FC2ブログ

2020-08

米は「将来に絶望」し自殺急増!!


米は「将来に絶望」し自殺急増!!
日本も5,6年後同じ状態になる!!
経済格差などによる「絶望死」が要因か…アメリカ人の寿命は短くなっている
ビジネスインサイダーAylin Woodward
2019/12/08 15:00

• アメリカ人の平均寿命は3年連続で低下している。

• 新しい研究は、25歳から64歳までの「生産年齢」のアメリカ人が、より高い割合で死んでいるという事実を示した。


• この死亡には、健康上の問題の中でも特に、薬物の過剰摂取、自殺、アルコール関連疾患が関与している。


• 複数の専門家は、社会経済的な不平等と経済的困難がアメリカ人の死の増加の原因となっているかもしれないと見ている。

アメリカは世界で一番裕福な国だが、平均寿命の針が間違った方向に動いている。

1959年から2014年にかけて、アメリカ人の平均寿命はずっと上昇していた。しかし、『Journal of the American Medical Association』に発表された新しい研究によると、ここ3年は連続して低下しているという。

「アメリカ人は生活のさまざまな面で自分たちが優れているという誤解の下で活動している。これはその一つだ」と、本研究の筆頭著者であるスティーブン・ウルフ(Steven Woolf)氏はBusiness Insiderに語っている。

「世界で最高の医療と最高の平均寿命があると思うかもしれないが、そうではない」

この低下は、人種や性別、地域に関連しているわけではない。アメリカでは25歳から64歳までの人の死亡率が高く、オピオイド中毒、肥満、アルコール性肝疾患、自殺などの問題に悩まされている。

国民一人当たりの医療費が世界一であるにもかかわらず、アメリカ人は

「他の国の人よりも65歳未満で亡くなる確率が高い。また、彼らの子どもも同様に長生きはできそうにない」

とウルフ氏は付け加えた。

恐ろしい傾向

ウルフ氏と共著者のハイジ・シューメーカー(Heidi Schoomaker)氏による研究では、アメリカの死亡率データベースとアメリカ疾病予防管理センターのWONDERデータベースから、平均余命に関する50年以上に相当するデータが調査された。

その結果、1970年代には平均寿命が急速かつ大幅に伸びたことがわかった。しかし、1990年になると、その増加は横ばいになり始めた。2011年、米国の平均寿命は頭打ちとなり、3年後には低下し始めた。

「この国の寿命は『自由落下』と言えるところまで来ている」とウルフ氏。

医学の進歩、特にがん治療と心臓医療の分野の進歩が、アメリカ人の寿命を10年近く延ばした。1959年から2013年の間に、平均寿命は69.9歳から78.9歳に延びたのだ。しかし今では78.6歳に下がっている。

他の国と比較してもよくない。 1960年、アメリカ人は世界のどの国よりも平均寿命が長かった。しかし、過去数年間で、カイザーファミリー財団によると、アメリカは同じようにGDPと平均所得が高い国の中では最下位に急落した。

実際、アメリカは現在、平均余命で世界の40位台にあり、レバノン、キューバ、チリなど、GDPがはるかに少ない国の間にいる。

ウルフ氏によれば、この厄介な落ち込みは、25歳から64歳までのアメリカ人の死亡者数が増加しているという事実に関連している。

「働き盛り」のアメリカ人が死んでいる

これらの死亡は、単一の原因によるものではない。ウルフ氏の研究によると、この年齢層の人々の死亡率は、35の異なる原因から上昇しているという。しかしながら、薬物の過剰摂取、アルコール乱用、自殺といった「絶望死」が主な原因であると考えられる。

この年齢層では、1999年から2017年にかけて致死的な薬物過剰摂取がほぼ4倍に増加した。
25歳から64歳の自殺率は40%近く上昇し、55歳から64歳の人の自殺率は同じ期間に56%上昇した。25歳から34歳では、アルコール関連疾患による死亡率も約160%増加した。

この年齢層の肥満に関連した死亡率も114%上昇し、高血症に関連した死亡率は約80%上昇した。「生産年齢のアメリカ人は人生の絶頂期に死亡する可能性が高い」とウルフ氏。2010年から2017年の間に、アメリカの中年の死亡率は6%上昇した。

死亡率が最も高かったのは、ニューイングランド地方の州(ニューハンプシャーの中年は23.3%増。同じくメイン州20.7%、バーモント州19.9%)の住民とオハイオバレー(ウエストバージニア州では23%、オハイオ州では21.6%の増加)の住民だった。

しかし、すべての地域が同じ傾向を示したわけではない。ハワイ、カリフォルニア、太平洋岸北西部に住む人々の2010年から2017年までの平均寿命は延びている。

全体的に見て、男性の死亡率は女性よりも高い。しかし、ウルフ氏の研究によると、女性は過去数十年と比較して、薬物の過剰摂取、自殺、アルコール関連性肝疾患のリスクが高くなっていることが明らかになっている。

「雇用主にとっては明らかな意味がある」とウルフ氏。

「この傾向が続けば、他の国に比べ、健康でなく生産性の低い労働力を早く失うという状況になる可能性が高い」

アメリカでは多くの医療費が使われているにもかかわらず

民営化された医療に何十億ドルも費やしている富裕な先進国で中年の労働者層の死亡率が高いという不思議な現象は、誰もが触れたがらない事実が原因かもしれない。

ウルフ氏は

「我々アメリカ人は医療に多くのお金を費やしているのに、なぜこのようなことが起きているのだろう。その答えは経済にあると思う」

と話した。

オハイオ州のように五大湖に近いアメリカ中西部の「ラストベルト」は、経済の変化とそれに伴う工場の雇用喪失によって最も大きな打撃を受けた地域だと、ウルフ氏は述べた。

「製鉄所や炭鉱は閉鎖されているが、対照的にカリフォルニアは繁栄している」

© Justin Merriman/Getty Images ウェストバージニア州出身の炭鉱作業員ジェイデン・フレドリクソン(Jaden Fredrickson)さん(26歳)は、2017年4月13日にペンシルベニア州シカモアのハーベイ鉱山で視察に訪れた環境保護庁のスコット・プルーイット(Scott Pruitt)長官(当時)の到着を待っている。

ウルフ氏によると、自殺、薬物の過剰摂取、アルコール関連疾患は

「住宅を買う余裕がなく、正規の仕事を見つけることができずに貧困で苦しんでいる人々すべてに見られる症状」

だという。

「健康に影響する社会的要因が、幸福にも影響していることがわかってきた」と、ハーバード大学T・H・チャン・スクールの公衆衛生学教授で、今回の研究には参加していないハワード・コウ(Howard Koh)氏はBusiness Insiderに語っている。

「所得格差や不安定な雇用などの要因が心理的苦痛を引き起こし、病気や死亡の発生を促進する」

と彼は付け加えた。

世界の国々では、低所得者の方が富裕層より早く死亡するという研究結果が出ている。2017年の研究では、社会経済的な地位の低さと平均余命の減少との間に有意な関連性が認められた。

しかしウルフ氏によると、特筆すべき点として「他の国の貧しい人々は、アメリカの貧しい人々より長生きする」ことがあげられるという。

アメリカの富裕層と貧困層の差は、社会経済的な観点だけでなく、健康の面でも広がっている。

「経済的に恵まれていないことに対して健康面で支払う代償は、ますますひどくなっている」とウルフ氏。

コウ氏によると、アメリカの所得上位1%と下位1%の平均寿命の差は、男性で最大14歳、女性で10歳になるという。

平均寿命の低下が新しい常識になる

「誰もが平均寿命は上昇し続けると思っていたが、この国では平均寿命の低下が新しい常識になるリスクがある」とコウ氏は述べた。

彼の予測が正しいかどうかを確認する唯一の方法は、最新の平均寿命データを分析することだとウルフ氏は述べている。2018年の数値は、CDCによって今後数カ月以内にリリースされる

「しかし、我々が行った研究によるすべての兆候は、それがよいニュースにはならないであろうことを示している」

そして、ウルフ氏もコー氏も、根本的に社会経済的な問題が解決されない限り、平均寿命が改善するとは考えていない。 ウルフ氏は、政府は社会から取り残されたコミュニティに投資し、中流階級の家族の財政的負担を軽減するために努力する必要があると述べた。

ハーバード大学の研究者は、アメリカの政策立案者は、平均寿命が短くなっている「主要な原因」にもっと注意を払う必要があると付け加えた。それは例えば、活発な社会的なつながりを生み出し、経済的な絶望に直面する人々の目的の再構築を支援するような、より強固なコミュニティを構築することだ。

コウ氏は、「公衆衛生の世界では、健康にとって医者の診察室よりもはるかに重要な場所があることが理解されつつある」と述べた。

「それは、人々が住んで、学び、遊び、そして祈る場所だ」
[原文:Life expectancy in the US keeps going down, and a new study says America's worsening inequality could be to blame]

㊟筆者がアメリカ一周をしたのは45年前。特にNYが好きで35年前から連続13年間行き続けた。まず、気が付いたのはNY、ロスでアル中の老人男女が多いことだった。昼日中から街をふらふら。。。
 それは措いて、日本も貧富の差が年を追うごとに広がっている。雇用も小泉、竹中、南部靖之、宮内義彦らによって持ち込まれた派遣労働が全職種にまで拡大し、何一つ社会保障もない派遣労働者が大半になり、不安とストレスが爆発寸前。

 筆者は3,4年後には日本も米国と同じに働き世代の自殺が急増するとみる。もう、日本には夢も希望も持つ国ではなくなったのです。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

月影のナイト人食う兄弟若黒死今墨子回教飛ばん竹子安国癇酷使化膿人食う一家一路ユー金塊飛翔体朝芸ユー人食う賊軍道華棟男ハウス以上可朝芸ユー電子台本人食う姉妹放赤坂見附秋元田丸穴生存可能後継ぎ朝芸ユー金塊飛翔体毛壁新聞異常拉致金曜日筑紫野築地口棒子僕人食う協賛党北泉田町信名小田急朝芸ユー可能無道生臭坊主痛車東海道越後屋金塊飛翔体孔道和米先妃本家異人人食うユー孔子癇金塊飛翔体朝芸ユー香港昔癇蒙古愕然氾朝龍相撲朝芸ユー毛壁新聞損死禿押死太陽菅毒板山崩壊竹の子イーツアーバー安国配達回教ユー習互学友ユー厨房達請負合法可能ユー派遣可能朝芸ユー塵箱配注可能損死建物内習癇回教否和可能ユー人食う一帯安国意思波後ろから三宮町小室安国神戸父祖父母人食う地震保険席ユー炭金塊飛翔体華共産党世田谷田園家族孔鼠玉川洪水和化膿姉妹和否ボランティア金塊飛翔体派遣竹子安国否和ユー尖閣艦艇核和ナイス!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/11025-08a3812a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (304)
ニュースの深層 (12702)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR