FC2ブログ

2020-09

羽生結弦劣化!?


羽生結弦劣化!?
全日本フィギュア、宇野昌磨が復活。羽生結弦が不振。それぞれの理由。
Number Web  田村明子
2019/12/24 19:00


 12月22日、代々木第一体育館で開催された全日本選手権男子フリーの結果を予測できた者は、おそらくほとんどいなかったのではないだろうか。

 4年ぶりに出場する全日本選手権では、羽生結弦が楽勝して5度目のタイトル。GPシリーズでは不調だった宇野昌磨がどこまで復活しているかによって、2位、3位は決まる。

 大方の関係者がそう予想していたこの大会だったが、宇野が優勝、羽生が2位、そしてジュニアの鍵山優真がSP7位から逆転して3位という最終順位に終わった。

宇野、ほぼノーミスのフリー。

 最終順位だけではなく、予想外だったのはその内容である。

 今シーズンのGPシリーズフランス大会では、これまで見たことのないような不調な演技でキス&クライでは涙を見せた宇野昌磨。その後スイスでステファン・ランビエルの元でトレーニングを開始し、ロシア杯では復活の兆しを見せた。

 それにしても、わずか2カ月足らずの間に、ここまで戻してくるとは、誰が予想しただろう。

 フリーでは4フリップ、4トウループ、3アクセルと次々きめていき、4つ目のジャンプの3ループでは手をついた。だがそれ以降、4+2トウループ、3サルコウ+3トウループ、3アクセル+1オイラーの次につけたフリップが1回転になったものの、ノーミスの演技。フリー184.86、総合290.57という結果が出た。

「外部の客観性を必要としていた」

「ぼくのところに来た時に、ショーマが最も必要としていたのは、サポート。それも身近でありながらも、外部の客観性を必要としていたと思う」

 こう説明したのは、年明けから正式に宇野のコーチに就任することになったステファン・ランビエルだ。

「ぼくは強化合宿でこれまで何度もショーマを指導したことがあり、またアイスショーで共演したこともある。だからその意味ではきっと彼も気持ち的に楽だったのではないでしょうか」

「スケートを楽しむ練習を戻してくれた」

 6月に子供の頃から指導を受けていた山田満知子コーチ、樋口美穂子コーチから「卒業宣言」をして、コーチ不在でスタートした今シーズン。フランス杯の後からずっとスイスに滞在し、指導を受けていたランビエルに関して宇野はこう説明した。

「やっと自分に、スケートを楽しむ練習を戻してくれた。このコーチのために、ぼくは一緒に戦っていきたいという気持ちがありました」

 前半はファンをやきもきさせたが4度目の全日本タイトルという形で今シーズンの前半を締めくくった。

羽生、見たことのないミスを連発。

 宇野の短期間での復活以上に驚いたのは、羽生結弦が2位に終わったことだった。SPでは普段の彼らしい滑りを見せたものの、フリー『オリジン』ではミスを連発。出だしの4ループでステップアウト、次の4サルコウはきれいにきまった。

 スピン、そしてステップシークエンスに入ったところで、異変に気が付いた。普段の羽生ほどのスピードがない。

 案の定、次のルッツが2回転に。羽生がこのようなミスをするのを近年見た記憶がなかった。次の4トウループでステップアウト。最後の3アクセルで転倒。

 一体、羽生に何が起きたのか。怪我なのか、あるいは体調が悪いのだろうか。演技後にミックスゾーンで体力的な問題なのかと聞かれると、羽生はこう答えた。

「言いたくないです。で、いいですか。ごめんなさい」

「全部言い訳くさく聞こえるから、ホント嫌です。なんもしゃべりたくないのが本音です」

 普段は常にきっちり自分の言葉を伝えようとする羽生が、こういう対応をするというのは何かかなり異常な事態が起きたということだ。

自分の体が「日に日に劣化していく感じ」。

 だが徐々に落ち着いてきたのだろう。少しずつ、心情を言葉にしはじめた。

「調整がうまくいかなかったです。ずっと。なんか自分の体がどんどん、日に日に劣化していく感じはあって。SPの前からもう、ずっと変だなとは思っていたので。

 でも、それでもやっぱり、僕は恵まれているので、本当に、すごいいろんな方に支えてもらって体の状態も今できる最高の状態にしてもらったうえで、これなんで。

 正直いって、まあ、僕の実力と技術が足りなかったっていう感じですかね。でも、それでも、死力は尽くしたと思っています」

 SP後に、GPファイナルからここまで来るのに調整をしている余裕もなかったと告白したものの、詳しくは語らなかった。だがNHK杯、GPファイナル、そしてこの全日本選手権と連戦が続いたことが、体力的に負担になったことは間違いない。

「でもはっきり言ってしまえば、競泳の選手なんか、何レースもやるわけですし。内容が違うかもしれないですけど、そういうのに比べてみたら、僕なんか5週間で3回しか試合やってない。それでこれくらいの体力しかないのかと思うと、本当に自分が力使って跳んじゃっているんだな、と。もっと力を抜いて、自分らしい、いいジャンプが跳べるようにしなきゃいけないなと、今は考えています」

四大陸に意欲を見せた羽生。

 少なくとも怪我ではないのだろう、とはっきり確信できたのは、代表選考が発表された後の記者会見で羽生が2月に韓国で行われる四大陸選手権に向けての意欲を語った時である。

「四大陸選手権に(出場の)希望を出したのは、そこで全力で当たりたいという気持ち。もちろんタイトル取りたいという気持ちも強くあってそれを狙いたいと思っているんですけれど、一つのステップとして、出た方が自分としても成長できるのではないかと思って今回希望を出しました」

4アクセルは「ぼく自身のプライド」。

 実は羽生はまだこの大会のタイトルは持っていない。最後に出場したのは平昌オリンピックのテストイベントとして開催された2017年2月で、ネイサン・チェンに次いで2位に終わった。

「四大陸は1つのぼくの壁なんで、そこでネイサンと当たるかもしれないですし、今は負けてしまった昌磨という壁がある。ベストコンディションで思い切り当たりたいなと思います」


 そこで4アクセルに挑戦する可能性もほのめかした。

「今、圧倒的な武器が必要なので。(4回転)ルッツに比べたら1点しか変わらないので、価値があるものなのか、ルッツを2回やったほうが良いのかもしれない。
 でも(4アクセルは)ぼく自身のプライドなので、絶対に跳びたいなと思っています。それを含めたうえで四大陸をどれだけこなしていくか、どれだけ成長できるかということで、今回希望しました」

 これまで2度もオリンピック金メダルを手にしながら、怪我で療養期間中以外、まったく競技活動を休んでこなかった羽生。

 少しくらい自分をいたわって、休養をとっても良いのではないかと感じることもある。だが現在のところ、羽生の競技に対する思いの炎の勢いは弱まる気配はなさそうなのである。

㊟ユヅには「力まないでやりなさい」としかアドバイスする以外にない。迷いながら滑ると大きな怪我をするぞ。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/11224-203e170e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (330)
ニュースの深層 (13004)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR