が倒された。

 こうした「南部連合」にまつわる銅像などは米全土にまだ700体も残っているとされ、否定運動が今後も続く可能性が高い。トランプ大統領が破壊行動に強硬姿勢で臨めば、抗議デモをめぐる混乱はさらに続くことになるだろう。

大統領は警官に突き飛ばされ入院中の75歳のデモ参加者を「アンティファ(反ファシスト)」工作員と陰謀論まがいの主張を展開しており、デモへの攻撃を一段と先鋭化させている。

 こうしたデモに対する大統領の姿勢は騒乱に厳しい白人支持者に訴え、再選を有利にしようとする試みと受け止められている。その背景には支持率が低下し、民主党のバイデン前副大統領に大きく後れをとっていることへの焦りがある。

CNNは今月初め、トランプ氏の支持率が38%に落ち、バイデン氏との差が14ポイントに開いたとの世論調査を公表したが、大統領陣営はこれに反発し、「調査は意図的だ」として、CNNに調査の撤回と謝罪を要求した。

 だが、ギャラップの最新調査でも、トランプ氏の支持率は39%、不支持率は57%、とCNNと同様の結果が出ており、大統領は根本的な選挙戦略の見直しを迫られている。大統領陣営は新型コロナウイルスの感染拡大で自粛していた選挙集会を19日から再開することを決定、巻き返しに乗り出す構え。最初の遊説先はオクラホマ州で、テキサスやフロリダと順次強化する方針だ。
㊟トランプ不人気を吹き飛ばす神風は吹くか?挽回し、再選させる選挙参謀が登場するか?トランプ大統領、吹けば消える灯火となりつつ、、、
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/12866-aad40c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (12998)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR