FC2ブログ

2020-08

議員セクハラ容認するマスコミ!?


議員セクハラ容認するマスコミ!?
【沈黙をこえて】言い聞かせてきた「見過ごすことが大人」 国会議員からのセクハラ、容認する報道現場
カナロコ神奈川新聞8/23(金) 14:00配信

 財務事務次官による女性記者へのセクシュアルハラスメントが発覚した2018年、わが身を省みたマスコミ関係者は少なくない。テレビ局で働く鈴木京子さん(仮名)もその1人。

これまで性被害を受けながらも「見過ごすことが大人のルール」と言い聞かせてきたが、もう黙らないとの意を強くしている。記者ではなく「女」であることを求められる報道現場。メディア業界で働く女性の現実を見つめていく。

議員に関係迫られ
 2000年代半ばにテレビ局で働き始めてから数年後、鈴木さんは政治部に異動し、当時の主要政党を担当した。


 日中はなかなか向けられない話でも酒の席では雑談を交えながら聞き、情報を手にできる。他の記者と同じく、国会議員と飲みに行くことは鈴木さんにとっても取材の一環だった。


 相手は9割強が男性。当初は2人きりになることに不安を覚え、他社の記者と一緒に複数人で飲むことが多かったという。


 「政治部は、公務先などで複数の記者と議員を囲む取材が多い。他社と協力体制を築いておかないと、情報が回ってこなくて取材に参加できず、結果、ニュースを落とす、ということが起きかねない。男性記者の中には『女だからネタを取れる』と陰口を口にする人もいたので、恩を売るではないけれど、日頃から議員との飲み会に誘うなどしていたんです」

 ただ、仕事にも慣れ、警戒心が薄らぐと、一対一での飲み会が自然と増えた。鈴木さんはあくまでも取材という意識だったが、相手はそうではなかった。


 ある議員とバーで飲んでいたときだった。仕事の会話の途中で卑わいな話題を振られた。


 「彼氏とエッチしているのか」


 笑ってごまかすと、なおも続けて、こう言った。


 「俺とやらない? やらないと相性って分からないんだよ。一度やってみようよ」


 議員は既婚者だったが、冗談を言っているふうではなかった。バーから宿舎は近い。その場の雰囲気を壊すと、情報をもらえなくなるという怖さもあった。とりあえず、笑ってその場をやり過ごした。


 その後もしつこく食事に誘われたが、断り続けると、何事もなかったかのように声を掛けられなくなった。一方、新たに配属された女性記者を誘う議員の姿を何度も目にした。


 「それはそれで苦しかったです。女性同士で競わされている、というか…。宴席ではお酌して、何を言われても笑顔で、そういう女性になれないなら記者失格と言われているような気がして、すごくつらかった」


 仲間内では、女性記者がかつて政治家との懇親会に水着で参加したことが武勇伝のように語られていた。誰かに相談できるような環境はなかった。


仕事で評価されず

 なぜ被害を訴えなかったのかと言われれば、その通りかもしれない。だが、そもそも声を上げられる土壌などなかった。

 以前いた番組の制作現場ではほぼ毎日、男性の先輩から尻を触られた。


 社内の飲み会があった店では、その先輩に背後から抱きしめられ、下半身を押し付けられた。助けを求めたくても、ショックと恐怖で体が固まって声を出せなかった。


 偶然、通り掛かった同僚の男性は冷やかすようなそぶりを見せた。後日、男性社員たちは「鈴木が襲われていた」と笑いながら話していた。


 政治部記者時代、先輩記者から「お前、あの議員と仲良しだからネタを取れるだろう」と情報の裏取りを求められ、実際に情報をつかんだときも「お前はあの議員の『お気に入り』だからな」と茶化された。しまいには「あの議員は女性に甘いんだからうまくやれよ」と言われた。


 「振り返ってみると、記者として仕事の中身を評価されたことがなかった」


 記者ではなく「女」であることを求められ、成果を上げても「女」であることを理由にされた。
報じる側の問題

 そんな社内の体質は日々の仕事でも痛感した。鈴木さんが、未就学児が通う施設について取り上げる企画書をまとめたときのことだ。


 当時、施設の在り方を巡っては省庁の縦割りが問題視され、企画はその弊害を指摘するものだったが、番組制作を取り仕切る男性上司からは難色を示された。了承は得たが「少子化問題」を絡めるとの条件付きだった。


 少子化の時代、女性は子どもをたくさん産まないといけない。だから、この問題を真剣に考える必要がある―。省益などを巡る対立を描くつもりが、そんな構成を求められた。


 「あっけにとられました。なぜ、少子化対策に結び付けないと子育て環境に関する行政の問題は伝えられないのだろう、と。かつて、ある大臣が『女性は子どもを産む機械』と発言しましたが、根底にある認識は同じなのでは、と」


 番組制作の現場では、女性は全体の1~2割で、どうしてもその声は小さくなってしまう。


 「問題を正面から取り上げて放送しないから、視聴者にも届かない。発信していないから世の中が変わるきっかけを作り出せない。結局、男性社会を容認しているメディアにこそ問題の根本があるんだと、私たちの罪深さを実感しました」


 企画は日の目を見たものの、胸には釈然としないものが残った。


もう、黙らない

 性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動が広がり、人権侵害は次々と明らかになってきている。


 大学の医学部入試では女性の合格を抑制する不正があったことが分かり、先日は女子大学生を性的にランク付けするという週刊誌の記事が批判を浴びた。


 「女子大があるのに、なぜ男性を優遇する医学部入試が差別になるのか分からない」「飲み会で話題になるようなことが記事になっただけだ」


 鈴木さんは、社内からそんな声が聞こえるたびに大きな認識の隔たりを感じつつも「一つ一つ、問題を取り上げて世の中に問うていくしかない」と思う。


 一方で、財務事務次官からセクハラを受けた女性記者の告発は、わが身にも向けられている気がしている。「あのとき、私は黙ってしまった。セクハラが横行する業界の体質を容認し、セクハラを黙認する社会を後輩たちに引き継いでしまった。まず、自分が変わらないと世の中も変わるわけがない」


 もう、黙らない。鈴木さんはいま、かつて口にできなかった「私も」という言葉をかみしめている。


連載「沈黙をこえて」

 この記事は神奈川新聞とYahoo!ニュースによる連携企画です。性暴力などの被害を告発する「#MeToo」運動が巻き起こってから2年近くがたちましたが、いまだ性別に根差した差別や暴力が社会に横行しています。連載名の「沈黙をこえて」には、黙さず声を上げ、全ての人の尊厳が守られる社会をつくろうとする人たちの思いを込めました。不定期で連載します。

㊟神奈川新聞といえばオウム真理教に「坂本弁護士がTBSワイドショーで告発する」とタレこんだ江川紹子がいる。しかもこの新聞は反日記者が多いことでも有名。

結局、坂本弁護士一家3人は殺害され新潟県の山に埋められた原因を作った江川紹子。私にこの卑劣行為をバラされ、いまは程んどのマスコミからお呼びがない。当然だろ。またTVに出たら叩き潰す。ところであんな顔の江川でもセクハラを受けたのかな。。。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

セクハラした方だろ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotodamayogen.blog.fc2.com/tb.php/10185-1966a404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (308)
ニュースの深層 (12743)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR