FC2ブログ

2019-10

格安スマホ、通話料値下げへ 

格安スマホ、通話料値下げへ 総務省、価格競争促す
10/17(木) 18:35配信KYODO


 総務省は17日、格安スマートフォン事業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みをつくる方針を固めた。NTTドコモなど携帯電話大手3社が格安スマホ事業者に貸し出す通話の回線利用料に算定基準を設け、通話料金の値下げを促す。大手を含めた価格競争を活発化させ、携帯利用者の負担を軽減したい考えだ。


ドコモ、携帯端末に新割引 36回払い、3分の1免除も

 格安スマホ事業者は自前の通信設備を持っていない。通話サービスを提供するために大手から30秒当たり14円の回線利用料を支払っている。ドコモなどは時間制限のない定額プランがあるが、格安スマホは通話料を30秒20円に設定していることが多く、利用者にとって割高になっている。


㊟スマホ、やっと値下です。
スポンサーサイト



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

これが事実なら大事件!!





これが事実なら大事件!!
森友問題は左翼側の“破壊工作”だった? 籠池氏の長男が夕刊フジに真相激白! 「適法」認められた土地取引は大きく報じられず…
夕刊フジ2019.9.28
• 印刷

 学校法人「森友学園」をめぐる問題で、詐欺罪などで公判中の前理事長、籠池泰典被告(66)と妻の諄子被告(62)と断絶状態にあるのが長男の佳茂(よししげ)氏(39)だ。

「森友疑惑」は連日報じられ、国会でも追及されたが、事情を知る佳茂氏は、著書『籠池家を囲むこんな人たち』(青林堂)やSNSで、騒動の真相は「左翼側の破壊工作だった」と暴露する。疑惑の舞台裏や両親への思いについて、佳茂氏を直撃した。


 森友学園をめぐっては、国有地取引に絡む疑惑のほか、財務省の決裁文書書き換えも発覚した。公判で争われている補助金詐取以外にも、安倍昭恵首相夫人の「100万円寄付疑惑」や、学園が運営する幼稚園での教育勅語暗唱などが問題視された。

 野党や左派メディアは「疑惑はますます深まった」と連日追及を続け、籠池被告夫妻も政権批判に同調した。当初は足並みをそろえていた佳茂氏だが、次第に距離が生まれるようになった。

 著書では騒動の発端で起きていたことや、森友問題を追及する野党やメディアの舞台裏などが佳茂氏の視点から描かれている。

 今年7月の参院選では、JR秋葉原駅前での安倍晋三首相の最後の演説の場で、首相に批判的な主張を繰り返す泰典被告らを「目を覚ませ!恥さらし!」と佳茂氏が一喝。泰典被告も「裏切り者めが」と応酬した様子も生々しい。


アマゾンの売れ筋ランキング「日本の政治」カテゴリーで首位となり、すでに重版も決まったという。

 佳茂氏はツイッターなどSNSでも「籠池夫妻を囲む人達と闘って参りました」「森友騒動は、左翼側の破壊工作であることは事実です」との見解を示している。

 佳茂氏は夕刊フジの取材に、情報発信の動機をこう語った。

 「森友騒動が始まって2年半、もう総括できる段階にはあると思う。(国有地をめぐる)土地取引については、今年5月の判決で、値引きの根拠もあり適法だと認められたが、以前のように大きく報じられていないと感じた。土地取引に問題がないのであれば、森友騒動とは何だったのか、違う目線から総括する本はあってもいいんじゃないかと思った」

 佳茂氏は、著書を「両親にも読んでほしい」と語り、続ける。

 「(父の)教育に対する姿勢というのは、一定の評価をいただいていたと思う。教育方針に否定的だった人々に今は肯定的に思われているおかしな状況が続いている。その辺りを国民の皆様にも知ってほしい」

 佳茂氏は問題発覚当初の報道にも懐疑的だ。疑惑に関する最初の報道があった2017年2月9日の紙面について、「小学校が神道系で、昭恵夫人が名誉校長を務めたことなど、そういうアピールも含んだ記事だったというようにも感じる」と述べている。

 佳茂氏は「(森友問題を)違った角度で見てもらうためにも、未来志向型の石を投げたかった」と語る。流れを変える一冊となるのか。


㊟どうでもいいと済ますわけにもいかない。余計な出費だが読んで見よう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ソウルは火の海



ソウルは火の海…在韓米軍撤退で「第2次朝鮮戦争」勃発!? 中国の占領許したフィリピンの二の舞いも
夕刊フジ2019.10.17
• 印刷


 「在韓米軍の撤退問題」が現実味を帯びてきている。韓国には現在、陸軍約1万8500人、空軍約8000人、海軍・海兵隊合わせて約2000人が駐留している。

米朝関係の今後の動きや、駐留経費負担問題がこじれれば、米国が韓国から手を引く事態に陥る可能性も否定できない。

 日米情報当局関係者によると、文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生して以来、韓国から北朝鮮へ情報が漏れているという。政権周辺に、北朝鮮の支援者ないし内通者が数多く紛れ込んでいるとの見方もある。米韓同盟は機能停止しかねない瀬戸際だ。

 文大統領は「光復節」(8月15日)式典での演説で、「2032年にソウルと平壌(ピョンヤン)で共同オリンピック開催」「45年に平和統一」を訴えるなど、北朝鮮へのラブコールも尋常ではない。

 米軍が撤退したことで、自国の安全保障環境が大きく変化した国がある。フィリピンだ。南シナ海における中国とASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との対立・緊張関係を作り出した原因の1つが、フィリピンにあった世界最大級の在外米軍基地(スービック海軍基地・クラーク空軍基地)からの米軍撤退だった。

 1991年、フィリピン国内で反米感情が高まるなか、フィリピン上院は両基地の使用期限の延長を否決した。このとき、安全保障の専門家の多くが「フィリピンの戦略的位置からして、米軍が簡単に基地を返す(撤退)ことはない」とみていた。


 ところが、米国はフィリピンと再協議をすることもなく、翌年には米軍は撤退してしまった。

 その結果、「力の空白」につけ込むかのように、中国が南シナ海に進出してきた。中国は95年、フィリピンやベトナム、マレーシア、台湾も領有権を主張している南シナ海・南沙諸島のミスチーフ環礁を、軍事占領した。建造物を構築し、現在も占領を続けている。

 当然、フィリピンは中国に抗議したが、後の祭りで、南シナ海の拠点を、中国にみすみす奪われてしまったのである。

 この事態を、韓国に置き換えてみよう。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮にとって「目の上のたんこぶ」である在韓米軍がいなくなれば、韓国への侵攻は容易になる。北朝鮮は、朝鮮半島の「赤化統一」を諦めていない。祖父の金日成(キム・イルソン)主席、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の野望を実現する行動に出てくることも考えられる。

 そうなれば、韓国内の北朝鮮内通者も協力するだろう。北朝鮮に一気に攻め込まれてソウルは火の海と化す場合だってあり得る。第2次朝鮮戦争の勃発である。

 韓国軍は通常兵器では北朝鮮軍を上回るかもしれないが、緩み切った韓国軍(=兵器の整備不良や士気の低下など)が、北朝鮮軍の精鋭部隊と互角に戦うことができるか、甚だ疑問だ。

 ■濱口和久(はまぐち・かずひさ) 1968年、熊本県生まれ。防衛大学校材料物性工学科卒。陸上自衛隊、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学大学院特任教授・同大学防災教育研究センター長、一般財団法人防災教育推進協会常務理事などを務める。著書・共著に『戦国の城と59人の姫たち』(並木書房)、『日本版 民間防衛』(青林堂)など。



㊟どうでもイイ国だが、両国に戦火が飛び交うと我が国へ大量の亡命者(犯罪者を中心に)が不法入国する。その連中が不法滞在している蛆たちと手を組めば我が国の治安は滅茶苦茶に…警察では手に負えず、自衛隊出動も。
 

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

TOKIO・城島茂の妻、二股!!




TOKIO・城島茂の妻、関ジャニ∞丸山隆平との二股交際疑惑で”ジャニオタ”の可能性が急浮上!
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 先月、24歳年下のグラドル・菊池梨沙と近日中に結婚し菊池が妊娠4カ月であることを会見で報告したTOKIOのリーダー・城島茂だが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋/10月24日号)が菊池の過去の二股疑惑を報じている。

 城島と菊池は4年前から交際をスタートさせ、順調に愛を育んで来たと思われていたが、同誌によると、城島は自分が女性のいる店で飲み歩いているにもかかわらず、菊池を束縛すためにケンカが絶えなかったのだとか。

 城島のことで頭を悩ませていた菊池の心に取り入ったのは、なんと後輩である関ジャニ∞の丸山隆平だった模様。

 そして、2017年11月末、城島は自身が行きつけの飲食店で菊池と同席。その席に丸山を呼び出し、丸山には穏やかだった一方、菊池に対して丸山との浮気を問いただしたというのだ。

 丸山は菊池と城島のちょうど真ん中の世代。菊池にとっては良き相談相手だったに違いないが、どうやら、城島と菊池の“痴話ゲンカ”に巻き込まれてしまったようだが……。

「芸能界の女性タレントでジャニオタは多いが、なかなかジャニーズタレントに接近するのは難しい。にもかかわらず、城島のみならず丸山にも接近できたということは、ジャニーズタレントとの強力なネットワークがある知人がいると思われる。そして、そういうコネがあるジャニオタは最終的には自分の好きなジャニタレをゲットすべく、他のジャニタレとも関係を持つことはよくあること。菊池は城島が最終目標ではなく、ほかのジャニタレを狙っていたのでは」(芸能記者)

 かつて自殺したセクシー女優は櫻井翔以外の嵐のメンバー4人と男女の関係になっていたことを一部で報じられた。なかなかそこまでの強者はいないが、菊池にもそうなる要素があったのかもしれない。


㊟ジャニオタ女はジャニそっくり低能で下品な顔が多い。ま、似たもの夫婦?いや、似たもの同士。それより「城島が丸山を刺す殺す!!」事件が起きるのが楽しみ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「とくダネ!」、オネエ男を降板させなさい!!

「とくダネ!」、オネエ男を降板させなさい!!
古市氏、札幌開催検討のマラソンに珍案「地下高速」「12月開催」も小倉一蹴
デイリースポーツ 2019/10/17 10:19


 社会学者の古市憲寿氏が17日、フジテレビ系「とくダネ!」で、東京から札幌での開催が検討されている来年の東京五輪のマラソン・競歩について“珍案”を矢継ぎ早に提案するも、五輪通の小倉智昭に一蹴された。

 番組では、国際オリンピック委員会(IOC)が、東京五輪のマラソン・競歩のコースを東京から札幌に移すことを検討していると発表したことを特集。今夏行われたドーハの陸上の世界選手権で多くの選手が完走できなかったことなどが大きな理由とされているが、五輪通の小倉は「今、札幌でも7月末から8月は30度を超えますから」と指摘し「気温が高いのは分かってるじゃないですか。7月、8月に東京でやったら暑いに決まってる。その段階でこういう声が上がってないといけない。なんで今頃…」と嘆いた。

 これに、かねがねスポーツには興味がないことを公言している古市氏は

「ぼくはルームランナーでやればいいと前から言っている」とコメント。そして「それが無理ならマラソンだけ12月とかに出来ないんですかねえ」と珍案を提案。

更には

「あとは湾岸とかの地下の高速でやればいいんじゃないですか?太陽が当たらないところ。あとはビルの中とか…」と言うと、

山崎夕貴アナから「もう1年切ってるんですよ」とバッサリ。小倉も「古市君のアイデアはほとんど通用しませんけど」と切り捨てられていた。

㊟とくダネ!!さん、このキモイ古市オネエ憲寿を降板させなさい。芥川賞を私にハメられて受賞できなくなったら、小倉の同情からか出番を増やしている。好かれる顔じゃないだろうに。こいつが出る日は観ない。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

正次郎が唯一、「美人局」指摘した


正次郎が唯一、「美人局」指摘した
「道端アンジェリカ」の美人局疑惑 セレブキャラ崩壊で今後は
デイリー新潮10/15(火) 12:50配信


 いまや芸能人の家族が警察の厄介になったニュースは珍しくないものの、この事件はちょっと違う。セレブモデルの夫逮捕という恐喝事件は新聞テレビで盛んに報じられたが、実はその妻も任意の取り調べを受けており、夫婦揃って疑惑の目が向けられていたのだ。


 今月3日、警視庁は飲食店経営者で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者(37)を恐喝の疑いで逮捕した。妻がモデルの道端アンジェリカ(33)だったことで、事件は世間の耳目を集めたのだ。


 アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持つ彼女は、美人揃いで知られる「道端3姉妹」の三女。長女のカレン、次女ジェシカもモデルやタレントとして女性誌やテレビで活動している。


 美人姉妹が世界で有名になったのは、次女ジェシカと総資産60億円超えとされるF1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンとの交際だろう。彼女がレースを観戦すれば優勝することから、海外のマスコミで「勝利の女神」と持て囃された。渦中のアンジェリカと姉妹揃って観戦した8年前の日本GPでは、バトンが見事初優勝している。


 で、5年前にバトンと結婚した姉はわずか1年で破局するが、当のアンジェリカは2年前に結婚。1歳になった長男との仲睦まじい生活を、盛んにSNSで喧伝していたが、実は夫は強面で、事件を起こすような輩だったというワケなのだ。


 社会部デスクが言う。


「キム容疑者は、8月7日に道端さんの知人で会社役員の40代男性がいる東京・渋谷区内の職場に押しかけ、『おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる。ウソをついたら鉛筆で目を刺す』などと脅した挙句、自らの口座に35万円を振り込ませた疑いで逮捕されました。キム容疑者は容疑を否認し、『妻は関係ない』と供述しています」

〈男性と身体を密着〉

 そう夫は庇っても、道端自身も事件に関わっていたことは疑いようがない。

 捜査関係者が明かすには、


「そもそもの発端は、彼女が知人男性をキム容疑者が経営する代官山の会員制バーに誘い、個室で2人きりになったこと。しかもこの男性は彼女の元カレだった。その様子を店内にある防犯カメラで見た夫は、後から男性の所へ夫婦揃って押しかけ、録画した映像を証拠に飲食代名目で法外な値段を請求して恐喝したのです。つまり彼女は全ての現場に同席して事情を知る立場にあったわけです」


 一方の知人男性は“ハメられた”と訴えてもいるそうで、奇妙な三角関係が背後にあると睨んだ警察は彼女への事情聴取を行ったのだ。被害届は渋谷署に出されたが、後に外国人の粗暴犯を扱う本庁の組織犯罪対策2課が捜査を担っている。


 実際、事件が発覚してから2日後の今月5日、道端が所属事務所の公式サイトで発表したお詫び文では、

〈今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした〉


 と認めるに至ったが、この釈明に首を傾げるのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。


「人気商売の芸能人が、形に残る書面で夫とは違う男性と〈身体を密着させ飲酒していた〉と認めるのは異例です。これまで築きあげてきたセレブでママタレというイメージをかなぐり捨ててまで、彼女が踏み込んだ発言をしたのは、一部で囁かれている“美人局疑惑”を払拭するためとも言われています。あくまで身体を密着させていただけで、それ以上の関係や意図はなかったと主張したいのでは」


 警察は捜査を続けているが、今後の芸能活動への影響は避けられまい。


 一連の疑惑について道端の所属事務所へ尋ねると、

「そういった事実はないと聞いておりますので、コメントは差し控えさせて頂きます」

 と答えるのみ。


 かつて道端と仕事で接点のあった芸能レポーターの佐々木博之氏はこう話す。

「海外でセレブ姉妹と言われるヒルトン姉妹やカーダシアン姉妹はお金持ちたるバックグラウンドがありますが、道端姉妹はキャラクターだけで実際に会っても背伸びしていた印象は否めません。自分の夫が脅迫している場にいたのに止めもしないという時点で、普通の感覚を持つ人ではないことが明らかになりました。今後、テレビなどで活動することは難しいと思います」

 何よりも不憫なのは、幼い一人息子である。


㊟私は暴力とは縁遠い仕事ではあるが、物書きの端くれ、一発で「これは美人局」と断言、配信した。ジャーナリストの中で最初で唯一。恐らく、このキムチ人亭主の店は閑古鳥なのだろう。生活費が欲しかった夫婦で仕組んだのだ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

悪徳で31億円集めた女!!

悪徳商法で31億円集めた女!!
消費者庁が社名公表「LED高速通信」 悪徳商法で31億円集めた女性実業家
デイリー新潮10/16(水) 5:56配信

 その女性実業家の自宅は、東京・有明のタワーマンションにある。日本人の彼女は、中国の漢方薬メーカー日本法人の役員を務める傍ら、仮想通貨事業も手掛けているという。そんな彼女が、2年前まで社長を務めていた企業がこの度“悪徳企業”と名指しされたのだった。

 消費者庁は9月27日、東京・丸の内に本社を置く「LED高速通信」(LED社)への投資やセミナーの参加を注意喚起した。消費者庁消費者政策課財産被害対策室の担当者によれば、


「2017年4月から約2年で、LED社への苦情や相談が全国の消費生活センターに64件寄せられました。調査した結果、事業の内容に実態がないと判断し、これ以上、被害者を増やさないためにも社名公表に踏み切りました」


 16年設立のLED社の主な事業は、通信や照明機器の販売など。HP上で会長と社長は男性になっているものの、登記簿上は冒頭の女性実業家も代表取締役に名を連ねている。


 対策室の担当者が問題の手口を明かす。


「LED社は各地でセミナーを開き、LEDの光を1秒間に10億回点滅させることで、電波を使わない無線通信が可能になったとし、その通信機器を開発して特許を取得したと説明していたのです」


 LED社は通信機器32万4千円と加盟店協力金21万6千円の計54万円を1口とし、1次募集では利益の10%を按分すると約束。約3年間でおよそ5300人から31億円以上を集めたという。


 対策室の担当者が続ける。


「我々の調査では、通信機器自体が製造された事実はありませんし、特許も取得していません。今後も調査を継続しますが、情報提供を行うなど警察当局とは連携しています」


 なぜ、人は騙されるのか。


「あの会社の事実上のオーナーは、有明在住の女性実業家だと聞いています」


 こう語るのは、かつてマルチまがい商法を手がけていた人物だ。

「物が介在する詐欺はその時代に人々が関心を抱く商品を選びます。バブル期は日焼けマシーンなど大きくて豪華な物が使われ、健康志向が高まり始めた90年代はサプリメントや水素水が主流でした。2000年代はエコやネット通信というキーワードに注目が集まっている。そこで今回のケースは、最先端のLEDを選んだのでしょう」


 LED社は“担当者が会社にいない”と繰り返すばかりで、女性実業家の自宅も不在だったが、全国でセミナーの開催を続けているので、ご用心を。


㊟こういうヤツは重刑にすべき。それにしても悔しいほど頭がいいな。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

やはり抗争が活発化!!


やはり抗争が活発化!!
山口組抗争の不安が的中…群馬・傘下の暴力団事務所に「火炎瓶」の衝撃映像
デイリー新潮10/17(木) 5:57配信

 街中で火炎瓶が炸裂して火の手が上がる。香港でお馴染みの光景が、北関東の地方都市で展開された。しかも、襲われたのは指定暴力団傘下の組事務所。本誌(「週刊新潮」)はその一部始終を記録した防犯カメラ映像を入手したが、斯様(かよう)な事件は今後も各地で起こる危険性が高いという。

 まずは掲載の写真をご覧いただきたい。閑静な住宅街を通る市道に、突如として現れた1台のバイクが、迷うことなくターゲットに定めた建物の前に停車した。直後、バイクに跨(またが)った人物の右手からは、建物へと火炎瓶が勢いよく投げつけられ、パッと閃光が走ったかと思うや、周囲は一瞬で火の海と化した。

 驚くべきは犯行に及んだこの人物。まったく怯む素振りをみせないどころか、バイクの前カゴに手を伸ばし、火炎瓶をもう1本、さらに1本と間髪を入れず計3本も投げつけたのである。ここまでにかかった時間は僅か20秒ほど。再び件のバイクは、一目散に走り去り闇に紛れてしまったのだ。


 この衝撃映像が撮られたのは、今月4日午前4時頃のこと。現場は群馬県太田市にある「6代目山口組」傘下の暴力団事務所だった。

 社会部記者によれば、

「事務所関係者の110番を受け、すぐさま所轄の太田署員が駆け付けました。襲撃を受けた建物の外壁は一部が黒く焼け焦げ、ポストにあった新聞も燃えていた。付近には布が押し込まれた瓶の口や破片が散らばっており、県警は何者かが火炎瓶のようなものを投げつけたとみて捜査を始めると同時に、周辺の警戒警備を強化しています」

 太田市といえば自動車産業が盛んな街で、現場近くにはSUBARU(スバル)の矢島工場がある。約3千人の従業員が働いており、敷地内の国内外から見学者を受け入れる展示施設が人気を博す。

近所に潜む「火薬庫」

 人通りの多い昼間に火炎瓶が投げられていたら、住民はもちろん市外から訪れた一般市民までもが火の海に包まれて、巻き添えを食っていたかもしれない。


 本誌は10月10日号で、このような暴力団の抗争が起こる可能性のある要警戒地域を、ハザードマップの形で紹介した。


 あなたの近所に潜む「火薬庫」を明示して、日常生活への警鐘を鳴らすものだったが、実は今回の事件現場となった太田市も危険エリアに含まれており、住民の不安が的中してしまった格好である。


 いったい誰がこのような暴挙を企てたのか。ひとつは今回の事件が起きたタイミングである。


 最大の要因は、今月18日にも府中刑務所から「6代目山口組」ナンバー2の高山清司若頭が出所することが挙げられる。


 ことの発端は4年前に遡る。日本最大の指定暴力団「山口組」が、「6代目山口組」と「神戸山口組」に分裂し、さらに2017年には「神戸山口組」を割って出た幹部らによって「任侠山口組」が結成され、全国で抗争が繰り広げられてきた。そこに今回、“大物中の大物”が出所することによって、一気に緊張が高まっているという。


 犯人が逮捕されていないので明確な関連性は定かではないものの、ここ2カ月の間に、全国各地で“三つの山口組”に絡んでの銃撃事件が幾つも起こっている。


 直近では、9月29日に今回の現場となった群馬の隣県である埼玉は飯能市で、暴力団幹部と間違えられたとされる一般人が住宅街の路上で撃たれて重傷を負っている。


 暴力団に詳しいジャーナリストはこうも言う。


「火炎瓶を投げつけられた群馬の暴力団は、山口組の分裂後は、6代目傘下にいましたが、18年に神戸山口組側に移籍、今年になって再び6代目側に移籍したという事情を抱えています。そうした経緯が遺恨を生み抗争の原因になる一方、この組は地元の半グレ組織とも対立していた。火炎瓶を使った荒っぽい手口から、そちらの犯行ではないかとする見方もあり、今後も同様の事態が起こる可能性は充分にあります」

 すでに当局は全国で臨戦態勢を敷いているといい、まだまだ油断は禁物である。


㊟本当に全国の繁華街や組事務所周辺は危険です。引っ越せれば一番だか無理なら夜間は絶対歩かない事。学校に通う子供がいるなら当分、親しい人の家に避難を。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (307)
ニュースの深層 (12733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR