FC2ブログ

2020-11

反日朝日が心入れ替えた?記事

反日朝日が心入れ替えた?記事
ブランド農作物の海外流出防げ 種苗法改正案が審議入り
朝日新聞社
2020/11/12 23:35

 ブランド農作物の海外流出を防ぐことを狙う種苗法改正案が12日、衆院農林水産委員会で実質審議入りした。政府・与党は17日にも委員会での採決をめざす。

ただ、農家の生産活動を制限する問題点が指摘されている。俳優が懸念を表明した結果、審議見送りになった経緯もあり、法案の行方が注目される。

 改正案は、日本国内で開発され、国に登録された高級果実などの種や苗木の海外への無断持ち出しを禁じる。新品種の開発者が栽培地域を指定できるようになる。高級ブドウのシャインマスカットが中国で無許可生産され問題化した。

 農家が登録品種から種や苗木をとり、翌年の栽培に使う「自家増殖」を制限する。自家増殖は現在は自由にできるが、改正案では開発者の許諾が必要になる。「許諾料の支払いが零細農家の負担になる」との懸念が出ている。

 改正案は今年の通常国会に提出されたが、俳優・柴咲コウさんがSNSで懸念を表明したことで注目され審議見送りとなった。野党・立憲民主党内には賛否両論があったが、自家増殖の制限強化を見直す修正案を提出することを決めた。(山下龍一)

㊟この問題を朝日新聞が取り上げるとは。。。だって朝日は中国新聞日本支局と呼ばれるほど反日一辺倒なんですよ。社内でなにかあった?
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

正次郎のテリトリーで地面師どもが


正次郎のテリトリーで地面師どもが
都心一等地で地面師暗躍 地主と偽り数億円を詐取か
FNNプライムオンライン
2020/11/12 18:13

東京・表参道のメインストリート近くにある、草の生い茂った空き地。
この一等地にある土地が、偽の売買契約で多額の代金をだまし取るいわゆる地面師グループのターゲットになっていたことがわかった。

偽造有印私文書行使などの疑いで、12日に送検されたのは、職業不詳の三木勝博容疑者(65)と奈良市の会社役員・樫尾幸宏容疑者(42)ら3人。

2016年、土地の所有者に成り済まし、所有権が移転したというその登記をしようとした疑いが持たれている。

当時提出された委任状などの不審な点に法務局の職員が気づいたため、登記はされなかった。

しかし、3人は、東京・中央区の不動産業者から土地の購入代金として数億円を受け取っていたという。

取引を持ちかけたのは、主犯格の三木容疑者とみられ、交渉の席には地主役の80代女性とその息子役の豊田浩幸容疑者が立ち会っていたという。

警視庁は、地主役の女性について、高齢のため逮捕はせず、任意で捜査を続けている。

表参道ヒルズ近くのメインストリートから事件のターゲットとなった土地に向かって歩いてみた。

周囲に広がっていたのは、このエリアらしい光景。
おしゃなカフェや高級ブティックが立ち並ぶ一角となっている。

カフェや住宅などが立ち並ぶ路地を歩くことわずか4分で、その土地が見えてきた。

草がうっそうと生えていて、手つかずの状態となっている。
土地の面積は、およそ160平方メートル。
一般的な3LDKの住宅が2軒建てられる広さ。
近所の人は、この土地について...。

近隣住民「(昔は)ジャガイモ畑って母が言ってた。富士山が見えたの。ここは浅野家(広島藩主)の別邸でした。(最近)草刈りに来ましたよ。2月かな」

実際の土地の所有者は80代の女性で、22年前にこの土地を購入し、都内の別の場所で暮らしているそう。

警視庁は、不動産業者から土地の代金数億円をだまし取った詐欺の疑いでも追及する構え。

㊟月曜日、9日も表参道から原宿駅周辺、渋谷へと歩いた。学生時代からずっと渋谷、しかも代々木八幡。原宿まで代々木公園を突っ切るだけ。
特に明治通りのラフォーレが懐かしかった。ここは私が「オリコン」社長、小池聰行と大喧嘩をし、編集長を辞め、独立。自宅兼事務所を最初に構えたマンションがあったところ。口幅ったい言葉で言えば、私の庭のようなもの。

 表参道の両側の建物も、原宿駅も驚くほど変わった。用もない若者たちが大勢、歩道の橋に設置された、鉄柵に腰かけていた。まるで雀が集団で電線に止まっているようで異様な感じさえ受けた。

 新宿歌舞伎町、渋谷一番街とはまるで違う風景だ。この一帯のこの風景は今後も長く続くだろう。ただ、99%の若者は地方から出て来ている感じで、垢ぬけた若者はゼロ。。。しかも彼らはマスクを殆どしていなかった。これじゃ武漢疫病が伝染するのは当然と。
 ただ、地面師どもにとっては涎の出る街並みなのは確かだ。地面師と言えば超大物参議院議員・迫水久常秘書時代、しかも参議院議員改選の年、或る日、議員会館に訪ねて来た3人の男、、、私が相手を。。。親父の知り合いなのか、まるで分らないが全国区だけにどこの票も欲しい。

 用件は、
「不動産売買の立ち合い人になっていただけませんか?」
 都内だと言うから軽く受けた。これで票になるならと。
 そして議員会館から車に同乗。確か、狛江辺りだったろうか。大きな空き地に一人の男が二人の老人が待っていた。
 不動産の事をまったく知らない正次郎。話しを聞いても判らないから少し離れていた。約一時間ほど経過。。。帰り、通り道でスパゲッティをご馳走に。

 数か月後の朝、出勤しようとマンションを出る前に玄関から新聞を取って広げると、一面に「地面師逮捕!!」の大見出し、3人の男の顔写真。どこかで見た顔が。。。あ、こいつら狛江の土地売買で議員会館に訪ねて来て、私を立会人にした連中だ。びっくりして食い入るように読んでいると、妻が、
「どうしたんですの?」
 と心配そうに声を掛けてきた。が、話せば議員会館への時間に遅れるので何も言わずに新聞をてに家を出てタクシーに。

 警察が来る?か不安な数日を過ごしたが、それはなかった。あいつら私を撒き込むことは避けたようだ。

 この数か月前、記事の表参道近くに住む、某衆議院議員の自宅へ向かっている時、「渡邉先生!」と声を掛けてきた男が。。。小さなスピッツと散歩中のようだ。思い出した。不動産売買の立ち合いを頼んで来た3人組の一番若い男だ。

 「こいつ、表参道周辺で住む雰囲気じゃないのに」と思いながら、「選挙、頼むね」で別れた。この数か月後、この男の顔が新聞一面に掲載されていた。

 人を疑う事を知らない正次郎のとんだ災難でした。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

プーチン大統領“パーキンソン病引退説”に



プーチン大統領“パーキンソン病引退説”に透ける政治的思惑
日刊ゲンダイ 公開日:2020/11/12 06:00 更新日:2020/11/12 06:00

 ロシアのプーチン大統領(68)がパーキンソン病で来年初めに引退――。今月6日、英紙「サン」がこんなニュースを報じた。プーチンの映像を見た専門家が、脚が絶えまなく動き、ペンを持つ手が痙攣しているように見えると指摘。

nクレムリン(ロシア大統領府)の内情に詳しい政治評論家のソロベイ氏は、パーキンソン病の兆候があると示唆し、プーチンの恋人で新体操選手だったアリーナ・カバエワ(37)は権力の座から離れるよう求めているという。


 日本のメディアは米大統領選一色となり、大きく報じなかったが、ヨーロッパでは注目のニュースだった。


 クレムリンでは今月に入って、議員グループが大統領経験者には、生涯にわたって刑事訴追からの免責が付与されるという法案を提出した。KGB出身のプーチンは、これまで暗殺などの疑惑がささやかれてきた。免責という特権を手にしてから病気引退するつもりではないかと騒がれた。

手足の痙攣

「引退説はフェイクニュースでしょう」とは国際政治経済学者の浜田和幸氏だ。


「カバエワさんのほか、プーチン氏の2人の娘も、彼の健康を心配して休養してはどうかと勧めたというのが真相のようです。たしかに彼は手足の痙攣のほか、歩くときに肩が傾いているとか背中に痛みを感じる、腕が痛くて痛み止めを服用しているなどの健康不安説が出ました。柔道の黒帯を持つマッチョマンだから少しでも様子がおかしいと大袈裟に騒がれるようです」


 浜田氏によると、プーチンは故郷サンクトペテルブルクに延命医療センターを設立し、100歳まで元気に生きられる技術の開発を命じているという。目的は旧ソ連の国々の元首とともに長生きし、かつてのソ連を復活させること。だからこそ大統領を辞めるわけにはいかないという。


 今回のパーキンソン病引退説には、政治的な思惑もありそうだという。

「プーチン氏が自発的に病気引退説を流したとも考えられます。こうした噂を広めると、クレムリンの中でプーチン氏に反感を抱いていた人物が大統領の座を脅かす動きを見せるもの。獅子身中の虫を見つけるための“観測気球”として、プーチン氏が自らパーキンソン病説を流したのかもしれません」(浜田和幸氏)


 元スパイのプーチンにとって情報戦は朝飯前。「次は誰を粛清するか」とメモを作っているのだろうか

㊟クレムリンの中でも気を抜けないんです。プーチンも随分敵を殺してますし…内心怖いんでしょうね。権力者になるもんじゃないです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

栗山監督が抱いた選手全部ダメ!

栗山監督が抱いた選手全部ダメ!
日ハム「吉田輝星」は“第二の斎藤佑樹”か 新人育成システムに問題ありという声
清宮も低迷中

 11月4日、埼玉西武ライオンズ戦に先発した北海道日本ハムファイターズの吉田輝星(19)は、“山賊打線”の猛攻に火だるまとなった。2回6安打8失点と、全くいいところがなかった。
 ***
 日本ハムという球団には「新人育成に長けている」というイメージがある。

 その代表としてあげられるのが、2004年のドラフトで1位指名されたダルビッシュ有(34)と、12年1位の大谷翔平(26)の両投手だろう。

 特に大谷は、並の新人ではなかった。そもそもメジャー挑戦を公言し、日ハムにも投手と野手の二刀流を前提条件として入団した。

 当初は疑問の声も少なくなかったが、栗山英樹監督(59)も大谷の希望を受け入れ、辛抱強く起用し続けた。このため栗山監督も高く評価された。

 他にも名をあげるべき選手は少なくない。07年1位・内野手の中田翔(31)は、日ハムというより日本球界を代表する強打者として成長を果たした。

 10年2位・外野手の西川遥輝(28)と、14年1位・投手の有原航平(28)は、共に日ハムにおける投打の主軸となり、今季オフではメジャー移籍の意向を明らかにしている。

 他にも、08年5位・内野手の中島卓也(29)、11年4位・外野手の近藤健介(27)、13年1位・内野手の渡邉諒(25)──と枚挙に暇がない。

 どこぞの金満球団とは違って、新人を育成して強いチームを作るのが日ハムの魅力だった。

 しかしながら、吉田の無様なピッチングをきっかけとし、ネット上では「日ハムは本当のところ、新人育成が下手なのでは?」という疑問の声が増えている。

新人王になれない吉田

 まずはTwitterから怒りのコメントをご紹介しよう。
《吉田を依怙贔屓で使う栗山はなにを考えてんだ》
《吉田輝星を1軍で使うなんて単なる客寄せパンダだろ》
《吉田は斎藤コース確定と思う》
 プロ野球を取材する記者が言う。

「日ハムファンの頭の中には、10年1位・投手の斎藤佑樹(32)と、17年1位・内野手の清宮幸太郎(21)が念頭にあるようです。

 斎藤、清宮、そして吉田の3人は成果を出していないのに“客寄せパンダ”として起用していると思われているのではないでしょうか」

 吉田は今季、新人王の資格を失った。チームも17年から5位、3位、5位、5位と低迷。ファンの危機感は相当なものがあっただろう。

 そんな折、吉田が2回でKOされた。これで“パンドラの箱”が開き、ネット上で批判が一気に噴出したようだ。

低迷する防御率

 今年の吉田は、期待に答えたとは言い難い。

 1軍では5試合に登板し、投球回数は20イニングと3分の1。勝敗は0勝2敗という内容だが、目につくのは防御率8・41という数字だ。

 もちろん西武戦の8失点が入っているが、その前に行われたオリックス戦の終了時点でも5・40だった。

 昨シーズンに至っては、何と12・27という数字だった。少なくともプロ入りしてからの吉田は「失点の多い投手」と指摘せざるを得ない。

 2軍では12試合に登板、投球回数は59イニングと3分の2。勝敗は3勝3敗で、防御率は2・56だった。

 そもそも吉田が高校野球のスターとなったのは、150キロの速球で奪三振ショーを披露したからだ。ところが、肝心のストレートがプロで通用していないことは栗山監督も認めている。

 KOされた西武戦の試合終了後、栗山監督は記者団に「ご覧の通り。直球で行きたくても直球が使えるような状態でない」と指摘、多くのスポーツ紙が掲載した。もっともTwitterでは「それなら、なぜ投げさせたのか」と更に批判が集中したのだのだが……。

「吉田に1軍は無理」の声

 前出の記者が言う。

「Twitterで吉田投手と栗山監督について言及したツイートを丁寧に見ていくと、栗山監督に対する批判も決して少なくないことが分かります。

 よりによって2位の西武、それも敵地のメットライフドームで先発させることはないだろうという指摘には説得力を感じましたね」

 ファンの憤りはもっともだろう。ならば吉田の現状と、日ハムの新人育成を、野球評論家はどのように見ているのだろうか。

 プロ11年で113勝126敗、防御率3・52という生涯成績を残した江本孟紀氏は1971年、日ハムの前身である東映フライヤーズにドラフト外で入団した。

 江本氏はプロ2年目に南海へトレードされ、故・野村克也氏(1935~2020)の元で16勝をあげた。

 このため「野村氏に才能を発掘された」という指摘は多いが、ご本人は自著などで、東映で投手コーチを務めていた故・土橋正幸氏(1935~2013)に“ピッチャー江本”として育ててもらったと振り返っている。

 日ハムとの縁も持つ江本氏は、吉田の現状を「とてもではありませんが、まだ1軍のマウンドに立てるような状態ではありません」と指摘する。

「吉田くんに欠点があるという意味ではありません。彼は将来、日ハムのエースとなるポテンシャルを充分に持っています。

 それでも彼の1軍昇格を批判せざるを得ないのは、ごく一部の天才を除き、入団2年目の投手はファームで泥まみれになっているべき時期だからです」

メジャーの投手育成

 江本氏は「メジャーリーグはこの点、かなりしっかりしています」と言う。そこでメジャーの大投手を調べてみた。

 例えば、メジャー歴代2位の通算4875奪三振を記録したランディ・ジョンソン(57)は、大卒ルーキーとして1985年のドラフトでモントリオール・エクスポズから指名、翌年にA級ウェストパームビーチ・エクスポズでプロ人生をスタートした。

 開幕1軍などとんでもない。彼がメジャーデビューを果たしたのは3年目の88年9月だった。

 しかも、9月の1軍昇格は「セプテンバー・コールアップ」と呼ばれている。優勝争いから脱落したチームは新人をメジャーに呼び、試合に出すことで経験を積ませるのだ。

 そのためランディ・ジョンソンの場合、翌年には再びマイナーリーグに降格という憂き目を見ている。

“精密機械”というあだ名で有名なグレッグ・マダックス(54)も、84年のドラフトで高卒ルーキーとしてシカゴ・カブスから指名されるが、メジャー昇格は86年9月だった。

 こちらもセプテンバー・コールアップだから、実質2シーズンをマイナーリーグで過ごしたという言い方もできるだろう。

興行面の要請

 吉田が初めて1軍で投げたのは、入団1年目の6月だ。対広島東洋カープ戦で5回を4安打1失点で初勝利を飾った。しかし、その後が続かず、昨季は1勝3敗でシーズンを終えた。
 今季も含め、吉田は1軍と2軍を行ったり来たりの状態が続いているのはご存知の通りだ。日ハムファンからも「2軍でじっくり育てろ」との声が少なくないにもかかわらず、なぜ日ハムは吉田を1軍に昇格させたがるのだろうか?

「考えられるのは興行的な要請です。吉田くんが2軍で投げるより、1軍で投げるほうが収益は上がる。チケットやグッズの売上げが見込めます。フロントが栗山監督に要請している可能性はあるでしょう」(同・江本氏)

 江本氏は「結局のところ日ハムに限らず、日本の12球団は全て、新人育成が下手と考えていいと思います」と言う。

「ダルビッシュや大谷クラスになると、才能のレベルが違います。どのチームに入団してもプロとして活躍したでしょうし、メジャーからも注目されたでしょう。にもかかわらず、日ハムが2人をうまく育てたと思われてしまったことが、そもそもの問題でしょう」

ハングリー精神

 プロ野球における新人育成の問題点は、江本氏によると主に2点だという。まずは人的な側面だ。

「1つは、投手と理想のコーチとの出会いが、結局は運任せになっている点です。人間がやることですから相性がある。

 Aという投手にはBという投手コーチが良くても、C投手とBコーチが合わないというのは本当によくあるケースです。
 メジャーは監督やコーチもマイナーリーグでふるいに掛けられ、指導力のあるコーチが1軍に昇格します。

 それに比べると、日本の1軍コーチは全員が指導力を保証されているわけではありません。日米の差を認識することは大事でしょう」

 もう1つは組織的な問題、つまり2軍改革が必要だということだ。

「プロ野球選手は結局、ハングリー精神がなければやっていけません。高額の年収を手にする一流の選手でも『もっと活躍したい』、『もっと野球がうまくなりたい』というハングリー精神を維持しています。

 ドラフトで上位に指名された選手は、多額の契約金を手にします。そして2軍でハングリー精神を養わせようとしても、そこそこ給料はもらえますし、衣食住は無料みたいなものです。

 成績が低迷しても食うには困らない。これではモチベーションが上がるはずもなく、ハングリー精神が育ちません」(同)

ファンも議論すべき

 ハングリー精神という観点では、日本の球界も3軍制に注目している。今のところ巨人、広島、ソフトバンク、西武の4球団が導入している。

 江本氏も「4球団の中でもソフトバンクが、選手にハングリー精神を植え付けようと努力しているとは思います」と言う。

 江本氏は吉田の現状について、「日本球界の新人育成システムにおける欠陥の象徴」だと指摘する。

「私はドラフト外で東映に入団しましたから、ハングリー精神がなければやっていけませんでした。そして土橋コーチや野村監督との出会いがあり、『毎年2ケタ勝利を10年続ける』という目標を維持して投げ続けました。

 阪神時代の同僚だった小林繁(1952~2010)も、巨人から捨てられたという屈辱をバネに投げ続けていました。

 吉田くんが大投手に成長できる糧や原動力となるハングリー精神を養わせるためにはどうすればいいか、12球団の指導者だけでなく、ファンも一緒に考える必要があると思います」
週刊新潮WEB取材班

㊟吉田輝星、清宮、、、あ、いたな、が私の持ったイメージ。高校時代と大違い。この疑問を昔、栗山監督の性癖(ゲイ)を教えてくれた某スポーツライター氏に問うと、

「これ、やばいんですよ。私の名は出さないでくださいよ。栗山監督はイケメン少年、若者が大好きなんです。で、ハムで獲得したイケメンを全部喰っちゃうんですよ。だから、成績悪くても登板させるし、斎藤佑樹のようの何年も低迷しているのにクビを切らないんです」

「君もイケメンだけどやられたの?」
「そ、そりゃないですよ。なんてことを。。。正次郎先生なら栗山は絶対口説かないですね」
「そりゃどう言う意味だ?」
「ギャハハ。失礼します」

 と驚くような発言を。栗山監督がゲイで美少年好きとは聞いていたが。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

健太郎、前事務所で給料50万円



健太郎、前事務所で給料50万円
「伊藤健太郎」前事務所での給料は50万円? 事務所社長が語る移籍トラブル
エンタメ 週刊新潮 2020年11月12日号掲載

 一瞬の気の緩みで起きた事故。恐怖に怯え現場から逃走する当人、暗転する家族の命運――。免許取得の際に教習所で見るビデオよろしく、俳優の伊藤健太郎(23)も天から地へと墜ちた。その原因としてメディアは「事務所トラブル」を報じるが、当の社長が重い口を開くと……。
 ***
「前の車がUターンしようとしたら、バイクと『ガッシャーン』とすごい音がしたんです。なのに、車はそのまま走り去って……」

 とは目撃したタクシー運転手。事故が起きたのは10月28日の17時45分頃、場所は渋谷区千駄ヶ谷。まずは当日の様子をこの運転手に振り返ってもらうと、

「トヨタのランドクルーザーに乗ってそのまま現場を走り去った後、後続の車が追いかけ彼を説得。事故から3分後くらいに車で戻ってきたんです」

 だが、その様子は悪びれるふうもなかったそうで、

「“何かあったんですか”という感じでした。被害女性は“体が痛い”とうつ伏せのままなのに、彼は側で腰掛け、スマホをいじっていた。被害者に声をかけようともしないので、びっくりしました」(同)

 今や人気俳優の伊藤だが、子供のころからその行動を問題視されることがあった。

 通っていた都内の私立小学校の同級生は、

「授業中に奇声を発し、突然走り出して教室を出て行ってしまうことが多かった。3年生か4年生の時にそれでクラスが学級崩壊し、担任の先生が難聴になって休職してしまったのです」

 14歳でデビューして、芸能事務所イマージュエンターテインメントに所属。そこで、育ての親となる現在アラフォーの女性マネージャーと出会う。この女性マネは各テレビ局に必死で売り込みをかけ、伊藤が20歳になる頃、aoaoという別の事務所へ共に移籍している。

 事故後、各紙誌やネットで一斉に報じられているのはこの女性マネとの確執だ。原因はやはり素行、だった。



給料制
 スポーツ紙記者の解説。

「仕事も入るようになり、酒を覚えた頃から態度の悪さが目立ち始めたのです。酒臭い息で現場入りしたり、遅刻することも。口うるさく注意していたマネージャーにも“うるせえババア”と口ごたえし、彼女は担当を外れた。ついに今年9月、古巣のイマージュへ戻ることになったのです。事故を起こした車も納車されて1カ月しか経っていませんでした」

 要は裸の王様になった伊藤が糟糠の妻ならぬマネを捨てて甘やかされ、事故を起こしたというストーリーが流布されているのだ。

「素行が悪かったとは思いません。事実無根の報道が多いので、弁護士と対処していくつもりです」

 と重い口を開くのはイマージュの馬淵哲矢社長。ちなみに、馬淵澄夫衆院議員の実弟でもある。

「まずは被害に遭われた方と連絡をとって、謝罪の場を設けさせてもらえればと思っております。当然、社会的にご迷惑をおかけしたので、本人は無期限謹慎。捜査状況が確定次第、謹慎期間も発表します。春に物損事故を起こし、車の運転に反対していました。ただ、前事務所といろいろあってご両親とも相談の上で……」

 事務所トラブルについて尋ねると、
「彼がウチを出て行った時も圧力をかけていませんし、彼が戻ってきても特別優遇したことはありません。前事務所で彼がハッピーではなかったということです。ハッピーだったら辞めませんよね」

 事情に詳しい芸能関係者がその背景について囁く。

「素行悪化による元マネージャーとの確執が報じられていることを社長もご両親もとても怒っています。むしろそのマネージャーから伊藤がとても嫌な思いをさせられていたそう。さらにトラブルになったのはお金についてでした」

 売れっ子の伊藤は前事務所で給料制だった。

「最近でも給料は40万から50万円。CMもあるのにさすがに少なすぎると、最終的に弁護士を立てて交渉していた。それでも前事務所は“いまの給料のままでいいなら好きな車を買ってやる”と主張。伊藤さんサイドは堪忍袋の緒が切れ、古巣へ戻ることにしたのです」(同)

 無論、ひき逃げした罪は重く、言い訳のしようもない。だが、そこで語られているサイドストーリーには「裏の裏」がありそうだ。

㊟健太郎の本質、どっちがどっち。。。こりゃ一筋縄ではいかんぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

小池知事に3500万円「満額退職金」が、、、

小池知事に3500万円「満額退職金」が、、、
“身を切る改革”どこへ
国内 政治 週刊新潮 2020年11月19日号掲載

「都議は退職金がないのに…」
 小池百合子知事(68)は、2016年の就任直後、「身を切る改革」を表明し、自身の報酬を半額にしていた。にもかかわらず、今夏、満額となる約3500万円の退職金を受け取っていたのだ。
 ***
「私が先日、東京都の人事課に問い合わせたところ、8月21日に1期目の退職金として小池知事に約3500万円が支払われていたことが分かったのです」

 と明らかにするのは、上田令子都議。小池知事とともに活動しながら、3年前に袂を分かったかつての「同志」である。

 小池都知事に支払われた退職金の額は、正確には3494万4千円。当初は自らの報酬を月約146万円から73万円に減額し「全国最低の給与」とアピールしていた。それだけに、条例に則った支払いとはいえ、退職金をちゃっかり全額受け取っていたことには首を傾げざるを得ない有権者も多いのでは。当然、2期目を全うすれば同額の退職金が再び支払われることになる。ちなみに7年8カ月在職した安倍晋三前総理でさえ、退職金は900万円足らずである。

 小池都知事が給与半減を宣言した当時、知事の報酬が都議よりも低い水準になってしまったため、連動する形で都議の報酬は2割削減された。都政担当記者は、

「都議は退職金がないのに、本人は満額受け取る。場当たり的なパフォーマンスの結果、こうしたちぐはぐな状況が生まれているのです」

 と評する。退職金を満額受け取ることで、報酬半減の帳尻合わせをしようとしている、と見られても仕方がない状況なのだ。11月12日発売の週刊新潮では、知事の退職金を廃止した大阪府の例と併せて詳報する。

㊟小池知事、給付金10万円貰ったでしょ。それを国に返還しなさいよ。私が貰いに行くから。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

再び予想外す。トランプ票を過小評価




再び予想外す。トランプ票を過小評価
世論調査また外す=バイデン氏勝利予測も各州接戦―米大統領選
時事通信社2020/11/12 08:00

 【ワシントン時事】バイデン前米副大統領が勝利を確実にした3日の米大統領選の世論調査について、優位とされたクリントン元国務長官がトランプ大統領に敗北した2016年に続き「予測を外した」との声が上がっている。

投票日直前にバイデン氏は全米の世論調査の支持率で平均7ポイント以上引き離していたが、実際の得票率の差は3.2ポイントだった。勝利したウィスコンシンなどで予想に反して接戦となり、フロリダは奪還できなかった。

 世論調査協会は16年の失敗に関し、トランプ氏に数多く投票した非大卒者層の声を調査結果に反映できなかったことなどが原因と分析。その後の世論調査ではそうした点の改善に努めてきたが、「トランプ氏支持票」を再び過小評価した格好だ。

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は10日、トランプ氏がメディアや世論調査への攻撃を繰り返してきたことから、「トランプ支持者は世論調査により協力的でなくなっていても驚くに当たらない」と指摘した。世論調査がトランプ氏支持層の声を反映するのが困難になっている可能性がある。

 CNBCテレビ(同)は、投票率が66%を超え120年ぶりの高水準となるとみられることも失敗の要因になり得ると指摘する。選挙当日にトランプ氏支持者が予想より多く投票した可能性があるという。

 また、フロリダ州の出口調査によると、従来は民主党支持が多いヒスパニック票でトランプ氏が47%を獲得。52%のバイデン氏に肉薄した。タイムズ紙は「全国調査でもトランプ氏のヒスパニック系での強さを見落とした可能性はある」と指摘した。トランプ氏の全米でのヒスパニック票は32%で、前回から4ポイント上昇している。

㊟米国の世論調査はおかしいですね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (389)
ニュースの深層 (13783)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR