FC2ブログ

2020-09

特!石破の醜聞写真を中国情報部が入手?

特!中国情報部、石破の醜聞写真入手と

 とんでもない情報が飛び込んで来た。中国共産党情報部が石破茂氏が初訪朝の夜、北の政府に慰安婦を強要、ベッドインした事実はいまやすべての人が知る。が、この時のベッドシーンの写真、会話を泣く子も黙る中国共産党情報部が入手したとなると、我が国は大変なことに。
 現在、この情報を「渡邉機関」に再確認させている。
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

菅さん、ヒトラーは危険!亀さん、あそみさん目を


菅長官、ヒトラー政治は駄目ですよ!亀さん、あそみさんも目をお通しを。
菅官房長官に意見して“左遷”された元総務官僚が実名告発「役人を押さえつけることがリーダーシップと思っている」
AERA.COM2020/09/10 11:00

 自民党総裁選が9月14日に投開票となる。現時点では、国会議員票の約7割を固めた菅義偉官房長官が選挙戦を優位に進めている。

 その菅氏が選挙戦で実績としてアピールしているのが、ふるさと納税制度の導入だ。菅氏は、総務相時代の2007年に制度の創設を表明し、2012年に官房長官に就任してからは控除の限度額を倍増させた。

 ふるさと納税は、基礎控除(自己負担額)の2000円を除き、寄付した金額がそのまま税額控除される。さらに、寄付先の自治体から寄付金額に応じた返礼品が届くので、寄付をすればするほど寄付者が“もうかる”仕組みだ。

 この制度に反発したのが、地方税を所管する総務省だ。ふるさと納税は自治体間の返礼品競争を招くとともに、高所得者ほど節税効果が高まる。しかし、制度の問題が改善されることはなかった。なぜなら、提唱者が安倍政権のナンバー2である菅官房長官だったからだ。

 総務省では2014年、自治税務局長(当時)を務めていた平嶋彰英氏が菅官房長官に対して直接、制度上の問題点を指摘していた。しかし、事務次官候補の一人だった平嶋氏は翌年7月に自治大学に異動となり、省外に出された。ふるさと納税に反対したことによる平嶋氏への左遷人事と言われ、霞が関の官僚を震え上がらせた。

 いったい、官邸で何が起きていたのか。現在は立教大学で特任教授を務める平嶋氏が実名で当時の様子を語ってくれた。
* * *
──ふるさと納税の寄付控除の上限枠倍増は、どのようにして求められたのですか。

 2012年12月に第2次安倍政権が発足して、ふるさと納税制度をつくった菅義偉さんが官房長官になりました。13年は消費増税の問題などがあったのでふるさと納税には手つかずだったのが、菅さんは、2014年になって寄付控除額の倍増と、税金の還付手続きで確定申告を省略する「ワンストップ特例」の導入、2000円の基礎控除の廃止を求めてきました。

──総務省では反対意見が多かったのでしょうか。

 賛成する人なんていません。総務省の役人どころか、少しでも税制度のことを知っている人なら「こんな制度はおかしい」と思っています。自民党でも、制度の変更を頑張っていたのは菅さんぐらいではないでしょうか。

 実際に、自民党に説明に行った時も国会議員の方から

「受益者負担(公共サービスを受ける人が税負担をするという原則)はどうするんだ」

というご意見もありました。

──菅さんは、ふるさと納税は自分の生まれ育った所に税金を払うことができる制度だとアピールしています。

 では、日本に在住している外国人が、子供を日本の学校に通わせながら「税金は母国に払う」と言ったらどうしますか。賛成する日本人はほとんどいないでしょう。

 また、自治体間の返礼品競争が激しくなることもわかりきっていました。その結果、アマゾンのギフト券を返礼品として配る自治体も出てきました。事実上の現金還元です。こうなると、自治体も返礼品を豪華にしていかなければならない。結局は、高知県奈半利町でふるさと納税制度をめぐって町職員を巻き込んだ汚職事件まで起きてしまいました。

──たしかに、ふるさと納税は基礎控除の2000円を除いて寄付額の全額(現在は住民税の2割が上限)が控除されるうえに、返礼品を得ることができます。確実な節税方法ですが、税金を払って返礼品をもらうことは専門家から批判も多いです。菅官房長官が控除額を住民税の1割から2割に引き上げようとした時、問題点を伝えたのでしょうか。

 2014年12月、レクの資料と『100%得をする ふるさと納税生活』(扶桑社)という本のコピーをクリアファイルに入れて、内閣官房長官の執務室に行きました。この本には、年収1億円ほどと思われる著者が、600万円のふるさと納税をすることで税金の還付を受け、さらに手数料を除いた599万8000円に対する返礼品について<お取り寄せグルメ>と表現し、<これ、まじで生活できちゃうじゃないか……>と書いてありました。

 私としては、当時は消費増税の負担を国民に求めていた時だったので、ふるさと納税が高額納税者の節税対策になっている現状を示し、制度の問題点を説明しました。

──菅官房長官はどう答えたのでしょうか。

「地元に貢献したくて寄付する人もいる。そういう人間ばかりではない」と言うだけで、制度上の欠陥については理解を示してもらえる感じではありませんでした。「これはダメかな」と思ったのですが、資料だけは読んでもらいたいと思って、クリアファイルに入れて執務室に置いてきました。

 すると、その後にすぐ、内閣官房の職員が私の所にコピーをわざわざ返しに来ました。その後には総務省の上層部からも電話がかかってきて、これ以上は何も言わないように忠告されました。

──翌年の7月に、平嶋さんは自治大学校長に異動となります。事務次官候補だった平嶋さんが省外に出されたことで、安倍政権に異論を唱えた人にたいする「見せしめ人事」との声もあがりました。

 私の人事については、高市早苗総務大臣が記者会見で法令に則って「適材適所で任命する」と答え、菅さんも国会で「まったくの事実無根」と答弁していますから、私が何か付け加えることはありません。

 ただ、クリアファイルの件から年が明けた2015年の初めに、高市大臣から「菅さんと何があったの? 謝りに行ってきなさいよ」と言われたことはありました。ですが、官僚として制度上の欠陥を指摘するのは当然の仕事なので、謝る必要はないと思ってそのままにしていました。

 こういった経緯もあったので、人事については何かあるかもしれないなとは思っていました。

──官房長官に意見することに、怖さはなかったのですか。

 日本が戦争で負けたのは、米国と戦っても負けることはわかっていたのに、軍人を含む官僚たちが政治家に客観的な事実を報告しなかったからです。政治家にとって耳の痛い話でも、役人は事実をちゃんと報告することが仕事です。それをしなかったから、たくさんの悲劇が起きた。

 私としては、事実を伝えることは役人としての当然の仕事で、このことについては今でも後悔はありません。

──ふるさと納税では、地方自治体で働く職員の負担増も問題になっています。

 自治体の納税課で働く職員を描いた『ゼイチョー!』という漫画をご存知でしょうか。この漫画では、税金を滞納する人に対してどうやって税金を払ってもらうかについて描かれています。

 会社員の方は給料から天引きで税金が引かれているので知らない人が多いのですが、税金の滞納者は生活が苦しい方がほとんど。シングルマザーで水商売をしながら子供を育てている女性など、本当に税金を払えない人がたくさんいます。そういった人に対しても、職員は「今すぐ全額払えなくとも、地域社会の会費なので、必ず払ってもらわなければなりません。分割で払いましょう」などと説得して、日々徴収作業をしているのです。

 その一方で、高額所得者が自分の住んでいる自治体に税金を払わずに、高級肉やカニなどをもらっている。税金とは、国民の財産から現金を無理に納めてもらうという意味で、役人にとって神聖な仕事です。ふるさと納税は、そういった神聖な税制度の根幹を揺るがすものなのです。

 誤解しないでいただきたいのは、私は、ふるさと納税をして返礼品を得ている人を批判しているわけではありません。ふるさと納税は、やった方が経済的合理性があるのですから、高額所得者が返礼品をもらいたいと思うのは当然のことです。問題は、こういう制度をつくってしまったこと。総務省の後輩たちには申し訳ない気持ちです。私としては、もっと別のやり方があったのではないかと、今でも忸怩たる思いです。

──現在、自治体が提供する返礼品は、送料や手数料などの経費を含めて寄付額の5割までに制限されています。一方で、返礼品を紹介するウェブサイトが人気を集めています。

 経費を含めて5割までということは、寄付した人の金額の5割が税収から失われているということです。返礼品を紹介するウェブサイトは、ふるさと納税の金額から15%ほどの手数料を得ていると報道されています。近年ではテレビなどでウェブサイトの広告が出ていますが、これも原資は地方自治体の税収になるはずだった税金です。

──ふるさと納税制度をめぐっては、アマゾンギフト券などの返礼品で寄付者を集めた大阪府泉佐野市が制度の対象外となり、同市が国に裁判を起こしました。最高裁では、高裁の判断を覆して泉佐野市が勝訴しました。

 総務省が負けたのは当然です。返礼品は法律で禁止されていないのですから。むしろ、高裁で総務省が勝ったことの方が不思議でした。総務省が返礼品を制限する通知を出しても、法的な根拠がなければ裁判では勝つことができないだろうなと思っていました。

──すでに総務省を退官しているとはいえ、自ら関わった制度の成立のウラ事情を話そうと思ったのはなぜでしょうか。

 菅さんとしては、役人の意見を政治家が押さえつけ、自らの政策を実現させることがリーダーシップだと思っているのかもしれませんが、ふるさと納税は、税制度に対する国民の不信感を高めることになります。

 私は、膵臓がんにかかり、昨年は脳梗塞になって現在はリハビリ中です。それでも、メディアの方がふるさと納税の成立までの経緯を検証したいというのであれば、それは制度に関わった当事者の一人として、説明する責任があると思っています。
(聞き手/本誌・西岡千史)
※週刊朝日オンライン限定

㊟私はこれまで菅氏には厳しい事を書いてきた。まず、菅長官と小泉進次郎の顔はアドルフ・ヒトラーそっくりと。これはネットでヒトラーの写真を検索して比較すれば一目瞭然。ま、これ以降、菅氏からの週一、通信が途絶えた。
 それ以降も「横浜カジノ」誘致にも厳しく反対してきた。

菅さん、貴方はヒトラー的剛腕を振るうところがあります。これは大変危険です。何故なら、恐怖を抱く人々が意見を口にしなくなるからです。そうして独裁になれてしまうのです。

 ふるさと納税に話を戻します。法律というのは成立施行されると必ず予想外の問題が発生するものです。

私が河村たかし議員の懇願で大蔵役人を叱り飛ばし、成立させた「NPO法です。大蔵省が自民党議員に逆陳情してNPO法を廃案にしようとした時です。

私は河村たかし議員室で大蔵官僚3人を前に。

「キミたちはこんないい法案を自民党議員に逆陳情して廃案にするなど許さん!」

 と叱りつけると、3人の中で一番偉い大蔵官僚が、

「国民からお金を集めるのは大蔵省以外認めません」

 と反論。

「貴様、誰にものを言ってる。この法案は私が通す。分ったな。その代り君たちのメンツも立ててやる。向こう3年間、寄附金の税金控除を認めなくてもいい。4年目から認めろ。いいな?」

これで大蔵官僚は廃案を諦めたのだが、最後に、

「あの、この法案が成立すると暴力団が金集めに利用するのではないでしょうか」
 と言い出した。うん?と思ったが、私の頭には想像できず、官僚を置いたまま,その足で、自民党小林興起議員に部屋に行き、

「小林議員、野党が出して法案でもいいモノはいいんですよ。NPI法案を成立させたいんだ」

 と。私を全面信頼していた小林議員は、「分りました、私は内閣委員ですので全部の法案をチェックします。必ず成立させます」

と確約、そして施行された。その数年後、暴力団フロント民族運動諸君が次々「NPO法人」を設立し始め、私が「関東連合」設立以降、私を師と仰ぐ幾つかの民族運動団体から招待状が届き、やがて彼らは企業から寄付金を集め始めました。

 これには参った。大蔵官僚が心配した言葉を思い出した。ただ、これは法を改正して規制すればできる。

 菅さん、法律というのは成立すると想像を超えた部分で弊害も起きるのです。それがこのNPO法であり、ふるさと納税ではないですか?
 聡明な菅さんならお判りいただける筈です。兎も角、ヒトラー的手法は絶対いけません。短命に終わりますよ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

秋元衆院議員の外堀埋まる、


秋元衆院議員の外堀埋まる、IR汚職・証人買収で9日に追起訴・再逮捕へ
ダイヤモンドオンライン戸田一法
2020/09/09 06:00

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件を巡り、東京地検特捜部は多額の現金を提供して公判で虚偽の証言をするよう依頼したとして、衆院議員秋元司被告(48)=収賄罪で起訴=ら5人を組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕した。

証人買収事件では贈賄側の2人に、別々のルートで秋元被告の支援者がそれぞれアプローチしていたとされるが、秋元被告は9日の拘留満期で起訴され、もう一方の事件で再逮捕されるとみられる。汚職・証人買収いずれの事件も関係者は起訴事実や逮捕容疑を認めており、完全否認を貫く秋元被告の「外堀は既に埋まった」とみる向きが支配的だ。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

全面的に認めた贈賄側

 8月26日。秋元被告に賄賂を渡したとして贈賄罪に問われた中国企業「500ドットコム」の元顧問2人、札幌市の「加森観光」前会長の初公判が東京地裁であり、いずれも起訴内容を認めた。

 500社の元顧問は紺野昌彦被告(48)と仲里勝憲被告(48)。起訴状などによると、両被告はIR事業で便宜を図ってもらうため、(1)2017年9月1日、「講演料」名目で秋元被告の口座に200万円を振り込んだ、(2)同28日、議員会館事務所で300万円を提供――と直接「実弾」を撃ち込んだ。

 ほかに、(3)同年12月27~29日、500社本社を訪問した際の旅費やマカオでのチップ代約185万円相当を負担、(4)18年2月10日~13日、秋元被告が北海道留寿都村に家族旅行した際の旅費約76万円を負担――という「接待」で取り込もうとしたとされる。

 加森観光の前会長・加森公人被告(77)は(4)について、共謀した罪で起訴された。

 秋元被告は17年8月~18年10月、国土交通副大臣として観光政策に、内閣府副大臣としてIR整備に関わる職務権限があった。

証人買収には2ルート

 一方、汚職事件とは別に秋元被告は20日、紺野、仲里両被告に虚偽の証言をするよう依頼、報酬を供与しようとしたとして、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の容疑で東京地検特捜部に逮捕されていた。

 逮捕容疑は支援者に依頼して6月27日に1000万円、7月22日に2000万円を紺野被告に渡そうとしたというものだ。紺野被告はいったん受け取ったが、後日返却したとされる。

 これとは別に、東京地検は8月28日、別の支援者と共謀して仲里容疑者に6~7月の2回にわたり、数百万円を渡そうとしたとして、証人買収の疑いで松浦大助容疑者(51)を逮捕した。

 松浦容疑者が「仕手筋」で知られた人物なのは、この記事をご覧になっている方々はご承知だろう。2017年のインターネット関連企業「ストリーム」の株価操縦事件で、証券取引等監視委員会の強制調査を受けた人物だ。

 全国紙社会部デスクによると、1部上場企業が関連した金銭トラブルを巡り、秋元被告が便宜を図ったこともあった。国際親善団体役員として理事を共に務めるなど20年の付き合いだったという。

 本来ならば8月4日にほかの支援者と逮捕されるはずだったが、事前に察知したのか行方が分からなくなっていた。

 この事件に関しても秋元被告は9日、再逮捕されるとみられている。

再現される生々しい証言

 証人買収事件を巡っては、松浦容疑者を含め、実際に渡した支援者らが口を揃え「秋元容疑者に頼まれた」と供述。さらに特捜部が押収した現金からは秋元被告の指紋が検出されたというから「もう詰んだ」(永田町関係者)のは間違いない。

 贈賄側の初公判では、17年9月に議員会館の事務所でやりとりされた現金授受の様子が生々しく再現された。

 仲里被告は「私が渡しました」「金を渡せばIR進出の後押しになると思った」と明言。そして「和菓子店の手提げ袋に、和菓子と一緒に封筒に包んだ300万円を入れて渡した」と、身振りを交えながら具体的なやり取りを説明した。

 紺野被告は前日に香港から帰国して1500万円を持ち込み、仲里被告と合流。「政治家がいろいろな企業から金を貰っているのを見てきたが、捜査されたことはなかった」などと賄賂を渡した理由について説明した。

 そして両被告は、被告人質問で証人買収についても事細かく証言した。

 紺野被告は「保釈された後、秋元被告の関係者が接触してきて、記憶と異なることを証言するよう働き掛けを受けた」と明かした。

 そして「最初は口頭だけで冗談だと思った。それが1000万円を提示され、次に2000万円になった」と説明。

 そして「うそか冗談か分からず、前代未聞のことで知らんふりをする勇気もなかった」と、特捜部に相談した経緯を明らかにした。

 仲里被告も偽証の働き掛けを受けたと認め「秋元被告の支援者に『弁護士費用を負担する。一生面倒を見る』と言われた」と述べ、現金500万円の供与を持ち掛けられたが、受領を拒否したという。

すがる場所を失った現職議員

 3被告が初公判の罪状認否で全面的に起訴内容を認め、具体的かつ詳細に証言した内容は証拠採用され、判決に反映されることになる。

 賄賂を贈った側が起訴内容をすべて認めたのであれば、よほどのことがない限り事実認定され、同時に収賄側の秋元被告についても事実と認定される。

 被告人質問で明らかにされた偽証の働き掛けについても、紺野、仲里両被告は公判で不利になる要素はないから正直に証言したのだろうし、こちらも証拠採用され事実認定されるだろう。

 秋元被告は初公判の期日さえ決まっていないが、罪を認めた贈賄側の公判はすんなり進むとみられる。

 ということは間違いなく、秋元被告より贈賄側の判決が先に言い渡される。汚職事件では前科前歴がなければ、罪を認めて反省の意思を示せば、まず執行猶予が付く。

 今回、贈賄側の狙いは執行猶予を取ることだろうから、一審東京地裁判決で執行猶予が付けば控訴する必要はなく、そのまま確定するだろう。

 一方の秋元被告の公判は「否認事件」なので長引くはずだ。しかし判事が別であれ、同じ地裁で贈賄側と収賄側の判決で事実認定に食い違いが出ることはまずない。

 秋元被告の初公判は期日が未定で、偽証の働き掛けに関しては起訴さえされておらず容疑者の段階だが、秋元被告の外堀は既に埋まったとみるのが自然だろう。

㊟チンケな汚職事件が出発点だったが、収賄側の秋本司の貧乏人根性が事件を大きくして自らの墓穴を掘っている。刑務所自殺するか、出て来てもどの世界の誰も相手にしないから自害以外ないぞ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

東山紀之がゲイ役


東山紀之がゲイ役!「滝沢秀明に任せられない」“ジャニーズの背中”を芸で見せる
週刊女性PRIME [シュージョプライム]
2020/09/09 16:00

 東山紀之が、今年12月から舞台『チョコレートドーナツ』で主演を務める。2012年に公開されたアメリカ映画を舞台化した作品で、演出の宮本亜門とは初タッグ。ヒガシはゲイのダンサー役に挑む話題作だ。

 ヒガシは現在、ドラマ撮影のほか、毎週日曜朝5時台から『サンデーLIVE!!』(テレ朝系)のメインキャスターをナマでこなすという多忙な日々。そんなヒガシには、隠された“決意”があるという。

「東山さんが今回の舞台に挑戦するのは、ジャニーズの後輩たちに対する“俺についてこい”というメッセージでもあるんです」(舞台関係者)

 恩師であるジャニー喜多川さんが亡くなって1年がたつが、ジャニーズ事務所ではタレントたちの退所やスキャンダルが相次いでいる。

「先日も、山下智久さんと亀梨和也さんがコロナ禍で未成年女性と飲み会をしていたことが発覚。滝沢秀明さんが副社長として奮闘していますが、明らかに事務所内の求心力と、業界的な影響力は落ちています」(テレビ局関係者)

ジャニーズを引き締める

 もう、滝沢だけに任せられない─。そこで立ち上がったのが、ジャニーズの“アニキ”というわけだ。

「東山さんは、ジャニーズ事務所を“引き締めたい”と考えているようです。今回、挑戦する舞台は全米で大ヒットした映画の初舞台化という意欲作。テーマも社会的マイノリティーが直面しているセンシティブな内容。そういう世界的に注目される舞台で“アイドルと言われても、見事に演じ切れば評価される”ということを、ジャニーズ事務所に対して不安を抱いている後輩たちに見せたいのです」(前出・舞台関係者)

 環境もこれまでとは違う。

「ジャニーズの舞台というと、先輩や後輩と常連の演者に囲まれ、なじみの劇場で観客も熱心なジャニーズファン。でも、東山さんが挑戦する今回の舞台は違います。東山さんはいわゆる“アウェー”な立場」(同・舞台関係者)

 さらに、ヒガシが“芸能界の大先輩”から受け継いできたメッセージも込めた。

「東山さんが生前の森光子さんと非常に親しかったのは有名な話。その森さんはワイドショーの司会を週2回務めながらライフワークの舞台に立ち続けた。そんな姿を見てきた東山さんだから、今度は自分の背中を後輩たちに見せることで、どんなに多忙でも新しいことに挑戦できるんだ、ということを伝えたいのでしょう」(同・舞台関係者)
“中年の星”が、後輩たちに若さを見せつける。

㊟宮本亜門もゲイ、東山紀之もゲイ経験豊富、、、二人の間に子供が生まれる?なんてことはないだろうが。「東山のアソコはゲイにはモテない形」と東を喰ったという新宿2丁目氏から聴いたことがあるが、、、亜門も関係を持ったら捨てる?

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

伊勢谷友介と破局した森星、



伊勢谷友介と破局した森星、気性の荒さに耐えかね逃げ出す
ポストセブン2020/09/09 16:00

 またも芸能界の薬物汚染が取り沙汰される事件が起きた。9月8日、伊勢谷友介(44才)が大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

「大麻は伊勢谷容疑者の自宅リビングの机から見つかりました。捜査員が自宅に踏み込んだとき、伊勢谷容疑者はひとりでいて、捜査に抵抗する様子はなかったそうです。警視庁は長期にわたって容疑者をマークし、100%逮捕できるという確証を持っていたと思われます。大麻の売人ルートなのか、伊勢谷容疑者の大麻所持を知っている情報源がいたのでしょう」(テレビ局関係者)

 異母兄は今年7月に亡くなったファッションデザイナーの山本寛斎さん(享年76)で、自身は東京藝大卒の芸術肌という伊勢谷。モデルから俳優に転身すると、これまで2度も日本アカデミー賞助演男優賞を受賞するなどの活躍を見せ、今後も多くの映画やドラマへの出演が予定されていた。作品への影響が懸念されるが、彼の場合、その華麗なプライベートも再注目されている。

 報じられただけでも、吉川ひなの(40才)や広末涼子(40才)、木村佳乃(44才)、長澤まさみ(33才)という華麗なる女性遍歴の持ち主。だが、どの交際相手とも長続きしなかった。

「“恋愛周期2年の男”といわれた伊勢谷ですが、去年まで交際が報じられていた森星(28才)とは実に4年以上も続いていました。よっぽど馬が合ったのでしょう」(芸能関係者)

 森はファッション界の巨匠・森英恵さん(94才)の孫で、姉も人気モデルの森泉(37才)という華麗なる一族。種類の違う“華麗さ”を持つ2人は2015年、『新チューボーですよ!』(TBS系)での共演をきっかけに交際に発展した。バイクなどワイルドな趣味を持つ伊勢谷に、お嬢様育ちの森が刺激を受ける形で引き込まれていき、順調に愛を育んでいたという。

 一時は半同棲状態にあった2人。会話にも知性を求める伊勢谷と、10代でパリの社交界にデビューした才媛の森とは、波長が合っていたようにも思えたが、昨年秋頃に人知れず破局を迎えていたという。

「交際期間は約4年半といわれていますが、その間、何度か破局と復縁を繰り返していました。最後は伊勢谷さんの気性の荒さなどに森さんが耐えきれず、逃げるように彼のもとから去っていったそうです。森さんの家はもともと伊勢谷さんの自宅の近くでしたが、彼女はそこからも引っ越し、最近は連絡も取っていなかったようです」(森の知人)

 公私ともにきらびやかな日々を送っていた伊勢谷。その輝きも失われるならあまりに勿体ない。
※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

㊟伊勢谷って二面性を持った性格のようですね。殺される可能性もあるから近づかない方がいいぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

顔をぶたれ、足を蹴られ伊勢谷“裏の顔”

顔をぶたれ、足を蹴られ、彼女の体はアザだらけ……伊勢谷友介、サディスティックな“裏の顔”
「週刊文春」編集部

 俳優の伊勢谷友介(44)が大麻取締法違反の疑いで9月8日、警視庁に逮捕された。個性派俳優としての顔のほかに実業家としての一面も持つ多才な男は、有名女優とたびたび浮名を流してきた。
 そんな伊勢谷の“危険な日常”を報じた「週刊文春」2013年10月10日号の記事を全文公開する(日付、肩書、年齢等は掲載時のまま)。
◆ ◆ ◆
たびたび囁かれていた伊勢谷の“裏の顔”

「交際は順調そのもの。8月に入ってからも目黒川沿いを手をつないで歩いていたり、ダイエーで一緒に夕飯の食材を買っていたり、街中で堂々とイチャつく姿が目撃されています。以前は警戒して外を出歩くことはなかったが、6月にマンションで同棲生活をはじめたあたりからは吹っ切れたようです」(芸能記者)

 結婚秒読みとも報じられる人気女優の長澤まさみ(26)とイケメン俳優の伊勢谷友介(37)。長澤は11歳上の伊勢谷に夢中だというが、彼女は伊勢谷の“本性”を知っているのだろうか――。

 身長180センチ、芸大卒のインテリで語学も堪能、さらにボランティアなどの人道活動にも精を出す伊勢谷には、およそ欠点らしい欠点は見当たらない。

 だが、伊勢谷にサディスティックな裏の顔があることは「週刊文春」2013年4月11日号で報じた通り。かつて伊勢谷と交際していた元恋人のうち、少なくとも二人の女性が、伊勢谷の度重なる暴力に悩まされていたことが取材で判明したのだ。“被害者”のひとり、タレントAさんの知人が言う。

「Aは一時期、伊勢谷との結婚を真剣に考え、親にも紹介したほど。それでも別れを選んだのは、伊勢谷の暴力に耐えかねたからだったんです。顔をぶたれ、足を蹴られ、彼女の体は年中アザだらけでした。伊勢谷が、部屋の中で逃げ惑う彼女に向けてエアガンを撃ったという話を聞いたときは、怒りを通り越して恐怖すら覚えました」

 別の元恋人でモデルのBさんも、伊勢谷の暴力から逃げるようにして芸能界を去っている。だが、当の伊勢谷は、「週刊文春」の取材から逃げ回り、最後まで疑惑に答えようとはしなかった
バズーカやロケットランチャーを手にして「これ、いいっすねぇ……」

 その伊勢谷が最近目撃されたのが、都内のサバイバルゲーム専門店。モデルガンや機関銃が所狭しと並ぶその店で、伊勢谷は本格的な“重火器”を物色していたという。

「ひと月くらい前だったでしょうか。店に展示されていたバズーカやロケットランチャーを手にして『これ、いいっすねぇ……』と、目を輝かせていたんです」(居合わせた客)

 サバゲーは合法的な大人のスポーツ。専門のフィールドでBB弾をぶっ放す分には問題はないだろう。

「芸能人の愛好家も多いのですが、伊勢谷さんも18禁の電動式のエアガンを何丁も持っている筋金入りのマニア。片手で使えるものなど、より“実戦的”なものがお好みのようです」(ショップ関係者)

長澤まさみ ©AFLO
 伊勢谷はかつて、ツイッターでファンから好きなゲームを問われた際にこう返していた。
〈戦争ごっことか、社会を破壊する様なゲームが好きです。あはははは!!!!〉
 ゲームと戦争は別物というエクスキューズは加えているが、何をか言わんや。
マネジャーはDV疑惑に「答えられません」
 今回、伊勢谷のマネジャーに、改めて一連のDV疑惑について質したが、
「答えられません」
 というのみだった。前出のAさんの知人が言う。
「伊勢谷が長澤さんと交際していることを知ったとき、悪夢の日々が蘇ってきました。Aはエアガンの的にされるという仕打ちを受けていたんですからね……」
 サバゲー用のバズーカやランチャーは、なんと弾頭一発に最大168発のBB弾を装填できるという。炸裂しないことを祈るばかりである。

㊟バズーカやランチャーに涎を垂らすなんて普通じゃないないぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

エアガンで交際女性を撃ちまくり

エアガンで交際女性を撃ちまくり……“大麻逮捕”伊勢谷友介のひどすぎる“DV疑惑”
「週刊文春」編集部

 俳優の伊勢谷友介(44)が大麻取締法違反の疑いで9月8日、警視庁に逮捕された。大河ドラマ「龍馬伝」、映画「るろうに剣心」シリーズなど幅広い舞台で活躍してきた実力派俳優の逮捕の裏にはなにがあったのか。

 かつて「週刊文春」は、エアガンで交際女性を撃つなどの伊勢谷の“DV疑惑”を報じていた。2013年4月11日号の記事を全文公開する(日付、肩書、年齢等は掲載時のまま)。
◆ ◆ ◆
伊勢谷の過去を知る人たちの脳裏には、悪夢のような日々が……

「長澤さんは彼の“本性”を知っているのでしょうか。これまで、彼に苦しめられ、傷つけられた女性がどれだけいることか……。私は決して彼を許す気持ちにはなれません」

 険しい表情で怒りを露にするのは、俳優・伊勢谷友介(36)の元恋人Aさんの関係者だ。
 3月初旬、人気女優の長澤まさみ(25)と伊勢谷の“熱愛”が報じられ、多くのマスコミがビッグカップルの誕生を祝福した。だが、一方で伊勢谷の過去を知る人たちの脳裏には、悪夢のような忌々しい日々がよみがえったという――。

ベールに包まれた伊勢谷と長澤の交際

 本題に入る前に、まずは伊勢谷と長澤の交際について振り返っておこう。抜群のプロポーションを誇る人気女優と昨今CMやドラマで注目を浴びるモデル兼俳優の伊勢谷の秘められた交際をスクープしたのは2013年3月4日付のスポーツ報知だった。

「華々しく報じられましたが、実は当初、他のマスコミは交際に懐疑的でした。何しろ二人の関係はこれまで噂にすら上ったことがなく、目撃談も皆無。ずっと長澤をマークしていた写真誌でさえ、伊勢谷とのツーショットは一度も見たことがないという。報道されたのが二人が出演するドラマ『女信長』(フジテレビ系)の放送前だったことから、話題作りの“番宣”説も根強くささやかれましたが、後に女性セブンが長澤の自宅マンションに伊勢谷が滞在する姿を撮っています」(スポーツ紙記者)

 その後も、二人の交際はベールに包まれているが、「伊勢谷は写真を撮られたことにかなりショックを受け、ほとぼりが冷めるまで長澤と会うのを控えると言っているそうです。長澤も寂しい思いをしているのでは」(芸能リポーター)

 長澤を射止めた伊勢谷はどんな男なのか。

「ある意味、東大より入るのが難しいとされる東京芸術大学にストレートで合格。語学スクールのCMで披露しているように英語も堪能です。10代から映画監督を志す一方で、180センチの長身に端正なマスクで学生時代からモデルとしても活躍。デザイナーの山本寛斎(69)は腹違いの兄、女優の山本未來は2歳年上ですが姪にあたります」(映画関係者)

無名の学生モデルが広末涼子との交際で世に知られるように

 若い頃は顎や舌にピアスを開けるなど、かなりぶっ飛んだ印象もあったが、年を重ねた今はダンディーな魅力が売り。「日本一、七三わけわけが似合う男」(ファッション誌編集者)との声も。

「役者としてのハマリ役は09年にNHKで放送されたドラマ『白洲次郎』と、一昨年に公開された映画『あしたのジョー』での力石徹役です。ストイックに役作りを追求することでも知られ、力石を演じるために体重を10キロも絞ったことは今も語り草になっている」(前出・映画関係者)

 芸大時代の同級生はこう証言する。

「変わり者が多い芸大の中では飛びぬけた存在ではありませんでしたが、映像を学ぶためにニューヨークに留学したほど研究熱心。何より印象的なのは、やっぱり当時から女の子にはモテまくっていたこと。広末涼子(32)との交際が報じられたときも、学校に別の女子大生のカノジョを連れてきていたのを覚えています」

©AFLO
 今でこそCMなどでその姿を見ない日はないと言ってもいい伊勢谷だが、彼の名をはじめて世に知らしめたのは、何と言っても1999年に発覚した広末との熱愛だった。当時、トップアイドルだった広末に比べ、伊勢谷はまだ無名の学生モデル。

 その後も伊勢谷は、吉川ひなの(33)や木村佳乃(36)など、有名無名の女優やアイドルとあまたの浮名を流し、いつしか芸能界きってのモテ男として名を馳せるようになっていた。

伊勢谷の暴力に悩まされていたAさん

 前出のAさんも、伊勢谷にとっては、彼を通り過ぎた“過去”の女性のひとりに過ぎないのか。

 Aさんの関係者が再び言う。

「少なくとも、彼女の方は本気でした。一度は結婚も考え、自分の親にも伊勢谷を紹介して、伊勢谷も家族と打ち解けていたんです。それでも、別れなくてはならなかったのは、彼の浮気が原因とか、捨てられたとかじゃない。彼女はずっと、伊勢谷の暴力に悩まされていました」
 交際していた時期やAさんを特定するような記述は敢えて伏せるが、彼女は今もタレント活動を続ける現役の芸能人である。

逃げ惑うAさんを的に見立てエアガンで撃つ

「様子がおかしくなったのは、付き合いだして数カ月が経った頃でした。彼女の目のあたりが赤く腫れていたので、心配して聞いてみると、伊勢谷にぶたれたと言う。その後も、度々暴力をふるわれた形跡があったので、周囲はさんざん『別れた方がいい』と、説得したのですが……」(同前)

 それでも彼女は伊勢谷から離れようとせず、一方で、DVは一向に止む気配がなかった。

 Aさんの知人が証言する。

「Aが伊勢谷とDVが原因で破局したことは間違いありません。私が悩みを聞いたとき、彼女は、頻繁に足を蹴られると言っていました。さすがに顔を殴るのはマズイと思ったのでしょう。

 伊勢谷はサバイバルゲームが趣味で、エアガンを愛用しているのですが、逃げ惑うAを的に見立て、部屋の中で撃ちまくったこともあるそうです。

 そんなことをして何が楽しいのか、サッパリ分かりません」
 伊勢谷は、公の場では戦争反対のポーズを取り、人間同士が銃を向け合う愚かしさを説き、動物を無益に殺すことにも疑問を呈しているが、何かが破綻している。

長澤まさみ ©AFLO
Bさんの事務所「事実です。ひどいヤツだった」

 さらに、DVの“被害者”はAさんだけではなかった。かつて、伊勢谷と1年近く交際していたモデルのBさんもそのひとり。

 二人が交際していた頃、伊勢谷はどこに行くにもBさんを連れまわし、傍から見れば仲のいいカップルそのものだった。

 だが、彼女も人知れず伊勢谷の日常的な暴力に苦しみ、ついにはBさんの親の知るところとなった。

「Bさんの親御さんが激怒して、最終的に伊勢谷は数百万円のお金をBさんに支払ったと聞いています。その後、彼女は伊勢谷から逃げるように、留学の名目で海外に出ていったんです。ところが、伊勢谷はBさんの後を追って、ヨリを戻したいと迫った。まるでストーカーですよ」(芸能関係者)

 Bさんも、芸能活動をするタレントだったが、伊勢谷との別れを機に引退している。かつて所属していた事務所の関係者に伊勢谷のDVや“慰謝料”の受け渡しについての事実関係を確認したところ、

「くわしく話すことはできませんが、お問い合わせの件は、事実です。ただひとことだけ、(伊勢谷は)ひどいヤツだったと。こちらから言えるのは、それだけです……」
取材に「私は、存じ上げない人とは話をしません」
 Bさんと交際していたある時期のブログに、伊勢谷はこんな悩みを綴っていた。
〈私は自分勝手だ。私はすぐに落ち込む。正直、自分の悪い点に辟易している。(中略)辛い。辛い。辛い〉

「週刊文春」は再三に渡って伊勢谷本人にも取材を申し込んだ。一度だけ携帯電話に出た伊勢谷に、記者は過去の女性たちへのDVについて質(ただ)したが、伊勢谷は「私は、存じ上げない人とは話をしません」と言うのみだった。

 その後、メールや文書で再三にわたり質問事項を伝えたが、二度と電話に出ることはなかった。

 伊勢谷が代表を務める「株式会社リバースプロジェクト」にも文書や電話で取材を申し入れたが、梨のつぶて。同社の取締役で、脚本家の龜石太夏匡(かめいしたかまさ)氏にも見解を尋ねたが、回答は得られなかった。

 記者が同社を訪れた際、当初「(龜石氏は)来る」と言っていたスタッフの言葉は二転三転、けっきょく「出張で会社には来ない」、「(龜石)代表でないと、答えられない」と言う。伊勢谷にも彼の会社にも、真摯に答えようとする姿勢はまったくなかった。

「人類の矛盾」より先に向き合うべきは……

 モデル、俳優、芸術家と様々な顔を持ち、幅広い分野で活動する伊勢谷。彼がいまもっとも力を入れているのが、龜石氏と共に立ち上げた「リバースプロジェクト」の事業だ。コンセプトは「人類が地球で生き残るためにはいったい今何ができるのか」。決して金儲けが目的ではなく、よりよい社会のために「志の民を増やす」ことが目的だという。芸術家として不用品や廃材の再利用、再生事業に力を入れ、社会貢献の一環で講演活動も行なっている。

 一昨年の東日本大震災でも、伊勢谷の行動は素早かった。その日のうちからツイッターで消息不明者の捜索を拡散して呼びかけ、被災地で必要な物資があれば、自身のアカウントで連絡手段の仲介をした。伊勢谷がプロデュースした無農薬米のおにぎりを被災地の人々に届けたこともある。

 だが、「人類は矛盾を抱えている」と盛んに訴える伊勢谷がまず向き合うべきは、自分自身が抱える矛盾ではなかったか。

 真意を質すべく、小誌は伊勢谷の自宅を訪ね、もう一度だけ質問を重ねたが、伊勢谷は半ばキレ気味にこう言った。
「あぁ、もう結構です!」

㊟何だか薄気味悪い男ですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (332)
ニュースの深層 (13035)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR