FC2ブログ

2020-07

人類終わり!!近いぞ。

人類終わり!!近いぞ。
現役世代の死者、非白人多数=新型コロナ、人種格差鮮明に―米CDC調査
2020/07/11 18:06


 【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は10日、米国内の新型コロナウイルスによる死者に占める黒人やヒスパニックなど人種的少数派の割合が、人口全体でみた人種構成と比べ大幅に高いとする調査結果を公表した。とりわけ比較的若い「現役世代」で白人と非白人の差が顕著に表れ、米社会の人種間格差を改めて浮き彫りにした。

 全米の人種構成は白人が60%、ヒスパニックが18%、黒人が13%とされる。2月12日~4月24日に確認された新型コロナによる死者のうち、1万人余りを対象としたCDC調査では、白人は35%にとどまり、黒人が25%、ヒスパニックが24%をそれぞれ占めた。

 さらに65歳未満の死者に限ると、白人が18%だったのに対し黒人は30%、ヒスパニックは34%と逆転した。死亡時の平均年齢も白人は81歳で、ヒスパニックや黒人は71~72歳。比較的若くして感染し死に至る人が、非白人に多いことを示している。 

㊟人間は愚かでごう慢!地球と宇宙に“生かされている”ことが判らない。



スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

トヨタ章男社長、涙の腹芸



トヨタ章男社長、涙の腹芸
豊田章男社長 コロナ禍の株主総会で見せた涙芸と感謝力
ポストセブン 2020/06/22 07:05

 コロナ禍の株主総会の中でも話題をさらったのが、6月11日のトヨタだった。豊田章男社長が不意に「涙」を見せたのだ。

 トヨタは5月の決算発表で「5000億円黒字」の業績予想を公表。前年比8割減の厳しい予想とはいえ、それでもある株主から「(その予想は)あてになるのか」と、楽観を疑問視する声が上がった。

豊田社長は、「地道な努力を続けてきた世界37万人の従業員ら全員で作り上げた見通しだ」とその質問に答え、目を潤ませたのである。

 豊田社長は窮地のたびに涙を滲ませてきた。2009年、米国でプリウスのリコール問題が起きた時は、袋叩きとなった米議会公聴会で毅然とした態度で謝罪。その後のディーラーや従業員との会合では「公聴会で私は1人ではなかった。あなた方と一緒だった」と声を詰まらせた。

 とりわけ欧米では「経営者が公の場で感情を露わにするのはマイナス」(在米ジャーナリスト)と言われているだけに、世界一の自動車企業トップの“涙”は話題を集めた。

 2期連続の減益見込みとなった2017年の株主総会でも、「これからも持続的な成長に向けて努力していきたい」と涙ぐんだ。

 社長の涙のたび、ピンチを脱して大きくなってきたトヨタ――涙は豊田社長にとって、従業員らを鼓舞する“芸”なのか。トヨタを長年取材する、経済ジャーナリストの片山修氏がいう。

「豊田章男氏が社長に就任した2009年は、リーマンショックの影響で4600億円もの赤字でした。しかし今回はそれ以上の危機にもかかわらず、5000億円の黒字見通しを発表したわけです。就任以来の組織改革、経営努力の結果といえます。

 豊田氏は純粋な人で、改革についてきてくれた社員を家族のように思っている。社員の頑張りへの感謝が涙という形で表われたのでしょう。その熱い気持ちは社員にも伝わるのではないか」
 いずれにしても、涙を流すのは“ここぞ”という時?
※週刊ポスト2020年7月3日号

㊟真面目な男の涙というのは効果はある。私事で恥ずかしいが、俳優の堤 大二郎の軽井沢ドラマ撮影中の自動車事故だ。カメラマンが死亡、プロデューサー、運てしていた主役mp堤本大二郎、子分役の林家こぶ平が3カ月の重傷、女優二人軽傷。。。

 スポーツ紙全紙が一面と二面三面見開きで報道する大事故だった。事故の内容も掴めないまま社長である私も会見に立たねばならない。。。ここで私は、、、井上病院の井上毅院長に任せ、半歩下がった位置で、、、歯を食いしばり、唇と引き締め、語ることはしなかった。
 目には涙が、、、落涙しまいと唇を強く引き締め、天を仰いだ。。。それ以外になかったのだ。

 これで報道記事、テレビ報道は一気に、堤 大二郎応援に変わった。。。数日後にあちこちから
「社長の言いたいことが言えない苦しさ、悲しみがひしひしと伝わって来た」
「あの社長のファンになった」

と。。。表現は悪いが、これで堤は実刑を免れ、20万円の罰金で済んだ。あり得ないこと。前代未聞と評された。。。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

もはや途上国、仏、、、、

もはや途上国、仏、、、、
高齢者を守るため、またも若者が“犠牲”に…新型コロナでも繰り返された「世代間格差」の正体
「文藝春秋」編集部
2020/07/05 17:00


〈この度の新型コロナのパンデミックは、何を示唆しているのでしょうか。私は、歴史家、歴史人口学者として“グローバリズムに対する最後の審判”だと捉えます。

 ただ、新しい何かが起きたのではなく、このパンデミックが、すでに起きていたことを露見させ、その変化を加速させている、と見るべきでしょう〉

 こう語るのは、仏の歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏だ。

各国の死亡率に大きな違いがある理由

〈「経済統計」は嘘をつきますが、「人口統計」は嘘をつきません。作家エマニュエル・ベルルが述べたように、「死は嘘をつかない」。「人口統計」の操作は困難だからです。
 今回の新型コロナで注目すべきなのも、各国の死亡率に大きな違いがあることです。
 もちろん、気候の影響などさまざまな要因があるので、その点も考慮すべきですが、少なくとも現時点では、全体としてウイルスの毒性はそれほど高くない。ですから、それぞれの死亡率は、「ウイルスの属性」よりも「各国の現実」について多くを物語っている、と捉えるべきです〉

〈「個人主義的」で「女性の地位が高い」国(私の専門の家族構造で見れば、英米のような「絶対主義核家族」や仏のような「平等主義核家族」)で、死亡率が高く、「権威主義的」で「女性の地位が低い」国(日独韓のような「直系家族」)で、死亡率が低くなっています。これには、グローバル化の度合が大きく関わっていると考えられます〉

「グローバル化の深度が各国の死亡率の高低に影響している」というのだが、それはなぜか。
自分たちの生活すら守れなかった“先進国”

〈死亡率の低い後者のグループでは、グローバル化の下でも、暗黙の“保護主義的傾向”が作用し、産業空洞化に一定の歯止めがかかって、国内の生産基盤と医療資源がある程度、維持されました。そのために、被害の拡大を防げたのです。

 他方、死亡率の高い前者のグループでは、GDPばかりにこだわり、生活に必要不可欠な生産基盤すら手放して産業空洞化が起こり、いざという時に、自分たちの生活すら守れなかったのです。

 この意味で、新型コロナは“グローバリズムの知的な敗北”を宣告した、と言えるでしょう〉
 トッド氏は、先進国のなかでも多くの死者を出したフランスの状況を次のように分析する。
〈この点、フランスは、興味深い典型例を示しています。グローバリズムのゲームのルールを忠実に実行してきた国として、フランスのエリートたちは、工業で稼ぐのも、観光業で稼ぐのも、その良し悪しを問うことなく、同じようにGDPに換算できるという態度を30~40年にもわたって取ってきました。その結果どうなったか。

 今回の新型コロナではっきりしたのは、モノの生産に関しては、フランスはもはや“先進国”ではなく“途上国”だということです。フランス人は、人工呼吸器もマスクも医薬品もつくれない自国の現実を突きつけられました。それらは、中国やインドで製造され、国内にはもはや技術や生産基盤がない。国内最後のマスク工場は、2年前に閉鎖されていたのです〉

仏独の死亡率を分けたもの

〈新型コロナが露わにした“グローバル化の不都合な真実”は、仏独の死亡率の違い(「40.4」と「9.5」、5月15日時点)に鮮明に現れています。

 欧州では、EUとユーロ創設という形で「グローバリズム」が貫徹されました。とくにユーロがフランスの国内産業を破壊したのです。対照的にドイツは“単独通貨マルクよりもはるかに安いユーロ”によって、EU域内貿易でも、EU域外貿易でも恩恵を受け、巨額の貿易黒字を積み上げました。(略)

 ユーロは、主にフランスの政治家たちが中心となって考案したものですが、“フランスの政治家が犯した史上最悪の失敗”と言って過言ではありません〉

〈こうして自国産業が壊滅し、ウイルスの防御手段が何も残されていないフランスには、「ロックダウン(都市封鎖)」しか選択肢がありませんでした。(略)

 こうして約2カ月もの「自宅隔離生活」を強いられたフランス人が、見たくもないのに自宅のテレビで連日、見せられたのは、マクロン大統領、フィリップ首相、ベラン保健相といった政治家や官僚たちの虚偽ばかりの発表や会見です〉

「若者」や「現役世代」のリスクが誇張された

〈例えば、必要なマスクが国内になかった、というのが真実なのに、当初は、「効果がないからマスク着用は無意味だ」と言っていました。その後は、「マスクを製造する」と。しかし、そもそも国内の生産基盤がすでに失われているので、そのうち「中国に注文する」と言い始めた〉

〈最大の嘘は、新型コロナは、少なくとも現時点では、高齢者や持病のある人でなければ、リスクは小さいのに、「集中治療室の入院患者の平均年齢が下がってきている」というニュースを流し、「若者」や「現役世代」のリスクを誇張し、「外出禁止命令」を守らせようとしたことです〉

 トッド氏がとくに強調するのは、「世代間の問題」だ。

最も犠牲を被ったのは「先進国の若い世代」

〈グローバリズムの恩恵を最も受けてきたのは、現在の高齢者、戦後のベビーブーマーの世代で、最も犠牲を被ったのは、「先進国の若い世代」です。あくまで冗談めいた比喩ですが、死者が高齢者に集中しているのは、あたかも「グローバル化のなかで優遇されてきた高齢者を裁くために、神がウイルスを送り込んだ」と見えなくもありません。

 ただその一方で、高齢者たちが、依然、力関係で優位にあることも示されました。全人口にロックダウンを強制して、低リスクの「若者」と「現役世代」に犠牲を強いることで、高リスクの「高齢者」の命を守ったからです。もちろん、「老人を敬う」のは、健全な社会の証なのですが〉

 その上で、トッド氏はこう述べる。

〈新型コロナが露見させたのは、GDPの空虚さです。高いGDPを誇っても、産業が空洞化した国は、いかに脆いかが明らかになりました〉

〈産業空洞化で新型コロナの被害が大きかった先進国がすぐに取り組むべきは、将来の安全のために、産業基盤を再構築すべく国家主導で投資を行うことです。これは、いま話題の「ベーシックインカム」などより重要です。問題は「生産力」だからです。投資に加えて、国内の医療産業を保護する措置も採るべきでしょう。フランスについて付け加えれば、ユーロから脱却して、国内投資のために独自通貨を取り戻すべきです〉

 今回の新型コロナの危機に“グローバリズムの帰結”を見るトッド氏の「 犠牲になるのは若者か、老人か 」の全文は、「文藝春秋」7月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。
(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年7月号)
㊟おふらんすはフランスパンを素手で持ち歩くんですよ。ふ・し・だ・ら・婚の滝川クリトリス?もおフランスですよ。お里が判りますよ、食事は手掴みですし。。。亭主は犬肉大好きだし。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

首相に公明党が捨てられる?

首相に公明党が捨てられる?
安倍晋三さんが憲法9条改正に突き進み、公明党が捨てられる日
山本 一郎
2020/07/06 06:00

 かつて薬師丸ひろ子は「さよならは 別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの 遠い約束」と歌い上げておりましたが、今回の主題はセーラー服でも機関銃でもなく、さよならになってしまいかねない東京オリンピックと公明党の話です。

与党政治に、批判的かつ健全に関与してきた公明党

 はじめに断っておきますと、私はキリスト教徒(プロテスタント)ですが、公明党がいいなと思っています。創価学会がどうとかではなく、何かにつけ暴走しがちな自由民主党が政権を取るにあたって、公明党のような程よいブレーキ役がいて初めて巡航運転ができる面もありますし、実質的に与党内野党として本当に健全に自民党による与党政治に批判的に関与できているのは公明党だけなんじゃないかと思っています。

 思い返していただきたい。さかのぼることちょうど5年前の2015年7月、平和安全法制で騒ぎが起きていました。自衛隊法、周辺事態法、船舶検査活動法、国連PKO協力法など、日本の安全保障を考えるうえで重要な法案が立て続けに審議される中で、与野党の論戦のなか最後まで中心にいた中には公明党もいました。

与党だし最後は賛成するんだけど、自民党各位からすれば公明党の愚直なまでの平和路線に対してギリギリと歯がみしながらも議論に応じざるを得なかった。でも、あのときの議事や資料をいま見返すと、健全野党とは実は公明党の事だったんじゃないかとすら思うんですよね。

 一足飛びに安保法制をがっつり進めることはできなかったけど、日本で必要な議論はしっかりと行えて、自公含む5党で成立した「 平和安全法制についての合意書 」はいつ読んでもなかなか良い理念を提示していると思います。

中国がきな臭くなり、ややこしいことをおっぱじめそうな今

 時は下って2020年なう(死語)。安倍政権も終盤に差し掛かり、我らが宰相・安倍晋三さんの動きがなんかヘンです。その嚆矢はイージス・アショアをめぐる議論の中で、ポスト安倍ちゃんの最右翼である岸田文雄さんと、防衛大臣になっちゃった河野太郎さんを巻き込んだ敵基地攻撃能力に関する議論でございますね。

岸田氏、敵基地攻撃で問われる手腕 自公調整、ポスト安倍へ試練:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900867&g=pol

 もちろん、自民党の党内議論として「先制攻撃」すなわち敵基地攻撃能力に関する論点は大変デリケートなものであります。なんてったって、いままでは「攻撃されるまで、反撃しちゃいけない自衛隊」という大前提を当たり前のようにして我が国の安全保障は語られてきたわけですからな。

 しかしながら、お隣の中国さんがきな臭くなり、香港だ台湾だチベットだウイグルだ朝鮮半島だ南シナ海だとややこしいことをおっぱじめそうだ、しかも米中対立はいずれ冷戦になるぞと言われれば、日本の伝統芸にして最先端兵器である「平和憲法第9条シールド」ではどうにもならなくなります。憲法第9条なんて日本国内のことに過ぎず、海外から見れば「日本は平和憲法に縛り付けられているから強くは出られないだろう」とナメられる原因になってるんじゃないかと思うのですが、国内ではもはや宗教みたいになってると思うんですよね。

自民党から「敵基地を先制攻撃したい」と言われたら

 これでうっかり朝鮮半島でも統一されて中国側に転ばれたら対馬海峡が米中対立の最前線になり、福岡がソウルみたいになるんですよ。こりゃもう鎮西探題作って元寇防塁築くしかないですね。

 でも来るのはミサイルですし、仮想敵の中国や朝鮮半島の皆さんは行儀よく福岡から上陸してきてくださるとは限らない。さらに、ミサイルたくさん打ち込まれたら反撃する間もなく死ぬ。だからこそ、ミサイルを撃たれるかどうかを察知して撃ち落とすだけでなく、なんかそういう変な挙動があったらミサイルのある敵基地も躊躇なくぶん殴らなければならないわけですよ。

 そういう議論って、確かに現実の安全保障に関する重要なテーマではあるけれど「なんか敵がミサイル撃ってきそうだから先に攻撃しますわ」と言われたらワシらの憲法9条はどうなっちゃうの。これ、憲法9条を守る会とかやってる皆さん憤死しかねない勢いですよね。

 そして、平和憲法を愛する公明党はこんな議論を受け入れられるのか。公明党を岸田文雄さんは説得できるのか。ここで説得できなければ、もうすぐ手の届くところに来ている総理大臣の椅子はキャスターつけてコロコロ逃げて行ってしまいます。

 公明党も苦しい。号して800万票を擁すると言いながら前回国政選挙では650万票あまりに沈み、平和憲法を愛する公明党や支持団体の創価学会の皆さんからすれば、なかなか厳しい情勢になってきました。

公明党には自民党から「敵基地を先制攻撃したいです」と言われて「はい、分かりました」なんてすんなり応えられるはずもないのです。そこが、公明党の愚直で良いところなんですよね。票の取れる、ブレーキ役。自民党だけでは決まらないからこそ、憲法改正や安全保障に関する議論も拙速にならずに済むという。

安倍さんが政治家人生の花道にやりたいこと

 おそらく、安倍晋三さんは自身の政治的偉業として「日本国憲法の改正」を成し遂げ、自らの政治家人生の花道にしたいんじゃないかと思うんですよ。祖父・岸信介さんも成し遂げられなかった、戦後日本政治の悲願であり、また、戦後75年が経過して日本を取り巻く情勢が再び混迷を始めているいま、現実に即した憲法へと作り変えていくことが求められている。

目の前がコロナ騒動で燃え広がろうと、我が国の経済が人口減少とともに右肩ダダ下がりであろうと、そのような対策よりも先にガッツリと改憲へと気持ちを焦がしているのではないでしょうか。

 仮にこの秋に解散総選挙があるのだとすると、改憲についてはゆるゆると煮詰めつつ、先に自公での選挙協力を敷いて、現与党必勝の体制を築きたいのでしょう。まずは選挙で勝っておいて、そして改憲に着手する。その際に、公明党はついてこられるのかどうか。

もし首相が「憲法9条を変える」と突き進んだら……

 公明党代表の山口那津男さんという人は、本当に優れた政治家だと思うのですよ。控えめで、自民党ができないことをやり、丁寧に政策をフォローしながら自民党が猛り狂わないよう水をかける役割をしっかりと果たす。今後中国との関係が冷却化していく中で、二階俊博さんらとともに数少ない日中政治人脈の一角を担うのも山口さんです。

 ところが、ここで安倍晋三さんが「改憲だ。憲法9条を変えるんや」と決意を固めて突き進まれると公明党は厳しい決断を迫られることになります。まあ、正面突破されたら、公明党は与党にはいられないのではないかと思います。安倍さんからすれば、改憲勢力さえ確保できればいいとなれば、それこそ維新の会との野合を目指して東京1区に自民公認で橋下徹さんを立てることぐらい平気で検討すると思うんですよ。与謝野馨さんが泉下で何を思うでしょうか。

この記事が出るころには東京都知事選で小池百合子さんが馬鹿勝ちしてるでしょうが、彼女こそ、日本初の女性首相を虎視眈々と狙っていつでも都知事職などぶん投げて国政に復帰しようとするでしょう。小池百合子さんの自民党への帰還とかいうロードオブザリングかよと思うような事件は容易に予想できます。

格的な冷戦の始まりに向けて、日本が決断すべきことは

 米中対立が先鋭化するほどに、再び冷戦の最前線となる日本が取るべき道はきちんと自力で武装した普通の国なのだ、と自民党タカ派の重鎮たちが言い始めるのは間違いありません。そして、秋に衆院選があるならば、中国を仮想敵とした敵基地先制攻撃能力についての安保議論や改憲に向けての動きは自公連立政権として選挙に勝った後の話になる。自民党を選挙で勝たせた公明党が、その後に起きるであろうこれらの「飲めない議論」に付き合わされるというシュールな展開になること必至です。


 やはり、時代は本格的な冷戦の始まりに向けて、コップの中の平和国家・日本の地政学的な現実の前に戸惑いながらも決断しなければならなくなるのです。たとえ安倍政権の支持率は落ち、お友達補佐官に囲まれた専横著しい腐敗した政権だと批判されようとも、本気で安倍さんが改憲に打って出るならば、真面目に改憲のための国民投票ぐらいまでは駒を進めて、衰退が運命づけられているこれからの日本を占うキッカケになるのでしょうか。

 実現しなかった東京オリンピックをみんなでひっそりと葬送しながら。
 さようなら、オリンピック。
(山本 一郎)


㊟元々安倍首相を支援しているのは統一教会だもの。。。公明党とうまく行くはずないよね。ジャンじゃん。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (332)
ニュースの深層 (13035)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR