FC2ブログ

2020-09

経済安保、官邸主導は危険!!


経済安保、官邸主導に潜む危険度
2019.07.18藤原帰一教授 朝日新聞(時事小言)安倍政権の首脳外交 官邸主導がはらむ罠
 安倍政権の特徴は首脳外交だ。外務省など各省庁から政策決定を首相官邸に集約し、各国首脳と会談を繰り返す。首相が表に立って采配をふるい、世界各国の指導者に直接会って話すことで日本に有利な外交合意の実現を図るのである。


 首脳外交を支えるのが長期政権だ。安倍政権以前の日本では毎年のように首相が代わる時期が続き、各国首脳との信頼関係を築くことが難しかった。首脳外交に加えて長期政権が安倍首相に対する国際的な認知を進めている。


 それでは安倍首相による首脳外交は大きな成果を収めたのか。私はそう考えない。
 まず、日米関係。2016年11月にニューヨークを訪問して大統領就任前のトランプ氏と会見して以来、安倍首相はトランプ氏の懐に飛び込むようなアプローチを続けた。今年5月における日本公式訪問はトランプ氏への歓待に彩られていた。


 このような首脳外交のおかげで安倍首相とトランプ氏との間に信頼が生まれたのは事実だろう。日米首脳が親密な関係を築いた例は中曽根首相とレーガン大統領、小泉首相とブッシュ大統領など従来にもあるが、安倍首相とトランプ氏の関係に並ぶ先例はない。

 だが、米国のTPP(環太平洋経済連携協定)離脱、さらに鉄鋼・アルミ製品への関税引き上げに見られるように、首脳間の信頼関係は日本の期待する政策に結びついていない。

大阪の20カ国・地域(G20)首脳会議閉幕後の記者会見でトランプ氏は、日米安保条約を破棄する意思はないとしつつ、条約の片務性を是正すべきだ、安倍首相にもそう伝えてきたと述べている。


 米国大統領が対日関税を引き上げて安保条約の見直しを求めるのだから、日米関係の危機と呼んでも言い過ぎではない。トランプ氏の懐に飛び込んだ安倍首相は、圧力を強化しても日本はアメリカから離れないというイメージをつくってしまった。日米首脳外交の主導権はトランプ氏が握っている。


 対ロシア政策の中心も首脳外交だ。安倍政権は日ロ関係の最大の課題である領土問題に取り組み、プーチン大統領との会談を繰り返した。だがロシア政府の姿勢は固く、南千島はロシアに帰属するとラブロフ外相は言い放った。

大阪のG20首脳会議に参加したプーチン大統領と安倍首相の会談も平和条約交渉を加速すると合意するにとどまり、領土問題の打開を示す内容はない。領土問題の解決を求める安倍首相がプーチン氏に足元を見られた構図である。

 対中関係はどうか。トランプ政権を支持する議論の一つに中国の台頭を抑えることができるのはトランプ氏だというものがある。その背景にはオバマ政権の下で中国の南シナ海などにおける勢力拡大が放置されたという認識がある。

 しかし中国の軍事的拡大を恐れる日本とは異なり、米国対中政策の焦点は米中貿易不均衡に置かれている。トランプ政権は高関税政策で中国は圧迫しても軍事的対抗は強化しておらず、中国人民解放軍の外洋展開はいまも続いている。

さらに、関税を手段とした対中圧力は世界のサプライチェーンを揺るがすため、日本にとっても有利ではない。中国の軍事的拡大を恐れる日本が貿易政策では中国との協議を強化するという展開がここから生まれる。

 イラン外交も成果を上げていない。G20直前にイランを訪問してハメネイ師と会見したが、米国とイランの緊張を緩和することはできなかった。北朝鮮についても、安倍首相は日朝首脳会談の開催を提案したが、北朝鮮は受け入れていない。アメリカ大統領との首脳会談が可能なとき、日本の首相と会う必要はないかのようだ。


 なぜ首脳外交の成果が乏しいのか。それは、首相が自ら外交を主導するとき、官邸の進める政策に対して政府のなかで批判を行うリスクが高いからだ。トランプ氏と親交を結ぶだけではアメリカの対日圧力は減らないとか、プーチン氏との首脳会談開催は時期尚早だなどといった懸念は私には当然のものと思われるが、それを官僚が口にするなら首相官邸に睨(にら)まれる危険を冒さなければならない。

そして、専門知識を持つ政策実務家が声を上げなければ、首相は裸の王様になってしまう。首脳外交と官邸外交の罠(わな)である。


 問題は、対外政策の失敗を指摘する声が野党からも上がってこないことだ。今回の参院選においても、憲法改正を阻止しなければならないという主張は行われているが、安倍外交に対する具体的な批判は少ない。

 政府の専門家は官邸を恐れ、野党は憲法に絞った政府批判に終始する。それが招く結果が、選挙に強いが外交成果は乏しい政権にほかならない。(国際政治学者)


*この文章は朝日新聞夕刊『時事小言』に2019年7月17日に掲載されたものです。


㊟この記事は少し前のものだが、9月17日、政府は「経済・安保」は官邸主導を打ち出した。これで安倍首相、菅ヒトラーの完全独裁国家となる。

勿論、後ろには日本人の血を吸い続ける吸血鬼・竹中部落平蔵とパソナ南部靖之がよだれ垂らして金稼ぎに励んでいます。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

蛆キムチ人焼香

安倍は、自動車関税も鉄アルミもアメリカのポチか。トンコレラは蛆キムチ人パソナ派遣就学丸出し。そうか売国奴観光立国だろが。竹中パソナ傀儡政権で農家の苦労は吹っ飛んだだろが。豚肉輸入かよ。むかしの狂牛病飼料北小泉かよ。汚鮮国転落パソナ竹中の北小泉の共謀かよ。蛆キムチ人派遣竹中パソナ就農種子法だろが。蛆キムチ人オリックス安倍麻生水道アフラック進次郎おもてなし穴クール水子セクシーデキ婚だろが。キムチ悪いだろが。蛆キムチ人ウジテレ朝原TBSサブミラルかよ。進次郎進次郎セクシーセクシークールクールオウムサリンだろが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/10432-5c5c8478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (332)
ニュースの深層 (13035)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR