FC2ブログ

2019-10

《三田佳子次男”脅迫劇”

《三田佳子次男また逮捕》”脅迫劇”は元乃木坂46内妻との「壮大な痴話げんか」説
「週刊文春デジタル」編集部
2019/10/18 21:00


 10月17日、女優・三田佳子(78)の次男で元俳優の高橋祐也容疑者(39)が脅迫容疑で警視庁渋谷署に逮捕された。内縁の妻である元乃木坂46のメンバー・大和里菜(24)に対し、LINEを通じて「お前の親父を殺してやりたい」などと数回メッセージを送るなどして脅迫したと見られている。本人は「脅すつもりはなかった」と否認しているという。

 高橋は1年ぶり 5度目の逮捕となる 。大和とはこれまで少なくとも3度目の警察沙汰になっており、そのうち2度は高橋が逮捕されている。2人を知る友人は「週刊文春デジタル」の取材に大きく溜息をつき、こう話した。

「正直どっちもどっちですよ、これは皆をまきこんだ壮大な痴話げんか」
 
 高橋といえば、昨年9月に覚せい剤取締法違反で逮捕されたばかり。12月には東京地裁で懲役2年6カ月、保護観察付きの執行猶予判決を受けている。

「前回の逮捕も、焼肉店で大和と大喧嘩をしてケータイを壊したことが 発端 でした。大和が助けを求めて駆け付けた警察が、高橋の挙動不審な様子からシャブの使用を察知したのです。大和とは2017年にも大喧嘩をして暴行におよび警察沙汰になっている。そのときは150万円を支払って示談している。大和とは別れてはくっつくの繰り返し。そのたびにお金も使って、お互い何をやっているんだか……」(同前)

 実は大和は先月、高橋との子供を出産したばかりだ。小誌が入手した写真では、2人は子供を授かって幸せそうに見えるのだが、すでに関係は壊れかけていたという。話は昨年の逮捕までさかのぼる。

「逮捕後、祐也は沖縄県の更生施設で 療養 しつつ、裁判や元妻との離婚の関係もあって頻繁に東京に戻っていた。その間に出来たのが、今度生まれた赤ちゃんです。とはいえ、大和は祐也にゾッコンというわけでもなく、妊娠が発覚するまでアイドル仲間と ギャラ飲みをしたり 、会員制のクラブで働いていたりした。一方で、祐也は何も知らずに大和と籍を入れる気満々で、自身の執行猶予判決の後も、更生のために沖縄にとどまり、治療プログラムを受けていました」(同前)
 
 高橋は今年2月21日、ツイッターで大和との結婚を宣言している。
《流れ流れて、前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。直ぐ離婚しないでね。色々頑張るからさ。よく考えたら彼女気合い入ってる。笑笑 どうした?なにを間違えた?》

最後まで大和は入籍を拒否していた
 前出の友人が続ける。
「今年の夏前、祐也は沖縄の施設から東京に戻り、2人は実家そばのマンションを借りました。ですが、祐也が経営していたバーは赤字で生活もままならず、結局、頼りにしたのは三田家からの小遣いでした。

 しかし、『母親が甘やかしてきたからだ』という世間からのバッシングに疲れたのか、さすがに三田さんも今回はお金を出すのを躊躇していて、1日1万円弱くらいしか出していない。それでは贅沢三昧の2人には足りなかったわけです。祐也は相変わらず酒癖も悪く、大和は身重で妹の家によく避難していたりした。

 結局、最後まで大和は籍を入れるのを拒みました。周囲には『セレブは結婚しなくていい』と強がっていましたが、内心不安だったようで、子供が産まれると実家の仙台に帰ってしまいました」

「今回は子供を諦めなさい」と言っていた父親だが……

 そもそも結婚、出産に互いの両親は大反対していた。4月、大和の父親は「週刊文春デジタル」の取材に こう話していた 。

「娘に言っているのは、『今回は子供を諦めなさい』ということです。それが聞けないのであれば、もう実家に戻って来ることはできない。実家で子供を産むことはない、と本人には伝えています」

 それでも父親は娘を見捨てなかった。大和を説得し、仙台にとどまることを勧めた。祐也が大和に送った「お前の親父を殺してやりたい」というLINEは、大和をかくまう父親に対しての恨み節だったという。
(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春)

㊟こんな不細工でハゲ、しかも短足で包茎顔と関係持つ女がバカ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

大資産家のあなた、参考に!!


大資産家のあなた、参考に!!
推定300億円!? 故ジャニーさんの莫大な相続財産。遺言や節税対策なしだといくら払うことになる?
ハーバー・ビジネス・オンライン 2019/10/18 08:31


197億円に上る!? 故ジャニー喜多川氏の相続税

 日本を代表するアイドル事務所こと、ジャニーズ事務所。オーナーだったジャニー喜多川氏は2019年7月9日(87歳)に、都内の病院にてくも膜下が原因で逝去した。日本の老若男女を悲しみの一色で塗り染めた瞬間だった。

 そんな中、ジャニー喜多川氏の財産額の話が聞こえてきた。「ジャニーさんは、100億の財産を持っていた」「違う、300億だ」と。諸説飛び交っていたが、仮に300億円だった場合、相続税額は197億円。相続税の申告期限(相続開始から10か月)までに、原則として現金で一括納付しなければならない。相続人の相続税の納付はどうなるのかが気になるところだ。

 辻・本郷税理士法人の相続部にて、税理士として活躍中の井口麻里子さんにお話を伺った。

姪のジュリーさんが直接相続すれば56億円の節税だが……

 「ジャニーさんが節税対策を検討していたとしたら、遺言を書いて、姪のジュリーさんに大半の財産を渡すよう手配していたと思います。というのも、ジャニーさんの姉であるメリーさんが相続してから、メリーさんの娘のジュリーさんが相続すると、56億円の損失になるからです。普通は対策をするはず……」

 56億円の損失? これには相続税の次のような仕組みが関係している。

 遺言がない場合、相続が発生した際に誰が財産を相続できるかは民法で決まっている。財産を相続できる人を、「法定相続人」という。亡くなった人の配偶者(妻、夫)は必ず法定相続人となる。これ以外の相続人は、次の順番で決まる。

第一位:子ども(子どもがすでに死亡している場合は孫、ひ孫などの直系卑属)
第二位:父母(父母がすでに死亡している場合は、祖父母などの直系尊属)
第三位:兄弟姉妹(兄弟姉妹が既に死亡している場合は、その子ども)

 ジャニーさんは3人兄弟の末っ子として、1931年の10月23日に生まれた。ジャニーさんは一度も結婚しておらず、今のところ隠し子は出てきていない。両親や兄は既に他界している。

 ジャニーさんが遺言を残しておらず、兄に子供がいないとすると、法定相続人の順位によって財産を受け継ぐことになるのは、自動的に姉であるメリーさんになる。この時、メリーさんが負担する相続税は、197億円。亡くなった人の配偶者と一親等内血族(養親・養子を含む親または子)以外の人が財産を取得する場合、相続税が2割増しになる「2割加算」という制度があるため、負担がより一層重くなるのだ。

 メリー氏は、1926年12月26日生まれで現在92歳。ジャニーさんの唯一の相続人であるメリーさんには、娘が1人いる。ジュリー喜多川副社長だ。 ジャニーさんの財産はメリーさんに渡り、いずれジュリーさんに渡る。

 メリーさんは高齢のため、そう遠くない将来相続が発生するのは必然だ。勿論、その時にも相続税は発生する。メリーさんの財産を、単純にジャニーさんから受け継いだ103億円(300億円-相続税197億円)だけだと仮定すると、ジュリーさんはこのとき56億円の相続税を負担することになる。せっかくの300億円も、たちまち47億円(300億円-相続税197億円-相続税56億円)になってしまうのだ。(メリーさんがジャニーさんに相次いで亡くなった場合には、一定の軽減制度あり)

 ジャニーさんが、「全財産をジュリーに」と遺言を書いていたとすれば、メリーさんの相続時に払う56億円をそっくり省いて、(300億円−197億円=)103億円がジュリーさんの手許に残る。ジュリーさんが全財産を取得した場合も、メリーさんと同じく相続税が2割増しになるため、払う相続税はメリーさんと同じ197億円。メリーさんを飛ばすことで、その197億円一回きりで済むのだ。

 税理士の井口さんは話す。

「ジャニーズ帝国と言われるほど、大きな芸能事務所を築いた人。この仕組みについてもアドバイスしてくれる人はいたと思うし、急死ではなかったのだから、相続税の節税に対する準備もできたはず。もし遺言を書いていないとしたら、自ら税金を納める道を選んだとしか思えない」

非上場のジャニーズ事務所だが、業績が好調のため、株式の価値は高い

 資本金1000万円で作られたジャニーズ事務所だが、実は上場はしていない。芸能事務所が上場していること自体が稀であるのだ。

 上場していることで代表的な会社は、アミューズやエイベックス・エンタテイメント。だが、ジャニーズ事務所の売上はこれらの上場企業と引けをとらない。

 週刊新潮がジャニーズ事務所の売上を、2004~06年にジャニーズ事務所とグループ企業が税務申告した額から推定したことがある。申告した法人所得は約153億円であり、少なくとも700億円の売り上げがあるとのことだ。

 その後の15年間、嵐の活躍やking & princeら若手の台頭があり、売り上げは大きく伸びており、今や1000億円を超えているだろう。1000億円というと、永谷園ホールディングスや不二家、USEN-NEXT HOLDINGSなどを想像していただければいいだろう。

 非上場会社の場合、後継者は、経営者の地位だけではなく会社を運営するのに必要な割合の自社株を取得する必要がある。ジャニーさんの相続財産の中で、株式会社ジャニーズ事務所の株式は、相当のボリュームを占めていると予想される。

非上場株式ならではのジレンマ

「税金はかかるけど、売上1000億円企業の株式を60%受け取れるならいいじゃん!大儲け!」と思うが、「納税」と「経営」の側面でジレンマがあると井口税理士は話す。

 業績が右肩上がりの企業ほど、その自社株の評価額は高まり、相続税の負担も大きくなる。後継者が相続税の納税ができずに、事業の承継に支障を来すことも多いとのこと。

 相続税は相続開始から10か月以内に「現金で一括納付」が原則だ。ところが非上場会社の株式は、その評価額がいくら高くても、上場会社の株式のように、市場で売却して簡単に現金化できるものではない。

 非上場会社の場合、株主は家族や親族などの身内であることがほとんどである。株式の評価額が100億円で、それに対する相続税が66億円だとしても、その株式を買ってくれる身内がいない限り、納税できない。

 仮に買い取ってくれる身内がいたとしても、非上場会社の後継者としては、会社経営上は自社株の大半を所有しておかなければならないジレンマもあり、現金が欲しいためだけにたとえ身内といえども株式を手放すことはできない。

 財産額300億円と言われても、非上場会社の株式のように、現金化しづらい財産が大半を占めていると、10か月以内に現金で一括納付、これが困難となるのだ。

「ジャニーズ事務所は、非上場会社の中でも『大会社』という種類に分類されます。大会社の株価引き下げ対策としては、配当金を少なくする、多額の退職金などを支給して利益を小さくする、含み損を抱えた土地や株式などを売却して簿価純資産を小さくする、といった方法が考えられます。

 ジャニーズ事務所がこれらの株価引き下げ対策を行ったかどうかは不明です。ジャニーさんはご自身の所得税の節税にもあまり興味がなかったという噂ですから、もしかしたらそういうことは一切なさらなかったかも知れませんね。アメリカ生まれのジャニーさんには、儲けたお金は寄付をする、という精神が根付いていたのかもしれません。

 ジャニーズジュニアなどの若手育成のため、奨学金のような形でお金をあげたい、とおっしゃっていたとも聞きます。給与なのか育成費なのか、名目は何であれ、経費としてたくさんの人にお金を支給すれば、自然と会社の利益は小さくなります。亡くなる前にそのようなことをすれば、自然と株価引き下げの方向に働いたと言えるでしょう」

「You、納めるものはパッと払っちゃいなよ」!?

 ジャニーさんが生まれたのは、昭和6年の1931年。アメリカで生まれた日系2世だ。1952年には、アメリカ兵として朝鮮戦争に徴兵された。およそ1年の兵役後、日本のアメリカ大使館に勤務した。大使として勤めつつ、子どもたちを集め少年野球チームを作った。この少年野球チームこそ、ジャニーズ事務所が生まれるキッカケとなのだった。

 ある日少年野球チームのメンバーと偶然見た映画に感動をし、作る側に回りたいと考えたジャニーさん。1962年にジャニーズを作り、1965年に事務所として独立。常にクリエイティブに富んでおり、ダイヤの原石を見つける能力やプロデュース力が発揮され、帝王と言われるまで芸能界を上り詰めていった。

 亡くなっておよそ2ヶ月後の2019年9月4日、東京ドームにてジャニーさんのお別れ会が行われた。午前中は「関係者の部」として、現役の所属タレントと元所属タレントたちジャニーさんの”子どもたち”が参列をし、最後の別れを偲んだ。

 元少年隊の東山紀之さんがナレーションを務め、”子どもたち”とジャニーさんが写った写真が流された。次にジャニーさんに対する感謝の意を込めた映像が流され、最後にマッチこと近藤正彦さんが感謝の言葉を述べた。

 ”子どもたち”から愛されていた、ジャニーさん。懐の深さについて、ジャニーさんの話をいくつも聞く。ジャニーズ事務所の相続について調べるほど、「You、納めるものはパッと払っちゃいなよ」と思っていたのだろうかとひしひしと感じる。
<取材協力/井口麻里子>
税理士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士
<取材・文/板垣聡旨>
【板垣聡旨】
学生時代から取材活動を行い、ライター歴は5年目に突入。新卒1年目でフリーランスのライターをしている24歳。ミレニアル世代の社会問題に興味を持ち、新興メディアからオールドメディアといった幅広い媒体に、記事の寄稿・取材協力を行っている。

㊟この記事、ジャニーとメリーを持ち上げ過ぎ。ジャニーは大使などではなく、単なる通訳ですよ。

私が学生時代下宿した渋谷区代々木八幡、、、この近辺の少年たちが代々木公園で野球していたのです。その少年たちを誑かして「ジャニーズ」を結成。


彼らはまだ小学生だった。下半身に毛も生えていない少年たと一種に風呂にに入り、連日、彼らの性器を弄ぶ性的虐待。。。大人気になって稼ぎに稼いだが人気が落ちると、退職金も無く、預金も無いまま放り出されたのだ。葵輝彦クン以外、覚醒剤で消えて“逝った”。。。今も東京や大阪で売り専害バーで働く元ジャニタレがいます。。。。少年たちをこんな風にしたメリーとジャニーは絶対許せん。


 もし、遺言でジャニーの最後の愛人、滝沢秀明に数十億円も譲る、なんてあったら揉めるね。中居も随分愛されまくったし…辞めた田原俊彦、大沢樹生も堂本剛も、、、あれもこれも怒り狂うんじゃないかな。殺し合いでもしてくれれば面白いんだが。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

必要ない芸人フジモンもお払い箱!?

必要ない芸人フジモンもお払い箱!?
木下優樹菜の恫喝DM騒動で夫・フジモンも廃業危機! 関係者は「若手にシフトするきっかけに」
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 実姉が働いていたタピオカ店のオーナー側とトラブルになっている木下優樹菜。インスタグラムのダイレクトメッセージで恫喝とも取れる内容を送っていたことが発覚し、謝罪するに至った。

「双方の言い分は食い違っており、どちらが正しいのかは、本人たちのみぞ知るという状況。しかし、仮に木下サイドが悪くなかったとしても、中年女性をバカにするようなメッセージを送ってしまったことは、完全にアウト。イメージの悪化が免れず、今後の仕事に多大な影響を及ぼすでしょう。この騒動をきっかけに、オファーを取り下げるや番組は少なくないと思います」(テレビ局関係者)

 その一方で、主にバラエティー番組の“ガヤ”として活躍する木下の夫・FUJIWARA藤本敏史にも影響が出そうだ。ある構成作家は、こう話す。

「フジモンさんにとっては、“木下優樹菜の夫”ということが、大きなイジりネタになっている。今回の恫喝騒動についても、共演する芸人たちが、あえてイジるという構成はなくはない。しかし、制作サイドとしては、木下さんが所属する事務所への配慮もあるだろうから、それをオンエアできないと判断するでしょう。そうなると、編集するのも手間がかかるし、トラブルの原因にもなるかもしれないということで、“面倒くさいから、フジモンにオファーするのはやめよう”とスタッフは判断する。間違いなく、フジモンさんも仕事が激減するのは間違いない」

 近頃は“お笑い第7世代”と呼ばれる若手芸人が台頭しており、世代交代の空気が流れている。そんな状況がさらに藤本を追い詰めていく。

「フジモンさんは、芸歴はすでに30年にもなりますが、番組的にはひな壇ゲスト出演ばかりで若手芸人と同等の扱い。ギャラ単価も圧倒的に安いうえ、スケジュールも空きが多く、制作サイドとしても比較的“使いやすい芸人”でした。

 ただし、潜在視聴率がほとんど無いに等しく、将来的に爆発的に売れていく可能性もない。制作側としてはどうせなら第7世代を積極的に起用して、スターを育てたいという思いが優先する。そういう意味では、今回の木下さんの恫喝DM騒動は“いいきっかけ”になる。これまでは安定感を期待してフジモンさんを起用していた番組も、フジモンさんを外す理由ができたので思い切って若手にシフトできるということです」(同)

 ひな壇芸人としての評価は決して低くはない藤本だが、まさかの妻のトラブルによって、芸人廃業の危機に陥るとは……。お笑い第7世代の芸人たちは、内心ほくそ笑んでいる?
最終更新:2019/10/16 22:00


㊟芸能人や芸人なんてのは哀れなものです。特にフジモンなんか芸も無いし…ブス娘を生ませただけ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

“偽物”“だらけで一週間で公開停止!!


“偽物”“だらけで一週間で公開停止!!

大金を投じた大学博物館が「ニセモノ」だらけ?オープンから1週間で公開停止に―中国
Record China / 2019年10月17日 20時50分


中国メディア・央視新聞の16日付の記事によると、中国のSNS上で「重慶大学は670万元(約1億円)を投じて“ニセモノ博物館”を作った」と指摘する文章が掲載され、波紋を呼んでいる。


今月7日、重慶大学は創立90周年を記念して、虎渓キャンパス内に「重慶大学博物館」をオープンした。館内にはかつて同大学で教鞭を執った呉応騎(ウー・インチー)教授によって寄贈された、玉器や青銅器、陶磁器などを含む300点あまりの展示品が収められたという。


しかし、オープン後に同館を見学した「江上」と名乗る人物は、微信(WeChat)のアカウント「江上説収蔵」で、館内の一部の展示品の写真を掲載し「偽物である」と指摘。同氏が投稿した文章はネット上で広く注目を集め、博物館は15日に一般公開を停止する事態となった。


これを受け、中国メディアの新華毎日電訊は「江上」を取材。20年来の文物コレクターを自称する同氏は、「博物館を見学中に、学生らが『この展示品はすごい』などと感嘆しているのを見て、こんな風に学生を害してはならないと思った」「文章を書いたことには何の他意もない。ただ、自分の良心に従って本当のことを言おうとしただけ」などと語ったという。


記事によると、重慶大学は15日午後に声明を発表。「この件を重く受けとめ、専門チームを組織して調査を行っている」などとした。また、今回の件については中国のネット上で、寄贈人である呉教授の息子が同博物館の館長に就任していることが取り沙汰されたが、呉教授の娘は「父はこれまで決してコネを利用したことなどない」「兄(館長)はこれまで重慶大学に十数年間にわたって勤めており、素質に問題はない。この点に関してわれわれには人に恥じるところなどない」などとコメントし、騒動との関連を否定しているという。(翻訳・編集/岩谷)


㊟ゴキ醜国は普通?の国じゃないが、ここまでヒドイとは。。。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

「中國マネーに屈した」と炎上!!

「中國マネーに屈した」と炎上!!

NBAスター選手、香港デモ問題巡り「中国マネーに屈した」と炎上
読売新聞 / 2019年10月17日 19時41分


 【北京=田川理恵】米プロバスケットボール協会(NBA)の人気チーム経営幹部が香港で続く抗議デモへの支持を表明したとして中国から反発を受けている問題で、NBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ選手(34)がこの幹部を批判した。中国政府を擁護しているとして、米国や香港で非難の声が上がっている。

 レイカーズのジェームズ選手は14日、「香港とともに立ち上がろう」とツイッターに投稿した経営幹部について報道陣から取材を受けた。「表現の自由はもちろんあるが」と前置きした上で、「状況を正しく把握しないまま発言した。何を言うか、するかには気を付けるべきだ」と述べた。

 これに対し、インターネット上では「中国マネーに屈した」などといった否定的な投稿が殺到したほか、香港ではデモ参加者がジェームズ選手のレプリカユニホームに火を付けて抗議する事態となった。ジェームズ選手は自身のツイッターで「(経営幹部の)投稿がもたらす結果について配慮がなかったと思うだけ。中身についてコメントしたわけではない」と釈明している。


㊟他国の政治的動きに干渉しないことです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

慶應男子採用は危険!!



慶應男子採用は危険!!
慶應大で相次ぐ性被害 アメフト部の盗撮疑惑にミスコンの集団強姦とセクハラ
• ウェジー2019.10.16

 慶応大学アメリカンフットボール部「慶應ユニコーンズ」は15日、無期限の活動自粛を発表した。

 公式サイトの発表によると、慶應大学側は<部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められた>と説明。その上で“不適切な行為”については、<教育的観点およびプライバシー保護の観点から、詳細は公表いたしかねます>としていた。

 しかし16日、日刊スポーツは<慶大アメフト男子部員不祥事 女子部員の風呂を盗撮>との見出しで騒動を伝え、<関係者によると8月に夏合宿で男子部員複数が女性部員の風呂を盗撮した>と詳報した。

 似たような事件は2012年にもあった。早稲田大学アメリカンフットボール部「ビッグベアーズ」の合宿中に、部員50名が女性浴場を覗くなどして試合の出場停止処分を受けたのだ。慶應大と早稲田大のアメフト部はいずれも強豪チーム。言語道断の不適切行為であることは間違いない。

 慶應大学側が本件の詳細をアナウンスしないことについて、被害者のプライバシーに配慮しているのではないかと見る向きもあるが、慶應大に限ってそれはどうだろうか。慶應大では2016年にミスコンテストを中止しているが、その背景にあったミスコン運営団体の集団強姦事件についてはだんまりを決め込んでいた。

2016年のミスコン中止と集団強姦事件に「慶應大の闇」

 2016年10月4日、慶應大は同年の学園祭で予定されていた「ミス慶応コンテンスト2016」の中止を発表。慶應大側は理由について、ミスコンの運営母体「広告学研究会」で未成年飲酒が認められ、同団体に解散を命じたためとしていた。

 しかし10月13日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、「広告学研究会」が9月に神奈川県葉山町で行った合宿において、当時未成年だった女子学生に対する集団強姦があったことを報道。女子学生は、男子学生6人からテキーラの飲酒を強要されたり、泥酔状態となったところで性的暴行を受けたりといった被害の実態を告発した。犯人たちは強姦の様子をスマートフォンで撮影までしていたという。

朝日新聞夕刊が追随する形で、<男子学生数名が10代の女子学生に集団で性的暴行を加えた疑いがあるとして神奈川県警が捜査を進めている>と詳細を伝えた。

 慶應大側は女子学生から被害相談を受けていたことも明らかとなり、集団強姦事件の隠蔽疑惑も浮上した。「週刊新潮」発売の直前に慶應大は<「広告学研究会」の解散命令に関わる一部報道について>と題した告示文を発表、<報道されているような事件性を確認するには至りませんでした><一部報道されているような情報の「隠蔽」の意図も事実もありません>と疑惑を否定し、問題はあくまでも未成年飲酒、飲酒強要の危険行為などにあったとした。

 被害にあった女子学生は警察に被害届を提出。同年11月に慶應大学は男子学生6人のうち4人について3人を無期停学処分、1人をけん責処分とした。

セクハラ不祥事で「ミス慶應コンテスト2019」も中止に

 集団強姦事件を受けて一時中止となった慶應大のミスコンだが、翌2017年には有志団体の運営によって復活を遂げている。しかし2つの団体がそれぞれ開催しようとしていた今年度のミスコンのうち片方が、またもセクハラ不祥事の発覚をきっかけに開催中止が決定した。

 発端は、9月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に寄せられた「ミス慶應コンテスト2019」のファイナリストの濱松明日香さんの友人による告発だった。濱松さんは運営員会のプロデューサーをつとめる40代男性A氏に食事に誘われ、その後行ったクラブのVIPルームで尻を触られる、キスをされそうになるなどのセクハラ行為を受けたという。

 同誌が運営団体に事実確認を求めると、ミスコンの運営委員長をつとめる慶應大2年の学生から「セクハラの事実はない」との抗議文が届き、濱松さんの直筆による「セクハラ行為は一切受けておりません」という陳述書が添えられていたそうだが、後に濱松さんは「陳述書は脅されて書かされた」と主張。運営団体によるセクハラ隠蔽が疑われていた。

 一連の騒動から、運営側は10月13日に「ミス慶應コンテスト2019」に中止を正式に発表。その理由について「候補者の過半数から辞退の意向を正式に頂いた」ためとしているが、この直後の16日に公開された文春オンラインの記事において、濱松さんは<セクハラ告発後、運営委員長と話し合うこともありましたが、先方からセクハラに対する謝罪はなく、それどころか、他のファイナリストに精神的な苦痛を与えたとして、私に謝罪しろというのです>と抗議している。

 塾生たちの逸脱した倫理観からくる不祥事が続く慶應大。大学側にも説明責任があるのではないだろうか。

㊟田中真紀子人気で総理になれた男も、慶応“裏入”2年の時、湘南海岸で同級生女子を強姦!逮捕され、父親(防衛庁長官)の力と示談金で釈放後、世田谷松沢病院(精神病院)に隔離されていた。数か月後、父親の意向で、ロンドンへ逃亡。


湘南で逮捕された時「オレは防衛庁長官の息子だ!」と大声で叫んで抵抗したため、あっと言う間に選挙区の横須賀に強姦の噂が広まってしまっていたから。これを本人は「ロンドン大学留学」と詐称。

私に調べられ「経歴詐称だ」と書かれ、現在は経歴から外している。ですから英語力は小三レベルの息子、寸次郎以下。

慶応の学生は本当にワルが増えた。その代表が小泉純一郎で、総理にまでなったちゃったんだから。。。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

邦人を尾行や盗聴も。。。


邦人を尾行や盗聴も。。。中国当局の実態!!
拘束された日本人記者が告白! 長時間拘束で中国当局がどうしても知りたかったこと
AERA2019/10/17 17:00


 中国当局による二十数回の拘束経験がある朝日新聞国際報道部記者の峯村健司氏。数々の危ない目に遭ってきた中でもっとも厳しかった尋問の実態を、TBSラジオ「荻上チキのSession-22」(2019年9月18日放送)で明かした。その一部を特別に公開する。
*  *  *

荻上:ご著書『潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)を読ませていただきましたけど、かなり危険な目にも遭っていますね。こんなメールが来ています。ラジオネーム「サークルさん」。<中国に関しては、外国人のジャーナリストが拘束されるイメージがあります。峯村さんはいかがでしょうか>

峯村:そうですね。もちろん、喜んでされたわけではないのですが、迂闊にもされたことは何度かあります。

荻上:しかも一度ではなく、ということですか。

峯村:短い時間のも含めると二十数回はされています。

荻上:ある意味、拘束慣れというか、だいたいこういうふうに対応すれば解放されるみたいなものはあるんですか?

峯村:「はい」と言いたいところなんですが、なかなか難しいです。かなり読めないところがありまして、大丈夫だろうと思って行った現場が実はダメだったり、逆に、まずいだろうなと思って行ったら問題なかったりということもあって、結局6年間いましたが、そのあたりのボーダーがよく分からないままでした。

荻上:本の中では、拘束された際にスパイ容疑をかけられたりしたそうですね。例えばここは立ち入り禁止だとか言われたときに、「スパイと記者は違う」とか「ここはその地域に指定されてないはずだ」とか言い返していく。しっかり言い返せなかったら、場合によっては、法的に――まあ、法的にというのがどういうことかはさておき――処分されてた可能性はあるわけですよね。

峯村:十二分にあったと思います。そこは綿密に下調べをして、この地域は本当に軍事管理区域ではない、違法な区域ではないということを確認するといった理論武装をした上で突っ込んでいました。

荻上:いちばん厳しかったなと思う拘束はどんなときでしたか?

峯村:2011年に新型ステルス戦闘機の初めてのお披露目の現場でした。そのとき写真を撮って、世界のメディアで初めてスクープしたまではよかったんですが、そのあと、拘束されてしまって約9時間取り調べを地元の警察署で受けたことが最長でした。

荻上:そのときの拘束は、どんな流れでしたか?

峯村:取材が終わって、さあこれで大丈夫だと思って仲間たちと食事をした後、レストランを出たら取り囲まれていました。そのまま有無も言わさず警察署に連行されてしまいました。

荻上:それは通常の警察官に取り囲まれるんですか?

峯村:それがいまいちよく分からないんですが、あとから考えると、反スパイ組織機関である国家安全省の人たちだったのかなと思います。普通の制服を着た警官ではありませんでした。

荻上:拘束されて、どこに連れて行かれるんですか。

峯村:近くの警察署でした。

荻上:どんなことを聞かれるんですか。

峯村:彼らもプロなので、手練手管にいろんな質問をしてきました。いちばん聞きたかったのは、「なんであなたはこの現場を知っているんですか」ということだろうと思います。この最新鋭の戦闘機が飛ぶという情報をいったい誰から得たのですか、というその一点だけを聞きたかったのかなと思います。

荻上:リーク元を知りたがったと。

峯村:そういうことですね。

荻上:それだけは記者として口は割れないですよね。

峯村:そうですね。それは割りません。実際、いろんな情報から私も総合して判断して来ていたので、誰か1人から聞いたわけではありません。そこは一生懸命説明して、分かってもらえたかは分からないですが、そのまま刑事事件にはならずに済んだというのが実情です。

南部:9時間というのはずーっとなんですか? 休みなく聞き続けられるんですか?

峯村:そうですね。2人の取調官と中国語でやりとりをするという状況で、立つことができたのはトイレに行くときだけです。そのときも1人の取調官はずっとついてきました。

荻上:そのときは取材してはいけない所を取材したことを問い詰めるために圧力をかけているのか、それとも別の何かを疑っているのか。情報源をとっ捕まえるために口を割らせたいのか。どうなんでしょうか?

峯村:おそらく最後のが一番可能性が高いと思います。情報源を捕まえたいというのが一番の目的だろうという感じはすごくしました。彼らももちろん分かっているとは思うんです。「あなたが違法なことをギリギリしてないっていうのは分かっている。でもその情報はどうやって知ったんだ?」。そこですね。

荻上:それは通常の民主主義国家であれば、違法な取り調べ、つまり権利のない行為ということに本来なるわけですよね。ご著書の中では、「アメリカのスパイではないか」という疑いをかけられたというシーンもあります。これはブラフでそう言ってきているのか、それともその可能性を本当に疑っているのか。

峯村:おそらく両方だと思います。ブラフをかけてきて、私が動揺したりとか、そういうのも見てるのかなという感じはしました。

荻上:でもレストランを出たときに拘束されたということは、峯村さんの行動がずっと把握されてたということですよね。

峯村:その可能性はあると思います。

荻上:尾行、盗聴、あるいはGPSでの位置把握でしょうか?

峯村:そうですね。ただ、あのとき私は自分の携帯は違う場所に置いてきたんです。重要な現場に行くときはほぼ持ち歩かないですね。

荻上:そこで押収されてしまったりするからですか。

峯村:それもありますし、あとやはり微弱電波が出ていて位置が把握されてしまうので、違う場所に置いて、わざわざ携帯のない状況にして現場に行っていました。

荻上チキ(おぎうえ・ちき)
評論家。1981年、兵庫県出身。TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(平日22時~)のパーソナリティーを務める。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。「シノドス」など複数のウェブメディアの運営に携わる。著書『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』『彼女たちの売春』など。
峯村健司(みねむら・けんじ)
朝日新聞国際報道部記者。1997年入社。中国総局員(北京勤務)、ハーバード大学フェアバンクセンター中国研究所客員研究員などを経て、アメリカ総局員(ワシントン勤務)。ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『十三億分の一の男』『宿命 習近平闘争秘史』など。


㊟私が何度も配信しました。ゴキ醜国は外国人が入国した時点で尾行を開始します。一日300円も払えばいいんですからいくらでもいます。入店したレストラン、商店等での会話もすべて録音。カラオケ、マッサージはすべて公安監視です。

 ガイド、通訳の女も男も売春を持ちかけてきます。これを手を出すと危険。


女性や男性と肉体関係を持ったら盗撮され、脅しに使います。これは本当の話です。ですから、私は声もデカイのに平気でゴキ国の汚いとこ(汚物。立小便、野クソ等)を口にするから、二度と行かないのです。

しかも初訪ゴキのとき地方政府の招きで、私が政治関係と知られましたので、中年女を世話係りに付けられました。関係をさせようと仕掛けたのです。すぐ見破りました。もう一つ危険な目に遭いましたから。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

満島真之助、精力強過ぎ!!

満島真之助、精力強過ぎ!!
満島真之介、話題作での連続好演で評価うなぎ上りも、不安材料は「強すぎる性欲」か!?
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 10月11日からNetflixで配信されている映画『愛なき森で叫べ』。北九州監禁殺人事件を題材に、園子温監督がメガホンを執った同作品で見事な怪演を見せているのが満島真之介だ。

「もちろん、主演の椎名桔平のコミカルでありながら異常性が溢れまくっている演技も圧巻ですが、そんな村田に洗脳される青年・シンを演じた満島真之介が素晴らしい。振り幅のある難しい役柄ですが、何とも言えない気持ち悪さを発揮していて、まさに怪演」(映画業界関係者)

 満島は、同じくNetflixで配信されているドラマ『全裸監督』でも、村西とおる監督の相棒となるトシを好演している。

「甘いルックスからは想像できないようなアクの強い役柄を見事に演じられる個性派俳優として、急速に評価を上げています。Netflixでの2作品をステップにして、今後は活躍の場を広げていくでしょう」(同)

 そんな満島だが、私生活の方に不安材料があるとも言われている。芸能事務所関係者はこう話す。

「実はかなり“性欲が強い方”という噂があるんです。女性関係がものすごく派手ということではないのでしょうが、風俗店を利用することなんかも少なくないらしい」

 2014年に、実姉である満島ひかりのマネージャー(当時)と結婚した満島真之介。2017年には離婚をしているが、結婚期間中にデリヘルを利用していたところを「女性自身」(光文社)に報じられたこともある。

「風俗店を利用するのは何の問題もないんですが、俳優としての格が上がってきたところで、“プロではない女性”とのスキャンダルが浮上するようなことがあれば、キャリアに傷がつく可能性もある。注目度が高まっているので、週刊誌も狙っていますから」(同)

 満島は今年6月に、それまで所属していた俳優系芸能事務所ユマニテを退社し、個人事務所を立ち上げた。

「つまり、何かあった時に守ってくれる存在がいないということ。スキャンダルがあったら、一気に干されてしまう可能性も高い。個人事務所ということで、業界内でのコネクションも薄いだろうし、営業能力が高いわけでもないと思うので、ちょっとのミスが命取りになる。そのあたりは少し心配です」(同)

 俳優としての評価を上げている今だからこそ、私生活を律する必要がありそうな満島。強めだという性欲をいかに抑えるかが、今後の俳優生活を左右することになりそう?


㊟なかなかのイケメンだし、女からの誘いも多いだろう。真面目そうに見える男って強いんだよね。役者として一流になるために性欲は我慢する?

それともイケメンをマネージャーか付き人で囲うか。。。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「日本を援助しない」と蛆キムチ!!

「日本を援助しない」と蛆キムチ!!

韓国大企業など、台風被害の日本を「支援しない」方針固める=韓国ネット「どうせ感謝されない」「助けた方が…」
Record China / 2019年10月17日 14時10分


2019年10月17日、台風19号の影響により日本各地で甚大な被害が発生する中、韓国・ソウル新聞は「韓国企業の多くが日本の被災地への支援を行わない」と報じた。


記事によると、サムスン電子や現代自動車、LG電子など韓国の主要大企業は「日韓関係の悪化」を理由に、日本の被災地に寄付金や救護物資の送付などの支援を行わない方針を固めた。SKグループは義援金の送付を検討中だが、「韓国内の反発を招く可能性」を考え決めかねているという。


また、日本国内の韓国企業も支援に関して「特別な動きを見せていない」という。ある大企業の日本法人関係者は「ソウル本社が沈黙している上、こちらから提案する雰囲気でもない」とし、


「日韓関係が悪化して大規模な日本製品不買運動まで行われている状況で寄付金を出すのは難しい」と話したという。日本に進出した韓国企業の連合体である駐日韓国企業連合会の関係者も「連合会レベルで義援金を出す計画は全くない」と話したという。


これについて、韓国のネットユーザーからは「日本を支援する余裕があるなら韓国の台風被害地域に寄付金を送るべき。その方がイメージアップになる」「日本はお金持ちだから必要ない」「自力でなんとかできる国を助ける方がおかしいのでは?」など寄付に否定的な声が多く上がっている。


また「地震の時に寄付したけど大して感謝されなかった」「本当の理由は関係悪化ではない。東日本大震災の時に助けたけど、返ってきたのが『嫌韓』だったから」との意見も多い。


一方で「薄情だ。次は韓国で災害が起きるかもしれないのに」「隣国を慰める余裕すらない冷たい国にはなりたくない」「歴史問題では憎いけど、それでも助けた方が気分がいい。私たちは情に厚い民族だから」との声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)


㊟蛆キムチからの支援など。。。持ち込むモノは蛆塗れに決まってるでしょ。覚醒剤を隠しているかも。。。い・り・ま・せ・ん。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

本当,原監督、クジ運悪い

本当,原監督、クジ運悪い
あぁ巨人9連敗「身を清めて」原監督は奥川、宮川を外し、青森山田高の堀田賢慎を指名
10/17(木) 17:43配信中日スポーツ

◇17日・プロ野球ドラフト会議

 巨人は星稜高・奥川恭伸投手(18)を1位指名し、ヤクルト、阪神の3球団が競合。原監督が最後に右手でくじを引いたが、ヤクルトが交渉権を獲得。さらに外れで東芝・宮川哲投手(24)を指名したが、西武との競合となり、最初に引くも外れた。これで巨人は外れ1位を含めた抽選は9連敗となった。

原監督は1勝10敗。前日は「水風呂に入るか、水に打たれるか、身を清めて」と話していた。結局、外れの外れで青森山田高の151キロ右腕、堀田賢慎投手(18)を指名した。


 巨人がドラフト会議の抽選で当てたのは2011年に菅野智之(東海大)を日本ハムとの競合で外し、外れ1位で横浜(現DeNA)との競合で松本竜也(英明高)の交渉権を獲得したのが最後。根尾昂(大阪桐蔭高)を4球団競合で外し、外れ1位で辰己涼介(立命大)を4球団競合で外した昨年まで、外れ1位での競合を含めて7連敗中だった。


㊟ホント、原監督、クジ運がないよね。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

格安スマホ、通話料値下げへ 

格安スマホ、通話料値下げへ 総務省、価格競争促す
10/17(木) 18:35配信KYODO


 総務省は17日、格安スマートフォン事業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みをつくる方針を固めた。NTTドコモなど携帯電話大手3社が格安スマホ事業者に貸し出す通話の回線利用料に算定基準を設け、通話料金の値下げを促す。大手を含めた価格競争を活発化させ、携帯利用者の負担を軽減したい考えだ。


ドコモ、携帯端末に新割引 36回払い、3分の1免除も

 格安スマホ事業者は自前の通信設備を持っていない。通話サービスを提供するために大手から30秒当たり14円の回線利用料を支払っている。ドコモなどは時間制限のない定額プランがあるが、格安スマホは通話料を30秒20円に設定していることが多く、利用者にとって割高になっている。


㊟スマホ、やっと値下です。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

これが事実なら大事件!!





これが事実なら大事件!!
森友問題は左翼側の“破壊工作”だった? 籠池氏の長男が夕刊フジに真相激白! 「適法」認められた土地取引は大きく報じられず…
夕刊フジ2019.9.28
• 印刷

 学校法人「森友学園」をめぐる問題で、詐欺罪などで公判中の前理事長、籠池泰典被告(66)と妻の諄子被告(62)と断絶状態にあるのが長男の佳茂(よししげ)氏(39)だ。

「森友疑惑」は連日報じられ、国会でも追及されたが、事情を知る佳茂氏は、著書『籠池家を囲むこんな人たち』(青林堂)やSNSで、騒動の真相は「左翼側の破壊工作だった」と暴露する。疑惑の舞台裏や両親への思いについて、佳茂氏を直撃した。


 森友学園をめぐっては、国有地取引に絡む疑惑のほか、財務省の決裁文書書き換えも発覚した。公判で争われている補助金詐取以外にも、安倍昭恵首相夫人の「100万円寄付疑惑」や、学園が運営する幼稚園での教育勅語暗唱などが問題視された。

 野党や左派メディアは「疑惑はますます深まった」と連日追及を続け、籠池被告夫妻も政権批判に同調した。当初は足並みをそろえていた佳茂氏だが、次第に距離が生まれるようになった。

 著書では騒動の発端で起きていたことや、森友問題を追及する野党やメディアの舞台裏などが佳茂氏の視点から描かれている。

 今年7月の参院選では、JR秋葉原駅前での安倍晋三首相の最後の演説の場で、首相に批判的な主張を繰り返す泰典被告らを「目を覚ませ!恥さらし!」と佳茂氏が一喝。泰典被告も「裏切り者めが」と応酬した様子も生々しい。


アマゾンの売れ筋ランキング「日本の政治」カテゴリーで首位となり、すでに重版も決まったという。

 佳茂氏はツイッターなどSNSでも「籠池夫妻を囲む人達と闘って参りました」「森友騒動は、左翼側の破壊工作であることは事実です」との見解を示している。

 佳茂氏は夕刊フジの取材に、情報発信の動機をこう語った。

 「森友騒動が始まって2年半、もう総括できる段階にはあると思う。(国有地をめぐる)土地取引については、今年5月の判決で、値引きの根拠もあり適法だと認められたが、以前のように大きく報じられていないと感じた。土地取引に問題がないのであれば、森友騒動とは何だったのか、違う目線から総括する本はあってもいいんじゃないかと思った」

 佳茂氏は、著書を「両親にも読んでほしい」と語り、続ける。

 「(父の)教育に対する姿勢というのは、一定の評価をいただいていたと思う。教育方針に否定的だった人々に今は肯定的に思われているおかしな状況が続いている。その辺りを国民の皆様にも知ってほしい」

 佳茂氏は問題発覚当初の報道にも懐疑的だ。疑惑に関する最初の報道があった2017年2月9日の紙面について、「小学校が神道系で、昭恵夫人が名誉校長を務めたことなど、そういうアピールも含んだ記事だったというようにも感じる」と述べている。

 佳茂氏は「(森友問題を)違った角度で見てもらうためにも、未来志向型の石を投げたかった」と語る。流れを変える一冊となるのか。


㊟どうでもいいと済ますわけにもいかない。余計な出費だが読んで見よう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ソウルは火の海



ソウルは火の海…在韓米軍撤退で「第2次朝鮮戦争」勃発!? 中国の占領許したフィリピンの二の舞いも
夕刊フジ2019.10.17
• 印刷


 「在韓米軍の撤退問題」が現実味を帯びてきている。韓国には現在、陸軍約1万8500人、空軍約8000人、海軍・海兵隊合わせて約2000人が駐留している。

米朝関係の今後の動きや、駐留経費負担問題がこじれれば、米国が韓国から手を引く事態に陥る可能性も否定できない。

 日米情報当局関係者によると、文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生して以来、韓国から北朝鮮へ情報が漏れているという。政権周辺に、北朝鮮の支援者ないし内通者が数多く紛れ込んでいるとの見方もある。米韓同盟は機能停止しかねない瀬戸際だ。

 文大統領は「光復節」(8月15日)式典での演説で、「2032年にソウルと平壌(ピョンヤン)で共同オリンピック開催」「45年に平和統一」を訴えるなど、北朝鮮へのラブコールも尋常ではない。

 米軍が撤退したことで、自国の安全保障環境が大きく変化した国がある。フィリピンだ。南シナ海における中国とASEAN(東南アジア諸国連合)諸国との対立・緊張関係を作り出した原因の1つが、フィリピンにあった世界最大級の在外米軍基地(スービック海軍基地・クラーク空軍基地)からの米軍撤退だった。

 1991年、フィリピン国内で反米感情が高まるなか、フィリピン上院は両基地の使用期限の延長を否決した。このとき、安全保障の専門家の多くが「フィリピンの戦略的位置からして、米軍が簡単に基地を返す(撤退)ことはない」とみていた。


 ところが、米国はフィリピンと再協議をすることもなく、翌年には米軍は撤退してしまった。

 その結果、「力の空白」につけ込むかのように、中国が南シナ海に進出してきた。中国は95年、フィリピンやベトナム、マレーシア、台湾も領有権を主張している南シナ海・南沙諸島のミスチーフ環礁を、軍事占領した。建造物を構築し、現在も占領を続けている。

 当然、フィリピンは中国に抗議したが、後の祭りで、南シナ海の拠点を、中国にみすみす奪われてしまったのである。

 この事態を、韓国に置き換えてみよう。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮にとって「目の上のたんこぶ」である在韓米軍がいなくなれば、韓国への侵攻は容易になる。北朝鮮は、朝鮮半島の「赤化統一」を諦めていない。祖父の金日成(キム・イルソン)主席、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の野望を実現する行動に出てくることも考えられる。

 そうなれば、韓国内の北朝鮮内通者も協力するだろう。北朝鮮に一気に攻め込まれてソウルは火の海と化す場合だってあり得る。第2次朝鮮戦争の勃発である。

 韓国軍は通常兵器では北朝鮮軍を上回るかもしれないが、緩み切った韓国軍(=兵器の整備不良や士気の低下など)が、北朝鮮軍の精鋭部隊と互角に戦うことができるか、甚だ疑問だ。

 ■濱口和久(はまぐち・かずひさ) 1968年、熊本県生まれ。防衛大学校材料物性工学科卒。陸上自衛隊、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学大学院特任教授・同大学防災教育研究センター長、一般財団法人防災教育推進協会常務理事などを務める。著書・共著に『戦国の城と59人の姫たち』(並木書房)、『日本版 民間防衛』(青林堂)など。



㊟どうでもイイ国だが、両国に戦火が飛び交うと我が国へ大量の亡命者(犯罪者を中心に)が不法入国する。その連中が不法滞在している蛆たちと手を組めば我が国の治安は滅茶苦茶に…警察では手に負えず、自衛隊出動も。
 

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

TOKIO・城島茂の妻、二股!!




TOKIO・城島茂の妻、関ジャニ∞丸山隆平との二股交際疑惑で”ジャニオタ”の可能性が急浮上!
文=日刊サイゾー編集部(@cyzo)

 先月、24歳年下のグラドル・菊池梨沙と近日中に結婚し菊池が妊娠4カ月であることを会見で報告したTOKIOのリーダー・城島茂だが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋/10月24日号)が菊池の過去の二股疑惑を報じている。

 城島と菊池は4年前から交際をスタートさせ、順調に愛を育んで来たと思われていたが、同誌によると、城島は自分が女性のいる店で飲み歩いているにもかかわらず、菊池を束縛すためにケンカが絶えなかったのだとか。

 城島のことで頭を悩ませていた菊池の心に取り入ったのは、なんと後輩である関ジャニ∞の丸山隆平だった模様。

 そして、2017年11月末、城島は自身が行きつけの飲食店で菊池と同席。その席に丸山を呼び出し、丸山には穏やかだった一方、菊池に対して丸山との浮気を問いただしたというのだ。

 丸山は菊池と城島のちょうど真ん中の世代。菊池にとっては良き相談相手だったに違いないが、どうやら、城島と菊池の“痴話ゲンカ”に巻き込まれてしまったようだが……。

「芸能界の女性タレントでジャニオタは多いが、なかなかジャニーズタレントに接近するのは難しい。にもかかわらず、城島のみならず丸山にも接近できたということは、ジャニーズタレントとの強力なネットワークがある知人がいると思われる。そして、そういうコネがあるジャニオタは最終的には自分の好きなジャニタレをゲットすべく、他のジャニタレとも関係を持つことはよくあること。菊池は城島が最終目標ではなく、ほかのジャニタレを狙っていたのでは」(芸能記者)

 かつて自殺したセクシー女優は櫻井翔以外の嵐のメンバー4人と男女の関係になっていたことを一部で報じられた。なかなかそこまでの強者はいないが、菊池にもそうなる要素があったのかもしれない。


㊟ジャニオタ女はジャニそっくり低能で下品な顔が多い。ま、似たもの夫婦?いや、似たもの同士。それより「城島が丸山を刺す殺す!!」事件が起きるのが楽しみ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「とくダネ!」、オネエ男を降板させなさい!!

「とくダネ!」、オネエ男を降板させなさい!!
古市氏、札幌開催検討のマラソンに珍案「地下高速」「12月開催」も小倉一蹴
デイリースポーツ 2019/10/17 10:19


 社会学者の古市憲寿氏が17日、フジテレビ系「とくダネ!」で、東京から札幌での開催が検討されている来年の東京五輪のマラソン・競歩について“珍案”を矢継ぎ早に提案するも、五輪通の小倉智昭に一蹴された。

 番組では、国際オリンピック委員会(IOC)が、東京五輪のマラソン・競歩のコースを東京から札幌に移すことを検討していると発表したことを特集。今夏行われたドーハの陸上の世界選手権で多くの選手が完走できなかったことなどが大きな理由とされているが、五輪通の小倉は「今、札幌でも7月末から8月は30度を超えますから」と指摘し「気温が高いのは分かってるじゃないですか。7月、8月に東京でやったら暑いに決まってる。その段階でこういう声が上がってないといけない。なんで今頃…」と嘆いた。

 これに、かねがねスポーツには興味がないことを公言している古市氏は

「ぼくはルームランナーでやればいいと前から言っている」とコメント。そして「それが無理ならマラソンだけ12月とかに出来ないんですかねえ」と珍案を提案。

更には

「あとは湾岸とかの地下の高速でやればいいんじゃないですか?太陽が当たらないところ。あとはビルの中とか…」と言うと、

山崎夕貴アナから「もう1年切ってるんですよ」とバッサリ。小倉も「古市君のアイデアはほとんど通用しませんけど」と切り捨てられていた。

㊟とくダネ!!さん、このキモイ古市オネエ憲寿を降板させなさい。芥川賞を私にハメられて受賞できなくなったら、小倉の同情からか出番を増やしている。好かれる顔じゃないだろうに。こいつが出る日は観ない。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

正次郎が唯一、「美人局」指摘した


正次郎が唯一、「美人局」指摘した
「道端アンジェリカ」の美人局疑惑 セレブキャラ崩壊で今後は
デイリー新潮10/15(火) 12:50配信


 いまや芸能人の家族が警察の厄介になったニュースは珍しくないものの、この事件はちょっと違う。セレブモデルの夫逮捕という恐喝事件は新聞テレビで盛んに報じられたが、実はその妻も任意の取り調べを受けており、夫婦揃って疑惑の目が向けられていたのだ。


 今月3日、警視庁は飲食店経営者で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者(37)を恐喝の疑いで逮捕した。妻がモデルの道端アンジェリカ(33)だったことで、事件は世間の耳目を集めたのだ。


 アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持つ彼女は、美人揃いで知られる「道端3姉妹」の三女。長女のカレン、次女ジェシカもモデルやタレントとして女性誌やテレビで活動している。


 美人姉妹が世界で有名になったのは、次女ジェシカと総資産60億円超えとされるF1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンとの交際だろう。彼女がレースを観戦すれば優勝することから、海外のマスコミで「勝利の女神」と持て囃された。渦中のアンジェリカと姉妹揃って観戦した8年前の日本GPでは、バトンが見事初優勝している。


 で、5年前にバトンと結婚した姉はわずか1年で破局するが、当のアンジェリカは2年前に結婚。1歳になった長男との仲睦まじい生活を、盛んにSNSで喧伝していたが、実は夫は強面で、事件を起こすような輩だったというワケなのだ。


 社会部デスクが言う。


「キム容疑者は、8月7日に道端さんの知人で会社役員の40代男性がいる東京・渋谷区内の職場に押しかけ、『おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる。ウソをついたら鉛筆で目を刺す』などと脅した挙句、自らの口座に35万円を振り込ませた疑いで逮捕されました。キム容疑者は容疑を否認し、『妻は関係ない』と供述しています」

〈男性と身体を密着〉

 そう夫は庇っても、道端自身も事件に関わっていたことは疑いようがない。

 捜査関係者が明かすには、


「そもそもの発端は、彼女が知人男性をキム容疑者が経営する代官山の会員制バーに誘い、個室で2人きりになったこと。しかもこの男性は彼女の元カレだった。その様子を店内にある防犯カメラで見た夫は、後から男性の所へ夫婦揃って押しかけ、録画した映像を証拠に飲食代名目で法外な値段を請求して恐喝したのです。つまり彼女は全ての現場に同席して事情を知る立場にあったわけです」


 一方の知人男性は“ハメられた”と訴えてもいるそうで、奇妙な三角関係が背後にあると睨んだ警察は彼女への事情聴取を行ったのだ。被害届は渋谷署に出されたが、後に外国人の粗暴犯を扱う本庁の組織犯罪対策2課が捜査を担っている。


 実際、事件が発覚してから2日後の今月5日、道端が所属事務所の公式サイトで発表したお詫び文では、

〈今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした〉


 と認めるに至ったが、この釈明に首を傾げるのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。


「人気商売の芸能人が、形に残る書面で夫とは違う男性と〈身体を密着させ飲酒していた〉と認めるのは異例です。これまで築きあげてきたセレブでママタレというイメージをかなぐり捨ててまで、彼女が踏み込んだ発言をしたのは、一部で囁かれている“美人局疑惑”を払拭するためとも言われています。あくまで身体を密着させていただけで、それ以上の関係や意図はなかったと主張したいのでは」


 警察は捜査を続けているが、今後の芸能活動への影響は避けられまい。


 一連の疑惑について道端の所属事務所へ尋ねると、

「そういった事実はないと聞いておりますので、コメントは差し控えさせて頂きます」

 と答えるのみ。


 かつて道端と仕事で接点のあった芸能レポーターの佐々木博之氏はこう話す。

「海外でセレブ姉妹と言われるヒルトン姉妹やカーダシアン姉妹はお金持ちたるバックグラウンドがありますが、道端姉妹はキャラクターだけで実際に会っても背伸びしていた印象は否めません。自分の夫が脅迫している場にいたのに止めもしないという時点で、普通の感覚を持つ人ではないことが明らかになりました。今後、テレビなどで活動することは難しいと思います」

 何よりも不憫なのは、幼い一人息子である。


㊟私は暴力とは縁遠い仕事ではあるが、物書きの端くれ、一発で「これは美人局」と断言、配信した。ジャーナリストの中で最初で唯一。恐らく、このキムチ人亭主の店は閑古鳥なのだろう。生活費が欲しかった夫婦で仕組んだのだ。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

悪徳で31億円集めた女!!

悪徳商法で31億円集めた女!!
消費者庁が社名公表「LED高速通信」 悪徳商法で31億円集めた女性実業家
デイリー新潮10/16(水) 5:56配信

 その女性実業家の自宅は、東京・有明のタワーマンションにある。日本人の彼女は、中国の漢方薬メーカー日本法人の役員を務める傍ら、仮想通貨事業も手掛けているという。そんな彼女が、2年前まで社長を務めていた企業がこの度“悪徳企業”と名指しされたのだった。

 消費者庁は9月27日、東京・丸の内に本社を置く「LED高速通信」(LED社)への投資やセミナーの参加を注意喚起した。消費者庁消費者政策課財産被害対策室の担当者によれば、


「2017年4月から約2年で、LED社への苦情や相談が全国の消費生活センターに64件寄せられました。調査した結果、事業の内容に実態がないと判断し、これ以上、被害者を増やさないためにも社名公表に踏み切りました」


 16年設立のLED社の主な事業は、通信や照明機器の販売など。HP上で会長と社長は男性になっているものの、登記簿上は冒頭の女性実業家も代表取締役に名を連ねている。


 対策室の担当者が問題の手口を明かす。


「LED社は各地でセミナーを開き、LEDの光を1秒間に10億回点滅させることで、電波を使わない無線通信が可能になったとし、その通信機器を開発して特許を取得したと説明していたのです」


 LED社は通信機器32万4千円と加盟店協力金21万6千円の計54万円を1口とし、1次募集では利益の10%を按分すると約束。約3年間でおよそ5300人から31億円以上を集めたという。


 対策室の担当者が続ける。


「我々の調査では、通信機器自体が製造された事実はありませんし、特許も取得していません。今後も調査を継続しますが、情報提供を行うなど警察当局とは連携しています」


 なぜ、人は騙されるのか。


「あの会社の事実上のオーナーは、有明在住の女性実業家だと聞いています」


 こう語るのは、かつてマルチまがい商法を手がけていた人物だ。

「物が介在する詐欺はその時代に人々が関心を抱く商品を選びます。バブル期は日焼けマシーンなど大きくて豪華な物が使われ、健康志向が高まり始めた90年代はサプリメントや水素水が主流でした。2000年代はエコやネット通信というキーワードに注目が集まっている。そこで今回のケースは、最先端のLEDを選んだのでしょう」


 LED社は“担当者が会社にいない”と繰り返すばかりで、女性実業家の自宅も不在だったが、全国でセミナーの開催を続けているので、ご用心を。


㊟こういうヤツは重刑にすべき。それにしても悔しいほど頭がいいな。

テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

やはり抗争が活発化!!


やはり抗争が活発化!!
山口組抗争の不安が的中…群馬・傘下の暴力団事務所に「火炎瓶」の衝撃映像
デイリー新潮10/17(木) 5:57配信

 街中で火炎瓶が炸裂して火の手が上がる。香港でお馴染みの光景が、北関東の地方都市で展開された。しかも、襲われたのは指定暴力団傘下の組事務所。本誌(「週刊新潮」)はその一部始終を記録した防犯カメラ映像を入手したが、斯様(かよう)な事件は今後も各地で起こる危険性が高いという。

 まずは掲載の写真をご覧いただきたい。閑静な住宅街を通る市道に、突如として現れた1台のバイクが、迷うことなくターゲットに定めた建物の前に停車した。直後、バイクに跨(またが)った人物の右手からは、建物へと火炎瓶が勢いよく投げつけられ、パッと閃光が走ったかと思うや、周囲は一瞬で火の海と化した。

 驚くべきは犯行に及んだこの人物。まったく怯む素振りをみせないどころか、バイクの前カゴに手を伸ばし、火炎瓶をもう1本、さらに1本と間髪を入れず計3本も投げつけたのである。ここまでにかかった時間は僅か20秒ほど。再び件のバイクは、一目散に走り去り闇に紛れてしまったのだ。


 この衝撃映像が撮られたのは、今月4日午前4時頃のこと。現場は群馬県太田市にある「6代目山口組」傘下の暴力団事務所だった。

 社会部記者によれば、

「事務所関係者の110番を受け、すぐさま所轄の太田署員が駆け付けました。襲撃を受けた建物の外壁は一部が黒く焼け焦げ、ポストにあった新聞も燃えていた。付近には布が押し込まれた瓶の口や破片が散らばっており、県警は何者かが火炎瓶のようなものを投げつけたとみて捜査を始めると同時に、周辺の警戒警備を強化しています」

 太田市といえば自動車産業が盛んな街で、現場近くにはSUBARU(スバル)の矢島工場がある。約3千人の従業員が働いており、敷地内の国内外から見学者を受け入れる展示施設が人気を博す。

近所に潜む「火薬庫」

 人通りの多い昼間に火炎瓶が投げられていたら、住民はもちろん市外から訪れた一般市民までもが火の海に包まれて、巻き添えを食っていたかもしれない。


 本誌は10月10日号で、このような暴力団の抗争が起こる可能性のある要警戒地域を、ハザードマップの形で紹介した。


 あなたの近所に潜む「火薬庫」を明示して、日常生活への警鐘を鳴らすものだったが、実は今回の事件現場となった太田市も危険エリアに含まれており、住民の不安が的中してしまった格好である。


 いったい誰がこのような暴挙を企てたのか。ひとつは今回の事件が起きたタイミングである。


 最大の要因は、今月18日にも府中刑務所から「6代目山口組」ナンバー2の高山清司若頭が出所することが挙げられる。


 ことの発端は4年前に遡る。日本最大の指定暴力団「山口組」が、「6代目山口組」と「神戸山口組」に分裂し、さらに2017年には「神戸山口組」を割って出た幹部らによって「任侠山口組」が結成され、全国で抗争が繰り広げられてきた。そこに今回、“大物中の大物”が出所することによって、一気に緊張が高まっているという。


 犯人が逮捕されていないので明確な関連性は定かではないものの、ここ2カ月の間に、全国各地で“三つの山口組”に絡んでの銃撃事件が幾つも起こっている。


 直近では、9月29日に今回の現場となった群馬の隣県である埼玉は飯能市で、暴力団幹部と間違えられたとされる一般人が住宅街の路上で撃たれて重傷を負っている。


 暴力団に詳しいジャーナリストはこうも言う。


「火炎瓶を投げつけられた群馬の暴力団は、山口組の分裂後は、6代目傘下にいましたが、18年に神戸山口組側に移籍、今年になって再び6代目側に移籍したという事情を抱えています。そうした経緯が遺恨を生み抗争の原因になる一方、この組は地元の半グレ組織とも対立していた。火炎瓶を使った荒っぽい手口から、そちらの犯行ではないかとする見方もあり、今後も同様の事態が起こる可能性は充分にあります」

 すでに当局は全国で臨戦態勢を敷いているといい、まだまだ油断は禁物である。


㊟本当に全国の繁華街や組事務所周辺は危険です。引っ越せれば一番だか無理なら夜間は絶対歩かない事。学校に通う子供がいるなら当分、親しい人の家に避難を。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

皇族とて人の子、、、


皇族とて人の子、、、

佳子さま「日本にいたくない」、紀子さまはエゴサーチで絶句…秋篠宮邸に響く怒声
社会週刊新潮 2019年10月17日号掲載

秋篠宮邸に響く怒声
 御代替わりとともに「皇嗣家」となられた秋篠宮家は、いぜん厳しいお立場にある。長女・眞子さまの結婚問題は進展せず、次女の佳子さまも、お振る舞いが度々物議を醸している。そんな折、ご一家の住まわれる宮邸からは、激しい諍いの声が聞こえてくるという。
 ***
〈両国の歴史や文化の一端に触れる機会を得ることができましたことが、強く心に残っております〉

 先月、外交関係樹立150周年を記念してオーストリア、ハンガリー両国を公式訪問された佳子さま。今月4日には宮内庁を通じ、冒頭のような「ご印象」を発表されていた。

 宮内庁担当記者が言う。

「文書の中で佳子さまは、美術館や修道院を訪ねて歴史や文化を感じ、感銘を受けたなど、率直なご感想を述べられていました。あわせて『(オーストリアと日本の)未来を担う若い世代の方々とお会いし、有意義な時間を過ごしました』『(ハンガリーでは)日本との繋がりが、ものづくりの場や、畜産の現場でも感じられたことは印象的でした』とも綴られ、ご訪問の意義を強調なさっていたのです」

 今回のご訪問では、視察先に観光名所が目立ったこともあり、現地でのご動静を報じたニュースのコメント欄にはネガティブな意見が多く寄せられていた。

「発表された『ご印象』は、そういった見方をどうにか払拭したい宮内庁の“意図”も見え隠れする内容だったといえます」(同)

 姉の眞子さまと「婚約内定者」である小室圭さんとの“結婚問題”に端を発し、秋篠宮家が目下、苦境に置かれているのはご存じの通りだが、

「佳子さまもまた、3月のICUご卒業時に、眞子さまのご結婚に関し『姉の一個人としての希望がかなう形に』と回答されたことで、“皇族というお立場を理解なさっていないのでは”などと、大きな批判を浴びてしまったのです」(同)

 その後も“逆風”はやまず、佳子さまは今やお振る舞いの一挙手一投足が論(あげつら)われてしまう状況にある。

 秋篠宮家の事情を知るさる関係者が漏らすには、
「佳子さまは最近『今は日本にいたくない』などと漏らされています。ご自身が何かをなさるたび、そのお振る舞いがあらぬ批判を招いてしまう。その繰り返しに辟易され、スマホなどはあるにせよ、国内の情報から“隔離”されたいとのお気持ちを抱かれているのだと拝察いたします」

 とはいえ、海外のご公務とは都合よく組み込まれるものではなく、その上、

「たとえ外遊が叶っても、先のご訪欧と同じく、現地でのお振る舞いは詳しく報じられてしまうに違いありません。やはり眞子さまに倣い、長期的な留学を視野に入れられているのではないでしょうか」(同)

 が、かようなご心情を佳子さまが吐露なさったのには、また別の“家庭事情”もあったという。

「実は、御代替わりを迎えた後、秋篠宮殿下と紀子妃殿下が、宮邸で頻繁に言い争いをなさるようになっているのです」

 先の事情を知る関係者は、そう明かして、

「小室さんの母・佳代さんと、元婚約者との間の400万円にのぼる金銭トラブルが発覚したのは一昨年の暮れ。年が明け、昨年2月には宮内庁が“ご結婚に関する行事を2年後に延期する”と発表しました。

宮邸では眞子さまが塞ぎ込みがちになられ、両殿下との溝も深まっていきました。大事な御代替わりを前に、ご家族の問題を解決に導けないことで、皇室内からも両殿下に疑問の眼差しが向けられるようになり、思い余った妃殿下が眞子さまに『あなたが小室さんを連れてきたことで、家の評判が下がってしまった』といった趣旨のお言葉を投げられた場面もあったのです」

 昨年11月のお誕生日会見では、小室さんに対し「それ相応の対応」を求めておられた秋篠宮さまも、今年6月の欧州ご訪問前の会見では「(眞子さまには)話を聞いておりません」と述べるにとどめられていた。

「平成の終盤から、ご夫妻と眞子さまとの間はギクシャクしたままで、日常会話は交わされるものの、この問題について口にするのはタブーとなっています。一方で、ご一家への風当たりは強まるばかり。それは令和の幕開けとともに天皇皇后両陛下が華々しくお出ましになり、国民の強い共感を得ている現状と、完全なコントラストをなしてしまっています」(同)

 そんな事態をことさら憂慮されてきた紀子妃は、

「ご自身も含め、ご一家の世間での受け止められ方にきわめてナーバスになっておられます。お出ましを報じるニュースや、ご家族の評判について、ネットを使っていわゆる“エゴサーチ”をなさることも度々あり、そこに展開される否定的なコメントに、言葉を失っておられるのです」(同)


〈日常的に口論になってしまう〉

 その苦境から脱するべく、ご夫妻はしばしば話し合いをもたれており、テーマは「小室問題」から佳子さまのお振る舞い、また将来のお世継ぎである悠仁さまの教育など多岐にわたるという。が、もとよりご一家が厳しいお立場にあるとの前提から、お話のトーンはおのずと悲観的になってしまい、

「妃殿下は『どうしてこうなってしまったのでしょう』『だから言ったではないですか』などと、もっぱら現状を嘆くお言葉を口にされるのですが、そこはかつてお子さま方に“導火線が短い”と指摘された殿下のこと、ついエキサイトされて『違う』『うるさい』と声を荒げられる場面もしばしばある。挙げ句、妃殿下が涙を見せられることも珍しくなく、時には泣き崩れられることもあります」(同)

 かつて眞子さまと佳子さまはそれぞれ、ご自身が成年を迎えられた際の会見で、父・秋篠宮さまについて、

〈昔は全般的によく怒る、それしか言いようがない〉
〈日常的に口論になってしまう〉
 などと明かされていた。その怒りのお相手を今、紀子妃が引き受けておられるわけだが、秋篠宮さまの“導火線”については、職員の間でも知られていたという。さる宮内庁関係者が言う。

「平成の時代、皇太子さま(当時)や雅子さまのお誕生日などには、東宮御所でお身内の祝宴が開かれていました。御所からは両陛下(当時)がお出ましになり、秋篠宮さまも紀子さまとご一緒に出席されていた。ところが、ご到着後に会食のお部屋へとご案内する際、東宮職がちょっと外していてご案内が遅れたりすると、秋篠宮さまは語気を強めて『いつまで待たせるのですか』『私の席はどこなのか。早く案内してください』と急き立てられていました。突然のことで戸惑う東宮職に代わり、時には皇太子さまが間に入って取りなされたこともあったほどです」

 そうしたご気性の秋篠宮さまと、職員に対して仮借ない要求をなさる紀子妃。秋篠宮家が宮内庁きっての「ご難場」とされる所以でもあろうが、そのうえ諍いが展開されるとあっては、先述の通り佳子さまが国外脱出を望まれるのも無理からぬ話か。


㊟秋篠宮殿下はお酒を???ストレスの溜まるお立場だけに。。。小室母子が去ればスッキリするのだろうが。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

キモい西川貴教は巨根,性剛!!



キモい西川貴教は巨根,性剛!!
朝ドラ初出演! 西川貴教の「性豪伝説」 お相手の30代女性が告白
芸能週刊新潮 2019年6月27日号掲載

 T.M.Revolutionことミュージシャンの西川貴教(48)は、今や「皆さまのNHK」の顔である。Eテレでは子供番組のレギュラーを務め、9月30日から放映される朝の連続テレビ小説「スカーレット」では、朝ドラ初出演が発表されたばかり。そんな彼には、決して明かされることのなかった「性豪伝説」があって……。

〈カラダが夏にナル カゲキで 最高 ためらうことに 慣れすぎた 素肌の上で 事件を起こせ〉。西川がブレイクしたきっかけとなった曲「HIGH PRESSURE」の歌詞を、まさに地で行くような話なのだ。

「部屋に入って30分くらいで男女の関係になってしまい……。頭の先から爪先まで、濃厚に愛撫されたのには正直驚きました」

 と振り返るのは、都内に住む30代の自営業女性。

「昨年のお正月、場所は大阪にある外資系ラグジュアリーホテルでした。実はこの時、彼と会ったのは2度目で、初めて会ってからまだ1カ月も経っていなかった。最初は知人とカラオケBARで飲んでいた際に声をかけられ、同じ関西出身ということで、SNSで連絡先を交換。相手が芸能人なので私も及び腰でしたが、私が大阪に帰省すると言ったら、彼も里帰りするからと誘われ、再び会うことになったんです」

 新年の挨拶もそこそこに、コトへと及んだ彼女をさらに驚かせたのは、西川の驚異的な体力だった。

「夕方から翌日の昼まで、優に10回以上は行為に及んだでしょうか……。途中で仮眠やシャワー休憩を挟みながら、私は西川さんに求められるがまま応じました。とにかくタフな人で、常に私の耳元で囁きながら体を寄せて来る。食事は一度もとらなかったですね。結局、私は昼頃に彼の部屋を出ましたが、実家に戻った途端、あまりの疲労で嘔吐してしまったんです」(同)

 西川は、2002年にPUFFYの吉村由美と離婚後、独身貴族を貫くが、浮いた話がないわけではない。

 スポーツ紙の芸能担当デスクによれば、

「離婚後、彼はモデルの菜々緒とのツーショットを写真誌に激写され交際が明らかになりましたが、6年ほど前に破局したと言われています。今年に入ってからは、23歳年下のフリーアナウンサーとの交際が『女性自身』に報じられ、結婚間近と囁かれていますね」


「死ぬのが怖い」

 一夜にして彼のカゲキさに触れた女性もまた独身。互いに自由恋愛を楽しみ、結局は交際に至らず関係は解消したが、当夜の伝説はこれだけではなかった。

 先の彼女が話を継ぐ。
「仮眠中に目が醒めたら、西川さんがベッドに腰掛けていて、『死ぬのが怖い』と呟くんです。突然のことで唖然としたのですが、彼は『オレ、家にお札いっぱい貼ってんねん』と話していたのが印象的でした」

 西川が所属する個人事務所に取材を申し込んだところ、回答は一切なかった。
 朝ドラでは芸術家を演じるという西川だけに、常人には理解できない“闇”を抱えているのだ

㊟鬼神正次郎よりイイ男だろうが、性格の悪い古市オネエ憲寿、俳優の高橋一生、ジャニタレの桜井翔、千葉雄大、ヌメ顔の小泉孝太郎(ドラマ視聴率はいつも猫の目)ともども大嫌いな顔。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

高浜のドン、警察にも大盆振る舞い!!


高浜のドン、警察にも大盆振る舞い!!
金品だけじゃない元助役“原発マネー接待” パトカーに寒ブリ、就職あっせんも
デイリー新潮2019年10月17日 8時0分


「高浜原発のドン」黒革の手帖に「原発マネー」リスト

「高浜原発のドン」として辣腕をふるっていた森山栄治氏。氏がバラまいていた原発マネーは、関西電力幹部へ贈られた3億2千万円の金品のほか「政界にはおもに献金、官界へは贈答品」(社会部記者)の形で分配された。
 ***
 いまから半世紀ほど前。高浜町役場にある一室で、鋭い怒声が響いていた。

「なんでいまドン!って置いたんだ。俺が部落の人間だからか! 差別だ!」

 男の横で立ち尽くす女性職員。机には彼女が運んできたお茶が置かれている。声の主は、若き日の森山氏だ。部落解放同盟福井県連合会高浜支部の中心人物として、高浜町役場に赴いたときの一幕である。

 このとき彼は、京都の綾部市役所に職員として勤務するかたわら、解放同盟の運動にも熱心であった。怒声と、のちに、高浜町役場に奉職することになる奇縁との因果関係は不明だが、

「こうした威圧的な振る舞いやその背景こそが、森山さんの、ひいては、関電の問題の本質です」

 と、高浜町の関係者。

「彼は69年に高浜町役場に入りました。高浜原発1号機の建設が決まってまもない時期で、賛成派と反対派の衝突を抑える力があったために、当時の町長に請われて京都の綾部市役所から移ってきたのです。トントン拍子に出世し、77年に助役となりました」

 この助役時代の手帖を開くと、そこには法の執行者である警察関係者や福井県職員の名前が数多く綴られているという。高浜町を所管する小浜署の元幹部が、当時を振り返る。

「森山さんは、小浜署を離れる係長、課長以上の幹部が異動するときは5千円か1万円の餞別を出していましたね。関電幹部にはスーツでしたが、どんなに高くとも、ワイシャツの仕立券のレベルです。当時は官官接待も許されていたころだから一概に悪いとは言い切れませんけど」

 驚くような出来事を一つ、よく憶えているという。

「森山さんが“これ、本部長に渡してくれ”と言って、警察車両に寒ブリをボンと載せたんです。あのころはネットなんかないから、派出所は何日かに1回、報告書を県警本部に届けていました。お歳暮の時期だったから、寒ブリには違和感はなかったけど……」

 その連絡のタイミングを、助役がなぜ知っているのか。そんな細かなことまで手帖に書きとめていたのか――。

“就職はどうですか”

 別の小浜署元幹部は、こんなやりとりをしたという。

「署に着任したとき、森山さんが就任祝いに来られました。初対面だったのに、どこで聞いたのか、大学を卒業したばかりの私の息子について“就職はどうですか”と言ってきた。関西電力とは言いませんでしたが、“息子さんを電力会社に紹介できる”。要するに、自分にはコネがあるから就職が斡旋できる、と。息子は就職が決まっていたので、はっきりと断りましたが」

 県庁の出先機関である嶺南振興局の幹部だった男性が後を受けて話す。

「森山さんは、警察だけでなく県の関係先や税務署にもしょっちゅう顔を出していました。とにかく腰が軽く馬力がある人との印象です。年1回、県の施設で人権大会と呼ばれる大会が開かれるときは、健康福祉部や県民生活部(当時)などの部長が勢揃いして森山さんの前にズラーッと並ぶんです。そんなとき、“森山さんの目の前で煙草を吸うな”とか、“複数でいるときに出すお茶に茶托をつけるのは森山先生だけ”とか、“森山ルール”を確認し合ったりしたものです」

 問題になっている県職員への贈答品も、少額ながら、原発マネーには違いない。

「我々は関電幹部と違い、高価なモノを返せないのを知っているので、いただくのは5千円から1万円ほどの昆布や素麺が多かった。常識的なお歳暮やお中元の範囲内ですが、先にこちらが貰った場合、きちんと返すかどうかをチェックしてる。これが怖かった」

 人をつぶさに観察してきめ細かな付け届けをし、それを書きとめた材料で相手に“一蓮托生”との畏怖の念を与え、恫喝も繰り返す。

『黒革の手帖』は魑魅魍魎の世界を生き抜く銀座のクラブママの野望を描いたが、“原発銀座”を舞台にする「高浜原発のドン」の手帖にはあらゆる関係者を地獄に道連れにする、底知れない不気味さがある。

㊟嫌な野郎ですね。私も迫水久常参議院議員秘書時代、官憲にもいろいろばら撒いていたが、、、そんなリストは自身に無実の罪が着せられるなどしなければ墓場まで持って行く。

竹中平蔵と同じ被差別の出身なんですね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

志らくよ、カジュアルっぽい服装に!!



志らくよ、カジュアルっぽい服装に!!
立川志らく「グッとラック!」で初MC抜擢も視聴率は番組打ち切り危険水域
デイリー新潮2019年10月17日 5時59分
 オチをつけるのが落語家の技量とはいえ、新番組の開始早々に視聴率をサゲれば噺は終わってしまう。TBSの情報番組「グッとラック!」で、初MCに抜擢された立川志らく(56)が、さっそくの試練に直面した。

 あと3カ月もせずに除夜の鐘が鳴り響く。テレビの年間視聴率を競う民放各局において、「秋の改編」は新番組を次々に投入してのラストスパートである。特に日本テレビ、テレビ朝日に次ぐ3位に甘んじているTBSにとってみれば、視聴者を惹きつける大胆な変革が求められているんだとか。

 それ故、日テレの「スッキリ」、テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」、フジ「とくダネ!」が鎬(しのぎ)を削る平日朝の情報番組に大鉈がふるわれた。国分太一と真矢ミキがMCを務めていた「ビビット」が終了し、代わって始まったのが立川志らくをMCに起用した「グッとラック!」なのだ。

「志らく師匠は3年前にTBS『ひるおび!』のコメンテーターになって以来、歯に衣着せぬ物言いが視聴者に好評を博していました。今年5月に川崎市で起きた無差別殺傷事件の犯人に対して、『一人で死んでくれ』と口にして炎上騒動を起こしましたが、このご時世で本音を喋れる人物は稀有な存在だと、局はリスク覚悟で起用したのです」

 ところが、蓋を開ければ初回の平均視聴率は2・9%(関東地区、以下同)と、同じ時間帯でのワーストを記録。2回目の10月1日放送分も2・6%、3回目に至っては2・3%と負け続き。9時55分から始まる第2部でも、初回2・4%、2回目1・8%、3回目は1・4%と、番組打ち切りとなってもおかしくない“危険水域”に達してしまっているのだ。

 さる放送記者が言う。

「首位をひた走る『羽鳥慎一モーニングショー』の年間平均視聴率は9・1%で、TBSの数字はその3分の1にも満たない。日テレやフジの裏番組と比べても半分以下です。志らくさんも、生放送の初司会ということで終始緊張した面持ちなのは仕方ないとしても、脇を固めるキャスター2人が心許ないのです」

「テレビに出るべきだ」

 本来なら志らくをサポートすべきアナウンサーの国山ハセン(28)は入社7年目で、これまた初のメインキャスターだし、若林有子アナ(23)は今年4月に入社したばかり。棒読みや言い間違いを繰り返し、ネットでも聞くに堪えないという感想が噴出している。

 朝の番組だけに、フレッシュさをウリにしたい意図は透けて見えても、毒舌をウリにするMCの猛獣使いには到底なれそうにない。

「若いアナたちが志らくに遠慮しているように見えますし、彼の話が通じていない場面もある。慣れてくれば良くなるでしょう」

 と話すのは、立川流顧問も務めた演芸評論家で小説家の吉川潮氏だ。

「『ひるおび!』に出始めた時も不慣れでしたけど、回を重ねる毎に掛け合いが上手くなり、面白いコメンテーターへと変わった。司会業も長い目で見るべきで、このご時世に毒舌コメントができるMCは中々いない。彼の師匠である談志は生前、『志らくはテレビに出るべきだ』と言って成功を信じていました。

落語家は誰かと一緒に芸をすることはなく、ましてや場を仕切る経験はありませんが、ジャーナリストやアナウンサーよりも、お客さんの気持ちを汲むということには長けている筈です。高座ではいかに客を笑わせるかということを、いつも真剣に考えていますから」

 しんみりとした「人情噺」にも、必ず笑いを入れたいと、かつて志らくは語っていたこともある。もっと肩の力を抜き、時にはクスリとさせて欲しいものだが。

㊟頭の回転も早く、意見も鬼神とそっくり。ただ、志らくクン、「グッとラック!」のタイトルなんだから和服はやめて、カジュアルの服装にした方がイイよ。大きくイメージが変わりますよ。朝から重い色の和服は違和感が。、、

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

「終末」7人家族地下で生活!!


「終末」7人家族地下で生活!!
「終末」待ち9年地下生活か オランダで親子7人発見
JIJI.CO AFP10/16(水) 7:29配信



【AFP=時事】オランダ北部で、人里離れた農家の地下室に隠れて暮らしていた男性とその成人の子ども6人が、警察により発見された。当局が15日、明らかにした。メディア報道によると、親子は9年間にわたって地下で「終末」を待ち続けていたという。



 警察は北部ドレンテ(Drenthe)州の村ライナーボルト(Ruinerwold)近郊で、父親とみられる男性とその18~25歳の子ども6人を発見した。


 地元メディアの報道によると、一家発見のきっかけは、息子のうちの1人が混乱した状態で近所のパブを訪れ、ビールを5杯飲んだ後、過去9年間にわたり家の外に出たことがなかったと告白して助けを求めたことだった。

警察は現場で、捜査への協力を拒否したとして58歳の男を拘束したが、この男は父親ではなかった。


 一家発見を最初に報じた地元テレビ局RTVドレンテ(RTV Drenthe)によれば、親子は「『終末』を待ちながら数年間にわたって地下で暮らしていた」という。一家の中には「ほかに人々が存在することをまったく知らなかった」人もいたとされる。


 同局によると、一家は外界とまったく接触せず、菜園とヤギ1匹を持ち完全に自給自足の生活を送っていた。また「父親は数年前に脳卒中を起こし、ベッドに横たわっていた。妻がいる様子はなかった」という。

近所の人々は同局に対し、家族の存在は把握しておらず、農家に住んでいたのは男性1人のみだと思っていたと語っている。【翻訳編集】 AFPBB News


㊟神など存在しないことを教えるべきですよ。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本はこのままでは滅びる!!




ユニクロ柳井会長、「日本はこのままでは滅びる」…韓国の反日感情理解
10/16(水) 17:09配信

ユニクロの創業者、柳井正ファーストリテイリング会長は、韓国国民が感じる反日感情を理解すると明かした。


柳井会長は去る9日付で掲載された雑誌のインタビューで「日本が韓国を敵対視するのはおかしい」として、「日本が韓国に反感をもつようになったのは、日本人が劣化したという証拠だ」と主張した。


また、「今までの30年間、世界は急速に成長してきたが、日本はほとんど成長できず、先進国から中進国になっていって、もしかしたら開発途上国に転落してしまうかもしれない」、「本屋で“日本が最高”という本を見かける度に、いつも気分が悪くなる」と憂慮の気持ちを語った。


続けて日本に対して「このままでは滅びる」と厳しく語り、大々的な改革を求めた。

具体的には2つの改革案を提示したのだが、一つ目は、財政支出を半分に減らし、公務員の数も半分に減らすこと、二つ目は、参議院と衆議院がきちんと機能していないとし、議会を単院制に替えることを主張した。

㊟一理あるか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

72歳母、48歳娘絞め殺す!!

72歳母、48歳娘絞め殺す!!
《埼玉・朝霞》72歳の母親が48歳の娘を絞殺、他人事とは思えない「犯行動機」
週刊女性10/17(木) 5:00配信


「お母さんは3年ほど前、自治会の理事で会計を務めていまして、実にしっかりとした方だったのに……」


 と容疑者と同じマンションの男性は肩を落とす。


 事件は10月6日、日曜日の朝、埼玉県朝霞市の閑寂な住宅街にあるマンションで起きた。


 午前9時15分ごろ同県警朝霞署に、「娘を殺してしまった」と110番通報があった。通報したのは、マンションに住む無職の勝間田妙子容疑者(72)本人からだ。

笑顔を見たことがない

 大手新聞社の社会部記者が次のように説明する。


「捜査員が駆けつけると、マンションの室内で容疑者の娘で長女の智子さん(48)が仰向けに倒れているのを発見。容疑者はひも状のもので首を絞めて殺害したようです。智子さんは母親より若くて身体も大きいので、おそらくは寝ていたところを襲われたんだと思いますけどね」


 殺人の疑いで逮捕された容疑者は容疑を認め、殺害の動機について、


「私が娘よりも先に死ぬので、娘をひとりにさせられないと思った」

 と供述している。


 別のマンションの住人はこう証言する。


「年齢は報道で知ったんですが、それよりずっと若く見えましたね。すらりと身長が高くて、ほっそりした方でしたけれども、確か未婚だったと思いますよ。毎朝8時半ころに駅のほうに歩いて行くので、お勤めされていたんだと思いますけど」


「ただ」と言いよどんで、住人は続ける。


「ちょっと見ただけではわからないですが、ずっとうつむいたままで歩いているんです。笑った顔も一度も見たことないし、マンションでほかの住人と会話している姿も一度も見かけたことがないんです。内向的というか、うつのような雰囲気もありました」


 今年になって1度だけ、周辺で犬を散歩させている姿を見かけたことがあり「ああ、こういうこともするんだ」と思ったという。


 マンションの別の住人は、


「未婚ということと、そうした病気を不憫だと案じての犯行だったのかもしれませんね。とはいっても、お母さん自身がまだ若いのですから、それほど将来のことを案じなくてもと思いますけどね」


 と語る。

容疑者と智子さんが、このマンションに住むようになったのは、11年ほど前から。登記簿上は、約57平方メートルのマンションを1600万円ほどで一括購入しているので、貧困家庭というわけではないようだ。

2人きりになった母娘

 それ以前に住んでいた東京都羽村市を訪ねてみると――。

「2歳上に長男がいて、下に妹さんがいました。長男も次女も結婚されていて、すでに家を出られていますよ。智子さんは大人しい印象はありましたけど……」


 と近所の人が証言する。


 そのころ、勝間田家はその土地の周辺では裕福な家だった。50年近く前は木造の一戸建てで、一家が3階に住み、1階と2階はアパートで、その家賃収入を得ていた。


 およそ35年前に、いまのアパートに建て替えて、1、2階はワンルームが5部屋ずつあって、同様に家賃収入があった。


「それだけではなくて、当時、旦那さんは工場を持っていて、従業員も数人はいましたから、それは裕福でしたよ。だから、3人の子どもさんはすべて大学へ入れていました。妙子さんは賢くて、子ども思いで優しくて、しっかり者。旦那さんが仕事で忙しかったので、子どもたちもほとんどひとりで育てたようなものです」(先の近所の主婦)


 ところが、約30年前、夫に不倫問題が発覚したという。


「外に女をこさえちゃってね。それが理由で離婚されたんです。その際に、自分の名義だったマンションや土地を、すべて奥さまに贈与したようです」


 やがて長男と次女が独立して、2人きりになった母娘。


 羽村のマンションと土地を売却して、朝霞へと移り住んだ。その朝霞での生活は、わずか10年余りで幕を閉じることに。財産も尽きてしまったのだろうかーー。


「もしかしたらお母さんが大病を煩ってしまってしまい、老い先が長くないと悲観したのかもしれませんね」

 と先のマンションの主婦は想像する。

 容疑者は、自分の子どもたちや知人などにSOSを発すことはできなかったのだろうか。社交性があったというだけに、残念な結果となってしまった……。

㊟これからはこうした事件がますます増えますよ。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ノーベル電池に負の側面も!!



ノーベル電池に負の側面も!!
ノーベル化学賞に輝いた電池技術、負の側面にも留意を
Antony Currie 10月10日


[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 蓄電池ほど急速に社会全体に普及した技術はなかなか思いつかない。今や携帯電話からノートパソコン、電気自動車(EV)などあらゆる分野に使われている。

そうした事実だけでも、今年のノーベル化学賞がスタンリー・ウィッティンガム氏、ジョン・グッドイナフ氏、吉野彰氏の3人に授与されたのは妥当と言える。彼らはいずれも、リチウムイオン電池の開発と改善、商業化に携わったからだ。蓄電池技術は気候変動を和らげる一助となる可能性さえ秘めている。ただマイナス要素が全くないわけでもない。

まずはメリットから。例えばEVが多く走行するようになれば、温室効果ガスの排出量が大幅に減ってもおかしくない。米エネルギー省の分析では、米国では化石燃料で走る車の二酸化炭素排出量は、電動車の約2.5倍に上る。強力な再充電可能バッテリーは、発電効率も高めてくれる。それが実現できないと、風力などの再生可能エネルギーの魅力は低下してしまう。

しかし電池エネルギーへの転換には、それなりのリスクも伴う。


第1に、電池製造に必要な資源は常に簡単に入手できるわけではない。コバルトや黒鉛(グラファイト)、ニッケルの鉱床は僻遠の地にあり、政情不安や経済の混乱、もしくはその両方の問題を抱えている。


例えばコバルトは世界全体のおよそ60%が、コンゴ民主共和国で産出される。これらの資源への需要増大を受け、フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)などの自動車メーカーは長期供給契約を確保しようとしている。リチウムとコバルトは最近数カ月値下がりしているとはいえ、電池関連資源の価格は過去数年間押し上げられてきた。


第2に、こうした資源採掘によって環境汚染への懸念が出ている。その1つが水不足で、産出量が多いオーストラリア、ブラジル、コンゴ民主共和国、中国は既に干ばつに見舞われやすい状況にある。


さらに鉱山ダムに残された廃棄物が厄介だ。今年1月にブラジル鉱業大手ヴァーレ(VALE3.SA)が保有する鉱山ダムの1つが決壊した際には、240人強が命を落とした。コロンビア・ウォーター・センターによると、ヴァーレのあと6つの鉱山ダムはもっと有害だという。


最後に社会的リスクが挙げられる。鉱山に関しては作業の危険性のほか、児童を働かせている問題があるし、スマートフォン中毒も指摘される。

これはノーベル化学賞の受賞者の偉業をけなそうという話ではない。だが環境問題を含めて、蓄電池技術を一段と良い形に活用していく余地があると肝に銘じる価値はあるだろう。
●背景となるニュース

*スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、再充電可能なリチウムイオン電池の開発に貢献した3人の研究者に授与すると発表した。

*英国人のスタンリー・ウィッティンガム氏は1970年代にリチウムイオン電池の最初の機能を発見し、ジョン・グッドイナフ氏は1980年代にこの電池の潜在力を大きく高めた。そして吉野彰氏は電池の安全性を大きく向上させた。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。

このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。

当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。

ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。
㊟知らなかった…鉱山でこどもたちが働かされている。。。しかも有害の地下資源に囲まれて。。。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

寸次郎ってホント、性事大好き!


寸次郎ってホント、性事バカですね!

小泉環境相に水俣病被害者が落胆 具体策なく「歯切れだけ」
共同通信社
2019/10/19 19:36


小泉進次郎環境相は19日、水俣病犠牲者の慰霊式に出席した後、被害者団体と懇談した。「環境省は水俣病をきっかけに立ち上がった組織。心を砕いていく」と述べたが、具体的な施策に言及はなく、被害者側から「歯切れが良いだけ。何も言っていない」と落胆の声が相次いだ。

 懇談では、高齢化する被害者への福祉サービスの充実や、不知火海沿岸の住民の健康調査を求める意見が続出した。被害者の会の中山裕二事務局長(65)は「調査を求め続けたこの10年間に多くの人が亡くなった。環境省は被害者が死ぬのを待っているのか」と怒りをぶつけた。

㊟この答弁、、、やはりこの大臣を任命したのは能無しがバレ、人気ダダ下がりさせるため。法は立てるのは不能で一本も無し。ところが、“性事”にはチン立て捲る。。。これって強姦魔がやたら多い半島人の特徴。ニンニクと蛆キムチ喰うからかな。

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

テロ朝と軽蔑される理由!!


テレ朝がテロ朝と軽蔑される理由!!
テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった
毎日新聞2019年10月16日 20時39分(最終更新 10月16日 22時48分)


 テレビ朝日は16日、平日夕方の報道番組「スーパーJチャンネル」が3月15日に放送した業務用スーパーのお得な使い方を買い物客に聞く企画の中で、やらせがあったと発表した。客として取り上げた男女5人が、取材した男性ディレクターの知人やその友人だった。

• <テレ朝>セクハラで「報道ステーション」チーフプロデューサーを謹慎処分
• <やらせあった>クレイジージャーニー「事実を歪めた」と謝罪
• <TBS佐々木社長がやらせ謝罪>「アンフェアな手法あった」
• <消えた天才>少年野球投手の速度2割速く加工 番組休止

 テレビ朝日によると、4人はディレクターが講師を務める俳優養成教室の生徒やその友人で、1人は別の関係の知人。取材日程を伝え、初対面を装い取材していた。

買い物の様子や取材内容はおおむね実情に合っていたという。この企画は子会社のテレビ朝日映像の制作で、ディレクターは人材派遣会社から派遣されていた。

 今月4日、匿名の情報提供があり発覚。ディレクターは「番組制作の自信がなくなった。取材日程を教えれば、現場に来てくれるだろうと思っていた」などと話したという。

 ディレクターが担当した企画は他に12本あり、テレ朝はこれらも検証する。記者会見した篠塚浩常務は「やらせ、仕込みと指摘されても仕方のない事案。再発防止策を徹底する」と謝罪した。【小林祥晃、屋代尚則、松尾知典】

㊟テレ朝も仕事の多くを下請けや派遣にやらせているんだろう。「過酷な仕事、興味の無い仕事は派遣にでもやらせとけ。。。」が番組作りに飽きているのなら免許を返還しろ!!

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

白馬の金首領、日米への宣戦布告!!



金ドン、白馬は宣戦布告と見た!!
北朝鮮、大陸間弾道ミサイル再開か? 正恩氏「白馬にまたがる写真」の意味
夕刊フジ2019.10.17
• 印刷


 白馬姿は何を意味しているのか。北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、「革命の聖地」とする中朝国境の白頭山(ペクトゥサン)に登頂。白馬にまたがる姿を披露した。

 正恩氏は「米国をはじめとする敵対勢力がわが人民に強いてきた苦痛はもはや苦痛ではなく、怒りに変わった」と対決姿勢を強調した。同通信は同行した党幹部らが「世界が驚く雄大な作戦が繰り広げられると確信した」と伝えた。

 対米交渉や核ミサイル開発で重大決定を下すとの臆測も出ている。ロイター通信は、米本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験再開の可能性があるとの専門家の見方を伝えた。

㊟この写真を見た瞬間、金首領は日米に宣戦布告!!と見た。決意は固いようだ。さ、第三次世界大戦に期待?しよう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

トランプ告発者、迫る危険!!

トランプ告発者、迫る危険!!
トランプ大統領と闘う正体不明の内部告発者 ウクライナ疑惑はアメリカ民主主義の試金石
東洋経済新 渡辺 亮司 2019/10/15 07:55


 9月末からアメリカの首都ワシントンで吹き荒れているトランプ大統領とウクライナをめぐる弾劾調査の嵐はいっこうに勢いが弱まらない。トランプ大統領は「政権転覆を狙ったクーデターだ」として、10月8日、下院民主党が求める文書提出や証言などを拒否、全面対決に出た。対決が続く限り、民主党が多数派を占める下院での大統領弾劾は不可避だ。
 トランプ政権は弾劾調査を、民主党が始めた「党派対立」、あるいは国家に従わない官僚軍団「闇の国家(ディープステート)」によるものだ、と訴えて、共和党の支持を固めると同時に、他の話題で国民の気を散らすことで、この苦境を乗り越えようとしている。今のところ、この戦略は効果を発揮し、議会共和党の多くはトランプ政権と歩調を合わせているため、上院の雰囲気は罷免には程遠く、大統領の座は揺るぎない。
 現在、大統領と共和党の攻撃の矛先は、事の発端であり、いまだ正体不明のCIA(中央情報局)職員とされる内部告発者に向けられている。
トランプ氏の攻撃の的となる内部告発者
 前回、現職大統領の行為について内部告発があり、弾劾手続きが行われたのは、1998年のビル・クリントン元大統領(民主党)の不倫スキャンダルであった。

大統領の不倫相手モニカ・ルインスキー元ホワイトハウスインターンとの電話を密かに録音していた元ホワイトハウス職員のリンダ・トリップ氏が、録音テープをケネス・スター独立検察官(当時)に提出した。スター独立検察官はその録音テープを大統領弾劾条項の1つとなる偽証罪の証拠として利用するに至った。

 クリントン元大統領が、下院で弾劾されるも、上院で罷免を逃れた背景には、自らの弾劾手続きは「党派対立」によるものだと、民主党支持者、国民に訴えたことが大きい。当時は共和党が上下両院で過半数を握っていたものの、上院では3分の2に達していなかった。下院で弾劾されることは目に見えていたが、上院で民主党が団結しているかぎり、罷免を回避できるのは確実であった。党派対立との訴えは功を奏し、クリントン元大統領は政権を存続することができた。

 しかし、党派対立が強調される過程で犠牲となったのが、アメリカの民主国家を支えてきた内部告発制度への国民の信頼だ。内部告発者のトリップ氏は無所属として登録し、共和党にも民主党にも献金したことがなかった。クリントン政権や民主党は党派対立と位置付け、共和党が民主党大統領を追い出す陰謀に加担したとして内部告発者のトリップ氏に「右翼」の烙印を押した。

 トランプ政権もウクライナ疑惑を党派対立の一環と位置づけている。その結果、政権や共和党の内部告発者に対する強い批判が目立つ。なお、1人目の内部告発者については、情報当局の監察官に内部告発する前に民主党のアダム・シフ下院情報特別委員長の側近に接触していたことが判明した。

そのため、「ウクライナ疑惑」は民主党が当初から内部告発者と共謀して党派的に動いたものだと、共和党は批判している。

 10月6日のフォックスニュースにおいて、ホワイトハウスのスティーブン・ミラー上級顧問は、内部告発者を「ディープステートの工作員」と呼び、トランプ政権発足以降に選挙で選ばれていない政府職員がトランプ大統領を失脚させようと企んでいることの一環である、と主張した。

 世界最強のアメリカ大統領を内部告発することは容易ではない。特にCIAのような情報当局に勤務する政府職員の内部告発は、現行法では完全に守られていない。他の政府機関の職員よりもさらに難易度が高いのだ。

 今回、内部告発者のCIA職員は2つのルートで大統領の行為について告発している。1つがCIA法律顧問局を通じた告発だ。

 匿名を望むCIA職員は、同僚を通じてコートニー・エルウッドCIA首席弁護士に報告。その後、規則に基づきエルウッド首席弁護士が、ホワイトハウスと司法省安全保障部門の首席弁護士と、大統領の違法行為の疑いについて電話で協議。数日後にはウィリアム・バー司法長官にも共有された。だが、司法省はその告発を実質握り潰した。

 本来、司法省は法律に基づき党派を意識せずに判断を下すべきである。だが、大統領に指名された司法長官は党派的となりがちであり、大統領あるいは政権と自らに不都合なことをしないことは想像できる。リチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件当時の司法長官も同様に党派的であった。

 1つ目の告発ルートが機能しないことを察知した内部告発者は、直接、情報当局の監察官に告発した。告発を受けた情報当局のマイケル・アトキンソン監察官は国家情報長官(DNI)室に報告。報告を受けたジョセフ・マグワイア国家情報長官代行は、大統領に関わる話であることから、司法省と協議した。司法省はまたしても、何も問題がないとDNIに返答した。

 しかし、法律では監察官とDNIの間で合意に至らなかった案件について、監察官は議会にその存在を通知する義務がある。そのため、監察官は下院情報特別委員会に内部告発の存在について通知し、それによってシフ下院情報特別委員長が内部告発書の提出を求め召喚状を出すに至った。

 民主党が多数派の議会下院が関与することで、大統領府を牽制する3権分立の抑制と均衡が機能して、内部告発は世に知れ渡ることとなった。アトキンソン監察官はトランプ大統領によって指名された人物だ。もしアトキンソン監察官がトランプ大統領への忠誠心から党派的に内部告発を自らの手で握り潰し議会に通知していなければ、内部告発は今頃、闇に葬られていたであろう。

内部告発制度はアメリカ建国以来の伝統

 内部告発者を守る法律を世界で初めて制定したのはアメリカだ。内部告発制度は民主国家のアメリカを象徴するものであり、その成り立ちはアメリカ建国の頃までさかのぼる。

 独立戦争の最中、1777年にエセック・ホプキンズ大陸海軍司令官がイギリス人捕虜に対して行った虐待行為について部下が告発し、司令官解任に至った。その後、ホプキンズ元司令官は同氏と同じロードアイランド州出身の部下で内部告発を行った海軍将校サミュエル・ショー氏とリチャード・マーベン氏の2人を解任に追いやり告訴するなど報復。

 だが、現在の議会の前身である「大陸会議」が介入して内部告発者を守った。この事件を契機に1778年、大陸会議は内部告発者を保護する法律を全会一致で制定するに至った。ホプキンズ司令官は、兄がロードアイランド州知事を務め、1776年の独立宣言にも署名したスティーブン・ホプキンズであり、政治的影響力のある一族の出身だった。だが、国民を代表する大陸会議は弱者を守ったのだ。

 アメリカには建国当初から、このように、職権を乱用し秘密裏に不法行為などを働く権力者を、弱者の内部告発者が暴くという伝統があり、これが民主国家の土台となってきた。アメリカの内部告発制度に詳しいミドルベリー大学のアリソン・スタンガー国際政治経済学教授は内部告発をアメリカ人の「DNAに刻まれている」ものと称している。

 だが、内部告発は必ずしもアメリカ政府によって歓迎されてきたわけではない。特に国家安全保障に重要となる情報をどこまで国民に公開すべきかは民主主義を唱える政府にとっては悩みどころである。

 エドワード・スノーデン元国家安全保障局(NSA)契約職員は国家機密をメディアに暴露したことで、1917年諜報活動取締法(スパイ活動法)違反などの罪で起訴されている。もし、スノーデン氏が正規ルートで当時のNSA監察官に内部告発していたら、握り潰されていた可能性が高いとみられている。スノーデン氏はいまだにアメリカに戻っていない。内部告発者が英雄とされるか、あるいは反逆者と評されるかは紙一重だ。

 しかし、ウクライナ疑惑がスノーデン事件と異なるのはアメリカの安全保障への脅威には関係がなく、2020年の大統領再選を狙ったトランプ大統領の政治的思惑に関わる疑惑である点だ。また、同疑惑では内部告発者は正規ルートで報告している。とはいえ、トランプ大統領はウクライナ疑惑が世に知れ渡った直後、内部告発者について「スパイのようなもの」と非公開会合で主張した。

内部告発制度が危機に瀕するおそれも


 内部告発者は欧州に知見があり、ホワイトハウスでの勤務経験のあるCIAの男性職員と報道されている。ネット上などではすでに有力候補の名前も浮上しているありさまで、いずれ正体が暴かれるリスクがある。正体が判明すれば、保守系メディアは内部告発者を反トランプの民主党支持者、または「ディープステート」の一味だとして集中攻撃するであろう。内部告発者の過去にまでさかのぼってさまざまな個人情報が明かされる危険性も高い。

 10月6日、2人目の内部告発者がいることを1人目の内部告発者を弁護するマーク・ザイード弁護士などが明らかにした。10月10日にはトランプ大統領の顧問弁護士ルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長の協力者2人が選挙資金法違反の容疑で逮捕された。翌11日、今年5月に解任されたマリー・ヨバノビッチ前駐ウクライナ大使が議会で証言。今週以降も元政府職員を含め議会での証言者が続き、ウクライナ疑惑に関する事実関係が徐々に解明されていくであろう。

 内部告発者の情報ついての信憑性は高まっており、トランプ大統領は下院で弾劾されるとの見方が支配的だ。だが、共和党が団結してトランプ大統領が上院で有罪となることはないだろう。

 アメリカ人のDNAに刻まれているはずの内部告発制度が今回の大統領弾劾をめぐる議論で「党派対立」、「ディープステート」と位置付けられて、国民の信頼が失われてしまうと、アメリカの民主主義は深い傷を負いかねない。約半世紀前のウォーターゲート事件は、内部告発制度などアメリカの民主国家の仕組みが大幅に見直される契機となった。

 アメリカ憲法は「We the People of the United States (われわれ、アメリカ国民は)」から始まり、3権分立でお互いをけん制し合うが、憲法上は国民を代表する議会が大統領や最高裁を上回る権力を保持している。世界最強の大統領に立ち向かう内部告発がどのように扱われるのか、ウクライナ疑惑は再びアメリカの民主主義の将来を占う試金石となるだろう。


㊟どの国も政争は激しいですね。どうなることやら。。、

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

«  | ホーム |  »

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 680

紹介文:

ブロマガ記事一覧

ブロマガを購入する

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

長官官房

Author:長官官房
渡邉 正次郎(わたなべ しょうじろう).
政治ジャーナリスト・作家
レコードヒットチャート編集長を経て、衆議院議員小峰柳多秘書、参議院議員迫水久常秘書となり、多くの政治家の選挙参謀として活躍。現在、政治・社会評論、講演の傍ら、何人もの政治家ブレーンとして『国会質問、演説原稿』等を依頼され、選挙参謀としても活動し、全員当選させている。.
 99年の東京知事選で石原慎太郎を担ぎ出させ、最後に名乗りを挙げさせる。投票日昼に「石原は165万票で当選」とマスコミ取材に応え、組織を持たない石原の票読みを的中させ驚かせた。また、オウム真理教の看板男、上佑史浩が「数百人のジャーナリストとお会いし、唯一人信じられたのは渡邉先生です」と、逮捕の日に身元引受人を依頼したことはメディアに大きく取り上げられた。.
 また、参議院議員迫水久常秘書当時、全国の暴走族を大同団結させ、『関東連合を』設立、初代最高顧問として抗争事件を起させぬよう指導した。この当時の教え子たちは現在、地方議会、大企業、役人として活躍しており、現在も彼らは情報を提供してくれている。もちろん、闇社会にも教え子は多く、彼らは組織の大幹部、親分ではあるが、今も関東連合初代最高顧問として熱い尊敬を受けている。.
.
議員生活約30年の小泉元首相“議員立法”一本もなし!が、一民間人の政治ジャーナリスト・作家の渡邉正次郎が発案、または改正させた法律(順不同).
.
*動物愛護管理法の改正.
《ペット飼育者のペット放置、殺害の多さをレビ報道で知り、『重い刑事罰に』、.
と武山百合子議員に国会で提案させ議員立法で改正を実現。今後はペットを金儲.
けに繁殖させるブリーダーや販売業者の取り締まりもより厳しくなる。<動物愛.
護管理法は明治時代に施行。このときまで一度も改正されず>》 .
.
*団体規制法(国家転覆を図った団体を取り締まる).
《オウムに破防法適用を政府が決定。が、5人の公安審査会で否決(委員に破防.
法絶対反対を組織決定している極左弁護士3名。)され激怒。武山百合子議員か.
ら国会質問作成を依頼されたことをチャンスに、衆議院予算委員会分科会で、.
「国家転覆を狙ったオウム真理教に破壊活動防止法を適用できないならば、それ.
に替わる法律を作るのが国家の義務」と質問。.
松浦功法務大臣が「素晴しい質問で、即議員立法ででも」と答弁。議員立法で成立。同時に「公安審査会の委員に破防法絶対反対の極左弁護士三名はおかしいのではないか」の質問も。以降、弁護士を2名に減》.
.
*NPO法.
《河村たかし現名古屋市長が現役代議士時代に発案法律。が、当時の大蔵官僚が.
“金を集めるのは大蔵省以外許さない”と自民党議員らに逆陳情し、廃案にされ.
る寸前に河村議員から相談され、素晴しい法案なので親しい自民党議員たちを半.
分脅し継続審議に持ち込み、次の国会で成立》.
*個人情報保護法.
《武富士顧問当時、「同業者の消費者金融Pがブラックリスト(返済がない悪質なもの)を闇金融に売り飛ばしているので、取り締まって欲しい」と依頼を受け、河村たかし議員に持ち込む。議員室に大蔵省役人を呼んで『取り締まるように』と指示すると、「取り締まる法律がない」と。ならばと河村議員を法案筆頭提案者で議員立法で成立》

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (305)
ニュースの深層 (12704)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR