FC2ブログ

2019-12

ルミ子、聖(性)子に呼びかけ!!



ルミ子、聖(性)子に呼びかけ!!
ルミ子「沙也加ちゃんは…しちゃったけど聖子ちゃんは大丈夫だよネ!」妹分に呼びかけ
デイリースポーツ
2019/12/06 13:12

 歌手の小柳ルミ子が5日、ブログを更新し、今年も妹分である松田聖子からお歳暮が届いたことをつづり「沙也加ちゃんは○○しちゃったけど、聖子ちゃんは大丈夫だよネ」と確認するようにつづった。

 小柳は「今年も可愛い可愛い妹 松田聖子ちゃんからお歳暮を贈って頂きました」と報告し「有り難う!聖子ちゃん。感謝です」とお礼を言った。

そして最近離婚を発表したばかりの聖子の長女・沙也加に触れ「沙也加ちゃんは○○しちゃったけど聖子ちゃんは大丈夫だよネ!大丈夫だよネ」と念を押すようにつづっていた。

 続くブログでは聖子との関係を説明。「聖子ちゃんとは40年来の姉妹なんですよ」と切り出し、聖子のデビュー直後に、聖子の父から「ルミ子ちゃん、芸能界の事はなーも分からんとよ。怖い世界じゃけん、法子(聖子の本名)の事宜しく頼むけんね!ルミ子ちゃんが面倒見てくれたら、安心たい!」と頼まれていたことも明かした。

 「ディズニーのミッキーが好きだったあの子がも~57歳?信じられません」としみじみ振り返り「私は聖子ちゃんの悲しむ顔はもう見たくないから、何時迄も何時迄も幸せであってほしいと願っています」と、大切な妹分へ呼びかけていた。

㊟大丈夫!聖子ちゃんは性子だから離婚しても次の男は準備してるから。あ、これだけ聖子が淫乱になったのは小柳ルミ子が仕込んだんじゃないの?
 それよりルミ子、あなた、いま男いないんじゃない?夜、ベッドでどうしてる?婆のひとり、、、ゲッ、吐き気してきた。
スポンサーサイト



テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

闇の仕置き人、出番だ!!


闇の仕置き人、出番だ!!
元朝日新聞政治部長“元顧問”務めたジャパンライフ事業を「全然知らなかった」 被害者弁護団あきれ「マスコミ関係者もズブズブだったとは…」
夕刊フジ2019・12・7

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に、悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の山口隆祥(たかよし)元会長が招待されたことが問題視されている。

日本消費経済新聞は昨年2月、山口氏が新聞やテレビで活躍する政治評論家や解説委員らと懇親会を開き、宣伝に利用していたことをスクープ。夕刊フジは5日発行紙面で、同社の顧問だった元朝日新聞政治部長を直撃した。被害者弁護団や識者は「マスコミ関係者が、ズブズブの関係だったとは…」とあきれ返った。

 ジャパンライフは1975年の設立で、80年代にマルチ商法が社会問題化した。2014年に行政指導、16年に行政処分を受け、17年12月に経営破綻したが、債務超過の事実を隠して勧誘を続けたため、多くの被害者を出した。

 元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏は夕刊フジの取材に、同社の顧問になっていたことを認めた。さらに、元会長の費用で、著名な政治評論家らと、政治家や官僚を帝国ホテルに招いて懇親会(勉強会)を開いていたことなどを証言した。

 全国ジャパンライフ被害対策弁護団連絡会団長である、港共同法律事務所の石戸谷(いしとや)豊弁護士は

「まず政府側が、山口氏に『桜を見る会』の招待状を出すこと自体が不適当。宣伝に使うのは容易に分かるわけで、(招待状を)勝手に使われたというのはあり得ない」「(著名ジャーナリストと山口元会長との関係は)噂には聞いたことがある」

といい、次のように語った。

 「マスコミは問題を分析して警鐘を鳴らす役回りだ。法的責任ではなく、社会的責任でいえば、マスコミ関係者が(マルチ商法側と)ズブズブの関係だったなら、ジャーナリズムとして役割を果たしていないことになるのではないか」

ちなみに、橘氏はジャパンライフの顧問として報酬も受け取っていたが、「どのような事業を行っていたのかは知らないし、関わっていない」と語っている。

 石戸谷氏は

「元会長の山口氏はかなり有名な方だ。新聞のデータベースでもたくさん出てくる。被害者の中には自殺者も出ており、国会でも取り上げられている。『全然知らなかった』というのは、にわかに信じられない。ベテラン記者であればあるほど、ピンとくるのではないだろうか」

といぶかしがった。

 夕刊フジで人気コラム「以読制毒」(毎週木曜)を連載するジャーナリストの有本香氏も

「マスコミ関係者として、お金を受け取る人物の素性や会社の実態を調べもしないという感覚はいかがなものか。山口氏は、与野党の国会議員に人脈があり、多額の政治献金も受け取っていた野党系議員もいる。なぜ、野党が鬼の首を取ったように政府を批判できるのか疑問だ」

と語っている。

㊟ゴキ醜・蛆キムチ国営新聞、日本支局の「朝日新聞」ではあるが、これは絶対に看過できないッ!!被害者の怒りはいかばかりか。。。

 被害者弁護団は先ず、朝日のこの元政治部長を告発すべき。罪に問えないなら闇の仕置き人に依頼せよ!!そうしないと正義が生きないッ!!

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

内部告発者に報復!!



内部告発者に報復!!
中国でファーウェイ炎上! 内部告発者に報復の疑い…不買運動呼び掛けも 韓国暴挙に“喝”
共同通信・夕刊フジ2019.12.4

 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が、補助金横領など同社の不正を内部告発した元従業員への報復として、事件をでっち上げて刑事告訴した疑いが発覚し、中国で波紋が広がっている。

元従業員は251日間拘束され不起訴となった。消費者の同社に対する不信感が強まり、不買運動を呼び掛ける声も上がっている。

 米中対立が激化する中、中国では政府の後押しを受ける華為の製品購入を通じて愛国心を示す動きもあったが、疑惑を受け一転して攻撃対象となった。

 報道によると、元従業員の男性(42)は在職中、政府の補助金を受ける事業で多額の資金が横領されていると告発。華為は告発内容を調べず、約30万元(約465万円)の退職金を支払って男性を解雇した。

 同社はさらに、男性が会社側を脅して法外な退職金を要求したとして告訴。男性は2018年に公安当局に拘束された後、恐喝の疑いで逮捕された。

ところが男性側が提出した退職金交渉時の録音は同社側の主張と一致せず、検察側は嫌疑不十分で不起訴処分とした。(共同)

㊟やはりファーウェイは悪質。しかも度を越している。政府の補助金を受けていながら、それ以上に詐取するなど許せない。

 醜キンピラはこれを知っているのか?この男性、会話を録音していなかったらとんでもないことに。。。驚く会社ですね。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

就活セクハラ被害20代男性が最多!!


就活セクハラ被害20代男性が最多!!
続々と声が上がる「就活セクハラ」への“NO!” 被害者は20代男性が最多 「女性だけ」の話ではない
ビジネスオンライン2019/12/04 07:10



 企業に“選ばれる”立場だった求職者側が、これまで受けてきた不当な扱いに対して声を上げ始めている。顕著な例が、「セクハラ」だ。

日本労働組合総連合会(連合)が発表した「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」では、就職活動(就活)中にセクハラを受けた人の割合は全体の10.5%にのぼる。内容は「性的な冗談やからかい」「性的な事実関係(性体験など)の質問」といったものが多かった。

 さまざまなキャンペーン活動や署名集めに活用されている「Change.org」上では、悩みを相談、共有できるサイトを運営するキュカ(東京都中央区)が2019年7月から「#就活ハラスメントをなくしてください!」というキャンペーンを開始。2019年12月3日17時時点で1万1437人が賛同している。

 同キャンペーンによると、就活をしている人を守るためのルールが日本にはほとんど存在しないという。セクハラに関しては、19年に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案(改正女性活躍推進法等)」が成立。男女雇用機会均等法などで、ハラスメント対策の強化がなされた。

 ただ、同法成立までの過程で、男女雇用機会均等法が労働法制であることから対象が労働者に限られることが議論に挙がっている。根本匠厚生労働省大臣(当時)からは、就活生やフリーランスに対しては指針などで必要な措置を定義し、実効性が上がるよう努力している、という答弁にとどまっている。

 こうした流れを受けて10月に厚労省が示した「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の素案」では、就活生に対して労働者と同様の方針を示すことが「望ましい」という表現にとどまっており、一部で批判が起こっている。

●厚労省へ直接、要望や署名を提出

 こうした背景を受けて「#就活ハラスメントをなくしてください!」は、11月12日、厚労省に対して要望や署名を提出。ハラスメント関係法の指針として、就活生へのハラスメントに関する文言を盛り込むことや、実態を把握して就活ハラスメントを撲滅する取り組みをすることなどを要望としてまとめている。

 他にも、学生側からのアクションは起こっている。東京都内でジェンダーに基づく暴力について勉強会を重ねている学生有志のネットワーク「SAY(Safe Campus Youth Network)」は11月18日、「実効性ある『就活セクハラ』対策を求める大学生からの緊急声明」としてレポートを発表。厚労省が示した指針案への不満や就活セクハラが起こる背景に関する考察が内容に盛り込まれている。

 筆者が考えるに、「セクハラ=女性が受けるもの」という考えが強いことが、社会的なアクションを起こすことへの1つの妨げなのではないだろうか。しかし、その考えは誤っている。

記事冒頭で引用した連合の調査では、就活中にセクハラを受けた人が最も多いセグメントは「20代男性」だ。より実効性のある制度づくりに向け、男性側ももっと当事者意識を持ち、解決策を見つけていきたい。

㊟20代男性たちがどんなセクハラを受けているのか、実例が一つも挙げられていないから判断しようがないじゃないか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

韓国検察が本気で狙う文の

韓国検察が本気で狙う文在寅政権「2つの疑惑」
JBプレス2019/12/04 06:00

(李 正宣:ソウル在住ジャーナリスト)

 曺国(チョ・グク)前法相のスキャンダルは「オープン戦」だったのかもしれない。韓国検察の刃がついに文在寅(ムン・ジェイン)大統領府を真っ向から狙い、「大統領府vs.検察」の、ともに退くことができない最終決戦がいよいよ始まろうとしている。

 現在、韓国検察は、曺国氏が大統領府の民情首席秘書官として勤務していた時期にあった2件の「職権乱用」の容疑を取り調べている。1つは「監察もみ消し事件」、もう1つは「選挙介入事件」だ。検察はこの2つの事件で、曺国の背後に控える大統領府の最高位層を狙っていると思われる。

 まず、監察もみ消し事件から説明しよう。

高官の疑惑をもみ消し

 事件は2018年12月に遡る。
 大統領府・民情首席室所属の特別監察班の元捜査官キム・テウ氏は、ユ・ジェス金融委員会金融政策局長(当時)の不正を見つけて監察を行ったが、曺国民情首席(当時)の指示で監察をもみ消されたと暴露した。

 これに対して当時、曺氏は国会に出席し、

「(不正容疑に対する)根拠が弱いと判断した。ただ、捜査をしていく中で、不正情報とは関係のないささいな私的問題点が出てきたので、辞表をもらうことにした。(問題点は)プライバシーなので詳しいことは言えない」

と述べ、キム氏の主張を否定した。

 だが今年2月、キム氏は曺氏をはじめとする関係者らを「職権乱用」の疑いで検察に告訴。

その結果、11月27日、ユ・ジェス氏は金融業界から約5000万ウォン(約460万円)相当の賄賂を受け取ったなどの疑いで検察に逮捕されたのだ。当然、検察の次のターゲットは、この問題のもみ消しに動いたとされる曺国氏になる。

 韓国メディアが伝えた検察の調査によると、当時民情首席室は、金融委員会所属のユ・ジェス金融政策局長が多数の企業から賄賂をもらっているという情報をつかんだ。

曺氏の許可の下で関連捜査が始まり、ユ氏が子どもたちの留学資金や航空券、ゴルフクラブなど5000万ウォン相当の金品を授受し、その見返りとして企業に対し、金融委員会名義の表彰状まで発行していたという。もちろん多数の証拠も押さえられていた。

 ところが、突然、曺氏が捜査の中止を指示。ユ氏は急いで辞表を提出して75日間行方をくらました。数カ月後、ユ氏は与党の国会政務委員会の首席専門委員に昇進して華やかに復帰した後、今度は釜山市の経済副市長という要職に起用された。

 そのユ・ジェス氏を逮捕した検察が「次」を狙うのは当然なのだが、もしかするとそれは曺国氏に止まらない可能性も出てきている。韓国メディアによると、検察は曺氏が監察中断を決める過程でさらに上層部からの圧力があったのではないかと疑っているというのだ。

ユ・ジェス氏の後ろ盾として親文(文大統領派閥)核心と呼ばれる人物の名前が多数取り上げられているのだ。果たして検察の捜査の手はどこまで伸びていくのか——。青瓦台関係者も息を殺して事態を見守っている。

「容疑なし」の候補者を選挙戦中に大々的に捜査

 さらに深刻なのは、2018年6月にあった地方選挙に大統領府が介入したという疑惑だ。

 今年3月、元蔚山(ウルサン)市長のキム・ギヒョン氏(自由韓国党所属)は、2018年6月にあった蔚山市長選挙の際に、警察から偏向的な捜査を受けたせいで落選したとして、ファン・ウンハ蔚山警察庁長を選挙妨害、公務員の選挙関与禁止違反、職権濫用などで検察に告訴した。

 2018年3月、当時のキム市長が6月に開かれる市長選における自由韓国党の候補に決まった当日、蔚山警察庁はキム氏の事務室に対する大々的な押収捜索を行った。

側近や家族の不正に関する告発があったとの理由からだ。それから5月までの3カ月間、警察はキム氏に対する捜査を派手に行い、その様子はリアルタイムでメディアで連日報道された。5月になると、警察は「起訴意見」で検察に事件を送致し、6月19日に行われた選挙でキム氏は落選してしまう。

 ところが、2019年3月、検察はキム氏に対して「容疑無し」の処分を下した。このとき検察は、99ページに及ぶ理由書を公表するという異例の措置をとったが、そこには、警察の不十分な捜査と無理な起訴意見に対する批判がぎっしりと書かれていた。

 こうした事態を受けて、キム氏は捜査責任者のファン・ウンハ警察庁長を職権濫用などの疑いで検察に告訴、検察は捜査に着手した。そうした中で検察は、キム氏に対する蔚山警察庁による捜査が始まったのは、大統領府の民情首席室から下りてきたキム氏関連不正疑惑報告書がきっかけだったことを明らかにした。

 大統領府の人事行政機関である民情首席室は高位公務員や大統領の親戚に対する監察権限があるが、選出公務員に対しては監察が禁止されている。つまり、民情首席室が市長選で選ばれたキム氏の不正情報を収集して警察庁に送ったのは「職権乱用」ということになる。

さらに、選挙運動が始まるタイミングに合わせて行われた蔚山警察庁の捜査については、選挙に影響を与える目的があったのではないかとの疑惑の目も向けられている。

加えて、キム氏に対する捜査中に蔚山警察庁が捜査状況を9回にわたって大統領府に報告していた証拠や、民情首席室の職員が蔚山まで出向いて捜査状況をチェックしたという証言などがぞろぞろ出てくるに及んで、「大統領府が選挙介入していたのか」という論議が激しくなっている。

遺体で発見された大統領府元職員

 最も興味深いのは、キム氏を破って蔚山市の新市長に当選した宋哲鎬(ソン・チョルホ)氏が文在寅大統領の親友だということだ。過去に文在寅大統領は彼のことを「一生の同志」と表現し、民主党代表時代だった2014年には無所属で出馬した宋氏の選挙応援にも駆け付けている。

 こうして2018年の蔚山市長選挙は、大統領の親友を当選させるために大統領府が警察を動かして無理に捜査させたという疑惑と、それを裏付ける情況証拠がメディアを通じて次々と伝えられている。

 むろん大統領府は

「(キム氏の)不正疑惑情報を収集したのではなく、大統領府に送られてきた苦情内容を警察庁に送っただけ」「民情首席室の捜査官が蔚山に行ったのは、他の業務のためだった」
と、警察の捜査に介入したという疑惑を強く否定している。

 ところがここでも急展開があった。キム氏の不正疑惑情報を流すという行為に関わっていたとみられる大統領府の元職員が、検察による事情聴取を目前にして、遺体で発見されたのだ。現在のところ、死因は自殺とみられているが、事件はついに死者が出るまで広がり始めている。

「民主主義の花」ともいえる選挙に警察の公権力を利用して大統領府が介入したという疑惑が、万が一事実と認められれば、文在寅政権は、曺国スキャンダルとは比較にならない打撃を受けることになるだろう。逆に、検察の捜査が不発に終われば、司法改革の名の下に、検察の権限は大いにそがれることになる。いずれにしても、大統領府と検察、互いの生存をかけた闘いになるだろう。

㊟蛆キムチ国らしい犯罪だが、「検察頑張れ!!」と。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

楽天がやられた「オレ役員詐欺」!!


楽天が引っかかった「オレ役員詐欺」!!
「捜査機関と連携」楽天が引っかかった「オレ役員詐欺」”社外秘”メール入手
文春オンライン12/3(火) 16:21配信


 12月3日、西日本新聞が報じた楽天グループの会社役員を名乗る人物による、楽天社員の個人情報流出事件。楽天が事件を受けて、従業員の情報を管理する社内システム仕様や運用の見直しを進めており、監督官庁や捜査機関に相談していることが「週刊文春」の取材でわかった。

少なくとも10人が引っかかった

 楽天社員が声を潜めてこう語る。


「11月上旬、社員や従業員の情報が外部に漏洩したのです」


 会社の代表電話や社員個人の携帯電話にかけてきて、実在する役員を名乗り、「いま出張先でパソコンの調子が悪くて、社内ネットワークに接続できない。従業員のメールアドレスを教えてほしい」と英語で話したという。


「システムのことを詳しく話すので、本物の役員と信じた複数の従業員が、社員名簿から書き出した個人情報をファイルにまとめて、指定された社外のメールアドレスに送ってしまいました」(前出・楽天社員)


 オレオレ詐欺ならぬ、“オレ役員詐欺”に騙されたのだ。少なくとも10人が引っかかったとみられる。


「氏名や社用メールアドレス、所属や役職、内線番号や上司の名前など、500人の社員の個人情報が流出したのです」(同前)


 ところが、被害が発覚するまで10日間ほどかかった。


「外国人従業員が『この前、役員から電話が突然かかってきた』と同僚にポロッと話したことから、わかりました。社内の公用語は英語で、電話の相手も英語で話してきたので、全く疑わなかったそうです。個人情報を扱う会社として意識が低すぎる」(別の楽天社員)


 事件を受けて、11月20日、CIO(最高情報責任者)を務める平井康文副社長が、楽天全従業員に“社外秘”の次のような注意喚起メールを送った。

昔からあるソーシャル・エンジニアリングの手口

〈この度、楽天グループの複数の従業員が、当グループの役員を名乗る人物から電話にて虚偽の指示を受けた結果、社内システムに登録された従業員の一部の情報(氏名、社用メールアドレス、会社名、所属部門、役職、勤務地、内線電話番号、上司氏名)が社外に流出するという事態が発生しました〉


〈本件の報告を受け、社内で調査を実施したところ、当該人物の指定した社外メールアドレスに対し、ほかにもグループ内からメールが送信されていたことが確認された。送信していた各従業員に聞き取り調査を実施したところ、いずれも類似の手口が確認されている〉


 また、メールには監督官庁へ相談したり、捜査機関と連携して対応を進めていくと記され、従業員に注意喚起を促していたりする。


 サイバーセキュリティー教育を行うトライコーダの上野宣社長が話す。


「今回の手口は昔からあるもので、ソーシャル・エンジニアリング(人間の心理や行動のミスにつけこんで情報などを入手するのが目的)という手法。社員情報を使って、カードやモバイルなどあらゆる顧客情報が狙われる可能性があります。たとえば従業員が『会議で使うからダウンロードしてくれ』とメールで指示されて、ダウンロードしたらウイルスだったという事態が起こるかもしれません」


流出するのは個人情報だけか

 楽天広報部の回答。


「一部の従業員の名刺に記載されているレベルの情報を外部に送ってしまうという事例はありました。具体的な詳細については回答を控えさせていただきます。(流出した個人情報の件数は)事実と異なります。(個人情報の不正利用は)確認されておりません。システムの運用を含め、社内での情報管理の強化に継続的に取り組んでまいります」


 経済部記者が話す。


「11月下旬、楽天のクレジットカードやスマートフォン決済サービスが一時的に利用できないトラブルが発生した。10月から始まった楽天モバイルもつながりにくいと言われており、楽天ブランドへの信用が低下し、顧客流出の懸念が出ています」


 顧客まで流出しない対策が求められる。

㊟英語がペラペラが仇となりましたね。膨大な個人情報を扱う企業がこれじゃ示しがつかんだろうに。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

あ~あ、DAIGO立候補だって!!

あ~あ、DAIGOが立候補だってさ!!
 桜井翔も出るし、、、日本の政治家ダメになるわ。

DAIGO「いよいよ政界入り」情報浮上のワケは妻・北川景子の“変身”
東スポ 12/5(木) 11:02配信

 いよいよその時が来るのか――。タレントでミュージシャンのDAIGO(41)が、政治家転身へかじを切るとの衝撃情報が急浮上している。もともと祖父が竹下登元首相とあって、常に出馬の可能性は取りざたされてきたが、なぜこのタイミングなのか。追跡すると、きっかけは妻で女優の北川景子(33)の“変身”だった。いったいどういうこと?


 最近やけにDAIGOが露出を増やしている。


「もともとロックバンドのボーカルながら天然ボケのキャラがウケて、デビューから長い時間がたちましたが、いまだにバラエティー番組などから引っ張りだこ。月に10本以上、バラエティーに出演することもあるそうで、今や新たな高視聴率男の一人だと言われているほどです」(大手広告代理店幹部)


 またCMなどでも大活躍中だ。累計2000万ダウンロードを突破した「ドラゴンクエスト」シリーズのスマートフォン用ゲーム「星のドラゴンクエスト」のCMに起用されるなど、さらなる活躍を見せている。


 そんな絶好調のDAIGOだけに「今こそチャンス!」とばかり、永田町デビューを本気で考え始めても、決しておかしくはない。当面、選挙の予定はないとはいえ「桜を見る会」問題で、野党の攻撃にさらされる安倍首相が、解散のカードを切ればどうなるかはわからない。


 だが、政治家転身説が流れているのは別の理由からのようだ。妻・北川の変身が原因で「そろそろだぞ!」の声が出始めたという。


「実はデビューして16年間、一度も切らなかった美しいロングヘアを、30センチ以上バッサリ切ったんです。北川自身は『役作りのため』と言っていますが、周囲は彼女にいったい何があったのか?と驚いて、よほどのことがあるに違いない!との声が出ているんです」(大手芸能プロ幹部)


 なぜ北川が髪を切ることが、DAIGOの政治家転身につながるのか? この疑問に答えたのは、2人を知るファッション関係者だ。


「夫の選挙となれば、応援演説や地元のあいさつ回りに駆けつけるなど動きもあるでしょうし、その際、あまり派手な格好では有権者に政治家の妻として反感を抱かれかねません。だから北川が髪を切ったのは、DAIGOの出馬への布石ではないかと言われているんです。彼女の髪の色が以前と比べ、黒く落ち着いたように見えますが、それも清潔感を意識してのことかもしれませんよ」


 どうやら、DAIGOの動向から目が離せなくなってきたようだ。

㊟こいつの祖父はご存知、筆者に「宍道湖は 竹下ヒ素で シジミ死に」と書かれた、親父、田中角栄元総理の寝首を掻いた竹下登。

 リクルートの江副博正からリクルートコスモス未公開株収賄が発覚し、内閣総辞職。同時に、金庫番の青木秘書の首吊り自殺。。。

 病に倒れ入院したが見舞いは拒否。病院では痛みと苦しさにのたうち回って地獄へ堕ちて行ったそうだ。裏切者の末路は哀れですね。そして後を追うように戦後最悪の暗愚宰相と呼ばれた小渕恵三も悲惨な死に方をしました。田中角栄の怒りは凄まじかったのです。

 まだあります。竹下派のボス、竹下登の愚弟、ホントに愚弟は咽喉がんで余命わずか。。。DAIGOにも角栄の怒りが。。。期待してます。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

女医の驚いた告白!!


女医の驚いた告白!!
幼少期の性被害で負った「心の傷」を不倫で癒やす女医の告白
デイリー新潮12/3(火) 11:00配信

 許されないと分かっていながら、人はなぜ不倫してしまうのか。不倫している人びとの声から、恋愛指南の著書多数の二村ヒトシがひもといていく。

2人目の不倫当事者は、都内の総合病院に勤務する小児科医の島田祥子先生(仮名・40歳)。真面目で優しそうで、不倫などとは縁がなさそうな彼女が、同僚の既婚医師・中川祐二先生(仮名・42歳)との関係から思いがけず得たものとは。


「大きい病院は不倫だらけ」は本当だった

二村:祥子さんは小児科のお医者さんで独身、相手には奥さんとお子さんがいるということですが。向こうもお医者さんで、職場の同僚なんですってね。


祥子さん:はい、私も彼も同じ総合病院勤務で、彼は内科医です。今の関係になってそろそろ1年くらいですかね。


二村:同じ病院で働いてる医療関係者同士の不倫って多いって聞きますけど、そうなんですか? ほとんどが既婚の男性ドクターと若い女性看護師さんってケースのようですが。そして、たいがいは周囲にもバレバレだっていう。


祥子さん:他の病院のことは分かりませんけど、知り合いの医者からもそういう話はよく聞きますし、バレてるっていうのも込みでそうなんでしょうね。それこそ私がつきあってる中川なんて、うちの病院の中で手が早いって有名で、複数のナースたち相手にさんざん遊んでいたし、私と彼がそういう関係になったのも、その順番がたまたま回ってきただけって感じですから(笑)。


二村:そんな男性と、よくそんな気になりましたね。それだけ惚れちゃったんですか? 


祥子さん:惚れたというよりは、医者として尊敬していたし、憧れてもいましたね。大きい病院って外科が花形ですけど、彼は地味な仕事をきちんとこなして患者さんたちに感謝され、病院の評判を上げつつ収益も上げ、仕事への情熱や向上心も人一倍あって。ただ女癖だけが悪くて(笑)。


二村:そのせいで精神的に病んでいく女性たちを、祥子さんは職場で間近で見ていたんでしょう? 自分も同じ目に遭うとは思わなかった? 


祥子さん:最初はそういう不安も少しありました。でも男女の関係になってしばらく経っても、よくある「いつ奥さんと別れてくれるのかな」みたいな感情が、私の方に全く湧いてこなかったんですよ。それで、これなら続けても平気だな、って思っちゃって。


二村:それって、祥子さんが「男に都合のいい、できた女」だったってことなんですかね。それとも社会的な立場が対等っていうか、祥子さんがお医者さんだからなんですかね。


祥子さん:後者のような気がします。こんなこと言ったら医者と不倫してるナースに怒られるんですけど、私は一応、経済的に彼に依存しなくて済んでいます。会うときは外食もホテルもワリカンです。私は一人住まいなんですけど、もてなす感じになったり泊まられたりするのがイヤなので家には招きません。結婚してほしいなんてまったく思わないし、奥さんにこっちの存在をチラつかせるなんてとんでもない。お互いの生活が安定して、いいコンディションで仕事ができることが優先です。


二村:結婚願望はもともとなかったんですか。


祥子さん:一応はありましたけど、医者って一人前になるまでに何年もかかるし、私はそんなに要領のいいほうでもないので、若い頃は仕事ばかりしてたんです。で「いい加減そろそろ」と思った時にはまわりには既婚者しかいなくなってました。婚活もしてみましたけどピンとくる人がいなかったし、恋愛のかけひきとかも今さら面倒で。


二村:女医さんって、同業以外の男と結婚しようと思ったら逆にけっこう大変なんじゃないですか? 高学歴・高収入の女に世の中の男はだいたい引いてしまうでしょう? 


祥子さん:まさにそうなんです。“女医”って響きを最初は面白がるけど、それだけ。婚活市場では弱者ですね。華やかな生活が好きな女医はバツイチの経営者とかと結婚してて、私もそういう人を紹介されたことありましたけど、その人はなんだかなあって印象で……。結婚に真剣な女性は、出産の年齢的なリミットがあるからというのも大きいと思うんですが、私の場合は子どもを可愛がりたいって気持ちも仕事で埋めることができたっていうか。


二村:ああ、お仕事で、毎日子どもたちと触れ合っているから。


祥子さん:私、小児科医って仕事が好きなんですよね。長く通院したり入院したりすると子どももなついてくれるし、そういう子を親御さんの代わりに叱ることも結構あるんです。でも、もしこれが自分で産んだ子だったら、逆に叱れないと思うんですよ、甘やかしちゃって。重篤なアレルギーがある子の親御さんとお話しとかすると、本当に頭が下がりますし。あと私は妹がいるんですが、専業主婦で、子どもが3人いるんです。しかも実家のそばに住んでいるので、親もメロメロで。


二村:ご両親の「孫が欲しい」って気持ちも埋まっちゃったんだ。妹さんによって、祥子さんの娘としての役割が、ひとつ終わっちゃったんだね。


祥子さん:もちろん妹には感謝してますよ、親に寂しい思いをさせずに済んだので。でもやっぱり妹も大変そうだし、そういう姿を見聞きすればするほど「自分にはできない」「私は私のできることを、得意なことをやればいいのかな」って思うようになりました。こんなに大変な思いをするために、これから結婚できる相手を探して、さらに高齢出産や不妊治療を頑張る気にはなれないな、というのが正直なところですね。

アラフォーで初めて「気持ちいい」を知った

二村:将来の約束も子どもも経済力もいらない、妻という立場への嫉妬もないとなったら、そりゃお相手は既婚者のほうがラクですよね。そうすると、祥子さんと彼は「体のつながり」だけってことですか。


祥子さん:というか私、若い頃はそもそもあまりそれが好きじゃなくて。今の彼で初めて気持ちいいと思えたんですね。40手前でやっと分かったなんてお恥ずかしい話ですけど。


二村:いやいや、そういう女性は多いですよ。あなただけじゃないでしょう。


祥子さん:最初は私があまりにあっさりしているものだから、彼も戸惑ったと思います。でも彼はそこで諦めなかったんですよね。もともと女性が大好きな人だから、私の反応が薄いことで逆に火がついたみたい。気持ちいいところをゆっくり時間をかけていろいろ探してくれて、しつこいけど優しかったんです。それでだんだん私も反応するようになって。


二村:医者のはエロいって話がありますよね。


祥子さん:はあ、そうなんですかね(笑)。あとはやっぱり、痛くなかったというのが大きかったかな。経験人数は人並みにあるつもりですけど、それまでの人は全員、何回やっても痛かったんです。相手が終わるまで、ただただ忍耐の時間で。


二村:「痛い」という女性は本当にいっぱいいるんですよ。そういう女性たちは、男がコンプレックスを抱きがちな大きさだの持久力だのは全然求めていないみたいですね。


祥子さん:まったくないですね。さすがに面と向かっては言えませんけどね、男性はそこにこだわってるみたいだから。


二村:機能にはあんまり自信のない男のほうが、女性の反応をよく見ながらあれこれ工夫を凝らすから結果的に評価が高くなるっていう事例もありますね。でも、よかったじゃないですか。不倫はさておき、アラフォーで初めて気持ちよさに目覚めるなんて、それは世の中のあまり感じない女性に夢を持たせる話ですよ。若い頃はどうだったんですか? 性的なことはあまりお好きではないと自覚しながらも、恋愛はしていたんですよね。


祥子さん:そうですね。男性を嫌いとか、怖いと思うことはなかったんですが、性的な目で見られることにはちょっと抵抗があったかな。


二村:異性に身体を触れられることも好きではなかった? 


祥子さん:好きな人とイチャイチャするのは好きでしたよ。ただ、いわゆる快感というものが本当に分からなかったんですよね。


二村:一人ではやってみました? 


祥子さん:何度かしてみたことはありますけど、正直よくわからなかったです。


二村:若い頃の祥子さんは、たまたまそういう時期だったってことですよね。相手の身体を受け入れたくなかったし、自分の身体にもそんなに触りたくなかった。で、それも決して特殊なことではないんです。そういう女性は世の中にいっぱいいます。

大人になって甦った幼少期の“傷”

祥子さん:罪悪感があったのかもしれないですね。とか言って、いま不倫してることには全く罪悪感ないんですけど。昔一人で試してみた時も、何だかいけないことしてる気分になって止めちゃったんですよ。


二村:学生時代はどうでした? 


祥子さん:地元は荒っぽい男の子が多い地域で、女の子も“不良っぽい男子と付き合ってるのがステイタス”みたいな。私はそういうオラオラした感じが本当に苦手で。高校は絶対に地元から離れた進学校にしようと思って勉強がんばりました。


二村:じゃあ電車通学だ。痴漢には遭いました? 


祥子さん:めちゃくちゃ遭いました。高校生の頃はちょうどコギャルブームでしたけど、私はスカートの長さはわりと普通だったんです。それでも狙われました。かえって「おとなしそうだから痴漢しやすい」と思われたのかもしれませんね。


二村:それこそ毎日って感じ? 


祥子さん:毎日ではないけど、一時期、同じ人に付け狙われたことはあります。駅のホームのどこにもいなかったし、車内にいないことも乗る前にちゃんと確認したはずなのに、ドアが閉まった瞬間、なぜかすぐ横にいるんですよ……。あれは怖かった。あとは若くていいスーツを着た、見た感じはイケメンとか言われそうなサラリーマンが、にやにやしながらパンツの中に指入れてきたりとか。


二村:なぜここで痴漢の話を出したかというと、若い頃の痴漢被害によって、性行為そのものが嫌いになってしまったっていう女性が少なくないからで。


祥子さん:それはすごくわかります。痴漢に遭っていたのはもう20年以上前の話だけど、その時の指の感覚や目つきの気持ち悪さはいまだに覚えていますから。……それでいうと、実は私、小さい頃に男の人からイタズラされたことがあるんです。今はイタズラなんて言わないか、性的虐待ですね。


二村:それは何歳ぐらいの話? 


祥子さん:小学1年生の時です。家の近所を歩いていたら知らない男の人に「ちょっと手伝ってくれる?」って声をかけられて。知らない人についていっちゃダメっていつも親から言われてはいたけど、その犯人がかなり若かったんですよね。高校生かな、いとこのお兄ちゃんたちと同じくらいだなって思ったのを覚えてます。それで疑いもせずついて行っちゃった。よく1階が駐車場、2階が住居になったお家があるじゃないですか。その駐車場の奥、道路から死角になった車の陰に連れていかれて。


二村:祥子さんとしては、今、僕にその話をしていることは大丈夫ですか? 


祥子さん:ああ、それは大丈夫です。何をされたかはだいたい覚えているけど、本当にただ記憶があるだけ、って感じなんですよ。思い出すと苦しいとか、あの時と同じようなことをすると当時の情景がフラッシュバックする、みたいなことはなくて。その点、私はまだ運がよかったと思います。ただ、似たような女の子の悲惨なニュースを見た時はやっぱりすごく嫌な気持ちになりますね。自分がされたことの惨たらしさを、違う子の姿を介して思い知らされるというか。


二村:悔しいよね。痛みは癒えても、心の傷はずっと残るわけだから。


祥子さん:子どもの頃は傷とも思っていなかったんですけどね。それが、自分は性の楽しさや気持ちよさを味わってないって自覚した時に、私の中でつながっちゃったんです。昔あんなことをされたから、大人になっても快感を得られない身体になっちゃったのかな、って。そう思うと本当に悔しかったです。私は人生の大きな喜びのひとつを、あんな身勝手で最低な人間に奪われてしまったのか、と。誰もが分かる普通のことが分からないということも、自分は人として何かが欠落しているように思えましたし。


二村:まあ、誰もが気持ちよく楽しめているわけではないんだけどさ。でも、そう思っちゃいますよね。


祥子さん:だから彼と付き合って、気持ちいいとはどういうことか分かった時は、自分に欠けていたものがやっと埋まった気がしました。彼とはまだしばらく一緒にいるつもりだけど、私としてはいつ別れることになっても大丈夫。未練も後悔もないです。だってもう十分すぎるものを与えてもらいましたから。

 ***

――AVが痴漢のトリガーになっているのではないか、という議論がある。僕としては本当に困った話なのだが、しかし自分の加害行為によって女性のほうも気持ちよくなっているのだ、喜んでるのだと思い込んでる愚かな痴漢も実際にいる。高校生の祥子さんに痴漢を働いた男が「にやにやしていた」のも、そういう身勝手な幻想に囚われていたのだろう。


 痴漢は重大な犯罪だ。なのに痴漢逮捕のニュースが流れると決まって「女性の服装にも問題があった」とか、加害者を擁護するような意見が出るのは何故なのか。“痴漢されても仕方ない服装”って? 教えてほしい。


 痴漢のような、まだまだ社会で軽視されがちな性暴力によって、その後の人生で性を楽しめなくなってしまう女性がたくさんいることは世間にもっと知られるべきだし、その被害は女性だけにとどまるものではない。僕は、現実の痴漢に対しては男性こそもっと怒るべきだと思っている。


 身体以外は一切求めない、ある意味“健全な”不倫によって救いを得た祥子さん。だが救われたのは彼女だけではなかったようだ。次回は、かつては若い看護師との不倫を繰り返していたという祐二さんの変化にスポットを当てる。

〈次回につづく〉
二村ヒトシ(にむら・ひとし)
1964年生まれ。慶應義塾大学中退。本業はインターネットで検索してみてください。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』『あなたの恋がでてくる映画』、共著に『欲望会議』『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』『オトコのカラダはキモチいい』ほか。

構成・文/山崎恵


㊟凄いね。純情な筆者は女性を信じられなくなった。
 ところで、皆さんご存知ないでしょうが、日本の南の県で昔から言われている、男女間のある言葉があるんです。これも凄いですよ。


「浮気するなら亭主の兄弟とやれ。似た子が生まれるからバレない」

 です。これを教えられたのは50年以上前。「新宿育ち」歌手をスターにした芸能プロの社長が、嗤いながら耳うちしたんです。

 道理であの県民は皆似た顔をしていますね。身長の高さも目も、、、それにしても凄いですね。そんな凄い県はどの県だと思います?当てたら、あなたの明年は幸いっぱいです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

楽して天国目指すから失敗!!





楽して天国目指すから失敗する!!
トラブル続く「楽天」の綻び 楽天市場は出店者から不満噴出、楽天Payは障害つづき…
デイリー新潮12/2(月) 5:57配信

 3980円以上の買い物は送料無料、ただし負担はテナント側に――。楽天市場が導入しようとしているこんなサービスへの反発が原因で、10月中旬、「楽天ユニオン」が結成された。

つい最近も、楽天カードで一部サービスが使えなくなる不具合や、楽天Payが利用できない障害が2度発生。トラブルが続く楽天の綻びを、フリージャーナリストの角田裕育氏が取材した。

 ***
 ユニオンには現在、約400のテナント業者が参加している。代表の勝又勇輝氏が言う。


「送料無料の件以外にも、“扇情的な文言の禁止”などのルールに従わなければ最大で300万円もの罰金を求められ、退店させられる点なども問題視しています。当面の目標は、約4万5000のテナント業者のうちのおよそ4分の1、1万1000の署名を集めることです。送料無料は来年3月から始まるので、それまでには達成したい。また、独占禁止法違反で公正取引委員会に調査を求めました。集団訴訟も考えています」


 テナントに対して強く出る楽天の姿勢は、取り交わす契約にも見てとれて、


〈甲(楽天株式会社)は、必要と認めたときに、乙(出店企業)へ予告なく本規約および本規約に付随する規約の内容を変更することができる。〉


〈本規約または本規約に付随する規約の変更については(中略)乙が出店を継続した場合には、乙は新しい規約を承認したものとみなし、変更後の規約を適用する〉


 とある。わかりやすく言うと、楽天側の胸三寸で、テナント側との契約内容をいつでも一方的に変更することができる、ということだ。


「弁護士資格を持つ国会議員に相談したところ、『こんな酷い規約があるなら、自分なら提訴する。これは国政でも取り上げるべきだ』とアドバイスされました。政治家への陳情活動も行っていきます」(同・勝又氏)


 ユニオンの広報的な役回りを担う木村隆氏(仮名)も、志を同じくするひとりだ。


「ウチは配送料無料になっても、商品の販売価格を値上げすることで乗り越えることはできます。余所さんもそうかもしれませんが、楽天のやり方に怒りを覚え、ユニオンに参加しました。配送料無料を実現すれば、楽天ユニオン加盟者のうち8~9割ぐらいは楽天市場から脱退する構えです。そうなると楽天市場そのものも、いずれ立ち行かなくなるでしょう」


 現状、楽天はテナント結成について、「今後も出店者の個別のご意見に真摯に耳を傾け……」とメディアにコメントするのみ。ユニオン参加テナントへの制裁などは行われていないが、


「正直、店の売上の6割ぐらいは楽天に依存しています。楽天に取引を停止されるとなると痛い……」

スピード! スピード! スピード! 

 楽天の前身「エム・ディー・エム」が設立されたのは1997年の2月。その3カ月後には楽天市場はスタートしている。00年頃に参加していた元楽天テナント業者は、当時から“テナントいじめ”の風潮はあったと振り返る。


「ただ、いまのように社会問題化するほどではありませんでした。楽天が我々に強気に出るのは、ネット通販という特別な事情もあると思います。そこが“リアル空間”のテナントとの違いですね」


 スーパーやデパートとは異なり、顔を合わせることなくテナント契約は解除できる。空いた“土地”に次の店が入るかどうかという心配も、ネット通販であれば基本的にない。必然的に、テナントは楽天に対して立場は弱くなってしまうというわけだ。


 では、楽天の内側はどうなのだろう? 同じECサイトでも、Amazonについては、過酷な労働実態がメディアで報じられているが……。楽天の技術畑で働いていた元社員は、基本的には古巣に“好意的”だ。


「2010年に三木谷さん(浩史・会長兼社長)が打ち出した社内英語公用語化などは、社内外から批判されましたね。けれど、長期的には成功だったと思います。変な根回しなど日本的なやり方がなくなり、海外の情報も入りやすくなりましたから」


 ただ、こうした取り組みに振りまわされているフシもあるようで、


「昨年、『楽天モバイル』を設立し移動体通信事業者に参入したことで、新人は配属先に関係なく、基地局を増やす業務をさせられています。昨年末には1万7000人だった従業員数も、今年になって1万9000人と急激に増えました(9月時点)。

社員の人材管理を担うマネージャー職の負担が増えすぎ、逆にマネージャーが辞めていくという事態になっていると聞きます。また、社内英語公用語化によって、およそ5000人の外国人が働いています。私が楽天を辞めたのは、外国人従業員とのやりとりが下手で、力を発揮できないと感じたから。とにかく『スピード! スピード! スピード!』がモットーの会社なので変化が激しすぎる。短期間で違う会社みたいになってしまうんです……」(同・元社員)


 携帯電話や電気、ペイ事業もはじめるなど、イケイケドンドンの拡張路線で楽天は成長してきた。だが、スピードを求めすぎて弊害も起きつつある。何より会社の根幹である楽天市場には、テナントの不満がうずまいている。創業から22年が経過した現在、徐々に綻びが見えつつあるようだ。

角田裕育(すみだ・ひろゆき)
ジャーナリスト。兵庫県神戸市出身。北大阪合同労働組合青年部長、ミニコミ誌記者などを経てフリーに。著者に『セブン-イレブンの真実~鈴木敏文帝国の闇~』(日新報道)、『教育委員会の真実』(宝島社)。

週刊新潮 2019年12月2日 掲載


㊟楽天は発足間もなく、大きく注目される頃から「傲慢という声」はあった。それが積もり積もって今、一気に噴き出るのかも。抑えられ続けて来た市民の怒りは怖いぞ。24時間、365日ボディガードをどうぞ。


水谷くん、仲間の竹中部落、南部キムチ靖之の「パソナ」なら派遣ガードマンでお大丈夫かも。。、ただね。この二人は部落出の蛆キムチだから、どこかで裏切るかも。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12728)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR