FC2ブログ

2020-06

渡部不倫女…元ヤン妻言葉に恐怖


渡部不倫女…元ヤン妻言葉に恐怖
佐々木希「離婚しない」決断の背景にあった“元ヤンからの脱却”
週刊女性PRIME [シュージョプライム]
2020/06/18 11:01


 今も連日話題をさらっているグルメ王・アンジャッシュ渡部建の不倫劇。多目的トイレで行為に及んだりといった最悪の不貞行為の数々に、世間の関心は妻の佐々木希が「渡部と離婚するのかどうか」に注目が集まっている。そんななか、佐々木がインスタグラムで出したコメントは《夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います》であった。

 一連の報道を受け、ツイッターなどでは彼女を応援するツイートが多く見られた。これまでの芸能人同士の不倫報道で、「された側」がここまで応援されたことがあっただろうか。佐々木希というタレントが日本中から圧倒的な好感度を獲得していることがわかる。

 その一方で、ツイッター上では「佐々木希 ヤンキー」という検索サジェストも確認でき、そこにはどこからか流出したであろう「タバコをくわえながらプリクラに写る」彼女の画像も見つけることができた。

 ギャルとヤンキー。似たようで違うふたつのカテゴリーだが、ふたつをわける明確な定義は存在しない。両者ともに「見た目が派手である」「イベント(お祭り)事が好き」などといったイメージもあるが、一番の違いとしては「ヤンキーは怒りっぽく周囲を威嚇するが、ギャルはこの限りではない」という点があげられそうだ。なんとなくヤンキーという言葉自体が“田舎的なもの”を連想させるし、モデルや女優として活動するうえでヤンキーとカテゴライズされては困るのである。

 デビュー当時、佐々木はギャル雑誌のモデルとして活躍しながらも、ゴシップ雑誌では“元ヤンキー“として伝えてられきた。’09年には「独占スクープ袋とじ」というかたちで学生時代の写真とともに《同級生が証言する「金髪スケバン」伝説!》(『EX大衆』3月号)と報じられていたりもするほどだ。

地元で知らない人はいない

 あらためて渡部の不倫を報じる『文春』記事に目を通してみる。すると、“多目的トイレで不倫”という衝撃にばかりに目がいっていた数日前とは、また違う気づきがあった。

 まず、同記事のタイトルに《佐々木希、逆上》とあるように、佐々木希がキレていた、といううことだ。

 彼女は複数の不倫相手と電話で話したそうで、《あなた酷いですね。今の会話、録音してますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ?》と相手を問い詰めたとある。その声は《幾分低く、明らかに怒気を含んでいた》とも。当時の血が騒いだのかもしれない。

 佐々木と電話した女性の友人曰く、《佐々木さんから裁判をチラつかせることも言われたといい、彼女は恐怖を覚えた》のだそうだ。渡部が『文春』の直撃取材を受けた8時間後に「録音」「裁判」を武器に相手を責め立てたというのは、なかなか肝が据わった感じもする(もちろん被害者の立場なので当然の行動だが)。

 また、かつての『週刊文春』(’10年10月14日号)は“秋田時代”の彼女について、17歳のときに金髪スタイルで登場した地元タウン誌の表紙を掲載しつつ、地元の同級生の声として《いつも希とつるんでいたMという女の子は、がっちりした体型で番長みたい。二人を知らない人はいないほど、恐れられていました。私の知人は駅前で希に肩をぶつけられ、『どこ見て歩いているんだよ!』って怒鳴られたそうです》という証言を引き出している。

「希」呼びされているところが妙にリアルだ。ふたりは“市内の女子中高生の間で有名な存在”だったともあるから、かなりのヤンキーであったことを察することができる。どれだけ知れ渡ってるんだよ……。今ごろ渡部はMさんに胸ぐらを掴まれているんじゃないかと心配になるが、一体この“ヤンキーイメージ”をどうやって返上したのだろうか。

 その答えは「ある程度、過去を認めた」ことにあると思う。

ギャルのマインドは一生変わらない

 '09年に出した写真集『Non』で当時を、《なんとなく家に帰りたくなくって、どこか遠くに行きたかったんだよね》《今考えてみれば自分を見失っていたんだと思う》と回想したり、’15年に出演した旅番組『アナザースカイ』ではデビューを決めたころについて、「秋田出身っていうことをナメられたくなくて、ちょっとツンツンしてまして、メークも濃くなっちゃうし、自分を晒したくないというのがすごくあって」と答えている。

 つまり、女優やアイドルでちらほら見かけるような「過去のいっさいを封印して清楚キャラに振り切る」手法をとらず、「ヤンチャだったころのワタシ」に多少なりとも触れているのだ。

昔を全面否定しないことがミソで、こうすることによって第二・第三の矢を防げるというのがポイントだろう。たとえ週刊誌が地元の中高生からヤンキーエピソードをかき集めたとしても、のぞみんがやんわりと認めている以上、「しつこすぎぢゃね? いつまで昔のこと追いかけてんの!」と批判をくらうわけである。

 このようにして過去を「あくまでヤンキーではなくギャルだった」とシフトチェンジすることに成功したのだ(たとえ意図的でなくとも)。

 思えば、佐々木といえば、“タピオカDM恫喝騒動”で世間を騒がせた木下優樹菜(彼女もまた法的措置を匂わせる発言してたなぁ)の親友であった。20歳のときに前述のギャル雑誌のモデルとして知り合って以来、お互いを“悪友”と呼び合ってきた。

 かたや自ら過去の武勇伝を語り、バラエティータレントとして“ヤンキーキャラ”を押し出してきた木下優樹菜。一方でヤンキーからの脱却に成功した佐々木希。タピオカや渡部の不倫の一件は抜きにしても、その後のふたりのファン層や好感度が全く違う方向にむかっていったことも興味深い。もしタピオカ恫喝をしたのが佐々木で、不倫をされたのが木下だったとしたら、世論はまた違うものになっていたのだろうか。

 今回の不倫騒動に話を戻す。6月14日放送の『サンデージャポン』で今をときめくギャルタレントのゆきぽよは“佐々木希は離婚しない“と主張し、

《やっぱり佐々木希さんって元ギャルじゃないですか。でもギャルってマインドは一生変わんない。ギャルってそんな簡単に人を嫌いになれない、そんな簡単に人を突き放させないから、ゆきは1回は許して、もっかいチャンスあげるんじゃないかなって思うんです》

 あぁ、もはやゆきぽよたちの世代にとっては佐々木希といえばヤンキーでなく、ギャルなのだ──。
 そして6月17日、『文春オンライン』は佐々木希は「離婚をしない決断をした」との記事を配信している。所属事務所関係者の証言によると、《彼女を心配する周囲には『私が彼を立ち直らせる』と気丈に振る舞っている》らしい。

……これが引き寄せの法則ってやつか。佐々木希は名実ともに“元ギャルになった”のである。
〈皿乃まる美・コラムニスト〉

㊟希さん、ごめんなさい。渡部さんに抱かれました。でも、3分で終わりですから、キスしただけと解釈していただくと大変嬉しいんですが。。。ええ、いつも5分以内です。ハイ。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

妻子あるおっさん女子と淫行

妻子あるおっさん女子と淫行
NHKラジオ プロデューサー逮捕 女子高生にわいせつ
FNNプライムオンライン
2020/06/18 12:58


NHKラジオの教育番組のプロデューサーが、女子高生にわいせつな行為をした疑いで警視庁に逮捕された。

児童ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕された、NHKエデュケーショナルの部長プロデューサー・菊池真哉容疑者(59)は2018年、東京・墨田区のレンタルハウスで、女子高生(当時17歳)の裸を撮影したうえ、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

菊池容疑者は容疑を一部否認しているが、「縛った女性の写真を撮ることに興味があった」と話しているという。
菊池容疑者のパソコンからは、1,000枚以上の女性の裸などの画像が見つかっていて、警視庁は余罪を調べている。

㊟もう60近いおっさんなのに、、、会社で大恥、家を叩き出されるぞ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

凶・史上最低投票率の都知事選



凶・史上最低投票率の都知事選

都民は武漢疫病まん延で選挙どころではない。が、始まった以上、参加せざるを得ん。ただ、候補たちも街頭演説はやりにくいだろう。それより、全候補のPCR検査は済んだのか?そこをはっきりさせないとまずいだろ?

 取材に行った記者たちはそれを尋ねたのか?

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

永田町は学歴怪しいのがゴロゴロ

永田町は学歴怪しいのがゴロゴロ
【永田町美人秘書】「秘書ならバレない」と思っている? 永田町には学歴が怪しい人がゴロゴロ
夕刊フジ 2020.6.17

 東京都の小池百合子知事の「カイロ大学首席卒業」疑惑を週刊誌が報じていたが、永田町には学歴が怪しい人が結構いる。

 例えば、女性秘書のXさん。Y事務所時代の最終学歴は名もない地方の大学卒業だったはずだが、次の事務所を探すために配った履歴書には都内の有名私立大学の名前があり、大学院修了となっていたという。

 そのおかげか、すぐZ事務所に採用されていた。どうやら、Z議員は、Xさんが履歴書に書いた有名私大に憧れていたようだ。

 かなり昔、最終学歴は高校卒業なのに大学卒業と偽っていて、「戦後の混乱で苦労したので…」と言い訳していた大臣がいたが、時代は大きく変わった。Xさんは「秘書ならバレない」と思っているのだろうか。
 永田町の倫理観は、かなり危うくなっているのかもしれない。

㊟そう言えば私の経験からも秘書同士、あなたはどこの大学?などと言葉を交わしたことはないですね。互いが議員の後援会の息子や娘、県議や市議の娘や息子、またその親戚筋が多かった。ようするにバカでも務まるってことですね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR