FC2ブログ

2020-01

ママ困惑!スナックで

ママ困惑!スナックで「暴走」してしまう女たち 居心地のよさに甘える「マウントスナ女」
東洋経済五十嵐 真由子
2019/12/29 07:50

 もう10年になるだろうか。全国津々浦々、さまざまなスナックを渡り歩いてきた。当初は「あら、バイト希望の方かしら?」と言われたり、「事件か何かの調査?」「他店の人じゃないわよね?」などと疑われたりすることも多かった。それほど女性の1人客は珍しかったのだろう。また、女性が1人でスナックに入ること自体、ハードルが高かった。

 その後、スナックの文化や魅力を伝えるべく「スナック女子」、略して「スナ女(すなじょ)」として活動を続け、メディア等で発信する機会も増えてきた。そのせいか、最近では女性が1人でスナックに行ける環境が、少しずつ醸成されつつあるようだ。

 事実、「カウンターでママと話す女性」「ママの手料理を目当てにスナック通いする女性」「常連客に交じってカラオケを楽しむ女性」などを目にする機会が増えてきた。

店側としても、女性客を温かく迎え入れ、女性が楽しめる工夫をしているようである。スナックに魅力を感じ、気軽に楽しむ女性は着実に増えている。

 ただ、問題も起きている。非日常の癒やし空間であるスナックに、男性顔負けのマウント女子が散見されるようになったのだ。彼女らは、場の空気も読まずにマウントをかけ、周囲を困らせている。

常連客に大声で「説教」

 都内、東急線沿線にある駅近スナック。いつも聞き上手なママに魅了された常連客でにぎわっている。その日はスナック巡り2軒目で、21時半頃にお邪魔した。「あら、いらしゃい。お久しぶりね。元気してた?」。扉を開けると、いつもと変わらぬママの笑顔。店内は数名の男性客と、30代後半くらいの女性客が1人。楽しそうに談笑している。

 しかし、カウンターに座ってママに近況報告をしていたそのとき。突如、背後から女性の鋭い声が聞こえてきた。「そういうところがマネジメントできてないから、部下になめられるんだよ!」。振り返ると、先ほどまで楽しく談笑していた女性が、見るからに温厚そうな初老の男性に向かって吠えている。

 「私も部下がいるからわかるけどさ。バカ正直に叱るだけじゃなくて、モチベーションも高めなきゃダメだって!」「まじイライラするわー。こういう管理職。これじゃ部下が不幸になるだけだよ」。穏やかな雰囲気が一変し、社内でよくある説教シーンが繰り広げられている。

甲高い女性の声は徐々にボリュームを増し、相手の男性は完全に放心状態。店内も凍りついている。「ママー、この人マネジメントの本質全然わかってないんだよー!」。

 「〇〇ちゃん、そんなふうに声を荒げたらほかのお客さまがビックリするでしょ。今日はこの辺にしておきましょう、ね?」と、たまりかねたママが割って入る。なだめられ、彼女は物足りなそうに店を出ていった。

 かつてはスナックでも、仕事のやり方などをめぐり、男性客同士で議論が展開されるシーンをよく見かけた。声を荒らげることも少なくない。また、人生の大先輩が若者にマナーを注意する姿もあった。しかし今、目の前で繰り広げられているのは、女性客が手近な男性客を一方的に罵倒する姿である。これは極端な例だがこのような光景をよく目にするようになった。

 ママに話を聞くと、「彼女は近くの会社に勤めるOLさんなんだけど、半年前くらいから1人でこの店に通うようになったの。ここ数日は、自分の部下が私の思いどおりに動いてくれない、でも嫌われたくないから言えないって悩んでたのよね。男性のほうは常連さんなんだけど、彼、聞き上手だから。彼女も気持ちよくなってスイッチが入っちゃったのかしらね。普段はあんなに大声をあげることなんてないのに……」とのこと。

 職場で部下をうまくコントロールできていないとすると、男性に浴びせた暴言の数々は、自身に対する激励の言葉だったのだろうか。いずれにしろ、常連の男性客は気の毒である。非日常を求めてスナックに来たのにもかかわらず、上司でも同僚でもない人から説教を食らうことになるなんて。

 「最近、管理職に昇格したって張り切ってたのよ。でも実際は、部下にも上司にも弱みを見せられなくて大変みたい。相当ストレスがたまっているようね」とママ。ストレスを発散したいのならカラオケでも歌えばいい。罵声は聞きたくない。「せっかく来てくれたのにごめんなさいね」。ママは常連客らにも頭を下げながら、店内の凍った空気を穏やかに変え、ようやくいつもどおりの時間が戻った。

ママ気取りでいきなり場を仕切り始めた

 「私、スナックのママやったら絶対うまくいくと思うんだよね!」。このような、誰も求めていない“できます宣言”も、マウントスナ女にありがちな言動だ。スナックのママを前にして、自らのポテンシャルを自慢気に語る女性客も少なくない。

 「こんばんはー!」。ママが1人でカウンターを切り盛りするとあるスナック。そこに、40歳前後の女性がやってきた。なんでも、1カ月ほど前にはじめて来店して以来、頻繁に顔を出すようになったそう。ちゃきちゃきした性格で、すでに常連客ともなじんでいる。久々の女性客にママも常連も喜んでいた。

 3回目くらいになると、店の仕組みも理解したのか「ママ、これ運んでおくねー!」と配膳まで手伝うように。店が混雑してくると「こちらにどうぞー!」と接客までしてくれる。「〇〇ちゃん、まるでスナックのママだね」「〇〇ちゃんがママなら毎日来るよ」などと常連客のリップサービスも飛び出す中、彼女は「じゃあ、スナックのママとして雇ってもらおうかなあー!」とノリノリに。

 翌日。開店と同時にまた彼女がやってきた。店が混雑してきた頃、彼女が突然不意に席を立ち、「じゃあ、仕事しますか」と言いながらカウンター内に入ろうとした。さすがにカウンターの中まで入ってこられては、と思ったママは「お手伝いはいいから皆さんと楽しんでね」と言ったところ、彼女から「じゃあ、私がフロアやるから、お皿洗いはお願いね」との返しが。

 それだけではない。ママがお酒の準備に取りかかっていると、フロア席から「私がこの店のチーママでーす!」と言いながら男性グループに入り込み、「お酒ごちそうしてー」「この曲私が歌ってあげるー」と仕切り始める彼女の姿があった。

 初めは女性客の乱入に喜んでいた男性陣も、「あんたたち、チーママの話聞いてる!?」「私この店のナンバーワンなんですけど!」などと言いたい放題の彼女にあぜんとするばかり。呆れ顔の男性陣からSOSの要請が入り、ママが助け船を出そうとしたところ「私のほうが人気者なんだからほっといて!」と畳みかけられてしまった。

 聞けばこの女性、平均年齢低めのIT会社で働いているそう。同年齢の女性が少なく、職場の人とはほとんど絡みがないらしい。ママは言う。「お店に来た当初はとてもおとなしくて。心配した常連さんが積極的に声をかけてくれたの。いま思えば、褒められたり、必要としてもらえたりしたのがうれしかったのよね。役に立ちたいという気持ちはうれしいけど、お客さまとお店のラインを越えちゃったら、後味が悪くなるだけだから」。

 スナックでは、いつもより大胆になったり、素の自分をさらけ出したりすることはよくある。その解放感こそ、スナックの醍醐味だ。しかし、ほどよい距離感が保たれているから居心地がよい、ということも忘れてはならない。勝手なルールを作ったり、ママの空間を独占したり、調子にのってママやほかの客を困らせたりするのはルール違反だ。

お店から歓迎されるスナ女になるために

 日常から切り離された癒やし空間であるスナックは、あなたを優しく迎えてくれる。ホスピタリティー豊かなママや優しい常連客に囲まれていると、居心地のよさはひとしおだ。しかし、居心地のよさを履き違えて、つい調子に乗ってしまう女性は少なくない。この話をしたとき、編集Mは「私もやりかねない。何だったらもうマウンティングしてるかも」と身を引き締めていた。

 一方で、上司や部下とのコミュニケーションに悩んでいる人ほど、スナックに行くべきだとも思う。なぜなら、ママのコミュ力は卓越しており、距離感の取り方や話し方など、豊富な学びを得られるからだ。無理に絡むのではなく、気軽に相談してみよう。真摯に耳を傾ける姿勢があれば、ママからも常連客からも歓迎されるはずだ。

 まっとうなスナ女が増えていけば、性別や年齢、役職にとらわれず、一体感を楽しめるスナック文化はさらに盛り上がっていくだろう。豊かな心をもって、スナックならではの魅力を体感してほしい。とくに仕事に悩んでいる人は、1人で悶々とせず、新しい年にはスナックの扉を開けてみてはいかがだろうか。

㊟人生いろいろ、女もいろいろ、男もいろいろ。。。それが人生ってもんです。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

正次郎恐怖の初夢!!


正次郎恐怖の初夢!!

 昨年、秋元司衆議院議員の逮捕を大予言し、的中!!この二十二年前、小渕恵三内閣で官房副長官に就任、飛ぶ鳥落とす勢いだった鈴木宗男逮捕を公に予言。

小渕恵三倒れ森喜郎内閣へ。森内閣も短命で終え、2001年、田中真紀子人気で総理になれた小泉内閣(2001年~)の9月、国会会期中に鈴木宗男逮捕された。予言が見事的中!!


 しかも、秋元司が逮捕される約一年前。


映画「麻雀放浪記」公開が近くなった頃、秋元がこの映画にかこつけ「麻雀議連」を立ち上げ、主演した売れっ子俳優、斎藤工くんと一緒の写真がメディアに。これは危険と私は斎藤工くんの事務所を調べ、斎藤工くん宛に、


「君は将来ある俳優、秋元司は必ず両手が後ろに回ります。絶対に近づかないように」


とメールで警告!をブログで読まれましたね。予言したのです。


更に、秋元司逮捕の一か月前、政権中枢に、

 「来る総選挙後、秋元司入閣は危険です。秋元は二階派を名乗りながらIRで菅ヒトラーと密接」

 とメールを。同じ日に、都議会、区議会議員ら十数人に、

「秋元司は必ず裏切る。後ろに手が回る。危険!」

 とメールを。



その正次郎が020年の恐怖の初夢を大公開!!
 目を瞑って。


★勉強嫌い寸次郎、父と同じ強姦事件起こす!!
<勉強大嫌い、女を見ると理性を失い襲う父、この穢れた父のDNAをここまで色濃く継ぐのは稀有.逮捕も示談金で釈放?>


★中国尖閣占拠!!同時に不法滞在、不法入国中国人が全国で暴動を!!
<醜キンピラ国賓招聘で『国防動員法』を発令!!「日本支配を」>


★首都直下超巨大地震、超巨大津波列島のみ込む!!


★第3次世界大戦勃発!!イラン対米国の戦争が口火となり(自衛隊ペルシャ湾派遣により日本も渦中に。。。やがて世界は三つどもえとなり人類の3分の2が死滅する大戦争となる。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

人生台無し!!詐欺



人生台無し!!詐欺
詐欺犯募集ツイートに「返信」=警告表示「人生台無し」―愛知県警
時事通信2019/12/30 07:51

 2019年1~6月に全国で認知された特殊詐欺の被害額は約146億円。前年同期より2割減少したものの、警察庁は「依然として高水準で深刻な情勢」とみている。

愛知県警は、詐欺グループが現金受け取り役の「受け子」などをツイッターで勧誘していると分析。募集とみられる投稿に返信し、警告する取り組みを続けている。

 警察庁によると、18年以降、受け子が被害者のキャッシュカードを言葉巧みにすり替えて盗む事件が目立つ。手口が多様化する一方、現場に現れる受け子や、口座に振り込まれた現金を引き出す「出し子」が組織の末端にいる構図は変わらない。

 愛知県警が8月から始めた取り組みでは、特殊詐欺との関連が疑われるツイートに対し、返信機能を使って「STOP!特殊詐欺」「あなたの人生を台無しにします!!」などと警告を表示する。

 募集とみられるツイートには「受け出し」「運び屋」といった隠語や「闇バイト」などのハッシュタグ(検索用の目印)が使われ、簡単に金が稼げるかのように誘っているという。県警の返信は、応募しようとする若者らに監視の目を意識させる狙いがある。

 県警によると、返信は約4カ月間で2000件を超えた。生活安全総務課の中川裕文次長は「なかなか減らないが、継続すれば効果は出る」と強調。11月から同様の取り組みを始めた茨城県警の幹部も「若者を受け子にさせない」と意気込んでいる。

㊟楽して儲かる仕事はないんですよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

北海道32番目の省と醜キンピラ

北海道32番目の省と醜キンピラ
北海道の植民地化を着々と進める中国
JBプレス森 清勇
2019/12/30 06:00

 中国は1970年代末から対外開放政策を打ち出してアフリカに進出、その後は中南米へ、そして近年は南太平洋諸国へ進出している。一帯一路に絡めた地域開発やインフラ整備を掲げで土地や資源を買い漁り始めた。

 しかし、開発に必要な労働力や資材を持ち込み、ミニ・チャイナタウンを作るので、潤うのは現地進出の中国人社会と賄賂に絡む一部の特権階層で、多くの現地人は辺鄙なところに追いやられ、期待された発展は叶えられない。

 その上に、「債務の罠」に嵌り、惨めな状況に陥ることは、現代の植民地化と言われるハンバンドタ港(スリランカ)の例が示している。

 多くの日本人は、開発途上国に特有の現象で、日本には当てはまらないと信じていたに違いない。

買収された日本の地積

 10年くらい前までは、日本の土地が買い漁られるとマスコミが大きく取り上げ、危機感をもつ地元民もいた。

 しかし、年を追うごとに反対の声も小さくなり、今では買収話は当たり前になり過ぎてニュースにもならなくなったと平野秀樹・青森大学教授は語る(「略奪される国土」、『Hanada』2018年7月号所収)。

 政府は全貌を押さえてさえいない。

 実際政府が公表しているデータは林地のみで、外資(外国人、外国法人)と外資系(出資比率または役員比率の過半が国外)が買収した僅かに5789ヘクタール(ha、2018年)で、山手線の内側(6000ha)相当でしかない。

 平野氏は

「全国で・・・国土がどれだけ買われ、どのように占有され、どんな利用が始まっているか。国名、面積、企業名などの全貌はもとより、個別事例とて曖昧なままだ。・・・国はこうした買収問題に対し、何の手立ても講じていない」

という。

 心配になった17道県だけが、条例を制定したが、これも林地売買に際し、事前届出を課す条例を成立させただけで、買収阻止や抑制の歯止めにはならないであろう。

 2012年以降、急激に増大したソーラー発電の

「発電量7900万kw(2017年)をもとに試算してみると、ソーラー用地は概ね16万~24万ha。・・・これらの買収の相当数が外資系であり、推定8万ha程度が買収(リースを含む)されたとみられる」

と教授は語る。

 以上から、教授は外資保有の日本国土は10万ha程度とみる。しかし、無届の買収、日本法人(外資法人の子会社)の買収、ペーパー・カンパニーによる本体秘匿の買収、リース使用の賃借契約など膨大に隠れているとみられることから、10万haは最小値という。

 北海道に限ると、政府掌握の林地買収は2495ha(2018年)でしかないが、これは2012年の2.4倍である。

 小野寺秀(まさる・元北海道道議)氏や宮本雅史(産経新聞編集委員)氏らが7~8年前から報告し盛んに警鐘を鳴らしてきたが、現地の農協や役場は「把握していない」と関与を避け、マスコミの多くも黙殺を続けてきた。

 しかし、宮本氏の報告では、中国資本に買収された北海道の森林や農地などは推定で7万ha。北海道だけで、山手線の内側の11倍以上である(「産経新聞」平成29年2月25日付)。

北海道も植民地化?

 中でも北海道の多くの土地が中国資本に買い漁られてきた。過疎地で手が行き届かないことや、リゾート地に中国資本が入ることでより発展が期待され、活気を取り戻すと期待しての放出であったに違いない。

 しかし、「産経新聞」(令和元年12月17日付)の

「外資開発もニセコ潤わず」「雇用は外国人、税収限定的」の見出しの報道からは、雇用や税収などを期待した現地を困惑させている状況が読み取れる。

 世界的なスキー・リゾート地である北海道ニセコが「債務の罠」にかかったということではないが、中国系資本への土地売却や資本導入は、アフリカや中南米、南太平洋などに置ける開発同様に、現地を潤すことはない状況が読み取れる。

 現に地元では「中国など外国資本に経済面で実効力を奪われてしまう」(同上紙)」と危惧の声が上がっている。

 すでに多くの企業が北海道に入り込み、リゾートやホテル経営、ソーラーパネル発電、高層ビル建築、高級住宅街開発などを行っている。

 千歳空港・自衛隊基地の西方数キロ先には中国人別荘地があり、17棟が立ち並んでいる。当初は1000棟の計画であったが、周辺などの反対もあり頓挫した様である。しかしいまだに空地もあり、開発会社は今後の増棟を目指すとしている。

 北海道はカネを引き出せる金庫でもあるようだ。現道知事の鈴木直道氏は夕張市長時代(2017年)に2つのホテル、スキー場、合宿の宿の4施設を2億4000万円で中国人の不動産業者に売却したが、2019年に香港系ファンドに15億円で転売されたと言われる。

 中国が北海道に食指を動かしていることは明確のようだ。

 平成17年5月、国土交通省と北海道開発局が主催した「夢未来懇談会」では、札幌市で通訳や中国語教室を手掛ける中国人社長が、「北海道人口1000万人戦略」の掲題で基調講演し、参加者を驚かせたという(上掲「産経新聞」平成29年紙)。

 農林水産業や建築業を中心に海外から安い労働力の受け入れ、北海道独自の入管法制定、授業料の安いさまざまの大学設立などで、人口を1000万人に増やすという概要で、うち200万人は移住者とすべきだと力説したとされる。移住者のほとんどは中国人であろう。

 人口増加の方法として、留学生は北海道に残留する、正式な労働者として受け入れる、北海道から都府県に行くときは日本の入管法に適応させる、札幌に中華街を建設し国際都市の先進地域としての地位を確立するなどであったというから、まるで北海道独立であり、行く行くは中国・北海道自治区や北海道省への画策であろう。

 全体主義の中国であり、こうした根っこは中国共産党の遠大な計画に繋がっているとみられる。中国の意中を知るのはいいとしても、よくも国交省や道開発局が講演させたものである。

 在日中国人のチャイナ・ウォッチャーは、一部中国メディアの間では

「北海道は10年後には、中国の32番目の省になると予想されている」

ともいうから、ニセコの目論見はミイラ取りがミイラになるようなものではないだろうか。


アフリカや南太平洋諸国の惨状

 20世紀末は中国のアフリカ進出に注目が集まっていたが、21世紀に入ると中南米、習近平氏が登場してからは南太平洋の国々に注目が注がれている。

 南太平洋諸国は第2列島線(小笠原諸島~グアム)と第3列島線(ハワイ~米領サモア)間の空白地帯であるが、日米のインド太平洋戦略にとっては重要な地域である。

 そこに中国の魔の手が伸び、併せて台湾が国交を有する17カ国のうちの6か国(キリバス、ソロモン諸島、ツバル、パラオ、マーシャル諸島、ナウル各共和国)があり、台湾の孤立化工作とも重なる。

 しかし、ほとんどの作業員も資材も現地調達ではなく中国からやってくるため、雇用や資材活用による収入などは一向に期待できない。

 それどころか、開発は中国が貸し付けた金で行われるため、年を経るごとに金利が嵩み、ほとんどの国の対中債務が全対外債務の多くを占める状況である。

 また、契約に定めた環境保護規定は悉く反古にされ、乱開発で自然環境が破壊されるが、チャイナ・マネーに依存するフィジー、バヌアツ、トンガなど貧しい島嶼国の政府には中国の横暴を止める力もないという(福島香織「南太平洋に伸びる中国の魔の手」、『正論』令和元年9月号所収)。

 それどころか、こうした悲惨な状況の報道自体が中国の力によって制約されるなど、一旦開発が始まると踏んだり蹴ったりである。

 中国の資本で国家がよみがえると期待した政府の甘い認識が国民を失望させ、契約の見直しや縮小、破棄などに至るケースが増えている。

 ハンバンドタ港などで起きたことがアフリカや南太平洋の国々でも起きようとしている。すなわち、「債務の罠」で土地の譲渡や長期貸与となり、近代版の植民地と騒がれ始めているのだ。

おわりに
 こうしたことがアフリカや中南米、南太平洋の島嶼国だけでないことが、ニセコの開発で明確になってきた。

 在日本の中国人70万人余のほとんどが20~30代の若者(卑近な例えでいえば、50個師団に相当)で、本国共産党や在日中国大使館の指示で動くことは長野事件(北京オリンピックのトーチリレーが長野で行われた時の中国人留学生による暴行)や東日本大震災時の一斉引揚げによって証明された。

 また、東日本大震災で退避した中国人に使用を許した学校施設で、防火などの点検を兼ねて関係者が入ろうとしたが中国人の拒否で入口に立つことしかできなかった。

 このような事実からは、日本の土地を外国系資本などにむやみに売ってはならないということである。

 駐中国日本大使館や日本総領事館をはじめ、日本と諸外国の外交施設用地は相互に賃貸であるが、唯一駐日中国大使館と中国総領事館(複数)の敷地だけが、外交の対等主義を逸脱して賃貸ではなく所有となっている。

 鳩山由紀夫氏は首相の時、「日本は日本人だけのものではない」と公言し、中国系資本による北海道をはじめとした土地の買い漁りを促進させた。

 しかし、国際関係に於いては「油断大敵」の諺が何より重要であることを忘れてはならないであろう。

㊟この国の政治家は母国を護る意識が欠如しているとしか。。。この醜キンピラを今春、国賓として政府が招くんですよ。呆れ果てますね。

 不法滞在のゴキよ、鳩山由紀夫元総理は金持ってるぞ。お前たち、ゴキブリの好きなようにしていいぞ。鳩山一族に目をつけろ!!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

大統領夫人にまで罵声!!


大統領夫人にまで罵声!!
大統領夫人にまで子供たちがブーイング? 本格化する選挙戦の舞台裏
Forbes JAPAN長野 慶太
2019/12/30 11:00

アメリカのファースト・レディー、つまりトランプ大統領夫人のメラニア・トランプが、青少年に向けたスピーチで、ブーイングを子供たちから受け、メディアが一斉に取り上げて大きな話題となった。

メラニア夫人は、アメリカの青少年の間に麻薬が蔓延していることを憂い、撲滅キャンペーンに取り組み、各種団体に呼ばれては時々スピーチをしている。

今回、ボルチモアで、青少年への啓蒙イベントでスピーチを頼まれ、壇上に立ち、話を始めたら、複数の子供たちからのブーイングに遭遇した。

メラニア夫人の支持率は70%

大統領夫人は、夫人として大統領を精神面で支えるだけでなく、それなりの公務を負うことが多い。とは言っても、政争の矢面にさらされることは無いので、むしろ政策事項に安定的に関わることができ、実効が上がる場合もある。

たとえば、フランクリン・ルーズベルト大統領の夫人であるエレノア・ルーズベルトは、アメリカに初めて年金制度をもたらし、実現させた真の立役者だし、ヒラリー・クリントンが大統領夫人としてホワイトハウスにいた時代から健康保険改革をライフワークとして進めていたことはよく知られている。

ロナルド・レーガン大統領は21世紀になってから英雄視されることが多いが、レーガン政権の閣僚たちが常に夫人のナンシー・レーガンの顔色を伺っていたことを閣僚補佐だった人から聞いたことがある。

ケネディ大統領の夫人ジャクリーン・ケネディや、ジョンソン大統領の夫人レディ・バード・ジョンソン、最近ではオバマ大統領の夫人ミシェル・オバマなど、多くのファースト・レディーは国民に広く親しまれ、政党に関係なく人気度が高い。

メラニア夫人は、外国生まれであり(旧ユーゴスラビア)、英語にはハンディがあるが、それでも懸命に公務を務めているというのが一般的な見方で、強烈なトランプ攻撃に終始したこの3年の間も、メディアはめったにファースト・レディー批判はしてこなかった。

実際、今年3月のフォックス・ニュースによれば、メラニア夫人の支持率は70%にも上っていた。また、CNNによれば、今回メラニア夫人がブーイングを受けたことは初めてだということだ。

今回のブーイング騒動は、いよいよ次期大統領選挙まで1年を切って、新聞紙面の半分が大統領弾劾審議と選挙関連記事に占められるような状況となり、アンチ・トランプの大人たちが、子供たちにまでその批判を躊躇なく刷り込んでいることが浮き彫りになった形だ。

各ニュース局が提供している動画を見るとよくわかるが、メラニア夫人は誰かを批判したわけでも、子供たちに叱りを与えたわけでもなく、終始ポジティブで前向きなトーンで子供たちに話しかけていた。そこで起こったブーイングなので、皆びっくりしたわけだ。

動画は、決して子供たちの顔を写していないし、集音マイクもなかったので、いったいどのくらいの数の子供がブーイングをしたのかはわからないが、複数、それも相当数の子供が関わったようだ。

たった5分程度のスピーチだったが、メラニア夫人は終始笑顔でブーイングを受け続け、退場する時にも罵声を浴びた。ブーイングに驚いたメディアからの質問にも、「この国には言論の自由があるわ」と言って大ごとにせず、笑みを保ったと伝えられる。

ワシントン・ポストは、このイベントが、昨今トランプ政権に対してアンチ・トランプ色が強いボルチモア市で行われたことを指摘して、仕方がなかったとあきらめ気味に報道しているが、一方でフォックス・ニュースは前代未聞の無作法だとし、これも民主党やそのリーダーたちが、トランプとさえ名前がついていればどんなことをしてもいいと煽っている証拠だと激しい論調だ。

ラスベガス・リビュージャーナル新聞のデブラ・サウンダーズ解説委員も、多すぎる大統領候補者を抱えて迷走する民主党の苦悩が現れているとし、政治の醜い部分が家庭に持ち込まれていることについて懸念を示している。

委員は、もしこれがミシェル・オバマ大統領夫人だったら、このブーイングは直ちにヘイトスピーチとメディアに書きたてられ、大騒ぎを呼び込み、共和党攻撃に利用されたに違いないと指摘している。

このようにメディアの対応も含め、共和党と民主党の間にできた亀裂がかつてないほど大きいことを示されたと言ってもいい。

大統領夫妻に請求書が回る

ファースト・レディーと言えば、豪華なドレスや宝飾品で税金を無駄遣いしているという指摘があるが、これは誤解だ。ブッシュ大統領のローラ夫人の自著によれば、厳密に国務に関わるために使った経費以外は、本人たちの負担だという。

例えば、国賓を迎えた壮大な晩餐会でも、決してどんぶり勘定ではなく、大統領が友人や親族を招いた場合は、そのぶんの食事代はやはり大統領夫妻に請求書が回ってくるし、ドレスも基本的に自費だという。

同じドレスを二度着ようものならゴシップ誌やウォッチャーなどが、皮肉を込めて報道されるので、負担も馬鹿にならなかったという。

トランプ大統領が史上3人目の弾劾訴追を受けることがほぼ決まり、アメリカはいま政治一色だ。訴追を指揮しているナンシー・ペロシ下院議長や大統領に向けて、ますます個人攻撃の応酬が激化しているが、いわば非武装地帯だったファースト・レディーにまで未成年から罵詈雑言を浴びせられるのは、この国にとって褒められたことではない。
連載:ラスベガス発 U.S.A.スプリット通信

㊟日本の反日連中の昭惠夫人への批判など可愛いものです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

芸能界変わらなきゃ!!


芸能界変わらなきゃ!!
フィフィ、2019年を振り返り「芸能界が変わらなきゃいけない時期に差し掛かった」
週刊女性PRIME [シュージョプライム]
2019/12/30 12:00


 2019年も残すところ僅か。そこで、今年世間を騒がせたさまざまな芸能・社会ニュースのなかから、フィフィがとくに印象深かったものを選出! いろいろと物申していきます!
* * *
 まずは元号が令和に変わったことは触れないといけませんよね。私は昭和・平成・令和と日本で過ごさせていただいているので、感慨深いものを感じると同時に、妙に老けたような感じもしました。だって3時代ですよ!?

 で、今年を振り返ってまず印象的だったのは、新年早々(1月5日)行われた、ZOZO前澤友作さんによる“総額1億円のお年玉”企画。前澤さんのツイッターアカウントをフォローし、リツイートした方のなかから、100名に100万円をプレゼントするというものでした。

 前澤さんは『今年の顔』といってもいいんじゃないかなって思うくらい、いろいろ話題になりましたよね。恋人だった剛力彩芽さんとのデートで豪遊したり、経営してきたZOZOをヤフーに4000億円で売却し、YouTubeで「1000億円を通帳記帳してみた」といった動画をあげてみたかと思えば、12月25日には地元・千葉の館山市に20億円ふるさと納税をされたり……。
ド派手な金遣いの一方で、ふるさと納税については良いお金の使い方をされているなと尊敬しました。今年彼には本当に“いろいろなお金の使い方を見せてもらったな”と思います!

薬物・結婚・闇営業……話題にこと欠かさない芸能界

 芸能界を振り返ってみると、数々の薬物問題がありましたね。

 コカインを所持・使用していたとして3月に麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧さんにはじまり、5月には元KAT‐TUNの田口淳之介さん・小嶺麗奈さん、そして11月に合成麻薬MDMAを含む粉末を所持していたとして沢尻エリカさんも。

 薬物が芸能界に蔓延しているというイメージをもたれてしまうような事件が続いたことは衝撃でした。これだけの仕事をいただいていても、やっぱり薬物はやめられないんだなと痛感しましたね……。大河ドラマなんて、“実力があってももらえないようなお仕事”ですし。

 でもこうやって並べてみると……薬をやっていると聞いても特に驚きがない人ばっかり(笑)。沢尻さんに関しては、私が彼女が出演する作品で『新宿スワン』と『へルタースケルター』しか観ていないこともあり、たまたまブラックなイメージだったので、「作品を地で行っている方なんだなー」と思ってしまいました……(笑)。『1リットルの涙』とかを観ていたら、またイメージも違っていたはずです。

 この薬物ひとつをとってもそうですが、その人が出演している作品がどうなっちゃうんだろう……ということが問われていたのも印象的でした。「作品に罪はない」というのがひとつのキーワードになってネットでも議論されていたように思います。

 6月には吉本の芸人さんを中心とする闇営業問題がありました。宮迫博之さんと田村亮さんが自らネットで行った記者会見の長さも印象的でしたし、それがスマホで視聴できる仕組みができていたので、終わるまでずっと視聴できるということも新しいと感じました。私は買い物に行った先でも見ていましたよ。こんな時代になったんだな……と。

 この件で考えさせられたのは、著名人と反社会的勢力との接点はいったいどこにあるかわからなくて怖いということでしたね。

 何かと話題になった『桜を見る会』でも、招待客のなかに、“マルチ商法”で行政指導を受けた『ジャパンライフ』の元会長も含まれていたという疑惑もありますし、お笑い芸人さんだけでなく、政府でさえも判断が難しいことなんだなと感じてしまいます。見た目だけでは判断できないケースも多いですし、「著名人がどのように人付き合いをしていいかわからなくなった」1年でもあるのではないでしょうか。

 私も闇営業の一件のあと、プライベートにバーベキューに行く事があって。帰り際に隣でバーベキューをやっていた“きっとこれは仲のいいファミリーだろうな”と思われる人たちに「フィフィさん写真撮ってください」って言われたんですけど、泣く泣く断ってしまうということもありました……。

 闇営業のウラで芸人さんたちにとっておめでたい話もありましたよね! 南海キャンディーズ・山里亮太さんが蒼井優さんと結婚されたことにはじまり、11月にオードリー・若林正恭さん、12月にバカリズムさんといったいわゆる“陰キャ”とされている方たちが続々と結婚していくのを見て、勇気をもらった人も多いはず! 同時に、「全然陰キャじゃねーじゃん!」ってツッコミたくもなりましたけど。

「ぺこぱを応援してほしい!」そのワケ

 年末にかけては、お笑いのコンペティションのようなものがいろいろと出てくるなかで、『M‐1グランプリ』がまた注目されて。

 もちろん優勝した『ミルクボーイ』も新鮮なネタだったなと思うけど、私が推したいのは『ぺこぱ』! 

 ノリつっこまない芸風で、誰も傷つけないという新しい漫才に挑戦していて、すごく聞きやすくて面白かったです。何より私、フィフィも所属しているサンミュージック所属なんですよ。今年移籍してきたばっかりでここまで登ってきたので、サンミュージック期待の星なんです(笑)。年末に出てきたばかりだけど、あのホストみたいな動きとか子どもたちが真似するんだろうなと思っています。ウチの事務所の稼ぎ頭になるかもしれないのでみなさんも応援してください!

 今年のニュースを駆け足で見てきましたが、総括して最も印象的だったのは、嵐ですね。まさに嵐を巻き起こしましたね。1月に、'20年末をもってグループの活動を休止するという発表をしてからの彼らの動きは本当にすごくて、毎日見ない日はないくらい、いろんなところで目にしました。そのなかでも印象的だったのは、ジャニーさんもお亡くなりになったなかで、新しいジャニーズ事務所のプロモーション、アプローチとしてSNSが解禁されたことです。新時代に入ったという、その象徴だと思いました。

 また嵐は来年1年間、Netflixでドキュメンタリーをやるそうで。

 これがすごくて、28ヶ国語に翻訳されて、190ヶ国に発信されるそうです。嵐ってデビュー時に“世界中に嵐を巻き起こす”って宣言していましたけど、その名の通り、来年は190ヶ国に嵐旋風を巻き起こしてくれるんじゃないかなと注目しています。また同時に、ネット配信がこれだけ盛んになるなかで、ほかのメディアはどう影響されるのかという点も注目しています。

 芸能人がYouTubeに進出したりといったことは普通な世の中ではありますが、来年は、この嵐の流れから、テレビで活躍している芸能人がもっとネットでも活動しはじめるんじゃないかな。実際、いろんな事務所がネット参入を狙っているので。それもある意味、多様化の現われなのかなと思います。
〈構成・文/岸沙織〉

㊟もう芸能人、タレントはテレビなんか暇潰しにしたら?YouTubeでバンバン稼げるんだから。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

イラン革命防衛隊か、

イラン革命防衛隊か、海自艦を追尾 ホルムズ海峡周辺で
朝日新聞社
2019/12/30 09:00


 海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が派遣されることになった中東海域。10月、ペルシャ湾であった国際訓練に参加した海自の艦艇2隻が、ホルムズ海峡付近を航行中にイランの革命防衛隊とみられる船から短時間、追尾を受けていたことがわかった。海自艦艇であることを伝えると、離れていったという。

 複数の政府関係者が明らかにした。付近では6月、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃を受け、自衛隊の中東派遣のきっかけとなったが、12月27日に閣議決定された海自の活動地域からホルムズ海峡は外されている。周辺情勢が依然として予断を許さない状況であることも、活動範囲から外した一因になったとみられる。

 防衛省によると、海自掃海母艦「ぶんご」と掃海艇「たかしま」が10月下旬から11月中旬、ペルシャ湾内のバーレーン周辺海域で、機雷の掃海や潜水作業の要領を確認する米国主催の国際海上訓練に参加した。同訓練は2012年から開催されており、今年で6回目で、海自は初回から参加している。防衛省幹部は「訓練参加が主目的だったが、今回の中東派遣をにらんでホルムズ海峡周辺の偵察も兼ねていた」と打ち明ける。

 政府関係者によると、2隻は訓練参加前の10月23日から25日の間、オマーン湾からペルシャ湾に向けてホルムズ海峡付近を航行中に、1隻の船から短時間、追尾を受け、所属や航行の目的について問い合わせを受けた。

海自側が「我々は日本の海上自衛隊の艦艇だ。国際訓練に参加するために来た」などと伝えたところ、離れていった。船の様子ややりとりなどからイランの革命防衛隊とみられるという。

㊟海自の皆さん。寒い海上生活。。。身体に気を付けてくださいね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ハワイで乱れる日本女子!!

ハワイで乱れる日本女子!!
ハワイの海難事故、日本人が最多 総領事館、注意呼び掛け
共同通信社
2019/12/30 15:12

 【ホノルル、ロサンゼルス共同】米ハワイ州当局は30日までに、2009~18年の10年間にハワイで起きた海外からの観光客の海難事故で、日本人の死者数が国別で最多となったと明らかにした。到着直後の遊泳で心臓発作を起こすケースが多いとされる。

年末年始の観光シーズンの中、ホノルルの日本総領事館も「無理せずハワイの海を楽しんでほしい」と注意を呼び掛けている。

 州当局によると、オアフ、ハワイ、カウアイ、マウイ島で起きた海難事故の死者のうち、海外からの観光客の中で日本人が最多の46人に上り、以下カナダ人27人、韓国人15人、中国人9人が続いた。

㊟ともかく、ともかく昔からハワイでは昼夜を問わず、乱れ切ってる日本女の多いこと。見苦しい限りですよ。
 これは何年も前ですが、俳優の藤岡弘さんと偶然、某民間団体に招かれハワイに。。。帰国の前夜、藤岡氏から電話が。

「正次郎さん。夜、浜辺へ行きました?ひどいもんです。日本の女性は、、、外人に抱きついてヘビーキスがあちこちですよ」

 とつくづく嫌になったと。

 そう、帰国して10カ月後、黒ん坊の赤ちゃん、目がブルーの赤ちゃんを産んだ日本女性が多かったなぁ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

人間どこまで悪くなる!?

人間どこまで悪くなる!?
送料が2万円? ネット通販のわな
NHK2019年12月27日 18時26分IT・ネット

年末年始の時期を迎えて、おせちや贈答品などをネットで購入する人も多いのではないでしょうか。

身近で便利なネット通販ですが、注意も必要です。

今、“ネット通販詐欺” の被害を訴える人が急増しているのです。
(おはよう日本ディレクター 平瀬梨里子)

歯磨き粉の送料が…

取材のきっかけは、松山市に住む弟からの連絡でした。
ふだんから生活用品など、さまざまなものをネット通販で購入している弟。


その弟が2か月前、ネット通販で1400円の歯磨き粉を購入したところ、2万1400円請求されたというのです。
驚いて請求書を見ると、送料が2万円も請求されていたことが分かりました。


「えっ?2万?みたいになって。カード情報とか全部登録しているから、2クリックくらいで注文できるし、最後の注文確定の画面に送料が出てたかもしれないけど、正直、全然見てなかった」


弟は、あわてて出品者に問い合わせをすると「システムのエラーでした」という回答。
その後、返金に応じてくれたということでした。
単なる「エラー」だったのか?


“ほかの商品の送料も2万円に”
出品者のページを確認すると、すべての商品の送料が2万円になっていました。
さらに不自然なことに、日によって送料が無料になったり、2万円になったりを繰り返していました。


この出品者についてのレビューを見ると、


「詐欺です」「ふざけんな」「歯磨き粉を注文したのですが、なぜか配送料が無料だったのが、勝手に2万円に変更され、注文確定になっていました」など怒りを示す書き込みが多数。


どうやら高額な送料を支払ったのは、弟だけではなさそうです。

出品者を直撃すると…

なぜ、高額な送料を設定するのか。
出品者のページに掲載された電話番号に電話してみました。
しかし、一向につながりません。
そこで、書かれてある住所を訪ねてみることにしました。
書かれてある住所を訪ねると


都内から新幹線に乗り、さらに駅から車で1時間以上。
たどりついたのは、山あいにたたずむ一件のカフェ…。


その店主に事情を聞いてみました。

私 「私の弟が2万円の送料を請求されたのですが?」
店主「2万円?なんでですか?」(とても驚いた様子)
私 「その理由をお聞きしたかったんですけど…」
店主「そういう話は聞いていないので…」


店主によると、出品業には関わっておらず、店の住所を知り合いに貸しただけだといいます。


そこで、カフェの住所を借りて、実際に高額な送料を請求していた出品者に、匿名を条件に話を聞きました。


“出品者に話を聞いた”

会社員をしながら出品業を営む男性。

1年前から送料に費用を上乗せすることを始めたといいます。
最初は5000円ほどから始めましたが、次第に2万円まで金額を上げていったそうです。
この男性は上乗せした2万円の内訳は、人件費、管理費、資材費などと話しました。


こうした費用を送料に上乗せする一方、商品の表示価格を抑えることでウェブ上で「価格が安い順」に商品が並んだ際に、上位の目立つ欄に商品が表示されるようになるということです。


私 「購入者に、高額な送料が気付かれなければいいという気持ちは、なかったのですか?」

男性「そういう気持ちはないですね。画面に送料が表示されているから、客が同意したうえで買っていると思っています。申し訳ないという気持ちはない」

出品者が自由に送料を設定できるネット通販サイト。

消費者問題に詳しい弁護士によると、こうした行為は購入者を欺いているとして、「詐欺罪」に当たる可能性も高いということでした。


高額な送料を払わせられるトラブルに遭わないためには、商品の送料をきちんと確認してから購入したり、請求書を確認したりするしかありません。


取材を進めると、ネット通販を悪用した、さらに巧妙な手口を使った詐欺とみられる行為が明らかになりました。

注文していない荷物が次々と…

大阪市に住む男性会社員の自宅には、先月から注文していない商品が次々と届きました。


「当初は、嫁が注文したものなのかなと思って、とりあえずその場で支払って商品を受け取りました。代引き支払いで商品代およそ1万円を支払いました」


「しかし、箱を開けてみると入っていたのは、スーパーなどで使われる業務用の値札を貼る器具。自分の注文履歴を確認しましたが、注文したものはではありませんでした」


この男性は、ふだんからネット通販を頻繁に利用しており、その際に代引きで支払いをしているため、抵抗なく払ってしまったということでした。


その後、出品者に問い合わせ、返品と返金に応じてもらうことができましたが、その後も身に覚えのない商品が届き続けました。


男性は「目的が全然わからなくて、気持ち悪い」と話していました。


SNS上でも、この男性と同じような経験をした人の書き込みが多く見られます。


「代引き支払いで5点も届いた。心当たりが無いから受け取り拒否。ほんと気味悪い」

「代引きで頼んでいない商品が届いて、義母が代金払ってしまった」などなど。


中には、注文もしていない商品が、1週間に50個以上も届いていると書き込んでいる人もいました。


国民生活センターによりますと、ことしの3月ごろから、こうしたトラブルの相談が相次いでいるということです。

出品者も被害に

誰がなぜ、商品を送り続けるのか?


出品者を取材してみると、なんと出品者も被害を訴えていることがわかりました。
大手通販サイトで、自動車用品などを販売している業者もその1人です。


この業者のもとには、ことしの夏から代引き支払いでの注文が相次いだといいます。

しかし、発送した商品のほとんどが「受け取り拒否」。

返品と返金に応じますが、その際にかかる手数料や送料などは、すべてこの業者が負担しなければなりません。


自動車用品の販売業者


「商品を受け取る側からは、勝手に出品者が送りつけたのではないかと思われてしまうので、本当に腹立たしい」


この業者によりますと、代引き支払いで入る注文の中には、注文者の名前がアルファベットの羅列だったり、住所の日本語がおかしかったり、マンションの部屋番号が抜けていたりすることが多いそうです。


この業者は、そうした「怪しい注文」は事前に発送をキャンセルするようにしましたが、あまりにも件数が多いので、代引きでの支払いができないように設定しました。


すると、ぱたりと「怪しい注文」は、なくなったといいます。


実際に、大手通販サイトに商品を販売する出品者が意見を交わす専用の掲示板を見ると、同様の被害を訴える書き込みが見られました。

「本日も2件の被害」「受け取り拒否やキャンセル」「7月以降毎日被害」などなど。

狙いは「ポイント」?

いったい誰が行っているのか?

ネット通販に詳しい、ITジャーナリストの高橋暁子さんによると「ポイントを狙った行為」ではないかといいます。


大手通販サイトでは住所と名前を入力すれば、注文した人が、出品者を通じて第三者に商品を送ることができます。

本来であれば、プレゼントなどを贈る機能として利用するものですが、この機能を悪用したのではないかというのです。


高橋さんによると、第三者が何かしらの方法で入手した住所と名前を入力。
そして、支払い方法に「代引き支払い」を選択し、商品を送りつけるのです。この第三者の目的は、注文した人に対して付与される「ポイント」。


商品の代金が支払われなければ、注文者に入ったポイントは消滅しますが、ポイントが付与された時点で、直ちにポイントを使って商品を買い、現金化しているのではないかというのです。


付与されるポイントを負担するのは出品者。


消費者問題に詳しい弁護士によりますと、こうした行為は詐欺罪に当たる可能性が高いということですが、実際の注文者を特定することは難しいのが現状です。


「指摘されなければ、ただもうけだけが得られるので、そういう送りつけをする側としては、メリットだけでリスクが非常に少ない。だからこそこれだけ詐欺がはびこる状態になっているのではないか」


ネット通販を悪用した、こうした行為が相次いでいることについて、楽天、アマゾン、ヤフーのネット通販大手3社に聞いたところ、いずれも、こうした悪質な行為に対しては、やめるように要請したり、契約の解除などを行ったりしているとしています。


こうしたトラブルに遭わないためにどうすればよいのか。


国民生活センターでは、ホームページを通じて消費者に注意を呼びかけています。

▽身に覚えのない商品が届いたら受け取らない
▽受け取ってしまっても代金を支払う必要はなく、仮に払ってしまったら、早急に販売元や発送元に連絡する
▽通販サイトを利用した場合は、支払い方法を含めて家族と打ち合わせておく
▽身に覚えの無い商品が届いた場合は、最寄りの消費生活センターに相談する(消費者ホットライン「188」)

私たちは取材を続けていきたいと考えています。
読んでいただいた皆様からの情報提供をお待ちしています。


㊟人間ってこんなに悪いんですね。いい歳して未だ人を疑うことをしない筆者には生きにくい世になりました。早く、天国へ行こう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12713)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR