FC2ブログ

2020-01

デヴィ、寸次郎に怒!!!

デヴィ夫人、寸次郎に怒!!「政治家育休?」大賛成!!

デヴィ夫人 進次郎氏の育休取得に「なぜ政治家が育休?」 東国原「影響あるのかな」
デイリースポーツ 2020/01/18 14:21


 タレントのデヴィ夫人が18日、カンテレのトーク番組「胸いっぱいサミット!」に生出演し、小泉進次郎の育休取得に「なぜ政治家が育休?」と異論を唱えた。

 デヴィ夫人は

「政治家というのは国家と国民のために働き、自己犠牲を伴っても献身的にするのが政治家と思っております」

と前置きし

「なぜ政治家が育休なんて?と。育休は奥さんが大変で、お手伝いさんも雇えない人が取るのは分かるけれど」

と疑問を呈した。

 MCのますだおかだ・増田英彦が「(育休)制度はあるけれどなかなか会社で取れない人が多いから、その流れを変えたいという動きでもある」と説明。しかしデヴィ夫人は

「でも彼の場合、お手伝いさん、看護婦さん、乳母。だれでも雇えるじゃないですか。なぜ彼が取らなきゃならない?」

とふに落ちない様子だった。

 パネリストの経済学者・朴一氏はこれについて「日本の一般企業男性の育休取得率は6%台。もしかしたら小泉さんをきっかけに、取得率が上がるかもしれない」と説明した。

しかしパネリストの元衆院議員・東国原英夫も

「一般企業は6%ですが国家公務員は13%取ってる。国家公務員は特別職。果たしてこの人(小泉氏)が取ったからといって一般企業まで影響があるのかなと」

と疑問を呈した。

㊟デヴィ夫人、あなたが正論です!!大賛成。オイ、寸次郎、泥棒した税金返せ!!
 貴様がTV局のサセアナたちや人妻と不倫したホテル代は国民の税金じゃないか!!このこそ泥、オンナとのホテルパコ代くらい自分の小遣いで払えんのか??
北朝鮮人の穢れ下郎!!さっさと消えろ!!でないとやがて市民が刃を向けるぞ!!
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

無能だった福田康夫


無能だった福田康夫元総理!!エリート増えず、30万人計画の失敗!!
日本で外国人留学生がこんなにも目につく理由 30万人計画は達成したが本懐は果たせているか
東洋経済オンライン芹澤 健介
2020/01/18 09:50

 自宅のドアベルが鳴り、インターフォンに出ると、「お届けです」という声が聞こえました。どうやらインターネットで注文したハンバーガーが届いたようです。

 配達してくれたのは外国人スタッフのようでした。見た感じでは20代前半の、おそらくはウズベキスタンなど中央アジアからの留学生でしょうか。彼と会うのはそのときが初めてでしたが、こちらはすでに彼の顔も名前も知っていました。なぜなら、私が利用したのは「ウーバーイーツ(Uber Eats)」というフードデリバリーサービスで、ネット上で注文と会計を済ませると、配達員の顔や名前を確認できるのです。

 「ウーバーイーツ」は、東京や大阪などの都市圏で流通している外資系の配達サービス。配達専門のスタッフが料理を受け取って、指定の場所まで届けてくれるシステムです。

外国人留学生のスタッフが多い

 街中で、大きな箱を背負って自転車を漕いでいるスタッフを見ていると、外国人留学生が多いようです。

 ハンバーガーを受け取るときに、玄関先で少し話してみました。

 「留学生?」

 「はい。日本語学校に行ってます」

 「ウズベキスタンから?」

 「はい、そうです」

 「稼げる?」

 「……?」

 稼ぐ、という言葉がわかりづらかったようなので、別の言葉で聞いてみました。

 「時給は高い?」

 「あー、ほかのバイトよりはたぶんいいです。私の友だちは1日2万円お金もらったことあります」

 「ウーバーイーツ」の収入は週給の歩合制で、エリアによって歩合の料金システムが違ったりして複雑ですが、オートバイを使っている人などは1日で3万円稼ぐ強者もいるのだとか。

 働く時間も自分で自由に決められるので、週に28 時間しか働けない留学生にとっても都合がいいのでしょう。

 同じ日の夜にまた「ウーバーイーツ」で、今度はタピオカティーを頼んでみました。

 「ウーバーイーツ」の登録店舗はどんどん増えていて、2016年のサービス開始当初は東京の港区と渋谷区だけで150店舗程度だったものが、いまでは1万店舗を超えているのだとか。それこそハンバーガーチェーンから、個人店までいろんなお店のメニューを出前で楽しめるのが魅力です。

 タピオカティーを届けてくれたのは日本人の専門学校生でした。

 「(ウーバーイーツは)外国人留学生のアルバイトが多いですよね。事前にクレジット決済されていることも多くて、ほとんど、受け取った商品を届けるだけですから複雑な日本語も必要ない。それに、いまはレンタル自転車もあるし、簡単に始められるから人気なんだと思います。客が配達員を評価するシステムだから、日本人でも外国人でもヘンな人はいないと思いますけど」

 拙著『となりの外国人』でも詳しく解説していますが、外国人留学生の数は、この30年間で約10倍に増えていて、2018年末の時点で約33万7000人もいます。そして、そのうちのほとんどが「資格外活動」としてアルバイトをしています。自分の裁量でアルバイトできる「ウーバーイーツ」に外国人留学生が多いのも納得です。

 しかし、なぜ、これほど留学生の数が増えたのでしょう。

 なぜ、労働者ではないはずの留学生が労働力としてカウントされ、結果的に日本経済に組み込まれているのでしょうか。その理由と背景を紐解いていくと、今後の「となりの外国人との付き合い方」も少し見えてくるように思います。

〝経済大国〟の責任と留学生の増加

 外国人留学生とアルバイトの歴史を振り返ってみます。
〝資格外活動〟として彼らにアルバイトが解禁されたのは1983年7月のこと。第一次中曽根内閣で入管法が改正され、それまで原則的には禁止されていたアルバイトが週20時間程度できるようになりました。

 ちなみに『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という経済書が日米でベストセラーになったのが1979年。日本の自動車生産台数がアメリカを抜いて世界第1位になったのが翌年のことです。それから3年、4年、日本の経済がまだ右肩上がりに成長している時代でもありました。

 当時の世論はどのような反応だったのか、閣議決定された当日(1983年6月21日)の新聞を調べてみると、予想とは裏腹に好意的な記事が並んでいて少し驚きました。

 「アルバイトを通じて、わが国の文化、社会を理解することが国際交流を深めるうえで有意義であるとの秦野法相の考え」(読売新聞)

 「アルバイトの『原則自由化』は西欧先進国にも例がない。各国で事情が違うため、一概に比較ができない面はあるが、世界でも画期的な方針としている」(朝日新聞)

 「秦野法相はこの改善策によって『留学生がアルバイトで日本の実社会を体験して、日本をよく理解してもらえるのでは』と期待している」(中日新聞)

 秦野法相とは、70年安保の時代には警視総監を務め、〝武闘派〟として知られた秦野章のこと。アルバイト解禁の背景には「経済大国としての責任を果たすべき」というような、いまからすると少々牧歌的な意識があったようにも思われます。

留学生30万人計画の行方

 その後、留学生の数は〝順調〟に増え、1998年には「原則的に週28時間まで」のアルバイトができるようになりました。そして、1980年代に行われた「留学生10万人計画」を踏襲する形で「留学生30万人計画」が打ち出されたのが2008年。当時、約14万人だった留学生を2020年に30万人まで増やすべく施行されました。

 当時の担当官のコメントが、2019年の夏までオフィシャルサイトに残されていました。

「グローバルな時代の中で、日本が、高度人材の大きな供給源となる留学生を高等教育機関に積極的に受け入れていくということは、日本の国際的な人材強化につながるのみならず、日本と諸外国との間に人的なネットワークが形成され、相互理解と友好関係が深まり、世界の安定と平和への貢献にもつながることだと考えています」

 よそ行きの美辞麗句で飾られていてわかりにくいのですが、つまり、政府は「高度人材をより多く受け入れる」ことを至上命題に留学ビザの要件を緩和し、世界中から留学生をどんどん受け入れたということがわかります。しかし、いざフタを開けてみると、高度人材に結びつくようなエリート留学生の数はあまり増えませんでした。

 拙著『コンビニ外国人』という本の取材では、東京大学の大学院で学ぶベトナム人留学生から話を聞きましたが、彼のような存在は、全体から見ればほんの一握りです。留学生の多くは、日本語学校や専門学校に通う人たちで、出稼ぎを目的にした留学生も少なくありません。

 実際、東大の留学生が日本の企業に就職する割合は3割程度と言われていて、政府が目論んでいたような「高度人材の供給源」になっているとは言えないのではないでしょうか。

 端的に言って、高度人材を呼び込むプラットフォームだったはずの「30万人計画」の失敗は明らかになった、というわけです。

 しかしながら、〝労働力を確保する〟という意味合いにおいては「30万人計画」は皮肉にも成功しています。ひょっとすると、もとからそういう意図があって計画されたものだったのか、そんなふうにも訝ってしまうわけです。

 目標を前倒しして30万人計画を達成したいま、「ポスト留学生30万人計画」はどうなるのでしょうか。

 さらに受け入れ人数を増やして「50万人計画」とするのか。「100万人計画」とするのか。学生不足で経営難に悩む大学や専門学校、特定技能1号が指定する14の職種から漏れたコンビニ業界などは、もっともっと留学生の数を増やしたいはずですが、担当の文部科学省は、留学生が30万人を超えて1年が過ぎても沈黙したままです。

㊟福田康夫が総理の時に打ち出した30万人留学生。。。日本の為にも留学生らの国にも恩恵など、、、、福田康夫氏は昔から知っていますが、日本の事を好きじゃないんです。「
政治家にもなりたくてなったんじゃない!」と平然とほざいた男ですよ。ですから、さっさと総理を辞め政界から引退したんです。

そのくせゴキブリ政府とやたら親しくし、毎年、顎足付、ギャラ付きで招待され、日本の悪口を言い続けているんです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

キスマイ、宝くじ企画に“ヤラセ


キスマイ、宝くじ企画に“ヤラセ疑惑”浮上も…裏でメンバーは金銭的に将来を不安視!?

日刊サイゾー 2020年1月16日 21:45 0


 アイドルも夢を売るだけじゃやっていけない?
 1月13日に放送されたKis-My-Ft2の冠番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)の内容が物議を醸している。

 番組にはKis-My-Ft2の他、お笑い芸人のサンドウィッチマンやEXIT、メイプル超合金、四千頭身らが出演。宝くじの購入金額は1人10万円で年末ジャンボの番号を7人が、ジャンボミニの番号を9人がそれぞれ確認していった。

「全員で1万円の当たりくじを23枚当てたのだが、そのうち藤ヶ谷太輔は6枚も当てていた。さらに、メイプル超合金の安藤なつは当選確率1万分の1の年末ラッキー賞2万円。10万円の当たりくじに至ってはキスマイの玉森裕太と二階堂高嗣の他、EXIT・りんたろー、メイプル超合金・カズレーザー、四千頭身・石橋遼大も当てていた。結果、5人がプラス収支で終える結果となり、これにや『10万円当たりすぎじゃない!?』『これホントかよ?』とヤラセを疑う声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 そんなキスマイメンバーは、もっぱら老後を心配しているという。

「北山宏光と藤ヶ谷はお店を貸し切って、よく『1億円貯めておかないと老後が大変』『資産運用はどうしようか』といった相談をしているそう。実際、ジャニーズは給料が安く、1億円貯めるのは大変なのが実情。その代わり、経費は落ちるようなので、買い物をするたびに、きっちり領収書をもらっているようです」(業界関係者)

 宝くじで老後の資金もゲットしちゃう?

㊟ジャニタレで老後幸せ?なんて一人もいないでしょ。珍棒は立てるが、漢字読めない書けないバカばかりなんですから。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

ついに三行半? 飯島直子


ついに三行半? 飯島直子、“路チュー不倫”発覚の一般人夫との離婚が秒読み段階へ

日刊サイゾー2020年1月17日 10:00 0


 平成から令和となった昨年末、芸能界は結婚ラッシュに沸く反面、お笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史&タレント・木下優樹菜夫妻、女優・神田沙也加&俳優・村田充夫妻などが離婚を発表して話題を集めた。

 そうした中、ここに来てあの女性タレントのプライベートの動向に注目が集まっている。

「昨秋に不動産会社経営者の夫の“路チュー不倫”が一部で報じられた飯島直子さんですよ」とは大手芸能事務所のマネジャー。

 飯島は、人気バンド・TUBEのボーカルの前田亘輝と01年に離婚。その後、2012年12月に現在の夫と再婚したが、その夫が1年ほど前にガールズバーで知り合った舞台女優と親密な仲となり、手つなぎデートや路上キスの様子が昨秋に週刊誌で報じられた。

「夫が一般人ということで報道直後よりは沈静化している感もありますが、飯島さんサイドは夫の不倫報道に対して結局コメントなどは一切出していません。すでに夫婦関係が改善しているのならばネタにしそうなものですけど、いまだに沈黙を続けているのがかえって不気味ですよね」(前出のマネジャー)

 さらに、最近の飯島の動きも気になるところのようで……。

「飯島さんといえば、今月公開される長渕剛さん主演映画『太陽の家』に出演したり、今月放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)にゲスト出演するなど、夫の不倫騒動以前よりも明らかに芸能活動に力を入れています。こうした背景もあり、『離婚も近いのでは?』と業界内でも噂になっています」(同マネジャー)

 今後も飯島の私生活からは目が離せなさそうだ。

㊟そうなのか。土曜日の日テレのマチャミの番組で久々に見たので、あれっ?とは思ったが。。。やはり芸能人は結婚しないほうがイイね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

非難殺到!ふ・し・だ・ら・育休


非難殺到!ふ・し・だ・ら・育休
小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目
日刊ゲンダイ 公開日:2020/01/18 14:50 更新日:2020/01/18 14:50


 17日、第1子が生まれ、「元気な男の子が誕生してうれしい」「出産に立ち会えて良かった」と語った小泉進次郎環境相(38)。


「育休には賛否両論あると思いますが、前例のないことをやる時に批判はつきものだ」と、予定通り「育休」を取ると宣言した。


 妻・滝川クリステル(42)の出産から3カ月のなかで「2週間分」取得するという。


 進次郎氏本人は、「育休」を一大ニュースにすることで、人妻と不倫し、“不倫ホテル代”を政治資金から支払っていたスキャンダルを“帳消し”にする作戦だったらしい。


しかし、完全に裏目に出ている。ネット上では、進次郎氏の「育休」に対して激しい批判が飛び交い、「政治資金」を使った人妻との不倫疑惑も蒸し返される始末だ。


 本来、祝福の言葉であふれてもおかしくないのに、閣議後の会見でも、


「育休については情報発信するのに、自身の不倫疑惑や政治資金について語らないのはダブルスタンダードではないか」


と問い詰められている。

 珍しく、有名人からも批判が噴出。痛烈だったのは、女優の遠野なぎこ(40)だ。15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)のなかで、こうぶった切っている。


 <そもそも不倫疑惑があった人に(育休で)家にいてほしいですか。2週間も><2週間くらいすれば、ほかの芸能人のスキャンダルが出るから(自分の話題は)消えていくと思っているんじゃないの>


 政治評論家の本澤二郎氏が言う。


「育休を取得するのは、いいことだと思います。でも、政治家の務めは、自分が育休を取得するのではなく、多くの国民が安心して子育てできるように制度を整えることのはずです。しかも、世間の目をスキャンダルから遠ざけようという魂胆がミエミエです。ネットで批判の嵐が吹き荒れているのは、『自分だけいい気なものだ』『まず不倫疑惑を説明しろよ』という怒りがあるのだと思います」


 子供が生まれても不倫疑惑は帳消しにならない、ということだ。

㊟寸次郎はやはり馬鹿です。バカの末路は悲惨だぞ。拍手してやろう。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

蛆文と検察対立激化!!

蛆文と検察対立激化!!
韓国・文大統領、検察との対立激化!? 文氏は“粛清人事”を断行、検察側は“タマネギ男”チョ・グク氏を在宅起訴
夕刊フジ2020.1.18

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、韓国検察の対立が先鋭化している。文氏が検察の権力をそごうと、「大虐殺」といわれる粛清人事を断行したのに対し、検察側は威信をかけて、文氏の最側近である「タマネギ男」ことチョ国(チョ・グク)前法相を職権乱用罪で在宅起訴に踏み切ったのだ。両陣営は、徹底抗戦の構えを見せている。

 「検察の権限は過去よりも減ったが、依然として強大だ」

 文氏は14日、大統領府(青瓦台)での年頭記者会見でこう語った。

 4月の総選挙前に「検察改革」で得点を稼ぐとともに、自らの周辺で相次ぐ疑惑を隠す意図も感じられる。

 韓国国会は昨年末、政府高官らの汚職を専門に捜査する「高位公職者犯罪捜査庁」を新設する法律を成立させた。

 文氏が進める検察改革の一環で、検察は同庁への通告なしに、高官らの汚職事件の捜査ができなくなる。これまでの検察の権限を狭めたのだ。

 人事にも手を付けた。

 チョ氏らの疑惑の捜査を指揮する尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長の信頼の厚い最高検幹部ら32人を、一斉に地方の検察庁に「左遷」したのだ。

 検察側のダメージは深いが、反撃に出ている。

 チョ氏の親族による私募ファンドの不透明な投資や、息子と娘の不正入学疑惑などでチョ氏の妻を逮捕し、チョ氏も17日、政府高官の不正もみ消し疑惑で在宅起訴した。

 検察は、昨年6月の南東部・蔚山(ウルサン)市長選に大統領府が介入したとされる疑惑の捜査も続けている。同市長選では、文氏の長年の友人が当選した。チョ氏は以前の選挙で、文氏の友人の後援会会長を務めていた。

 文氏と韓国検察の「仁義なき戦い」はどこまで続くのか。

㊟蛆どもよ、ニンニク喰って、犬喰らって精力付けて殺し合え!!

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ゴキ国で反乱の兆し!?

ゴキ国で反乱の兆し!?
【ニュースの核心】台湾総統選が中国への“ブーメラン”に 中国共産党内部に反乱の兆し!?
夕刊フジ2020.1.18


 台湾の総統選(11日投開票)で、独立志向の与党、民主進歩党の蔡英文総統が、親中路線を掲げた最大野党、国民党の韓国瑜・高雄市長に大差をつけて圧勝し、再選を果たした。

 同時に実施された立法委員(日本の国会議員に相当)選挙でも、与党が過半数を獲得した。蔡政権は中国の「一国二制度」提案を拒否し、対中抵抗路線を貫くだろう。

 今回の勝利をもたらしたのは、何か。

 言うまでもなく、香港デモだ。台湾の人々は、香港が中国に対して絶望的な抵抗をしている姿を見て、自分たちが親中路線を選んだら「いまの香港が明日の台湾になってしまう」と危機感を強めた。言い換えれば、蔡氏を勝たせたのは、中国の習近平国家主席にほかならない。

 この展開を見て、私は「革命を輸出し、世界革命を達成する」という左翼の壮大な妄想を思い出した。最初にソ連が、次に中国が共産主義革命を成功させた。ソ連のスターリンも、中国の毛沢東も「次は世界革命だ」と野望を膨らませた。

 共産主義運動の万国共通歌「インターナショナル」には、次のような一節もある。「暴虐の鎖断つ日 旗は血に燃えて 海を隔てつ我等 腕(かいな)結びゆく」。ソ連も中国も、自分たちと同じ左翼独裁体制が世界に広がる日を夢見ていた。

 ところが、実際に起きたのは何だったか。

 「海を隔てて、連帯を強めた」のは「独裁と抑圧」の側ではなく、真逆の「自由と民主主義」の側だった。ソ連崩壊後、生き残った中国共産党政権は革命を輸出したわけでもない。「反革命=自由と民主主義」を輸出したのである。

 この流れは止まらない。

 それどころか、ブーメランとなって、中国に戻っていく可能性が高い。兆候はすでに表れている。中国共産党内部に反乱の兆しがあるのだ。それは、どこで見えるか。

 昨年11月、中国が新疆ウイグル自治区で100万人ものウイグル人を強制連行し、収容所に閉じ込めている実態が世界で報じられた。きっかけは、米紙ニューヨーク・タイムズと、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の報道である。

 とりわけ、ニューヨーク・タイムズは、中国共産党指導部メンバーから入手した内部告発文書を基に報じていた。私が注目したのは、告発の動機である。

 同紙によれば、告発者は

「習氏を含めた党指導者たちが、大量強制収容の犯罪から逃げおおせないようにしたい」

と考えて文書を提供した、という。

 つまり、中国共産党の内部に習路線に反対する勢力が存在している証拠にほかならない。彼は黙って眺めるだけでなく、行動した。表立った反乱とは言えないが、少なくとも権力内部で暗闘があるのは、確実ではないか。

 今回の敗北で、台湾政策を統括する中国国務院の台湾事務弁公室が「責任を追及される」という見方もある。習政権の強権的性格を考えれば、ありそうな話だ。どんどん、やればいい。左翼政権はそうやって倒れていくのだ。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『明日の日本を予測する技術』(講談社+α新書)がある。

㊟期待どおりゴキ共産党とロスケプーチン共産党が潰れてくれれば世界に平和は来るが、こいつらも必死に抵抗するから戦争が避けられないな。

長谷川氏も甘い。1月19日夜のNHKスペシャル 追跡『フx-ウェイショック』を見たが、彼らの通信技術は世界を監視状態にする寸前。。。これはオンデマンドで是非ごらんください。寒気しますよ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

共産、ゴキ醜の悪口!!


共産、綱領改定、中国を批判=22年までに「連合政権」―共産党大会
時事通信2020/01/18 11:58

 共産党は18日午前、静岡県熱海市で開催中の第28回党大会で、覇権主義を強める中国を批判した党綱領への改定を全会一致で決定した。2022年までの「野党連合政権」実現を目指すと明記した大会決議も採択。午後に幹部人事を決め、5日間の日程を終えて閉幕する。

 綱領改定は04年以来。志位和夫委員長は採択に先立ち登壇し、中国共産党について、「人権侵害」に触れた上で「その行動は社会主義と無縁で、共産党の名に値しない」と厳しく指摘した。

 改定綱領は、中国への名指しは避けつつ

「いくつかの大国で強まる大国主義・覇権主義は世界の平和と進歩への逆流となっている」

と非難。原発ゼロやジェンダー平等社会の実現などを訴えた。

 今後の運動方針となる大会決議は、安倍政権について「史上最悪の暴政の連続。これ以上延命させない」と指弾。

党創立100年を迎える22年までの野党連合政権樹立を掲げ、主要野党の懸念を念頭に自衛隊や天皇制に関する同党独自の見解を「政権に持ち込まない」とした。次期衆院選比例代表については「850万票獲得」と打ち出した

㊟志位委員長殿
社会主義・共産主義国のゴキ醜国もプーチン独裁ロスケも人権などないんですけど?
それに「渡邉正次郎大先生を抹殺知リストから外していない」のは何故?こわ~い。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

戦争得意も火災消せない!!

戦争得意も火災消せない!!
豪東部に雨や雷雨、森林火災が鎮火 一部地域では洪水も
AFPBB News
2020/01/18 12:23

オーストラリア東部各地で18日、雨や雷雨が降り、長期化していた森林火災が鎮火した一方、一部地域には洪水という新たな脅威がもたらされた。

 まだ雨が降っていない南部と南東部では、大規模な森林火災が引き続き猛威を振るっている。

 同国で最も人口が多く、森林火災で最も甚大な被害を受けたニューサウスウェールズ(New South Wales)州の消防局によると、火災の件数は数日前に100件を大きく上回っていたが、18日は75件に減少した。

 同消防局は、「多数の火災現場に雨が降り続けている」とした上で、穏やかな雨と気温の低下が、残る火災の消火活動に役だったと説明した。

 一方、ニューサウスウェールズ州の北に位置するクイーンズランド(Queensland)州は一晩中暴風雨に見舞われ、一部では鉄砲水が発生したり、道路が閉鎖されたりする事態となったが、死者や負傷者は報告されていない。

 両州はオーストラリア近代史上最長級の干ばつに見舞われてきたが、一部地域では17日と18日、過去10年以上の降水量を上回る雨が降った。

 ニューサウスウェールズ州南部とビクトリア(Victoria)州では、森林火災が引き続き制御不能となっているが、19日と20日に大雨が予報されており、こちらの火災の一部も鎮まるのではないかとの期待が高まっている。
【翻訳編集】AFPBB News

㊟戦争で何万人も殺戮したり、人権弾圧したりは得意なのに、オーストラリアの火災も消せないなんて、、、欧米諸国もゴキ醜キンピラも露プーチンも威張るなよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

65歳以上孤独死急増も!!

65歳以上孤独死急増も!!
老若男女100万人も!!
なぜ、いま「中年ひきこもり」問題が深刻化しているのか
分取俊川北 稔
2020/01/18 11:00

 2019年5月、ひきこもり傾向にあったとされる50代の男性が、川崎市でスクールバスを待つ児童や保護者を殺傷する事件が発生した。

6月には東京都練馬区で70代の父親が、ひきこもりがちだったとされる40代の息子を刺したとして逮捕され、長男は死亡が確認された。父親は、息子の家庭内暴力に悩んでおり、息子が川崎の事件のように他人に危害を加えることを危惧したという。

40歳から64歳の人口のうち、ひきこもりは61.3万人

 事件よりも前に、内閣府は初めて40歳以上のひきこもりに関する調査結果を公表していた(2019年3月)。調査対象者の1・45%がひきこもり状態だったことから、40歳から64歳の人口のうち61・3万人がひきこもり状態という推計が発表された。

ひきこもりとは、就労や就学などをせずに6ヶ月以上にわたって家庭内にとどまる生活を続けている状態として定義されている。

 なぜ、いまひきこもりに関する問題が深刻化しているのか。現在の40代・50代は未婚率が高く、そのなかで親元で同居している人や、就業していない人も増えている。

国勢調査によれば、2005年に40代・50代の未婚で親と同居している人は193・2万人で、そのうち51・9万人は非就業の状態だった。
2015年には未婚の親同居者は339・8万人、非就業者は77・3万人に増えている。

 多くの家庭では、親が元気なうちは経済的にも精神的にも子どもを支えることができたが、やがて年老いてくるにつれて生活上の不安を抱えるようになる。親の要介護や、一家全体の経済的困窮など、複数の課題を抱えている家族も少なくない。このように、高齢の親と未婚や無職の子どもが同居することから生じる生活上の問題は「8050問題」と呼ばれるようになった。

親子共存年数は60年

 8050問題は単にひきこもりの長期化だけを意味しているわけではない。長寿化による人口全体の高齢化、若者の雇用の不安定化や未婚化などが重なり、今までにない社会問題が生み出されている。

長寿化により、子どもが成人してからも「親子」として生活する時間が長くなり、2000年には親子共存年数が、平均でおよそ60年に達したという。介護離職のように子どもが親を支える場合、逆に親が子どもを支える場合にも、長い親子関係のなかで生じるリスクは、もはや一部の人の課題とは言えなくなっている。

 親が無職の子どもを支えていることを周囲に知られないまま、親子双方が孤立を深めていることも多い。親が亡くなっても子どもが適切に手続きを取れず、遺体遺棄の罪に問われる事件が各地で報道されている。

外部に助けを求めることができない親たち

 なぜ、こうした結果に至るまで外部に助けを求めることができないのか。ひきこもりについて相談できる場所として、ひきこもり地域支援センターや生活困窮者自立支援法による相談窓口が各地に開設されている。しかし、ひきこもる子を持つ親たちが、外部に相談することは簡単ではない。

 親自身が、家の問題を話すことに恥ずかしさを感じたり、自分自身の責任と感じたりして子どものことを隠してしまうのだ。

「勇気を出して相談したが、親の子育て方針を批判されただけで、解決策を助言してもらえなかった」

など、過去に相談した経験から無力感を味わっている親たちもいる。また、支援を受けることを提案すると本人から反発を受ける、時には暴力を振るわれるなど、親子関係も不安定になりがちである。

 一般的に、ひきこもり状態を解消するための支援や就労支援は、ひきこもる本人の生活を一変させるような提案と受け取られかねない。そのため、むしろ大きな問題がなければ「今のままでいい」という考えに傾きがちである。

 従来の支援は「こころの健康相談」「就労支援」など分野ごとに縦割りになっており、ひきこもる本人のニーズに柔軟に応えるものになりにくい面がある。それに対し、縦割りの壁をなくし、長期にわたって信頼関係を築きつつ、相手に合わせた柔軟な提案を行っていくような伴走型支援が求められている。筆者は、ひきこもりの支援に取り組むNPO法人などから協力を得て、伴走型支援の事例を収集した(詳しくは川北稔『 8050問題の深層:「限界家族」をどう救うか 』)。

本人や家族の孤立を解消するために

 例えば、こんな支援事例がある。Aさんは50代の男性。70代の父親と2人で暮らしている。15年前に会社を退社。かつて父親は「なぜ働かないのか」とAさんに強くあたり、大ゲンカになった。父親は支援に関する情報もAさんに伝えたが、Aさんは同意しなかった。

 ある日、Aさんが飼っていた猫が病気になったが、Aさんも父親も車を持っていなかった。そこで以前からAさんが猫をかわいがっているのを知っていた支援者が間に入り、ボランティアグループの会員を紹介。その人物がAさんと動物病院に同行した。

それをきっかけにAさんは猫以外の話もするようになった。次第に心を開くようになったAさんは、仕事をしたい気持ちはあったが、就労の訓練に参加するのはまだ抵抗があったため、自宅で内職を始めることになった。

 この支援例のように、趣味や特技、ひきこもり以外の悩みなど多様な情報を集め、小さな課題から解決していくことが、本人や家族の孤立を解消して問題を外に出していくきっかけになりうる。

 8050問題が注目され、「次は9060問題か」という声も聞かれる。もちろん高齢化の進展も予測されるが、すべての親が長生きするわけではない。親が寿命を迎えると子ども側は「孤立する単身者」になる可能性も高い。65歳以上の1人暮らしの人のうち44・5%が孤独死の不安を身近に感じているという調査結果もある。

 親子同居か、単身かにかかわらず、孤立のリスクに気づき、互いに見守るような社会を構築していく必要がある。

※100のテーマに100の解答。就活生、ビジネスマンの基礎教養にも!『 文藝春秋オピニオン 2020年の論点100 』発売中です。
(川北 稔/文春オンライン)

㊟隣のゴキ国も高齢化が急速に進んでいます。ま、ゴキ国は親が死んでも山か谷に投げ捨てるだけで済みますが、日本ではそうはいかない。あ、でも最近、親を殺して埋めたり、死んでも葬式も出せず押し入れに入れたまま、などの事件が増えている。段々、ゴキ醜国の影響が大きくなってきているような。

 この問題は正次郎が総理でもなかなか。。。私も独居老人だし、、、

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「議員をクジで選べ!!」


「議員をクジで選べ!!」と舛添要一!!
加速する国会議員の劣化、いっそクジで選んだほうが
JBプレス舛添 要一
2020/01/18 06:00

 1月15日、広島地検は、公職選挙法違反の疑いで、河井案里参議院議員と、その関係先として夫の河井克行前法相の事務所を捜索した。これを受けて、同日夜、両人は、それぞれ記者団の取材に応じ、陳謝したが、離党や議員辞職については否定した。最終的には、検察が捜査し、裁判で結論が出るが、選挙には金がかかることを示すエピソードでもある。

選挙という仕組みは平和や福祉に貢献しているのだろうか

「政治家の誕生」という視点から日本の政治を考えると、選挙に必要なものとして、「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」という「三バン」が挙げられる。

 第一の地盤については、親の地盤を引き継ぐ世襲候補もいれば、全く縁もゆかりもない地に降り立つ落下傘候補もいる。安倍首相のような前者が圧倒的に有利であることは間違いない。地盤のない候補者は、選挙区内をくまなく歩き回り、自ら地盤を築いていくしかない。

 第二の看板というのは、いかに顔が売れているかということ、つまり知名度である。この点ではテレビなどでの露出の多いタレント候補に分がある。無党派層を獲得するには、マスメディアを利用して知名度を上げる戦略が有効である。

 第三の鞄は、鞄の中身のカネ、つまり選挙資金である。かつて金権政治が批判されたために、カネのかからない選挙を実現させるためのルールが積み重ねられており、一定の得票をあげれば公費で選挙を賄えるようになっているが、供託金も高額である。現実には出費は馬鹿にならず、政党の丸抱えでないかぎり、裕福でないと立候補は難しい。

 私は、看板(知名度)のおかげで、地盤もカネもなかったが、当選することができた。それでも、選挙資金を捻出するには苦労したものである。

 アメリカのように寄付の文化が根付いているところでは、政策に共鳴する人々からの資金援助やボランティア活動が期待できるが、日本ではさほど期待できない。しかも、戸別訪問が禁止されているので、街宣車による宣伝活動、街頭演説、個人集会が中心とならざるをえない。そこで、優秀なウグイス嬢の需要が高まり、高額な日当を支払わないと調達できなくなっているのである。

 しかし、公選法で定められた日当の上限がある。ウグイス嬢(車上運動員)一人当たり1万5000円である。河井案里陣営は、この2倍の3万円を13人に渡したという疑惑が報じられている。

 街宣車という伝統的な選挙活動に加えて、ネット選挙運動が解禁されたが、それはそれで新たな経費がかかる。ネット選挙運動だけで当選できれば問題はないが、やはり古典的な選挙運動も必要であり、皮肉なことに、先端技術の進歩は、ますます金のかかる選挙を助長している。

 民主主義のコストとはいえ、選挙を行うために、多額の税金が使われている。選挙ポスター掲示板や投開票作業を見れば、いかに手間とコストがかかっているかが理解できよう。

 今年はアメリカで大統領選挙が行われる。アメリカの選挙はカネがかかるし、中傷合戦が展開され、フェイクニューズやサイバー攻撃など何でもありの状況になっている。しかも、世界一の大国のトップに選ばれたのが、トランプのような人物である。トランプ外交で世界が混乱に陥っていることは、最近の中東を見てもよく分かる。

 ポピュリズムの弊害を指摘するなら、トランプ現象とともにEU離脱を決めたイギリスの国民投票が代表例として挙げてもいい。また、東ヨーロッパや中南米でも、反移民を掲げる排外主義的な勢力が選挙で勝利している。

 これらのケースを見ると、選挙という仕組みが人類の平和や繁栄や福祉に貢献しているのだろうかという疑問すらわいてくる。

習近平、プーチンよりも指導者として劣るトランプ

 選挙で指導者を選ばない国もある。北朝鮮は世襲独裁国家であり、民主主義体制の対極にあるので、基本的に論外である。

改革開放を進め、国際社会に統合されつつある中国も、秦の始皇帝以来このかた民衆の選挙で皇帝(現代は共産党最高指導者)を選んだことはない。それを選挙で実現させようとしている香港は中国の伝統に背くものであり、まして、すでに実施している台湾は話にならないことになる。北京が、香港や台北を押さえつけようとするのは当然である。

 ロシアでは、建前は選挙で指導者を選ぶことになっているが、実際にはプーチンによる専制政治が続いており、現代版のツァー(ロシア皇帝)体制である。15日、メドベージェフ首相が内閣総辞職することを表明した。2024年に任期満了を迎えるプーチン大統領は、その後も権力を維持するための準備を進めている。

 具体的には、憲法を改正して大統領制から議院内閣制的なシステムへと移行させようとしている。かつて、二人は大統領と首相を交代したが、それはプーチンの権力維持のためだった。今回も同じで、メドベージェフは、

「大統領は憲法を根本的に変えようとしている。大統領が必要な決定をすべて行えるようにする」

と述べている。永久権力を握ろうというロシアのツァーがプーチンである。

 トランプ、習近平、プーチンの三人を比べると、指導者として誰が優れているかを判断するのは難しい。しかし、内外情勢に関する知識、行動の予測可能性、官僚機構の掌握という観点からは、トランプが最も劣っていることは否めないであろう。つまり、独裁制や専制よりも民主主義が生み出すリーダーのほうが出来が悪いのなら、体制としての優位を誇ることはできない。

 日本でも国会議員の劣化が止まらない。そこで、その傾向に歯止めをかけるための方策として考えられるのが、国会議員になる条件として基礎テストを行うことである。国会議員に求められる政治や行政に関する基礎知識を欠く者は採用されないようにするのである。

「猿は木から落ちても猿のままだが、政治家は選挙に落ちるとただの人である」と言われるように、選挙は政治家が「生死」をかける戦場である。したがって、基礎テストを立候補要件とすることには、現役政治家を含め多くの反対がある。自らがテストで合格点をとる自信がないというのが最大の理由であろうが、それに加えて「そもそも論」がある。

 つまり、「そもそも民主主義とは国民が主権者であり、主権者が自らの代表として誰を選ぼうと自由である」という正論である。むろん被選挙権については年齢や国籍などの制限があるが、テストで測る知識量などで立候補を制限してはならない。知識量が少なくても、人間的に憎めない人、スポーツや芸能の分野で国民を鼓舞激励した人、こまめに選挙区を歩いて有権者の願いを国会に届ける人、いずれも国会議員に値するという考え方である。

衆愚政治、ここに極まれり

 国会議員の質の低下があまりにも目立つために、基礎テスト導入論は支持されやすいが、民主主義の原理ということもまた考えねばならない。所詮は

「国民は、自らのレベルの国会議員しか持てない」

ということである。

 そこで、選挙そのものを止めて籤引きにするという案も考えられる。司法の分野では、抽選で選ばれる裁判員による裁判が行われている。裁判員は性別、年齢、職業など雑多な構成であり、辞退することも可能であるが、予想以上に上手くいっている。

 国会議員もまた、籤引きで選んだ方が、弊害が少ないような気がする。籤引き制度導入論は暴論ではあるが、そう言いたくなるほど民主主義の問題点が露呈している昨今である。国会議員だけが問題ではなく、彼らを選ぶ有権者にも大きな問題があり、抽選でいつ議員に選ばれるか分からないという緊張感があれば、市井の人々も少しは教養を高める努力をするようになるのではないか。

 日本のテレビ番組の質を危惧して、1957年に大宅壮一は「一億総白痴論」を展開したが、それは今でも、というより今の方がもっと通用すると言っても過言ではない。衆愚政治、ここに極まれりである。

㊟本当に政治家のレベルが。。、小泉チルドレン誕生の頃から国会議員のレベル、質が格段に落ちて来ている。小泉元総理レベルの議員が当選したからだろう。

 でもそれ以前からです。石原伸晃なんて慶応裏入裏卒で、日テレ入社試験に居なくて入社式会場で、慶応同級生に、

「お前、入社試験場に居なくて何で入社式に居るんだ!」
 と大勢の前で大声やられて、顔真っ赤にして泣きそうになってたもんな。

 これは慎太郎が日テレの独裁者氏家に「バカ息子を頼む」と。氏家、

「分った。うちは今年から来年にかけて新社屋に移転するんで引っ越し用人が必要なんだ」

 と受け入れた話は内部で有名。

 処が伸晃、日テレでも使い物にならず、仲間外れに。。。
 
親父慎太郎に泣きついたら「議員にでもなるか?」となって、旧東京四区(渋谷、中の、杉並。筆者が迫水久常参議院議員になる前、ヘッドハンティングで秘書となった小峰柳多衆議院議員と同選挙区)から、自民党公認で。

選挙では慎太郎だけでなく、石原軍団も総力で応援。初当選。 2回目の選挙も親父は当然ながら石原軍団+石原三枝・裕次郎夫人も。。。

 二回当選したら伸晃、やはり馬鹿。「七光りはいらない」などと発言。「お前は十四光りどころか21光りじxyないか!」と散々叩かれた。結局、3回目の選挙は見事に落選。

 そうです。伸晃はもう大臣も何回か務めましたが、寸次郎、純一郎と同じで議員立法は一本もないんですよ。長年、税金泥棒でメシを喰っているんです。こり、国家の損失ですよ。



 また、北朝鮮慰安婦に娘を生ませて捨てている石破ひが目茂なんて、27歳で父の後を継いで立候補した後援会決起大会壇上に母と。。。父の弔い選挙だけに、集まった後援会員もマスコミも(この時代、未だ「メディア」なる言葉は無し)「トップ当選確実!!」と煽り、期待満々の目、目、目。本人もその気満々。すっかり議員になった顔。


 で茂ぼっちゃま。いろいろじゃべり大拍手のなか、壇上のパイプ椅子に掛ける母親の傍に行き、

「ママ~、ぼくの演説どうだったぁ~」

これに立派なママ様、

「ぼくちゃん、とっても良かったわよ」

 これが会場に筒抜け。見事最下位当選だもの。それが新人陣笠議員の一人だが田中派議員だから金丸信訪朝団に。。。で、北朝鮮の夜、カラオケ接待されると、

「女、女いないの?女」

 とひが目で大声を。

 北朝鮮政府、まだ幼い慰安婦を茂大先生の部屋に送り込んだ。

 喜んだ茂、少女を全裸にして舐め回し、ペコパコ。「ああ、すっきりしたぁ」で帰国。
 一年後、北朝鮮政府関係者数人が衆議院会館の石破茂の部屋を訪ねて来た。

  秘書がコーヒーを並び終え、部屋を出ると、訪問者のリーダーが懐から数枚の写真を取り出し、石破茂の前に並べた。。。石破、その写真を手に、ひが目を凝らして見た、、、顔が真っ青に。手がわなわなと震え、思わず写真をぱらぱらと足下に落してしまった。

 醜い顔をした男が美しい少女を全裸にして舐め回し、、、やがてパコパコ。少女はお化け顔の男に涙を浮かべて。。。

 この写真を見せられた以降、石破茂議員は「拉致議連」を脱会。「日本人返せ!」と口にしなくなった。


 筆者にこの言語道断、あるまじき事件を教えてくれたのは、アントニオ猪木のスタッフとして北朝鮮に何度か随行した人物からだ。こんな男が総理狙う?

 皆さん、この記事を大拡散してくださいね。


 もう一人、特筆して置かねばならなのが小渕優子。そう、群馬県赤城山で炭焼きをしていた小渕恵三元総理の娘。圧力でTBSテレビ社員をしていた。

 小渕総理の急逝で弟を押しのけ立候補した。その初会見。メディアも殺到。そこでなんとまあ、第一声が、

「政治理念は訊かないでください」

 ですと。ずっこけましたね。弟を押しのけ自分が出ると会見していながら政治理念無し。


 それでも弔い選ですから堂々当選。で、国賊・野中広務が「優子は政治のセの字も知らんから」と勉強させようと。。文教委員に放り込んだ。

 ところがこの優子、TBS当時の淫乱ぶりを発揮。文教委員会をズルしてTNBの男と、何と歌舞伎町のラブホへ直行していたんです。

 で、翌日、ラブホを男と出たところをフライデー誌がバッチリ。大変な騒ぎに。。。このバカ女、それを反省するどころか、TBSの元の仲間を集め、一ツ木通りの居酒屋で焼酎を浴びながら、

「私って~政治家に向いていないみた~い。辞めようかなぁ」

 と。

「野中さんや野田“性子”さんに叱られるしぃ、田中真紀子さんには無視されるしぃ、、、」

 この会話も直ぐ漏洩。。。これ、ホント馬鹿ですよ。これが竹下派の総裁候補の一人なんだそうですから。。。頭痛くなってきた。

舛添氏も「それを国民が選ぶ。自分に合ったレベル」と苦言を呈しているが。。。どこまで続くぬかるみぞ。日本が心配。。。
正次郎先生、この三人に殺されるかも。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

売りはイクメンだけ男!!



売りはイクメンだけ男!!
「イクメン」進次郎、安倍後継レースから脱落か 育休宣言に批判、環境相の実績にも疑問符
東洋経済 泉 宏
2020/01/18 07:20

 「自民党のプリンス」と呼ばれる小泉進次郎環境相が、「ポスト安倍」の有力候補者リストから消えつつある。

 環境相としての初入閣から4カ月が過ぎたが、政界での評価は低迷が目立つ。国民の間では「将来の首相候補」としてなお高い人気を維持しているが、与党内では「まずは閣僚としての経験と実績を積むのが先」との声が支配的だ。

育休取得宣言に「芸能人気取り」の声

 1月17日未明には妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさんが第一子を出産した。それに先立つ15日に育休取得を宣言し、「久しぶりの進次郎劇場復活」(自民幹部)となった。ただ、これまでと違ってネットには「芸能人気取り」などと批判的なコメントがあふれている。

 2009年の初当選以来、政界随一の人気者として順風満帆だった小泉氏にとって、環境相就任直後の国際会議などでのいわゆる「セクシー発言」や「ポエム発言」がつまづきの始まりだった。国内外で「具体性に欠け、意味不明の言動」(閣僚経験者)との批判が吹き出したからだ。

 その後の臨時国会でも、それまで厳しく批判してきた森友学園問題での公文書改ざんなどについての野党の質問には、「担当外で答弁は控える」など、答弁メモの棒読みに終始。閣僚会見やインタビューなどでも、閣僚就任前のメリハリのある発言は影を潜めている。

 閣僚は内閣の方針に従うのが義務ではあるが、担当外の問題について政治家として意見を表明することまでは制限されていない。にもかかわらず

「逃げやはぐらかしの答弁ばかりが目立つ」(自民幹部)ことで好感度も薄れ、ポスト安倍候補をめぐる各種世論調査での人気度も、数字的にはピーク時から半減という状況となっている。

 これに追い打ちをかけるように、一部週刊誌が独身時代の既婚女性との不倫疑惑やそれに絡む政治資金疑惑を報じた。小泉氏は「(政治資金は)法令にのっとって適正に処理していると認識している」と答える一方、不倫疑惑には「個人の事柄については話さない」とダンマリを決め込んだ。

 入閣前の小泉氏は、政権の不祥事などについて気の利いた表現で辛口の意見を発信し続けてきただけに、「小泉さん、あなたもか」(週刊誌記者)と失望の声が上がっている。

長男誕生で「イクメン宣言」

 その小泉氏が久しぶりに華やかなスポットライト浴びたのが待望の長男誕生と、それに伴うイクメン宣言だ。出産に立ち会ったという小泉氏は、17日午前の閣議後、「とてもうれしく安心した。母子とも元気なことが何より」と満面の笑顔で喜びを語った。これに先立ち、15日午前の環境省の働き方改革関連会合で、第一子出産に合わせて育児休暇を取得する意向を表明した。

 具体的には生後3カ月までの間に、合計2週間程度を育児に充てるという。国会議員や閣僚には育児休業の規定がなく、現職閣僚が育休を取得するのは「きわめて異例」(政府筋)のこと。

小泉氏は「大臣としての職務上、一般の会社員のようにまとまった期間を休むのは困難だ」として、国会や閣議出席などの公務を最優先し、閣僚としての仕事に支障が出ない範囲で育休取得や時短勤務などを実施する考えだ。

 これに関し、イクメン知事として育休問題の相談相手となってきた三重県の鈴木英敬知事は15日、小泉氏とのメールのやり取りの中で「育休中は子供のお風呂担当になるとの報告があった」と明かした。

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で「小泉環境相の取り組みが、官民を問わない男性の育児参加促進によい影響を及ぼすことを期待したい」と好意的に評価した。その一方、自民党の森山裕国対委員長は

「人それぞれの考えだと思うので、特にコメントしない」と突き放し、山口那津男公明党代表も

「環境相という重要な責任を持つ立場。よく配慮し、各方面の理解を得たうえで、最終的な判断をしてもらいたい。まずは職員が育児休暇を安んじてとれる環境を整えるのがやるべき仕事では」

とくぎを刺した。

 野党側からは

「勤務時間が定まっていない閣僚は、時間をやりくりすればいいだけなので、(育休宣言は)的外れだ」

「不倫疑惑などの週刊誌報道から目をそらすのが目的では」

などの厳しい声が上がった。ネット上では「#小泉進次郎 育休」のスレッドが立ち、育休制度がない国会議員は休んでも歳費が満額支給されることも踏まえて、

「育休中のサラリーマンに100%の給与保障はないのに」

などと炎上した。

 小泉氏は環境相として

「本業の環境行政では目立った実績をあげていない」

(政府筋)のは否定できない。

2019年12月の第25回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP25)では、地球温暖化対策を妨げているとして国際環境NGOが日本に期間中2度、化石賞を授与したが、 その理由は小泉環境相がCOP25の場で

「地球温暖化対策での石炭火力削減策では思い切った提案をできなかった」

からだとされる。

 その小泉氏は仕事始めの1月7日、テレビ電話を通じて環境省職員らに年頭の訓示を行った。職員の移動や待機時間を省くため、小泉氏の発案で実現したもので、与党内からは「これが環境相として初の実績」(閣僚経験者)との声も出た。

 小泉氏は訓示の中で、業務効率化の重要性を強調し、「打ち合わせなどにはテレビ会議やメールを最大限活用するとともに、副大臣や政務官に代わりに公務に出席してもらうことも検討している」と語ったが、これも「育休宣言の布石」(自民幹部)と揶揄されている。

結婚後は「妻ファースト」の毎日

 そうした中、イギリスのタイムズ紙は1月2日付の「2020年の世界をつくる『注目株の20人』」の1人に小泉氏を選んだ。ただ同紙は、

「(小泉氏は)自信に満ちた態度で、いかにもお金をかけていそうな髪形をし、華やかな結婚相手がいる」との紹介と合わせて、

「リベラル志向のクールなオーラを維持しながら、保守的な政権で権力を握った抜け目ない政治家」

などと皮肉交じりに評し、「今年は彼が試される1年になる」と結んでいる。

 2019年夏の結婚後から小泉夫妻の日常生活を追い続ける有力週刊誌などは「小泉氏にとっては、妻ファーストの日々だ」(編集幹部)と指摘する。小泉氏は結婚後も基本的には東京・赤坂の議員宿舎住まいだが、いわゆる新婚生活は妻の滝川さんが独身時代から暮らすマンションが中心とされる。議員宿舎は動物の飼育が禁止されているため、毎日愛犬の世話をしている滝川さんと過ごすには妻の自宅しかないからだ。

 さらに、横須賀の実家への出入りも、「年末年始は極めて限られていた」(関係者)とされる。「『横須賀には住まない』という滝川さんの意向を尊重した」(同)のが理由とみられている。大臣として初の年越しも妻の自宅で、「滝川さんの家族に囲まれた、マスオさん状態の大晦日」(同)などと報道されている。

 こうしてみると、小泉氏への注目度はまだまだ高く、「取り上げれば視聴率も稼げる」(民放テレビ幹部)。ただ、入閣前と違って「『政治家・小泉』ではなく、『タレント・小泉』としての言動ばかりが取材対象となっている」(小泉氏周辺)のも事実。政界での口さがない向きは「今の状態は、結婚や出産を切り売りしている芸能人と同じ」(閣僚経験者)と突き放す。

 たしかに、ここにきて中央紙などが小泉氏の言動を報道する際は、政治面ではなく、社会面などでの囲み記事が多い。

「メディアは小泉氏の環境行政での活動にはあまり興味がない証拠」(自民長老)で、「当面注目されるのは、閣僚としてのイクメンぶり」(同)となることも間違いない。それだけに、小泉氏に課せられた「ポスト安倍もにらんでの天才子役から成熟した大人の政治家への脱皮」(自民幹部)という道筋は、簡単にはひらけそうもない。

㊟寸次郎の産ませた子は正恩そっくりじゃないだろうか。北の血が色濃く出たりして、そりゃいい事です。な、寸次郎。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12713)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR