FC2ブログ

2020-06

大拍手 醜ゴキ死滅も


大拍手 醜ゴキ死滅も
北京でコロナ発症者44人増 市政府「非常時に入った」
共同通信社
2020/06/15 01:00


 中国・北京市政府は14日、新型コロナウイルス感染症の発症者が13日午前0時から14日午前7時までに44人増えたと発表した。いずれも同市豊台区の食品卸売市場と関連があった。11、12日にも同市場に関連のある計7人の発症を確認しており「非常時に入った」と強調した。

 遼寧省当局は14日、発症者が13日に2人増えたと発表。2人は北京の発症者と濃厚接触していた。感染拡大が懸念され、同省は北京行きを控えるよう通知した。

 中国政府は13日に確認した発症者数が中国本土外から来た19人を合わせ計57人だったと14日発表した。50人を上回ったのは4月13日以来。

㊟ゴキ醜国の『終息』なる言葉は「再発、再再発、再々再発」の意味なんですね。朗報?いや、ゴキブリは地球のどこにでもはびこるから、やはり国交を断絶し、日本海を泳がせてもなりません。
これでまた世界中にゴキブリが持ち込み、、、やはり東京五輪は中止。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

拡 有田キムチ横田子息を脅し




大拡 有田キムチ横田子息を脅し

【日本の選択】横田さん息子に発言慎めと非難? 有田芳生参院議員の驚くべきツイート 被害者家族が思いの丈を率直に吐露することすら許されないのか
夕刊フジ 2020.6.13


 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、5日に87歳で亡くなった拉致被害者家族会初代代表、横田滋さんの遺族が9日に記者会見を開いた。妻の横田早紀江さん(84)、双子の息子、拓也さん(51)、哲也さん(51)がそれぞれの思いを語っていた。

 早紀江さんの話では、「感謝申し上げます」との言葉が印象的だった。拉致被害者の家族で、他者には共有できないほど辛い目に遭われた方が感謝の念を語ったのだ。恨み言の一つでも述べたくなるだろうに、一切そうしたことは語らずに感謝の言葉を述べた。高貴な奥ゆかしさを感じずにはいられなかった。

 拓也さんの話で印象的だったのは、次の箇所だ。

 「私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうしてこれほどひどい人権侵害を平気で行い続けることができるのかと不思議でなりません。国際社会がもっと北朝鮮に強い制裁を科して、この問題解決を図ることを期待したいと思います」

 北朝鮮と友好関係を結ぶことが拉致問題の解決につながる-などと主張する人が存在するが、彼らは被害者家族の気持ちを考えたことがあるのだろうか。犯罪者に警官が手を差し伸べ、友好関係を築けば犯罪者は更生するとでも考えているのだろうか。強い制裁を科し続け、北朝鮮が変わることを望むのが正道というものだ。

 哲也さんの言葉は、重要な事実を的確に伝えるものだった。
 安倍晋三首相は拉致問題を解決できていないと批判する人々に関して、次のように述べた。

 「安倍政権が問題なんではなくて、40年以上、何もしてこなかった政治家や、『北朝鮮なんて拉致なんかしてるはずないでしょ』と言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍総理、安倍政権が苦しんでいる」

まことに正論だ。被害者の家族を苦しめ続けたのは安倍首相ではなく、真剣に拉致問題を報道しなかったメディアであり、何もしなかった政治家なのである。

 この息子さんたちの発言に噛みつく政治家が現れた。

 立憲民主党の有田芳生参院議員である。自身のツイッターで9日夜、次のように発信した。

 「横田滋さんが『絶対に言ってはいけない』と基本にしていたことを息子さんが破りました。被害者家族の政治的発言は北朝鮮を挑発するだけです。これで日朝交渉は重ねて動きません。残念です」

 国会議員が、被害者の家族に向かって発言を慎めと非難しているように私には読める。言論の自由を否定するかのような発言だ。

 仮に、横田滋さんの信条が有田氏の主張通りのものであったとしても、息子さんたちは別人格だ。有田氏は北朝鮮を挑発するなと主張しているようだが、被害者家族が思いの丈を率直に吐露することすら許されないのか。

 被害者の発言を封じ、加害者の機嫌をうかがうだけでは拉致問題は解決できない。

 ■岩田温(いわた・あつし) 1983年、静岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同大学院修士課程修了。拓殖大学客員研究員などを経て、現在、大和大学政治経済学部政治行政学科准教授。専攻は政治哲学。著書・共著に『「リベラル」という病』(彩図社)、『偽善者の見破り方リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』(イースト・プレス)、『なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか』(扶桑社)など。


㊟立憲は有田のこの発言を放置するのか?先の参院改選直前、有田キムチは何処からか入手した横田めぐみさんの写真をスクープと称して「週刊文春」に持ち込み、自身の写真も大きく掲載させ、事前運動で煽らせ再選した下品(顔も)で卑劣極まる北思想の持主。


 しかも、この写真を横田さんご夫妻から、、、のような書かせ方をしていたのだ。勿論、横田さんご夫妻は初めて見るめぐみの写真に仰天。即座に「私たちからの写真ではありません」「初めて見ました」と全面否定。有田キムチはこの事に一言も反論もしない。有田蛆キムチはあの写真を何処から???

 本日、有田キムチ芳生を「渡邉機関」の監視リストに入れました。有田、私がきついのを知ってるよな。


 怖いですね。共産党思想って。人をなぶりものにして平然です。来月になると思いますが、YouTube“正次郎の遺言”で、S48年の参院選前、共産党が参議院議員迫水久常秘書の私を抹殺リストに載せたことを暴露します(是非、ご覧ください)。

 しかも有田は「ヘイトスピーチしばき隊」の影の扇動者であることは多くの人に知られています。立憲民主党もこんな陰湿な共産党思想の持ち主を抱えているから支持率が下がるんです。

13日、午後、枝野代表にこの記事をメールして置きました。どう出るか?何の動きも無いとすれば、立憲も共産党思想と見て間違いありません。選挙の判断材料になりますね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

大予言 大拡トランプ敗北決定


トランプ敗北決まった!
トランプ氏「他のことする」、11月の米大統領選敗北なら
ロイター
[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日に報じられたテレビ番組でのインタビューで、11月3日の大統領選で敗北した場合、他のことを行うと述べた。

FOXニュース・チャンネルで「確かに私が勝てなければ敗北する。つまり、他のことをするということだ」と語った。

今回の発言はトランプ大統領が選挙結果を受け入れる可能性を示唆しているが、具体的にそう言及したわけではない。トランプ陣営の広報担当ティム・マータフ氏は前日、トランプ氏は選挙結果を受け入れるだろうと述べた。

米大統領選に向け民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領は、トランプ大統領が選挙を盗もうとする恐れがあると懸念を表明した。一方、トランプ氏が選挙に敗れ結果を認めない事態に陥れば、軍が介入すると確信していると述べた。

㊟ここからは日本一の選挙参謀として多くの議員を当選させ、その得票数まで的中させてきた渡邉正次郎の持つ、霊的直感でトランプの言葉で惨敗の画が目に浮かびました。

恐らく共和党、民主党の長い政権争いの中でも、特筆すべき得票数の少なさで歴史的惨敗です。
 安倍総理、民主党は日本人を好きじゃない。ウォルター。モンデール元副大統領以外は。
特にヒラリー・クリントンは日本嫌い、カネをくれるゴキブリ醜キンピラが好きです。オバマもです。慎重にお考えの上、対処を。
正次郎はトランプ初当選を一番早く的中させたジャーナリストです。二番手が木村太郎氏。
安倍総理は大丈夫です!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

給付金遅い、野党追及資格ナシ


給付金遅い、野党に追及資格ナシ
【日本の解き方】マイナンバーの根本的問題、露呈した政府の“IT後進性” 導入反対した左派系野党に批判の資格なし
夕刊フジ 2020.6.12


 新型コロナウイルス対策として全国民に1人10万円を配る特別定額給付金をめぐり、マイナンバーカードを使ったオンライン申請で自治体によっては不具合が生じたところも出た。マイナンバーカードと預貯金口座のひも付けも、全口座ではなく1口座を対象に検討する方針だという。

 そもそも、日本のマイナンバーの導入は、先進国の中でビリだった。米国に限らず先進各国ではかなり前から共通番号が導入されていた。米国、カナダでは社会保障番号。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フランス、韓国では住民登録番号。オーストラリア、イタリアでは納税番号があり、他の制度の運用にも利用されて、共通番号制になっている。

 これらの国では、納税の際に共通番号を利用している。と同時に、預金口座開設にも共通番号を使うのは常識だ。筆者も米国生活経験があるが、米国到着のその日のうちに地方事務所に行き、社会保障番号の取得手続きを行った。なにしろ、社会保障番号がないと、銀行口座も開けず、自動車免許も取れず、米国生活は不可能だからだ。

 日本のマイナンバーには使用制限があるが、米国では銀行口座開設、自動車保険申請、自動車免許取得、クレジットカード取得など、あらゆる生活基盤と社会保障番号がリンクされている。

 新型コロナ対策の給付金でも、米国では社会保障番号にリンクされた銀行口座があるため、実施決定から2週間で政府から個人口座への振り込みが行われた。米国では社会保障番号と銀行口座のリンクが今ほど普及していなかったときでも、毎年社会保障番号の住所に年金通知が郵送されていた。米国の定額給付金の支給では、政府振出小切手が直接政府から社会保障番号の住所に郵送されていた。

 いずれの方法も、地方自治体が個人の住所に郵送し、それの返送を再び地方自治体で審査して銀行口座に振り込むという今の日本の方式よりはるかに早く定額給付金を支給できる。マイナンバー制導入が遅れた政府のIT後進性が、今回の定額給付金で露呈してしまった。

 今回オンライン申請した分は、マイナンバーと銀行口座のリンクは済んでいるはずだが、政府はその情報すら、次回の給付金に今の法律では活用できないというのはお笑い草だ。

 そういった数多くの反省を前向きに生かすためにも、個人のマイナンバーと全ての預貯金口座のひも付けの義務化を進め、マイナンバーを社会インフラとし、それを日常の行政で活用する仕組みが重要だ。他の先進国のように、マイナンバーで税務申告をさせれば、銀行口座のトレースができるので、課税の公平や税務の効率化にもなる。

 だが、政府はひも付けの対象を1口座だけとする方針で、不十分さは否めない。

 一方、日本でマイナンバーの導入が遅れたのは、左派系野党がプライバシーを理由として反対してきたからだが、今度は定額給付金の手続きが遅いと批判しているのはいかがなものだろうか。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

㊟小泉強姦元総理と竹中部落平蔵、南部キムチ靖之、オリの宮内義彦らは口座を幾つもってるんだろうか。特に竹中部落は米国と日本を行ったり来たり、住民票も一年ごとにアメリカ、日本と変えていたからなぁ。勿論、税金逃れで。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

横田さん遺族の言葉を隠した


横田さん遺族の言葉を隠したメディア許すな
「拉致などないと言ってきたメディアが…」横田滋さん遺族の言葉を隠し続けるメディアの異質さ 報じないなら存在価値なし! 作家・門田隆将氏が言及
夕刊フジ 2020.6.12


 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)の父、横田滋さんが亡くなったことを受けて遺族が記者会見を行った際、息子の哲也さん(51)が、メディアやジャーナリスト、政治家などを厳しく批判した。

ところが、この発言は主要メディアでは、ほぼ報じられなかった。長年、拉致問題を取材し続け、『新聞という病』(産経新聞出版)という著書がある、作家でジャーナリストの門田隆将氏に聞いた。

 「ネット社会になって、真実を無視して隠し続けるメディアの異質さに、多くの国民が気付き始めている」

 門田氏はこう語った。

 その解説は後述するとして、注目の記者会見は9日、東京・永田町の議員会館で行われた。滋さんの妻、早紀江さん(84)と、双子の息子、拓也さん(51)と哲也さんが出席した。

 哲也さんは、病院や教会の関係者へのお礼や、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への苦言を語ったうえで、一部のジャーナリストやメディア、政治家らが、拉致問題を利用して安倍晋三首相や同政権を批判していることを一刀両断した。

 ネット上では、この発言部分を編集した動画まで拡散され、多数再生されている。だが、主要メディアの反応は鈍く、ユーザーの間には強い怒りや不信感、失望感が広がっている。これは、極めて深刻な事態だ。

 門田氏は「横田滋さんの信念が強く、人を思いやる人柄が、ここまで拉致問題を動かしてきた。心からご冥福をお祈りしたい」と話したうえで、次のように解説した。

 「哲也さんの発言は、今回の記者会見でも非常に重要で、みんなが忘れている『北朝鮮による拉致事件のタブー』について言及・示唆していた。

つまり、一部メディアは、北朝鮮を『地上の楽園』と報じていたこと。1988年に梶山静六国家公安委員長(当時)が国会で『北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚』と答弁したのに、メディアがほぼ取り上げなかったこと。

多くのメディアが『ソ連や中国、北朝鮮が善』としてきたため、拉致事件は存在しないことにして無視し続けたことだ。タブーを避けて報じないなら、もはやジャーナリストではない。メディアの存在価値もない」


 ■「拉致するはずないでしょ」と言ってきたメディア 横田哲也さんの発言

 「一番悪いのは北朝鮮であることは間違いないが、拉致問題が解決しないことに対して、あるジャーナリストやメディアが『安倍総理は何をやっているのか』という方もいる。

北朝鮮問題が一丁目一番地で掲げていたのに『何も動いていないじゃないか』という発言を、ここ2、3日のメディアで私も見て耳にしている。

安倍首相、安倍政権が問題ではなく、40年以上、何もしてこなかった政治家や、『北朝鮮なんて拉致をするはずないでしょ』と言ってきたメディアがあったから、ここまで安倍首相、安倍政権が苦しんでいる。

安倍首相、安倍政権は動いてくださっている。何もやっていない人が政権批判をすることは卑怯(ひきょう)だと思います。拉致問題に協力して、さまざまな角度で動いてきた方ならまだ分かりますが、的を射ていない発言をするのは止めてほしいと思っている」

㊟門田氏の発言に拍手で賛同。横田くんが発言しても総てカット。これでは日本のメディアは国民をフェイクの世界に誘導し、反政府暴動でも起こさせようとしているとしか。

こりゃ、「渡邉機関」にメディアの現場記者とソレを仕切るデスクらの私生活を調べさせ、暴露する以外にないないな。諸君、覚悟して置けよ。徹底して調べ上げネットにアップするぞ。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

総理&副総理の密談

総理&副総理の密談
安倍首相と麻生氏が密談…10.25解散総選挙は脅しじゃない
日刊ゲンダイ 公開日:2020/06/11 14:50 更新日:2020/06/11 14:50

 安倍首相と麻生副総理兼財務相が10日、官邸で約1時間にわたり2人だけで異例の“密談”を行い、臆測を呼んでいる。3密回避が叫ばれるさなかの“濃厚接触”に、永田町関係者は「衆院解散の相談か」と騒然。実際、これまでも2人は、解散前には必ず“密談”している。


「安倍首相は節目節目で麻生さんに相談しています。このタイミングで1時間も会ったのは、追い詰められている裏返しです。何しろ、支持率が急落しただけでなく、若手からも政府批判の声が上がり、安倍1強が崩れつつある。危機感を強めているのは、天敵の石破さんと二階幹事長が接近し始めたことです。しかも、菅官房長官まで離反する可能性が強まっている。

もし、二階―菅―石破がタッグを組んだら、安倍首相は引きずり降ろされかねない。麻生さんとの会談をオープンにしたのは、“解散があるぞ”と党内を牽制し、反アベの動きを封じ込める狙いでしょう。解散となれば、公認権を握っている総理総裁には誰も逆らえませんからね」(官邸事情通)

ただし、会談はただの“脅し”だけではなさそうだ。


「やはり、1時間の会談は長い。相当話し込んだはずです。国会閉会後の政治日程を精査し、解散や内閣改造のタイミングまで詰めたと思う。また、安倍首相は自分の身に何かあった場合は麻生氏に後を任せたいと伝えた可能性もある。政界ではポスト安倍は麻生太郎という話も流れ始めています」(永田町関係者)


 現状、有力視されている解散時期は「秋」。9月末解散、10月25日投開票とみられている。来年に延期された東京五輪、5カ月後に迫る米国大統領選、野党の情勢が関係しているという。


「国際オリンピック委員会のコーツ調整委員長が、10月をメドに東京五輪開催の可否を判断すると明言している。11月はトランプ米大統領の2期目をかけた選挙がある。『五輪中止』『トランプ敗北』なら、政権は大ダメージ。悪影響が出るよりも前に解散を打つ方が得策。それに、野党の足並みが揃う前なら大敗はない。秋の臨時国会冒頭が解散のベストタイミングだろう」(前出の官邸事情通)

 どこまでも姑息なヤツだ。

㊟反日、日刊ゲンダイだけに手厳しいですな。安倍総理、北朝鮮で慰安婦を要求し、ベッドインした石破茂は国会議員でいること自体が国家の恥です。総選挙で公認を出さないように考えましょう。石破を引退させるのが一番です。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

渡部って早漏なんだもん


渡部って早漏なんだもん
アンジャッシュ・渡部、ハレンチ行為の鬼畜ぶり! 多目的トイレでの“行為”は5分で終了、報酬は1万円…静止画流出も 「週刊文春」報道
夕刊フジ 2020.6.11
 複数人の女性との不倫でテレビ番組を出演自粛となったアンジャッシュの渡部建(47)のハレンチすぎる行為が明るみに出た。11日発売の「週刊文春」が3人以上の女性との不貞行為を報じたが、多目的トイレに女性を呼びつけて性行為に及んだことを暴露。これまでのさわやかイメージが崩壊する大醜聞となった。所属事務所は10日、当面の間、芸能活動を自粛すると発表した。

 10日、所属事務所の公式サイトにコメントを出した渡部。不倫を認めたうえで「私の不徳の致すところ」と反省の弁を述べ、妻で女優、佐々木希(32)にも謝罪したと報告した。

 「週刊文春」によると、渡部が2017年4月の結婚後に肉体関係に及んだ女性は少なくとも3人。結婚前からの関係が続いていたケースもあるが、なかには18年9月の第1子誕生後の翌19年に新たに関係を持った女性もいるという。

 そのただれた下半身ぶりも明らかになってきた。同誌の取材を受けた女性は渡部とは30回以上関係を持ったと生々しく告白。渡部は東京・六本木ヒルズの地下駐車場にある多目的トイレに、この女性を呼び出すと、すぐに下半身をなめるように求めたうえ、性行為を始め、5分そこそこでコトを終えるという、さながらAVのようなプレーにふけっていたという。

 しかも行為の後は、その都度1万円を“報酬”として渡していたというから、女性を性欲のはけ口としか見ていなかったと言わざるを得ない鬼畜ぶりだ。

 さらには、テレビ電話を使ってお互いに自慰行為を見せあうという変態プレーを求めることも。このプレーの静止画が周辺関係者に流出したとも一部では報じられており目も当てられない。

 文春の直撃取材を受けた後には、関係を持った女性たちに電話で連絡を取ったとされるが、その際には、佐々木が電話を代わり、不倫相手の女性と対峙する状況になるなど修羅場が繰り広げられたとも。

 現時点で、渡部自身が会見などで事情を説明する予定はないという。

◆「私なら仕事後、毎日すぐ帰宅する」

 渡部の不倫問題について、経済アナリストの森永卓郎氏は「率直にすごいなと思った。『世界で最も美しい顔100人』にも選ばれている妻がいながら不倫するなんて…。私なら仕事終わって毎日すぐ家に帰るだろうな」と驚きを隠さない。

 森永氏は「佐々木希さんは男女問わず好感度が高く、渡部さん自身もおしゃれでトレンディー、グルメな芸人として人気があっただけに批判は避けられないだろう。ただ私を含め、結婚に嫉妬していた世のオジさんは喜んでいるかもしれない」と話した。

㊟勃起チンぽを手で扱いている静止画なんて、、、これじゃ成宮貴寛がアナルに抜き差しされてるゲイ動画の方が迫力あるぞ。二つとも結構な価格で売れるかも。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

韓“コウモリ路線”絶体絶命! 

韓国“コウモリ路線”絶体絶命! 文大統領の卑屈な「親北」も金与正氏は足蹴に…さらに武力挑発も
夕刊フジ 2020.6.11


 韓国との通信を完全遮断すると発表した北朝鮮。今後は南北軍事合意破棄から武力挑発に発展するとの観測が浮上している。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が掲げる「親北路線」も、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹で党第1副部長の金与正(キム・ヨジョン)氏に足蹴にされた形だ。文外交は絶体絶命だ。

 朝鮮労働党本部と韓国大統領府(青瓦台)のホットラインを含む通信回線の完全遮断は、与正氏らが8日の対策会議で指示した。「対南(韓国)事業を徹底した対敵事業に転覆する」と強い調子で表明したという。

 与正氏らを激怒させた発端は、韓国の脱北者団体による北朝鮮批判ビラの散布だった。4日の談話で再発防止を要求。南北共同事業で稼働停止中の開城(ケソン)工業団地の完全撤去や南北間の連絡事務所の閉鎖、南北の軍事合意の破棄も警告した。

 韓国統一省当局者は10日、ビラを散布した脱北者2団体を南北交流協力法違反容疑で韓国警察に刑事告発する方針を明らかにするなど火消しに躍起だ。

 与正氏については、正恩氏が後継者の地位を与えるとの見方が強い。韓国国会立法調査処が4月末に出した報告書では、与正氏が対韓・対米の外交談話を発表した活動などを分析し、

「後継者としての地位と役割に拡大することができる可能性を予告している」と記している。

1988年生まれで今年32歳の与正氏は、2017年10月の党中央委員会総会で政治局員候補に選出されたが、19年2月のベトナムでの米朝首脳会談が決裂した責任を取って解任されたと観測もあった。だが、4月中旬に開かれた最高人民会議で政治局員候補に返り咲いたとされる。

 北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏は、

「正恩氏とは現状で二人三脚で、正恩氏に何かが起こった場合に与正氏が継ぐシナリオが用意されていると思う。正恩氏の機嫌が悪いときになだめるストッパー役でもあるが、対外的に激しい姿勢にも出ることも考えると、彼女に固定された役はなく、すでにナンバー2として、強硬手段も宥和手段もとるということだ」と解説する。

 文大統領と正恩氏は2018年に3度にわたる首脳会談を開いたが、その後、南北関係は停滞し、ここにきてはっきり暗転している。

 韓国紙の東亜日報(日本語電子版)は、北朝鮮が軍事的措置や挑発などを連鎖的に行う「同時多発的武力示威」を行い、韓国軍との緊張を高める可能性があると伝えている。

 北朝鮮が韓国に激しい敵意を見せている背景について、朝鮮半島情勢に詳しい龍谷大学教授の李相哲氏は、「新型コロナウイルスや経済危機で北朝鮮国内は不安定といわれている中、民心を動揺させるようなビラ散布に激怒している」と解説する。

 李氏はさらに


「文氏の限りなく寛容で卑屈な態度にもかかわらず、南北会談の約束が何一つ実行できていない。通信遮断は低い段階の挑発で、北朝鮮は韓国に対して、武力的な挑発を行うだろう」との見方を示す。

 南北関係が破綻状態となりつつあるなか、文外交自体も厳しい局面を迎えている。

 ドナルド・トランプ米大統領が、先進7カ国首脳会議(G7サミット)を拡大して韓国などを招待する意向を示し、文氏は手放しで喜んだ。不透明な部分も多いが、実現した場合、文氏は中国という踏み絵を踏まされることになる。

 前出の李氏はこう指摘する。

 「心情的には“レッドチーム”にいる文氏だが、年内にはどこを向くのか態度をはっきり示す必要に迫られるだろう。米韓同盟で戦う姿勢を示せば北朝鮮も勝手なことはできないが、判がい
 当然ながら日韓関係も最悪の状況だ。「コウモリ」はどこに飛んでいくのか。

㊟北朝鮮に女帝誕生となると、各国はやりにくくなりますよ。態度、言動、素振り一つで気分を害すのが女性の特質だから。。。イケメン総理、イケメン外相でないと。。。そうなると石破がイイかな。いや、石破を出向かすと初訪朝の夜の慰安婦が出てくる可能性も。。。こりゃ無理だ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

暴走北朝鮮!


暴走北朝鮮!
「韓国のビラ見た国民を処刑」金正恩氏の妹、金与正氏の“対敵活動”が始動か
夕刊フジ2020.6.10


 咸鏡北道(ハムギョンブクト)在住の情報筋が韓国デイリーNKに伝えた話しによれば、

「今月初め、清津(チョンジン)市をはじめとする道内の社会安全部(警察)幹部らを対象に、南朝鮮(韓国)からの敵宣物の危険性に関する講演が行われた。講演では敵宣物によって思想が変質し、南朝鮮への憧れを露骨に表現し、国家を非難したある男性を処刑したとの言及があった」という。

 ここで言う「敵宣物」とは、韓国の脱北者団体が北へ向けて飛ばしている金正恩体制非難のビラや、同様のコンテンツが記録されたメモリカードの類のことと思われる。

■女性を全身ギプスで

 北朝鮮はこのところ、ビラを飛ばしてきた脱北者団体や、それを許してきた韓国政府を猛烈に非難。9日には対抗措置として、朝鮮労働党本部庁舎と青瓦台(韓国大統領府)のホットラインをはじめ、韓国との通信線を全面遮断した。

 そうした対南攻勢の口火を切ったのは、金正恩朝鮮労働党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が4日に発表した非難談話だった。

 この談話を受け、同党機関紙の労働新聞は7日、

「わが最高尊厳(金正恩氏)を攻撃した挑発者たちを無慈悲に処刑する」とした金明吉(キム・ミョンギル)中央検察所長の発言を掲載。また朝鮮中央通信は9日、金与正氏が「対南事業を徹底的に対敵活動に転換すべき」と指示したことを明らかにした。

 冒頭で述べた処刑の犠牲者は、脱北者ではなく北朝鮮国内に在住する男性である。しかし近年、北朝鮮の秘密警察は脱北者に対して様々な工作を仕掛けており、韓国でタレント活動をしていた女性を全身ギプスで拘束し、拉致したとの情報まである。

 (参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的)

 北朝鮮が本気で対敵活動に乗り出したら、誰にいつ、どのような災いが降りかかるかわからないのだ。そのことは、マレーシアで暗殺された金正恩氏の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏の事例を見ても明らかだろう。

 懸念されるのは、韓国の文在寅政権と与党がこうした北朝鮮側の動きに反発するよりも、脱北者団体の動きを規制するような動きを見せていることだ。このまま行くと、北朝鮮の人権侵害を非難してきた脱北者たちは韓国社会で孤立を深めかねず、そうなれば、金正恩体制からの「処刑」の脅しが恐怖の度を増すことになる。それはいずれ、金正恩体制の過ちを非難するすべての人に影響しかねないことを、私たちは知るべきだと思う。

㊟ますます怖い国になりますね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

役所は生活保護者大嫌い?

役所は生活保護者大嫌い?
生活保護申請が23区で4割増えるなか、窓口で渡されたサンマ缶ときんぴらごぼう缶。そして新宿区でのホテルから放り出された172人
ハフポスト日本版 2020/06/11 09:39

久々に、頭が真っ白になるくらいの怒りが込み上げた。

貧困問題にかかわって14年。生活保護の水際作戦や屈辱的な対応については散々見聞きしていた。しかし、今はコロナでみんなが大変な時期。厚労省から生活保護については迅速に対応するようにという通知も出ている。それなのに、「今に至ってもこんなことやってるの?」という現実に、ただただ言葉を失った。

それは6月3日のこと。この日、私は千代田区役所にいた。つくろい東京ファンドの小林美穂子さんから連絡を受けたのだ。

つくろい東京ファンドとは、住まいのない人などを支援する団体。つくろい東京ファンドには、4月から170件を超える相談が殺到している状態だ。所持金が尽きた、住む場所もないといった切実なSOSだ。

小林さんは相談をくれた人のもとに駆けつけ、生活保護申請同行などの支援を続けている。その様子は「緊急事態宣言からの同行支援日記〜ネットカフェ休業で『パンドラの箱』が開いた〜」でも書かれている通りだ。

そんな小林さんからの連絡は、

「千代田区の福祉事務所に申請同行したが、申請はできたもののあまりにも対応がひどいので来てくれないか」というものだった。もし可能であれば、ということで、れいわ新選組党首・山本太郎氏の同行も希望されていた。

コロナ経済危機が始まって以来、山本太郎氏もホットラインの相談員などをボランティアでし、街頭で見かけたホームレス状態の人に声をかけ、支援団体につなげるなど「ひとり福祉事務所」のような機能を果たしている。早速、太郎氏に事情を話すと「知恵はないけど圧は出す!」という力強い参加表明が届いたのだった。名言だな……。

そうして6月3日午後1時、私たち3人と当事者のSさんは千代田区役所の福祉事務所にいた。

まず驚いたのは、コロナ経済危機の中、生活保護を申請する人は激増し、東京23区では4割増になっていて、どこの区の福祉事務所にも人が殺到しているというのに、千代田区の福祉事務所はガラガラだったことだ。

不審に思いつつ、この日の午後1時にSさんの担当者とアポイントをとっていることを伝える。と、山本太郎氏の登場に福祉事務所はざわつき始め、慌てた様子で係長と課長という人がやってくる。Sさんの担当となった人も含め、話し合いが始まった。

ここで経緯を振り返ると、Sさんは5月27日、小林さんに同行してもらい、生活保護を申請。この時点で住まいはなく、所持金は200円ほど。申請の意思を示しているこのような場合、すぐに申請書が出てくるものだ。しかも現在は緊急時。しかし、申請書が出てくるまで、1時間5分もかかったという。この時点でありえない対応で、申請を諦めさせようとしていたと言われても仕方ない。

しかも生活保護は申請からだいたい2週間以内で決定されるのだが、対応した職員は、千代田区では2週間で決定することはほぼない、一ヶ月かかると説明。また、申請時に所持金がない場合、決定まで待っていたら餓死してしまうので、他の区では仮払いがされるのだが(その日の夕食から困ってしまうため)、なんとこの日、Sさんに渡されたのは現金ではなく災害備蓄の缶詰などだったという。

その内訳は、白粥13個、サンマ蒲焼缶15個、きんぴらごぼう缶15缶、500mlの水5本。これで生活保護決定まで過ごせということだろうか? 「なくなったら連絡を」ということだったそうが、Sさんが連絡しても折り返しはなかったという。

ここで他の区はどうかということを紹介すると、申請時に所持金が尽きている場合、区によって違いはあるが1日2000円などが生活費として仮払いされる。

私は今まで多くの生活保護申請に同行してきたが、所持金が尽きている人で、その日のうちに仮払い金が渡されなかったケースは皆無だ。場合によっては、その日から決定までのネットカフェの宿泊代も出る。そこからアパートに移るという流れだ。生活保護が決定すれば敷金などの初期費用も転宅費として出る。

「そこまでしてくれるのか」と驚く人もいるだろう。しかし、こういった情報も支援団体が同行しないと教えてくれないこともある。そうしてアパート生活に移行すれば、生活は安定する。

東京都内にはネットカフェ生活者が4000人いると言われているが、これほど多くの人がそのような生活をしている背景には、アパートに入るための初期費用が用意できないという現実があるのだ。

Sさんの場合、住む場所はないものの現在宿泊している場所はあった。が、さすがに缶詰だけの支給というのは常軌を逸している。早く生活保護を抜けようと職探ししたくても、交通費もないのでは何もできない。「それでもありがたいと思え」と言う人は、所持金200円で1日3食、サンマ缶ときんぴらごぼう缶だけという生活をしてみるといい。いくらなんでもありえない、と抗議したのだが、私はこの「災害備蓄の食料支給」という事実によって、ある事件を思い出していた。

それは、2012年に札幌市白石区で起きた姉妹餓死事件。42歳の姉と40歳の妹が1月、遺体で発見されたという痛ましい事件である。真冬の札幌で電気とガスは止められ、二人が住む部屋のガスストーブは使えない状態だった。冷蔵庫は空っぽで、遺体は衣服を何枚も重ね着している状態だったという。

姉が先に亡くなり、知的障害のある妹は姉の遺体の横で半月ほど生きていたとみられる。携帯には、前年12月20日に「111」という発信記録が残されていた。110番か119番にかけようとしたものの、番号を間違ったのではないか。

姉妹の姉は、生前、生活が苦しいと白石区役所に3度も相談に訪れている。が、3度とも「若いから働ける」などと追い返され、3度目に追い返されてから半年後、遺体となって発見された。そんな姉が2度目に相談に訪れた時に支給されたのが、「パンの缶詰」だったのだ。

この時の姉妹の状況は逼迫していた。全財産はわずか1000円。両親はすでになく、知的障害の妹を抱える姉は体調不良で失業していた。食料も残り少なく、ライフラインも滞納。一刻も早く生活保護が開始されなければ命に危険が及ぶことは誰だってわかる状況だが、白石区の福祉事務所がしたことは、「非常用のパンの缶詰14缶の支給」。

災害備蓄用のもので、14缶の根拠は「7日×1食×二人」。姉妹に対して1週間、1日1食、しかもパンだけで生き延びろということである。この日の「面接受付票」には、「食料確保により生活可能であるとして、生活保護の相談に至らず退室」と書かれている。

そうして福祉に見放された二人は、餓死・凍死した状態で発見されたのだ。

この事件を受けて12年3月、「全国『餓死』『孤立死』問題調査団」が弁護士らで結成され、私も加入。5月には調査団で事件調査のため札幌に行き、白石区に聞き取りもしたが、二人の命が失われたことについて、白石区はあまりにも冷淡だった。

私自身、札幌の餓死事件の取材をしてきたという経緯があるからこそ、千代田区が災害備蓄の缶詰を渡したことがショックだった。白石区の時もそうだが、食料を渡すということは、飢える可能性があるとわかっているということだ。千代田区の場合、生活保護申請はできていたが、コロナ禍という非常時において、このような対応がなされていることが衝撃だった。

この日、千代田区との話し合いの結果、「一ヶ月かかる」と言われていた保護の決定は2週間で下りることとなり(できるんじゃん!)、また、現金の仮払いもされることになった。

1日2400円として、1万5000円がSさんに支給されたのだ。が、ここに至るまで、1時間10分。他の区では、自分から何も言わなくても所持金がない場合は出てくるお金だ。それをいろいろと理由をつけ、さらには「協議が必要」と20分間、席を外して協議して、やっと出てきたのだ。

しかし、これは歴史的な一歩でもある。長年、現金支給が行われてこなかった千代田区で、こうして仮払いが認められたのだ。Sさんが頑張ってくれたことによって、大きく道が開いたのだ。

担当課長は、今回に限らず、所持金のない人には仮払いをすることを口頭だが約束してくれた。何もしなければ変わらなかった制度にこの日、小さいけれど、確実に穴が空いたのだ。
快哉を叫びたい一方で、窓口を訪れて、心がえぐられる思いもしていた。

コロナ禍で困窮者が増える中、全国各地の福祉事務所の職員たちが奮闘していることは知っている。当事者に寄り添った素晴らしい支援をしてくれている職員の存在も知っている。

一方で、時々耳にするのは「ひどい」としか言いようのない職員だ。水際作戦で追い返す、態度がものすごく横暴で喧嘩腰、高圧的、ニヤニヤしてばかりいて困窮した人を馬鹿にしたような態度をとる、等々。

そのような人が、福祉事務所の窓口で困窮者対応をするわけである。そうして生活保護を受ける資格があるのに、受けなければ死んでしまうのに、難癖をつけて本人を追い返している。この事実を思うと、腹わたが煮え繰り返りそうな怒りに包まれる。

なぜなら、生活保護の窓口は、そこで追い返されたら死ぬ確率がもっとも高い窓口だからだ。他の施策の窓口とは明らかに違う。他に生きる手段がない人たちが来る最後の砦だというのに、なぜ、福祉の知識もろくになく(本当にそういう人がたまにいる)、当事者を傷つける言動を平気でしてしまう人が配置されているのか。

はっきり言って、その席にはプロ中のプロしか座ってほしくないのだ。命にかかわる仕事なのだから。素晴らしい仕事ぶりの職員たちがいることを知っているだけに、それが残念でならない。

さて、この日、千代田区役所から帰る時、Sさんたちと歩いていると道端にきんぴらごぼうの缶詰の空き缶が落ちているのを発見した。Sさんに支給されたのも、まさに同じ缶詰だという。おそらく千代田区の福祉事務所でもらった人が空腹に耐えきれず、すぐに食べたのだろう。そんな缶詰の賞味期限は、来月だった。廃棄処分が近いものから渡しているのだろう。理解できるが、なんだかとても悲しくなった。

一方で、生活保護の現場がなぜこれほど殺伐としているかもよくわかる。コロナ不況を受け、生活保護を申請する人が激増しているのに、現場には人手も予算も圧倒的に足りないからだ。

「給付なき自粛」をこれだけやってきたのだから失業者や困窮者が増えるのは当たり前なのだ。だからこそ国は、困窮者対策に予算と人手を投入してほしいと切に思う。最後のセーフティネットなのに、どの市区町村に住んでいるかで生死が分かれるようなやり方を、とにかく今すぐ是正してほしい。
と、ここまでが3日のこと。

それに先駆ける6月1日、新宿区がトンデモないことをやらかしていた。

一言でいうと、「嘘をついてネットカフェ生活者をホテルから追い出していた」のだ。

緊急事態宣言を受けて、東京都がネットカフェ生活者のためにビジネスホテルを確保したことは多くの人が知っていると思う。5月6日時点で800人以上が入っていたのだが、この人たちは現在、6月14日までホテルにいられることが決まっている。しかし、5月29日、新宿区は区内のホテル利用者に「ホテル利用は5月31日(チェックアウト6月1日朝)まで」という文書を配布したのだ。

新宿区でホテルを利用していたのは172人。うち74人が生活保護を申請したものの、少なくとも87人が行き場もなく、なんの制度へも繋がっていない状態で放り出されてしまったのだ。しかも、この通知が配布されたのは金曜の夕方。翌日と翌々日は土日で、月曜の朝チェックアウトとなっている。役所に相談しようにも時間はほぼない。そうして、本当に追い出されてしまった。

このことに激怒して6月8日、私たち「新型コロナ災害緊急アクション」は新宿区に申し入れをした。

申し入れをしたのは、つくろい東京ファンドの稲葉剛さん、小林美穂子さん、元自治体職員で生活保護を担当していた田川英信さん、医師の谷川智行さん、私など。新宿区からは福祉部長と課長が対応し、多くのマスコミも集まった。

まずは稲葉氏が申し入れ書を読み上げたのだが、部長、課長はホテルから追い出したことについて、「そうしたほうが、必要な人が相談に来ると思った」などの苦しすぎる言い訳を展開。

ホテルから出したほうが、困っている人が福祉事務所に生活の相談に来ると思った、ということである。それが現実離れしているということはすぐに明確になった。なぜなら、稲葉さんたちのもとには、行き場がなく追い出された87人のうち、数人から既にSOSが入っているからだ。

ある人は、29日の文書を見て焦って新宿区に電話したという。2度にわたって電話して「ホテルに滞在したい」とお願いしたが埒があかず、その日のうちに直接窓口を訪れているのだ。
しかし、福祉事務所の職員に、「新宿区としては6月1日までにチェックアウトいうことで決まっている」と追い返されたのだという。

ちなみに、5月22日の時点で都の宿泊事業は6月7日まで延長され、6月1日には6月14日まで延長されている。他のすべての区では問題なくネットカフェ生活者らがホテル滞在を続けられるのに、なぜ新宿区だけが都の意向を押し切ってまで追い出したのか。数が多いから面倒だったのか、と勘ぐってしまうのは私だけではないだろう。

結局、1日に追い出されてSOSをくれた人は、この週末は炊き出しに行ってなんとか食いつないでいたという。新宿区は、炊き出しに並ばないと食べるのにも事欠くような人々を放り出していたのだ。

しかもこの日、課長、部長に質問して判明したのは、ホテルから追い出す際に所持金の確認もしていないこと。ホテルに入る時に所持金はいくらと書かせているらしいのだが、以降、ホテル滞在中も出る時も確認していないのだ。

コロナで仕事がないのだから、所持金は減るばかりに決まっている。ちなみに他の区では、職員が一人ひとりの部屋を訪ねて生活保護制度はじめ、いろいろな説明をしているところもあるという。

携帯電話が止まっている人も多いため、そのようなきめ細かな対応がとられている区もあるのだが、新宿区では、そういう対応はおろか、ホテルにいる間、電話すらしていなかったという。早い人では4月11日頃から入っているのに、だ。一ヶ月半以上、一体何をしていたのだろう。

6月1日、ホテル追い出しが発覚してから、メディアでもこの問題が取り上げられるようになった。それを受けて慌てたのだろう。部長と課長は、追い出した87人のうち、電話番号がわかっている54人に今日から電話をかけ始めたと明かした。

「一週間経ちましたので、どうしてますか? と電話をしています」と部長。いやいや、「どうしてますか」とか呑気なかけ声よりも、本来いられるはずのホテルから追い出してしまったことを謝罪し、必要であればすぐにホテルの再利用につなぐことが先ではないのだろうか。

そしてそれは1週間経ってからでなく、彼ら彼女らが追い出された6月1日から始めるべきだったのだ。この一週間で携帯が止まった人もいるだろう。その上、そもそも携帯が止まっていたのだろう33人にはメールしたのだろうか。中にはメールアドレスすらない高齢の人などもいただろう。だから放り出してはダメなのだ。これでは面倒だから追い出したと言われても仕方ない。

申し入れでは、区長の公式見解を明らかにすること、利用者に謝罪し、再発防止の検証をすること、また連絡先がわかる利用者に早急に連絡し、ホテル利用を希望される場合は責任をもって対応することなどを求めた。
と、そんな8日前日の7日も怒涛だった。

前回の原稿(「昨日から私も犬も食べてません」。ペットとともに住まいを失った女性。)で書いた犬が体調を崩し、休診日の夜間、動物病院に駆け込んだのだ。

犬は3日頃から体調を崩しており、4日には私も一緒に動物病院に行っていた。しかし、注射をし、薬を飲んでもなかなか良くならない。その一方で、木曜夜からはうちの猫のぱぴちゃんも体調を崩し(頭がまったく上がらなくなり、動きも体つきもすべて変になる)、私も動物病院通いが始まった。

ぱぴちゃんは脳に異常があるかもと言われて土曜日にMRIまで撮ったのだが、結局低カリウム血症とわかり、治療をするとみるみる良くなった。が、Aさんの犬の方はなかなか良くならない。ということで日曜夜、休診日だというのに獣医さんのご好意で診てもらい、さまざまな検査を経て、やっと病名が判明したのだ。これからも継続的な治療が必要となる。

ということで、最近の私は、自分の職業がなんなのかよくわからない状態だ。もともとよくわからないが、最近はさらにわからなくなっている。
が、私などまだまだ楽な方だ。


今日も支援者たちは、「あと200円しかない」「もう食べものがない」というような待った無しのSOS対応に奔走している。まったくのボランティアでだ。だからこそ、役所の人たちには頑張ってもらいたいと思うのだ。「ボランティアでやれ」と言っているわけではないのだから。自分が手を放してしまったらこの人は命を失ってしまうのではないか。そんな想像力をすべての人が持てば、救われる人は大勢いる。

ということで、最近、「このキャパ超え状態、いつまで続くんだろ」と考えるとふと怖くなる……。

※ 新宿区に申し入れをした翌日、新宿区長は謝罪コメントを発表。それだけでなく、宿泊費相当の支給を行うことを発表した。申し入れをした甲斐があったというものである。どうか追い出された人たちにこの情報が届きますように。
(2020年6月10日「雨宮処凛がゆく!」掲載記事『第524回:千代田区の缶詰、新宿区の嘘、そしてワンコの病気――「弱者」を見捨てさせないために。の巻』より

㊟読んでいて怒りが沸々と。怒鳴り込んでやりたくなる。これが行政か???。皆さん、この記事を大拡散してください。私も落ち着いたらこのボランティアの人達を手伝いたい。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

小池知事 立候補なら更に

小池知事 立候補なら更に
偽造私文書行使で刑事告発までされた小池都知事
JBプレス 黒木 亮
2020/06/11 07:00

 小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑に関し、去る6月9日、東京都の男性が、告発状を東京地検に郵送した。2016年6月30日放送のフジテレビの報道番組「とくダネ!」で公開された小池氏の卒業証書と卒業証明書が偽造されたもの(偽造有印私文書行使罪)である可能性があるとの内容だ。告発は、文書の形式が整っていて、告発事実が具体的に特定されていれば、告発人が自主的に取り下げない限り、不受理にはできず、捜査が始まる。

 小池氏の卒業証書類に関しては、筆者も従来から不審な点があることを指摘してきた。スクリーンショットで見る限り、卒業証明書は最重要要件のスタンプが3つとも不鮮明で、エジプトの国家機関を表す鷲のマークも、その周囲の文字も読み取ることができない。

また文章が男性形で書かれ、4つある署名者欄のうち署名が確実にあると言えるのは2つだけ、収入印紙が逆さまで、写真もピンでとめてある。これらは筆者が比較対照のために集めた20通ほどのカイロ大学の卒業証明書にはない特徴だ。卒業証書に関しては、さらに疑わしく、明らかにいくつかの要件を欠いている。

 筆者はこれらに関し、2018年11月に文書で小池氏に質問をしたが、回答はなかった。また小池氏は、これら不審点についてこれまで説明することもなく、都議会で再三にわたって卒業証書類を提出するよう求められたが、ことごとく拒んでいる。正規のルートで堂々と卒業したのなら、50回でも100回でも卒業証書類を開示できるはずで、こうした態度をとっている限り、疑惑が晴れないのは当然だ。

 検察の捜査が開始された場合、筆者はまだ公開していないものも含め、手元にある資料はすべて提供し、必要があれば裁判で証言するつもりだ。『女帝 小池百合子』(文藝春秋)で学歴詐称の実態を解明した石井妙子氏も捜査に協力するはずだ。また、これまで口を閉ざしてきた小池百合子氏の元夫も捜査に協力するかもしれない。

カイロ大学側は「卒業した」と言うが

 一方、6月8日にカイロ大学は、学長名で以下のような声明を発表した。

「カイロ大学は、1952年生まれのコイケユリコ氏が、1976年10月にカイロ大学文学部社会学科を卒業したことを証明する。卒業証書はカイロ大学の正式な手続きにより発行された。遺憾なことに、日本のジャーナリストが幾度もカイロ大学の証書類の信憑性に疑義を呈している。これはカイロ大学及びカイロ大学卒業生への名誉棄損であり、看過することはできない。本声明は、一連の言動に対する警告であり、我々はかかる言動を精査し、エジプトの法令に則り、適切な対応策を講じることを検討している」

 都知事選告示前のこの時期に、唐突にカイロ大学が横槍を入れてきたのは奇妙である。しかもその内容は、小池氏の卒業証書類に特にこだわっており、あたかもそれらの提示を拒んでいる小池氏を擁護しているかのようだ。

さらにどの卒業証書類に言及しているのかも明確ではなく、小池氏の証書類のすべてが真正なものであるという内容になっている。しかし、すでに石井妙子氏が文春オンラインで指摘しているとおり、小池氏はロゴの異なる2つの卒業証書を持っており、小池氏の「卒業証書は1枚しかない」という言葉に従うなら、論理的に言って、そのうち一つは偽物だ。


6月9日、筆者の黒木亮氏と弁護士の郷原信郎氏は、小池都知事の学歴問題について記者会見を開いた。黒木氏は英国からビデオ中継で参加した。その様子はこちらで視聴できる。https://www.youtube.com/watch?v=iwwcwcfH3Ac

 カイロ大学の声明の背景には、日本のメディアによる卒業証書類の追及を断ち切るのに協力してほしいという小池氏側からの、文面も含めた要請があったのではないか? もし小池氏が今後「カイロ大学の声明があるので、卒業証書類は出さない」と言えば、この推測が裏付けられることになる。

カイロ大学の声明では、疑惑は何一つ解消しない

 小池氏のカイロ大学“お友達人脈”については、すでにこのJBpressで<「カイロ大卒業」を取り繕うエジプトの小池人脈>に書いたとおりで、彼らがこういった声明を出すことは予想がついていた。残念ながら、こんな声明では、これまで指摘してきた学歴詐称疑惑は何一つ解消しない。
(参考記事)「カイロ大卒業」を取り繕うエジプトの小池人脈
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60763

 筆者が小池氏の学歴詐称を疑う理由は、同じくJBpress<卒業が本当ならなぜ都知事は卒業証書提示を拒むのか>で列挙したとおりである。すなわち、

(1)小池氏は卒業していないという物的証拠のある同居女性の証言、

(2)卒業証書類の提出を頑なに拒む態度、

(3)卒論に関する嘘、

(4)「首席で卒業した」「トップの成績と言われた」、「1年目で落第したが4年で卒業した」、「1971年(存在しない)カイロ・アメリカ大学・東洋学科入学(翌年終了)」、「何度も卒業証書を公開した」(都議会答弁)、「卒業証書類を、複数のアラブの専門家が判読し、本物と認めた」(同)等、卒業や証書に関する小池氏の様々な嘘、

(5)「お使い」レベルのアラビア語、

(6)有効性に疑義のある卒業証書類、である。
(参考記事)卒業が本当ならなぜ都知事は卒業証書提示を拒むのか
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60762
組織防衛に走るカイロ大学

 法律が比較的守られ、大学が政治から独立している日本では、大学が言うのだから間違いないと単純に考える人が多い。しかし、エジプトは腐敗認識指数世界180カ国中105位(ランキングが低いほど腐敗が深刻)という不正が横行する国なのである。しかも、カイロ大学は独立しておらず、軍事政権がコントロールする国家機関だ。政府や国家機関の言うことなど、あてにならないのはエジプトを知る人間の常識だ。

 筆者の知人で長年中近東に住んでいるビジネスマンも、「石井妙子氏の本は読んでいませんが、これとカイロ大学の声明は恐らく相反するものでしょう。自分としては、カイロ大学の声明を単純に信ずるほどエジプトを信用していないので、どうってことないのですが」とメールを送ってきた。筆者もエジプトに約2年間留学し、その後、銀行のロンドン支店でエジプト航空向け融資(航空機担保付)などを手がけたので、友人のコメントには全面的に同意する。

 今般の声明を仕組んだのは、小池氏がカイロ大学で最も頼りにしているアーデル・アミン・サーレハ文学部日本語学科長だと思われる。

4年前に筆者がカイロでサーレハ氏に会った際には「小池さんはすごい! 度胸がある! 次の総理大臣になるかもしれない!」とはしゃいでいた。カイロ大学では、小池氏は「日本の総理大臣になるかもしれない人」と認識されているようだ。

 エジプトは昔から経済が極めて脆弱で、国の長期格付けは、シングルBという投機的等級の中でも低い部類である。商業ベースでファイナンスを調達することはほぼ不可能で、社会的インフラの建設をもっぱら外国からのODA(経済開発援助)に頼っている。

ODAがなくなれば、道路、橋、港、発電所、学校、病院等の建設ができなくなり、社会生活は支障をきたし、建設労働者は仕事にあぶれ、暴動が起きる。エジプトにとってODA獲得は国家の至上命題の一つなのである。

 日本は巨額のODAをエジプトに供与しており、2016年までの総額は約9139億円に達する。

 そうした巨額のODAを提供している国の「総理大臣になるかもしれない人」が実は自分のところの大学を卒業していないなどと言えば、学長、文学部長、日本語学科長は確実にクビが飛ぶ。

カイロ大学の現文学部長アフメド・シェルビーニ氏は「カイロ大学では2年前から小池氏に関する書類を出す場合は学長の承諾が必要になった」と言い、カイロ大学の職員の1人は「小池氏の件は、政府の上層部が関与しているのではないかと思う」と話す。

 エジプトではサダト・ムバラク時代(1970~2011年)以来、カネやコネで不正な卒業証書の発行が行われており、2015年にはカイロ大学のナッサール前学長もテレビのインタビューでこれを認め、2017年にはダリヤ・シェブルという女性ジャーナリストが、大学内部の記録まで書き換えて偽の卒業証書を発行する業者との接触に成功している。

もし同居人女性の証言が正しければ、カイロ大学内の小池氏の記録は1976年から現在までのどこかの時点で書き換えられている。サーレハ氏や現学長は、万一小池氏の卒業が虚偽だと発覚しても、「大学内の記録を見て声明を出しただけ」と言えば責任を免れる。今般のカイロ大学の声明は、こうした文脈の中で読む必要がある。

カイロ大学の声明の2つの嘘

 カイロ大学の声明は小池氏の入学年度については、何も述べていない。しかし、従来からサーレハ氏は日本のメディアに対し、

「小池氏は1972年にカイロ大学に入学し、1976年に4年間で卒業した」と回答している。

この回答は嘘である。なぜなら、同居人女性が、当時のメモや手紙という物的証拠にもとづき、小池氏は1973年10月に2年に編入したと証言しているからだ。さらに石井妙子氏は、当時エジプトの別の大学に留学していた女性から裏付け証言をとっており、筆者も当時をよく知る別の日本人から裏付け証言をとっている。

 さらにカイロ大学の声明の「1976年10月に卒業した」という記述は、小池氏自身の本の記述とも矛盾している。小池氏は自著『振り袖、ピラミッドを登る』の中で、1年目に落第したと明記しており、そうであればエジプトの国立大学の制度上、卒業は早くても1977年になる。カイロ大学は、小池氏が言っているとおりに回答したつもりだろうが、小池氏が日本で書いたり話したりしていることまでは調べていないようで、嘘の声明になっている。

 カイロ大学の声明などというのは、この程度の代物であり、真に受けると騙されるだけだ。

「カイロ大学卒業」のまま立候補すれば、さらに告発の可能性あり

 今般、検察庁に郵送された告発状は、偽造有印私文書行使罪に関するものだ。なお小池氏がカイロ大学を卒業していないことが明らかになれば、公職選挙法の虚偽事項公表罪に該当するが、こちらは公訴時効が3年で、前回の都知事選に関しては、時効が成立している。しかし来る都知事選で再び「カイロ大学卒業」という経歴のまま立候補すれば、別の刑事告発を受け、捜査が始まる可能性がある。

 筆者は同居女性の物的証拠のある証言や、小池氏の著書や議会発言に重大かつ非常に多くの矛盾があることに照らし、学歴詐称はすでに立証されていると考える。
 小池氏は、来る都知事選にどのような学歴で出馬するのか、慎重に考える必要があるだろう。

㊟この際、どうだ百合婆ちゃん、経歴白紙にしたら?

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

損氏、運尽きた?

損氏、運尽きた?
「黒い点が……」孫正義マスクが不良品続出で回収・検品
「週刊文春」編集部
2020/06/10 16:00

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長(62)が始めたマスクの供給事業で、商品の一部に汚れがあり、回収していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

 孫会長は4月11日、中国のBYD社と提携し、専用の製造ラインを設立したと発表。医療用高機能マスクを1億枚、一般用サージカルマスクを2億枚と月産3億枚製造して、5月から納品すると告知した。そして5月下旬から、イオンなどのスーパーやドラッグストアなどで販売が始まった。販売価格は1箱50枚入りで税込3278円だった。

 マスクを販売したスーパーの店員が明かす。

「初回に入ってきたBYD社のサージカルマスクに黒い点のようなものがあり、5月末、回収された。返金対応をした店もあると聞いています」

© 文春オンライン ©共同通信社

 不良品の発覚を受けて、SBGの社員や取引先の社員は茨城県守谷市にある物流倉庫で、マスクの検品作業を行ったという。

「5月31日、会社から言われて、倉庫へ行きました。社員だけでなく、本部長やアルバイトもいて、午前中から夜までずっと検品作業をやらされたのです」(ソフトバンク社員)

 実際に検品作業にあたった派遣スタッフはこう証言した。

「現場責任者からは『マスクに汚れやゴミがないか、折れがないかを確認してほしい。自分が買うとして嫌なものは除けてほしい』と言われました。検品したら、ゴミや埃以外にもまつげと思しきものも。私が確認した分では3割が不良品でした」

 孫正義氏はマスクの製造元であるBYDを「世界最大のマスクメーカー」と強調するが、BYDはもともと電池や電気自動車のメーカーで、マスク製造を始めたのは今年2月からだった。

 SBGに確認したところ、個別の質問には答えずに「不良品等については製造メーカーであるBYDにて回収、良品に交換するなどの対応をしています」と回答した。

 BYDジャパンは回収の事実を認め、

「(品質不良の状況については)工程時に付着した埃が大多数となります。カビが付着していた事例はございません。また、埃の成分分析をした結果、人体に悪影響を及ぼす物質は検出されませんでした」と回答した。

 孫氏は今年3月、簡易PCR検査を無償で提供したいと宣言したが、医療崩壊につながるなどの批判が殺到してすぐ撤回しており、マスクの供給でも躓いた形だ。

 6月11日(木)発売の「週刊文春」では、SBGのマスク事業の詳細や検品にあたる現場の混乱などについて詳報する。
(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年6月18日号)

㊟ゴキ醜国は不潔で不良品しか作らないのを知ってて発注ですよ。損不正義らしい仕事ぶりですね。良かった、良かった、倒産も見えて来たし。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR