FC2ブログ

2020-12

命を賭して菅 義偉総理閣下

命を賭して菅 義偉総理閣下へ
菅 義偉総理閣下
田村憲久厚労相殿

     ジャーナリスト・作家
             渡邉正次郎(元参議院議員迫水久常秘書)
老人、若者、シングルファザー必見。大拡散を。

 菅総理や田村大臣が発言すると炎上して首相辞任、大臣辞任に追い込まれますし、田村氏は初当選から知り合いの渡邉正次郎が代弁します。

 武漢疫病が猛威を振るっていますが、気になってならないのは「高齢者を守ろう」の言葉です。この高齢者優先治療を即刻止めるべきです。

ご存知無いようですから申し上げますが、何年も前からどの病院に行っても待合室は高齢者天国。最初、慈恵医大に行った時、「ここは養老病院か?」と錯覚したほど。

こうした老人を見て明らかなのは「生産性ゼロ」、「医療費食い倒れ」老人だけ。。政府も政治家も人権派メディアも何かというと「高齢者優先、老人を守ろう」とカッコつける。

怒りを覚えるのは、この言葉と行動が、大災害の時もまったく同じ。(実際、自分がそういう生き方を示してもいないのに。)

いいですか?ここ数年、大災害が起きると、歩行困難、寝たきり老人を救うために、健常者が命を落とす事例が増えていることです。

生産性ゼロ、家族のお荷物を助けるために、働き盛り、家族の命の糧を稼いでくる健常者を犠牲にするなど本末転倒です。

私を含む70歳以上のご老人方、災害や今回の武漢疫病のような病が流行した時のために、「延命措置を固く固く固くお断りします。〇×太郎“署名”」の書面を肌身離さず持ち歩いてください。私は手帳の裏表紙にしっかり書き込み、署名しています。
(この為に、10月下旬、自殺を決行が、リュックの中の手帳、名刺、遺書等が見つけられ医療関係者が大騒ぎに。加えて意識が戻ると「延命措置をするな!!延命措置をするな!!」と何度も叫んだことで、医師たちが相当悩んだはず。

後、また意識が不明瞭になると個室を24時間監視できる部屋に移動させられ、それこそ24時間監視され続けた。これは病室内で
自殺を図れないようにしたのでしょう)

70歳超えたあなた、もういいじゃないですか。十分生きたんです。なるべく早く身を引くことこそ、家族や社会への恩返しじゃないですか。寝たきりになっても生きたいんですか?下の世話を息子の嫁さんや孫にやらせても生きたいんですか?おお醜い。

皆さん,全国民の年間医療費(43兆8000億円)のなんと40%以上が老人医療費です。これが国家財政を圧迫しているんです。生産性ゼロ、無収入の老人たちの医療費が国家財政を揺るがしかねない状況なんです。

医者が楽に死なせてくれるなら率先してお願いすべきです。

これは菅総理閣下、田村厚労相へ。

安倍内閣の国民給付金10万円支給は私、正次郎が公明党山口代表を説得し、安倍総理を口説いて実現したのです。これは全国民が知ってほしい。

ところが菅総理は「安倍政権を踏襲する」と公約しながら、今回「シングルマザー」のみに給付金を打ち出しましたね。なぜ、シングルマザーのみなんですか?明日の食事代に苦しんでいるシングルファザーも数万もいるんですよ。収入が途絶えた健常主婦、学生、派遣が200万人近くにもなりつつあるのに、何故、こんな片手落ちの政策、誰が言い出したんですか?

全国民へ「10万円給付」に反対し.毎月7万円支給、但し、年金も健康保険も、失業保険も、児童手当、労災保険、生活保護までゼロの「ベーシックインカム」を打ち出した、売国奴の竹中部落平蔵ですか?

菅総理、あなたを「竹中平蔵の言うなり総理」「竹中の操り人形」と呼んでいるジャーナリストたちまでいるんですよ。仮にベーシックインカムを実施することが決定しても、実施までに何年掛かると思っているんですが?私は最低5~7年掛かると見ています。

その間、国民の生活をどうするんですか?手に負えないことになりますよ。それこそ飢え死に、自殺者で地獄です。

(ま、竹中、パソナの南部靖之は謎の外人グループにも目を付けられていますが。。)。

 それよりも、現在、学生やフリーター、主婦も非正規も70代もバイト先などまったくありません。全員、今日明日のメシ代さえない状態です。希望がゼロです。ですから、若い男の窃盗、万引き、強盗、闇バイト(オレオレ詐欺)が急増しているのです。

 更に菅総理、田村大臣、餓死寸前の独居老人(私も含めて)がどれほど多いか、実態をご存知ですか?

スーパーに行くにもバス代(往復320円)がないので、徒歩で健常者の3倍も時間がかかり、それで買うものは“生卵ワンパック”と“即席ラーメンワンパック”です。野菜を買う金はありません。これが実態なんです。ですから、先日厳しいメールを送信し、11月29日にメールと同じ文面ブログ配信したのです。

年末、年始、餓死者、飢えた自殺者が急増します。恐らく万を超えると。。。政府は全国民に毎月の給付金10万円を武漢疫病が克服されるまで支給し、国民を救う義務があります。

それをやらないのなら、明年の総選挙で飢えた老人集団、仕事を失った若者集団、主婦集団、ホステス集団が、与党候補の事務所に押しかけますよ。マスコミは絵になると、撮り捲り、報道するのは間違いありません。そして世界に打電するでしょう。

中には事務所前で自殺する老人、若者も出現する可能性もあるでしょう。政治家への遺書を遺してです。
私は10月下旬にお台場で自殺を決行しましたが、閻魔に「お前は売国奴どもを始末してから来い!」と拒否され、現世地獄に戻され、現在、このような憎たらしい文章を書いています。

老人たち、若者たち、主婦、ホステスたちが選挙事務所に押しかける先頭に立つのは私かも。。。若者達よ、君たちは与党候補の選挙事務所に押しかけなさい。「飢えています!」「食べ物を買う金がありません!!」のプラカードを持って。

菅総理、今日はこれで最後にします。安倍総理の辞任と菅総理をいち早く予言、的中させたのは全ジャーナナリスト、メディアでは私でしたね。あなたもそれを知ってますね。

そして菅総理を実現させるために、「石破茂を叩き潰せ!」と、全国の自民党、知事、県議、青年会議所、商工会議所、医師会等に、何度もメールを送り続け、石破の地方票を激減させました。78歳の老人が大変な時間と労力を使いました。疲れ切ったのですから。石破を潰せた。それも自殺決行の原因の一つでした。

菅さんも、石破派の田村大臣も支援者たちから「渡邉正次郎から石破が北朝鮮での国辱行為のメールがあちこちに届いている。これは石破の地方票に響くぞ」と報告を受け、知ってるじゃないですか?一つくらいは渡邉正次郎の要求を聞き入れる義務がありますよ。

「菅総理は竹中平蔵のお蔭で大臣になれた恩を忘れない」の報道もあります。が、菅さん口幅ったいですが、「菅 義偉を総理大臣に押し上げたのは渡邉正次郎だ」
と表現しても過言ではないはず。

全国民へ毎月10万円の給付金と、医療従事者へ毎月30万円を武漢疫病完全克服まで実行してください。それも年内にです!!年内でないと意味はありません!!これは国家予算を必要としないでしょ。国債を発行すればいいんですから。以上です。

私、渡邉正次郎はもう失うものはありません。関係方面には既に正式遺書を渡してあります。しかも一度三途の川に行って帰った男です。いつでも死ぬ覚悟です。死ぬ覚悟で抗議申し上げます。

この記事は12月2日、ブログ「正次郎のNEWS TODAY」で配信し、12月中に“YouToube正次郎の遺言”で発表します。読者は大拡大をお願いします。
私の命を賭してのこの願いが聞き届けられないなら、貴方方は孫子の代まで祟られます。
菅総理には11月29日、日曜日、菅氏の個人事務所にメール送信いたしました。
 
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

国技でカネ儲けの白鵬、鶴竜を追放しろ



国技で金儲けしている白鵬、鶴竜を追放しろ
横審委員長「覚悟を決めて備えてもらいたい」白鵬、鶴竜に“重い”決議
デイリー

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会が23日、東京・両国国技館で行われ、秋場所、11月場所と2場所連続で全休した両横綱白鵬(35)=宮城野、鶴竜(35)=陸奥=に対し、「注意」が満場一致で決議された。

 横審は成績不振の横綱に対して「激励」「注意」「引退勧告」の順に3段階の勧告をする内規がある。

 秋場所後の横審では厳しい意見も出たが、両横綱の奮起に期待し、決議は見送られた。今回、期待を裏切った両横綱に対し、自覚を強く促す意味でも重い決議を取った。

 横審の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は

「期待に反して2人とも2場所連続で休場した。近年の状況について議論し、内規に従って注意の措置を取ることを決議した。第一人者の自覚を持ち、行動によって示してほしい。来場所、覚悟を決めて備えてもらいたい」

と、来場所、進退を懸けて出場することを求めた。

 44度の優勝を誇る白鵬と6度の優勝の鶴竜と実績差はあるものの、過去2年、休場の多さはともに同レベル。ともに、最近12場所で休場は8場所、そのうち全休が4場所。矢野委員長は「三分の一は全休。180日のうち、2人とも50パーセント前後の休場。横綱の責任を果たしたとは言えない」と、厳しく指摘した。

 過去、史上ワースト8場所連続休場した横綱稀勢の里に初めて「激励」の決議が取られたが、「注意」は初めて。

稀勢の里より重い勧告となったことに「毎場所、土俵に上がって、いい結果は出なかったけどやってる姿は見ることができた。そういう意味では同じように比較することはできないことだろう。稀勢の里とは差を付けた。重みからすれば(激励より)一歩踏み込んだことが注意ということ」
と説明した。
㊟白鵬のヤツ、何年経っても場所になると腕にサポーターって明らかにおかしいよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

“国宝級イケメン”俳優



“国宝級イケメン”俳優・神尾楓珠(21)が元アイドル女優とインドア熱愛 「いいお付き合い」と事務所も公認
「文春オンライン」特集班
2020/11/23 18:10

 11月10日15時頃、都内の高級マンションから1人の男性が現れた。パーカーにパンツ、ショルダーバッグにスニーカーまで黒で揃えている。大きめのマスクに前髪を下ろしているが、目元だけでも美男子であることがわかる。マンションの前で待っていた白のワンボックスカーに乗り込むと、車は都心方向へ向かっていった。

 この男性は今もっとも注目を集める若手俳優・神尾楓珠(ふうじゅ・21)だ。

相手女性は食材を購入しマンションへ戻った

 そして神尾が家を出た2時間後、同じマンションから姿を現したのはアイドルグループ「フェアリーズ」の元メンバー・林田真尋(まひろ・22)。林田はタクシーで仕事の打ち合わせへ向かった後、原宿のラフォーレなどで買い物をし、再びマンションの最寄駅へ。近所のスーパーで食材を購入するとマンションへ戻り、慣れた手つきでオートロックを開けて中に入っていった。

 人気急上昇中の芸能人同士だが、2人は交際についてオープンにしており、友人の間では周知の事実だという。林田は神尾のマンションで作った料理の画像をSNSにも投稿している。マンションの出入りもいたって自然だ。

「今年の春頃には交際がスタートしていて、お互いの家を行ったり来たりする仲になっていたようです。2人とも人気者ですが、周囲の目をあまり気にせず、一緒に出かけていますね。下北沢の『無印良品』に2人で買い物に行ったり、神尾くんの友人と一緒にバーで飲んだり。友人や周囲も2人が付き合っていることは知っていて、まさに“公認のカップル”です」(2人を知る友人)

成田凌や平野紫耀も選ばれた「国宝級イケメン」1位

 順調な交際の背景には、順調な仕事ぶりがある。神尾は俳優として人気が沸騰中。女性誌「ViVi」(講談社)が今年5月に発表した“国宝級イケメンランキング”では、「NEXT部門」で1位に輝いている。

「キリッとした目、たっぷりした涙袋、通った鼻筋に少しだけ口角の下がった唇が特徴で、それらが小さな顔にバランスよく配置されています。神尾くんが1位になった“国宝級NEXTイケメンランキング”は、実はブレイクに直結した企画で、過去に俳優の竹内涼真(27)や成田凌(27)、King & Princeの平野紫耀(23)らも1位になっています。神尾くんも俳優としての成功を約束されたと言えるかもしれません。

 今回の2位はSixTONESの京本大我(25)、3位はTravis Japanの松田元太(21)でした。新進気鋭のジャニーズの人気メンバーに勝ったことも1位の価値を高めています」(雑誌関係者)

「アンナチュラル」でブレイク

 神尾が評価されているのは、顔だけではない。モデルやアイドルを経由せず俳優の道を歩き続けてきた神尾は、演技の幅と迫力に定評がある実力派俳優なのだ。2015年の「24時間テレビ」(日本テレビ系)内で放送されたスペシャルドラマ「母さん、俺は大丈夫」でのデビュー以来、何度も周囲を驚かせてきた。2020年は「ギルティ この恋は罪ですか?」(日本テレビ系)など多くのドラマの他にも、「私がモテてどうすんだ」など4本の映画に出演している。

「神尾くんの注目度が上がった大きなきっかけは、2018年のテレビドラマ『アンナチュラル』(TBS系)です。いじめられているクラスメイトを守るために自ら死を選ぶ高校生を演じたのですが、高校生らしい幼さと悲壮感が入り混じった演技が高く評価され、イケメンぶりも相まって『目が離せない存在』と話題になりました。

 その後も『3年A組 今から皆さんは、人質です』(日テレ系)ではナイーブな役を、『左ききのエレン』(TBS系)では情熱的な主人公までこなしています。人懐っこい性格で現場でスタッフや先輩俳優たちからの評判もいいです」(テレビ業界関係者)

林田は「日本レコード大賞」最優秀新人賞

 そんな神尾のお相手の林田真尋は、アイドルグループ「フェアリーズ」の元メンバー。中高一貫の女子校に通う傍ら、2011年に13歳でフェアリーズのメンバーとしてデビュー。その年に「第44回日本有線大賞」の新人賞や、「第53回日本レコード大賞」の最優秀新人賞を受賞している。

「林田さんは、9年間活動したフェアリーズを今年6月に卒業し、所属していたライジングプロダクションとの契約も終了しています。いまは個人で芸能活動を続けていて、11月26日から始まる舞台『オールドメイド』に向けて連日稽古場に通っています」(同前)

 俳優一本でやってきた神尾と、アイドル出身の林田。一見異なるルートを辿ってきた2人だが、共通点は「インドア」。

林田はSNSでたびたび「Apex Legends」などのゲームの話をするほどのゲーム好きとして知られており、神尾も過去のインタビュー(「ViVi」2020年6月13日付記事)で、「もし女子と家デートするなら、どうやって楽しませたいですか?」という質問に対して、林田との日常を想像させるような回答をしている。

「神尾くんの答えは『一緒にゲームがしたいです! 僕はジャンルを問わずゲームが下手なので、連戦連敗しちゃうと思いますけど……それでストレス解消してもらえればなと』というものでした。ゲームは林田さんの方がうまいのかもしれませんね。神尾くんはゲーム以外にも、マンガが好きで自分で絵を描くのもうまい。そんなインドア志向がお互いにマッチしたのでしょう」(同前)

“お姫様”の林田は友人のタバコを取り上げて……

 だが、神尾は仕事で超多忙。収録で帰りが遅くなったり、会食に出かける機会も多い。取材班は11月10日以降、15日まで6日連続で2人が前述のマンションへ入る姿を確認しているが、神尾が家に滞在している時間は林田よりかなり短いようだ。

 林田をよく知る友人は、「それを彼女が許していることが驚きだ」と話す。

「林田さんは元々、かなりの“お姫様”。『〇〇に行きたいから一緒に来て』と時間を問わずに急に友達を呼び出したり、常に自分を一番に扱ってほしいタイプです。タバコの煙が嫌いなのはわかるのですが、目の前で友人が吸い出したタバコを取り上げて、ケースごとドリンクの中に沈めた時はさすがに驚きました。そんな彼女が、今は神尾くんの忙しさを受け入れているようで、よほど惚れているんだなと思います」(林田の友人)

神尾は直撃取材に堂々「こういうの初めてで(笑)」

 11月16日の朝、マンションの外へ出てきた神尾に、林田との交際について話を聞いた。

――神尾さん、「文春オンライン」です。林田真尋さんとの交際についてお伺いしたいのですが。

「あー、それはまだちょっと、僕が言う訳にはいかないんで、とりあえず事務所が判断することなんで……」

――はい。

「すいません。でもなんか、こういうの初めてで(笑)」

――今も林田さん家にいらっしゃると思うんですが。

「どうなんでしょうかね。まあでも僕が、僕の気持ちを話すことはできるんですけど、色々責任とかあるので……」

――周囲も公認の交際とお伺いしています。

「本当ですか、すいません。それはまた追々で……」

――朝早くにありがとうございました。

「こちらこそ、朝早くすいません」

 そう言うと、神尾は笑顔で一礼し、マンションへと入っていった。

 後日、神尾の所属事務所に確認をすると、書面で「いいお付き合いをさせていただいていると聞いています」と交際の事実を認めた。同じく林田の所属事務所にも確認したが、期日までに回答はなかった。

 神尾が見せた堂々たる取材対応。若き“国宝級イケメン”の活躍に今後も注目だ。

 11月22日(日)21時から放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本件について詳しく解説する。
《直撃動画公開》“国宝級イケメン”神尾楓珠(21)を直撃 元アイドル女優とのインドア熱愛を聞いた! へ続く
(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

㊟神尾も記事中に登場する竹内涼真(27)や成田凌(27)、King & Princeの平野紫耀(23)らも1位って、、、女性は何処見てるんでしょうね。みんな知性ゼロのツラだし、これくらいの容姿の男子、東京にはゴロゴロしてるよ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

レオパレス救済に孫正義「本当の狙い」

レオパレス救済に動いた孫正義「本当の狙い」
JBプレス刑部 久
2020/11/23 06:00

 救世主は、噂されていた“物言う株主”の村上世彰氏でも、ヤマダ電機でもなかった。経営再建中の賃貸住宅大手「レオパレス21」に救いの手を差し伸べたのは、投資ファンド「フォートレス・インベストメント・グループ」(以下=フォートレス)だった。

 フォートレスによる支援が決定された9月30日、レオパレスはプレスリリースにおいてその事実をすぐに発表。宮尾文也社長名で発表されたこのリリースには、問い合わせ先として、執行役員で企画部長を兼務するA氏の名前も併記されていた。

 その翌日、レオパレスはやはりプレスリリースで今度は「重要な使用人の人事異動」を発表した。それは経営の中枢を担う経営企画部長の異動だった。

 不思議なことに、人事異動で新任の経営企画部長の名は明記されているが、前任であるA氏の名前はおろか異動先も記載されていなかった。

ファンドの支援決定と同時に銀行出身の幹部が退社

 レオパレスの社員が事情を説明する。

「Aさんは退職したのです。これでレオパレスは、みずほ銀行まで失ってしまったということです」

 どうやら、A氏はフォートレスによる支援発表の直後に退職したようだ。それにしても、A氏の退職とみずほ銀行とどんな関係があるのか。

 レオパレス社員が続ける。

「Aさんは、みずほ銀行出身でした。レオパレスがフォートレスの支援を受け入れたことで、みずほ銀行はレオパレスから手を引いたのです。それに伴って、Aさんも退社したというわけです」

 すでに、レオパレスからはメインバンクのりそな銀行、サブメインだった三井住友銀行が手を引いている。さらにメガバンクのみずほまで去ったということのようだ。主力行が次々去っていくという事態は、それだけレオパレスの経営再建が困難を極めているということの証左と言えるだろう。

 それでも、それらの銀行に代わって、フォートレスが手を差し伸べてくれた。フォートレスによるレオパレスへの支援額は、出資や融資を合わせて約572億円という巨額になる。

 11月2日には、フォートレスが約束の額を振り込み、レオパレスは118億1800万円の債務超過を解消して当面の危機を脱した。フォートレスは、これでレオパレス株26%を有する筆頭株主になる見通しだ(正確には筆頭株主になるのは、フォートレスの関連事業体である「千鳥合同会社」)。

 これでひと息ついたかに見えるレオパレスだが、社内では安堵の声は少ないという。入居率の低迷が続いている上、フォートレスによる支援の条件がレオパレスにとってなかなかに厳しいものだからだ。

銀行が敬遠する中、救済に乗り出したフォートレス

 改めてフォートレスの支援内容を見てみよう。支援策は、第三者割当増資、第三者割り当てによる新株予約権付きローン、100%子会社のレオパレス・パワーによる優先株式発行の3本立てになっている。

そのうち新株予約権付きローンの金利は年14.5%とかなり高い。「入居率が一定基準に達している期間に限り、年率10.0%となる」と付記されているが、レオパレスを取り巻く環境を考えると劇的に入居率が上昇するとは考えにくい。おそらくレオパレスはフォートレスへ支払う金額が減る可能性は極めて低いと言わざるを得ない。

「貸付元本額」は300億円というから、年利14.5%で単純計算してみると、レオパレスはフォートレスに年間42億円もの金利を支払うことになる。これは相当にしんどい。

 法定金利の範囲内とはいえ、マイナス金利下では“非常識”な金利と評する声も。銀行業界からは「レオパレスは街金なみの条件で支援を受け入れた」と揶揄する声も聞かれる。

 それでもレオパレスを全面支援する銀行もファンドも見当たらず、フォートレスの条件を受け入れざるを得なかった。

 一方、レオパレスでは不良物件の改修工事費用というリスクがいまなお燻り続けている。その額は300億円とも、一説には500億円を超えるとも言われ、だからこそ他のファンドにとってレオパレスは「投資するにはリスクが大き過ぎる」案件と映る。

 そうした中で、手を差し伸べたフォートレスの本当の「目的」に注目が集まっている。

以前からレオパレスに関心寄せていたソフトバンクグループ

 実はフォートレスは米国の投資ファンドであるが、孫正義氏率いるソフトバンクグループ(以下=SBG)傘下のファンドだ。言ってみれば、レオパレスはSBGに命綱を握られた形となった。

 実はSBGは、昨年からフォートレスとは別のルートで、レオパレスに関心を寄せていた。
 そのルートとは、インドの新興ホテルチェーン「OYO」を通じてのものだった。

 OYOは、創業者のリテシュ・アガルワル氏が2013年、19歳の時にインドで起業した格安ホテルチェーン。既存の個人経営のホテルをフランチャイズ化して急拡大した。その成長ぶりが孫正義氏の目に止まり、2015年にはソフトバンク・ビジョン・ファンドも出資している。

 そのOYOは、2019年、日本進出を果たす。ホテル事業と賃貸住宅事業を展開するため、それぞれ別会社を設立。賃貸住宅事業「OYO LIFE」を運営する「OYOテクノロジー&ホスピタリティ」は、SBG傘下のヤフー(現・Zホールディングス)が出資、OYOとヤフーの合弁会社としてスタートした。

「OYO LIFE」は、空き家や空き室をオーナーから借り、契約者は敷金・礼金・仲介手数料無料で、部屋探しから契約までオンラインで完結できるというITを駆使した先進性がウリだ。これによって一気に管理物件を増やすつもりだったが、目論見通りにはいかず、苦戦を強いられていた。

 一方で日本市場には、すでに「敷金礼金・前家賃ゼロ」を武器に、管理戸数約57万戸を誇るレオパレスが存在していた。レオパレスのアパートを利用する約6割は法人。その多くが社宅として利用しているため、個人よりも安定した収益が見込まれる。それなのに、施工不良問題の噴出により経営が揺らいでいる。そんなレオパレスの物件とオーナーは、OYO LIFEには魅力的に映ったはずだ。

 そうした中、昨年9月には、SBGとOYOホテルズ&ホームズの合弁会社が、レオパレスの創業者・深山祐助氏が設立していた不動産会社MDIの株式の80%を取得。このことから株式市場では、苦境にあるレオパレスにもソフトバンクとOYOが触手を伸ばすのではないかという期待がにわかに高まった。

 その期待に応えるかのように、昨年から今年にかけ、SBG側へレオパレス案件に絡んで秘密裏に接触してきた人物がいるという。“物言う株主”村上世彰氏だ。

 旧村上ファンド系の投資ファンド「シティインデックスイレブンス」と、「エスグラントコーポレーション」は、レオパレスのそれぞれ第2位と第3位の大株主になっていた。レオパレスにとっては、同社株を買い集める村上氏の意図が分からず、不気味な存在でもあった。

 ファンド関係者によれば、村上氏は昨年から今年にかけてSBGにレオパレス株の買取りを求めていた。だが、村上氏が時価の3倍近い高値を提示したため、孫氏は“高すぎる”と難色を示し、交渉は決裂したという。

 そうこうしているうちに、OYO LIFE側の状況が変化。昨年11月、OYOと提携して一緒にOYO LIFEを運営していたヤフーは合弁を解消、保有株をOYO側に買い取ってもらい、この事業から撤退してしまった。このニュースが流れると、ソフトバンク側によるレオパレス救済を期待していた投資家たちは落胆、レオパレス株が一気に下落するという事態になった。

 一方でこの時期、レオパレスの入居率は下降線を描き、「債務超過」は不可避の情勢となっていた。当時、筆頭株主だったアルデシアインベストメントは、事実上のオーナーである光通信の重田康光氏を通じて、レオパレス側へ支援を申し出ていたという。

レオパレスにとって、アルデシアからの申し出はありがたいものだったが、重田氏側が提示していた支援額はレオパレスの債務超過を解消するには足りず、実現には至らなかった。

 このような紆余曲折の末に、今回、レオパレスの救済に乗り出したのが、一度は引いたかに見えたSBGだった。フォートレスを通じた間接的なものではあるものの、レオパレスの筆頭株主に躍り出た。では、SBGがここまでレオパレスにこだわるのはなぜなのか。

 その謎を解く鍵は、フォートレスがレオパレスへ示した支援スキームにある。

苦戦中の本体をよそに堅調な子会社

 フォートレスが提示した支援には、レオパレスの100%子会社「レオパレス・パワー」の優先株を150億円で引き受ける項目が含まれている。

 信用調査会社などによると、レオパレス・パワーの主な事業は太陽光発電。レオパレスが管理・所有する全国のアパートの屋上にソーラーパネルを設置し、安定的に電力を確保していた。

 同社の売上を見ると、ここ3年は27~28億円を上げて、利益も3~4億円で推移している上、数十億円の現金預貯金に加えて不動産もある。

 つまりレオパレス本体と違い、レオパレス・パワーは、収益を見通せる優良企業といえる。フォートレスは同社の優先株を普通株に転換すれば、同社を支配下に置くことができるのだ。

 孫氏が自然エネルギービジネス、特に太陽光発電事業に関心が深く、米国や中国、ロシア、サウジアラビアなどにおける太陽光発電事業へ巨額の投資を行っていることは、経済界では広く知られている。

 しかし、足元の日本国内で事業展開は遅々として進まず、新規顧客の獲得に苦戦している。

 レオパレス・パワーは、約7万棟のアパートの屋上にソーラーパネルを設置している。孫氏は、同社の入居者を取り込めば国内での太陽光事業を拡大できると計算しているのではないか。

 フォートレスは執行役員2人を送り込む予定という。そうなれば、レオパレスの経営内容は丸裸にされるはず。

 事実上、レオパレス・パワーを手中に収めたSBGは、仮にレオパレスが立ち直れば御の字。上手くいかなければ、レオパレス・パワーだけ手元に残しレオパレス本体は売却するという算段かも知れない。

 いずれにせよ、レオパレスの殺生与奪のカギはSBGの孫氏が握った。今や日本を代表する投資家となった孫氏はどのようにレオパレスを料理するのか。その手腕に注目したい。

㊟不吉極まる予言を、、、明年以降、損不正義の頭上に暗雲が立ち込める。その雲の色は地獄色…やる事があまりにも不正義過ぎるもの。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

日本は確実に世界の小国に


日本人が即刻捨てるべき「経済大国」という幻想 確実に「小国」になる未来がやってくる
東洋経済オンライン加谷 珪一
2020/11/23 09:10

国際競争力の低下と少子高齢化が再三叫ばれる一方、多くの日本人は自国を「大国」であるとなぜか信じている。しかし、数々の統計やランキングは、日本が間違いなく「小国」になることを冷徹に示している。『日本は小国になるが、それは絶望ではない』を上梓した加谷珪一氏が、日本が小国に転じる未来と、「小国・日本」の進む道を論じる。

今後、日本の人口が増加することはない

 日本の人口が急激に減りつつあることは多くの国民にとって共通認識だが、真の意味で人口減少がもたらす影響についてはあまり知られていない。

 2020年、日本の総人口は約1億2600万人。2008年に1億2800万人を突破したのをピークに、人口は減少している。厚生労働省の調査によると、2019年に生まれた子どもの数は86万4000人で、統計開始以来初めて90万人を割った。

このまま出生数の低下が続くと、2100年には4906万人にまで人口が減ってしまう。およそ80年で8000万人も減るのだから、これは100万人都市が毎年1つずつ消滅する計算だ。仙台市(109万人)や千葉市(98万人)などが毎年消えると言われれば、そのインパクトがわかるだろう。

 この話を聞いて、多くの人が「少子化対策を充実させるべきだ」と考えるだろう。しかしこれを実現するのは容易ではない。人口動態というものは50年、100年という単位で動くものであり、今からではすでにタイミングが遅すぎるのだ。

 今、社会では人口減少と高齢化が同時進行している。総人口が減る一方、高齢者の寿命は年々延びており、日本の人口は、老人が多く若者が少ない逆ピラミッド型にシフトしている。現役世代は、昭和時代と比較して、社会保険料や税金などの経済的負担が極めて重くなっていることは明らかである。

 例えば、何らかの手段で人為的に出生率を上げたとすると、老人の数は変わらず子どもの数が増え、人口ピラミッドは中央がくぼんだ形となる。単純に出生率を上げるだけでは、子育て世代の国民に想像を絶する過度な負担がかかってしまうのだ。

 こうした人口動態による制約条件を考えると、今後、出生率が高まり人口が増加に転じる可能性はほぼゼロに近いと考えたほうがよいだろう。

「大国の条件」が証明する日本の小国化

 全世界には200近くの国家が存在するが、5000万人以上の人口を持つ国は28カ国しかない。人口という点に限って言えば、5000万という数が大国の基準と言えるだろう。

 もちろん人口が多ければ豊かとは限らないが、人口の多い国はGDPも大きくなる傾向が見られる。次に示す人口のランキングで上位を占めるのは中国とインドで、中国には約14億人、インドには13.5億人の人が住む。次いで、アメリカ、インドネシア、ブラジルと続き、日本は10位。

 一方、2019年時点で全世界のGDPは約87兆ドルで、5000億ドル以上の規模を持つ国はたった25カ国。GDPという観点では、5000億ドル以上の規模を持つことが大国の条件と考えられる。

 ドイツやイギリス、フランス、イタリアなどのいわゆる先進主要国は、人口は中国などと比較すると多くないが、それでも6000万人から8000万人の人口があり、人口という面においても大国に分類されている。一方、パキスタンやナイジェリア、バングラデシュのGDPは5000億ドルに迫る勢いで、人口の多寡はGDPの規模に大きく影響していると言える。

 日本経済研究センターによると、2060年における日本のGDPは4.6兆ドルでほぼゼロ成長の見通しだが、アメリカは34.7兆ドル、中国は32.2兆ドル、インドは25.5兆ドルと日本の5.5~7.5倍にまで規模を拡大させることが予想されている。5000億ドルのボーダーラインを割るには至らないものの、日本の相対的な規模は著しく小さくなってしまう。

 人口減少に加え、産業競争力の低下という問題にも直面している日本は、このままでは人口とGDPの両面で、ほぼ確実に小国化するのである。

小国になることは、不幸なことなのか

 ここまでを読むと、もはや日本の未来に明るい材料はないと思ってしまうかもしれないが、これは「日本が何も変わらない」場合のことである。むしろ、小国となっても豊かな社会を実現できるポテンシャルを日本は持っているのだ。

 現に、シンガポールやスウェーデンなど、世界には豊かな社会を実現している小国がいくつもあるが、これらの国々に共通するのは「高い生産性」である。人口が少なくても、国民それぞれが大きく稼ぐことで、豊かな社会を実現しているのだ。

 日本の場合、まだ1億人以上の大きな人口(市場)という他国にないアドバンテージを持っている。人口減少は避けられないが、本格的な人口減少が現実のものとなる前に企業の生産性を高めれば、日本は豊かになれるのである。

 いま、日本に必要なのは、「日本は経済大国」「日本はものづくり大国」といった幻想から脱却し、生産性を高める産業構造へ変革することだ。それは、これまでの常識をリセットする、大変革である。コロナ禍で世界が大きく変わりつつある現在、日本は最大の転換期を迎えているといっても過言ではないのだ。

㊟世界の小国、、、の仲間入り。いいじゃないですか。小粒政治家ばかりになりましたし。分相応です。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

エキセン宮本浩次 は女嫌い?

宮本浩次 ソロでは「中性的な感性を開放しているのかも」
NEWSポストセブン2020/11/22 16:05

54才になってもロックを続ける宮本が語った「歌謡曲」とは

 ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル・宮本浩次(54才)が、昭和を代表する懐かしい曲ばかりを収めたカバーアルバム『ROMANCE』を11月18日にリリースした。150曲の候補曲から12曲をセレクトして収録したこの作品。この中で特に思い入れの深い歌謡曲について尋ねると、宮本はしばし頭を抱え込み……。

「たとえば『二人でお酒を』は、いまは亡き母が好きだった歌なんです。わが家では、川崎大師へ初詣に行くのが習わしだったのですが、母は父の運転する車の中でずーっと歌謡曲を歌い続けているという歌好きな人で、梓みちよさんのこの曲は、いわば母の十八番でした。

 それに、歌謡曲を聴くと、思春期のキラキラした感じもよみがえってきますよね。私は沢田研二さんとか松田聖子さん、ピンク・レディーやキャンディーズが好きで(と微笑み)、『エレファントカシマシ』のメンバーは幼なじみなのですが、石君(ギターの石森敏行)も聖子ちゃんの大ファンだったから、中学時代に二人でよく聴いていたのが『白いパラソル』や『赤いスイートピー』(とまた歌う)。

 それから当時、足しげく通っていた池袋スケートセンターでエンドレスにかかっていたのは『木綿のハンカチーフ』で……。やたらとテンションあがっちゃってね。私も石君もお互いに初めて彼女ができた頃で、恋の気分に浮かれていたんじゃないかな」(宮本・以下同)

 と、思い出が次々と愛おしそうに語られる。その頃の宮本少年の姿が目に浮かぶようだ。

歌謡曲は一粒で二度おいしい

 確かに歌謡曲は懐かしいあの頃に一瞬にして誘ってくれる。とっても不思議な力を秘めている。

「そうなんですよ。しかも子供の頃は意味もわからずに歌っていたけど、大人になって改めて聴いてみると、深い感動に包まれる。つまり一粒で二度おいしいといえるわけです。作詞家がいて、作曲家がいて、歌手がいて、それぞれの役割をきちんと果たすことで名曲が生まれ、どれだけの人が歌謡曲に励まされ、夢見る力を与えられたことかと考えただけで胸が熱くなる。こうして歌謡曲について語るときも、思わず居住まいを正してしまうほどです(と、実際に姿勢を正す)」

 その一方で、歌謡曲を歌うことの難しさもあるという。

「基本的に歌謡曲を歌うのは楽しいです。大好きな歌をうまく歌えたときの喜びといったら……これはもう天にも昇るような気分で。ただ、いまの時代に自分がカバー曲を歌うことの意味について考え始めると複雑な心境に陥ってしまうんです。

 本当にリスペクトしているからこそオリジナルの世界を壊したくない。オリジナルに勝てっこないと思いつつ、『宮本が歌う歌謡曲もいいね』と言われたいという意地もある。そればかりか、『ミヤジの歌を聴いて“昭和の歌っていいね”と思った』なんてことを言われたいという野望もある。それでも歌っているうちに、この感動を多くの人と分かち合いたいという気持ちがどんどん膨らんできた。そういうことなんです」

歌のヒロインがかわいくてたまらない

 さらに気になるのがアルバムのポスターなどにある「宮本が愛した、おんな唄」という言葉だ。

「人は誰しも多面体で、私の中にはフェミニンな部分もある。意識しているわけじゃないのだけど、ソロ活動における私は、ある種、中性的な感性を開放しているのかもしれません。だから女心に共感するし、そのことによって歌の世界が広がった気がします。

(と、ひと息置いて)ま、そんな理屈っぽいことはさておき、それぞれの歌のヒロインがかわいくてたまらないんですよねぇ。どの女の子も私の中の女性に対する妄想を刺激します。ピュアで、情熱的で、寛容で、潔くて、強かで、情が深くて、寂しがりで……歌謡曲に癒されるのは、自分の中に潜む純粋さや豊かさを再確認することができるからかもしれません。私の言いたいことは、このアルバムを聴けば一発でわかってもらえると思います!

 って、私、熱く語りすぎてませんか? 大丈夫ですか?」

 そう言って、「ワハハハハハ」とお茶目に笑う。その晴れやかな表情から充実ぶりが伝わってくる。気さくな人柄、人懐こい笑顔。けれど一度ステージに上がれば、抜群の歌唱力と類いまれなる表現力を発揮し、カリスマ的なオーラを放つスーパースターに豹変する。このギャップが、たまらなく魅力的なのだ。
【プロフィール】
宮本浩次(みやもとひろじ)/1966年6月12日生まれ、東京都出身。1981年『エレファントカシマシ』結成。1988年にデビュー。1996年『悲しみの果て』が大ヒット。2019年ソロ活動開始。椎名林檎と『獣ゆく細道』などを発表し、『NHK紅白歌合戦』に出場して話題に。2020年3月に初のソロアルバム『宮本、独歩。』が、11月18日に初のカバーアルバム『ROMANCE』が発売に。
取材・文/丸山あかね 撮影/森浩司
※女性セブン2020年12月3日号

㊟宮本浩次って今も独身。ってことは女より男好きなんでしょうね。ゲイにもモテる顔とスタイルだし。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「この野郎!」片っ端からボコボコの




「違います!僕はホストです!」歌舞伎町の男たちが次々と“武闘派ヤクザ”にボコボコにされていた〈終わらない「スカウト狩り」〉
文春オンライン尾島 正洋
2020/11/22 17:10


「この野郎!」片っ端からボコボコの“歌舞伎町スカウト狩り”はなぜ起きた? 潰された武闘派ヤクザの「メンツ」 から続く

 コロナ禍で閑散とした夜の新宿駅東口。若いホスト風の男が、暴力団組員の男に追いかけられていた。逃げ惑ったホストが暴力団組員に取っ捕まると、殴られた上に、大声でこう怒鳴られていたという。

「ホストだろうが、スカウトのこと、何か知ってんだろうが?」

 国内最大の繁華街、新宿・歌舞伎町を舞台にした「スカウト狩り」事件。6月4日夜、区役所通でスカウトたちが住吉会系加藤連合会傘下組織の組員約100人に追い回されて、殴る蹴るの暴行を受けた一件だ。

 しかし、事件は1日では収まっていなかった。事件のあった4日以降も、暴力団組員の「狩り」は続いていたのだ。区役所通だけでなく、歌舞伎町全域、さらには新宿駅東口周辺まで戦線を広げて、暴力団組員がスカウト風の男を見付けては暴行を加える事件が繰り返されていたのだ。

暴力は戦線拡大していった

 当時、歌舞伎町に勤務するホストやボーイなど“夜の街”風の男性は次々と、加藤連合会傘下の組員たちに、対立するスカウト会社のメンバーの疑いをかけられていた。

「お前スカウトだろう!」

「違います。僕はホストクラブで働いています。ホストです」

 そして、冒頭で紹介したように逃げ出そうとすると、暴力団組員からつかまれてさらに大声で怒鳴られたうえに殴られる。「信じて下さい。何も知りません」と懇願しても、「スカウトのことで何か知らないのか。あいつらが、どこにいるか教えろ」と脅され続けたという。

 暴力団業界の間でも“武闘派”として知られる加藤連合会傘下の暴力団組員らが目の色を変えて、スカウトを探し回っていることは瞬く間に知れ渡った。

 スカウトだけではなくホストクラブ勤務のホストやキャバクラのボーイなど、夜の街で働く男性は多いが、歌舞伎町を歩いているだけでいつ暴力を振るわれるか分からない状態となり、あっという間に街の目立つところから男性が姿を消した。それでも、出勤しなくてはならないホストらは、目に留まらぬように足早で移動する姿が見られたという。

 いったん発見されてしまえば、男性たちがどれほど「自分はスカウトではない」「スカウトのことは知らない」と説明しても納得してもらえない。暴力に怯える、緊張する日々がしばらく続いた。

 スカウトたちが姿を消したのは新型コロナウイルスの感染拡大の時期とも重なり、歌舞伎町の街頭は一時期、より一層、閑散とした。

歌舞伎町からホストが消えた

 ライバルグループから優秀なスカウトの引き抜きを繰り返していたスカウトグループ「ナチュラル」の幹部が、「歌舞伎町の顔役」ともされる加藤連合会傘下組織に反抗的な態度を取ったことがスカウト狩りの騒動のきっかけだったことは、 前編 で紹介した。

 暴力団側がメンツをつぶされたことで、歌舞伎町でスカウトを見つけては暴行を加えていく事件へと繋がっていったのだ。

 歌舞伎町の飲食業界の女性が、スカウトの活動地域や区役所通からスカウト狩りが始まった事情を明かす。

「この街のスカウトは大きく3つのグループがあり、縄張りという訳ではないが、それぞれテリトリーが分けられている。問題の発端となったナチュラルは歌舞伎町の東側の『区役所通』が活動スペース。ほかに、歌舞伎町のほぼ中央の新宿東宝ビル(旧コマ劇場)から靖国通に面したドン・キホーテ新宿歌舞伎町店までの『セントラルロード』を主な活動地域とするグループと、新宿駅東口周辺を主とするグループに分けられている」

 最初のスカウト狩りが行われたのはキャバクラやホストクラブなどが軒を連ねる区役所通だった。「この通りがナチュラルのスカウトたちの主な活動場所だったためではないか」(前出・飲食業界の女性)と推測する。

 4日の深夜は区役所通が主なスカウト狩りのステージだったが、翌5日以降はさらに「戦線」が拡大していった。

「歌舞伎町にスカウトたちが戻ってきたのは、9月ごろではないか。10月に入り、ようやく以前の姿になった」(同前)

「とにかく女はカネになる」

 今回のスカウト狩り事件の背景には、スカウト業界の繁栄ぶりがあるという。歌舞伎町の事情に詳しい男性が解説する。

「スカウト側はキャバクラなどに女性を紹介すると、店で働いている期間は売り上げのうち数%がバックされる取り決めがある。このシステムを業界では『スカウトバック』と呼んでいる。かなりな金額になるいい商売だ。かわいい顔していれば客はいくらでも付く。とにかく女はカネになる」

 前出の飲食業界の女性は、スカウトによる紹介先について説明する。

「スカウトからすれば女の子のスペックによって売り上げが変わる。まず顔が美人であることが必須。顔のレベルによって紹介する店が違う。まず美人はキャバクラ。そうでなければ、それなりの店に紹介する。

 歌舞伎町の特徴としては、若くて美人であればそれでよいという土地柄。銀座や赤坂とは違い、20代という若さは必要だけれど多少は下品で構わない。最初はキャバクラで働いていても、中には稼げない子もいる。稼げなければ風俗店に転籍することもある」

 ひとたび稼げる女性を“夜の街”に送り込めば、巨額の利益を得る。だからスカウトは、歌舞伎町を歩いている女性に必死に声をかけ続け、しつこく付きまとうことになる。

 スカウトは、まずは女性とLINEの連絡先を交換することがマニュアル化されている。「30~40人と連絡を取れるようにしておいて、1人でもカネになる女がいればよいという感覚」(前出・飲食業界の女性)という。

全国から集まってくる女性たち

 かといって、歌舞伎町で女性が強引にスカウトされて働かされているという訳ではない。歌舞伎町のスカウトが隆盛である理由には、“夜の街”で稼ごうという若い女性が、関東だけでなく全国各地から集まってくることがある。

 コロナ禍とはいえ、忘年会シーズンを目前に控え、飲食店にとっては稼ぎ時であると同時に、女性たちの間ではサイドビジネスも盛んになるという。

 スカウト狩り事件の容疑者も逮捕され、歌舞伎町で吹き荒れたスカウト狩りの暴力が収束を見せたことで、ようやく落ち着きを取り戻した。夜の街で働くスカウトの男性だけでなく、スカウトされて夜の店で働く女性たちもたくましさ、したたかさを取り戻しつつあるようだ。
(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

㊟スカウトされた女たち、、、数年後、♪た~ばこ吹かして~口笛吹いて~こんな女に誰がした~♪と街角で立つか。男たちは振り向きもしない。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「武漢疫病大流行はもうあり得ないの大嘘



「武漢疫病大流行はもうあり得ない」医師発言の裏
「コロナの大規模流行、もうあり得ない」中国の専門家が自信示す。その根拠は?
ハフポスト日本版 2020/11/22 11:12

中国の複数の都市で新型コロナウイルスの感染者が相次いで見つかっていることに対して、中国疾病予防管理センターの専門家は11月21日、
「中国で再び大規模流行が発生することはあり得ない」と対策に自信を示した。

中国・衛生健康委員会の発表によると、11月21日には中国本土で17人の感染者が確認された。うち14例は輸入症例だが、内モンゴル自治区で2人、上海市で1人が市中で感染したとみられている。

その前日の20日には天津市で5人、上海市で2人と、国内の複数都市で輸入症例ではない新規感染者が見つかっている。

こうした状況に対し、中国疾病予防管理センターの呉尊友(ご・そんゆう)・疫学主席専門家は21日、国営放送CCTVのインタビューに対し、
「このところ、多くの場所で新規感染者が見つかっているが、大規模な流行が再び起こり得るのかというと、私個人はあり得ないと考えている」と自信を示した。

その理由として

「我々はすでにウイルスの感染拡大の特徴を掴んでおり、感染を見つけ次第すぐに抑え込む戦略を取っている。この先も少数の新規感染者が見つかるだろうが、大規模な流行にならない」と話した。

呉氏がこのような認識を示したのは、複数都市で新規感染者が見つかっているのに対し、民衆の不安を取り除く狙いがあるとみられる。

中国では、新型コロナの感染者が見つかった場合、すぐに濃厚接触者らを隔離し、大規模なPCR検査を実施する戦略をとっている。感染源とみられる場所に立ち寄った人を特定するために、スマホの位置情報などが利用されているとみられる。

㊟自国で意図的に生んだ疫病なんだから出来るんじゃないですか?でも、ゴキ醜国は次々と新しい疫病を発生させますよ。30年も前に、「この国は疫病国家!」と断言したの正次郎ですよ。原因は「食人」国家だから。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ロゴを見ただけで吐き気



ロゴを見ただけで吐き気
「アマゾンのロゴを見るだけで吐き気が…」需要が増え続ける宅配業界の悲惨な実情とは
文春オンライン刈屋 大輔
2020/11/21 11:10

 インターネット通販の台頭や、コロナ禍による巣ごもり需要の増加を要因に、宅配業者の需要は増加の一途をたどっている。一方で、サービス残業の状態化が報道されるなど、現場からの疲弊を訴える声は後を絶たない。

 現場で働くドライバーたちは一体どのような心境で仕事にあたっているのか。刈屋大輔氏による取材を通じて得られた貴重な証言をまとめた書籍『 ルポ トラックドライバー 』より、その実情を紹介する。
◇◇◇
アマゾン対応で混乱した「宅急便」の現場

 宅配便最大手のヤマト運輸に勤務する松本さん(仮名)は2020年に入社8年目を迎えた。現在はセールスドライバーとして首都圏エリアで「宅急便」の集配業務を担当する。

 取材に応じてくれたのはまだ初夏の頃だった。にもかかわらず、新型コロナ対策として義務づけられたマスク着用の影響なのか、松本さんの額やユニフォームには汗が滲んでいる。

 街中を一日中走り回る「宅急便」の集配業務はただでさえハードなのに、コロナ元年となった2020年は例年以上に体力の消耗が激しいようだ。もともと細身で顔のまわりもすっきりとしている松本さんだが、少しだけ体重が落ちたという。

「4月以降、お客さんから荷物を受け取ったり、渡したりする対面時にはもちろん、台車を押しながら街中を移動する際にもマスクを着用している。マスクの影響で以前よりも仕事中に息が切れるようになったのは事実。でもコロナが落ち着くまでは仕方がない。確かに体力的に仕事はきつくなった。ただ、きつさという意味では、2015年から2017年あたりまでのほうがしんどかった」

 松本さんが振り返る2015年から2017年にかけて、ヤマトでは「宅急便」の取扱個数が急増した。

 同社資料によれば、この期間の取扱個数は16億2204万個(2015年3月期)、17億3126万個(2016年3月期)、18億6756万個(2017年3月期)。年間に1億個超が積み上がっていく驚異的なペースで推移した。

市場シェアは維持・拡大できたが…

 大幅増が続いた背景には、ネット通販での需要拡大があった。とりわけ増加に寄与したのはアマゾンジャパンの荷物だった。

 日本に上陸して以降、アマゾンはサイトで販売した商品の配送に宅配便サービスを利用してきた。そのパートナー(委託先)は日本通運や佐川急便などを経て、2013年からはヤマト運輸がメーンとなった。

 アマゾンの配送を受託したことで、ヤマトの「宅急便」は一気に伸びた。90年代後半に宅配便事業に参入した佐川急便や、民営化後に日本通運の「ペリカン便」を飲み込んで攻勢をかけてきた日本郵便と、熾烈な荷物の奪い合いを繰り広げてきたヤマトにとって、アマゾンは市場シェアを維持、拡大していくうえで不可欠な顧客だった。

捌ききれない大量の荷物

 しかし、取扱個数を増やすことに成功する一方で、「宅急便」の現場は“アマゾン対応”で完全に疲弊してしまった。

 現有の戦力のみでは到底捌ききれないほどの大量の荷物が毎日のように営業所に届く。

 それらを当日中、しかも指定された時間帯に届けなければならない。届け先が不在の場合には、何度も繰り返し訪問する。当日の配達ノルマをこなすため、昼休みなど休憩時間は取らず、さらに夜遅くまで残業して街中を走り回る。常に人手が足りない状態が続き、休日出勤を強いられる日々が続いた。

 松本さんに限らず、ヤマトの現場で活躍するセールスドライバーたちは、アマゾンとの取引で「宅急便」の取扱個数が急増する裏側で、こうした過重労働を長期間にわたって余儀なくされてきた。

「当時の勤務実態は尋常ではなかった。昼夜を問わず配り続けても営業所内やトラック内の荷物が一向に減らない。その原因はアマゾンの荷物だった。あまりにも忙しすぎて、段ボールにプリントされているアマゾンのロゴを見るだけで吐き気をもよおすこともあった」

常態化するサービス残業

 そんな過酷な労働環境の中、さらに現場で働くセールスドライバーたちを悩ませたのは所属先上司による“サービス残業?の強要だった。サービス残業とは、従業員に超過勤務時間を実際よりも少なく申告させて残業代をカットするというものだ。

 会社側は残業代の支払いが少なくて済む。これに対して、従業員側は本来受け取るべき収入が減ってしまう。サービス残業は雇用の継続や将来の昇格人事などを楯にして会社側が従業員に対応を迫る「悪しき慣習」にほかならないが、それが当時、ヤマトの社内では横行していた。

「サービス残業は本社や支社など上からの指示だったと聞いている。営業所としてのコスト抑制のノルマを達成したり、セールスドライバーの過重労働の実態を隠したりするための“協力?を求められた。具体的には、タイムカードをおさずに早朝の積み込み作業を行ったり、タイムカードをおしてから夜の退社前の事務作業をこなしたりして、トータルの勤務時間が短くなるよう調整させられた」

 しかし、こうした会社ぐるみの隠蔽工作は長続きしなかった。一部の従業員が残業代の未払いなどを告発したことで、社内に蔓延するサービス残業の実態が一気に表面化した。

 ヤマトでは、それを機に新設した「働き方改革室」を通じて、現場の労働実態を把握するための社内調査に乗り出した。その結果、全国の多くの現場でサービス残業が行われていることが判明した。

230億円の未払い残業代

 社内調査を終えた会社側は、最終的に、過去2年間分を遡るかたちで、未払い状態だった残業代を従業員たちに支払うことを決めた。未払い残業代は総額で230億円に上った。

 当初、ヤマトでは「サービス残業は一部の現場で行われていたこと」と主張していた。ところが、社内調査で蓋を開けてみると、“一部”どころではなかった。230億円という金額規模からしても、サービス残業が特定の現場での行為ではなく、全社的に常態化していたことは容易に想像できる。

前代未聞の「荷受け拒否」 

 その後、ヤマトでは、現場での過重労働を解消しようと、様々な対策を打ち出した。具体的にはまず、「宅急便」の引受量を制限する「総量規制」に踏み切った。

「総量規制」とは、集荷、幹線輸送、配達で形成する「宅急便」ネットワーク(インフラ)のキャパシティーを超えないよう、取り扱う荷物の量をコントロールするというものだ。

前述した通り、営業所に捌ききれない荷物が溢れかえっている状態は明らかにキャパオーバーであり、それが現場スタッフの長時間労働や残業の温床になっているとの判断から、「宅急便」の取扱量そのものを一時的に減らすことにした。

 ヤマトでは「当分の間、一日当たりの発送量を20%程度減らしてほしい」といった具合に、日々の出荷量が多い大口顧客を中心に協力を要請した。ヤマトからの依頼に難色を示す顧客に対しては、全面的な取引中止も辞さないという強気の姿勢で交渉に臨んだ。この「総量規制」の実施は、従業員たちを守る立場にある労働組合からも強く要請されたことだった。

 荷物の受け入れを拒否するという前代未聞のヤマトの行動に、反発する顧客も少なくなかった。とりわけ強い憤りを示したのは通販会社だった。通販ビジネスはネット経由などで購入された商品を消費者に届けることで商取引が成立する。それだけに自分たちに代わって商品を配送してくれる宅配便は欠かせない機能だ。商品を運ぶことが拒否されれば、ビジネスそのものが立ち行かなくなってしまう。

 それでもヤマトは意に介さなかった。大手はもちろん、受け入れ拒否が死活問題になりかねない中小零細規模の通販会社に出荷制限を迫ることもあった。商品配送の大部分をヤマトに委ねてきた最大顧客であるアマゾンに対しても例外ではなかった。

 慌てたアマゾンは商品を安定的に供給する体制を維持するため、地域の軽トラ配送会社などを組織化した新たな配送ネットワークを構築した。「総量規制」以降は新ネットワークの活用比率を徐々に高めていくことで、ヤマトへの依存度を下げていった。

「殿様商売にも程がある」という批判

 こうして顧客からの反感を買いながらも強引に推し進めた「総量規制」は、結果として成功を収めた。当初、ヤマトでは2018年3月期の取扱量を前期比で約8000万個(約4%)減らす方針を打ち出していた。最終的な着地は、前年同期比1.7%減(18億3668万個)と、目標値には届かなかったものの、全体のボリュームは抑制することができた。

 松本さんは当時をこう振り返る。

「ある通販関連のお客さんに荷物の引受量を制限することを伝えたら、『荷物をたくさん出してくださいと頼まれたから、ヤマトさんにお願いしてきたのに、今度は出すな、運ばないぞ、だなんて、殿様商売にも程がある』と怒り心頭だった。こちらとしても『ごもっとも』と思ったので、返す言葉がなかった」

賛否両論を呼んだサービスメニューの見直し

「総量規制」とともに、サービスメニューも見直した。例えば、注文を受けたその日のうちに商品を届ける「当日配達」サービスは一時的に中断することにした。

「当日配達」は、購入者による注文キャンセルの回避や商品在庫回転率の向上につながるため、とりわけ通販会社から好評だった。しかし、最前線のセールスドライバーたちにとっては厄介な存在にすぎなかった。

通常サービスである「翌日配達」分の荷物と再配達分の荷物の配達に追われる夕方以降の時間帯に、新たに「当日配達」分の荷物の配達が加わり、業務負荷が一気に増すからだ。この「当日配達」を停止したのは、ドライバーたちの長時間労働を是正するのが目的だった。

「宅急便」の利便性を象徴するサービスともいえる「配達時間帯指定」にもメスを入れた。従来は時間帯の区分として、「午前中」「12~14時」「14~16時」「16~18時」「18~20時」「20~21時」の6区分を用意していたが、このうち「12~14時」を廃止。さらに、「20~21時」をなくし、「19~21時」という区分を新設した。ドライバーの昼休み時間をきちんと確保したり、夜間帯に行う配達業務の負荷を軽減したりするためだった。

 一連の「働き方改革」によって、現場で働くドライバーたちの労働環境は劇的に改善した。「総量規制」や「当日配達の停止」「時間帯指定区分の見直し」といった対策のほかにも、仕分けや積み込み作業に従事する補助スタッフの増員や、集荷・配達業務の外注化(協力運送会社への業務委託)拡大などを進めることで、ドライバーの労働時間は従来よりも大幅に短くなった。残業はゼロではないものの、過少に申告することを求められたりすることもなくなったという。

「とくに休憩時間の確保を徹底することは口酸っぱく指導されている。昼休み中は、たとえお客さんから連絡があっても、電話に出ないように、と言われている。勤務時間も正確かつ厳密に管理されるようになった」

「働き方改革」後の懐事情

 もっとも、ヤマトの「働き方改革」は、松本さんをはじめとするセールスドライバーたちにとって、手放しで喜べることでもなかったようだ。松本さん自身、一連の「働き方改革」によって、残業を含めた勤務時間が減り、その結果年収が15%程度ダウンしてしまったという。

 途中休憩をとらず、朝から晩まで荷物を抱えて走り回り、休日返上で出勤する。肉体的にも精神的にもハードな毎日だったが、体調を崩して倒れるまでには至らなかった。激務に身体が慣れていた。確かに仕事はたいへんだったが、それに見合うだけの報酬を得ていた実感があり、不満はなかった。

 子供の教育費など、これから出費が増えていくことを考えると、年収ダウンは家計にとって大きな痛手だ。サービス残業は言語道断だが、「きちんと加算される残業であれば、むしろあったほうが収入面では助かっていたのは事実」と松本さんは本音を漏らす。

副業を始めるドライバーたち

 松本さんの同僚たちの中には、「働き方改革」以降、減収分を補うため、副業を始めるドライバーも少なくない。しかもその副業は、同じ配達の仕事だという。“本業”の勤務日の定時終業後や休日の日中に、いつもと違うユニフォームに身を包んで、街中を走り回っている。

 実は、宅配便会社をはじめとするトラック運送会社では、ドライバーによる副業を認めていないケースが多い。とりわけドライバーが副業としてドライバー職に就くことを禁じている。

 その理由はほかでもない。疲労による体調不良が原因となって交通事故や災害を発生させることがないよう、トラックドライバーには乗務終了後、継続8時間以上の休息期間を確保することが法的(厚生労働省「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準=改善基準告示」)に求められている。本業での仕事を終えた後や休日に、副業としてハンドルを握ることは、このルールに抵触する恐れがあるからだ。

 それでも副業ドライバーは後を絶たない。「営業所の上司も他社で配達員の仕事に就いていることは薄々わかっている。しかし、働き方改革で収入が減っていることを承知しているから、見て見ぬふりをしているというのが実情だ」と松本さんは指摘する。

 違反のリスクを承知しながらも副業ドライバーの受け入れに積極的なトラック運送会社も存在する。通販商品の配達サービスなどを展開する、ある軽トラ運送会社もそのうちの一社だ。

同社では、ヤマトのような大手宅配便会社に籍を置く副業ドライバーたちを、教育や研修をほとんど必要とせずに現場に投入できる「宅配便の業務ノウハウを身につけた即戦力」(同社経営幹部)として重宝している たとえ法的に問題があるとしても、需要がある以上、より多く稼ぐためにトラックドライバーたちが副業でもドライバーとしてハンドルを握るという流れはしばらく止めることができないだろう。

午前3時起床、週6日の勤務…大型トレーラー運転手として激務を送る30歳女性の日々に迫る へ続く
(刈屋 大輔)

㊟大変な仕事ですね。顔見知りの配達男子に会うと「身体に気を付けて」と声を掛けているが。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コロナ死者よりも多い自殺

コロナ死者よりも多い
コロナの死者よりも多い自殺者数に海外メディアが驚愕。日本の「メンタルヘルス・パンデミック」
ハーバー・ビジネス・オンライン
2020/11/21 15:31

 列島が首相の交代やGoToトラベルキャンペーンに沸いた今夏。専門家が警告していたとおり、秋の訪れとともにコロナの感染者が激増しているが、その陰では同じく深刻な問題が発生し、日本国民の命を奪っている。

新型コロナよりも多く失われた命

 「10月、自殺によってコロナの10か月間よりも多くの日本の命が奪われる」と衝撃的な見出しが躍ったのは、「CBS NEWS」だ。日本における自殺者の数が多いのは今に始まったことではない。というか、日々の「人身事故」などが当たり前になりすぎて、我々の感覚が麻痺しているという面もあるだろう。(参照:CBS NEWS)

 しかし、そんな「自殺大国」でも、コロナショック下での自殺者数の増加は海外メディアにとって衝撃的だったようだ。

 「新型コロナウイルス感染症そのものよりも、はるかに多くの日本人が自殺によって亡くなっている。これはパンデミックの経済、社会的影響が絡んでいると思われる。全国の死者が2000人以下と、日本はコロナの流行に対して他国よりうまく対応した一方、警察庁の仮統計によれば10月だけで自殺者数は2153にも昇っている。これで上昇するのは4か月連続だ。

 現在日本では、今年に自ら命を奪った人の数は1万7000人以上にも昇る。10月の自殺者数は例年より600人多く、女性の自殺は全体の約3割と80%以上上昇している」

 特に注目したいのは、女性や子どもの自殺が増えているという点だ。

 「主に育児を担ってきた女性は、パンデミックによる失業や不安の矢面に立たされている。また、彼女たちはよりDV被害の危険性に晒されており、相談所によれば世界各国と同じく日本でも状況は悪化している。全体から見ると子どもの自殺はもっと少ないが、こちらも上昇している」

最悪の状況はこれから

 日本ではこれまで女性や子どもの社会的地位や権利が低すぎると議論されてきたが、コロナショックが引き金となり、まさにその層が被害を受けているのである。

 「日本は長きにわたって高い自殺率と奮闘してきた。それには複雑な理由があるが、7月に方向転換をするまで今年の自殺者数は下降傾向にあった。(自殺者数が増えたのは)『みんなで頑張ろう』というパンデミックの前向きさが欠け、緩衝材となっていた補助金のインパクトが消えたからかもしれない」

 同記事は専門家のコメントを紹介しながら、こうした傾向は今後他国にも波及していくのではないかと分析している。

 「『我々はメンタルヘルスの流行の真っ只中にいます。状況は悪化していくでしょう』。先日、アメリカ心理学会会長のビビアン・ペンダー博士は、CBSの『サンデー・モーニング』でそう話した。

 『まだ、最悪の状況は終わっていないと?』。スーザン・スペンス記者は彼女にそう尋ねた。

 『いいえ、まったく。メンタルヘルスに関しては、最悪の状況はこれからでしょう。大勢の亡くなった人たちや失われた機会、夢、抱いていた希望に対しての深い悲しみと悲観が訪れます』」

 新型コロナウイルスが拡大するのと並行して、メンタルヘルスに関連したパンデミックがやってくる……。すでに日本はその第一波に飲み込まれているのだ。

ウィズコロナの疲弊でメンタルヘルスが悪化

 新型コロナウイルスによる自殺者は世界中で増えているが、もとより高い自殺者に悩まされていた日本の現状は、まさに桁違いなのだ。
 「Bloomberg」も、「日本の自殺者急増が、コロナによるメンタルヘルスの死者数を示す」と、この問題を取り上げている。暗澹とした気持ちにさせられるのは、「一部の層」が特に被害を受けているという事実だ。(参照:Bloomberg)

 「政府の統計によると、8月の自殺件数は15.4%・1854人に上昇した。なかでも、より少数の自殺、女性の自殺は約40%に跳ね上がっている。小〜高校までの学生の自殺件数は59人と前年の倍以上となった」

 「経済的に、コロナウイルスは不釣合いに女性を影響している。小売りやサービス業など、より変則的な雇用についていることが多いからだ。昨今の日本の失業のうち、彼女たちは66%を占めている」

 また、親へのストレスが増していることで、子どもたちが発している「危険サイン」も見過ごされがちになっているという。同記事によれば、ここ数年日本の自殺者数は低下傾向にあるものの、未成年の自殺件数はいまだ上昇し続けている。

進まないメンタルヘルスへの理解も背景に

 「アジアでは、欧米に比べてメンタルヘルスの問題について汚点がつきまとうことが、死者数の原因かもしれない。例えば日本では、自分の感情や本当の自分を見せることに対して、社会的圧力がある」

 真っ先に「自助」を求められる社会では、追い詰められたときに助けを求めることすら叶わない。まさに生き地獄だ。

 「自殺者数は初め、ウイルスの感染拡大を防ぐため、春に政府が発表した緊急事態宣言の間は低下した。専門家は、職場や学校のストレスから離れたせいだとした。こうした集団的な連帯は、戦争や自然災害によっても発生した。

 しかし、経済が再開するとともに、一部の国民は置いてきぼりにされた。たとえば解雇された労働者や、家に居続けなければならなかった人たちだ。日本では、3か月間の閉鎖後、6月から学校が再開した。統計によればイジメが増加し、学業に追いつくためのストレスが加わった」

 あまりに多い自殺者数、先進国のなかで遅れに遅れている女性の社会進出、イジメ……。これらはすっかり我々にとって「当たり前の日常」となってしまった。いや、人によってはそれを「日本の文化」とすら呼ぶかもしれない。

 しかし、それは目の前にある問題に対して、無感覚になっていたことの裏返しなのかもしれない。これだけ多くの人が自ら命を奪ってしまう状況は、決して「当たり前」ではない。むしろ、当たり前であってはならないだろう。

 日々の生活を送るだけでも不安やストレスに蝕まれる今、たとえ身近な人の問題であっても、救いの手を差し伸べることは難しいかもしれない。だが、こうした問題に対して見て見ぬ振りをするのではなく、それを直視し、苦しんでいる人がいると理解するだけでも、社会は変わるはずだ。

 はたして、海外メディアがメンタルヘルスの「ワーストケース」として取り上げる日本はどうなるのだろう。
 こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556
<取材・文・訳/林 泰人> 

㊟今の日本は自殺したくなるのは判ります。生活苦から自殺、会社倒産自殺なら首相官邸近くをお薦めします。勿論、総理に遺書を残してです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

屋外での排せつやめて、

屋外での排せつやめて、コロナ後見据え観光客のマナー違反対策強化へ NZ
AFPBB News
2020/11/21 12:38

【AFP=時事】ニュージーランド政府は、新型コロナウイルス後の観光計画の一環として、美しい自然の中で排せつする旅行者が後を絶たない問題について対策を講じることを約束した。

 ニュージーランド各地の地元住民は、トイレのないキャンピングカーで国内を旅行し、道路脇に排せつする「フリーダム・キャンパー」と呼ばれる旅行者に対してかねて不満を抱いてきた。

 スチュアート・ナッシュ(Stuart Nash)観光相は、新型コロナウイルスの流行収束後の観光業再建の一環として、トイレを備えていないキャンピングカーでの旅行を禁止する方針を明らかにした。

 新型コロナの感染が拡大する前は、観光業はニュージーランドの主要な収入源で、年間約400万人の外国人観光客の支出額は162億ニュージーランド・ドル(約1兆1700億円)に上っていた。

 ナッシュ氏は「私は出掛ける前に必ずトイレを済ませておく」と述べ、ニュージーランドの起伏に富んだ自然を堪能する旅行者らに自制を呼び掛けた。
【翻訳編集】AFPBB News

㊟野外での排泄、、、私は醜キンピラ国の事だと思ったら違った。ま、この国のゴキブリの90%は毎日の排泄が野外が当たり前で、それらが地下に浸み込み、地下水となってゴキブリどもはその水を飲み、料理に。勿論、訪中する外国人もすべで一緒。
 キャンピングカーで生活なら、野外排泄は当然のようになってしまうだろう。
でも醜中国よりいいじゃないですか、この国の内陸部に住む数億のゴキブリたちは未だ排尿排便は野外です。しかも、尻も手も洗いませんよ。
それどころか、祖父、祖母や赤子が病気で死んでも。葬儀もせず、山や川にすてているんですよ。ですから川は今も泥川で、汚物だらけ、ですから疫病を次々発生させるんです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

54歳で少年隊って


54歳で少年隊って
東山紀之「大っ嫌いな先輩」がいた過去「その人のバックだけはどうしてもダメ」
スポーツニッポン新聞社
2020/11/21 13:36

少年隊の東山紀之(54)が21日、TBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。ジャニーズ事務所内で“大っ嫌いな先輩”がいたことを明かした。

 1979年でジャニーズ事務所に入所するまでは「プロ野球選手か体育の先生になりたかった」と東山。入所当時「1人大っ嫌いな先輩がいまして、うちの事務所に」とし、「今はいらっしゃらないんですけど、その先輩だけはどうしてもダメで、そのバックダンサーだけはどうしてもダメだなと思って。ずっとサボってたんです」と意外な告白をした。

 フジテレビの音楽番組「夜のヒットスタジオ」の放送を見ると、その先輩のバックで錦織一清(55)と植草克秀(54)が笑顔で踊っていたといい、「ちょっと罪悪感があって。ちゃんとニコニコして踊っていて」と苦笑。そんなある日、まだ14歳だった東山はジャニーズ事務所の前社長で昨年他界したジャニー喜多川さん(享年87)に呼ばれ「YOU、やるんならちゃんとやりなよ。やめるならやめるでいい」と厳しく注意を受けた。その言葉で意識が変わったという。「“ちゃんとやる”って、すごいシンプルなんですけど、意外と目の前の事をちゃんとやらないと、将来にも繋がっていかないので、今もなるべく今をちゃんとやろうとは考えています」と語った。

 ジャニーさんについて「芸能に関してはすごい厳しかった」と回顧。階段で「僕らバラバラで降りてきた時、ものすごい怒られた。『トシをちゃんと見てごらんよ、歩数計算してちゃんと降りてくるから』って。あ、ほんとだ!って」としみじみ。

「3人組だと踊りがどうのこうのより、ものすごい位置が大事だから。ちょっとでもズレると、みんな気を取られちゃって、振り付けどころじゃない。3人組の場合は位置をきちっとやらないと」と厳しく指示されたといい、「物凄い怒られてましたね。

それだけの精密さがエンターテインメントには必要なんだなって(実感した)。(目線もジャニーさんは)お客さんと一緒で、同じ振り付けだと飽きてきちゃうんで、同じ曲でも番組ごとに振り付けを変える、みたいな。見てるお客さんのことを考えたら、同じことやってるって思われるよりは常に新鮮に。あんなことやるんだ、こんなことやるんだって、驚かせないといけない」と教えられたといい、「今、その教えをなるべく守っているところです」と明かした。

㊟それほど厳しい教育を受けた割にはジャニタレって使いモノにならない大人になってますね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (410)
ニュースの深層 (14347)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR