FC2ブログ

2020-11

私が恐れていたことが現実に

私が恐れていたことが現実に
新型コロナ、胎盤から赤ちゃんに感染? 相次ぐ報告に…
朝日新聞社
2020/11/21 07:28

 妊娠中に新型コロナウイルスに感染したら、おなかの赤ちゃんにうつるのか。世界中から報告が上がり、国内でも疑わしい例が出ている。様々な研究報告から、母から子への感染の可能性がわかってきた。

 4月中旬、埼玉県内で母親と生まれたばかりの赤ちゃんの新型コロナ感染が確認された。出産した蕨市立病院では、感染確認の4日前までに助産師2人の感染がわかった。母子は退院していたが、接触の疑いがあり、検査を受けていた。

 病院によると、感染経路はいまもわかっていない。出産から10日以上経っており、出産後に赤ちゃんにウイルスがうつった可能性は十分ある。もう一つの可能性として指摘されたのが、母親がウイルスに感染し、胎盤などから赤ちゃんにうつる「母子感染」だった。

 母子感染は、風疹やB型肝炎、C型肝炎ウイルス、ジカウイルスなどで起きることが知られている。風疹は、赤ちゃんに難聴や心臓病が出る可能性があるほか、ジカウイルスは脳が小さくなる「小頭症」などの重い障害が出るおそれがある。

 新型コロナの母子感染は早くから指摘されていた。中国では2月、生まれたばかりの赤ちゃんが新型コロナに感染していたと報告された。

 7月に米国のチームが39本の論文や報告を分析したところ、感染した妊婦から生まれた936人の赤ちゃんが48時間以内に鼻の奥のPCR検査を受け、3・2%が陽性だった(https://www.ajog.org/article/S0002-9378(20)30823-1/fulltext#)。

 一般的にウイルスが赤ちゃんに侵入するルートは、胎盤や臍帯血(さいたいけつ)、羊水、膣(ちつ)、母乳など様々だ。新型コロナでは胎盤を通じたルートが有力だとみられている。

㊟私は知り合いの男性には、
「武漢疫病が流行している間は妻を妊娠させるな。産まれる赤ん坊が障害を持って生まれるから」
 と注意しているが。。。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

子育てに悩む松岡修造 「父は嘘つき」長男



子育てに悩む松岡修造 「父は嘘つき」長男反発で“一家離散”の修羅場も
2020年11月13日 7時5分
NEWSポストセブン
 家族全員で囲んでいた食卓から、ひとり、またひとりと家族の姿が消えていく。テニスの指導者としては超一流でも、わが子の子育てに関しては、多くの父親と同じ悩みを抱えていた。熱血な父を持つ一家は、新しい家族のカタチを選択して──。

 都内にひっそりと店を構え、芸能人のファンも多いレストランを、大柄な男性がひとり後にする。カップルや複数人で利用する客が多いこの店を、10月下旬、たったひとりで訪れていたのは松岡修造(53才)だ。

「趣味は食べること」と公言し、20年にわたって『くいしん坊!万才』(フジテレビ系)のリポーターを務めている松岡は、ひとりで食べ歩くことも特段珍しいことではない。だが、この日の“ひとり”は、“趣味の食べ歩き”ではなく“必要に迫られたおひとりさま”のようなのだ。

「修造さんはここ1年ほどで、家庭の状況が一変したようなんです。なんでも息子さんと何かあったようで……。最近も“家に帰っても毎日ひとりなんだ”と寂しそうに話していたんです。ポジティブな彼にしては珍しく、テンションが低かったので、なぜ家に誰もいないのか聞けませんでした」(松岡の知人)

“日本一アツい男”の家庭に、いったい何が起きているのだろうか──。松岡は1998年に元テレビ東京アナウンサーだった惠美子さん(54才)と結婚。翌年に長女、2003年に長男、2005年に次女と3人の子宝に恵まれた。

「長女は2017年に倍率26倍の難関を突破して、宝塚音楽学校に合格しています。昨年、無事卒業し、4月には『稀惺(きしょう)かずと』の芸名で初舞台を踏みました。加えて、長男、次女とも有名私立校に進学しているそうです」(松岡家を知る知人)

 教育に関する講演やイベント出演なども精力的にこなしている松岡は“子育ての成功者”。だが、それは世間の評価であって、本人や家族には悩みもあったようだ。

「修造さんは、子供の行為に疑問を持つと、“どうして?”と自分が納得できるまで質問をぶつけるタイプなんです。お子さんたちが小さい頃は、毎晩ベッドで絵本の読み聞かせをしていたそうですが、その際も一行一行“さぁ、次はどうなる?”と質問攻めにしていたそうです。

 彼いわく、“子供の考えを知りたいし、自分の思いを表現できる人になってほしい”という思いからだったそうですが、修造さんがしつこく聞くものだから、お子さんたちは寝るどころか目がさえてしまったようですよ(笑い)」(前出・松岡の知人)

 仕事以外の時間はすべて子供のために費やしてきたというほど、熱心に子育てに取り組んできた。出張で自宅を空けるときは、子供たちへの留守中の目標やメッセージを筆ペンで書いてリビングに貼っておく。それぞれの誕生日には、毎年長文の手紙を贈るなど、独自の手段で子供たちとの関係を築いてきた。ルールにも厳しかった。

「もちろん、嘘をついたり決まりを破ったときは徹底的に叱っていました。その場に立たせ、なぜそんなことをしたのか理由を問いただす。子供が反省していることが伝わってきたら、パッと気持ちを切り替え、抱き合ったり握手したりしていたそうです」(前出・松岡の知人)

 子供と接する上で、松岡がもっとも意識していたのは、子供たちとの会話の時間だ。これは松岡自身が育った家庭の影響でもある。松岡は曽祖父に阪急・東宝グループの創始者・小林一三氏を持ち、父は東宝の名誉会長、母は元タカラジェンヌという名門一家に生まれている。家庭内はいつも、会話に満ちていたという。

「父や兄、姉と家族全員が揃う夕食は、3時間以上かけてゆっくり食べていたそうで、会話から学ぶことも多かったと話しています。その影響もあって、修造さんは自分が築いた家庭でも、会話を通じたコミュニケーションを大切にしたいと考えるようになったのでしょう。

 子供たちに納得できるまで質問をぶつけ、とことん話し合ってきたのも、こうした背景が大きいのだと思います。でもここ数年は、修造さんが空回りしていたようです。息子さんたちも高校生の年頃ですからね……」(前出・松岡の知人)

自宅でひとりの時間が増えた

 一枚岩に見えていた家族に異変が起きたのは、昨年のことだったという。

「長男が有名私立高校を1年で中退し、留学する道を選んだんです。さらに奥さんが自宅を空ける日も多くなりました。長女も宝塚の舞台で活躍を始め、多忙になったため、月の半分くらい兵庫へ行くようになったのです。修造さんは自宅でひとりになることが増えてしまった」(前出・松岡の知人)

 家族の独立に寂しさはつきもの。しかし、松岡は家族間のズレにも悩みを抱いていたという。2018年12月5日発売の『プレジデントFamily2019冬号』では、子育てに関する後悔ともとれるこんな胸中を吐露している。

《僕は超ダメおやじだ》 《父親としての向き合い方がもっとちゃんとできていたら、子供たちにとって良かったんだろうなって》

「特に長男との関係が難しいと感じていたようです。以前は息子さんにテニスを教えていたんですが、息子さんにはつい感情的になってしまうこともあったようですね。息子さんの思春期も重なりぎくしゃくしてしまったようです」(前出・松岡の知人)

 昨年夏頃、松岡一家が住む高級マンションではこんな事件があったという。住人が明かす。

「松岡さんの部屋から騒音がすると噂になっていたんです。食器が割れる音や低い怒鳴り声まで響いていたそうで。近所では松岡さんと長男の“親子げんか”という人もいました。ここのマンションはしっかりした造りで、そうそう音漏れはしないので、相当な修羅場だったのでしょう。その頃は、一度や二度ではなく、何度も同じような音が聞こえてくると聞きましたから……」

 それは、親子げんかというには、あまりに激しい騒音だったという。松岡はどうにか長男と意思疎通を図りたいと懸命だったようだ。今年2月、松岡は『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で、長男との複雑な状況を話している。

 長男と一緒に食事に行ったときのこと、居合わせた客から「修造さんの息子さんだなんてうらやましい」と声をかけられた。すると長男は表情を一変。「お父さんはみんなをだましている。みんな本当のお父さんを知らない」と、怒りを表したという。それほどまでに長男は、世間での“松岡修造”のイメージと、父親としての実像がかけ離れているように感じていたのだろう。

「この番組で、松岡さんはテニスの生徒をどれだけ熱心に指導しているのかをアツく語ったのですが、“その愛情を家族にも向けていますか?”と坂上さんに問われると、“……ないです”とうつむいていました」(テレビ局関係者)

 自虐的に語り笑いを誘うこともあったが、番組では「家族から嫌われている」と嘘偽りない状況を明かした。

「いま思えば長男が学校をやめるやめないの選択、妻が娘の世話をやくために家族が離れ離れになること、いろいろなことが重なっていた時期だったのでしょう」(前出・松岡の知人)

 だが松岡は、長男の決断を痛いほど理解しているという。高校時代は、松岡自身も両親に“反抗”した時期なのだ。

「慶應幼稚舎時代からテニスに打ち込んできた松岡さんは、慶應義塾高校2年のときに母親の反対を押し切って、テニスの名門である福岡県の柳川高校に転校しました。さらにその翌年、プロを目指して単身渡米したときには、反対する父を説得。母は最後まで反対し続けていましたが、このときも強行突破しています。この渡米がターニングポイントとなり、松岡さんは世界に羽ばたくプロテニスプレーヤーに成長したのです」(スポーツライター)

 大学まで卒業することを望む両親と、自分の道を貫こうとする息子。このとき、親子の間に考え方の違いがあったのは想像に難くない。

「強行したとはいえ、結果的にはご両親は修造さんを応援してくれたそうです。もしかしたら修造さんは、息子さんに当時の自分を重ね合わせているのかもしれません。父親として思うところはいろいろあっても、息子の気持ちを最大限尊重してあげたいと考えているのでしょう。そして、いまは、息子さんと離れることで自分自身も冷静さを取り戻し、子離れのときに向かって一歩ずつ進んでいこうと考えているのではないでしょうか」(前出・松岡の知人)

突然、妻が泣き出した

「一家離散」の現実を重く受け止める松岡だが、妻・惠美子さんとの関係は極めて良好だ。

「かつて、惠美子さんとは教育方針を巡って大げんかすることもあったそうです。でも、正直にダメ出しをしてくれる惠美子さんを修造さんは 誰よりも信頼しています。修造さんは夫婦だけで過ごす時間も大切にしていて、お子さんたちが小さい頃から、週1回、惠美子さんのお母さんに子供たちを預け、子供連れではいけないレストランでデートを楽しんでいました」(前出・松岡の知人)

 惠美子さんが東京と兵庫を行き来するようになり、頻度こそ減ったが、夫婦のデートはいまも続いている。

 11月上旬、松岡の誕生日翌日、都心の高級フレンチに松岡と惠美子さんの姿があった。久しぶりの再会だったのかもしれない。食事の間も、松岡は愛妻の肩に手を回している。ワイングラスを傾けながら、頬を寄せ合って真剣に話し込む。離れ離れの家族、それぞれの地で奮闘するわが子の話題になったのか、惠美子さんが涙ぐむ場面もあった。松岡が惠美子さんの顔を覗き込み、背中を優しくさすると笑顔を取り戻すのだった。

 松岡は以前雑誌のインタビューで、《これから先、子育てに迷うこともあると思います。でも、そのときそのときに感じたことを大事にしたい。これから大きくなって感性が育ったときに、子どもたち自身がそれぞれ選んだ道を、妻と一緒に、親として後押ししてあげたい》と語っていた。

 松岡の所属事務所に留学中の息子との親子仲を聞くと、「良好です。テレビ電話やメールで頻繁に連絡を取り合っています」と回答した。家族には適度な距離が必要なようだ。


㊟修造くん、自分の子でも親のいう通りにはなりませんよ。親を見ていますからね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

辛坊治郎氏 太陽光発電導入で〝窮地〟

辛坊治郎氏 太陽光発電導入で〝窮地〟に立たされていた!「タダ同然みたいな値段に…」
東スポ2020年11月12日 17時58分
東スポWeb

 キャスターの辛坊治郎(64)が12日、ニッポン放送「ズーム そこまで言うか!」に出演し、自身が導入している太陽光発電で〝窮地〟に立たされていることを明かした。

 番組では辛坊氏が米大統領選について、「バイデン大統領で決まりだと私は思います」と指摘。そこからバイデン氏の関心が高いとされる環境問題の話題に移った。

 辛坊氏は「環境問題には私はうるさいですよ」と切り出すと、「なんせ全く補助金の出なかった時期から、太陽光発電の巨大パネルを導入しまして、20年ぐらいになるんです」とコメントした。

 導入当初は1キロワット=20円程度で売電していたそうだが、民主党政権になると状況が一変したという。

「今後は原発止めて自然エネルギーが大切だからって、ムチャとんでもない値段での高値買い取りになって。しかも、買い取ったお金を、太陽光発電等を使ってない人の電気代に上乗せするっていうムチャクチャな政策を始めたわけですよ。頼んでもないのに売電価格がものすごく高くなって」(辛坊氏)

 だが、高値買い取りの期間は10年と決められているそうで、今年になってそれが終わってしまったという。

「どうなったかというと、その制度ができる前の5分の1ぐらいのとんでもない安値に戻った。余計な制度を導入してなければ、1キロワット=20円で安定して買い取ってくれてたのが、10年たったらタダ同然みたいな値段に落ちて…」(同)

 同氏によると、同じ状況の人たちが全国で続出しているといい、その〝被害者〟を標的に、蓄電池を売るビジネスが横行しているという。

 辛坊氏は「蓄電池もいい物はいいんですけど、高いんですよ。私の計算ではなかなかペイできない」とこぼし「日本の政策ってなんなんだ! 本気で環境問題をやろうとしてると思えない!」と憤った。

㊟欲があったから腹が立つんですよ。あなたは仕事上、「無」でいなきゃ。欲が強すぎるからヨットで死にかけるんです。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

大変!武漢疫病変異で感染力強い


大変!武漢疫病変異で感染力強い
コロナ、変異で感染力強く 東大がハムスターで実験
共同通信社
2020/11/13 09:43


 現在世界で流行中の新型コロナウイルスは、初期のウイルスに比べ、変異によって感染力が強くなったことをハムスターの実験で確かめたと、河岡義裕・東京大医科学研究所教授らのチームが、13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 新型コロナは当初、中国・武漢市で流行したが、チームによると、感染に関わるタンパク質が変異したウイルスが出現。この変異ウイルスが欧州を起点に世界へ広まり、拡大を続けている。

 河岡さんは「人でも同様と断言することはできないが、変異が感染拡大に影響した可能性は高い」と話している。

㊟武漢疫病が変異し、より強力な感染力を持つようになったとは。。。本当に醜キンピラを叩き潰さんと。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

 大統領選で、やはり「不正」がちょっと


 
大統領選で、やはり「不正」がちょっとだけあったかもしれない状況証拠
ダイヤモンドオンライン鈴木貴博
2020/11/13 06:00
バイデン勝利は覆るのか?
米大統領選の「不正」を検証

 アメリカの次期大統領はジョー・バイデン氏に決まりで、もう結果が覆ることはない、という前提でお話ししますが、今回の米国大統領選挙、本当に不正はなかったのでしょうか。

 現時点では、ドナルド・トランプ大統領は敗北宣言を拒否しており、この先、再集計をめぐる法廷闘争が続くと見られています。トランプ側の弁護士に就いた元ニューヨーク市長のジュリアーニ氏によれば、
「今回の選挙が盗まれた証拠が3、4の州で見つかっている。10州かもしれない」と発言しています。

 実際は、これから見つかる証拠は些細なものばかりで、選挙結果が覆るほどの事態にはまずならないと思います。実は、トランプ大統領は以前からアメリカの選挙制度の不正を疑っており、2017年には全国規模で選挙不正を調査する委員会を立ち上げました。そのときも「今まで全国規模の調査は行われていない」と意気軒高だったのですが、結局委員会は証拠を見つけられず、8カ月で委員会は解散しました。

 不正が疑われるのも不正が見つからないのも、どちらも原因は同じだと言われています。アメリカ大統領選挙では各州の州知事が絶大な権限を持っていて、大統領の権限が及ばないのです。実際、今回の選挙でも接戦州の開票で共和党の立ち合いが認められなかったと、トランプ陣営は不満を漏らしています。

 そこで、不正が本当はあったのかどうかということですが、今回は「不正はたぶんあった」という状況証拠についてお話ししたいと思います。その証拠とは、以前も一度記事にした統計学における「ベンフォードの法則」です。

 これは、自然現象から社会現象までさまざまな統計数字にある一定の法則が働いていて、それに作為的に手をいれると統計的な痕跡が残る、というものです。ベンフォードの法則を調べることで、粉飾決算を見破ったり、加工されたフェイク写真をコード解析で見分けたりといったことができることが知られています。

 そして選挙結果も、不正が行われると得票数の分布数字が不自然に偏るので、見分けられるというのです。具体例で見てみましょう。

 これは前回の記事で使った分析結果です。2020年の東京都知事選の22人の候補者の得票数について、東京都の62の市区町村単位で調べます。作業としてはその地域での得票数の上一桁の数字を調査します。小池百合子候補(当時、以下同じ)の千代田区での得票数は1万6727票ですから上一桁は「1」、山本太郎候補の中央区での得票数は7769票ですから上一桁は「7」ということになります。

投票に不正があると乱れる

統計上の「自然の調和率」
 この上一桁の数字がどう分布するかというと、ちょっと意外かもしれませんが、「1」が一番多くて全体の30%を占めることが知られています。「2」が次に多くて18%、「3」が3番目に多くて全体の13%になることが、統計学的にわかっているのです。これがベンフォードの法則です。

「そんなバカな。ランダムに数字が分布すれば、1から9まで同じ確率で並ぶはずだろう」

 と普通は思うのですが、統計学的にはそうならない。山本太郎候補の利島村での7票から小池百合子候補の世田谷区の23万票まで、ケタ数が1ケタから6ケタまで広く分布する場合、上一桁は同じ確率ではなく対数に従って分布するのです。

 実際に比較してみましょう。2020年の東京都知事選でも、2017年の衆議院議員選挙の東京小選挙区でも、それぞれの自治体での得票数の上一桁を集計すると、ほぼ見事なくらいその結果はベンフォードの法則での出現確率と同じ分布になります。

 しかし、この投票に不正が働くと、この見事な自然の調和率が壊れるそうです。

 たとえば、選挙戦で劣勢にある候補者の陣営で、こんなやり取りがあったと仮定します。

「○○区では7000票の見込みです」
「××区では9000票に届かない状況です」

「だめだだめだ!どの区でも1万票を超えるように、有力者を動かして票を確保するんだ!」

 そうやって、地元有力者にお金をばらまいて票を集めるとどうなるか。

 選挙の不正は全体ではなく一部の自治体で行われます。全体の一部だけに人為的な票が集まると、結果として得票数の分布に狂いが生じます。上のような事例ではベンフォードの法則とは異なり、「6」「7」「8」「9」の数字が減って「1」の数字が増えることになります。

河合夫妻の疑惑にまみれた
広島選挙区で統計に起きた異変

 2019年の参議院議員選挙の広島選挙区では、河井克行前法務大臣と河井案里参議院議員が選挙違反容疑で起訴されています。100人近くにのぼる地元自治体の長や有力議員に選挙資金がばらまかれたのですが、不正があったのかどうか、現在裁判で争われています。

 そこで、あくまで状況証拠としてベンフォードの法則で分析をしてみると、2019年の参議院議員選挙の広島選挙区の自治体別の得票数の分布は、統計から予測される結果から外れていることがわかります。

「疑わしきは罰せず」で、お金を受け取った側は放免されているこの事件ですが、あくまで統計的な状況証拠では、多くの地元の有力者が何かをしたことが示唆されます。とりあえず、広島に関する正義の気持ちは横に置いておいて、「選挙不正があると、統計数字に乱れが発生するのだ」ということだけ、ここではご記憶いただければと思います。

 さて、今回の2020年のアメリカ大統領選挙です。この選挙を統計的に見た場合、不正の証拠はあるのでしょうか。

 結構大変な作業でしたが、バイデン候補が勝利宣言をした11月7日時点におけるNBCのウェブサイトでの両候補の得票数を、全米4474の自治体単位で数えてみました。

 結果としては、全国レベルで見れば両候補とも、その得票数の分布は美しいほどに統計法則の分布に従うことがわかります。

 しかし、注意して分析すべきはここからです。アメリカの大統領選挙は、全国ではなく重要ないくつかの接戦州における投票行動によって、選挙結果が大きく変わります。そのため、もし不正を行うとしたら、不正もそれらの州に集中するはずです。

一夜にしてバイデン優勢に
「レッドミラージュ」の衝撃
 思い返してみましょう。日本時間の11月4日(米国時間11月3日)朝から昼にかけての開票速報では、トランプ陣営がおおむね優勢でした。各局のコメンテーターの中で、唯一トランプ勝利を予測していたフジテレビの木村太郎さんはご満悦で、それ以外のコメンテーターが悔しそうな表情を浮かべていたことが思い出されます。

 その日の現地時間深夜、トランプ大統領はメディアに勝利宣言をします。それに対して大手メディアは、すべからく冷ややかな視線を送りました。この後郵便投票の開票が進むので、結果はまだわからないというわけです。

 その翌日、朝起きて木村太郎さんががっかりしたのは、前日までトランプ優勢とされていた重要州のミシガン州とウィスコンシン州の表示色が、トランプ優勢の赤からバイデン優勢の青色へひっくり返っていたことでした。

 これは、アメリカではレッドミラージュ(赤い蜃気楼)として選挙前から予測されていた通りの現象なのですが、郵便投票ではバイデン候補の方が強いため、開票の遅い郵便票が開くにつれてトランプ優勢からバイデン優勢へと数字が動いたのです。

 11月5日時点で、大統領当選に必要な270人の選挙人のうち、バイデン候補が264人、トランプ候補が213人と、バイデン候補の優勢に状況が切り替わりますが、そこから開票が停滞します。郵便票の開票には時間がかかるので、数日間結果がわからないのです。

 この段階でトランプ支持者が気をもんだのは、各州の予測です。共和党が地盤とするアラスカはトランプが獲るとして、残る激戦州としてネバダ、ノースカロライナ、ペンシルベニア、アリゾナの4州の開票の行方次第では、トランプ候補の再逆転もあり得たのです。実はノースカロライナ、ペンシルベニア、アリゾナは、この時点でトランプが優勢とされていました。

 選挙結果が出ていなかった州で、唯一バイデン優勢だったのがネバダ州でしたが、そのネバダ州の選挙人は6人なので、ネバダでバイデンが勝てば残り全部をトランプがとっても、270対268でバイデン勝利になる。チェスの勝負でいう「チェックメイト」寸前の状況で、バイデン候補はしたたかに勝利宣言のタイミングを待っていたわけです。

気をもみ続けたトランプ支持者

郵便投票は本当に不正の温床なのか

 トランプ候補陣営の働きかけもあったのでしょうか、バイデン勝利で終わったはずのジョージア州でも、僅差を理由に再集計が始まります。こうしてアメリカ中がジョージアを加えた5州の結果について気をもむ状態が、数日間続いたわけです。

 最終確定は11月末までずれこむかもしれませんが、本稿執筆時点ではほぼ結果が判明しています。5州のうちネバダ、ペンシルベニア、アリゾナ、ジョージアはバイデン氏が確保し、トランプ氏が勝てるのはおそらくノースカロライナだけ。このままの見込みだと、バイデン306対トランプ232と、バイデン候補が大差をつけて次期大統領に決まることになるわけです。

 おそるべきはレッドミラージュで、こうしてまとめてみると、ミシガン州、ウィスコンシン州、ネバダ州、ペンシルベニア州、アリゾナ州、ジョージア州と、開票の後半、重要な州において、トランプの赤は次々とバイデンの青にひっくり返ってしまったのです。

 このレッドミラージュは、あくまで郵便投票が遅れて開票された結果なのですが、そもそもトランプ候補は選挙の随分前から「郵便投票は不正の温床だ」と口撃していたわけです。トランプ陣営は、後から開票された郵便投票の中に大量の不正票が混じっていると信じています。
そのためトランプ支持者にとっては、レッドミラージュが本当に蜃気楼になってしまったことは、悔しくて仕方のないでしょう。

 そこで一応、最終盤の激戦5州だけをピックアップして、開票結果がベンフォードの法則からずれているかどうかを見てみましょう。

 ふうむ、トランプ陣営の票は比較的自然に分布していますが、バイデン陣営はややというか、結構不自然ですね。

 最後に、木村太郎さんが悔しがったミシガン州とウィスコンシン州についても数えてみます。

激戦州で見ると気になる不自然さ
やはり不正はちょっとだけあった!?
 果たして結果は――?実は、もっと不自然でした。

 選挙の開票直後にツイッターで、開票結果に怪しい動きがあったという情報が拡散しましたが、その大半はフェイクニュースだったことが、後からはっきりわかっています。しかし一方で、アメリカの選挙制度には結構問題があり、不正を行う方法が指摘されては何度も法律論争になっています。現実には、アメリカの国政選挙には根深い問題があるのです。

 ただし、このベンフォードの法則の分析をいくら緻密に行ったとしても、法廷闘争でトランプ大統領が再選される可能性はまずないでしょう。状況証拠によって判断しないのがアメリカの裁判です。

 そして、具体的な不正の証拠が見つかるためには、各州の選挙において絶大な権力を持つ州知事の協力が必要です。再集計を真っ先に表明したジョージア州知事と、激戦州の1つであるアリゾナ州知事はトランプ大統領と同じ共和党ですが、ノースカロライナ州、ペンシルベニア州、ネバダ州、ミシガン州、ウィスコンシン州の州知事はすべて民主党です。

 つまり、法廷闘争に訴えても証拠不十分で時間切れとなり、今回の選挙はバイデン新大統領で決まり、という結論になるはずです。
(百年コンサルティング代表 鈴木貴博)

㊟トランプさん、法廷闘争でも不利ですって。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

醜ゴキブリを一斉駆除しろ

醜ゴキブリを一斉駆除しろ
「釣魚島は中国固有の領土」中国がけん制 日米電話協議での尖閣「安保適用」表明に
毎日新聞
2020/11/12 18:20

 中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)副報道局長は12日の定例記者会見で、米国のバイデン前副大統領が菅義偉首相との電話協議で、沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約の適用を表明したことについて、

「釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中国の固有の領土だ。米日の安保条約は冷戦の産物であり、第三者の利益を損なうべきではなく、まして地域の平和と安定を損なうべきではない」と述べ、日米をけん制した。【北京・河津啓介】

㊟醜ゴキブリの繁殖を徹底して抑え、世界中にはびこる醜ゴキブリを徹底駆除しないと、人間が喰われる恐れも。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ゲイたちが狙う白濱亜嵐


ゲイたちが狙う白濱亜嵐
白濱亜嵐「文化祭お笑いコンテストで優勝」高校時代
日刊スポーツ新聞社
2020/11/12 20:32

EXILE/GENERATIONS白濱亜嵐(27)が12日、主演映画「10万分の1」(三木康一郎監督、27日公開)TikTok生配信イベントに出演した。

同作は、人気コミックの映画化作品で、平祐奈(22)演じる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う初恋相手との恋愛を描く物語。イベントでは高校時代の思い出について話が及び、白濱は「役でパンチパーマにして、そのまま行ったこととか…。あとは、文化祭のお笑いコンテストで優勝しました!」と明かした。

「本当は有志の活動でダンスをやりたかったけど、書類で落ちちゃって…。ならばと、3人組でダンスの中にお笑いの要素を入れ込んだら優勝しました」とエピソードを披露し、優希美青(21)白洲迅(28)も驚いていた。

また出演作品で、グループの楽曲が主題歌に起用されるのは初めてで、エンドロールで流れた際には涙が頬を伝ったといい「自分の曲を聞いて泣いたのは初めて」と明かした。

㊟白濱亜嵐は女にもモテるがゲイ諸氏たちも熱い視線を送っているとか。いつの日か織田裕二みたいに。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (389)
ニュースの深層 (13783)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR