FC2ブログ

2021-02

ああ無情!「居ても役立たず」

ああ無情!「居ても役立たず」
時津風親方、初場所中に雀荘&マッサージ店通いで“厳罰必至” 一方で得をする人たち…名門部屋内の権力闘争、鶴竜「井筒」襲名も現実味
夕刊フジ2021/01/28 17:14

 24日に千秋楽を迎えた大相撲の初場所期間中、時津風親方(47)=元幕内時津海=が雀荘に行くなど、新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反していたことが27日、明らかになった。

日本相撲協会は調査を進めているが、2度目の違反となるため解雇を含めた厳罰は必至。一方で醜聞まみれの親方が角界を去れば、「角聖」と称された大横綱双葉山の流れを汲む名門が、いくつかの懸案を解消できる見込みも出てくる。(塚沢健太郎)

 28日発売「週刊文春」ですっぱ抜かれた時津風親方の挙動の数々は、史上初の緊急事態宣言下での場所中とは思えないものばかりだった。5夜連続で赤坂の雀荘に来店。20日(11日目)には、新橋の派遣型風俗店しか入っていないビルを訪れ、23、24日(14日目、千秋楽)には赤坂のタイ古式マッサージ店に足を運んだ。また、場所後の25日に、妻以外の女性と錦糸町のホテルに姿を消したとも報じられている。

 今場所は弟子でカド番大関の正代(29)が、最後まで優勝争いを演じていた。場所中は両国国技館への往復以外は外出禁止だが、弟子が必死で土俵に上がる最中に師匠は昼夜、遊びほうけていたのだから驚きだ。

 昨年8月に協会は「新型コロナウイルス感染症 対応ガイドライン」を各部屋に配布。「徹底予防16! 新型コロナに感染しないために」と題したポスターも作成した。その「外出について」の項目では「特に、ライブハウス、スポーツジム、ビュッフェ式レストラン、カラオケ、雀荘、その他環境の悪い所には行かないこと」と明記されている。

 初場所前には、新型コロナウイルス感染者や濃厚接触の可能性がある力士65人が全休。新たな感染者が出れば、場所の打ち切りも考えられる厳戒体制下で、不要不急の外出を繰り返した。しかも行く先が、わざわざ「行くな」と名指しされた5カ所の一角なのだから、論外と言うしかない。

 不祥事発覚を受け、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は
「調査はするという話を聞いた。本人(時津風親方)が言っていることが本当なのかどうかもわからないし。周りの人からも聞いてね。詳しいことは何もないです」と説明。

この日までに時津風親方が協会のコンプライアンス委員会の聞き取り調査に応じたことを認め、「協会からの連絡を待つしかない」と険しい表情で語った。

 時津風親方の辞書に、「懲りる」の文字はないのかもしれない。2010年には野球賭博への関与が発覚し、主任から年寄への1階級降格と5年間の昇格見送り。これは解雇された大嶽親方(元関脇貴闘力)、大関琴光喜に次いで重い処分だった。翌11年には弟子が八百長で引退勧告され、自身も監督不行き届きで、さらに3年間の昇格見送りが追加されている。

 不要不急の外出が禁止されていた昨年9月4日にも、宮城県内へ旅行して「3密」の居酒屋で友人らと飲食。翌5日にゴルフコンペに参加し、福岡市に移動して滞在したことで秋場所は謹慎に。過去2度の懲戒処分を踏まえ、「師匠としての資質に関わる問題」として10月1日の理事会で、今度は委員から年寄への2階級降格処分を受けた。

 本人の資質もさることながら、時津風部屋は先代からトラブル続きだ。東農大出身で元大関豊山の14代が2002年に定年を迎え、元小結双津竜の15代が継承も弟子を暴行死させて07年に解雇。同じく東農大出身で、西前頭7枚目だった時津海現師匠が急きょ現役引退し、33歳の若さで部屋を引き継ぐことになった。

 それから14年。不祥事の絶えない師匠が不在となったところで、部屋付き親方が多数在籍する時津風部屋に心配はない。昨年秋場所で師匠代行を務めた枝川親方(前頭蒼樹山)、東農大出身の間垣親方(前頭土佐豊)、昨年パワハラで部屋を閉鎖し移籍してきた中川親方(前頭旭里)、昨年引退した人気者の井筒親方(関脇豊ノ島)と多士済々だ。

 16代が解雇となった場合、これまでの流れを考えると、後継者には間垣親方が指名される可能性がある。残念な出来事とはいえ、井筒親方にとっても渡りに船。「井筒」の名跡はいわば、期限付きの借り物だからだ。

 横綱鶴竜(35)=陸奥=は将来的に、井筒を継承して部屋を再興する希望を持つ。引退後も横綱の特例で、5年間は現役のしこ名のまま親方を務められるが、いずれは返還を求められる。時津風部屋付きの親方の誰かが、空席となった「時津風」を襲名したうえ、それまでの名跡を現井筒親方に譲れば、全てが丸く収まる。鶴竜も引退と同時に、思い入れのある井筒を名乗れるのだ。

 角界屈指の名門「時津風」の看板は先代(双津竜)、現師匠と2代連続で汚されてしまった。週刊誌による不祥事発覚がきっかけとはいえ、これを再興の好機としたい。

㊟義理と人情がどろどろした相撲界なのに、今回は「居ても居なくても」親方とは、、、
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

蓮舫息子も母を拒否

蓮舫息子も母を拒否
蓮舫氏長男の村田琳「母を気にして生きるのやめる」
日刊スポーツ新聞社
2021/01/28 18:54

アイドルグループ「VOYZ BOY」のメンバー、村田琳(23)が、立憲民主党の蓮舫代表代行(53)の長男としてメディアに取り上げられることへの複雑な思いを吐露し、「今日で、母親のことを気にして生きるのをやめたいと思います」と語った。

村田は27日、YouTubeに動画をアップ。自己紹介するとともに、

「僕は今まで母の知名度で様々なメディアの方に取り上げていただきました。ただ、そこでの発言、インタビューは母の知名度を傷つけないことだけを考え、自分の意思もなく、母のフィルターを通してメディアに出演してきました」と告白。

その上で
「僕はいつまで母の目を気にして過ごす人生なのかと考えながら生きてきました。少しでも自分自身、村田琳自身にスポットライトを当てようとアイドルを始め、今も活動していますが、いざ取材となればすべて母・蓮舫の質問。肩書だけを持っていても、世の中の認識は何も変わりませんでした」と、思いつめたような暗い表情で語った。

続けて
「もう今日で、母親のことを気にして生きるのをやめたいと思います。思ったことを全部発言します」と宣言。
「今まで出演してきた番組、雑誌のインタビュー等で取り上げてくださったメディアの皆さん、あの時の発言はほとんど僕の意思ではなかったです、ごめんなさい」と謝罪し、「僕はこれから、自分自身のアイデンティティを探していきます」とした。

また、英語でも思いを語り、最後は「これからは政治にも向き合おうと思います。仮に母と意見が食い違っても、自分の意見は曲げないつもりです」と思いの丈を述べた。

㊟息子よ、君は大きくなるぞ。母、蓮舫なんて捨てない。でないと母のスキャンダルに巻き込まれるよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

スタンガンで「おとなしくしろ」ウーバーイーツ

スタンガン見せ「おとなしくしろ」ウーバーイーツ配達員(38)がコロナ禍の夜に女子高生を強制わいせつ未遂
文春オンライン山本 和樹
2021/01/28 19:40

 帰宅途中の女子高生に後ろから近づき、「おとなしくしろ」と言ってスタンガンを突きつけ、わいせつな行為をしようとした――。強制わいせつ未遂の疑いで1月25日に警視庁に逮捕されたのは、東京都あきる野市に住むウーバーイーツ配達員、藤野隆太容疑者(38)だ。周辺の防犯カメラには配達バッグを背負って自転車で走り回る藤野容疑者の姿が映っており、警視庁は出前を請け負う傍ら、襲う女性を物色していた可能性もあるとみて調べている。

 卑劣な犯行は昨年12月16日午後9時ごろ、あきる野市の歩道で行われた。帰宅途中の女子高生を数百メートルにわたり、歩いて尾行していた男が、その女子高生に「おとなしくしろ!」とわいせつ目的で声をかけたのだ。振り向いた少女の視線の先には、スタンガンの火花が散っていた。少女が大声を上げると、男は目的を遂げることはできず、逃げだした。幸いにも少女に怪我はなく、無事だった。

若い子とデートやお茶をしたかった

 警視庁が周辺の防犯カメラ映像を解析すると、怪しい人物が浮上してきた。捜査関係者が明かす。

「男が走って逃げている様子だけでなく、事件の前後に四角い配達バッグを背負って自転車に乗っている姿も映っていた。何カ所ものカメラ映像を集めてつなぎ合わせ、藤野容疑者を特定した」

 逮捕された藤野容疑者は容疑を認め、「若い子とデートやお茶をしたかった」と供述したという。周辺では同様の事件が数件起きており、警視庁が余罪についても捜査している。

「宅配に使うため」自転車窃盗の男を逮捕

 新型コロナウイルスの感染拡大で、利用者が増えている食事の宅配サービス。配達員が自転車で街中を飛び回る光景は日常的となったが、配達員による犯罪は今回が初めてではない。

 大阪府警は昨年11月、ウーバーイーツ配達員の男(20)を窃盗容疑で逮捕した。男は8月から9月にかけ、大阪市内の集合住宅の駐輪場からクロスバイク3台を宅配に使うために次々に盗んでいた。

「ブレーキの調子が悪くなったりタイヤの空気が抜けたりすると、別の自転車を盗んで乗り換えた。少しでも多く配達したくてスポーツタイプの自転車を狙った」。

 男は動機について、こう供述したという。

 配達員の交通ルールの無視も社会問題化している。東京・池袋では8月、歩行者の女性が自転車にはねられ、けがをするという事件が発生した。警視庁は11月にウーバーイーツ配達員の男(36)をひき逃げの疑いで書類送検した。警視庁は12月に配達員を対象とした交通安全の講習会を初めて開くなど、対応を強化している。
(山本 和樹/Webオリジナル(特集班))
㊟厳しい面接や前歴調査をして雇わないと危険です。確かに彼らの走り方は乱暴。私も何度かぶつかりそうに。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

牛たちの命を粗末天罰!!


牛たちの命を粗末にした天罰!!
いきなり!ステーキが大量閉店、ニトリとくら寿司は急成長…「決定的な2つの違い」とは?
文春オンライン永井 孝尚
2021/01/28 06:10

 一時は飛ぶ鳥を落とす勢いで店舗を急拡大した「いきなり!ステーキ」は、2019年後半から客数減で急速に失速して赤字に陥り、さらにコロナ禍の直撃で、今や店舗の大量閉店に追い込まれている。

一方でニトリやくら寿司のように、コロナ禍でもいち早く復活して店舗数・売り上げ・利益ともに順調に成長を続ける小売業者もある。彼らの違いは何なのか?

 マーケティング戦略コンサルタントであり、『 世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた 』の著者でもある永井孝尚氏が、その背景について語った。
◆ ◆ ◆
103店舗の大量閉店に追い込まれた、いきなり!ステーキ

 店舗を順調に増やしつつ売り上げ・利益も拡大するのは、実に難しい。好調なので大量出店を続けたものの、ある時を境に急激に低迷する小売業者は、実に多いのだ。

 最近ではその典型が、いきなり!ステーキだ。一時期は絶好調。2014年6月はわずか4店舗だったが、わずか5年後の2019年12月は493店舗に急拡大。「急成長を楽しむ」というスローガンの下で大量出店を続けた。

 しかし過剰出店で店舗商圏が重なって自社内競合が起こり、さらに急拡大に伴う人手不足とスキル不足で客が離れ、加えて新型コロナ拡大による売り上げ減少も重なり、103店舗の大量閉店に追い込まれた。(同社IR情報より)

 対照的にニトリやくら寿司のように、長年にわたって店舗数・売り上げ・利益をともに着実に成長させ、好調を維持する小売業者もある。

 ニトリの店舗数は、2000年は50店舗、2005年は116店舗、2010年は217店舗、2015年は373店舗、そして2020年は615店舗だ。店舗拡大ペースは徐々に上がっているものの、直近5年間は年50店舗弱のペースを守っている。2020年10月2日発表の決算によると、コロナ禍にあっても巣ごもり需要をとらえ、6~8月の売上高は対前年+31%の成長を果たしている。

 くら寿司はさらに手堅く店舗数を増やしている。2005年は126店舗、2010年は252店舗、2015年は362店舗、そして2020年は507店舗。この15年間、毎年25~26店舗のペースを守って着実に店舗数を増やしている。2020年12月4日発表の決算説明会資料によると、4~6月のコロナ禍による打撃から立ち直り、9月以降は「鬼滅の刃」とのコラボキャンペーンもあって対前年度プラス成長に戻っている。

 両社とも店舗拡大とともに売り上げ・利益も成長しており、コロナ禍からもいち早く立ち直り業績も堅調だ。そして業績好調でも店舗を急拡大しない点も共通している。(いずれも両社のIR情報より)

いきなり!ステーキと、ニトリ・くら寿司の決定的な違いは……

 いきなり!ステーキと、ニトリ・くら寿司の決定的な違いは、「チェーンストア理論」を忠実に実践したか否かだと筆者は考えている。小売業で多店舗を展開する場合、チェーンストア理論は必要不可欠だ。かつてスーパーマーケット各社も1960年代からチェーンストア理論を実践して大きく成長した。

 チェーンストア理論のポイントは、性急に店舗を急拡大せずに、じっくり仕組みを作り込みながら拡大していくことだ。

 このチェーンストア理論は、「国民の豊かな暮らしを実現したい」と考えた経営コンサルタントの渥美俊一氏が提唱した理論である。渥美氏は日本の小売業を長年にわたり発展させた功労者であり、流通業界では広く知られている。そこで渥美氏の著書である『21世紀のチェーンストア』を元に、チェーンストア理論の考え方を紹介していこう。

成長に必要不可欠な「2つのステップ」

 チェーンとは「鎖」のことだ。鎖の一つひとつの輪は小さく弱い。しかし一定の法則で多数の輪がつながれば強くなり、大きな力を発揮する。この鎖のように「多数の店をシステムでつなげて、1つの店でできない力を出そう」というのが、チェーンストア理論だ。

 チェーンストアとは、11店舗以上の店を集中管理して販売する小売業者のこと。

 店舗数が増えると大きな効果が生まれ、大規模になればよい商品を安く提供できるようになる。参考までに「お、ねだん以上。」のニトリは615店舗だ(2020年5月時点)。

 ただし、単に店舗数を増やすだけではダメだ。チェーンストアの作業や仕組みを、次のように標準化して作り込んでいくのだ。

(1) まず、その店舗の運営にベストの方法を発見する。
(2) 関係者を教育する。
(3) その通り実行できる状態にする。その上で、
(4) 一定期間が過ぎたらルールを改善・修正し、
(5) 上記(1)から(4)の手順を繰り返して、例外発生を減らしていく。

(4)~(5)を実践したニトリやくら寿司は成長を続けている。しかし、(4)~(5)をサボってしまい、途中で低迷し始める小売業者が実に多い。

店舗を着実に増やすには、この仕組みを常に回し続けて、仕組みを作り替えながら、改善に次ぐ改善を愚直に行い続ける必要がある。では、なぜそんなことをしなければならないのか?

200店舗を超えるとチェーンストアは威力を発揮し始める

 あなたはチームを任された時、ある人数を超えた途端に急に管理が難しくなる経験をしたことはないだろうか? たとえば部下2人の時はあうんの呼吸で一緒に仕事ができても、10名に増えると一人一人と細かい意思疎通ができなくなり、25名を超えると一人一人の行動把握が不可能になり、50名を超えると自分一人では管理できなくなる、という感じだ。

 小売業でも同じことが起こる。店舗数が5店舗を超えると管理の限界を感じるようになり、20店舗で命令が無視され、30店舗で現場の報告が信頼できなくなる。

 チェーンストア理論では、仕組みづくりをすることで、各々の段階を乗り越える。ここで重要なのが「マス」という概念だ。「ある一定量を超えるとまったく新しい性質を得て、新しいことができるようになる」という意味だ。

 20~30店舗の壁は、まったく新しいマネジメントの仕組みをつくれば乗り越えられる。しかし50~100店舗で次の限界がくる。ここで時間をかけて経験を積み重ね、綿密で周到な新しいシステム設計を行う必要がある。この段階を乗り越えれば従業員の考え方や行動が変わり始め、企業文化のレベルが一気に上がる。200店舗を超えるとチェーンストアが大きな威力を発揮し始め、500店舗を超えると、異次元の効果を発揮するようになる。

 ニトリの似鳥昭雄会長はインタビューで、「200店になると交渉力は倍になった。さらに原材料を調達して集中発注して、さらに価格を下げられた」と述べている(日経ビジネスオンライン『似鳥社長、巷に広がる「チェーンストア限界論」に物申す』2015年)。

 店舗急拡大の末に好業績から一気に転落する小売業者は、この新しいシステムづくりをサボったまま大量出店した結果、管理不能になって低迷しているのだ。要は自ら墓穴を掘っているのである。

 このようにチェーンストア理論では、本部による大量集中仕入れでコストを徹底的に下げ、店舗作業を徹底的に標準化し、例外が出ないようにして規模の経済を追求し続ける。その結果、適切な品質の商品を、常に廉価で提供し続けることができるのだ。

「チェーンストア理論」は時代遅れか?

 1960年代に生まれたチェーンストア理論は日本の小売業を大きく発展させたが、いまや「チェーンストア限界論」もささやかれるようになった

 チェーンストア理論の基本は、本部主導の徹底管理だ。各店舗に仕入れ権限などをもたせる個店経営は否定している。

 しかし一方で、ドン・キホーテは店舗に自由裁量を与えて個店経営を突き進み、成長を続けている。2019年には業績が低迷していた総合スーパー・ユニーに出資し、ユニー店舗を「ドンキ化」して、チェーンストア経営から個店経営に大きく切り換えた。売る気持ちが弱かった現場社員に仕入れ権限を与えて自ら売るように変えて、業績は一気に改善した。

 ユニクロでは、都市部の大型店舗には本部から現場へ大幅に権限を委譲した。

 小売業各社も脱チェーンストアという言葉を使うようになった。
 では、チェーンストア理論は限界なのか?

 ニトリはチェーンストア理論の優等生だ。似鳥会長は「人生の師匠」と呼ぶ渥美氏からチェーンストア理論を忠実に学んで実践してきた。コロナ禍にあっても34期連続増収増益と業績は絶好調を継続している。似鳥会長は先のインタビューでこう語っている。

「チェーンストア限界論が言われるのは、それができていないからだ。チェーンストア理論は正しい」

 また法政大学の矢作敏行名誉教授は「店舗が地域や立地に合った品揃えや店舗運営をするのは当たり前。商品別・店舗別・地域別に売れているものがわかるのは、チェーンストアの強み。個店で最適な品揃えができるのもこの情報のおかげだ。個店経営はチェーンストア理論の否定ではなく、進化形だ」と述べている(『販売革新』2015年11月号)。

 いまの客は店のフロアで何を買うかを決める。店舗に権限委譲して判断できれば、ドンキのように売り上げは大きく上がる。チェーンストア理論が個店経営に進化するのは、歴史の必然なのだろう。

 米国小売業から貪欲に学び続けた結果、日本で独自に進化し、日本の小売業発展に貢献をしたチェーンストア理論は、いまだに有効だ。しかし理論が提唱された1960年代当時から社会は変わった。チェーンストア理論を改めて学び、さらに進化させることで、日本の小売ビジネスは拡大できるはずだ。
(永井 孝尚/文藝春秋 digital)

㊟私は経営論など考えたこともない。ただ、思うのは、いきなり!ステーキの社長以下全従業員に「牛」への感謝の気持ち、「牛たち」への愛情がなかったとしか。

牛たちは私達に「命」を提供してくれてるんです。それを忘れないこと。勿論、豚の鳥も馬もすべて同じです。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

総理、片山さん怒ってるぞ!

菅総理、片山さん怒ってるぞ!
元総務相の片山善博氏「コロナで金の使い方ずさん」 毎日世論フォーラムで講演
毎日新聞
2021/01/27 19:17

元総務相で早大大学院教授の片山善博氏が27日、毎日・世論フォーラム(毎日新聞社主催)で「コロナへの対応から見える国と自治体の課題」と題し、オンライン講演した。

 片山氏は新型コロナウイルス対策で国債発行が急増する中、菅義偉首相が今国会の施政方針演説で財政運営について明確な考えを示さなかったことを疑問視。

「コロナでお金の使い方がずさんになっている。財政の全貌を認識して将来の見通しを持ってほしい」と注文を付けた。

新型コロナ対応のため2020年6月に可決・成立した今年度第2次補正予算に、国会審議を経ず支出できる10兆円の予備費が計上されたことには
「国会が審議権を放棄している。こういう時こそ、チェック機能を果たすべきだ」と求めた。

 また、1999年の地方自治法改正で国と地方の関係が対等になったにもかかわらず、コロナ対応では地方が法的拘束力のない国の通知に縛られていると指摘。

「国と地方の関係がずいぶん昔に戻ったという感じだ。地方分権改革、地方自治を検証する必要がある」と述べた。【吉住遊】

㊟片山さん、御意見に大拍手!でも、ヒトラーそっくり菅総理に計算は無理ですよ。人を脅すことは得意ですが、頭の中はスカスカですから。スカ老人、覇気がなく、ヒトラーが自殺する寸前のようですよ。

 不吉ですが、渡邉正次郎の予言は的中するんです。昨年末、私は「年明け、東京に大雪。交通マヒ」と予言し配信しました。
1月28日夕刻からの都内大雪、的中しました。私の予言力は空海が与えたのです。菅氏への予言も、、、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛  合掌。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

必見!希大拡大!

必見!希大拡大!
そもそも間違い「変異種弱体化」
感染力高い変異種の病原性「弱いはずがない訳」 インフル研究の第一人者が見るコロナの先行き
東洋経済オンライン 辰濃 哲郎
2021/01/27 18:30

イギリスなどで蔓延している新型コロナウイルスの変異株(変異種)が日本にも上陸しているが、どう対処したらよいのだろう。インフルエンザ研究の第一人者で、1968年の香港かぜの伝播経路を突き止めた北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの喜田宏特別招聘教授に話を聞いた。

ウイルスが蔓延すれば、人に適合した変異株が必ず優勢になるのは自然のなりゆきだという。こういったウイルスは人の体内で増殖力が高く、つまりは病原性が高くなるとも指摘する。

――イギリスなどで新型コロナウイルスの変異株が出現し、世界中が警戒をしています。

 大騒ぎになっているけど、これは当たり前のこと。人の間で感染を繰り返すうちに、体内で増殖しやすいウイルスが選ばれ、生き残った結果なんです。ウイルスは変異株の集団で、なかには増えやすい変異ウイルスもいる。その増えやすいウイルスが優勢になって感染を繰り返すと考えたらいい。

 コロナウイルスの遺伝子RNAは、4種類の塩基が約3万個並んでいる。その配列に塩基が新たに挿入されたり、欠失したり、置換されたりして配列が変わることを遺伝子変異と呼んでいる。

人の体内で細胞への侵入効率が高くなるなど、増殖しやすいウイルスが優勢になるわけです。それはイギリスや南アフリカ、ブラジルなど報告のあった国々だけでなく、日本でもまったく新しい変異ウイルスがいつ見つかるかわからない。すでに増殖しやすい変異ウイルスが生まれている可能性もある。

増殖力の高いウイルスは要注意

 ――イギリスの変異株は感染性が70%高まったそうですが、一層の注意が必要になりますか。

 70%というのが確実に証明されているわけではないが、感染性が高いということは、病原性が高いとみていい。人の体内でどんどん増えたら、重症化するのは当然でしょう。上気道や肺の細胞で増えるウイルスも、もしかしたら別の臓器、あるいは全身で増えるようなウイルスが優勢になるかもしれない。

 昨年の春先に、あなた(聞き手の辰濃のこと)に「今のうちにかかったほうが得かも」って冗談で話したけど、人獣共通感染ウイルスが動物から人に感染してすぐは、さほど増殖効率がよくないはず。人から人に感染を繰り返すうちに、人に順応して体内でより増殖する、すなわち病原性の高い変異ウイルスが出てくることを警告したかった。

 例えば、2009年の新型インフルエンザウイルス(H1N1)のパンデミックのとき、そのシーズンでの死者は国内で約200人でしたね。世界的にも15カ月で2万人足らずしか亡くなっていない。

でも、その子孫ウイルスが起こす季節性インフルエンザでは、死者は何十倍にも膨れ上がっている。ウイルスが人に適合して、増殖する変異ウイルスが優勢になったから。

 1918年にパンデミックを起こしたスペインかぜでも、第1波より、その子孫ウイルスが起こした第2波、第3波、すなわち季節性インフルエンザのほうが重症者も死者も多かった。感染性と病原性はリンクしていることを知っておいたほうがいい。

ウイルスを擬人化して議論するのは間違いのもと

 ――宿主を殺してしまうとウイルスが生存できないから、弱毒化すると話す専門家もいますが。

 ウイルスを擬人化して進化論や適者生存、選択淘汰の議論をするのは、間違いのもと。

ウイルスは賢いとか、ウイルスの戦略など「たとえ話」の範疇からはみ出している言葉が使われるのは嘆かわしい。何万年もかけて自然宿主との共生関係ができるのは、選択圧力(変異を促す要素)がなくなってから、の話です。いまの新型コロナウイルスには、当てはまらない。

 第1に、毒性とか強毒化とか弱毒化とか言っている時点でおかしい。ウイルスは毒素ではないから正しくは「病原性」です。ウイルスの体内増殖に対する人の免疫応答が病気なのですから。

 ――先生は専門のインフルエンザウイルスの観点から、コロナウイルスを見ています。

 新型コロナウイルスの正体を探るためには、インフルエンザウイルスを参考にするとわかりやすいかもしれません。

インフルエンザウイルスの自然宿主はカモで、大腸で増殖して糞とともに排出されます。夏場はシベリアの営巣湖沼にいるが、秋になると南方へカモと一緒に飛来する。でも、病原性がないのでカモも死なないし、人に感染することもない。

 でも、ウイルスが渡った先で他の鳥や動物に感染すると、新しい宿主で感染を繰り返すうちに、増殖する変異ウイルスが選ばれて感染が拡大する。それが鶏の間で受け継がれているうちに、養鶏場の鶏の全身で増殖する高病原性鳥インフルエンザウイルスが生まれるわけです。

100%の致死率です。これは鶏の間で何百、何千代もの継代を経てやっと生まれる。新型コロナウイルスが人の間でどんどん感染を繰り返すうちに、増殖しやすいウイルスが優勢になるのと同じこと。

 加えて、人の新型インフルエンザウイルスは、鳥のウイルスから直接、人に感染したものではない。

 カギを握るのはブタです。ブタは人と鳥の両方のインフルエンザウイルスに感染するレセプターを持っている。レセプターとは、ウイルスの持つ鍵に合致する受容体のこと。

 つまり、人と鳥の両方のインフルエンザウイルスの鍵穴を持っているブタに、両方のウイルスが同時感染し、体内で交雑してブタで受け継がれた結果、人に感染できるウイルスが生まれることがある。人類が経験したことのない型だと、これが新型インフルエンザウイルスとしてパンデミックを起こすことになる。

ウイルスの起源と伝播経路は未解明

 ――1968年の香港かぜの伝播経路を突き止めましたね。

 カモ由来のウイルスがアヒルなどの家きんを経由してブタに感染し、同時に人のアジアかぜウイルス(H2N2)に感染したブタの体内で、この両方のウイルスが交雑して生まれたのが、H3N2の香港かぜであることを実証しました。2009年の新型インフルエンザウイルスも、メキシコかアメリカ南部のブタを介して生まれたことがわかっています。

 全世界でブタの感染を注視しておくことが、新型インフルエンザウイルスの出現予測につながります。だから伝播経路の解明は大切なんです。重症急性呼吸器症候群(SARS)もコウモリが自然宿主だというのは確かかもしれないが、中間宿主が分かっていない。

 新型コロナウイルスの伝播経路を解明するためにWHOの調査団が中国に入っているが、中国がどこまで調査に協力してくれるかにかかっている。そう簡単ではない。いずれにせよ、このウイルスの宿主と考えられるコウモリから直接、人に感染したとは思えない。必ず中間宿主がいるはず。

 気になるのは、動物から人に感染を始めたばかりの新型コロナウイルスが、いきなりこれほど人に適合して中国・武漢で見られたような効率のいい感染爆発を起こすとは思えない。どこかで小規模の流行があって、インフルエンザと勘違いして見逃していた可能性もある。少なくとも、武漢の海鮮市場で人への感染が始まったという情報には疑問がある。

 ――変異株対策として、国境封鎖は有効ですか。

 感染症に国境なんてありません。国境の封鎖がまったくダメだとは言わないが、いずれ入ってくるわけだし、日本だけで解決しようとしても意味はない。それに日本で増殖しやすい別種の変異株が生まれている可能性だってあります。全世界が連帯して対策を練らないといけないし、すべきことは、いまと同じです。マスクに消毒、それに3密をさけるなどの基本的な対策の徹底だ。

 実は、鳥インフルエンザウイルスの場合は、水を介して鳥に感染するのが主だが、感染した鳥を食べたカラスやアザラシが全身感染して死んでいるケースを何回も目撃した。

個人的な感触だが、飛沫感染より胃に入ったほうが重症化するような気がする。だから、ウイルスの付いた手で食事をしないよう手洗いは重要だと、知人には伝えている。

 とにかくいまは、感染拡大を止めることに力を注ぐべき。重要なのは経済か感染防御かで、あやふやな対策を講じないこと。そもそも両立させるのは無理です。優先順位を決めて失敗を恐れずにやること。命を最優先するためにはどうしたらよいかを考えるべきだと思います。

ワクチンは感染を防がない

 ――ワクチンが間もなく日本でも接種される予定ですが。

 変異株に対するワクチンの有効性は、塩基配列が少しくらい変わったとしても、抗体を誘導する抗原を決める部分に大きな変異がない限り大丈夫だとは思う。世界中の人に免疫ができた後、選択圧力が加わって、その部分に変異が起きる可能性はゼロではないが。流通し始めたメッセンジャーRNA(mRNA)のワクチンは、人類史上初めての試みで、効き目と副反応の程度については未知数です。

 これまでのワクチンは不活化ワクチンが主流で、有効性に疑問符が付けられていた。今回のmRNAワクチンは90%とか95%とか言われる有効性だけど、そもそも感染を完全に防ぐことはできない。気をつけなければならないのは、ワクチンを打っても症状を抑えるが、無症候や軽症だとしても少量ながらウイルスは排出する。ウイルスを撲滅できるわけではない。

 中国では、鳥インフルエンザのワクチン製造を国策として進めている。そのために鳥インフルエンザウイルスがなかなか消えないのと同じ理屈です。ワクチンは発症を抑えるが、感染しても、それに気づかない。

結果的にウイルスが広がってしまっている。昨年から今年にかけて日本でも相次いでいるH5N8鳥インフルエンザウイルスによる養鶏場の被害も、このため。
 新型コロナウイルスも、ウイルスの特性をよく解析したうえで対策を立てないと、間違った方向に進んでしまうと思いますよ。

㊟辰濃哲郎さん、本当にありがとうございました。ありがとうございました」。大変勉強になりました。皆さん、この記事を大拡散してください。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

文、慰安婦解決する気なし

文ひょう変、慰安婦解決する気なし
「豹変」文在寅、慰安婦問題解決の決意は口先だけ
JBプレス李 正宣
2021/01/27 15:00

1月8日、ソウル中央地裁は、日本政府に対し、韓国人の元慰安婦12人にそれぞれ1億ウォン(約940万円)の賠償を命じる判決を下した。もちろん日本政府はすぐさま反発したが、意外に受け止められたのが、文在寅(ムン・ジェイン)政権がやたらと2015年の「日韓合意」、いわゆる慰安婦合意の存在を強調していることだ。

文政権のその反応に、韓国メディアはもちろん、日本メディアからも「文政権の態度が変わった」という驚きの反応が出ている。

三度も繰り返した「慰安婦合意が両国の公式合意」発言

「2015年(慰安婦)合意が、両国間の公式的な合意だったという土台の上で、慰安婦被害者の女性たちも同意できる解決策を見つけるように韓日間で協議して行きたい」

 文在寅大統領は18日、オンラインで開催された新年記者会見で韓国の裁判所が日本国に対して、元慰安婦らに1億ウォンの賠償判決を下したことについて、「率直に、少し困惑している」といいながら、外交的努力に全力するという立場を明らかにした。

 韓国外交部も、8日の韓国裁判所の判決の直後に出した短い論評の中で、わざわざ「政府は2015年12月の韓日両国政府間の慰安婦合意が、両国政府の公式合意という点を確認している」と述べた。


 23日には、慰安婦賠償判決が最終確定された。そのタイミングで日本政府は茂木敏充外相の談話として「日本としては、この国際法上の主権免除の原則から、日本国政府が韓国の裁判権に服することは認められず」、「韓国に対し、国家として自らの責任で直ちに国際法違反の状態を是正するために適切な措置を講ずることを改めて強く求めます」と、改めて表明した。

 するとそれに応じて韓国の外交部が打ち出した談話では、日本政府に対して「被害者らの名誉・尊厳回復と心の傷の治癒に向けた真の努力を見せるべき」としながらも、

「韓国政府は2015年の慰安婦合意が韓日両国政府間の公式合意であることを認める」という表現を入れ込んだ。

 結局、ソウル中央地裁の判決から半月も経たないうちに、文在寅政権はなんと三度も2015年の慰安婦合意を持ち出し、「司法部の判断と韓国政府は無関係だ」という立場を日本側にアピールしているのだ。

文大統領が慰安婦合意に下した「死刑判決」

 文在寅大統領は大統領候補時代から朴槿恵政権による日韓慰安婦合意を「魂を売り渡した」と強力に非難してきた。大統領に当選した直後の2017年5月、日本の安倍晋三総理との初の電話会談では、慰安婦合意の着実な履行を求める安倍総理に対し、「韓国国民の大多数が情緒的にその合意(慰安婦合意)を受け入れられずにいることが現実」と答えた。

 2017年8月、就任後初の光復節演説では、徴用工問題や慰安婦問題において「被害者の名誉回復や補償、真実究明や再発防止の原則を守らなければいけない」と強調した。

 2018年1月、就任2年目の新年には慰安婦8人を大統領府に招待、2015年の慰安婦合意について次のように謝罪した。

「おばあさんたちの意見も聞かず、おばあさんたちの意に反する合意をしたことについて、申し訳なく思い、大統領として謝罪いたします。大統領として、この合意(慰安婦合意)が、両国間の公式合意だったという事実は否定できないが、この合意によって慰安婦問題が解決されたということは受け入れられません」

 その後も、慰安婦合意を朴槿恵(パク・クネ)外交部の代表的な弊害と規定し、合意過程や内容全般を徹底的に調査するといって、「韓日日本軍慰安婦被害者問題合意を検討するタスクフォース」を設け、そこにおいて「重大な問題がある」と規定、事実上、慰安婦合意に対する「死刑判決」を下した。

 当時、この結果を受け、文大統領は次のように発言した。

「2015年韓日両国政府間の慰安婦合意は手続き的にも内容的にも重大な欠陥があったことが確認された。政府間の公式的約束という負担にも関わらず、私は大統領として、国民とともにこの合意で慰安婦問題を解決することはできないという点をもう一度明らかにしたい」

 さらに2018年11月には、日韓合意によって設けられた「和解や癒し財団」を解体し、日本側に基金を返すと通告した。タスクフォースによる「重大な問題がある」との認定が「死刑判決」なら、こちらは慰安婦合意に対する「死刑執行」だ。

文大統領や韓国政府はこの決定について日本側と事前相談もせず、解散直前の9月、ニューヨークで開かれた安倍総理との日韓首脳会談の席で、文在寅大統領が「財団解散」を一方通告した。

 このように、文在寅政権は今まで機会あるごとに朴槿恵政権による2015日韓慰安婦合意を「過ちだった」と主張し、慰安婦合意では問題は解決できないと言い続けてきた。

国際世論に積極的に訴えた慰安婦問題

 それだけではない。国際社会に向けても、慰安婦問題は「解決されていない」と言い続けてきた。 慰安婦合意で謳った「不可逆学的な最終解決」を一方的に棚上げし、全面否定する国際世論戦に出たのだ。

 2017年11月に来韓したトランプ大統領の晩餐会に元慰安婦の李容洙さんを招待し、トランプ大統領との「サプライズハグ」を演出、アメリカや国際社会に向けて慰安婦問題を再び喚起させた。

 2018年2月には康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がスイスで開かれた国連人権理事会の基調演説を通じ、「慰安婦問題を解決するための以前の努力の過程(2015年の慰安婦合意を意味する)で、被害者中心的なアプローチが欠けていたことを謙虚に認める」、「過去の過ちを繰り返さない」と話した。日韓間では依然として慰安婦問題が解決されてないと国連の場で改めて主張したのだ。

 それが、今になって文大統領自ら、「2015年の慰安婦合意が公式的な合意だったという土台で問題を解決する」と強調しだしたのだから、日本政府はひっくり返り、韓国人は開いた口がふさがらなくなっている。

 保守系の「朝鮮日報」は、「文政権はこの4年間、国家間の合意を破棄し、反日を煽ってきた」、「結局、何の方策もなしに(慰安婦問題を)国内政治用として利用したにすぎなかった」、「その薄っぺらの下心を日本が見ている。恥ずかしい」と辛らつに批判した。(朝鮮日報1月20日付社説)

 文在寅政権と二人三脚で慰安婦合意を批判してきた正義記憶連帯は、文大統領に向かって「当惑」「失望」「卑屈」との批判を浴びせながら、「守勢的な態度になった理由が何か?」と反問したが、彼らにしてみれば当然の気持ちだろう。

平昌五輪の夢よ再び、「アゲイン2018」

 ただ多くの韓国のメディアは、文在寅政権の「豹変」に困惑しながらも、日韓間の慰安婦問題において前向き的な態度になったことを評価し、その背景について以下のように解説している。

 まずは、東京オリンピックを南北関係改善の好機としている文在寅政権としては、日本の協力が絶対的に必要としているからだという分析だ。与党「共に民主党」からは、早くも「アゲイン2018」のスローガンが聞こえてくるほどだ。2018年の平昌五輪の南北平和ショーを東京五輪で再び演出するという意図だ。そのためには文在寅政権としては、慰安婦や徴用工などを巡る歴史問題で日本国民を刺激したくないと思っているはずだという。

 二番目は、新たに誕生した米国のバイデン政権に歩調を合わせるためだという分析だ。伝統的に米国の民主党は、北東アジアの安全保障のために米日韓同盟を強調するスタンスをとっている。

つまり、日韓間の対立をいつまでもただ見ているわけがないと予想される。もっと言えば、2015年の朴槿惠-安倍晋三両政権間でなされた日韓慰安婦合意は、バイデン大統領が副大統領時代だったオバマ政権の積極的な介入で実現したものだ。

バイデン大統領に、文在寅政権がこの合意を破ったという印象を与えてしまうと、今後、日韓関係に米国が積極的に介入してきた場合、韓国側に不利になる恐れがあるとの判断があったという。

果たして、文在寅大統領は慰安婦問題を解決しようと思っているのか

 ところが、筆者の考えは少し違う。よくよく振り返ってみれば、文在寅政権は過去にも慰安婦合意を「弊害」に追いやって徹底的に無視してきたにもかかわらず、一方では「破棄や再交渉を要求しない」いう文章を慎重に常に付け加えてきた。

つまり、実際は合意破棄にあたるような行動を繰り返しながらも、公式的に「慰安婦合意が破棄された」と主張したことは一度もないのだ。

 筆者は2018年に「慰安婦タスクフォース」に参加した文在寅政府の外交ブレーンがインタビューで述べた発言を思い出した。

「朴槿恵政府が寝た子を起こしてしまった。韓日両国で、慰安婦問題は永遠に解決できない問題だ。何もせずに状況管理だけしていればよかったのに、あえて問題を引き出して、事故を起こしてしまったのだ」

 この発言は、文在寅政権の慰安婦問題に対するアプローチを象徴的に示していると言えるだろう。はっきり言おう。文在寅政権には最初から、慰安婦問題の解決策がないだけでなく、解決の「意志」そのものがなかったのだ。

 今の文政権は、残り1年3カ月の任期の間、元慰安婦らやその家族が日本政府の財産売却を強行することを最大限遅らせ、次期政権へ「爆弾」を押しつけられれば、それでいいと考えているかもしれない。アメリカのバイデン政権に向けて、「我々は全力で努力している」という印象を与えればそれで十分で、日本との「和解」などそもそも考えてもいない――。

 そう考えればすべてに合点がいく。

 具体的な行動が伴わない文在寅政権の最近の融和的な発言は、何回繰り返されてもただの「状況管理」のための「リップサービス」に過ぎないのだ。

文政権の「豹変」「対日姿勢の軟化」とされるものは、単に行き過ぎた針を戻すためのポーズでしかない。慰安婦問題は永遠に解決できない。できないのなら、むしろそのままにしておけば、いざというとき日本揺さぶりの手段に活用することだってできる――。それが文在寅氏の本心ではないのか。

㊟蛆文タロウのヤツ、大統領を終えたら米国に亡命するんじゃないかな。でないと殺されるから。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (410)
ニュースの深層 (14325)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR